2009/08/31 11:11

ペーパーボーイ、サービス契約は順調増加、20%成長は低評価。

paperboy&co.の第2四半期決算。

平成21年12月期 第2四半期決算短信(非連結)

売上+26%、経常利益+37%。予想以上に良い数字。通期計画は変更無しで、売上+17%、経利+24%、EPS+21%。第2四半期は上方修正されたので、通期の増額も期待できる。そのうち出ると思ってます。

前受金は+12%で総資産の36%。このため自己資本比率は39%と低くなっていて、キャッシュフローじゃぶじゃぶ企業にしてはどうなの?と感じる。実質的には自己資本比率は60%で文句無し。

平成21 年12 月期第2 四半期末 主要サービス契約件数についてのお知らせ

サービス契約の状況。

200908313.gif

低料金のムームードメインが好調。ペーパーボーイのターゲットとするユーザーにとっては、ドメインで重要なのは低料金だけ。ロリポップも同じだけれど、最近はマルチドメイン対応かつ低料金が増えてきているので、そこの対応をどうるのか、気になる。チカッパでマルチドメイン対応ではあるものの、追加料金は痛い。

期末契約数の推移。安定的に増加。OK。

200908314.gif

株価は2400円。EPS予想は226円でPERは10.6倍。上方修正でEPSが260円まで行けばPER9.2倍。配当利回りは4.2%。20%以上で成長しているストック型ビジネスを考えればまだ安い。

200908315.gif

消費者サービス
paperboy&co. ストック型ビジネス ドメイン ホスティング レンタルサーバー



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch