2008/12/25 13:01

イオンファンタジー、不景気で業績は厳しいが高利回りは注目

イオンファンタジーの第3四半期決算。

2009年2月期 第3四半期財務・業績の概況(非連結)

厳しい決算ですな。イオン系なので当然だが、イオン系モールの出店にあわせて店舗を拡大するのが基本。イオンはこれまでの積極出店拡大策をやめて、既存店頑張って売上伸ばそうね戦略に転換した。となれば、イオンファンタジーの店も出店余地はなくなる。

そうなれば既存店が頑張るしかないけれど、折しも不景気は強いですね。不景気になれば子供の遊びをちょっと減らそうかなって思いますよ。少なくともこれまで以上に子供をイオンファンタジーの遊び場に連れて行こうとは思わない。

事実、既存店売上は厳しい。月次数字を確認。

業績は当分上向かないのではないですか?

200812251.gif注目できるのは利回りの高さ。配当は30円で利回4.3%。株主優待は2500円分の施設利用券と米3㎏、商品購入5%割引券と豪華。施設を利用するのであれば、優待利回は5.7%にもなる。施設を使わずヤフオクで売るのであれば、優待利回は3.9%%ぐらい。総合利回は8.2%~10%ということになりますな。

自己資本比率70%、借金は無視できるほどちょっとだけと財務は優良。キャッシュフローの範囲での設備投資をしているので資金繰りも大丈夫。つまり、減配の可能性は低いって事ですな。優待廃止や改悪も無さそう。こればっかりは予想が付かないが。

消費者サービス
イオン イオンファンタジー 株主優待 配当 高利回り



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch