アーカイブ: 2009年8月 8日

2009/08/08 12:12

2009/8/8の相場メモ:忘れちゃいけないアレやコレ

~ 不景気で止まっていた中東産油国のエネルギー関連プロジェクトが始動。 ~

アメリカ鉱工業生産

・6月 95.4 -0.4%(MOM) -13.6%(YOY) VS 95.8(5月)
・4~6月 -11.6%(年率) VS -19.1%(1~3月)
・稼働率 68%(過去最低) 1972年~2008年平均比で12.9%P

原子力発電

・47基が建設中 By 世界原子力協会
・415基が計画・検討中
・ウラン鉱山開発が活発
・カナダ(カメコ)、オーストラリア(BHP、米ゼネラル・アトミクス)
・カザフスタン(日本企業が権益)、モンゴル(日系商社)、アフリカ
・ウラン供給 2008年 5万2千トン → 2015年 13万8千トン
・供給不足の可能性

中国のGDP

・4~6月期 +7.9%(YOY) VS +6.1%(1Q)
・投資 +6.2%、消費 +3.8%、輸出 -2.9%
・1~6月 +7.1%
・政府の刺激策、銀行の新規融資

200907211.gif

中国のオフィス不動産

・北京の空室率は上昇中@21.8%
・賃料は下落中

中国の保険

・上半期の保険料 +6.4%(YOY) Y598B($88B)
・損害保険 +15.8%、生命保険 +11.6%
・低所得者総務家のmicro-insuranceが売れている

中国の小売り

・上半期の小売売上高 +15%(YOY) Y5.87T($860B)
・2008年上半期は+11.3%
・6月 +15%(MOM)

中国の鉱工業生産

・6月 +10.7%(YOY) VS +8.9%(5月)
・2008年9月以来の二桁成長
・上半期 +7% VS +9.3%(2008年上半期)
・Q2 +9.1% VS +5.1(Q1)
・成長は西高東低

0013729e454e0bd1fa7507.jpg

アメリカ住宅

・6月 着工 582000 VS 479000(4月)
・2008年11月以来最高数字
・着工はボトムアウト、低空飛行続ける

0718-biz-econ-Housing-Construc2.jpg

200907291.gif

中東

・日揮 UAEで大型ガス処理設備受注 4500億円
・千代田化工 アルジェリアで1500億の天然ガス
・千代田化工 サウジで精油所 840億
・2008年後半に止まった産油国プロジェクトが始動

相場メモ・備忘録
アメリカ 中国 中東 原子力発電



2009/08/08 11:11

グリー、業績は絶好調、クックパッドに比べて低評価で過熱感無し

~ 40%の利益成長、会員数とPVの順調な増加、利益の出し安さ、魅力的な株価のグリー。 ~

200908064.gif先月IPOしたクックパッド。IPO価格の2倍以上の初値をつけ、その後も順調に上昇中。買うから上がる、上がるから買うでチキンゲームに突入ですな。当てずっぽうに予想した36000円まで行くかな?

さすがにクックパッドを買う気にはならない。他のインターネット関連銘柄には、それなりに安い株がまだ残っている。

例えば、ネット関連株としてはクックパッドの前に上場したグリー。2008年12月という、相場環境としては最悪の時期に上場した。それでも株価はご覧のと通り、順調に上昇。

200908065.gif

発表された決算も文句なし。

平成21年6月期 決算短信(非連結)

今期は売上げ+67%、経常利益は+43%の計画で、EPS予想は143円。143円は9月末の2分割後の数字なので、今の株価で言えば倍の286円。PERは28倍。過熱感は全然ない。

四半期ごとの業績推移。

200908066.gif

4Qの売上げは3Q比で大きく伸びているものの、利益は伸びていない。これは広告宣伝費を倍増させたため。グリーの場合、利益率が非常に高くて、莫大な広告宣伝費を使っている。業績を確認しながら広告宣伝費を変化させれば、簡単に数字は作ることができる。前回のエントリー参照。

会員数の推移。文句無し。

200908067.gif

ページビューもOK。5月の跳ね上がりは何?

200908068.gif

200908069.gif

BSを見ると、現金をしこたま持っている。その上、キャッシュフローはジャブジャブ。これだけ金が入ってくると笑いが止まりませんな。それもあってか、とりあえず5円の配当を決定。ネット関連成長株にたった5円の配当は無意味でしょう。

これまでグリーはトレーディング銘柄だったけれど、投資銘柄に格上げしていいんじゃないですか。

消費者サービス
インターネット クックパッド グリー ゲーム 広告 携帯電話

2009/08/08 11:11

多くの個人投資家と自分は同じに行動しているのかと心配になる

~ 個人投資家が14ヶ月連続で最も期待している医薬品セクターのパフォーマンスは悪い。 ~

野村の個人投資家調査。

ノムラ個人投資家サーベイ

一番気になるのは、個人投資家が最も注目しているセクター。14ヶ月連続で「医薬品、ヘルスケア」なのだと。そして魅力が無いと考えているのが「建設、不動産」。どちらもブッちぎりに高い数字で注目と無視を獲得している。

200908062.gif

たったこれだけのセクター区切りでは含まれる銘柄が多種多様過ぎるのには注意がいる。それを忘れずに考えても、個人投資家サーベイとは反対の事をした方がいいのかなあ、なんて考えませんか?

それにしても医薬品は完全に相場から取り残されている。さすがに底だと思い、まさにキャッシュ代わりになる銘柄をいくつか持っているわけですが、それじゃあダメって事?

不動産銘柄は、スウィングトレードで値幅を取ったりしているだけ。個人投資家サーベイと同じね。

ってことは、自分がやってることがチャンチャラお話にならないわけ?

うーん、さてさて。。

最後に、ノムラ個人投資家サーベイの回答者の属性。どちらかというと、それなりの経験がある人が多いような気がする。

200908063.gif

ちょっとニュース
ノムラ個人投資家サーベイ ヘルスケア 不動産 医薬品 建設

2009/08/08 11:11

サンマルク、減益幅が大きい、通期増益の計画は達成できるか?

~ 優良企業も不景気の落ち込みには苦戦、財務の優良さ、高利益率は変わらず。 ~

サンマルクホールディングスの第1四半期決算。

平成22年3月期 第1四半期決算短信

5%増収の17%経常減益。うーん、厳しい。好業績を期待するのは間違っていますけど、それにしてももう少し良い数字を出して欲しいですな。

中間期では増益になって、通期では増益幅を8%まで持っていく計画。

新規出店は十分に継続中。

新店による増収効果はあったものの、経営環境の厳しさは緩まず、既存店売上高の減少やコストコントロールが一部吸収しきれず

財務は変わらず超優良。経常利益率は下がっても14%。

外食・レストラン・居酒屋
カフェ サンマルク 外食

2009/08/08 11:11

ツクイ、増収減益ではあるものの計画を上回って推移、分割を発表

~ 通期の上方修正も十分期待できる、積極展開による経費先行の減益はOK。 ~

ツクイの第1四半期決算。

平成22年3月期 第1四半期決算短信(非連結)

売上げが+11%、営業利益は-27%、経常利益は-35%、純利益が-44%。中間期では減益幅が小さくなり、通期では売上げ+19%、営業利益+16%、経常利益+5%、純利益+2%、EPSが118円の計画。

中間の数字は上方修正されてこの数字。

新規開設のデイサービスセンターの売上高が当初計画を約30%上回り好調に推移しております。加えて、引き続き全社的に経費節減に努めたことや、当初計画していた経費の発生の一部が下期にずれ込むことなどから、営業利益、経常利益、当期純利益ともに当初の予想を大幅に上回る見込みです。

なお、通期の業績予想につきましては、先行きの経済状況が依然として不透明であり、今後の動向を慎重に見極める必要があることから、従来どおりといたします。

通期は増額なしですが、期待できますな。積極的な事業所の新規開設で費用がかさんだため減益となってはいるものの、計画を上回る状況。

9月末に2分割を実施。まともな分割は、業績に自信がある時にするもの。クサイ会社の阿呆な分割は単にクサイ人達が悪さするため。

200908061.gif

医薬品・医療品・調剤薬局
ツクイ 介護 分割

2009/08/08 11:11

調剤医療費の伸び、後発薬の処方割合、少子高齢化、止まらない。

~ 結局は少子高齢化のうねりに抗うことはできない、経済もそれにしたがって変わる。 ~

最近の調剤医療費(電算処理分)の動向の概要

200907273.gif

調剤医療費は伸びている。当たり前。マイナスがあるけれど、これは今後も数年に一度出てくる。医療費の改定、基本的にマイナス改定、は続くからね。

200907274.gif

後発医薬品の割合は思った以上に低くないですか?毎年割合は増加していて、この流れは絶対に止まらない。それが国策だし、そうしなければ医療費がかかててどうにもならない。後発医薬品の伸びしろ大きい。

200907281.gif

三菱UFJ証券が作ったこのグラフを見ると、将来を悲観したくなる。老人が増え、子供が減り、人口が減る。もうずっと前から誰でも知っている分かり切ったこと。

一体、老人を世話し、医療費を負担し、誰がどんな社会を築いていくのか。

この底流は止められない。

ちょっとニュース
介護 医療 少子高齢化 後発薬

patch