カテゴリー: アパレル・ファッション銘柄

2009/01/10 23:11

タビオの12月月次、堅調だった靴下屋もついに減速するのか

~ 既存店売上はマイナスに突入、株価もあまり期待できないので外す方向で。 ~

靴下屋タビオの12月月次。

08.12月度実績

タビオは月次発表をTDnetでしないのでうっかり見逃しそうになる。なぜTDnetを使わないのだろうかね?

200901092.gif12月は全店売上+2.7%、既存店売上が-4%。喜べない数字ですな。客単価が12%も伸びてのこの数字ですから、売上数量と来客数は相当マイナスと推察。

来月からはもっと厳しくなるのか、それとも持ちこたえるのか、はたまたユニクロ並の強さを見せつけるのか。最後の可能性はないでしょうな。

株価もあまり期待できそうにない。

アパレル・ファッション銘柄
アパレル タビオ ファッション 靴下 靴下屋

2009/01/09 00:12

ハニーズ、中間は計画に全然届かず、通期計画は静かに下方修正

~ 業績は全然計画に届かず、月次数字の悪化を確認する内容、減配しなくてもいいのだが。 ~

ハニーズの中間決算。

平成21年5月期 第2四半期決算短信

ずいぶん減益決算ですな。減益は良いのだが、なぜ業績修正の発表がないのだろうか?1Q時点での数字としては、中間売上320億円、経常利益33億だったわけですよ。それが中間決算では売上319億で経常利益27億に着地。業績予想の修正発表はあってしかるべきでしょうな。

中間決算短信の中で、さらりと通期予想を下方修正している。これまでの通期予想は、売上675億円、経利72億、純利39億、EPS140円。それが今回の修正で、売上653億、経利56億、純利29億、EPS104円。

修正幅は大きい。

同時に減配を発表。

配当予想の修正に関するお知らせ

通期配当は前期の35円から10円減の25円。財務は悪くないし、キャッシュフローも十分いけそうなのだから35円を継続して欲しかったですな。

アパレル・ファッション銘柄
アパレル ハニーズ ファッション

2009/01/09 00:12

タカキューの12月月次は11月までに比べて極端に悪化

~ タカキューに限らず12月から客足がばったり止まった小売店は沢山あり注意が必要。 ~

タカキューの12月月次。

月次売上高前年比情報(速報)のお知らせ

12月は全店売上が86%、既存店売上が79.2%。これまた、「11月か12月から月次数字が極端に悪化した小売業」の仲間が増えましたな。

何度もの繰り返しになるけれど、ここからは小売り銘柄は注意を要する。

アパレル・ファッション銘柄
アパレル タカキュー ファッション

2009/01/06 23:11

ユニクロの月次は驚きの強さ、ポイントやしまむらとは対照的

~ トレードダウンが向かう先にファッション性と低価格を準備し、不景気で消費者をわしづかみ。 ~

ポイントの12月月次は全店が109%、既存店が92.4%。強くない。

国内月次売上高前年比に関するお知らせ

一方、ファーストリテイリングのユニクロの12月月次は驚きの強さ。

平成21年8月期 国内ユニクロ事業 売上推移速報

全店売上は113.7%、既存店売上は110.3%。まさにブッちぎりの数字なわけであって、一人勝ちという言葉が踊るのが分かりますな。

国民的肌着とも呼ばれているヒートテックは、人気がありすぎて品切れを起こしている。フリースにしても部屋着にしてもよく売れている。

しまむらの業績がいまいちパッとしない状況で考えたとおり、トレードダウンの向かい先はユニクロで間違いない。

もちろん、トレードダウンだけではなくて、消費者の心をぐっとつかむ商品と価格がうまくかみ合っているって事でしょうね。

2009/01/06, 日本経済新聞 朝刊

ユニクロは10%増、保温肌着、「来秋冬に増産」。

 発熱保温肌着「ヒートテック」が多くの店で品切れで、売上高はもっと伸びていた可能性が高い。柳井正会長兼社長=写真=は五日、ヒートテックを「次の秋冬には増産する」と強気の計画を表明した。

 十二月の客数は九・八%伸び客単価は〇・四%上昇。ダウンジャケットなど外着に加え、フリースの部屋着も好調だった。リーマンショック後の九―十二月に既存店売上高は一五・二%伸び、好調ぶりが際立つ。

(中略)

ヒートテックの品切れについては「売り残すより良くない」と指摘。今秋冬物で二千八百万枚のうち百万枚程度だった海外販売を「大々的に増やす」と強調した。

アパレル・ファッション銘柄
しまむら アパレル ファッション ファーストリテイリング ポイント

2008/12/30 06:06

しまむら、不景気対応株の期待を裏切る業績、節約派はユニクロへ

~ 景気悪化でトレードダウンするお客が来ない、ファッション性が足りないからではないのか? ~

しまむらの第3四半期決算。

平成21年2 月期 第3四半期財務・業績の概況

今期ここまでわずかながら減益。売上は微増。通期では売上はもう少し伸びて+2.7%、利益は+6%と増益の計画。通期計画達成は難しいんじゃないですか?つまり、下方修正がでるってことですな。

しまむらの商品は安い。非常に安い。ファッションには好みの問題があるし、そもそもトレンドとかお洒落とかが分かっていないので難しいわけだけど、しまむらのファッション性は低い。男性物なんかちょっとヤンキーっぽい人が好きこのみそうな物しかないような気がするが皆さんいかが?

ファンション性については正直分からないので無視するとして、低価格は間違いないですな。不景気には強そうな気がするわけですよ。

景気が悪くなると、それまでちょっと贅沢していた人達は消費を抑えるようになる。消費を抑えるというのは具体的には、買わなくなるか安い物を買うようになるか、その両方かですな。

買わなくなるのを思いとどまらせたり、安い物に移る人を取り込んだりするのが低価格商売が不景気に強い一つの理由なわけです。そういうところにしまむらは位置するような気がするけど、業績はそうなっていない。

それはやっぱり、ファッション性に問題があるからではないですか?トレードダウンした人達はしまむらに行かない。トレードダウンしてもファッションですからね、自分がかっこわるいと思う物は着られないし、お洒落じゃない物は安くてもいらない。しまむらのファッション性はそういう類なんですよ、きっと。

トレードダウンはユニクロに流れていると考えるのが自然じゃないですか。もっとお洒落なブランド物や一つか二つ上の価格帯で消費していた人達が節約しようって言うときに、お洒落の満足も十分に満たされるのはユニクロのファッション性ということね。

しかしながら、しまむらには元々のお客さんであるおばちゃんやおじちゃんがいる。その人達は相変わらず安いしまむらで買い続けるか、買わなくなるかで、トレードダウンのしようがない。そんな流れでしまむらの業績は伸び無いながらもそれなりに持ちこたえているんじゃないかと。

今後もそれは同じじゃないですか。

伸びてきた会社が頭打ちになると、財務が悪くなるが、さすがしまむら、相変わらずしっかりしてますな。棚卸資産なんて全然増えてない。ここは20%や30%増えても、ああやっぱり業績悪いからね、って誰でも納得できますよ。そういう事がないのはしまむらの強さと言えましょう。

200812296.gif優良大企業なのに四半期決算にキャッシュフロー計算書を載せないのはダメですな。決まりとかそういう事じゃなくて、当然載せるべきものですよねえ。どっかのボロ会社じゃないんだから。

月次も良くないので上がり気味だった株価はすぱっと落ちた。高値が2005年12月と、新興企業みたいなのは何だか不気味ですな。それにしても安くなったと思う。今の株価6500円は2003年~2004年ぐらいの水準なわけだけど、売上は1.5倍以上、利益は2倍以上になっているんですから。配当だって倍以上ですよ。

長い目で見ればこの水準での買いで間違いないんじゃないですか?

アパレル・ファッション銘柄
しまむら アパレル ファッション ファーストリテイリング ユニクロ

2008/12/27 08:08

タビオ、靴下が売れて景気が真冬でも足下の業績は暖かい

~ 第3四半期までの業績好調さと進捗率を考えれば通期の上方修正は出るでしょうね。 ~

タビオの第3四半期決算。

平成21年2月期 第3四半期財務・業績の概況

月次や中間決算を考えれば、予想通りの好決算ですね。

売上+7.4%、営業利益+13.6%、経常利益+13.4%、純利益+13.4%。通期計画に対する進捗率は、売上72%、営利69%、経利69%、純利66%。進捗率が低いような気がするかも知れないが、タビオの業績は寒さが厳しい12月~2月に偏重している。ちなみに、前期の進捗率は、売上71%、営利65%、経利65%、純利62%。今期より悪い。

通期は上方修正確実でしょうな。

200812262.gifユニクロのファーストリテイリングを始め、ポイントやライトオンなど、業績がそれなりに強い銘柄の株価は高い。それに比べると業績で見劣りしない靴下屋タビオの株価は安過ぎじゃないですか?

不景気で固い物・重い物・高い物は売れない。外需・輸出関連は大赤字連発。ディフェンシブと高配当、小売の一角が今の相場では鍵になるわけですよ。そういう流れで考えてもタビオは安すぎと思うんですね。

アパレル・ファッション銘柄
タビオ ファッション 靴下 靴下屋

2008/12/22 21:09

ライトオンの11月月次、先月までとは違って弱い数字、株価は?

~ ファーストリテイリングにつられた株価の上がったアパレル銘柄は正念場か。 ~

ライトオンの11月月次。

月次売上高前年比情報に関するお知らせ

あら?意外と弱いですな。全店が96.7%、既存店が91.3%。この数字を入れて、今期ここまで全店104.7%、既存店99.1%。

この11月の弱さについて、

前年に比べ土曜日が1日多かったにもかかわらず

200812228.gifと会社が言っている。相当落ち込んだ印象を受けますな。

株価は堅調。ユニクロにつられる感じで上がりました。もちろん、高値から考えれば酷いものですけど、年初来で40%ほど上がっているし、底値からは倍以上。立派と言えましょう。

今回の月次でどういう反応をしますかねえ。

アパレル・ファッション銘柄
アパレル ファッション ライトオン

2008/12/17 06:06

ポイントの四半期決算、月次数字より好調に感じられる

~ 売上と利益が同じだけ伸びている、出店も順調、財務も相変わらず優良、文句無し。 ~

ポイントの第3四半期決算。

平成21 年2月期 第3四半期財務・業績の概況

ポイントの月次数字から感じられる以上に業績は強いですね。今の景気で、売上の伸びと同じだけ利益を伸ばす小売業は貴重じゃないですか?既存店が98.5%というマイナスの状況で立派ですな。

今期ここまで105店の出店、15店の退店で546店舗。前期末より20%の店舗増。海外は22店舗。十分すぎる出店ペース。それでいて財務は相変わらずの超優良と来てますからたいしたものです。棚卸資産はわずか4%増。キャッシュフローもOK。

株価は相変わらずの強さを持続中。

アパレル・ファッション銘柄
アパレル ファッション ポイント

2008/12/06 09:09

ジーンズメイト、デニムで業績は悪いけど配当と優待で超高利回り

~ ジーンズはダメだが、株主優待と配当で17%の高利回り、財務は良いので大丈夫そう。 ~

ジーンズメイトの第3四半期決算。

平成21 年2月期 第3四半期財務・業績の概況(非連結)

ジーンズは売れない。ジーンズはいつの世でも定番だけど、盛り上がる時期と盛り下がる時期のジーンズサイクルがある。今はまさに盛り下がりな時期であって、会社名・店舗名にジーンズを付けるほどジーンズを売りたいジーンズメイトには厳しいわけですな。

どうでもいいけど、今はジーンズとは呼ばないか。デニムね。

それにしても売上が13%も減るのは酷すぎですよ。ここまで既存店が89%でこの数字も痛い。とりあえずは景気が回復し、ジーンズが盛り上がるまでダメでしょうな。

救いは利回りが高いことでしょう。赤字でも配当は25円を計画。財務は超が付くほど優良なので配当原資には問題はない。株価500円で配当利回りは5%。来期も配当が付くかどうか少し心配だけど、過去10年配当はきっちり支払われ増配もされている。

株主優待があって年間6000円分の買い物券をもらえる。優待利回りは驚きの12%。ジーンズメイトで買物なんてしない人も多いでしょう。そういう人はヤフオクへ。70%で売れるので利回りは8.4%になる。これでも超高利回りですな。優待改悪があるかどうか、ないと思うけどね。

配当と優待を合わせた総合利回りは、優待利用で17%、優待売却で13.4%。優待取りながらじっとしていればいいんじゃないですか。30%も上がれば売るって事で。

アパレル・ファッション銘柄
アパレル ジーンズ ジーンズメイト ファッション 株主優待 配当 高利回り

2008/12/02 21:09

ユナイテッドアローズ、不景気の中では優秀な月次数字

~ ユニクロには及ばないが株価は業績回復時を目指す気配がある。 ~

ユナイテッド・アローズの11月月次数字。

平成20年11月度(平成21年3月決算期)月次売上概況(速報)についてのお知らせ

ユニクロの11月月次を見た後では何とも普通な数字に見えてしまう。それでも良い数字だと思いますよ。全店で112.4%、既存店が98.6%、マクロ経済を考えると十分強い数字だと思うわけです。

200812025.jpg ユニクロとは違って、利益こそ出ていないけど、そこは回復するという前提で考える時期ですな。つまり、これから利益数字はもっと悪くなるかもしれないが、それはもう折り込み済で、後は回復後を目指した株価の動きになるんじゃないかと。

その証拠と言えば言葉は強すぎるが、株価は底堅い。

アパレル・ファッション銘柄
アパレル ファッション ユナイテッドアローズ 有望

2008/12/02 21:09

ユニクロの11月月次、驚異的な数字でまさにヒートテック

~ 一人勝ちのファーストリテイリング、既存店月次の数字を見れば株価の強さも納得。 ~

ファーストリテイリングの11月月次数字。

平成21年8月期 国内ユニクロ事業 売上推移速報

恐ろしいほどの強さですな。既存店が132.2%、全店が135.8%。一人勝ちどころか、競争相手全員なぎ倒しですねえ。通常、こういう感じで既存店が好調の場合、前期の数字が悪くてマイナスだったということがあるわけだけど、ユニクロの場合、前期の11月は既存店103.2%、全店109.3%と好調。つまり、本当に絶好調ってわけですよ。

うーん、どう考えればいいのか。

200812024.jpg とにかくユニクロ商品が人気なんでしょうね。ヒートテックは相当売れているらしいですよ。ヒートテックって、一昔前であればオヤジの長袖肌着という感じで(死語だけど)ダサイって言葉がピッタリでした。それが今ではヒートテックという今風の単語を割り当てられて人気になるわけだから、世の中分かりません。

確かにオヤジの長袖肌着とはデザインは全然違うし、機能的にも数段上ですからね。オヤジ肌着と一緒に考えるのがそもそも間違いですけど。

ちょっと話がそれたけど、ユニクロは不景気でも絶好調。不景気で売れるものは売れるってことですな。株価も堅調。明日はストップ高に一票です。

アパレル・ファッション銘柄
アパレル ファッション ファーストリテイリング ユニクロ 有望

2008/12/02 08:08

ポイント、月次はそれなり株価は非常に強い

~ 不景気の中にあっては悪くない月次数字だし、なにより株価が強い。 ~

ポイントの月次数字を確認。

200812021.jpg 国内月次売上高前年比に関するお知らせ

絶好調とは呼べませんな。しかしながら、不景気風が強い中では十分に健闘していると言えましょう。不動産屋や自動車を始め、大きいもの固いものの売れなさと比較すれば驚くほど売れているって事です。

アパレル小売は全般的に株価が強い。ポイントの株は極めて強い。

アパレル・ファッション銘柄
アパレル ファッション ポイント

2008/11/29 18:06

パレモ、月次数字は厳しいけれど、高利回りには注目

~ 配当利回り6.6%、優待利回り3.3%、総合利回り10%の高利回りは十分。 ~

パレモの月次数字。

月次売上高前年比情報に関するお知らせ

全店が96.1%、既存店が88.1%。苦しいですな。

パレモで気になるのは高利回りな事。業績は悪いながらも20円配を計画。減配の可能性を指摘されそうですが、過去の配当状況を考えれば減配がない方に軍配があがりますよね。何か巨大な特損でも計上して最終大赤字にでもなれば別でしょうが、今はそう言う雰囲気でもない。配当利回りは6.6%。配当は2月期末つの一括払い。

優待は1000円分の図書カード。優待利回りが3.3%。

配当と優待の合計利回りが10%。悪くないですな。10%の利回りを取りつつ30%ほど上がったら売る。

ところで、高利回りと言うが、優待は持ち株数に比例して増えないので、絶対配当額が小さいという意見があるかもしれませんね。確かにパレモだけを100株買ったってたかだか3万円で、10%の利回りはたったの3000円。3万円の株が30%あがっても利益はたったの9千円。それはそう。

けどね、10%利回りの株をたくさん買うわけですよ。これまでにいくつも紹介してきていますが、紹介していないものも沢山あります。そういうのを買いそろえれば200万とか300万とか、それぐらいは行きますよ。それで10%の利回りを取りながら30%の値上がり益を確定していくだけでもいいんじゃないですか。特に今みたいな相場ではね。

アパレル・ファッション銘柄
アパレル パレモ ファッション 株主優待 配当 高利回り

2008/11/22 14:02

タビオ、アパレル関連小売が強い相場で全然動いていない

~ 足下ファッションの定着は不明だけど、月次は好調で株は安い。 ~

タビオの商品回収。

商品の自主回収に関するお詫びとお知らせ

縫い針が混入していたって言うけど、そんな事あるんですね。誰かがいたずらで店頭品に差し込んだとかじゃなくて、製造段階で混入したって事ですよね、このプレスリリース見ると。そうじゃなければ商品回収なんてしないだろうし。

株価は無反応。

そんな事よりタビオの株は安いんじゃないですか。月次数字を確認すればここまで会社の予想以上に商品は売れていますよ。もともと今期の業績予想は減益だったものが、蓋を開けてみれば調子が良くて増益まで修正されてきた。タビオの考える以上に足下ファッションが浸透したって事ですかな。

足下ファッションは一過性ではなくて本当に定番化したのか?

こればっかりは難しい。来年になれば誰もタイツ、とは言わないんだな、レギンスを見せるようなファッションはしなくなるかもしれない。流行は難しい。靴下・足下ファッションというカテゴリが縮まなければ、その中で新たなスタイルを出していけるはず。足下ファッションはどうなりますかな。

200811201.jpg 少なくとも何とか微増益を確保できれば今の株価は安いんじゃないですか。PER5.9倍、配当利回り3.3%。株主優待もある。株価は横這いを続けている。今の相場で強いのは小売の一角で、特にアパレル関連には強い銘柄が多い。そういう流れの中ではタビオがいつ強くなってもおかしくない。

アパレル・ファッション銘柄
アパレル タビオ 有望 靴下

2008/11/22 09:09

ユナイテッドアローズ、中間業績数字は悪いけど株価は底かな

~ 今期の数字は悪いが、株価は回復した時を意識しているのでは。小売全般に強いしね。 ~

ユナイテッドアローズの中間業績。

平成21年3月期 第2四半期決算短信

増収減益。計画通り。通期では減益幅は縮小する計画。さて、この計画はどうですかな。ちょっと強気っぽいけどね。

株価は無反応。こういう場合、株価は強いと考えるのが妥当でしょうな。下落相場はちょっとのニュースでずんずん下げる。良いニュースでも下げる。下げて下げて、やがて悪いニュースや良くない数字でも下げなくなる。こうなってくると底の可能性が高い。

ユナイテッドアローズはそういう状況なんじゃないですか。

アパレル・ファッション銘柄
アパレル ユナイテッドアローズ 有望

2008/11/11 13:01

ユナイテッドアローズ、減額ではあるもののいずれは回復

~ 前期比で業績は悪化しているけど、ボロ企業ではないので回復する時が来る。 ~

ユナイテッドアローズの業績予想修正。

平成21 年3月期第2四半期累計期間および通期の業績予想の修正に関するお知らせ

中間期のみの減収増益修正で、通期は減収修正。修正幅は大きくないですな。

前期比で考えればUAの業績は悪い。増収計画ではあるものの、減益幅は15%とそれなりにある。じゃあ株は買ってみる価値がないのかといえば、そうでもないように思うわけですな。

200811094.jpg いずれUAの利益率は改善し、EPSで100円近くまでは伸びてくるんじゃないですか。増収がそのうち利益に結びつくという単純な考え方。基本、こういう考え方をボロ企業に当てはめるのは危険ですが、UAはボロ企業じゃないですからねえ。そうじゃなければ株はもっともっと売られてますよ。

アパレル・ファッション銘柄
アパレル ユナイテッドアローズ 有望

 1  |  2  |  3  | All pages

patch