カテゴリー: 消費者サービス

2008/12/17 07:07

パーク24、今期は下期業績回復型の計画だが稼働率は上がらない

~ 稼働率が上がらない限り利益は回復しない、会社としては底打ちを予想しているが、さて。 ~

パーク24の決算発表。

平成20年10月期決算短信

今期は僅かながらも増収増益を計画してますな。上期では25%に及ぶ減益を下期で取り返すという下期盛り上がり型の業績計画。嫌いです、この下期盛り上がり型はね。特に、パーク24のように取り立てて季節性がない業態で下期盛り上がり型は単なる希望である事が多いですよ。

会社側の考えとしては、下期になれば稼働率の低下も底を打ち、ぐぐぐっと利益が回復するってシナリオじゃないですか?そりゃね、稼働率が上がってくれば利益率はどんどん向上するわけなんだが、その稼働率が改善しそうな気配は全然ないんです。

同時に発表された08/10月期決算補足資料の一番下にある数字が全てを物語ると言えましょう。

稼働率の推移 47.4%(2005)→48.7%(06)→47.2%(07)→42.2%(08)→41.1%(09予)
占有率の推移 42%(2007)→38.8%(08)→37.8%(09予)

※稼働率=実際の売上高/最大売上高
※占有率=実際の駐車時間/24時間

今2009年10月期は41.4%の稼働率を計画しているわけですな。さて、どうでしょうかねえ。マクロ経済的には稼働率が下がる要素ばかりですがね。ちなみに、11月の月次数字が出ていますけど、数字は相変わらず酷いものでとても今期41.1%に届くとは感じられません。

2009年10月期 速報数値

11月の稼働率は39.4%、占有率は39%。稼働率の向上には駐車場の区分替えとか、不採算駐車場の解約とか、そういう事をじゃんじゃん進めていくしかない。月次の数字を確認しながら様子見でしょうな。

消費者サービス
パーク24 駐車場

2008/12/02 08:08

ザッパラス、業績はかなり良いけど占いは好きじゃない

~ 業績は良い、株価は強い、割高感はない、でも占いコンテンツが趣味に合わない。 ~

誰しも理解できない事って沢山あるわけだけど、個人的に非常に理解しがたいのは占い。たまたま開いた雑誌にお遊びで載っている占いを読んで、(占いなんて所詮嘘っぱちだけど)自分にとっていいことが書いてあるから今日はいい気分で頑張ろう、っていうぐらいなら分かりますよ。でもねえ、日本人の占い好きと来たら、異常じゃないですか?

ザッパラスの上方修正と中間決算。

業績予想の修正に関するお知らせ

占いで100億円も売り上げるわけです。携帯で占いを見るために毎月お金を払っている人が200万人もいるんですよ。ある1日にザッパラスのたくさんある占いサイトに一体何通りの占いが掲載されるのか知りませんが、仮に1000としましょう。そうすると、200万人のうち2000人が同じ運命なわけです。占いの数が1万だとしても200人は同じ運命。

運命が同じ人なんていません。

ま、ほとんどの人は占いを信じて毎日生きているのではなくて、お遊びで楽しんでいるのでしょうから個人の興味・趣味にケチをつけるのはダメですね。

投資の対象としてどうなのかが重要ですな。確かにザッパラスの業績は良い。文句無しに良い。

平成21年4月期 第2四半期決算短信

200812011.jpg 株価も順調で、この相場付きでは順調どころか超強いと言ってもいいんじゃないですか。原価率は低いので売上が伸びる以上に利益は伸びる。来期もじゃんじゃんサイトを増やして会員を獲得し、成長すると考えるのは間違った方向じゃない。利益成長率は今期50%、来期は20%~30%ぐらいを予想しても違和感がない。PERは20倍以下で全然高くない。

素直に買いなんだろうね。

けれど、最初に書いたとおり、どうも占いコンテンツに200万人が毎月お金を払っているという違和感が気持ち悪い。投資的には自分が嫌いだろうと儲かる株を買うのがベスト。目先50%上がる可能性がある株があれば投資すべきだと思う。

がしかし、気持ち悪さが強すぎて投資できない。銘柄は沢山あるのでこだわる必要はない。

消費者サービス
インターネット ザッパラス 占い 携帯電話

2008/11/24 10:10

パーク24の10月月次、稼働率はさらに低下、利益は減る

~ 駐車場ビジネスの収益性は稼働率に直結、稼働率の底打ちが株価の底打ち。 ~

パーク24の10月月次数字。

2008年10月期 速報数値

今までと傾向は全然変わっていませんな。変わる要素も見あたりませんが。

売上高は前年比では順調に増加。売上原価は売上以上に増える。結果、売上総利益はそれなりに減少。駐車場数は順調に増加。しかし売上の増加率は駐車場の増加率より全然低い。

200811234.jpg ってことは稼働率が低いって事。実際、稼働率は下がり続けている。ついに30%台に突入。

稼働率が下がれば利益率はグングン下がる。何度も繰り返して同じ事を言うようだけど、駐車場ビジネスは稼働率が全てと言えましょう。稼働率が回復基調になるまで買えませんな。回復する理由も見つかりませんね。

消費者サービス
パーク24 駐車場

2008/11/22 15:03

楽天がイーバンクを買収、ますます楽天に囲い込まれる

~ 普通の個人が全部楽天にかこいこまれる:カード、銀行、証券、買物、保険、などなど。 ~

楽天がイーバンクを買ったわけだが、なかなかやるなあと思う。イーバンクは赤字ではあるものの、ネット銀行の個人顧客数ではナンバーワンだし、赤字にしても大部分は阿呆な投資のせい。地道に手数料と確実な融資にフォーカスしていけば儲かるんじゃないですか。

これまで楽天には一応銀行部門があった。東京都民銀行楽天支店ですな。しかしこれは情けない。東京都民銀行の一支店にただ単に楽天と名前を付け、多少違った商品とサービスを楽天会員向けに提供していたに過ぎない。

良かったのは会員向けの定期預金で、プラチナ会員だと6ヶ月物の定期預金金利が驚きの1.2%。最高1000万までという上限はあるにせよ、これは思い切った金利ですな。ゴールド会員でも1%、レギュラー会員は確か0.8%。

プラチナ会員になるには楽天ポイントを既定以上獲得すればいい。楽天市場での買物回数の決まりもあるんだけど、簡単に言えば、楽天で良く買物する人は知らずにプラチナ会員になれる。ちなみに、自分はプラチナ会員。買物と言えば楽天市場かアマゾンですから。ヤフーは使わない。

多分イーバンクでも楽天会員のランクに応じて有利な金利なんかが設定されるのではないですか。そうなるとイーバンクの顧客数は多いので、ありゃりゃ楽天で買物してプラチナ会員になって高金利を得ようかなって思う人が増えそうな感じはする。

そもそも楽天市場で最安値の商品を探し、楽天カードを使って決済し、楽天ポイントを獲得し、その他楽天のサービスを利用し、高金利定期を使えば、多くの物が安値で手に入ると思うんですよね。

つまり知らず知らずのうちに楽天に囲い込まれている。

ま、これが楽天の目指すところであって戦術なわけですが。

とりあえずイーバンクの楽天向けサービスが気になりますな。

消費者サービス
イーバンク クレジットカード ポイント 定期預金 楽天 銀行

2008/11/18 07:07

ワオ・コーポレーション、高配当利回り・高優待利回り

~ 総合利回りは20%以上、優待を使わない場合でも12%を越える高利回り。 ~

ワオ・コーポレーションの中間決算。

平成21年3月期 第2四半期決算短信

通期計画は前期比で売上4%増、経常利益37%増と強気だが、中間期の数字を見ると今後下方守勢があっても驚きませんな。業績面での数字はどうでもいいのだが、最近多い総合利回り10%クラブに入っている。

株価は260円。配当額が15円で利回りは5.8%と魅力的な数字ですな。優待が4000円あるので利回りは15%を越えている。総合利回りは実に21%と超高利回り。もし子供がワオの塾へ通っているのであれば迷い無く買っておくべきでしょう。

ワオの優待が使えない場合はいつも通りヤフオクへ。1800円ぐらいで売れるので、利回りは7%まで低下するがそれでも高利回りですな。配当と合わせた総合利回りは12.7%と文句無し。

高利回りを取りながら30%も上がれば利益確定。そういう単純明快簡単な投資で負けませんね。

消費者サービス
ワオ・コーポレーション 優待 配当 高利回り

2008/11/18 07:07

アルテサロン、総合利回りは10%を越えている

~ 優待を使う場合の利回りは20%近く、ヤフオク売却でもリターンは10%を越える。 ~

アルテサロンホールディングスの中間決算。

平成20年12月期 第3四半期財務・業績の概況

決算数字はどうでもいいです。気になるのは利回りの高さですな。配当利回りが4.3%とそれなりに高い。優待利回り14%と非常に高い。総合利回りは19%近い。

アルテのアッシュを使う人であれば文句無しに持っておいて損はない株と言えましょう。とは言うものの、美容院はこだわりの多い分野なので、優待があるからといって今までの美容院をやめてアッシュへ行く人は少ないような気はしますねえ。

そう言う場合は例の如くヤフオクで売ればいい。それでも総合利回りは10%を越えますからねえ。

自己資本比率が24%と低いので減配や無配転落を心配するかもしれませんが、そう言うことはないんじゃないかと推察。営業キャッシュフローは豊富だし、これまで赤字転落もない。フランチャイズ化を進めるような方向で、そうなればキャッシュフローは余裕がでるだろうし。

10%の利回りを取りながら、30%上がれば売却する。負けない投資ができますな。

消費者サービス
アルテサロン 優待 美容院 高利回り

2008/11/17 23:11

セントラルスポーツ、配当+優待の総合利回りは10%超

~ 配当利回り2.1%、優待利回り8%で合計利回りが10%を越える。 ~

セントラルスポーツの中間決算。

平成21年3月期 第2四半期決算短信

新店のおかけで売上は増加しているものの、利益は伴わないですな。スポーツジムという固定費が高いビジネスだけに、既存店の会員減少は利益を激減させてしまう。逆に会員が増えれば利益は急激に伸びやすいということでもある。

マクロ的には、高齢化が進むし、健康志向は高まるし、悪くはないんじゃないか。景気が悪いと5000円を超えるような月会員費はカットを検討される対象になるのが痛いですな。そういう傾向がどこのスポーツジム企業でも見られます。

業績よりも気になるのは利回りの高さでしょうね。配当利回りこそ2.1%と高くはないものの、優待内容がそれなりに充実していて、使う人であれば優待利回りは余裕で10%を越えるでしょう。使わない人はヤフオクで売る。それでも8%ぐらいの利回りにはなるんです。

配当と優待を合わせた綜合利回りは10%を越えるわけであって、気長にのんびりもば損しない。30%も利が乗ることがあれば売ってしまえばOKですな。そうじゃなくても10%。負けない投資ですね。

消費者サービス
ジム スポーツ セントラルスポーツ 優待 高利回り

2008/11/13 21:09

朝日ネット、安心のストック型ビジネスが5%以上の配当

~ プロバイダーは一度使い始めれば滅多に変えない、ストック型の典型。 ~

朝日ネットの中間決算。

平成21年3月期 第2四半期決算短信(非連結)

ISPというビジネスはストック型。そんなことは分かりきっていますな。会員は毎月毎月決まったお金を払ってくれる。景気に関係なく払ってくれる。ISPの乗り換えも引越しでもしない限り余り考えないし。

当然業績はぶれない。

朝日ネットの場合は自己資本比率は86%。PBRが0.98倍、現金修正PBRが1.43倍。配当利回りが5.2%。

なんだかねえ、これだけキャッシュをたっぷり持った超ストック型の企業がここまで売られますかね。

消費者サービス
ISP PBR ストック型 朝日ネット 配当 高利回り

2008/11/11 22:10

セントラルスポーツ、会員減少で減益も利回りは高い

~ 減配されたが高額な優待で総合利回りは10%を超えている。 ~

セントラルスポーツの下方修正と減配。

業績予想の修正に関するお知らせ

スポーツクラブはどこも厳しい。会員の減少とより低価格への会員カテゴリへのダウングレードが同時に起こっていますな。ダウングレードとは、いつでも使えて月6000円の会員から、午後だけ使えて4000円の会員へ変更って事。スポーツクラブはしばらく行くと、自分が行く時間帯が分かり、いつでも会員の必要はないことが分かる。

固定費が巨大なスポーツクラブは、会員の減少、単価の減少は、それらの減少数字より大きくなって利益に響いてくる。ま、これは逆もしかりだが。高固定費ビジネスの性ですな。

この問題は、会員費をちょっと値上げすれば済むことでもある。原油が高い、人件費が高い、いろんな嘘ではない理由はありましょう。そういうタイミングで値上げしちゃえばいいんですよね。

数百円の値上げで退会する人は少ないはず。健康は大切だと強く思う人とか、スポーツが好きな人などなど、それなりに理由があって行ってる人が多いからね。別のスポーツクラブ行くにも、距離的に面倒だったりするし。これって、まさに自分の事じゃないですか。。。

減配はいただけませんな。

平成21年3月期 配当予想の修正に関するお知らせ

利益が出ないのだから仕方ないが、中間12.5円で期末5円というアンバランスは何とかならんかね。

セントラルスポーツは株主優待に魅力がある。いろんな事に使える優待券をくれる。使いたい人は使えばいいが、使わない人もヤフオクで売れる。年間で言えば9000円ぐらいで売れるわけで、これで計算すれば優待利回りは10%を越える。

配当利回りと合わせた総合利回りは13%以上。減配後でもこの数字は魅力的ですな。仮に来期も業績が悪化して再減配になったとしても、優待利回りは相変わらず高いわけですよ。

消費者サービス
セントラルスポーツ 健康 優待 高利回り

2008/11/03 23:11

カカクコム、新興最後の株価がんばり企業

~ ランキングに頼る消費傾向で儲ける。新興では最後の株価が強い企業。 ~

カカクコムの上方修正。

業績予想の修正に関するお知らせ

いやはや、強いですなあ。本当に強い。

集客サポート業務とか販売サポート業務とかそれらしい名前を付けて業務区分をしてはいるものの、平たく言えばアフィリエイトですな。アフィリエイトリンクで儲けていたけど、集客力が強くてどんどん売れるものだから力が付いて、アフィリエイトの枠を飛び出して一つの販売サイトみたいになっている。という感じがしっくりくる。

価格COMみたいなサイトが人気なのは、まず第一に、自分で決めたくない・決められないと言う情けない消費者の姿があるんじゃないですか。グルメランキングとか人気ランキングとか、売れ筋ランキングとか、そういう順位付けされたものから選んでいくっていう人が多いわけだ。

自分に必要な物を自分で考えて、自分で決めていくっていう作業が苦手というか出来ないというか。大衆迎合的というか長い物には巻かれろというか赤信号みんなでわたれば恐くないと言うか。

マーケティングが成功して人気に火がつけば(良くないものでも)売れるってことですなあ。

そういう消費行動があっての価格COM。多分、これからもそういう行動なのだろうから、価格COMみたいなサイトはそれなりに媒体力を保つんじゃないかと。

株価は恐ろしいほど強い。DNAが失速した今、残ったのはカカクコムだけという感がしないでもない。いつまで、どこまで行けるだろうかね。

消費者サービス
アフィリエイト カカクコム

2008/11/03 12:12

新興マーケットの指標銘柄ソフトバンクが安い

~ 通信会社で業績はそれほど激しく上下しない、けれど新興の指標になる。 ~

ソフトバンクの中間決算。

平成21年3月期 第2四半期決算短信

基本的にどの事業もじわじわと売上を落としている。唯一、ヤフーのオークションとかプレミアム会員費あたりが勢いがあるだけ。財務は相変わらずの先進的。

200811031.jpg

しかし、ソフトバンクで大切なのはそういうことじゃなくて、ソフトバンクの株価が新興マーケットの指標的な動きをすることではなかろうか。JASDAQとかマザーズ、ヘラクレス指数の振幅を3倍ぐらいにしたものがソフトバンクの株価の動きという感じですな。つまり、ソフトバンクが上がらないと新興銘柄はダメだし、ソフトバンクが上がれば新興銘柄は良いってこと。

当然だが、個別銘柄の要因があるので、ダメなときでも上がる銘柄もあれば良いときに下がる銘柄もある。全体マーケットを占う上でソフトバンクの動きを見るのが良いって事ですね。

これだけ巨大な通信会社になったのになぜそういう動きになるのか不思議なところはありますな。が、実際そういうものなのだから、そういう風に考えておくのがよいでしょう。これから徐々に新興マーケットの指標的な動きはなくなっていくかも知れませんがね。

それにしても株は安い。

消費者サービス
インターネット ソフトバンク 携帯電話

2008/10/25 19:07

サイト売買サイトを買収するGMOインターネット

~ 売られているサイトの価格は本当にそれだけの価値があるのか難しい。 ~

Webサイトの売買がどれぐらい盛んなのか分かりませんけど、そういう売買を仲介するサイトは結構ある。サイト売買実績No1を謳っているのはSiteM&A.jp。このサイトをGMOインターネットが買収する。

Webサイト売買事業に係る事業譲受けに関するお知らせ

SiteM&A.jpの売上規模などはプレスリリースには書かれていない。SiteM&A.jpを運営するのは株式会社バトラァーズ

売りに出されているサイトは大量にあるわけだが、一番安いもので40万、最高値は1億5千万円。その内容をちょっと見てみる。

40万のサイトは特定のコンタクトレンズ販売+海外個人輸入代行サイトで、コンタクトレンズの通販+海外個人輸入代行サイトへのリンクと言う内容。

まず不思議なのは、コンタクトレンズは医療機器で、医師の処方箋がないと買えませんな。で、よく分からないけど、コンタクトレンズを売るのはその処方箋を見て売るわけだから、それなりの資格が必要ではないのか?薬剤師みたいな。

しかし、このサイトにはそういう説明はない。コンタクトレンズ販売店へのリンクなどでアフィリエイトってことなんだろうか?しかし、月間売上が63800円で、月間経費が50100円、粗利は25%弱です、って説明があるんだから、直接コンタクトを売っていると思われますなあ。

まあ、そういう所は気にせず、とりあえずはこのサイトを買った人はコンタクトレンズを売ることができるとしましょう。

それと海外個人輸入代行のアフィリエイトで、売上の20%が報酬になるという。

で、結局、このサイトを40万で買ったら儲かるの?これが投資家としては一番気になるところですな。

説明によれば、コンタクトの利益が2万5千円、個人輸入代行アフィリエイトの利益が2万円、合計4万5千円の利益がある。サイトは40万だから9ヶ月で回収できる。

しかもこのサイトの更新等にかかる時間はあまり必要なくて、商品(コンタクトレンズ)の入れ替え作業ぐらいだという。コンタクトレンズは毎週とか毎月新しくなるものでもないのだから、1年に数回ぐらいの頻度なのか。

ショッピングカートを使っているので、受注作業は自動だし、受注メールなども当然自動化されていましょう。それじゃあ、後は発送業務ぐらいしかない。商品を箱に詰めて送る。めちゃくちゃ楽そうですな。

サイトはPerlで作られているので、Perlの知識は必要でしょう。

なんかボロ儲けじゃないですか?とてーも儲かる話に聞こえるんですがね。というか、本当にここに書いたとおりならズバリ買いじゃいないですか?だけど、そんな儲かるサイトがあれば、なぜ売っちゃうんでしょうか。あと10ヶ月間は今の売上、利益が維持できそうにないのか?しかし、サイトの開設は今年の3月。あと10ヶ月も持たないほどサイトの寿命は短いのか?

ということで、実際買ってみたいと何とも分かりようもない。興味がある人は是非。。。

1億5千万円の占いポータルサイトはもう面倒くさくなったので詳細割愛。

消費者サービス
GMOインターネット アフィリエイト サイト売買

2008/10/24 01:01

コシダカがカーブスをベンチャーリンクより買収

~ 業績インパクトは大きそうだが、買収費用はどうするのか。まさか新株? ~

コシダカがカーブスをベンチャーリンクから取得。

当社子会社による株式の取得(孫会社化)に関するお知らせ

もともとコシダカは規模は小さいながらもカーブスのフランチャイジーで7店舗を運営してきた。今回は、カーブスの全株式を取得するので、8月末時点での277店全部を手に入れるわけです。

カーブスの2007年12月期の売上は48億、営業利益4億、経常利益4億、純利益3億。2008年12月期の業績予想は、売上41億、売上総利益14億、営業利益2億。コシダカの2009年8月期の業績予想は、売上170億、営利8.8億。カーブスの比率は、売上で24%、営利で23%。インパクトは大きい。

カーブスの取得価格は20億円。総資産が20億以上あるのでのれん償却はないはずで、業績へのマイナスインパクトはなし。OK。買ったはいいけどうまく行かず減損という可能性はあるけどねえ。

買収金額の20億をどうやって用意するのか?現金は8億しか持っていない。他に金目のものはない。単純に20億の借金をすれば、株主資本比率は40%から29%に低下する。カーブスの資本金は1億と少ないので無視。現在の総資産が57億なので20億はでかい。新株発行するのか?いや、株価は新株発行には安すぎる水準だ。まさかこれで新株発行したらエグイ。

カーブスの店舗数は全国672。2005年にベンチャーリンクが立ち上げたとき、日本全国津々浦々2000店にするとぶち上げたけど、ほら吹きベンチャーリンクらしく全然実現していない。

コシダカの2008年8月期決算については先日のエントリーの通り。

その内容+今回のカーブス買収で、個自適には非常に気になる会社となった。株価は無反応。マーケットはプラスともマイナスとも思っていのか。それとも小粒企業なので機関は投資しないし、個人は気づいていないのか。それとも全体マーケットがこんな状況だから上がるわけもないのか。

いずれカーブスを連結での業績予想を発表するだろうけど、その時の反応も見てみたいですな。

消費者サービス
カラオケ カーブス コシダカ ベンチャーリンク 有望

2008/10/17 23:11

アイケイコーポレーションの決算発表、順調+株安

~ 業績拡大を続けながら微妙にフォーカスをシフト。株はずいぶん安くなった。 ~

アイケイコーポレーションの決算発表。

平成20年8月期 決算短信

全然関係ないけど、コーポレーションはコーポレイションと書く会社もあって面倒くさい。より英語の発音に近いのはコーポレイションかと思う。統一して欲しいが、それは無理な相談でしょう。

今期の計画では、売上+12%、営利+14%、経利+14%、純利+32%を計画。悪い数字ではないけど、中間予想はあまり良くない。中間は売上こそ+10%を計画しているものの、利益は-10%。上半期と下半期では、上半期の売上が121億、経利5億、下半期の売上が153億、経利17億と極端な下期偏重。

もともとアイケイコーポレイションの業績は下半期偏重。これは、バイクを売る人は引越しが多い3月や4月に多くて、8月決算のアイケイコーポでは下半期にあたる。引越しを期にバイクを辞めようか、始めようかって人は多いんですな。個人的にもそういう経験アリです。それに冬は寒いのでバイクの季節ではないためです。

で、今期も同様なのだが、例年以上に偏りがひどい。その理由としては、今期は今まで以上にバイクの小売に力を入れるため、バイク在庫を増やすためというんですね。

この戦略はどうかと思う。今までのアイケイコーポのビジネスモデルは、現金買い取りしたバイクをすぐにオークションで売りさばき、資金を高回転させて儲けを出してきた。だから在庫が少なくて資金効率が高かった。小売に力を入れると、店頭にバイクが必要になるので在庫が増え、その分資金効率は落ちる。

利益面では、オークションで売るよりは小売の方が利益率は高いはず。

低利益率で高回転させるか、高利益率で低回転させるか、ということですな。今までは前者がほとんどだったけど、今期は後者に力を入れるわけです。これが吉と出るのか凶と出るのか、はてさて。

ちなみに、前期の小売は調子が悪かった。

子会社「株式会社アイケイモーターサイクル」におけるオートバイ小売販売が当初計画を下回って進捗したことにより、今後の展開を見据えた上で、のれんをはじめとする減損損失303,771千円を計上しております。

中古バイクの買い取りは順調と言えましょう。前期はバイク王の宣伝が強力でしたね。テレビCMから始まってラジオCM、ネット広告、それなりに強い露出だったと思いませんか?「バイクを売るならGoバイク王」で多分みんなの頭に残っているはずですな。とりあえずバイクを売るならバイク王に電話する人が多そう。認知してもらうのはこのビジネスが成功するための絶対条件ですからね。

買い取りの具体的な台数とかより詳細な情報はいずれ説明会資料として出てくるはず。その時に確認。

あとはバイク用駐車場ですな。これが赤字で足を引っ張っている。赤字は小さいの気にするほどでもないが、儲からないならやめた方がいいんじゃないの。確かに、バイクに乗る人はほとんどの場合バイクが好きな人だから、バイクを大切にするし専用の駐車場に停めたいと思うかもしれない。バイクは半分趣味みたいなものだし。原チャリは別ですよ。あれは足。

アイケイコーポは前期に駐車場数をほぼ倍増させてます。が、売上が2億(全体売上の10%未満)で営業損失が1億、プラス減損あり。前期は収益より規模の拡大を目指した感がありますが、今期は規模より収益と言ってますので、黒字化させるつもりでしょうな。

稼働率がどれぐらいか不明だけど、いずれ説明会資料に出てくるかもしれない。要チェック。バイクの駐車場に限らず、駐車場ビジネスは稼働率が命。パーク24とかも稼働率の低下で全然利益が出ないで困ってますでしょ。

財務は鉄壁。借入金がちょっぴりあるけど、これは銀行とのおつき合いでしょうな。資産の半分以上は現金。株主資本比率は70%超。キャッシュフローも贅沢で文句なし。

広告宣伝費が売上の13%。販管費の30%。デカイ。それでいて営業利益率は7.6%なので、その気になれば利益率は好きなように高くできる。ちょっとだけ広告宣伝費を削るだけで利益率は10%にも12%にもなる。そういう余裕があることは良いことですなあ。まあ、アイケイコーポとしては利益率が8%ぐらいになるように広告宣伝費をじゃんじゃん投入するんでしょうけどね。認知が大切なビジネスです。

株はずいぶん売られて安くなりましたなあ。かつて25万だった株価は現在25000円。10分の1。そのころは異常なプレミアムだった。今はこんなマーケットで叩き売られて安すぎですな。PERで5.7倍。増配予定なので配当利回りは3%超。今の相場環境ではなかなか手が出しにくいけど、業績予想が達成できるなら買いですな。あと、金があまってるんだからもっと増配して、配当性向30%ぐらいいしてくれよ。そうすれば利回りは6%超えて即買い出動できるしね。

あと、中期経営計画も同時に発表になっているので数字だけ確認しておくのも良いです。中計ってのは当たらないけどね。

中期経営計画(平成21 年8月期~平成23 年8月期)の策定について

消費者サービス
アイケイコーポレーション バイク 駐車場

2008/10/17 23:11

パーク24、稼働率は全然上がらない

~ 駐車場数は増加するも稼働率は低下で利益が出ない。 ~

パーク24の月次数字を確認。

2008年10月期 速報数値(収益の状況:月次ベース)

売上は前期比でずっと+5%ぐらいで推移してはいるものの、いかんせん利益がでない。駐車場数の増加以下しか売上が伸びないのは、稼働率の悪化が原因。この稼働率の悪化が諸悪の根元であり、これが改善しない限りは利益も改善しないし、株価も改善しませんな。

特に駐車場が今まで以上の使われるようになる要素もないし、稼働率向上は容易ではありますまい。数年前に成長産業と思われた駐車場ビジネスも、道路交通法(だったかな?違法駐車を取り締まるやつ)の改正の影響が一段落したら、実は成長産業ではなくて、特需だったという現実が見ている。まだまだ厳しい。

消費者サービス
パーク24 駐車場

2008/10/15 23:11

コシダカの決算発表は好調で株は安い

~ 20%で成長する会社の利回りが6%以上、優待入れれば15%以上。 ~

コシダカの決算発表。

平成20年8月期 決算短信(非連結)

業績数字は順調。前期は売上・利益共に20%以上の成長、今期も同様に20%以上の成長を計画。営業キャッシュフローは純利の2倍ほどあり、利益の質も高い。ほぼ営業CFに等しい額を投資に回して出店を継続。原価率の悪化分は販管費の改善で取り戻して、粗利はほぼ一定を確保。

カラオケにはもう10年以上も行っていない。自分にとっては、カラオケはものすごい衰退産業のイメージが強いですね。店舗がじゃんじゃん潰れて、カラオケ人口も減って、飲んだ後にカラオケ行く人の方が珍しい、みたいなイメージがある。

でも、実際はそうではないようです。カラオケの市場規模は僅かながらの減少傾向が続いていると言うことで、国民的娯楽として一定の需要は根強い。

10年以上も行かないと今のカラオケがどうなっているのか、知る由もないけど、多分、高機能なカラオケ機器で、サービスも充実して、快適さもアップしているに違いない。そうじゃなければお客さんは来ない。

そうなると中小のカラオケ屋さんは設備投資の面で厳しくなるので、結局大手の寡占状態にどんどんなっていくわけですな。

だから、市場規模がじわじわ小さくなっていても大手には業績拡大のチャンスはいくらでもある。コシダカの場合はまさにそういうパターン。シダックスなんかも一緒ですな。残念ながら成長産業ではないので業績の爆発力はないし、派手さはないし、セクター的にもイマイチだし、投資家受けも良くないはず。そればっかりは仕方ない。

それにしたって株は安過ぎやしませんか。業績発表を受けてストップ高したものの、PERはたったの3.4倍。とても20%で成長している会社の評価じゃありません。100歩譲って、今のマーケットはPERとかPBRとかEV/EBITDAとか、そういう指標は全然効かないし意味がないというのは納得しましょう。けどね、配当利回りが6%。優待(ヤフオクで売るとして)も入れれば15%を越える。

株価が倍になったって全然おかしくないし、むしろ自然と言えませんか。負けない投資じゃないですか。

消費者サービス
カラオケ コシダカ

 1  |  2  |  3  | All pages

patch