カテゴリー: 粉飾決算・犯罪行為

2009/06/23 15:03

ジャパン・デジタル・コンテンツ(JDC)信託が金融庁から行政処分

~ 臭いニュースは沢山出ていたわけで、敢えて手出しは無用だし、驚きには値しない。 ~

ジャパン・デジタル・コンテンツ信託株式会社に対する行政処分について

行政処分の内容は、新規業務の3ヶ月間の停止と顧客財産の返還。顧客財産を返還しろってことはですよ、もう全部やめなさいってことですな。どんな悪いコトすればそんな処分を受けるのか?これ以上無いエゲツないことをしてきたわけです。

まあ、JDCからはクサイニュースがずっと出ていたのでびっくりするには値しない。

軽く過去1年間を振り返ってみる。

2008年9月には従業員がベトナム未公開ファンドから8800蔓延を横領するという事件が起きた。

11月。第2四半期決算が発表できない。第2四半期報告書は当然提出できない。会計監査人と意見調整中という理由はつまり、怪しいことがあって監査法人がOK出してくれないってこと。

2009年2月。第3四半期報告書が提出できない。前回に続いてですな。会計監査人がOKくれないので、首にして新しい監査人を雇う。クサイ会社によくあるパターンです。

2月。「不適切な取引」が判明する。長年にわたって循環取引をしてきたと。循環取引なんかは、監査人がまともであれば分かることが多いんじゃないですか?監査人とグルになって循環取り引きすることはよくある。

4月。上の取引で有報を訂正しなければならない。訂正した有報を期限までに提出できない。

6月。社長を首にする。とりあえず格好だけでも誰かが責任取らないとね。

6月。課徴金納付命令。

6月。会計監査人をまた新しくする。

6月。業務停止と返金の行政処分を食らう。

全くもって自然でスムーズな流れですな。

君子危うきに近寄らず。

2009/06/19, 日本経済新聞 朝刊

ジャパン・デジタル・コンテンツ(JDC)信託。

 ジャパン・デジタル・コンテンツ(JDC)信託 映画などの制作費を調達するため、信託の枠組みを使って映画やゲームの販売収入を得る権利(受益権)を投資家に販売するのが事業の柱。2006年のヒット映画「フラガール」は、JDC信託が投資家から資金を募ったファンドが制作費を投資した。

 00年に東証マザーズに上場。05年には信託免許取得第1号となるなど新興信託会社の中心的な存在だったが、09年3月期まで5期連続で最終赤字になるなど業績は厳しい。3月時点の従業員数は29人。

粉飾決算・犯罪行為
ジャパン・デジタル・コンテンツ信託 循環取引 監査法人 行政処分



2009/01/11 11:11

西松建設、20億の裏金で本格捜査へ、上場廃止になって下さい

~ 会社ぐるみで裏金を作っていたわけであって、上場廃止になって当然ですよ。 ~

西松建設の裏金問題がいよいよ本格捜査へ突入。これって、十分上場廃止に値するんじゃないですか?っていうか、上場廃止になって欲しいですな。

朝日新聞 2009年1月10日3時7分

西松建設、裏金20億円 東京地検が本格捜査へ

 準大手ゼネコン「西松建設」(東京)が過去5年間に国内外で総額20億円を超える裏金を捻出(ねんしゅつ)していたことが関係者の話でわかった。海外の銀行口座にプールしていた裏金のうち約1億円を不正に日本に持ち込んだ疑いが持たれている同社は、国内でも全国の支店を使って裏金作りをしていたという。

 東京地検特捜部は、海外からの約1億円について、同社の元役員級を含む元幹部らが関与した疑いが強まったとして外国為替及び外国貿易法(外為法)違反容疑で本格的な捜査に乗り出す方針を固め、裏金の全容解明を目指す模様だ。

 西松建設総務部はこれまでの取材に「捜査中なのでコメントを控える」としている。

 関係者によると、裏金20億円超のうち国内分が10億円以上、海外分が約10億円という。国内分は、全国の支店が下請け業者から工事費を還流させたり、架空経費を計上したりする手口を使っていたとされ、15年以上前から続いていたという。

 海外分は、東南アジアで請け負った工事費を実際より高く見せかけて経理処理するなどの手法で捻出。香港の銀行に開いたペーパー会社名義の口座や貸金庫に集めていたとされる。これを管理し、約1億円を国内に不正に持ち込んだとされる元海外事業部副事業部長の高原和彦被告(63)=業務上横領罪で起訴=はこれまでの特捜部の調べに対し、「裏金作りは本社の指示だった」と供述したという。

 関係者によると、西松建設が海外で裏金作りを始めたのは、同社も関与したゼネコン汚職事件が摘発された93年以降で、裏金が発覚しないようにする狙いがあったという。

 一方、同社の取引業者らによると、国内外で作られた裏金は国内の工事受注に伴う地元対策費などに充てられたほか、一部は東南アジアでの工事を受注するための活動費に充てられた疑いがある。

 特捜部は昨年11月、西松建設本社や社長宅のほか、同社OBが代表を務めていた政治団体の関係先など数十カ所を外為法違反容疑で捜索。関係者の聴取を進めている。

粉飾決算・犯罪行為
建設 裏金 西松建設

2008/09/24 19:07

プロデュース、監査法人が逃げていった

~ 有価証券報告書が期限内に提出できず、上場廃止になるかも。 ~

プロデュースの監査法人が逃げていきました。さすがの隆盛も愛想を尽かした、というか、やばいので今のうちにということでしょうか。

会計監査人からの監査契約の解除通知書受領に関するお知らせ

こうなると当然有価証券報告書は作れないわけで、提出期限の9月30日を守ることは困難と予想されますな。上場廃止も視野に入って参りましょう。

個人でやっているような小さな監査法人に無理矢理お願いするんだろうか?

粉飾決算・犯罪行為
プロデュース 隆盛

2008/09/22 18:06

粉飾決算プロデュース、人事異動

~ 再犯はとても多いので、悪い人の名前はしっかり覚える。 ~

粉飾決算の疑いで強制捜査を受けたプロデュース。早速人事異動です。

代表者である代表取締役および役職の異動に関するお知らせ

これ自体はどうでもいいんだけど、悪いことをした人は再び悪いことをする可能性がヒジョーに高いので、名前はしっかり記憶しておきたい。

  • 代表取締役社長 兼 最高執行役員 佐藤英児
  • 取締役経営企画担当 兼 常務執行役員東京支社長 中井裕正

将来、あれこの名前どっかで見たな、って場面に出くわすこともあろうかと。

粉飾決算・犯罪行為
プロデュース 粉飾

2008/09/20 23:11

粉飾決算で強制捜査を受けたプロデュース

~ ダメージを受けた個人投資家もだいぶいることでしょう。投げ売り推奨。 ~

プロデュースが粉飾決済の疑いで強制捜査を受けた。

証券取引等監視委員会による調査に関するお知らせ

循環取引を繰り返して売上を水増ししていたらしい。何年も続けていたと言うから悪質だ。けれど、まだ決定じゃないので、今の段階では「らしい」にしておこう。実際には、「らしい」で強制捜査に入るほど日本の当局には度胸はないので、決定といえる。

売掛金の激増と営業キャッシュフローの激マイナスを考えれば、クサイ匂いはプンプンしてくる。しかも監査法人は隆盛ですよ。ああ香ばしい。

売上の増加は急激だし、合わせてEPSの増加も急激。PER評価でも利益の増加スピードを考えれば割高じゃないし、結構買っていた人も多いはず。残念だけど、週明けはブン投げちゃってください。多分数日は売れないと思うけど。。。

粉飾決算・犯罪行為
プロデュース 粉飾


patch