アーカイブ: 2009年3月16日

2009/03/16 11:11

この世でいちばん大事な「カネ」の話 by 西原理恵子 ★3

~ 投資して儲けるカネではなくて、人生・生活の何たるかのカネ、についてのお話。 ~

ようやく今年2冊目の読書。なるべく沢山の本を読もうと毎年思うわけですが、なかなかどうして。。。

この世でいちばん大事な「カネ」の話
西原理恵子

 ・総合得点:★★★☆☆(満点★5)
 ・こういう人向き:ギャンブルの怖さを知らない人、投資とギャンブルの区別ができない人、自伝が好きな人
 ・向かない人:投資本を探している人、お金の大切さや怖さを知っている人、専門的知識を求めている人

「カネ」の話、とありますが、読む人によっては全然カネの話に感じないと思う。筆者にとっては深く深くカネの話なんだろうけれど、投資的なカネを考えようと思っている人にはカネの話にならない。

つまり、カネのなんたるか、が書かれている。人にとってカネはどういうものなのか、みたいな。だから投資してカネを儲ける方法、どうやってカネを儲けるか、について書かれているわけではない。投資本じゃないって事です。

筆者はとても貧乏な子供時代を過ごしてきているそうで、それが具体的に書かれている。貧乏話は沢山あるので特に新鮮味はないかも知れませんけど、個人的には読んでいて面白いですね。

面白い、というと語弊がある。ありすぎる。面白いの意味するところは、笑えるとか楽しいとかではないですよ。心に響くというか、考えさせられるというか。

それは、ああそうか、そんな貧しい人もいるんだ、っていう「考えさせられる」ではない。もしかすると明日は自分がそんな風になっているかも知れない、っていう事。

そういう意味で、投資するにしてもよくよく考えないといけないし、まさか自分の投資行動が実はギャンブルなんじゃないかって、考える機会になる。

そもそもこんな事は、長いこといろんな投資をしてきて今さら考えることではない。けれど、どうしても忘れがちになるし、芯がぶれることもある。だから機会あるごとに思い出すのは悪い事じゃない。

株をやっている人たちだって、「この瞬間に決済をすれば、何千万円の儲けが出る」といいうことがわかっていても、まだじーっと株価の様子を見ている。もしかしたら、もっと儲かるんじゃないかと思うと、なかなか決済の判断ができない。

商売だってそう。売り上げがいまいちになってる店が、五百万円かけて店をリニューアルしたとしようよ。それでも客の入りが悪い。一ヶ月に百万円ずつ赤字が出る。その赤字は毎月増えていく。でも「五百万もかけて店を新しくしたんだから」って思うと、ここでもうやめようという決心ができないものなのよ。

そうして「引き時」を見誤って、お店を潰してしまう。

大手の企業なんかだと、「赤字がこのくらい出たら、その部門は撤退」というマニュアルをあらかじめ決めてあるんだよ。そのくらい引き時を見極めて、ちゃんと「やめる」という決断をするのって、本当に難しいものなんだって思う。

ここでやめたら、ゼロどころかマイナス地点に立つしかない。「あとがない」という状況に立たされたら、マニュアルのない個人が、なかなか、やめられるものじゃない。

分かっているんです。みんな心では分かっているんです。でも損切りができない人、一杯いる。ここまで下げたんだからもうそろそろ反発だ。反発してから売るんだ。そうやってずるずるとどこまでも行く。ここで大逆転だって、信用レバレッジで突っ込んでしまう人もいる。

筆者はFXも体験していて、1000万円を溶かしたという。あっという間に。どうやら、何かの雑誌の連載で、1000万という身銭を切ってFXをやったらしい。麻雀でもトータル5000万は持って行かれたらしい。

貧乏からお金持ちになれて良かったね、っていう話じゃないですよ。

内容紹介(Amazonより)

西原理恵子が「カネ」を通して自らの生き様と理念を語る初の自伝的エッセイ登場!故郷での貧しさゆえの八方ふさがりの生活。東京に出てきて学校に通いながら自分の絵を出版社に持ち込み次第に認められて行く。そしてギャンブル、アジアへの旅で出会った貧しい子ども達、大切な家族の事。

「お金」について考える事は人間関係・仕事関係、つまり自分と世界との関わりにつながっていくのです。漫画で描かれた西原ワールドがより深く・よりリアルに迫って来る1冊。西原ファンならずとも納得・感動の1冊です!

アマゾンのおすすめ度は結構高くて、53件のカスタマーレビューで4.5星(5星満点)。ベストセラー順位は89位、エッセー・随筆部門では4位。それなりに話題の本なのかもしれない。

 

読書・書籍・雑誌
エッセー ギャンブル 投資



2009/03/16 11:11

個別銘柄ウォッチ(2009/3/16)

~ 小型に加えて中・大型も、銘柄絞り込み、景気敏感株を見る、少しずつ変えていく。 ~

200903162.gifトリドールがずいぶん下げた。ただまだ買いたい水準までは下がっていない。たとえここで反発して上へ行ってしまうとしても、それはそれでいいと思うんです。今の相場は、そういう事を心配するんじゃなくて、下を心配するときだから。

新しい四季報では来期は上方修正されている。40%以上の増益、EPS27,500円を出していますな。当たらずとも遠からず、じゃないですか?

来期も積極出店は続くので、ファイナンスは覚悟しておいて損はないでしょう。

200903163.gif物語コーポレーションは2月月次を発表http://www.monogatari.co.jp/ir/pdf/getsuji/getsuji0902.pdf。全店は順調、既存店はスローダウンしている雰囲気があるような無いような。株価は全然動かない。動いたときは上か下か、いずれにしても大きいような気がする。

ユニ・チャーム ペットケアが見事な下落。買ってもいいんじゃないですか?売るのも忘れずに。日興シティとGSは引き続き買い推奨ですな。

介護関連銘柄ではツクイだけがなぜか下落を継続。ツクイは上げも一番大きいので下げも大きいって事ですか。

200903164.gif全体相場がとりあえず先週で下落をいったん止めた。昨年10月の底から先週のバブル後最安値を更新したマーケットで、高配当・低PBR銘柄は非常に強かった。伊藤園優先株はダメですけどね。昨年10月の暴落から、先週までの厳しい相場は至極当然なわけで、そういう中でいかに踏ん張るかという視点で選んだ高配当・低PBR銘柄は今までのところ正解だったと言えましょう。

ただ、同様の思惑でディフェンシブ株を選んでいたわけですけど、予想外に苦戦ですな。いわゆるコテコテのディフェンシブ株ではなく、少しひねってディフェンシブと考えた銘柄だったのが相場にマッチしなかった。

200903165.gifとはいうものの、普通にディフェンシブと呼ばれる銘柄だってボロボロだったわけで、そういう比較では良かったのかも知れない。

高配当・低PBRにしてもディフェンシブにしても、小粒な企業が多かった。単に小型株に魅力的なものが多かったというのもあるし、外国人投資家の需給を考えた場合でも小粒の方が良かった。

先週の下落で、中型・大型のディフェンシブ株も安くなった。そうなれば、徐々に大型ディフェンシブにシフトしてもいいんじゃないですか?

銘柄を減らして厳選するのも必要かと。

割安成長株は今まで通り、個別に企業を考えるだけ。

セクターローテーションでは、景気敏感株を見ていく形に持っていきたい。これまで景気敏感株は無視してきた。業績も悪いって事だけ確認してまともにチェックはしていない。チャートを見て底打ちしたっぽい銘柄を気にすることもなかったわけです。

そういう態度を改めても良いと思うんです。もう少しよく見ていくってことですな。

なぜなら、嘘か本当か皆目見当は付かないものの、ちらほらと底を確認できそうなニュースとか雰囲気とか出てきたような感じるからですね。そういう感じが本当かなんてどうでもいい。そういう感じが出てきたときから見始めないと、本当にそうなったときには分からないものだし、慌てて高値で飛び乗るなんていうのはよくある話じゃないですか?

ゲームプラン・投資戦略
ツクイ ディフェンシブ トリドール ユニ・チャーム ペットケア 介護 物語コーポレーション

2009/03/16 09:09

GLD(金ETF)の金保有量が世界6位のスイスを追い越した

~ 資金が金に流れているのは確実、プレイするなら原油価格の暴騰・暴落は忘れない。 ~

金ETFとは具体的にはGLDの事。とりあえず資金が流れ込んでいるのは確認できる。

原油価格の高騰・暴落を忘れない。忘れずに、乗るなら乗る。

2009/03/16, 日本経済新聞 朝刊

金ETF最大手、残高1050トン突破(ダイジェスト)

 【シカゴ=毛利靖子】金上場投資信託(ETF)の残高が拡大している。世界最大手でニューヨーク証券取引所などに上場するSPDRゴールド・シェアーズの残高は十三日時点で千五十六・八二トンとなり、世界六位の金保有国であるスイスの残高を抜いた。米金融危機で投資先の倒産リスクに警戒を強める米欧の年金基金が金ETFの購入を増やしている。

市況株
ETF GLD 原油

2009/03/16 09:09

TSMがガイダンスを引き上げ、半導体強気ニュースは珍しい

~ チップ需要底打ちで買うのはファウンドリートップのTSM、2009年1Qが底になるのか。 ~

半導体セクターで久しぶりの強気ニュースが出た。Taiwan Semiconductor Manufacturing Co. Ltd. (TSM)台湾セミコンダクターがガイダンスを引き上げたことです。

TSMC Announces February 2009 Sales Report and Revises First-Quarter Business Guidance

2月の売上げは前年比では-59%と相変わらず酷い数字ですけど、1Qは予想以上になる計画。

Primarily due to quick orders from customers, especially from the mainland Chinese market, and a stronger US dollar, TSMC now expects first-quarter revenue to be between NT$36 billion and NT$38 billion, higher than the previous expectation of between NT$32 billion and NT$35 billion.

中国からの需要と言っている。やっぱり中国か。

マージンについても強烈に上方修正。

TSMC’s expectation for first-quarter gross profit margin is now between 14% and 16%, and operating profit margin is between -2% and 0%, compared with the previous guidance of 1% to 5% for gross profit margin and -19% to -15% for the operating profit margin.

上方修正でも赤字ですよ。しかし、これまでずっと下方修正の連続でどうにもならなかった会社が、いよいよ下げ止まりに入ったんじゃないかと思われる時が転換点なのは言うまでもない。絶対的な業績の良さは全然重要じゃない。

一気に回復してウハウハ儲かる状況にならないことは間違いない。そんなに景気は良くないので当たり前。ただ単に、底打ちしたのではないか、という第一歩。

いずれ来る底打ちを夢見て、とりあえずセミコンのファウンドリーをメモしておく。Morningstarのレポートにまとまっている。

Taiwan Semiconductor(TSM)が最大手。売り上げ$9.7Bでダントツ。売上げ規模だけではなくて、技術や資金力、収益性などで頭一つも二つも抜け出ているというのがコンセンサス。ファウンドリーセクターでのシェアは44%。

2番手がUnited Microelectronics Corp. (UMC)。これも台湾の企業。売上げは$3.1B。シェアは15%。

そしてSemiconductor Manufacturing International Corp. (SMI)、Chartered Semiconductor Manufacturing Ltd. (CHRT)が続く。SMIは中国企業、CHRTはシンガポール。残りは中小が玉石混淆。

大手は汎用品は作らない。そういうのは中小の中国ファウンドリーが儲からなくてヒーヒー言いながら作る。

Samsungなどの開発・製造が統合されたチップメーカーが、余剰生産力をファウンドリーみたいな形で使うようになってきていて、ここにも競争がある。

200903161.gif競争は激しいし、何より景気の波をもろに受ける。設備投資がデカイので景気が悪くなればすぐに赤字。逆に景気が良くなると一気に儲かる。資金力がものを言う典型的な設備産業。金がかかるので参入障壁は高い。もちろんどんどん高度化する技術に追いつき追い越す必要がある。

景気が回復し、チップ需要が伸びれば、最初に上げるのは間違いなくTSM。最大手で利益が最初に出る。TSMは上がって2番手以下が上げてないから2番手以下を買う、なんて言うのは間違いですな。

TSMの足下の株価は異様に強いのを発見し驚く。

ハイテク・IT・テクノロジー
CHRT Samsung SMI TSM UMC ファウンドリー 半導体

2009/03/16 09:09

不景気で工場が動かず電気・ガスが使われない、高配当も見送り

~ 公共株の3%利回りはなかなか見られる数字ではない、アメリカ株との比較では見劣りする。 ~

先週は電力株が急落した。週の後半は別として、全体マーケットもボロボロだったという理由も当然ありましょう。けれど、問題はそう言う事じゃない。

200903153.gif発受電電力量の激減が日経にニュースになっているけど、このニュース以前に中部電力の2月分リリースで既にマイナス22%という数字は確認していた。22%のマイナスという数字を見て、急落した株価を考えてもさすがに電力株を買う気にはならなかった。

そりゃあ、中部にはトヨタ関連の自動車産業が集まっていて、自動車が作られないんだから、電気は使われない。

2009/03/14, 日本経済新聞 朝刊

発受電電力量、マイナス幅最大、2月15%減、自動車向けなど減少。,

 電気事業連合会(会長・森詳介関西電力社長)が十三日にまとめた二月の発受電電力量(速報)は前年同月比一五・八%減の七百四十四億七千万キロワット時で、電力十社体制で統計を取り始めた一九七二年以来、過去最大の落ち込みとなった。前年実績割れは七カ月連続。自動車や鉄鋼など産業用大口需要の減少が続いていることを反映した。

 前年同月はうるう年だったが、日数補正をしても一二・八%減と過去最大の減少率となる。これまで落ち込みが最も大きかったのは二〇〇三年七月の一二・三%減だった。

 中部電力(二二・七%減)や中国電力(二一・〇%減)といった自動車産業への依存度が高い地域のマイナス幅が大きかった。電源別では原子力が一一・六%増。水力は二七・〇%増、火力は二九・六%減だった。

発受電電力量がマイナス16%(うるう年補正後でマイナス13%)で、過去最大の落ち込み。電力量がこれだけ大きなマイナスというのは、いかに厳しい景気か分かるというもの。

設備稼働率が半分に落ち、生産量を半分にまでカットし、派遣を全部切り、工場を止めている。そんな状況だから、電気がいらないのは当たり前。

良いニュースとしては、発電に使う一般炭の2009年度価格が前年比で-43%に決まった事ですな。中部電力は国内最大の一般炭使用者。中国電力は発電量の50%以上が石炭と石炭比率が高い。

もっとも、石炭価格にスポット価格はがっくり下げていたわけで、2009年度の一般炭価格が同じ程度下がることは周知の事実。いまさら原料価格減、といってニュースにはなりませんな。

電気に限らずガスも同様。

2009/03/14, 日本経済新聞 朝刊

東ガス販売量、減少幅最大、2月14.2%減。

 東京ガスが十三日にまとめた二月のガス販売量は前年同月比一四・二%減の十一億九千百四十八万立方メートルと、過去最大の落ち込みとなった。全体の三割を占める工業用は生産活動の減退を受け、二一・三%減と大幅減だった。また暖冬の影響で暖房・給湯需要が減少したため家庭用も一〇・五%減、業務用も七・五%減となった。二〇〇八年四月―〇九年二月の販売量は二・三%減だった。

配当利回りが3%を超えてきた電力株もある。日本の電力株で3%というのはなかなか無い水準ではある。しかしながら、いつものことで、どうしてもアメリカ株との比較になる。電力株みたいな公共株で3%を超えているのはうじゃうじゃある。5%や7%なんかもいっぱい。10%でも驚かない。

結局そういうことになる。

公共株・電気・ガス・鉄道
ガス 中国電力 中部電力 配当 電気

patch