2008/12/22 22:10

トヨタ、71年ぶりの経常赤字、今年度の販売台数計画も引き下げ

トヨタの下方修正。

業績予想の修正に関するお知らせ

200812229.gifついこの前に減額したばかりだが、今回も大きな下方修正。営業赤字に転落。恐ろしい。

マーケットの噂ではトヨタが営業赤字になるとは分かっていたものの、実際に営業赤字になると何とも気分が落ち込みますな。2兆2000億円もあった利益が1500億の赤字になるわけで、そりゃあ嫌な気持ちにもなりますよね。

トヨタが経常赤字を計上するのは1938年以来の71年ぶり。このような厳しい状況を踏まえて、トヨタのトリプルAの格付はもしかすると引き下げられるかもしれない。そうなれば多少なりとも調達金利は上がることになり、余計な出費がふえますね。

今年度の販売台数計画値は8.5%引き下げられて754万台。

もちろん車が売れないのは大前提としてありましょう。しかし、為替が痛い。

トヨタの場合、1円の円高ドル安で400億円の減益につながる。図は日経新聞より拝借。真ん中の列の数字が1円(対ドル)の動きが半期利益に与える影響額。2倍下数字が通期の影響額って事です。

トヨタの発表資料によれば、通期の為替レートが1ドル100円と1ユーロ143円、下半期が1ドル93円と1ユーロ146円、12月以降では1ドル90円と1ユーロ120円。前期は1ドル114円と1ユーロ162円。

12月以降のドル円レートを90円と思い切ったのは好感がもてますねえ。

2008122291.gif図に当てはめて考えれば、今期の為替影響は5600億円。これはドルだけで、その他の通貨は含んでいない。

すぐにトヨタがGMと同じ運命を辿ることはないだろうけれど、自動車産業というのは大転換期を迎えたことは間違いないですな。

車・自動車部品銘柄
トヨタ 自動車



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch