カテゴリー: ビジネスサービス

2008/10/12 15:03

ダイセキ環境ソリューションがずいぶん安くなった

~ マーケットに引くずられて安くなったけど、環境関連は期待できる。 ~

ダイセキ環境ソリューションの中間決算発表。

平成 21 年 2 月期 中間決算短信(非連結)

200810124.jpg

この株は今までずっと高い高いと思ってきていたが、今日見たらなんだえらい安くなってるじゃないですか。11万円ですか、ついこの前50万円につっかけたと思っていたんだけどね。11万はちょっと安すぎやしませんか?

業績数字の方は順調。環境意識はどんどん高まるし、今までのように杜撰な方法で産業廃棄物するのもできなくなるし、環境関連の法律も厳しくなり、まさにダイセキ環境には追い風が吹いていると言えましょう。ダイセキ環境のメインは土壌汚染調査・処理だけど、これにしても状況は全く同じですな。

景気が悪くなるとお金に余裕がなくなるので、環境汚染とか目に見えにくい、ややもするとちょんぼしやすい部分でごまかす企業が出てくる可能性はある。食品偽装が最近流行っているけど、それにしてもお金がないから、もっと儲けたいからということ。偽装してもばれにくい。環境に関しても同じことが言える。

マンションが売れないのも一つのマイナスかと。マンションって建てるときに土壌調査とかするでしょ。結構大きな需要先何じゃないかと。

借入金が前期末の36億(総資産の42%)から16億(総資産の22%)まで20億の激減。その分キャッシュが23億減った。無駄なキャッシュを持っていても仕方ないので借金を返済するのは良いことですね。設備投資も一段落ということでしょう。

今のマーケット激震が落ち着けば復活すると期待できる銘柄ですな。

ビジネスサービス
ダイセキ環境ソリューション 環境

2008/10/10 20:08

アルバイトタイムス、相変わらずの悪決算

~ ビジネスモデルも業績も悪いけど、お金だけはたくさん持っている。 ~

アルバイトタイムスの業績悪化はどうにも止まらない。一時は飛ぶ鳥を落とす勢いだったが、そんな面影は全くなくなってしまいましたなあ。フリーペーパーって言うビジネスモデルはダメだと言うことでしょう。

平成21年2月期 中間決算短信

売上は順調に減少。止まる気配はなし。営業利益段階で赤字。

この会社の決算短信は情報量が多い。いろいろデータが載せてあるし、グラフなどを使って見やすくしている。業績が好調の時はそういう事をして、業績が悪くなるとやめてしまう会社があるけど、アルバイトタイムスは良い時も悪いときも、ずっと積極的に情報開示している。その点は二重丸をあげたいですね。

求人広告件数は全国的に右肩下がり。前年比でマイナスが続いている。それ以上にアルバイトタイムスの売上は減少しているので、DOMOの集客力が弱くて媒体に魅力ないという証明かと。

売上減少に伴って人件費も減らしているが全然追いついていない。しかし、営業が全てといえる会社で人員を削減していくのは、まさに負のスパイラルといえましょう。

地域別の売上を見ると、どこもほぼ同じように減少。DOMOネットは全く商売になっていない。今のご時世、ネットが弱いって致命的じゃないですか。DOMOネットはDOMOと一体型のサービスで、単独での売上は見込んでいない、って話ですが、なんとも納得できません。

顧客としては、人材サービス会社からの仕事が減っている。そりゃそうですな。人材サービス会社の業績が悪化の一途をたどっていることからも明白です。

この会社の唯一素晴らしいのは、これだけ赤字を出してもまだまだ財務が強いって事です。この中間期はいよいよ営業キャッシュフローもマイナスになったけどね、それでも資産の半分は現金。同等物も含めれば70%近くがキャッシュなわけです。

借入金はゼロ。負債は資産のわずか20%。

倒産しないんだから、90円って株価は安いんじゃないですか。どうすればいいのやら分かりませんが、キャッシュを使って手を打てる可能性があることは良いことです。

ビジネスサービス
アルバイトタイムス

2008/10/09 00:12

チェルトの中間決算。安いですな。

~ これだけの配当利回りでも株価は叩き売られる相場って。。。 ~

うんざりするほど激安ですな。チェルトの中間決算。

2009年2月期 中間決算短信(非連結)

それほど成長率は高くないし、アスクル+ダイオーズを2で割ったビジネスを、親会社のイオン系列会社に提供しているという、あまり面白くない会社ではある。でも、業績は安定しているし、今期も順調で、予想配当の69円は確実だろうね。

だけど、株は売り込まれて、配当利回りは6.4%。

業績が悪くて減配がありそうな会社の配当利回りじゃないですよ。不動産屋の配当利回りではないんですよ。

しかし、チェルトに限らず、そんな株はゴロゴロしている。一体どうなってるんですかね、今の相場は。

ビジネスサービス
チェルト 高利回り

2008/09/26 22:10

ウェザーニューズ、上方修正&第1四半期

~ 気象サービスという可能性のありそうな市場でのトップ企業。 ~

ウェザーニューズが上方修正と第1四半期決算を発表。

業績予想の修正に関するお知らせせ

今の相場では貴重な上方修正で、業績は好調ですね。中間期のみの上方修正で、通期は据え置きです。要因としては、上半期に計上されるはずだった費用が下半期に移ったため、通期では変更なしというものです。売上の修正がないので、あながち控え目に言っているということもなさげ。

平成21年5月期 第1四半期決算短信

ウェザーニューズによると気象市場の大きさは世界で6000億。意外に小さい。その市場で、ウェザーニューズはトップの売上高を誇るようなのだが、それでも売上は110億しかない。6000億は超巨大と言えないけど、トップが110億であればまだまだ伸びしろは相当大きい言えましょう。

気象情報というのはストック型のビジネスで、ウェザーニューズではトールゲート売上と呼んでいる。これはウォーレン・バフェットの言葉をぱくったのでしょう。いずれにせよ、気象情報をもらおうと思えば、ウェザーニューズを使わざるを得ず、いったん使えば使い続けることになるという、そういう事が言いたいわけです。

本当にウェザーニューズを使わざるを得ないのか?有力な競合はないのか?ちょっとよく分からない。

ウェザーニューズが説明する限りでは、売上のほとんどがストック型で、安定感は高そうである。

地域別に見ると、日本が75%以上で、残りは北米、欧州、アジア・豪州。日本の気象市場が他国に比べて大きいのかどうか、分からないけど、そんなことはないのではないか。そうであれば、日本以外での成長の可能性は高いかもしれない。ただ、第1四半期を見る限りでは売上は全然伸びていない。

意外と設備が必要なビジネスのようで、予想外に借金が多い。分析や情報配信などにシステムが必要になるのだろう。しかしながら、キャッシュフローはじゃぶじゃぶで、利益の質は高いと言える。だから財務は改善方向で丸。

会社計画は強気で、法人向け市場では前年比+10%、個人向けでは前年比+20%の成長を目標としている。そういいつつも、第1四半期の個人向けはマイナス成長。

面白そうですね。

ビジネスサービス
ウェザーニューズ 上方修正

 1  |  2  |  3  | All pages

patch