2008/10/01 18:06

ポイント、ワークマン、西松屋、しまむら、月次と決算

アパレル関連小売の月次や決算発表をまとめて。

まずはポイント。全店売上高は出店でそれなりの伸びだが、既存店は厳しい。株価は意外と堅調だけど、割安感はない。出店数は19(月末店舗数513)と相変わらず積極的。

国内月次売上高前年比に関するお知らせ

次にワークマン。さすがに手堅い。作業着、作業用品には流行り廃りはないし、需要はなくならないし、どうしてもちょこちょこと行って買物をせざるを得ない。規模の経済が効いて、PBブランド品を増やしている。低価格なので受けているに違いない。作業着なんかはそんなに洒落る必要はないので価格と機能性が一番重要かと。

株価はずいぶん安いけど、成長力がイマイチ弱いし、爆発力もないのでこんなものか。非常に堅実で下値ががっちりしていそうではある。

平成21 年3月期 月次前年比速報に関するお知らせ

西松屋チェーンの中間発表。

平成21 年 2 月期 中間決算短信(非連結)

さすがに不景気の影響を受けている。消費が盛り上がらないとベビー・子ども用品もどうにも売れない。原材料高も利益を圧迫している。

西松屋の強さは、通常なぜか馬鹿げているほど高いベビー・子ども用品を安く売っている事。PB商品も多いのでその分利益率も高い。

通期では前期比横ばいを計画。まあ、妥当な線でしょうな。

中期経営計画はそれなりに強気で、2013年2月期には売上高1700億、経常利益210億、店舗数900を目標にしている。今のところ、計画線上で推移している、ということで、中計の数字は射程圏内のようです。ちなみに、2009年2月期の予想数字が、売上1180億、経常利益108億。中間期末で店舗数が625店。単純に、売上+44%、経常利益+94%、店舗数+44%。単純計算ではEPSは150円。今の株価でPER6.5倍。PERで倍になってもおかしくない。4年で倍の可能性はどうですか?

目先はとりあえず消費マインドが回復することが大切かと。

最後にしまむら。下方修正と中間発表です。

業績予想の修正等に関するお知らせ

下方修正幅はそれなりに大きく、中間期はマイナス成長に転落。しまむらがマイナス成長というのは、消費が猛烈に弱いことを意味すると思うね。通期では盛り返してプラス成長に持っていく計画だけど、さて、どうでしょうな。難しそうな気配はある。

平成21年2月期 中間決算短信

消費者の財布の紐はかたくて、NB品から低価格のPB商品に流れている。食品ではイオンのトップバリューが絶好調なことや、他のスーパーも続々とPB商品を拡充していることからわかりましょう。衣料にしたって同じ。景気が悪いのに誰が百貨店でNB商品を買いますか。

そういう流れのド真ん中がしまむらなわけであって、それがマイナス成長というのはいかに景気が厳しく消費マインドが低いかが分かりますな。まさしく、生活防衛。

しまむらは従来の主婦向け低価格業態だけではなく、若い女性向けの業態も開発している。このあたりがどう発展するかも大切です。しまむらの成功法則が通用するのか、見物です。

今期末の予定店舗数は1548店で、アパレル小売ではダントツの数字だと思われます。低価格品を欲しい主婦は日本全国津々浦々いるわけです。洒落て衣料品とはわけが違いますね。

既に売上は4000億を越えているので、ここからどれだけ成長余地があるのか?まだまだ成長するのであれば株は安いですね。

アパレル・ファッション銘柄
しまむら ポイント ワークマン 西松屋



関連する記事



コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

patch