2009/03/05 10:10

NB食品企業とPB食品企業、流れはPB、長期投資は高利回りなNB

アメリカのプライベートブランドを作っている会社の業績は非常に良いです。

日本でもようやくPB商品が市民権を得てきて、イオンにしても7&Iにしても、PB商品の売り上げはグングン伸びている。イオン系ならトップバリュー。こういうPB商品は一度使ってみると分かるけれど、自分の納得いく水準の商品もあれば納得いかない商品もある。

結局、安さと品質と安心感と、総合的にどうなのかって事。結果として十分消費者に受け入れられているからこそ、各社のPB商品が売れている。

そういう状況であれば、当然ながらPB商品を作っている会社は儲かっていると考えるのが自然ですな。

ただ残念ながら、日本ではPB製造会社が上場していない。そもそも、PB商品は製造者が全面に出てこない。トップバリューの商品のラベルを見ても、販売者がイオンと書いてあるだけで、誰が製造しているか書いていない。

製造者は中小企業の場合もあるし、大手のナショナルブランドの場合もある。大手の場合、自社の名前を出したがらない。そりゃそうですよね。仮に、日清食品がトップバリューのラーメン作っていたらどうですか?トップバリューのラーメンに製造者日清食品と書いてあれば、カップヌードル買うのは馬鹿らしいでしょ。(ちなみに、日清食品はそんなことしてませんよ。たとえ話。)

このPB商品はアメリカではもうずっと昔から市民権を得ている。

Safewayなんかのスーパーへ行くと、ほとんどの商品にはPB商品がある。しかもデザインがナショナルブランドに非常によく似ている。(よくそんなことして怒られないなと思うことが多い。)

折からの不景気でPB商品が売れているのはアメリカも同じ。景気に左右されにくい食品需要が過去にないほどマイナスになっているというデータが出ているアメリカ。それほど懐の痛んだ消費者が価格の安いPB商品に目を向けないはずはありませんな。

ナショナルブランド品が高いというのもある。

例えば、昨年までの穀物価格の高騰で値上がりしたシリアル。

#ところで、シリアルは日本語ではコーンフレーク。それほど食べられるものではないですけど、アメリカでは誰でも食べるポピュラーな商品。スーパーに行けばものすごい種類のシリアルが大量に陳列されている。え!こんなにシリアルがあるのって日本人は驚く。

ナショナルブランドのシリアルもずいぶん値上がりした。個人的に好きなシリアルはPOST(特にHoney Bunches of Oats)だけど、これにしても値上げされた。値上げされたのはいい、原材料の穀物価格が高かったんだから。

じゃあ、今はどうなの?穀物価格は下がったでしょ。軒並み50%以上OFFにはなっている。シリアルは値下げされたか?いやされていない。

この辺りは、ボラの高い穀物価格に合わせて商品価格を頻繁に上げ下げしたくないと言う食品会社側の考えもありましょう。またいつ穀物価格が暴騰するか分からないし、そうったら値下げ後の再度の値上げなんて難しい。

しかし小売り側からの突き上げは厳しい。そりゃ当たり前。値上げの理由であった穀物価格が下がったんだから、商品値下げしろって。ナショナルブランドがそうしないなら、勢いスーパーの姿勢はいっそうPB商品に傾く。

消費者の姿勢もPBに傾く。

PB業者は儲かり、ナショナルブランドは儲からない。

200903052.gifS&P500に入っている大手食品の株価を見ればよく分かる。Kraft Foods Inc. (KFT)、ConAgra Foods, Inc. (CAG)、Kellogg Co. (K)、General Mills Inc. (GIS)、Campbell Soup Co. (CPB)、HJ Heinz Co. (HNZ)。どれも株価はディフェンシブな大手食品株とはしてはひどいですな。

一方、PB商品をスーパーに供給している企業。Ralcorp Holdings Inc. (RAH)、Treehouse Foods Inc. (THS)、Lance Inc. (LNCE)、Seneca Foods Corp. (SENEA)。まさにディフェンシブな株価だし、2年チャートで全然下げていないと言うのは今の相場で強烈に強いと言えませんか?

200903053.gif実際、業績はすこぶる好調で、アナリスト予想のEPSは上表修正されている。今時あまり無い。

で、ここからどちらのセクターを買っていくかと考えれば、個人的にはナショナルブランドの方を取りたいと思うんです。

NB食品各社の株の配当利回りは軒並み高い。過去にないほど高くなっているわけです。業績が悪い、と言ってもその悪い程度は50%減益とか赤字とか、そんなことになっていないことは説明するまでもない。食品会社としては悪いと言うことであって、製造業や金融業みたいに無配転落や配当半減にはならないでしょうな。

こういう状態はそれほど長くは続かない。予想外に長く続いたとしても、いずれ修正される。

つまり、長期投資するなら絶好の買いチャンスってことだと思うんです。まともな食品株が5%の利回りで買えるのであれば、長期ポートフォリオに組み入れない理由はないでしょう。業績は回復し、ゆっくりだが伸び、いずれ増配もされる。退職ポートフォリオであれば数十年の間にどれだけの利回り株になるか。考えてみても損はありますまい。

もちろんですけど、相場のうねりを取る投資では食品株はおいて行かれるでしょうな。

ここまで全体相場が叩き売られた今、大きく反発するところを取る心算であればNB食品株なんてまどろっこしい。

用途に合わせて買うことができるって事です。

アメリカ株・BRICS株・外国株
CAG CPB GIS HNZ K KFT LNCE RAH THS アメリカ株 プライベートブランド 食料品



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch