2009/07/20 11:11

三猿金泉秘録 by 喜多村政一、300年前からの投資原則

2009年、3冊目の読書。6ヶ月で3冊の読書というのは、ちょっと少ないんじゃない?なんて考えはナンセンス。今はネットに書籍と同じかそれ以上の情報があるわけで、その「読ネット量」を考えれば、相当な読書量です。書籍には知性、有用性、真実性など、プラスのバイアスがかかり過ぎなので、ついつい何冊読んだという事を基準にしがちです。

読了した本はこれ。

「三猿金泉秘録」 by 喜多村政一

三猿金泉秘録は牛田権三郎が1700年代(江戸時代)に書いた本らしい。牛田権三郎は大阪堂島の相場師で、当時は米相場で腕を鳴らしていた。牛田権三郎が米相場と格闘して悟った相場の何たるかを記した書物が三猿金泉秘録。

そして今回読んだ本は、その三猿金泉秘録を解説したもの。三猿金泉秘録は昔の書物なので、昔風の言葉で書かれているし、エッセンスだけが記されているだけなので、どう理解するかの解説が必要になる。それを目的として書かれたのがのが喜多村政一の本。

相場の秘密はこういうことらしい。

三猿とは、見猿、聞猿、言猿の三なり。
目に強変を見て、心に強変の淵に沈むことなかれ。只心に売りを含むべし。
耳に弱変を聞いて、心に弱変の淵に沈むことなかれ、只心に買いを含むべし。
強弱変を見聞とも、人に語ることなかれ。言えば人の心を迷わす。
是三猿の秘密なり。

自分風に訳すと、

目の前にガンガン強気の相場がある時、自分の心までガンガンの強気になったらダメ。売りを考えるときだ。
聞くこと全てが総弱気の相場で、自分まで弱気になっていたら失敗する。買いを入れるときだ。
相場の強気や弱気を考え、良いニュースや悪いニュースを見聞きしても、そっと自分の中にしまっておけ。口にすれば他人を惑わし、自分さえも惑わす。
これが三猿の秘密だ。

つまり、一言で言うと、かの有名な相場格言に行き着くのではなかろうか。

人の行く裏に道あり花の山

三猿金泉秘録はこのことを何やら呪文のような昔の言い回しで説いている。

300年前の相場でも今の相場でも、人間の行動はちっとも変わらないとつくづく思った。投資家の行動は2つしかなくて、どちらを取るかで金儲けになるか金損になるか決まる。

バブルの麻酔で痛みと恐怖を忘れて買いまくり、暴落で投げ売って大損する。バカげていると強気相場で売りを入れ、恐怖のどん底でチビリながら買いを入れる。結局、投資家にはその2通りしかないわけですか。

それは300年前からずーっと同じであって、300年前に相場師が知っていたことであり、300年間多くの投資家が知っていたけど実行するのが難しかったこと。

三猿金泉秘録はそれを教えてくれる。

さて、ここで問題は、じゃあバブルの絶頂ってどうやって判断するの?恐怖のどん底買時はどうやって分かるの?ってこと。PERを見ればいいの?GDPを知ればいいの?女性週刊誌の株式特集を眺めればいいの?

残念ながら三猿金泉秘録はそれを教えてはくれない。少なくとも具体的には教えてくれない。

三猿金泉秘録に限らずそれを教えてくれる書籍は無い。

結局、三猿金泉秘録が含蓄するように、自分の心に聞くしかない。

バブルとその崩壊を一回り経験した人なら誰でも経験しているはず。株なんて簡単だ、楽してこんなに儲かる、一生株で生きていける、そう信じた。もうダメだ破産だ、株なんて一生やるものか、株なんて儲からない、そう嘆いた。それが自分の心に聞くと言うことに他ならない。

三猿はその時に出没する。

そういうことで、この本は、投資を始めたばかりの初心者や、PERやREO、財務諸表にビジネスモデルなどの解説が必要な人などにはそれほど役に立たないように思う。それよりは、相場の春夏秋冬を経験した人が、相場の節々で読み返し、忘れちゃいけない事を思い出すためのキッカケとして使った方がいいと思うんです。

300年も前から生き続ける猿達を自分の近くにおいて損は無い。猿達はごく当たり前な事を思い出させてくれるのだから。

最後に自分風で三猿金泉秘録を一句。

相場の三猿知ること此儲けの極意なり、三猿住まうは自己心中奥深し欲望と恐怖の海なり。

読書・書籍・雑誌
投資 書籍 相場哲学 読書



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch