2009/02/23 23:11

Kinder Morgan(KMP)はディフェンシブで高配当、今の相場に最適

Kinder Morgan Energy Partners LP (KMP)のディフェンシブ性について質問がありました。

KMPが扱うのは天然ガスとガソリン。天然ガスやガソリンと聞くと、資源関連じゃん!?って言うことで、ディフェンシブ性なんて見つからないと思うかも知れませんな。

しかしながら、天然ガスやガソリンの価格はKMPの売上や利益には関係しない。なぜなら、KMPのビジネスはパイプラインを通るそれらの資源の量に課金するフィービジネスだから。

天然ガスが1ドルであろうと100ドルであろうと、パイプラインを通る量が同じならKMPのフィーは変わらない。

折しも景気は悪い。景気が悪ければ資源の使用量は減る。実際、アメリカのガソリン消費量は過去にないほど下落をしている。一方、天然ガスの使用量は今のところ意外と減っていない。

これからどうなるか?を考えれば、消費量が増えるよりも減る方に賭ける方が理にかなっていますな。不景気は続くわけだし、天然ガスを使う工場の稼働率は下がっていて、アメリカ人はガソリン消費を控えている。

そうなれば当然KMPのパイプラインを通る資源の量も減りましょう。

しかしKMPの売上は減らない可能性が高い。既存のパイプラインを通る資源の量が減るので、その分は当然減収になる。一方、KMPはパイプランをどんどん新設しているし、買収で規模拡大をしている。そういう売上増分が減分を補ってお釣りがくる。

天然ガスやガソリンの使用量が減ると言っても減るのはせいぜい数パーセント。天然ガスの使用量がいきなり50%のマイナスになることはあり得ない。20%だってないだろう。

#ところで、アメリカでは家庭の暖房は天然ガスを使うことが多い。

例えば、日本が不景気でも電気は使われるでしょ。東京電力は変わらず電気を作り続け、多少電気使用量が減るぐらい。KMPも同じ事。

消費量が減るのはあくまで目先、ってことも大切。消費量が減り続けることはない。太陽光発電やバイオ燃料に代替されないのかって、そういう新エネルギーの立ち上がりは心配しないでもそんなに早くない。

日本の場合、人口が減るっているし、電力はすでに寡占の状態だし他から奪える需要もない。電力使用量がじわじわ減り続けると言われても不思議じゃない。東京電力にはビジネスを拡大する余地なんてない。

アメリカは人口が増えている。天然ガスパイプラインの会社は他にも沢山あるし、トラックによる輸送や船による輸送なんかの競争相手もいる。ビジネスを拡大するチャンスはいくらでもある。

KMPはMLPなので、利益は全部配当する。その配当の元になる利益はPLの最終行じゃない。キャッシュフローですな。PLの利益とキャッシュフローの利益は一致しない。だからEPSを眺めても仕方ない。KMPの投資家はそんなところは全然見ていないはず。

現在のKMPの配当利回りは8.9%。

この8.9%という数字がKMPにとって高いのか低いのか。過去10年では8.9%というのはKMPの配当利回りの上限レンジを大きく突き破る。つまり、こんなに高利回りになるまでKMPの株価が下がったことはない。

配当が減るんじゃないかという心配は無用でしょう。配当は過去10年間減ったことがない。前4四半期についても4回とも増配。

8.9%というのは2009年の予想配当利回り。2010年以降も配当額が増え、利回りは向上するというのがコンセンサス。

ということで、ディフェンシブかつ高配当と考えていいと思うんです。

今の株式マーケットではディフェンシブ、ストック型ビジネス、高配当、低現金修正PBRというキーワードがコアになる。不況耐性型企業かつベアマーケット耐性銘柄ですな。

KMPはまさにそれじゃないですか?

アメリカ株・BRICS株・外国株
KMP アメリカ株 ガソリン ディフェンシブ 天然ガス 資源 配当 高利回り



関連する記事



2

piano2009年2月24日 07:52

>EPSを眺めても仕方がない
返す言葉もございません…

明快な投資戦略に沿ったご判断なのですね、脱帽です。
米国株式においても食品銘柄をwatchしてますがKが安値を更新
しました。私はMKCを狙ってますが株価変動が少ないです。

大変ためになりました。ありがとうございます。

uchapo2009年2月24日 10:01

pianoさん

KもMKCもディフェンシブの典型だと思います。
MKCなんかは不景気で財布の紐を締める消費者が外食から内食へ動く流れで良いのかと。
配当利回りがもっと高ければと思います。

先日どこかで読みましたが、アメリカでは食料品の売上も過去にないぐらいマイナスになっていると言います。
マイナス幅的には素材や工業製品なんかとは比べものにならないわけですけど、
それでも不景気でもそれほど需要の減らない食品にまで大きな影響があるのかと思うと恐ろしいです。

コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch