2009/05/10 23:11

日立化成、今期上半期で底を打ち、下半期は横這い以上を目指す

日立化成工業の決算発表。

平成21年3月期 決算短信

200905071.gif今期も引き続き減収減益の計画。でも流れとしては、今期の上半期が底で、下半期は回復というシナリオ。どこも同じですな。

日立化成の主要製品はご覧の通り。このひとつひとつがどういうモノなのか、そんなことは知らない。だいたいは分かりますけど、詳しくは知らないし、知る必要もない。専門のアナリストでもない限り、知っている人は少ないんじゃないですか?

知っているのは、基本的に日立化成の主要製品は半導体と自動車に使われるって事。そいういものに使われる材料や部品、素材であって、製造設備や機械ではないって事。

だから、半導体業界や自動車業界の生産が持ち直しさえすればすぐに日立化成の業績は回復する。持ち直さなくても、在庫調整が終われば横這いにはなれる。

となれば気にすべきなのはただ一つ。景気がどうなるか、それだけ。

日本には景気がどうなるか、というマクロ的な要因だけで売買できる株は多い。その中で一番最初に動くもの、次に動くもの、最後に動くもの、がある。それぞれの中で、大きく動くもの、日経平均並に動くもの、あまり動かないもの、がある。

そういう癖というか習性を掴みさえすれば、日本の景気敏感大型株はオッケーですな。

もちろんですが、景気がどうなるか、という判断が最も難しいわけですけどね。

化学銘柄
プリント配線板 リチウムイオン電池 半導体材料 日立化成 素材 自動車部品



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch