アーカイブ: 2009年7月19日

2009/07/19 07:07

クックパッドが新規上場、IPO初日は値が付かない超人気ぶり

~ 相場が強いときの高成長人気ネット銘柄、傍若無人な値が付く事を皆が期待している。 ~

クックパッドがIPO。

個人投資家の性別では女性より男性の方が多いでしょう。一方、料理をするのはやっぱり女性の方が多いはず。男女平等とか言っても、まだまだ男が外で働き株をやり、女が家で料理する傾向は間違いなくある。(個人的にこういう傾向はホントに嫌いですね。)

だから、レシピサイトと言われても、いまいちクックパッドの強さが分からない男性投資家諸君が多いんじゃないですか?

私は料理を結構するので、レシピを探すことも多い。検索エンジンでトップにヒットするのは、クックパッドの場合が多い。トップリスティングではなくても、トップページには必ずいる。検索を征するものはネットを征する。クックパッドは出だしで勝っている。

レシピサイトは沢山ある。何かある1つの料理レシピを知りたいだけなら、クックパッドでなくても事足りる。材料と手順と写真があればいいわけですからね。でも、料理というのは、単品で終わらないし、調べた料理のレシピのバリエーションが沢山あった方がいい。つまり、横の広がりが欲しい。

クックパッドでは、何かのレシピを調べると、そこからどんどん次へつながっていくんです。それは例えば「つくレポ」と呼ばれる機能で、あるレシピを見て料理を作った人が、私はこのレシピを元に、こんな風にアレンジしてこんな料理ができて美味しかった、みたいなレシピの連鎖機能です。

何かの料理レシピを調べることができるのは当然として、そこからバリエーションを見つけたり、作る物は決まってないけど何か無いかなという流れも満たしてくれる。これができるレシピサイトはあまり無い。なぜなら、目次を作って、料理ごとに1ページ作り、レシピを書いて終わりだから。昔ながらのレシピ本をホームページにしただけのイメージ。横の広がりが無い。

#クックパッドが料理サイトとして人気な理由をこれだけ書きましたけど、自分はあまりクックパッドは使わない。なぜなら、クックパッドには「お手軽レシピ」が多すぎるから。本格的な料理を作りたいので、お手軽は好きじゃない。でもこれは極めて少数派の意見で、、大多数の人は日々のご飯を食べるのに簡単ですぐできるレシピを求めているよねえ。

ネット上のデータベースをユーザーが自発的に膨らませ、自然に横の広がりが作られ、アメーバ的に増殖していく。そういうわけで、クックパッドがレシピサイトとして優れていると思うのです。クックパッドの上場が決まる前、きっとこの会社はIPOするに違いないと踏んでいましたが、その通りになった。

クックパッドの目論見書を確認。

売上構成

2009年4月期の3Qまでの数字をグラフ化したもの。

200907191.gif

マーケティング事業が売上げの63%。マーケティング事業とは広告主とタイアップしての宣伝や販促。例えば、何かの食材やスパイスを使ってのレシピコンテストを開催する。そうすればみんながその食材やスパイスを使うことになるし、そのレシピも沢山集まるし、そのコンテストを見た人は食材やスパイスを買って作ることになる。

目論見書の説明文。

当事業では、食品、飲料、家電・調理器具製造・販売事業者、流通事業者等を顧客としており、顧客の扱う商品やサービスの認知度の向上や、利用方法の理解促進といったマーケティング支援を行う目的で、当社サイト「クックパッド」及び「モバれぴ」内にタイアップ広告を掲載することで顧客から収入を得ております。

(中略)

レシピコンテストでは、当社サイト上で利用者に対し顧客の扱う商品を使用した料理レシピを募集します。顧客は料理レシピの募集を通じて利用者に実際に商品を使用してもらうことにより、認知度の向上に繋げるとともに、投稿されたレシピから新しい商品や既存商品の新しい利用方法を生み出し、商品の開発及び販売促進に役立てます。また、投稿されたレシピは当社サイト内に保存されるため、レシピコンテスト後も利用者の検索対象となり商品の需要底上げが期待できるといった特長があります。

スポンサードキッチンでは、当社サイト上で顧客自ら取扱う商品を使用した料理レシピの掲載を行うことにより利用者に対し商品の認知拡大と需要促進を行っております。利用者は、スポンサードキッチンに掲載されたレシピを実際に調理した結果(感想)をレポートする「つくれぽ」を投稿することができます。「つくれぽ」はレシピに対する評価として、スポンサードキッチンに参加していない他の利用者にも閲覧されるため、顧客にとっては商品を利用したレシピの波及効果を期待できるといった特長があります。

広告宣伝事業が25%。バナー広告とか。

会員事業が残りの12%。レシピ保存機能とかの有料サービス。月額294円。

利用者推移

200907192.gif

綺麗な右肩上がり。3月~8月は利用者が伸びず、9月~2月に伸びる傾向にある。これはなぜだろう?3月と4月は新年度関係で忙しいから料理しないって事?7月8月は暑くて料理する気にならない?

IPOで資金調達するまでもなく財務は無借金で良好。ネット企業がスタート時に儲からない時期はとっくに過ぎ去っていて、キャッシュフローはじゃぶじゃぶ、儲かって仕方ない状況。上場で集めた金は、特に使い道も無いんでしょうねえ。。。

上場日の寄り前に決算発表があった。

東京証券取引所マザーズへの上場に伴う当社決算情報等のお知らせ

今2010年4月期の計画数字は売上げ+68%、営業利益+54%、経常利益+49%、純利益+48%、EPS+34。文句無しの高成長。

IPO価格は9500円。今期予想PERで34倍。PEGはちょうと1倍。3月からの全体相場の強さもあって主幹事の野村は強気の値段設定をしたと思う。

初日は値が付かず、19,100円の買い気配で終了。いきなり倍。引けでは売りが15万株、買いが30万株ぐらいだったと思う。売りは327,000株で、これは流通株の半分の数字。買い気配値で今期予想PERは69倍。

相場が強いときの高成長人気IPOの傍若無人な考え方。高成長ネット企業で来期業績は+30%は最低線だ、来期EPSを360円として、来期予想PERはまだ53倍、人気を考えて来期予想100倍までは買われるから36,000円目標。こんなのが実際に通用するのが恐い。

そういう無茶苦茶な理屈なわけですけれど、高値3万6千円を予想しておく。そこのあなた、大和撫子特攻隊に志願しませんかぁ?

株価は高いものの、期待の成長株であるのは間違いない。

IPO・新規上場
IPO インターネット クックパッド 広告宣伝 消費者サービス



2009/07/19 06:06

タクトホーム、今期は強気の数字、流れは微妙に変化している

~ 飯田産業と並んで業績回復を計画、盲目的に信じられないが、微妙な変化は感じられる。 ~

タクトホームの決算発表。

平成21年5月期 決算短信(非連結)

200907172.gif前期は期中に2度の下方修正があって、最後は赤字で終わり。期初の計画では不動産屋としてはそれなりに良い数字出していた。終わってみれば赤字。

販売棟数は期初計画比で-10%ほどで、それほど狂いはなかった。結局、不動産マーケットの軟化が激しくて、売価を下げて利益が圧迫された。

今期の計画は、売上-31%、営業利益+640%、経常利益と純利益は黒字転換、EPSが3000円。販売棟数の計画は1400(上半期650、下半期750)。

信憑性はどうなのか?問題は、果たして前期と同じように、売れないから値下げして、結局は儲からないという結果にならないかということ。

前期よりはその心配は少ないと思う。前期は棚卸資産300億円以上でスタートしたわけですが、今期は160億円。仕入は極力抑えてきているので、それほど高値で掴んでしまった土地はないと予想。そうなれば、計画以上に安く売らなければならない物件も少ないはず。

もっとも、建て売りはマンションと比較して、仕入れと販売のサイクルは短く回転率の高いビジネス。これを忘れて棚卸資産の規模だけ考えると間違える。

既に飯田産業は強気の計画出している。飯田産業に比べればタクトホームの業績は大人しいものだ。

不動産企業がだんだんと業績回復を匂わせ、不動産マーケット回復の可能性をほのめかすようになっている。もちろん会社側の予想数字を鵜呑みにするのは危険ですけれど、流れが微妙に変化してきている事を感じる必要はあると思う。

不動産・マンデベ・流動化
タクトホーム パワービルダー 不動産 住宅 建て売り

patch