2008/12/17 07:07

パーク24、今期は下期業績回復型の計画だが稼働率は上がらない

パーク24の決算発表。

平成20年10月期決算短信

今期は僅かながらも増収増益を計画してますな。上期では25%に及ぶ減益を下期で取り返すという下期盛り上がり型の業績計画。嫌いです、この下期盛り上がり型はね。特に、パーク24のように取り立てて季節性がない業態で下期盛り上がり型は単なる希望である事が多いですよ。

会社側の考えとしては、下期になれば稼働率の低下も底を打ち、ぐぐぐっと利益が回復するってシナリオじゃないですか?そりゃね、稼働率が上がってくれば利益率はどんどん向上するわけなんだが、その稼働率が改善しそうな気配は全然ないんです。

同時に発表された08/10月期決算補足資料の一番下にある数字が全てを物語ると言えましょう。

稼働率の推移 47.4%(2005)→48.7%(06)→47.2%(07)→42.2%(08)→41.1%(09予)
占有率の推移 42%(2007)→38.8%(08)→37.8%(09予)

※稼働率=実際の売上高/最大売上高
※占有率=実際の駐車時間/24時間

今2009年10月期は41.4%の稼働率を計画しているわけですな。さて、どうでしょうかねえ。マクロ経済的には稼働率が下がる要素ばかりですがね。ちなみに、11月の月次数字が出ていますけど、数字は相変わらず酷いものでとても今期41.1%に届くとは感じられません。

2009年10月期 速報数値

11月の稼働率は39.4%、占有率は39%。稼働率の向上には駐車場の区分替えとか、不採算駐車場の解約とか、そういう事をじゃんじゃん進めていくしかない。月次の数字を確認しながら様子見でしょうな。

消費者サービス
パーク24 駐車場



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch