アーカイブ: 2009年5月

2009/05/20 11:11

GMOペイメントゲートウェイ、業績は順調、株はもっと評価したい

~ クレジットカード利用が始めてマイナスになっても、非対面分野での利用は伸びている。 ~

200905192.gifGMOペイメントゲートウェイの第2四半期決算。

平成21年9月期 第2四半期決算短信

売上+16%、経常利益+29%、純利益+26%。順調ですね。通期の計画は変更無しで、売上+15%、経常利益+19%、純利益+13%。上方修正があっても不思議はない。

200905125.gifオンライン課金分野の稼働店舗数は順調に増加。9月末から+7.8%。

継続課金分野はいろんな公的機関を獲得している発表がありました。

預り金が9月末の32億から37億へ+16%。数字は月末数字なので、いつもの数字はもっと大きいはずで、あまり参考にはならないとも言えるが、一応は目安としてチェックすべき。預り金の増加は課金サービス利用の拡大の証。理由無くここが減るようだと困ります。

200905191.gifところで、国内のクレジットカードの取扱高が2月は前年同月比で+0.5%。3月はマイナスになった様子。もしマイナスになれば14年ぶりのマイナスになるという。

消費者は苦しいので買物をしない。買物をしないながらも、買物には今まで以上にクレジットカードを使う傾向は変わらない。だから、日本の消費がふるわなくてもずっとクレジット利用額は増えてきた。

それがいよいよマイナス圏に突入する可能性が出てきた。それほど消費不振は厳しい。

200905193.gifそなるとGMOPGもダメなんじゃないか?って考えそうですけど、そうは思いません。消費は店舗からネットへ、現金からカードへと流れている。その両方の流れをGMOPGは捉える。

消費不振の酷さで、現金からカードへの流れだけではカード利用額が増えなくなった。でも店舗からネットへの部分を加えれば、クレジット利用額はまだ増えるんじゃないですか?つまり、対面のクレジットカード利用は減っても、非対面は伸びている。

この辺の話は社長も決算説明会で強調して説明している。もちろん説明会資料もチェック。

もっと評価されても良い業績だしビジネスモデルだと思う。

ビジネスサービス
GMOペイメントゲートウェイ インターネット クレジットカード 決済サービス

2009/05/20 11:11

フィンテックグローバル、それらしい事を言っても、お先は真っ暗

~ 投資銀行とは名ばかり、結局不動産マーケットが良くならないとフィンテックの業績もダメ。 ~

フィンテック グローバルの第2四半期決算。

平成21年9月期 第2四半期決算短信

下方修正もあって酷い数字ですな。下方修正は貸倒引当金や貸倒損失などで92億円。あと繰延税金資産の取り崩しで8億円。その他なんやらかんやらで、結局220億円の利益減額。売上が20億しかないのにね。

それでも資金繰りは大丈夫そうだとは言っている。

一方で、当社グループの金融機関借入については、連結しているSPC向けのノンリコースローンを除くと、第2四半期末で2,105百万円まで減少し、今後は約定弁済への対応を残すのみとなっており、金融機関との関係に問題は生じておりません。

嘘じゃないよね?

ヘタすると通期で債務超過になっても不思議はありませんな。

で、今さら何を?って思うのが売れ残りマンションの買取り販売事業じゃないですか?

短期的な収益獲得源として、マンションの完成在庫の仕入・販売事業を開始しております。

もともと何をやろうと息巻いていた会社かを思い出すと、ため息しか出ませんな。ブティック型の投資銀行なんてかっこよい言葉を使うけど、それらしい仕事は何一つしていないような気がする。もっとも、しようとしていたとは思うのだけれど、全く実を結ばなかったということですな。

玉井社長の決算説明動画もあるので見ておきましょう。何とも情けない内容ですけどね。

っていうか、言ってることが意味不明です。「それらしい単語を無くても良い多くの形容詞・副詞で修飾しながら接続詞を使って微妙につなぎ合わせた文章を口から発している。」←この通りの説明の仕方なんですよ、玉井社長。この文章ってそれらしく聞こえるけど、意味無いでしょ。そういうこと。

それでもこういう動画を載せる気概は立派です。

不動産・マンデベ・流動化
フィンテック グローバル 不動産 投資銀行

2009/05/20 11:11

ぐるなび、メインビジネスの伸びが落ちる、ここからどうするのか?

~ ぐるなびの次に来る新規サイトには目新しさはないし、既に大手サイトが存在する。 ~

200905122.gifぐるなびの決算発表。

平成21年3月期 決算短信

今期の計画は売上+17%、利益+14%でEPSは1万円。中間配当を開始、年間1700円配は前期と変わらず。

前期については説明資料が分かりやすい。説明会動画もある。

2009年3月期 決算説明会資料

加盟店舗数は順調に増加。伸びの強さは弱まっている。その割に業績が良いのは単価が上昇しているからですな。それにしても順調な単価増で感心しますねえ。いろんな施策を繰り出して、それがうまく機能しているって事でしょう。顧客に受け入れられている。そうじゃなければこんな風に単価アップできない。

200905123.gifぐるなびのページビューもご覧の通り文句なし。グラフは1996年スタート。これだけのユーザーを集められる力が単価アップにもつながるって事ですな。

これからはぐるなびプラスアルファで展開していくわけですけど、ぐるなび食市場とかぐるなびデリバリー、ぐるなびトラベル、ぐるなびWeddingなどいろいろ頑張っている。こういう風に、何か一分野で成功すると同じノウハウを使って似たような他分野に拡大するのは当たり前。

当たり前なのでいいんだけど、企業はそれがあたかもものすごい将来性があるかのように語る。そんなに将来は明るくないのは普通に考えれば分かる。

食市場って、楽天市場から食べ物だけを取り出しただけ、トラベル関連のサイトはものすごい数ある、デリバリーも専業でやってる上場企業がある、Weddingも専門家がいる。特に、トラベルはネット企業に関わらず、なぜかどんどん進出する。ネットと旅行の親和性は高くて、儲けやすいんでしょうな。

200905124.gifいずれにせよ、そういう新しい分野に出ていくのは悪くないけれど、そこにぐるなびと同じだけの将来性があるはずはない。

結局、ぐるなびはぐるなびだけで評価しないとね。

ある程度のストック型のビジネスで、これからも顧客拡大と単価アップは続きそうではある。ぐるなびを使っている飲食店は今さらやめられないし、新しく何か使おうと思えば、ぐるなびを候補にあげざるをえない。

会社の業績予想の通り、今期は伸びると考えておいてとりあえずはOKかと。

しかし、一番ぐるなびが美味しい時期は終わったと思う。伸び率がグンと上がることはこれから期待できない。それは単に顧客ベースが拡大したから。

伸び率が下がれば株価評価も下がる。

そう考えると、今の株は今のマーケットでは十二分に評価されているんじゃないですか?

ビジネスサービス
ぐるなび インターネット 飲食店

2009/05/20 11:11

ライフステージが倒産、負債総額113億円で民事再生手続

~ 監査法人がアクティブ、怪しさたっぷりだったわけで、倒産には不思議さは全くない。 ~

ライフステージが倒産。負債総額113億円で民事再生手続を開始。

当社の民事再生手続開始の申立てに関するお知らせ

200905121.gifもともとマンション販売代理をしていたわけで、そのビジネスをしている限り113億円も負債を背負って倒産することはありませんな。マンション販売代理は在庫を持たないビジネスだからね。

マンション販売代理は多くの新興マンデベが過去やっていた。実績も資金もない出来たての不動産屋は販売代理で実績を積んで、ようやく信用を得て、金を貸してもらえるようになる。そうするとマンデベに成長する。

ライフステージも不動産マーケットがイケイケになって開発案件を手がけるようになった。タイミング悪く不動産マーケットは崩壊し、倒産となりました。

っていう風に、考えても確かに間違いではない。しかし、それ以前に既にクサイ臭いがプンプンしていたわけで、みなさん、君子危うきに近寄らずを守っていたことでしょうな。

監査法人はアクティブ。

倒産・上場廃止
アクティブ マンション マンデベ ライフステージ 不動産 倒産 監査法人

2009/05/11 23:11

2009/5/11の相場メモ:忘れちゃいけないアレやコレ

~ アメリカの統計数字やニュースは先行きが良さそうなものばかり。 ~

デジタル家電

・日本国内、2月、3月の薄型テレビ販売数は前年同月比+30%以上
・パナソニック 2月末からフル生産(1月は10%減産)、現在増産
・シャープ 亀山第二フル生産(以前は50%減産)
・シャープ在庫 日2.1ヶ月、米3.3ヶ月(2008/7)→日0.7、米0.8(2009/2)
・シャープ 堺市新工場前倒し=原価低減

アメリカ雇用

・新規失業者、4週平均、予想より良い数字
・新規失業者のピークと不況の終わりはほぼ同時、が新規失業者は減らない

アメリカ消費者クレジット

・3月は過去18年で最大の落ち込み -5.2%
・クレジットカードが-6.8%(2月-12.8%)、自動車ローン-4.2%(+1.2%)
・貯蓄率は上昇 4.2%(4%以上は10年以上ぶり)

アメリカ小売り

・3月に続き4月も予想より良い数字
・3分の2の小売業者が予想値以上

アメリカ在庫

・ここまで在庫調整はゆるやか、これから激しくなる
・GDPへはマイナス、が在庫調整の最後がGDP悪化の最後

ストレステスト

・銀行が資本不足
・資本調達
・どこも楽勝で調達

相場メモ・備忘録
GDP アメリカ 失業者 小売り 液晶テレビ 金融機関

2009/05/11 23:11

バルス、4月の月次数字はさらに悪化、減額修正があっても納得

~ フランフランが売れない、下方修正を織り込むように株価は既に下落している。 ~

バルスの4月月次。

平成22年1月期月次売上概況(4月度)

全店が94.6%、既存店が83.4%。月次数字の悪化が止まらない。

株価も同様に下げっぱなし。下げ止まった感があるものの、これから下方修正が出てくるのはほぼ間違いないわけで、更なる下落も十分あり得る。今の会社計画は10%の増益を計画しているけれど、月次を見る限りそれは無理というもの。数十パーセントの減益は余裕じゃないですか?

専門小売銘柄
バルス フランフラン 雑貨

2009/05/11 23:11

ユニクロ、4月月次は強い、一人勝ちのレベルを超えてダントツ

~ 990円のデニムとか発熱するヒートテックとか、消費者には買いたいと思う物はある。 ~

ファーストリテイリングの4月月次。

平成21年8月期 国内ユニクロ事業 売上推移速報

全店が127%、既存店が119.2%。客数は大きく増加、客単価も100%超え。いやはや、強い。

今期ここまで全店が117.6%、既存店が113.1%。下期に入ってさらに伸びている。(8月決算。)

低価格業態のジーユーも好調らしい。990円でデニムを売られたんじゃあ、他社はやってられませんな。

しかしまあ、ここまで来ると一人勝ちという言葉では足りませんな。株価は十分にその強さを反映していると言えましょう。

アパレル・ファッション銘柄
アパレル ジーユー ファッション ファーストリテイリング ユニクロ

2009/05/11 23:11

トリドール、上方修正で前期の業績は倍増、今期50%成長期待

~ 小麦粉価格の引き下げで原価改善、積極出店で増収、利益の伸びはどこまでいくか。 ~

トリドールの上方修正。

平成21 年3 月期 通期業績予想の修正及び期末配当予想の修正(増配)に関するお知らせ

相変わらずうどんが売れてます。売上が5%、利益が20%の上方修正。

平成21 年3 月期の業績につきましては、前事業年度に引き続いて積極的な出店を行った結果、計画を16 店舗上回る96 店舗(丸亀製麺94 店舗、丸醤屋1 店舗、長田本庄軒1 店舗)の新規出店を行ったこと、主力業態である丸亀製麺の既存店及び新規店舗の売上高が計画を上回って推移したことに加え、前回業績予想修正時に想定していた外部環境の変化による食材の値上り及びパートタイマーの時間給の上昇などのリスク要因を回避できたことにより売上原価及び販管費が計画を下回って推移した結果、平成21 年3 月期業績予想を上回る見込みであるため上記のとおり業績予想を修正いたします。

確かに出店ペースは非常に速い。まだまだ出店余地はあります。

小麦粉の価格が引き下げられるのは原価改善につながる。

増額で前期の成長は前々期比倍増。EPSは2万円を超える。株価は40万でPERはざっくり20倍。今期の伸びがどれぐらいか気になるところ。決算発表は13日。50%成長のEPS3万円なら買いたいね。

外食・レストラン・居酒屋
うどん トリドール レストラン 外食 居酒屋

2009/05/10 23:11

住宅在庫を減らす究極の方法は廃棄処分、ついにここまで来た

~ 食品でも衣料品でも何でも在庫適正化のための廃棄はよくある、住宅ではないと思うなかれ。 ~

アメリカの住宅が売れないくて在庫が積み上がるばかりと言うときに、究極の解決方法は在庫処分だという、笑えない話がありました。スーパーだってメーカーだって、どこだって在庫処分はする。廃棄も日常茶飯事。じゃあ、住宅も廃棄すればいいじゃんって。

でもね、住宅はそうはいかない、っていうのが普通の考え。

カリフォルニアでは遂にその笑えない話が現実になった。

銀行に差し押さえられた住宅が文字通り廃棄処分ですよ。ブルドーザーでぶっ潰している。今のところ数的にはたいしたものではないらしいけれど、それにしてもね、住宅の廃棄処分ですよ。しゃれにならない。

まさか生鮮食品じゃあるまいし、全米規模で住宅廃棄処分が広がったりはしないはず。でも実際にそういう行動が取られたというのには考えさせられるものがありますな。

壊している動画があったんですけど、アドレス失念。CNNだったかCNBCだったか。探してみて下さいな。

ちょっとニュース
アメリカ カリフォルニア 不動産 住宅

2009/05/10 23:11

2009/5/10の相場メモ:忘れちゃいけないアレやコレ

~ トレジャリーが下げているのは不気味、景気回復の序章かそれともドル逃避の序章か。 ~

ビル・グロウス

・底は打った。これからの数Qでプラス成長が見られるだろう。

アメリカ指数

・ISMインデックス、ミシガン大消費者信頼感指数 強い数字
・ミシガン大指数は過去2年で最大の上昇幅
・製造業の回復は鈍い

原油、天然ガス

・世界的に開発が中断、延期 → 資源高

韓国

・4月の貿易黒字が過去最高の6000億円(2ヶ月連続更新)
・輸出絶対額は前年同月比-19%、輸入は-35%
・経済活動は弱い

セブンアイ

・底は12~2月期

食用油

・J-オイル、日清オイリオ 5月中旬から10%値上げ

太陽光発電

・First Solarが強い数字、株は30%アップ

アメリカ住宅

・中古住宅販売数はもっと落ちる、差し押さえ物件が減るに従い

イールド

・FEDの買い入れにも関わらずトレジャリー・イールドは上昇傾向

中国

・政府は新エネルギーへの刺激策を数カ月以内に出すだろう
・フォーカスは太陽光発電、バイオマス、水力、風力

相場メモ・備忘録
Bill Gross ISMインデックス ミシガン大消費者信頼感指数 原油 太陽光発電 韓国

2009/05/10 23:11

マックスバリュ東海、既存店売上の減少が止まらない、消費者は鈍い

~ 消費者の財布の紐は超かたい、絞るばかりじゃなく株主優待を使って賢く買物するべきかと。 ~

200905082.gifマックスバリュ東海の4月月次。

2010年2月期  4月度月次売上高前年比速報

全店が111.3%、既存店が94.2%。既存店の下落が止まりませんな。

客数の落ち込みはそれほどでもないけど、客単価、一品単価、買上点数が大きく下落。消費者は食べなければならないので食品スーパーにはいつも通り行く。でも、より安いものを選び、品数を減らす。財布の紐はかたい。

配当は39円で配当利回りが3.8%、優待が100株5000円で優待利回り4.9%、両方合わせて総合利回り8.6%。イオン系スーパーを利用する人であれば文句無しの水準ですな。そういう人は、10%を超えることがあれば迷わず買い。

専門小売銘柄
イオン マックスバリュ東海 株主優待 食品スーパー 高利回り

2009/05/10 23:11

ユナイテッドアローズ、4月の既存店売上は93.9%、客足はOK?

~ 客数が100%を超え客足が戻っている雰囲気がある、株価急騰はそういうことなのか? ~

200905081.gifユナイテッドアローズの4月月次。

平成21年4月度(平成22年3月決算期)月次売上概況(速報)についてのお知らせ

全店が101.1%、既存店が93.9%。既存店は相変わらず100%に届かない。それでも既存店の客数が100.1%と久しぶりの100%超え。客単価は下がっても、お客さんは戻ってきているのかも。

決算発表は12日。

株価は妙な急騰。しこっている人は売りでいいんじゃないですか?

アパレル・ファッション銘柄
アパレル ファッション ユナイテッドアローズ

2009/05/10 23:11

日立化成、今期上半期で底を打ち、下半期は横這い以上を目指す

~ 半導体と自動車が持ち直せばOK、そうじゃなくても在庫調整が終わればOKのマクロ銘柄。 ~

日立化成工業の決算発表。

平成21年3月期 決算短信

200905071.gif今期も引き続き減収減益の計画。でも流れとしては、今期の上半期が底で、下半期は回復というシナリオ。どこも同じですな。

日立化成の主要製品はご覧の通り。このひとつひとつがどういうモノなのか、そんなことは知らない。だいたいは分かりますけど、詳しくは知らないし、知る必要もない。専門のアナリストでもない限り、知っている人は少ないんじゃないですか?

知っているのは、基本的に日立化成の主要製品は半導体と自動車に使われるって事。そいういものに使われる材料や部品、素材であって、製造設備や機械ではないって事。

だから、半導体業界や自動車業界の生産が持ち直しさえすればすぐに日立化成の業績は回復する。持ち直さなくても、在庫調整が終われば横這いにはなれる。

となれば気にすべきなのはただ一つ。景気がどうなるか、それだけ。

日本には景気がどうなるか、というマクロ的な要因だけで売買できる株は多い。その中で一番最初に動くもの、次に動くもの、最後に動くもの、がある。それぞれの中で、大きく動くもの、日経平均並に動くもの、あまり動かないもの、がある。

そういう癖というか習性を掴みさえすれば、日本の景気敏感大型株はオッケーですな。

もちろんですが、景気がどうなるか、という判断が最も難しいわけですけどね。

化学銘柄
プリント配線板 リチウムイオン電池 半導体材料 日立化成 素材 自動車部品

2009/05/10 23:11

ポイントの4月月次数字はアパレル小売りとしては悪くはない

~ 一人勝ちのユニクロのような数字は出せないが、継続ウォッチに値する全店売上高。 ~

ポイントの4月月次数字。

国内月次売上高前年比に関するお知らせ

全店は113.5%、既存店は97%。今期ここまで全店が111.2%、既存店が94.5%。決して強い数字ではないけれど、アパレル小売りとしてはそれなりに良い部類ですな。

継続ウォッチ。

アパレル・ファッション銘柄
アパレル カジュアル衣料 ファッション ポイント

2009/05/10 23:11

スルガ、今期通期では利益回復するのに配当は減ったまま

~ 業績悪化で株主優待の廃止と減配したのだから、業績回復の今期は増配するべき。 ~

スルガの決算発表。

平成21年3月期 決算短信

今期は売上+10%、営業利益+66%、経常利益+36%、純利益+42%、EPS+40%と、大きく増収増益を計画。中間期は増収減益だけどね。

四国工場が稼動初期のため費用先行となること等により利益状況は厳しい状況

ということで、後ろ向きの費用ではないのは良いですな。

利益が大きく増えるのは

規模の拡大と取引先の集約による原価の低減、本部機能の集約による管理コストの低減及び支店営業所の統合による営業コストの低減等のコストの削減を図ってまいります。

200905069.gifとありますけど、原材料価格の下落が大きいのではないか?原油価格はざっくり下がり、ここからはその下がった価格で作っていける。

財務は相変わらず超優良。

それなのに、配当は10円下がった40円のまま。そりゃないよね。前期に業績が悪くて株主優待も廃止したわけだし、業績が回復するなら増配当然ですな。計画通りの業績が達成できると分かった時点で増配するものと信じていますよ。

50円の配当と考えると配当利回りは5.3%。

いかんせんスルガのIRは貧弱。決まりで定められた最低限の情報しか出さない感じですな。

とりあえず、前回の下方修正、減配、優待廃止のトリプルパンチでノックアウトを食らったスルガですけど、ようやく思い描いていた感じのストーリーが見えそうな雰囲気ではある。優待は戻らないが・・・。

それでもまだまだ利益水準は期待より遥かに低い。

化学銘柄
100円ショップ スルガ プラスチック製品 原油 株主優待

2009/05/08 22:10

バークシャーの株主総会、バフェットはWells Fargoにとことん強気

~ 長期的な金融機関の善し悪しを判断するにはバフェットの言葉だけで120%事足りる。 ~

今年もBerkshierのAnnual Meetingが開催されました。今年の参加株主は3万5千人で過去最高。3万5千人ですよ、なんともまあ・・。一度行ってみたいとは思うけどね。

とりあえずBuffettの考えを適当にまとめておく。

住宅不動産環境にはいくらかの底打ちが見られる。低価格から中価格帯のみで。

小売り環境、生産活動、サービスセクターで急速な戻りなんか期待できるはずない。アメリカ人の貯蓄率はグングン上がっていて、これからも上がる。

Wells Fargoはストレステストの結果がどうあれ繁栄する。投資家は銀行を理解していない。WellsのFunding Costは他行よりずっと低い。

バークシャーの2009年1Q利益は11%減益。

US BancorpとWells Fargoを買収してもいい。実際はできないけど。

現段階では自社株買いはしない。株価が本質的価値をかなり下回れば選択肢の一つ。

新聞はだめ。どんな値段でも買わない。

安い社債を数ヶ月前に買った。バークシャーでも個人の口座でも。

一番印象に残ったのは、やっぱりWells Fargoをとことん良い銀行だと言い切っているところですな。バフェットには絶対の自信があるらしい。バフェット曰く、Wellsを知り尽くしている、と。

だから、数ヶ月前だかにWellsの株価が10ドル以下になったとき、たまたまどこかの大学で講演していて、生徒に言った。今全財産を突っ込むならWellsだと。

バフェットがそこまで言う事に対して反対なんてできませんよ。長期ではWellsは100%買いですな。とりわけ、アメリカの金融セクターで長期的に何か持っておくべきだと考えている人はWellsを持つべきだと思いますね。長期で金融セクターって考えている人、結構多いんじゃないですか?

当然ですけど、ストレステストの結果がどうの、チャートがああだ、マーケットがなんちゃら、もしCitiが復活すればボロ儲け、そういう事を言う人には関係ない話。その辺、混同しない。

ちなみに、バフェットが持っている金融株は、Wells Fargo, Goldma Sachs、US Bancorp。正確にはこの他に、Bank of America、M&T Bank、SunTrustを持っている。けど、バフェットははっきりと、前者3つ以外は知らないと言っている。つまり、自分が買ったんじゃないって事ですな。バークシャーで株を買うのはバフェットだけじゃないからね。

とりあえず自分もアメリカの金融株はバフェットに逆らうことなくずっと持ってますよ。なぜなら、自分でどれだけ調べて考えたとしても、CとBACのどちらが良いかなんて分からない。分かるという個人投資家がいれば嘘つきだとさえ思う。

同様に、WFCとJPMと長期的にどっちを持つべきか、GSとMSとどっちが今後有望なのか、そんなこと考えたって分からない。事実、いままでアメリカの銀行の10Kなんてまともに見たこともないし、Yahoo FinanceでBSやPLさえ見たこともない。

じゃあどうするか。分かっている人を知っていればいい。分かっている人の言葉だけで120%事足りる。そういう事で暴落時に金融株を買えたわけですな。それでいいじゃないですか。

著名投資家の考えと行動
Berkshier Hathaway GS USB Warren Buffett WFC バフェット バークシャー

 1  |  2  |  3  |  4  | All pages

patch