アーカイブ: 2009年7月27日

2009/07/27 18:06

2009/7/27の相場メモ:忘れちゃいけないアレやコレ

~ 電子部品は底打ちしたが、アメリカの消費者が理由ではない、中国のバブルとインドの回復。 ~

電子部品

・底は打った
・2番底は来るか?単なる在庫調整の反発か?中国頼み?

電子部品(村田製作所)

・ケータイ、PC向けコンデンサー、高周波部品
・4~6月期 +40% VS 1~3月期
・受注1300億、受注残500億(+43% VS 3月末)
・派遣雇用再開

電子部品(京セラ)

・携帯電話、テレビ向け水晶部品、コンデンサー
・4~6月期 前年同期(好調期)の70%まで回復
・「7~9月期はさらに良くなる」

電子部品(日本電産)

・PC、ノートブック向けHDD用モーター
・4~6月期 +30% VS 1~3月期
・「7~9月期はピークを超えそう」

電子部品(TDK)

・HDD向け磁気ヘッド
・4~6月の稼働率70% VS 1~3月の50%

電子部品(昭和電工)

・磁気ディスク
・10~12月期 フル生産計画

機械受注

・5月 -3%(MOM) 3ヶ月連続減 予想は-2%
・-38%(YOY) 4月は-33%
・製造業 +5.4%、非製造業 -6.9%

アメリカ消費者

・AmexのCEO
・way too early to say that we are in economic recovery
・seeing some stabilization

中国の新規銀行融資

・6月 1兆5300億元 VS 予想1兆2000億、5月の6645億
・6月までの累計 7兆3700億元 VS 政府の通年目標 5兆

インド自動車販売

・6月 +8.3%(YOY)
・4~6月期 +3.8% 41万7000台 スズキ+9.6%の19万7千、現代+1.3%の6万9千

相場メモ・備忘録
AXP TDK インド 中国 京セラ 日本電産 昭和電工 村田製作所 機械受注 電子部品



2009/07/27 17:05

インフレはいずれ来る、気長に待ちながら準備する必要がある

~ 失業率の低下とCPIの上昇、この2つが出てきたらインフレに強気になる準備、考えておく。 ~

ウォーレン・バフェットが子供達にファイナンスと投資について教えるアニメが制作される。Secret Millionaire’s Clubというプログラム。バフェット自身が声優を務めている。ちなみに、ギャラはなしらしい。

アニメとは関係ないけれど、インタビューの中でインフレについて話している。特に新しい考えでもないし、今さらごちゃごちゃ言う話でもない。でもね、インフレはやがて来るっていう大前提だけは忘れないようにしておきたいと思うんです。ジム・ロジャースも言うように、輪転機を高速でグルグル回し続けてお金を刷れば、インフレは来る。

it isn’t because it’s going to happen next week or next month or ten months from now. But ten years from now the dollar will buy a lot less than it buys now. That will be the consequence of what we’re doing now. That doesn’t mean what we’re doing now is wrong at all. We’re doing the right things, but what we’re doing have consequences. And some of the medicines we’re delivering, it will be very hard to deliver a total offset to.

the Fed needs to be doing what it’s doing now. It will have, it will have after-effects, and we’ll be facing those, and they’ll be addressed at that time. But I don’t think you can do what we’re doing now, and are going to be doing, without having real inflationary possibilities down the road. But that doesn’t mean I think he’s doing the wrong thing.

アメリカのインフレは気長な話だ。将来起こるインフレを今考えて、なにがしかの投資行動を起こし、半年後や1年後に儲かるなんて話じゃない。中国の政府補助で液晶テレビが売れているから友達光電や部材メーカーを買う、というような、目先に儲かる話ではないって事。

しかし、いずれ大きなテーマになりましょう。その時にどうするか。考えておいて損はありますまい。

果たしてインフレがテーマになるキッカケはあるのかないのか?ビル・グロスは、失業率の低下が始まったときが一つのキッカケというような事を以前言っていた。キッカケというか、失業率の低下が始まらないうちはインフレも来ないという趣旨だった。

失業率の低下が始まり、CPIが上昇方向に舵を切れば、いよいよインフレが話題になってくるって事ですか?

ジュリアン・ロバートソンも5年以内のインフレに賭けているのも参照。

インフレがダイレクトに効いてくる投資対象としてすぐに思い浮かぶのは、コモディティーと利回りETF(TBT)ですか。いずれインフレプレイがいろいろと出てくると思う。気長にね。

ゲームプラン・投資戦略
Bill Gross Jim Rogers Julian Robertson Warren Buffett アメリカ インフレ

2009/07/27 17:05

水ビジネスで濾過膜やプラントはわずかの割合、管理や運営が重要

~ 世界の水ビジネスの90%は運営・管理、日本の企業は残り10%の部分で戦っている。 ~

200907271.gif世界の水ビジネスの市場規模。出所は住友信託銀行のレポート。2025年に100兆円というのはかなり大ざっぱな数字のはず。それでも参考にはなるかと。

100兆円という規模はデカイ。でも規模よりもハッと気づかされるのは、「水を作り出すビジネス」がわずか10%という部分じゃないですか?濾過膜やオゾン処理が1%の1兆円、プラント建設が9%の9兆円。合わせて10兆の部分が水を作り出すビジネス。

日本企業が活躍しているのは、この10%の部分だけなのです。日本企業にはズバリ水企業は無いので投資テーマになりにくい。

この RO膜法で利用するRO膜は、日本の企業が世界市場で高いシェアを有する製品である。世界シェア1位はダウ・ケミカルであるが、2位は日東電工、3位は東レと日本勢が続く。また、中東地域は海水中の不純物が多くRO膜では目詰まりを起こしやすいとされるが、東洋紡績はこの中東地域で強く、中東地域の RO膜受注の過半を占めている。

(中略)

水処理膜は RO膜を含め5種類あり、これを組み合わせて用いることで下排水であっても商工業用水などとして再利用可能な水準まで浄水を行うことが可能である。東レは自社技術でこの全5種類をラインナップし、需要拡大を見越して既に拠点拡充による生産能力増強を進めている。また、各種膜を揃える日東電工も、MBR(膜分離活性汚泥法)に強みを持つ三菱レイヨンと合弁で水処理膜開発を共同して進めている。今後、重要性を増すと考えられる水リサイクルまで視野に入れれば、複数の膜をラインナップしていることは競争上優位性を持っていると言えよう。

日本では水道はお役所が運営しているし、水不足に悩まされることも(特定の地域を除いては)ほとんどないので、なかなか水がビジネスとつながりにくい。せいぜい日本企業が活躍している水処理やプラント建設ぐらいが水ビジネスの中心と考えてしまいそうになるわけですよ。

残りの90%は水ビジネスの運営・管理。この部分で活躍している日本企業はない。

この市場で強みを持つのは水メジャーと呼ばれる一部の欧州企業である。早くから民営化の進んだ欧州に比べ、日本の水道事業は依然として公的セクターが手掛ける分野であり、日本の民間企業には十分なノウハウ蓄積がなされていない。

レポートにある欧州の水メジャー企業がどこだったか、忘れた。フランスの企業だったかな?

中国にはズバリ水企業がある。香港上場が北控水務(下水処理)、中国水務(水道供給)、天津創業環保(下水処理)。アメリカ上場がDouyan Global Water(下水処理装置・部品)。香港銘柄はパッとしない。Douyanは魅力的。

アメリカ株・BRICS株・外国株
DGW 中国水務 北控水務 天津創業環保 日東電工 東レ 東洋紡

2009/07/27 17:05

ウィングパートナーズが監査をしていた企業は上場廃止もあり得る

~ 赤坂・吉野ペアに頼めなくなった企業は、一体誰に頼めばいいんでしょうか? ~

ウィングパートナーズと赤坂・吉野ペアが行政処分を受けて業務停止になった話のその後。

担当していた13社の監査は当然辞めた。そりゃ当たり前。13社の中で新しい監査人が決まったのは今現在のところ1社だけ。日経の記事にもあるように、有報を出すことができなくて上場廃止に陥る企業も出てくるんじゃないですか?

え?新しい監査人を探せばいいだけだって?そうなんですけどね、ウィングパートナーズに負けないぐらい強力な監査人を探さないとといけないわけで。。。

ウィングパートナーズが会計監査を担当していた13社。

リンク・ワン、NowLoading、インスパイアー、総和地所、ゼンテック、オープンインタフェース、ECI、デザインエクスチェンジ、NFKホールディングス、ゼクス、ランド、クロニクル、サハダイヤモンド

うわああ、スゴイ名前ばかりですな。

2009/07/23, 日本経済新聞 朝刊

ウィングパートナーズ、担当13社の監査人辞任、後任の決定、まだ1社。

 監査法人ウィングパートナーズが、担当する全上場企業13社の会計監査人を21日までに辞任した。同監査法人は適正と監査証明したゼンテック・テクノロジー・ジャパンの財務諸表で重大な虚偽が見つかり、金融庁から8月14日まで1カ月の業務停止処分を受けた。後任の一時会計監査人を選任したのはNFKホールディングスだけで残る12社は決まっていない。

 東京証券取引所やジャスダックは会計監査人の不在が理由で上場廃止にはしない。だが、有価証券報告書や四半期報告書を出すには監査やレビューが必要だ。金融商品取引法の定めた期限を過ぎてから原則、1カ月たっても報告書を出せないと上場廃止になる。8月中旬に四半期報告書の提出を控える企業は早急に後任の会計監査人を選ぶ必要がある。  ウィングパートナーズの代表社員の赤坂満秋会計士は「処分を受けたため会計監査人を辞任した。ほかの監査法人を紹介するなどできる限りのことはしたい」と話している。

クサイ会社・エグイ企業
ウィングパートナーズ 上場廃止 監査法人

2009/07/27 17:05

The Onionにまんまと騙された、中国系を疑う自分が情けない

~ 中国ではあり得るかもね、などという考え方をしていると間違える、罠にはまる、儲からない。 ~

まずはこれを観賞。


Police Still Searching For Missing Productive, Obedient Woman

The Onionというサイトを全く知らなかった。知らない状態でこのクリップを見たので一瞬驚いた。ええっ!まさかこれって本当なの?こんな番組あり得るの!?ってね。

Wikipediaの説明。

The Onion is a Peabody Award-winning American “fake news” organization. It features satirical articles reporting on international, national, and local news as well as an entertainment newspaper and website known as The A.V. Club.

The Onion’s articles comment on current events, both real and imagined. It parodies traditional newspaper features, such as editorials, man-on-the-street interviews, and stock quotes, as well as traditional newspaper layout and AP-style editorial voice.

そりゃあそうだよねえ。。。まさか本当のワケないよね。

でも、一瞬でも信じてしまいそうになったのは、The Onionを見ると、どうやらThe Onionは中国系らしいと思わせる作りになっているからだと、後から思った。その中国系を思わせるようなデザインにしているところも実はニセなんです。

ああやっぱりね、とつくづく思った。何がああやっぱりね、か?あり得ないモノでもそれが中国系であれば、信じてしまいそうになる自分がいるってこと。

日本や欧米ではあり得ないモノでも、中国であれば万が一にもあり得る。ナンでもカンでもそういう風に考えると大きく間違えると頭では理解している。偏見や感情や島国根性で外を見ることはしないようにしているつもりだ。客観的に見ても(って、こんなこと客観的に見られる分けないけど)自分は物事にたいしてはかなりオープンだ。

なのに、The Onionを知識ゼロで見たとき、中国系なのであり得るのか、と心の奥で一瞬思った。まんまとThe Onionの罠に引っかかった馬鹿者です。

そんな罠が仕掛けられるのは、それに引っかかる人が多いから。つまり、そういう風にモノを捉えている人が多いって事でしょ。ああ、自分もそんな大多数の1人だったとは。

よもやま話(投資以外の話題)
The Onion ウェブサイト コラム 中国

patch