アーカイブ: 2009年5月 8日

2009/05/08 22:10

バークシャーの株主総会、バフェットはWells Fargoにとことん強気

~ 長期的な金融機関の善し悪しを判断するにはバフェットの言葉だけで120%事足りる。 ~

今年もBerkshierのAnnual Meetingが開催されました。今年の参加株主は3万5千人で過去最高。3万5千人ですよ、なんともまあ・・。一度行ってみたいとは思うけどね。

とりあえずBuffettの考えを適当にまとめておく。

住宅不動産環境にはいくらかの底打ちが見られる。低価格から中価格帯のみで。

小売り環境、生産活動、サービスセクターで急速な戻りなんか期待できるはずない。アメリカ人の貯蓄率はグングン上がっていて、これからも上がる。

Wells Fargoはストレステストの結果がどうあれ繁栄する。投資家は銀行を理解していない。WellsのFunding Costは他行よりずっと低い。

バークシャーの2009年1Q利益は11%減益。

US BancorpとWells Fargoを買収してもいい。実際はできないけど。

現段階では自社株買いはしない。株価が本質的価値をかなり下回れば選択肢の一つ。

新聞はだめ。どんな値段でも買わない。

安い社債を数ヶ月前に買った。バークシャーでも個人の口座でも。

一番印象に残ったのは、やっぱりWells Fargoをとことん良い銀行だと言い切っているところですな。バフェットには絶対の自信があるらしい。バフェット曰く、Wellsを知り尽くしている、と。

だから、数ヶ月前だかにWellsの株価が10ドル以下になったとき、たまたまどこかの大学で講演していて、生徒に言った。今全財産を突っ込むならWellsだと。

バフェットがそこまで言う事に対して反対なんてできませんよ。長期ではWellsは100%買いですな。とりわけ、アメリカの金融セクターで長期的に何か持っておくべきだと考えている人はWellsを持つべきだと思いますね。長期で金融セクターって考えている人、結構多いんじゃないですか?

当然ですけど、ストレステストの結果がどうの、チャートがああだ、マーケットがなんちゃら、もしCitiが復活すればボロ儲け、そういう事を言う人には関係ない話。その辺、混同しない。

ちなみに、バフェットが持っている金融株は、Wells Fargo, Goldma Sachs、US Bancorp。正確にはこの他に、Bank of America、M&T Bank、SunTrustを持っている。けど、バフェットははっきりと、前者3つ以外は知らないと言っている。つまり、自分が買ったんじゃないって事ですな。バークシャーで株を買うのはバフェットだけじゃないからね。

とりあえず自分もアメリカの金融株はバフェットに逆らうことなくずっと持ってますよ。なぜなら、自分でどれだけ調べて考えたとしても、CとBACのどちらが良いかなんて分からない。分かるという個人投資家がいれば嘘つきだとさえ思う。

同様に、WFCとJPMと長期的にどっちを持つべきか、GSとMSとどっちが今後有望なのか、そんなこと考えたって分からない。事実、いままでアメリカの銀行の10Kなんてまともに見たこともないし、Yahoo FinanceでBSやPLさえ見たこともない。

じゃあどうするか。分かっている人を知っていればいい。分かっている人の言葉だけで120%事足りる。そういう事で暴落時に金融株を買えたわけですな。それでいいじゃないですか。

著名投資家の考えと行動
Berkshier Hathaway GS USB Warren Buffett WFC バフェット バークシャー



2009/05/08 22:10

2009/5/8の相場メモ:忘れちゃいけないアレやコレ

~ 景気の下落スパイラルを断ち切るようなニュースばかり、でもV時回復はない。 ~

アメリカ住宅

・2月のケース・シラー指数 前年比では大きく下落、先月比では下げ止まり感
・ピークからは30%以上の価格下落

アメリカ商業不動産

・空室率アップ、更新率ダウン、特に産業不動産
・キャップレート9%台+賃料下落=価格は急落
・商業不動産の底打ちは住宅よりずっと後

塩ビ

・5月から20%の値下げ(ナフサ価格下落)
・プラスチック製品の原価改善

アメリカ消費

・4月の消費者信頼感指数39.2、3月から12ポイントの上昇
・予想値は29.5
・11月以来の高い数字

アメリカGDP

・2009年1Q -6.1%
・PCEは+2.2%(2008年4Qは-4.3%) 個人消費が戻る?
・NRFIは-38% 回復はずっと先
・輸出と在庫は足を引っ張る。底入れには良い傾向。
・GDPへの貢献が変わってきている。個人消費の方向へ。最悪期は脱した。

鉱工業生産指数

200905011.gif・3月は70.6(先月比+1.6)=6ヶ月ぶりの上昇
・輸出の持ち直し、在庫調整
・1~3月期は-22%
・4~6月期は前期比プラスを期待できる
・4月が+4.3%、5月が+6.1%の見込み ← 株価にはここが重要

アメリカ個人消費

・3月は先月比-0.2%(1月と2月はプラス)

ブラジル政策金利

・11.25% → 10.25%

中国PMI

・4月は53.5(3月は52.4)
・産出指数、新規注文、輸出注文、全部3月より改善
・フリーフォールは終わった

韓国

・4月の輸出は前年比19%減、予想より良い数字(3月は-22%)
・先月比ベースでは2月から輸出は急回復 → 液晶、半導体が中国へ

相場メモ・備忘録
アメリカ 不動産 中国 住宅 鉱工業生産指数 韓国

2009/05/08 22:10

ユニ・チャーム ペットケア、堅調なペット市場で今期も増収増益は堅い

~ ペット産業は景気に関わらず伸び続けている分野、子供と同列なペット、今後も変わらない。 ~

ユニ・チャーム ペットケアの決算発表。

平成21年3月期 決算短信(非連結)

今期の売上は+2%、利益が+6%を計画。EPSは134円で配当が36円。もちろん増配の予定。前期の利益+30%という伸び率からすれば、成長性はぐっと低くなる。

ユニチャームペットの傾向としては、業績予想は常に控え目。前期にしても、当初は利益は7%成長で計画していた。それが中間期、第3四半期と上方修正され、最後はさらに上で着地。そういう感じで、今年ももう少し上へ行く可能性は十分ありましょう。

くどいけど、ペット産業は不景気でも伸びている唯一の明るい業界ですよ。景気が良くなってもそれは変わらない。

当ペットケア業界におきましては、社会の少子・高齢化が進行していく中、ペットに対する関心は益々増大し、ペットケア市場への期待は非常に大きなものとなってきております。

当ペットケア業界におきましては、社会現象としての少子・高齢化および晩婚化傾向が、人々にやすらぎと潤いを求めることを促し、ペットをコミュニケーションの相手としてより親密な存在へと変化させていくことで、ペット飼育を求める世帯は増加していくことが考えられます。

仰るとおりです。

200905068.gif加えて、ペットフードは値上げしやすいと思うんです。子供にかけるお金はそれほど絞り込まれません。とりわけ、子供が食べるものを削るなんて親はいませんよね。そりゃあ、外食は減るかも知れませんけど、子供が家で食べるものを減らしたり、塾に行くのをやめさせたり、部活動をやめさせたり、そんなコトしませんよ。

子供とペットが同じになっていく世の中で、ペットにかけるお金をいとわない人はどんどん増える。一番安いという理由だけでペットフードを買う人は減っているし、服を着せ、しつけ教室へ通い、ドッグカフェで犬とお茶する。ま、そこまで行く人は少数派だとしても、最低限ペットフードをケチったりする人は少ない。品質も気にする。

その辺は重要かと。

キャッシュフローはジャブジャブで金は貯まる一方。たいした設備投資もいらないからね。

株価はそれなりに押した。それでも評価は非常に高くて割安さは全然ない。

食品・飲料・日用品
ペット ペットフード ユニ・チャーム ペットケア

2009/05/08 21:09

日東電工、底は見えた、大手優良部品・素材メーカーの狙い目

~ 在庫調整の終了と生産の回復が直に効いてくる大手優良企業の景気敏感株。 ~

200905067.gif日東電工の決算発表。

平成21年3月期 決算短信

今期、上半期で底を打ちを確認し、下半期は回復するというシナリオですな。底の底は前期の下半期で終了したと。とりあえず、今のところの景気コンセンサスはそうなっている。部品や素材はそのコンセンサスと同じ流れで業績計画を出してきている。

それが正しければ、買うべきなのは日東電工のような優良銘柄で、在庫調整が終われば後は上向くだけという大手企業ですな。

株価はずいぶん高くなっている。

化学銘柄
半導体 日東電工 液晶 電子材料 電子部品

2009/05/08 21:09

日本調剤、今期は大きく増収増益の計画、株価はストップ高連発

~ 調剤薬局は順調、後発薬製造は相変わらず赤字、薬剤師派遣は堅調、全体として強気。 ~

日本調剤の決算発表。

平成21年3月期 決算短信

前期の業績は、売上+7%、営業利益が-21%、経常利益が-30%。純利は特別要因があるので無視。

調剤薬局は新規出店が24店舗、閉店が4で期末合計が264店舗。売上高が+6%、営業利益は-6%。営業利益がマイナス成長というのが納得いかないわけですよ。この辺の詳しい説明を聞きたい。いずれ決算説明資料が出るだろうし、説明会動画もアップされるはず。そこでの説明を期待します。

医薬品製造事業は売上+136%と大幅アップだけど、相変わらず営業損失。前期の段階でジェネリック製造は黒字を目指していた。残念ながら黒字転換ならず。日本調剤はこれでずいぶん儲けるつもりらしいけど、個人的には好きじゃない。

設備産業へ投資するのは体力勝負になるわけで、既に大手がいるし、何も今から頑張る必要なんかないと思うんです。自分で作って自分で売るって、聞こえでは効率よさそうだけど、世の中そうなっていないのは明らかですな。

200905065.gif派遣事業は売上が+34%、営業利益が+47%。薬剤師の派遣は悪くない分野。薬剤師に限らず、医療分野、介護分野の派遣は、派遣の中で唯一好調。社会の流れですな。

株主資本比率は19%まで低下。営業キャッシュフローを遥かに超える出店を続けていれば仕方ない。資本増強はいずれ課題になりましょう。新株発行は覚悟しておいて損はない。今の株価ではないだろうけど、上がってきたところは要注意。

今期の計画は、売上+7%、営業利益+29%、経常利益+29%。純利益は特別要因があるので考えない。いずれにせよ、落ち込んだ利益が回復するという想定。多分、ジェネリック製造事業の黒字を見込んでいるんじゃないですか?説明資料ではっきりすると思う。

200905066.gifずっと横這いだった株価は決算発表でストップ高。今期の計画数字を見ての反応ですけど、実はこれと全く同じ動きだったのが昨年。昨年の決算発表時も良い数字が出て、株価はずいぶん上がりましたな。で、下方修正で、株価はご覧の通り低迷を続けた。

今期はどうでしょうね。

日本調剤グループ第2期中期経営計画の策定について」によると、中期経営計画の数字は十分に強い。

EPSで言えば、2012年3月期は325円ってことですな。配当額は97円。無理矢理に今の株価1500円に当てはめると、PERは4.6倍、配当利回りは6.7%。言うまでもないけど、こんな計算で割安だから買いなんて言うのはナンセンスですな。でもとりあえず計算したくなるのが人情ってもの。

それはさておき、今まで通りの理由で、調剤薬局には強気です。

医薬品・医療品・調剤薬局
ジェネリック 医薬品 後発薬 日本調剤 薬剤師 調剤薬局

2009/05/08 21:09

MonotaRo、第1四半期は計画通り停滞、中長期では変わらず有望

~ 足下、不景気で工場は動かないので業績停滞、それでも工場版Amazonの将来性は疑いない。 ~

200905064.gifMonotaRoの第1四半期決算。

平成21年12月期 第1四半期決算短信(非連結)

増収減益。会社計画通りの数字ですね。中間期、通期でも増収減益で、今のところその線で推移中と言えましょう。

とりわけで書くこともないけど、新規顧客の獲得は順調に進んでいて、既存顧客からの注文は減少。経済状況を考えれば、至極当たり前の結果。

モノタロウは長期で期待している銘柄であることは何度も書いているけど、それは今も変わらない。いずれ株価はグイグイ上げるときが来る。そういうビジネスモデルだと思っている。モノタロウの取れる市場規模は大きいですよ。

Amazonの工場版。期待してますよ。

専門小売銘柄
MonotaRo インターネット通販 カタログ販売 工場消耗品 工場間接品 自動車部品

2009/05/08 21:09

J-オイルミルズ、在庫のだぶつきと価格下落で減産、下方修正を発表

~ 大豆や菜種の原材料価格が下がったのは間違いない、その恩恵を享受できていない。 ~

200905063.gifJ-オイルミルズの下方修正。

業績予想の修正に関するお知らせ

予想通りの減額。食用油は在庫がだぶついて価格が下がり、メーカーは減産をしていた。大豆や菜種などの原材料価格は下がったとは言うものの、安い原材料を使えるのはこれから。

そうなれば儲からないのは当たり前。在庫増、価格減、稼働率減。こういう流れの中で利益が出ないのは何も家電メーカーや部品メーカーや自動車屋だけじゃない。食品メーカーも同じですな。

知ったがしまい。株価には十分折り込み済みですな。

国内景気の落ち込みから、重要顧客である外食産業向けを始めとし、油脂販売数量が当初予想を大きく下回り適正な生産のための調整を図ったにも拘わらず、製品在庫が高水準で推移し、海外相場高騰時に調達した原料コストの影響を長期間受けることとなりました。このことに加え、油脂製品価格が予想を上回る下落を見せ、収益は大きく落ち込みました。

J-オイルミルズは大豆や菜種のヘッジに失敗し、なかなか安い原材料が使えないということが大きなマイナスとしてある。この辺りは非常に難しいですな。

食品・飲料・日用品
J-オイルミルズ コモディティー 大豆 穀物 菜種 食料品 食用油

2009/05/08 21:09

日本SHL、業績の伸びは低くてもキャッシュリッチで高配当

~ 不景気に強いと言っても、今は普通の不況じゃない、高配当利回りとの兼ね合いで判断する。 ~

日本エス・エイチ・エルの第2四半期決算。

平成21年9月期 第2四半期決算短信(非連結)

心配したとおりの通期下方修正ですな。

世界的に景気が低迷している経済環境を要因とした顧客の雇用意欲の減退によるものと考えられ、また、当面の間、この経済環境は継続するものと認識しております。このため、翌年度の新規学卒者採用案件が主となる第4四半期会計期間においては、顧客が大口契約に対して、より慎重になり、契約締結に時間を要する傾向が継続するものと予想されます。

もともと日本エス・エイチ・エルの言い分としては、不況に強いビジネスだと言うこと。しかし、それ以上に今の不況は厳しいのは想像に難くない。およそディフェンシブと呼ばれる銘柄が叩き売られていることからも、厳しい不況が抗不景気会社の業績も直撃しているのははっきりしている。

結果、今回の下方修正。

配当は従来通り6800円の予想。無理はないと言えましょう。株価10万円で配当利回りは6.8%と非常に高い。これは文句なしに魅力的ですな。よほどのことがない限りは減配はないはず。利回り6.8%を取り続けるのも悪くない。

バリュエーションはもともと高くないわけで、下方修正があっても安いのは確か。となれば、高配当低評価で悪くはない。

しかし成長はなくなった。

金はたっぷり持っている。

この辺のバランスが人それぞれの考えどころでしょうね。

ビジネスサービス
人事 日本エス・エイチ・エル 適性検査 雇用

2009/05/08 21:09

大阪チタニウム、業積は悪いが、株価のボラは高くて面白い

~ 業績の回復は全然期待できない、それでも株価の動きだけで買うこともできる銘柄。 ~

大阪チタニウムテクノロジーズの決算発表。

平成21年3月期 決算短信(非連結)

200905062.gif今期業績も前期に引き続き大きく下落。しかし、底は今期の前半で、後半は回復というシナリオ。これから先、半年後、1年後がどうなるかで株価が決まる。

後半回復とは言うものの、回復の程度は小さいですな。大きいはずがない。チタンの需要先は航空機、電力・化学プラント、船舶、鉄鋼。そういうところからの需要がぐいぐい回復してくるわけはない。多結晶シリコンは数量こそ横這いは期待できても価格は下落する。

業績面では強気になんて到底なれないわけですけど、株価は非常に面白い。何と言ってもボラが高い。

2000円まで下げた株はあっという間に倍の4000円。倍になったかと思えば一気に30%の下落で3000円へ。今後も上へ下へと忙しそうじゃないですか?

市況株
チタン プラント 大阪チタニウムテクノロジーズ 航空機 鉄鋼

patch