2009/02/02 11:11

アメリカ、4QのGDPは年率マイナス3.8%成長、27年ぶりの下げ幅

アメリカ、10-12月期の実質GDP伸び率(年率)はマイナス3.8%。(米商務省)

醜悪な数字です。1982年以来27年ぶりの悪い数字。

3Qの7-9月期の数字はマイナス0.5%だったので大きく下落スピードが拡大しいますな。予想はマイナス5.4%なので、それよりは良かった。この予想よりどうこう、というのはかなり重要ではある。

2008年としては実質成長率が1.3%。2001年の0.8%以来の低い数字。

個人消費は3.5%のマイナス。マイナスは17年ぶり。3Qのマイナスは3.8%だったので、その数字と比べれば多少はまし。耐久消費財支出が-22.4%と特に酷い。自動車や家具なんか売れているはずもなし。

民間設備投資は-19.1%減。3Qの1.7%減から急速に悪化。

民間住宅投資は-23.6%。

統計・資料・調査
GDP アメリカ



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch