アーカイブ: 2009年2月

2009/02/28 20:08

パシフィック、中国資金が無ければ上場廃止や倒産もあり得る

~ 中柏ジャパン経由で入る予定の金が入らない、監査意見も付かなければどうなるのか。 ~

パシフィックホールディングスのその後の経過。中柏ジャパンの資本参加はどうなったんですか?と皆さん思ってますな。

株式会社中柏ジャパンによる資本参加の現在の状況と今後の予定について

何だかんだと書いてありますが、要は、中柏ジャパンからお金はこれ以上もらえそうにない、ってこと。

中柏ジャパンからの資金調達を前提に資金繰りを立てていたわけであって、それが実現しそうにない今、会社としての継続は疑われる。となれば、監査意見も不表明となりましょう。

有価証券報告書に関する監査意見不表明のお知らせ

中柏ジャパンにはたったの6.5億円で29%もの株式を握られた。前提としては、その僅かな金以外にももっと資金を引っ張ってこられる約束があって29%も渡したのにね。のっとられたと言っても言い過ぎではないでしょう。

この状況だといよいよ上場廃止は濃厚じゃないですか?倒産の可能性も十分にありましょう。

株価はストップ高とかしてますけど、単にマネーゲームが繰り広げられているだけ。トレーディングが得意な人にはもってこいの儲けのチャンスですな。

それにしても、ここまでなっても監査法人はトーマツを使うということで、それだけは立派と褒めてあげましょうよ。

不動産・マンデベ・流動化
パシフィックホールディングス ファンド 不動産 流動化



2009/02/28 19:07

ニューディール、ようやくの上場廃止、またウィングパートナーズ

~ 旧リキッドオーディオ、社長逮捕、親会社倒産、ウィングパートナーズ監査、枚挙にいとまがない。 ~

ニューディールが上場廃止。

上場廃止等の決定に関するお知らせ

200902281.gif遅すぎる上場廃止と言えましょう。マザーズ上場第一号の企業なわけですけど、こういう企業を一号として上場させるマザーズってどうなんでしょうかね。上場時はリキッドオーディオという社名でしたな。

社長が逮捕されたり、親会社が倒産したり、いろいろありました。

監査法人はウィングパートナーズ。またウィングパートナーズですよ。

株価は既に1円。十分に上場廃止か倒産を織り込んだ株価と言えましょう。

クサイ会社はどんどん上場廃止にしてください。

倒産・上場廃止
ウィングパートナーズ ニューディール 上場廃止 監査法人

2009/02/27 18:06

ダイドードリンコ、今期の業績は横這い、原価率が悪化する計画

~ 原材料価格は下落する方向なのに原価率は悪化する計画、控え目な姿勢なのだろうが。 ~

ダイドードリンコの決算発表。

平成21年1月期 決算短信

今期の計画数字は、売上-2%、営業利益-5%、経常利益-5%、純利益+28%、EPS+28%。こうなる理由は決算説明会資料にある。

決算説明補足資料

200902271.gif営業利益の見通しを確認すると、広告宣伝費と販売促進費は合わせてプラスに作用する。これはいい。予想通り。

しかし、売上総利益はマイナスに作用する。具体的なパーセンテージで言えば、前2009年1月期の原価率は46.5%だったものが、今2010年1月期には47.5%へ1%悪化する計画ですな。

これは納得いかん。

いままでの考えとしては、販売数量、原価率、販管費が横這い、下、下。それで利益が買い古くすると言うシナリオを描いてきた。それより前には、今週にも缶飲料の値上げするという話があったわけだけれど、それは残念ながら無くなった。

ダイドードリンコの説明は決算短信にある。

清涼飲料業界におきましても、このような景気後退局面では「パイの大きな拡大」を期待することが難しく、「量から質」への傾斜が強まる一方で、従来より一層激しい企業間競争が展開され、実勢販売価格が低下するリスクも十分想定できる状況にあると思われます。

 加えて種々の原材料や資材の原価上昇リスクは依然内包していると見るのが適当であり、企業収益にとって楽観視できる材料は極めて少ないと思われます。

販売価格の低下。あるかもね。原材料や資財の原価上昇リスク。とりあえずは無いね。ダイドードリンコとしては控え目に、慎重に考えているのではなかろうか。もともと控え目な会社だからね。

200902272.gifそういう事を考えて、蓋を開けてみて利益率がどうなるのか、確認したい気持ちはとても強いと思うんです。同時に、こういう業績計画数字しか出てこないネガティブさにも十分注意が必要なんじゃないですか?

株価の動きは利益回復を期待してきたような感じがする。そうなるとこの決算発表はイヤーな方向に取られるかも知れない。それともほぼ横這いの業績に安心感があるって考えで、引き続き堅調かも知れない。そりゃあ、製造業に比べたら業績の良さは間違いないわけですよ。

個人的にははっきりした判断をしがたい状況で、週末にでも考えて結論を出したいですな。

食品・飲料・日用品
コーヒー タスポ ダイドードリンコ 自動販売機 食料品 飲料

2009/02/27 17:05

クスリのアオキ、2月月次で確認するのは調剤薬局の動向

~ 調剤薬局部門は問題ない数字、アインファーマシーズと日本調剤の数字予想に役立つ。 ~

クスリのアオキ、2月月次数字。

平成21 年2 月度 月次営業速報に関するお知らせ

ドラッグストアーとしての投資は全く考えられない。ドラッグストアとしては最低でも売上規模で2000億円。これぐらいはないとやっていけない。クスリのアオキの売上は500億円しかない。この規模のドラッグストアは売っても売っても利益が出ない。

注目は調剤薬局部門の数字。ここを確認したいだけ。

全店が117%、既存店が116.7%。文句無しですね。

調剤薬局は相変わらずアインファーマシーズと日本調剤。

医薬品・医療品・調剤薬局
クスリのアオキ ドラッグストア 調剤薬局

2009/02/27 13:01

トミヤアパレル倒産、銀行の支援を受けられず資金繰りに窮する

~ お洒落さが必要なアパレル企業なら、それりのウェブサイトを持つのは今の時代当然かと。 ~

トミヤアパレルが倒産。負債総額123億円で会社更正手続開始。

会社更正手続開始の申立てに関するお知らせ

200902262.gif第3四半期決算短信を眺めてみても、倒産することは分からないんじゃないですか?BSは全然綺麗じゃないし、銀行がやめたって言えばダメだって事はわかりますよ。ですけど、そういう会社は掃いて捨てるほどあるわけだし、取り立ててトミヤアパレルが危ないとは言えませんな。

金融機関や主力取引先などにご支援を求めたが、最終的に本年2月末の資金繰りの目途が立たず、やむを得ず本日、会社更正の申立を行うことになりました。

資金繰りさえつけば、って思いもあるんでしょうけど、銀行もバカじゃないですからね。資金繰りを何とかしてあげてもどうにもならない、って言うのも間違いではないでしょう。

200902263.gifアパレルというのはやっぱりお洒落さが必要なわけです。アパレルであれば何でもかんでもお洒落さが必要とは言いませんよ。そうじゃない類のアパレルもありますからね。

少なくともトミヤアパレルの商品はそれなりにお洒落さが必要かと。となれば、今の時代、ホームページがそれなりじゃないと駄目だと思うんです。消費者に直接つながるアパレル企業なんだから。

ってことで、このホームページは素人が片手間でシャツを売っているとしか思えませんな。ま、ホームページを直す余裕も金も無かったって事でしょう。

倒産・上場廃止
アパレル トミヤアパレル ファッション 倒産

2009/02/25 19:07

ユニバース、通期で上方修正があるかも、無くてもディフェンシブ

~ 業績も株価もディフェンシブな動き、利回り3%は十分、大きく儲からなくても損は小さいはず。 ~

ユニバースの第3四半期決算。

平成21年4月期 第3四半期決算短信

売上高+2%、営業利益+5%、経常利益+6%、純利益+11%。順調。通期計画は、売上+2%、営利-4%、経利-4%、純利+30%。営業・経常利益は減益の計画ですけれど、増益を達成しても全然不思議はない。計画通りでも文句はなし。

200902251.gifディフェンシブ銘柄としてユニバースを個別銘柄ウォッチに入れている。

業績についてはその通りの展開が続いている。株価についても、全体マーケットを考えれば、十分以上にディフェンシブの値動きじゃないですか?

今の株価で、配当利回り2.5%、優待利回り0.4%。利回りが高い銘柄は他に沢山あるので、ユニバースの利回りは高くはない。ディフェンシブかつこの利回りなら悪くはない。

専門小売銘柄
ディフェンシブ ユニバース 食品スーパー

2009/02/25 19:07

ダイドードリンコの2月月次、今期も引き続きマイナスでスタート

~ 原材料価格の下落は間違いないが、相変わらずタスポでお客はコンビニへ流れている。 ~

ダイドードリンコの2月月次数字。

平成22年1月期  2月度販売状況 のお知らせ

コーヒーは94.6%、全体では99.5%。2月から今期が始まったわけですけど、マイナスでスタートとなりました。

100%で推移してくれれば文句はない。

良いニュースは原材料価格の下落。悪いニュースは、タスポのために相変わらずコンビニにお客が流れていること。

2009/02/21, 日本経済新聞 朝刊

市中価格、飲料甘味料、7年ぶり下落。

 清涼飲料の甘味料に使う異性化糖の市中価格が二〇〇二年二月以来、七年ぶりに下落した。指標となる異性化糖の果糖分五五%物(大口需要家向けタンクローリー物)は東京で一キロ百二十六―百三十円。前週末より五円安い。原料トウモロコシの価格低下で王子コーンスターチ(東京・中央)など糖化各社が卸値を平均で一キロ五円(四%)引き下げたことを反映した。

 市中価格は水あめも五円程度下落した。ブドウ糖は下げ渋っている。

 トウモロコシの国際価格は昨年六月の最高値から半値程度まで落ち込んでいる。海上運賃の低下や円高・ドル安も糖化各社の製造コスト低下につながるため、飲料メーカーなど需要家が値下げ圧力を強めている。「現状の原料安が続けば、一段の値下げは避けられない」(商社)との声もある。

2009/01/28, 日本経済新聞 朝刊

オレンジ果汁の国際価格45%安、前年同期比。

 オレンジ果汁の国際価格が弱基調で推移している。指標となるニューヨーク市場の先物(期近)は二十六日終値が一ポンド七五・五〇セント。昨年の十一月下旬から一ポンド七〇セント台で推移している。過去最高値を記録した二〇〇七年三月と比べると六四%下落し、前年同時期と比べても四五%程度安い水準。

 オレンジ果汁は「世界経済の停滞による消費の低迷と、リンゴやブドウなどの代替品へ需要が移っている」(輸入商社)ために需給が緩んでいる。先物もこの流れを受けて安値基調が続く。日本の輸入商社から飲料メーカーへの〇九年分の卸値は一キロ三百―三百五十円で、〇八年分と比べて二五%安い。

2009/02/23, 日経MJ(流通新聞)

コンビニ売上高、1月7%プラス、9カ月連続増。

 日本フランチャイズチェーン協会が発表した一月のコンビニエンスストア(既存店ベース)の売上高は前年同月比七%増の五千八百十四億円だった。九カ月連続で前年同月を上回った。たばこの販売が伸び、気温が高めに推移しアイスクリームなども堅調だった。

 商品別の売上高(全店ベース)はたばこなど非食品部門が二八%増。たばこ自動販売機での購入に必要な成人識別ICカード「taspo(タスポ)」の導入で、カードを持たない客の来店が増えている。

食品・飲料・日用品
コーヒー タスポ ダイドードリンコ 自動販売機 食料品 飲料

2009/02/24 19:07

セブンイレブンで売っている「たまご10」が一番美味しい卵

~ コンビニの卵を侮るなかれ、ゆで卵でも目玉焼きでもこれが一番、一度食べ放題してみたい。 ~

卵料理の中では目玉焼きとゆで卵が最高。料理とは呼べないか。この2つが卵の味が一番よく分かると思うんです。だから卵の違いがよく分かる。

そりゃそうですよねえ、卵そのままですから。オムレツにしたり何か卵を使った料理ではなかなか卵の違いが分かりません。

特にゆで卵は卵のうまさが一番よく分かると個人的には思う。それで、卵はゆで卵にしたときにうまいものを買うようにしているんです。

ゆで卵がうまい卵をズバリ教えましょう。

No1はセブンイレブンで売ってる卵。1パック258円(だったと思う)。コンビニなので値段はどうしても高くなりますな。

コンビニの卵がうまいというのは意外だけど、これが一番うまい。7&I系列なら同じ卵を扱っているのだろうか?例えばイトーヨーカドーとかにもあるのかも?全国のセブンイレブンに同じ卵があるのかどうか、多分ないような気がする。

ゴールドエッグのたまご10という商品。ウェブサイトにはたまご10という商品が載っていないので、セブンイレブン専用のブランドなのかも知れない。売上は100億円。卵生産者の100億円って、大きいんじゃないですか?

この卵はゆで卵にしたときに、白身がプリンとしていて、黄身にしっかり味がある。アンモニア臭くなくて、全体がふっくらしている。ま、無理に言葉にすればこんな感じですか。

一番ダメなゆで卵は、白身がザラザラしているやつ。あれはうまくないよね。

残念なのは、自分にはコンビニを使う機会が全くないことですね。

この卵以外にコンビニで何かを買うことは年に1回あるかないか。コンビニに入ることもない。時々何かの拍子に卵を食べたいと思って、面倒だけど無理して卵だけ買いに行くような感じ。

一度ゆで卵のドカ食いをしたいと思いつつしていない。5個や10個は食べられるんじゃいですか?一度やってみたい。もちろんですけで、目玉焼きの食べ放題も一度でいいからしてみたい。やろうと思えばいつでもできるのに、なぜかしないんですよね。

よもやま話(投資以外の話題)
グルメ

2009/02/23 23:11

Kinder Morgan(KMP)はディフェンシブで高配当、今の相場に最適

~ 資源価格はKMPの売上・利益に関係ない、ディフェンシブなフィービジネス、高配当は当然。 ~

Kinder Morgan Energy Partners LP (KMP)のディフェンシブ性について質問がありました。

KMPが扱うのは天然ガスとガソリン。天然ガスやガソリンと聞くと、資源関連じゃん!?って言うことで、ディフェンシブ性なんて見つからないと思うかも知れませんな。

しかしながら、天然ガスやガソリンの価格はKMPの売上や利益には関係しない。なぜなら、KMPのビジネスはパイプラインを通るそれらの資源の量に課金するフィービジネスだから。

天然ガスが1ドルであろうと100ドルであろうと、パイプラインを通る量が同じならKMPのフィーは変わらない。

折しも景気は悪い。景気が悪ければ資源の使用量は減る。実際、アメリカのガソリン消費量は過去にないほど下落をしている。一方、天然ガスの使用量は今のところ意外と減っていない。

これからどうなるか?を考えれば、消費量が増えるよりも減る方に賭ける方が理にかなっていますな。不景気は続くわけだし、天然ガスを使う工場の稼働率は下がっていて、アメリカ人はガソリン消費を控えている。

そうなれば当然KMPのパイプラインを通る資源の量も減りましょう。

しかしKMPの売上は減らない可能性が高い。既存のパイプラインを通る資源の量が減るので、その分は当然減収になる。一方、KMPはパイプランをどんどん新設しているし、買収で規模拡大をしている。そういう売上増分が減分を補ってお釣りがくる。

天然ガスやガソリンの使用量が減ると言っても減るのはせいぜい数パーセント。天然ガスの使用量がいきなり50%のマイナスになることはあり得ない。20%だってないだろう。

#ところで、アメリカでは家庭の暖房は天然ガスを使うことが多い。

例えば、日本が不景気でも電気は使われるでしょ。東京電力は変わらず電気を作り続け、多少電気使用量が減るぐらい。KMPも同じ事。

消費量が減るのはあくまで目先、ってことも大切。消費量が減り続けることはない。太陽光発電やバイオ燃料に代替されないのかって、そういう新エネルギーの立ち上がりは心配しないでもそんなに早くない。

日本の場合、人口が減るっているし、電力はすでに寡占の状態だし他から奪える需要もない。電力使用量がじわじわ減り続けると言われても不思議じゃない。東京電力にはビジネスを拡大する余地なんてない。

アメリカは人口が増えている。天然ガスパイプラインの会社は他にも沢山あるし、トラックによる輸送や船による輸送なんかの競争相手もいる。ビジネスを拡大するチャンスはいくらでもある。

KMPはMLPなので、利益は全部配当する。その配当の元になる利益はPLの最終行じゃない。キャッシュフローですな。PLの利益とキャッシュフローの利益は一致しない。だからEPSを眺めても仕方ない。KMPの投資家はそんなところは全然見ていないはず。

現在のKMPの配当利回りは8.9%。

この8.9%という数字がKMPにとって高いのか低いのか。過去10年では8.9%というのはKMPの配当利回りの上限レンジを大きく突き破る。つまり、こんなに高利回りになるまでKMPの株価が下がったことはない。

配当が減るんじゃないかという心配は無用でしょう。配当は過去10年間減ったことがない。前4四半期についても4回とも増配。

8.9%というのは2009年の予想配当利回り。2010年以降も配当額が増え、利回りは向上するというのがコンセンサス。

ということで、ディフェンシブかつ高配当と考えていいと思うんです。

今の株式マーケットではディフェンシブ、ストック型ビジネス、高配当、低現金修正PBRというキーワードがコアになる。不況耐性型企業かつベアマーケット耐性銘柄ですな。

KMPはまさにそれじゃないですか?

アメリカ株・BRICS株・外国株
KMP アメリカ株 ガソリン ディフェンシブ 天然ガス 資源 配当 高利回り

2009/02/23 22:10

SFCG、負債総額3380億円で倒産、これも不動産関連株と呼べる

~ 今はクサイ株に手を出すようなの株式マーケットではない、安全第一をモットーに。 ~

SFCGが倒産。負債総額3380億円で民事再生手続開始。

民事再生手続開始申立てに関するお知らせ

当社は、従前より保証付き貸付(商工ローン)を中心として業務を行って参りましたが、過払金返還請求の増加に伴う多額の資金の流出及び引当金の計上、平成18年の貸金業法改正等により、商工ローン業務を取り巻く環境が悪化したことから、収益構造の転換を図るべく、近時においては、よりクレジット・コストの低減化が見込める物的担保貸付中心の貸付残高構成を指向し、不動産担保貸付の拡大を図っておりました。

当社が近時の中核業務としておりました不動産担保貸付につきましても、不動産市況の悪化によって新規貸付の激減、既存貸付の返済不能といった事態が生じ、当社を取り巻く経営環境は極めて厳しいものとなっておりました。

200902232.gif結局、不動産投資を担保にとって金を貸していたけど、この不動産マーケットで失敗したって事ですな。一にも二にも不動産。

不動産関連の倒産と言えましょう。

倒産するとは思っていませんでしたけど、クサイ会社であったことは間違いありませんな。SFCGは多くの上場企業の大株主に顔を出しますが、基本的にはSFCGが大株主の会社には手を出してこなかった。

200902231.gif右のリストはSFCGが直接株を持っている企業。間接的に出資している企業も多い。

SFCGの大株主には光通信が登場。光通信が大株主の企業も手出し無用ですな。

そして監査法人は明誠。相変わらずですな。。。。最近は明誠顧客の倒産が非常に多い。

とにもかくにも、景気が良くてマーケット全体が強い時期ならともかく、今のような相場ではクサイ物にはタッチしない事が肝要じゃないですか?

倒産・上場廃止
SFCG ローン 不動産 倒産 明誠 民事再生手続 監査法人

2009/02/23 22:10

個別銘柄ウォッチ(2009/2/22)

~ 介護セクターが強気、介護報酬のアップの材料がある、まだ上値は期待できる。 ~

200902221.gif

200902222.gifトリドールがようやくそれなりに下げた。もっともっと下げないと買いたいとは思わないので、その時が来るのをじっくり待つのみですな。こんな相場で強気に買っていくのはバカげている。上がれば売り、でっかく下げたら買い。慎重に。

GMOペイメントゲートウェイの1Q決算資料が出ている。特に目新しい情報はなし。

ぐるなびの株価がずいぶん下がった。特にニュースもない。

200902223.gifチェルトがガクッと下がったのは配当落ちのため。

ダイドードリンコが上方修正。下方修正があっても全然驚きはしないような状況なので、上方修正は意外なニュースでした。ま、どっちにしても、2009年1月期は終わったわけで、問題は2010年1月期。

200902224.gifベルクは東証一部へ鞍替えがすることになった。東証一部へ鞍替えすると決まると株価が上がるのはTOPIX買いという特殊要因を狙う人がいるから。このTOPIX買いで儲かった時代がありましたなあ。

ペーパーボーイは知らない間に決算説明会資料が出ていた。目新しい情報は何もない。それより目を引いたのは、資料のデザイン。デザインというか、使っているフォントですね。決算資料と言えばお堅いものというのが既成概念なわけだけれど、ペパボの資料は若者風ですな。いいんじゃないですか。

セクターローテーションでは介護セクターが要注意。ずいぶん上げた銘柄が多いけれど、まだ上値が十分にありそう。そのうちまとめたい。

ゲームプラン・投資戦略
GMOペイメントゲートウェイ ダイドードリンコ チェルト トリドール ペーパーボーイ 介護

2009/02/23 22:10

プロパスト、森社長が辞任、こんな時期に辞めるとは、諦めの境地か

~ 倒産先頭集団の一員プロパスト、社長はそれを見越してさじを投げたのか?いつまで持つか。 ~

プロパストの森俊一社長が辞任。

代表者及び代表取締役の異動に関するお知らせ

もう馬鹿らしいから辞めたって事ですか?

森俊一代表取締役社長CEOより、一身上の都合により代表取締役社長CEOを辞任したい旨の申し出があり、取締役会はこれを受理しました。

退職や辞任はいつも「一身上の都合」。なんとも意味不明な言葉ですな。

#退職するときに自分も書いたなあ。。。

プロパストに関しては何度も書いているわけだけど、倒産の可能性のある不動産業のトップ集団を走っていると思いますね。一体どこまで行けるんでしょうか?

不動産・マンデベ・流動化
プロパスト マンション マンデベ 不動産 倒産 流動化

2009/02/23 22:10

ライトオン、ジーンズメイトの2月月次、内需悪化はますます酷い

~ 昨年末からの急激な景気悪化、そこを境に悪化したアパレル小売りの月次は回復しない。 ~

ライトオンの2月月次。

月次売上高前年比情報に関するお知らせ

昨年の10月、11月から景気が一気に冷え込んだのはいろんなニュースになってきているし、実際、それまで堅調だったアパレル小売り系の月次も、そのころを境に急激に悪化した。

ライトオンはそれでも12月までは持ちこたえた感もありましたな。12月、1月とボロボロの数字で、2月は回復するかなという淡い期待を持っていた人も結構いるんじゃないですか?

結果、もっと酷い数字ですな。

同様にジーンズメイトの2月月次数字。

2009年2月期 前年比速報

ジーンズメイトはライトオンとは違って、もうずっと悪い数字を出し続けている。その中でも2月はとりわけ醜悪な数字ですな。

2月末決算なので、今期の悪い数字を前提にすれば、来期は回復?って思うのは間違いでしょう。淡い期待は無用。今の相場に希望は必要ありませんな。

これから出てくる他のアパレル小売りの月次数字も酷いものが予想されます。ユニクロだけが一人気を吐くのかもね。

アパレル・ファッション銘柄
アパレル ジーンズメイト ファッション ライトオン 小売り

2009/02/20 14:02

バルチックドライ指数が中国株指標になり、相場底打ちになるのか

~ BDIの底打ち感、中国の底打ちのニュースや統計がちらほら、どう考えるかで株が決まる。 ~

200902202.gifBaltic Dry Index(バルチックドライ指数)は下げ止まったように見える。3ヶ月ほど底ねりで、底値からは2倍になった。

BDIは数ある景気指数の中の一つに過ぎないわけだけど、景気を占うには十分だと思うんです。

通常BDIに連動するのは船株。特にスポット契約でバルク船を動かしている企業ですな。商船三井とか考える人は多いかも知れませんけど、ズバリ銘柄ではない。BDIズバリ銘柄は日本市場にはないのでアメリカを見ることになりましょう。

ズバリはDryShips, Inc. (DRYS)。同様にEagle Bulk Shipping, Inc. (EGLE)、Excel Maritime Carriers, Ltd. (EXM)、Genco Shipping & Trading Ltd. (GNK)。

しかし、こういう銘柄のチャートを見ると、全然BDIに連れて上がっていない。

200902203.gifずっとBDIとDRYSは同じように動いてきていた。上昇率に差こそあれ、動きは基本同じ。それが今年に入ったぐらいからそうではなくなった。BDIが上昇を取ろうとしてDRYSなんかを買った人は地団駄踏んでるでしょう。

なぜBDIが上がっているのにDRYSが上がらないのか?不思議じゃないですか?

これまでBDIは世界景気指数だった。世界景気は悪い。でもBDIは上がっている。

単純に考えて、今のBDIは世界景気を表わしていない。世界景気を表わすBDIだった頃は、BDIが上がればDRYSも上がった。BDIが世界景気指数でなくなった今、BDIが上がってもDRYSは上がらない。

そんな風に考えることもできるんじゃないですか?

じゃあBDIは何なのか?

200902204.gif中国景気指数になったのではなかろうか。

そういう事になったとすれば、中国株では何を買えばいいのか。景気とマーケットの底をどう考えるかによる。

景気の底打ちが見えてマーケットが強気になるという考えと、景気の底は見えないので今のマーケットは単なるリバウンドでしかない、という考えに分かれる。

もし前者の考えであれば、資源・素材関連株を買うべきだと思うんです。

中国景気が底打ちし、ブルマーケットを前提としているのに小売り株とか食品株、医薬品株とか、そう言うものを買うのは理屈に合わない。

もしそういう株を買うというのであれば、後者の考えであるべきですな。

中国株指数、BDIに限らず、他にも中国が底打ちしそうだというニュースや統計数字がちらほら出てきている。

どう判断するか。そこが難しいし、投資家の腕の見せ所でもある。

個人的にはまだ積極的には買っては行けない。どうしても中国株の中ではディフェンシブ、内需系に比重を置くことになりましょう。そういう株を持ちながら、タイミングを見ながら底打ち方面へ少しずつ意識を変えていこうかと思う。

そう考える中で、やっぱりダメだとなるかも知れないし、行けるから切り替えよう、ってシフトチェンジするときが来るかも知れない。ま、今のところはどっちつかずの難しいところですね。

ゲームプラン・投資戦略
BDI DRYS EGLE EXM GNK バルチックドライ指数 中国株 素材 船株 資源

2009/02/20 13:01

おあみ建設、ニチモのせいで倒産、負債総額396億の会社更正手続

~ マンデベ向けの建築債権が回収できず、銀行支援も得られない、その次のとばっちりはどこ? ~

あおみ建設が倒産。負債総額396億円で会社更正手続を開始。

会社更生手続開始の申立てに関するお知らせ

先般、取引先のマンションデベロッパーが民事再生手続開始の申立てを行ったことにより、建築工事債権等約33億円が取立不能の見込みとなったため、当社の資金繰りに大きな狂いが生じる事態となりました。

これは先日倒産したニチモ向けの債権ですな。

債権の取立不能または取立遅延のおそれに関するお知らせ

200902201.gifとんだとばっちりではあるものの、いずれにしても業績と財務は悪くて、倒産も致し方ないと言えましょう。

とばっちりつながりで言えば、(2008年3月期末時点なので古い数字ではあるけど)あおみ建設に対して14億円の工事未入金がある若築建設なんかも連鎖倒産とかあり得る。

筆頭株主は青木あすなろ建設で、こちらもとばっちりは当然。株主はとばっちりじゃなくて責任ですか。

とりあえずこの辺りの会社は株価にしても倒産価格なわけであって、いつそれが現実になってもおかしくはないですな。

建設関係、不動産関係ではまだまだ倒産が続きます。

倒産・上場廃止
あおみ建設 ニチモ 倒産 建設 若築建設 青木あすなろ建設

2009/02/19 10:10

ニューディールの架空増資と疑われる内容、倒産や上場廃止は覚悟

~ 夜遅くにプレスリリースを出す会社の行く先は墓場であることが非常に多いという法則がある。 ~

ニューディールのプレスリリース。

一部雑誌記事に関するお知らせ

結局、考え方次第で架空増資とも取れるし、正当増資(なんて言葉はない。なぜなら増資は全部正当であるべきだからね)とも取れるしって事ですか?

旧リキッドオーディオの時代も含め、このニューディールがまだ上場企業であるのは世の不思議ですけど、上場廃止か倒産はほぼ確実かと。そうならないでも、そういう前提で考えて損はありますまい。

株価は既に1円。監査法人はウィングパートナーズ。

ところで、今回のニューディールのプレスリリースが発表されたのは深夜23:12。世の中には「深夜に適時開示でプレスリリースを出す企業は上場廃止になったり倒産したりぐちゃぐちゃになったりして投資家に損をさせる可能性が高い法則」がありますよ。

自分で適当に作った法則だけど。

目安。

  • 19:00-20:00 要注意
  • 20:00-21:00 投資するならよく調べて
  • 21:00-22:00 きっと何かがある
  • 22:00-23:00 投資不適格
  • 23:00-06:00 臭くて臭くてたまらない

クサイ会社・エグイ企業
ウィングパートナーズ ニューディール 上場廃止 倒産 監査法人

2009/02/19 10:10

NHKの「今日の料理」、4人前をやめて2人前へ、世帯人数の減少で

~ 食品スーパーでも小家族用に工夫している、料理番組も時代に合わせて工夫するわけです。 ~

なるほどなあ、と思った。

NHKの番組、今日の料理。今までは4人分を作ったけれど、これからは2人分を作ることにすると。世帯当たりの人数が減っている社会情勢で、その方が家庭の実状に合っているって理由。

確かにそうですね。少子化、核家族化、DINKS(って死語?)、非婚、晩婚化、高齢者だけ世帯、一人暮らし高齢者。まあ、世帯人数が少なくなる原因はどこまでも列挙できますが、その反対は全然ない。

食品スーパーも一人暮らしやなどに合わせて量を少なくしたり工夫している。一人用の鍋セットとかね。

料理番組も時代に合わせて変わるわけですな。

とろこで、

視聴者からも2人分を望む意見が多かったため

というのはなんですかね。4人分の材料で説明されると、2人分が作れない、って事ですか?まさかね。4人分の材料を全部半分にすればいいだけだし、計算が面倒って事もないと思う。視聴者が望むっていうのがよく分からん。

朝日新聞 2009年2月19日1時51分

NHK「きょうの料理」材料は2人分に 世帯人数減少で

 NHKは18日、3月30日放送分から、「きょうの料理」(教育、月~木)で紹介する料理の材料の目安を4人分から2人分に減らす、と発表した。65年に5人分を4人分にして以来、44年ぶりの変更。

 一世帯の平均人数が05年に2.6人まで減少したことや、視聴者からも2人分を望む意見が多かったためという。NHKは「食べ物の廃棄が問題となる中、食べ物を大切にする姿勢も示す」としている。一度に多めに作った方がおいしい料理や大人数向けの料理は、今後も4人分やもっと多い分量で紹介することもあるという。

ちょっとニュース
NHK 世帯人数 料理

2009/02/18 11:11

バークシャーハサウェイ、2008年4Qの株式売買状況、新規はNLC

~ バフェットの新規買い銘柄はNalco Holding Co. (NLC)、小粒な企業でとりあえず跳ねる。 ~

Warren BuffettのBerkshire Hathaway。2008年末時点での持株報告書(っていうのが正式な名前じゃないだろうけど、意味は分かるでしょ)がSECにファイルされました。

Form 13F

この報告書で分かるのはあくまで4Q末時点での持株であって、4Q中の持株増減は分からない。

増減で目を引くのは、Johnson & Johnson (JNJ)の持株を半分まで減らしたことですな。その他の銘柄で持株が減少したのは、ConocoPhillips (COP)、CarMax Inc. (KMX)、Procter & Gamble Co. (PG)、US Bancorp (USB)。どれも減少率は少し。

逆に買い増ししたのは、Eaton Corporation (ETN)、Ingersoll-Rand Co. Ltd. (IR)。

新規買いがNalco Holding Co. (NLC)

新規買いのNLC以外は特に驚きはない。しかしこのNLC。売上高はたったの$4.2B。時価総額がたったの$1.5B。たったの、というのはバフェットのような投資家にとって。

明日のマーケットではNLCは暴騰でしょうな。世の中バフェットウォッチャーは多い。その人達が時価総額$1.5Bの会社に群らがると、10%ぐらいは平気で騰がる。

全く聞いたこともない会社。

ビジネスの要約。

Nalco Holding Company provides water treatment and process improvement products and services to industrial and institutional customers worldwide.

これを読んだだけではどういう会社なのか分からん。暇があったら会社のホームページをで確認してみる。

著名投資家の考えと行動
Berkshire Hathaway COP ETN IR JNJ KMX NLC PG USB Warren Buffett

2009/02/18 11:11

2009年3月期決算企業で第3四半期報告書の提出が遅れている企業

~ できる限りのマイナス思考を使って遠い目をして眺めていれば良い企業の一覧。 ~

2009年3月期決算の企業で第3四半期報告書の提出が遅れた企業。

とりあえずは上場廃止とか倒産とか、やばいことが起こるとか、株が下がって損するとか、できる限りのマイナス思考で対応しておけばオッケーですな。

2009/02/18, 日本経済新聞 朝刊

四半期報告書、16社が提出遅延。

 二〇〇九年三月期第三四半期報告書を法定期限の十六日までに提出できなかった全国上場企業は十三社だった。また、三社が〇九年六月期第二四半期報告書と〇九年九月期第一四半期報告書を遅延した。不適切な会計処理や会計監査人の交代、資金繰りの悪化で事業計画の見直しを迫られている企業が多い。

 三月三日までに提出しない場合、東証とジャスダックなど各取引所は監理銘柄に指定する。

 遅延を開示した企業は以下の通り。ジェイオーグループホールディングス、東邦グローバルアソシエイツ、西松建設、光ハイツ・ヴェラス、インスパイアー、リミックスポイント、ゼンテック・テクノロジー・ジャパン、ニューディール、ジャパン・デジタル・コンテンツ信託、春日電機、セイコーエプソン、ピクセラ、ジャルコ、大水、日本綜合地所、エスグラントコーポレーション。このうちリミックスと大水は十七日に提出した。

クサイ会社・エグイ企業
インスパイアー ジェイオーグループホールディングス ジャルコ ニューディール

2009/02/18 11:11

ウィングパートナーズに処分勧告、クサイ監査法人には注意

~ ウィングパートナーズに限らず、クサイ監査法人を使っている企業はスルーしておけばOK。 ~

200902181.gifウィングパートナーズがダメ出しされている。

監査法人ウィングパートナーズに対する検査結果に基づく勧告について

ま、しょうがないですな。

とりあえず投資家としてはウィングパートナーズが監査をしている企業の一覧を眺める。ピンと来ない人は少し調べるなりお勉強が必要になりましょう。

ウィングパートナーズに限らず、勧告を受けそうな監査法人は沢山ある。そういうのを使っている企業には注意が必要ですな。

良くあるパターン。業績が悪化する、会社がぐちゃぐちゃしてくる、監査法人を大手から臭いところへ変更する、上場廃止や倒産。というストーリー。最近この流れは不動産屋で結構ありますな。

ウィングパートナーズ関連銘柄については、業績とかビジネスモデルとか、そんなことは一切考えずにスルーしておけばいいんじゃないですか?なにもそんなところに手を出さなくても、他に株はいっぱいありますよ。

クサイ会社・エグイ企業
ウィングパートナーズ 監査法人

2009/02/18 10:10

10~12月期(2008年第4四半期)のGDP

~ -12.7%はオイルショック以来の酷い数字、1~3月期も2桁マイナスを覚悟。 ~

2009021710.gif10~12月期のGDP。マイナス12.7%。ここまで酷い数字はオイルショック以来。

図は朝日新聞より拝借。

マイナスの内訳としては輸出の暴落が目を引く。分かっていたことではありますけど。

1~3月期についても二桁マイナス成長を予測する声は多い。厳しいですな。

統計・資料・調査
GPD

2009/02/18 10:10

ダイドードリンコ、予想外の上方修正、自販機ビジネスは回復するか

~ 今2010年1月期は販売数量、原材料費、販促費の組み合わせで、利益回復をイメージ。 ~

ダイドードリンコが上方修正。

平成21 年1月期 通期業績予想の修正に関するお知らせ

利益は20%以上の修正になった。

連結の業績は、前回公表値との大幅な乖離は発生しない見通しであります。

って書いてますけど、20%であれば大幅な乖離としてもいいんじゃないですか?

いずれにしても、上方修正は期待していなかっただけに、うれしい誤算ではありますな。

1月決算なのでちょうど2009年1月期は終わった。問題は今2010年1月期がどうなるか。自動販売機でコーヒーを売るという商売がどうなのか。

販売数量と原材料費と販促費。横這い、下落、下落。

全体として利益回復。

とりあえずそういうイメージを持っている。その理由は今まで何度も書いた通り。

食品・飲料・日用品
コーヒー ダイドードリンコ 自動販売機 食料品 飲料

2009/02/17 14:02

利益成長しないインフォマート、高配当利回りになったけど

~ 小型成長株を買うのに配当は関係ない、それでも6.5%の利回りは気になる。 ~

インフォマートの決算説明会資料。

2008年12月期 第4四半期及び通期決算説明資料

およそ全ページにわったって好調さを感じる内容なのは間違いない。唯一投資家をがっかりさせるのが24ページにある今期の計画数字じゃないですか?

つまり、中間業績は増収減益、通期業績は増収増益ながら増益率は10%に届かない。

その理由は26ページから書かれている海外進出の費用がかさむというもの。これは前回書いたとおり、小型成長企業が海外に出るときは停滞する、という嬉しくない理屈になる。

株は売られた。ずいぶん売られた。

そして配当利回りは6.5%になった。成長株を持つ事を配当利回りで支えるなんてバカげた話ではある。それでも6.5%という数字は無視できないことありませんか?減配の心配はないし。

ビジネスサービス
インフォマート 成長株 配当 高利回り

2009/02/17 14:02

コカ・コーラセントラル、茶系飲料と自販機販売は回復する計画

~ 茶系で伊藤園、自動販売機でダイドードリンコ、この商品と販売チャネルは回復する。 ~

コカ・コーラセントラルジャパンの決算説明会資料。

決算説明資料

200902177.gif2008年の飲料市場は1%のマイナス。チャネル別では、スーパーが1%のプラスで、自販機、コンビニは-1%、その他は-4%。その他は主にマクドナルド。

コンビニがマイナス成長というのは意外じゃないですか?タスポ導入でコンビニへ行く人が増えれば、ついで買いでコンビニの飲料売上は伸びるという流れがありそうですけどね。

200902178.gifコカ・コーラセントラルの状況としては、前年比101.2%で、飲料市場のマイナス成長ではよく頑張った。ブランド別では爽健美茶がマイナス、チャネル別では自販機がマイナス。

爽健美茶なんかの茶系飲料と言えば伊藤園、自販機と言えばダイドードリンコ。この2社は個別銘柄ウォッチの銘柄。

今期の計画では全チャネルでプラス、全部ランドでプラス、結果全体では102.1%。

200902179.gif茶系飲料は回復して自販機も回復する。ここが伊藤園をダイドードリンコを見ている自分にとっては肝心要。当然ながら、コカ・コーラは回復して欲しいという期待を持って今期計画を作っているわけであって、この資料にあるから回復が約束されるなんてことはない。

個人的にはコカ・コーラの資料の通り回復すると思っている。回復しないでも下げ止まり・横這い。

まずは茶から。

2009/02/10 日本経済新聞 朝刊

伊藤園社長本庄八郎氏――不景気になると茶は売れる(人こと)

 ▽…「不景気になるとむしろ茶は売れる。日常『茶』飯といわれるくらいで、節約もできない」。日本茶飲料最大手、伊藤園の本庄八郎社長は日本茶の販売に自信をみせる。業界では「景気が悪くなると企業で会議が増え、茶の需要が伸びる」というのが通説。同社でも一月の日本茶飲料の販売量は前年同月比で一二%増えた。

 ▽…飲料全体の出荷は頭打ちだが、日本茶は拡大が期待されるだけに、各社の販売攻勢で「『日本茶戦争』が起きるのではないか」と予測する。ほうじ茶・玄米茶飲料でも同社は昨年の販売量を前年比二倍強と好調を維持。「競争によって市場は広がる。むしろ歓迎」と余裕の表情だ。

食品・飲料・日用品
コカ・コーラセントラルジャパン ダイドードリンコ 伊藤園 食料品 飲料

2009/02/17 14:02

世界同時不況の本質を決算説明資料で主張するのは面白い

~ 100年に一度の大惨事の主犯人を探して吊し上げたくなる気持ちはよく分かる。 ~

アルバックの第2四半期決算説明会資料。

決算説明会第2四半期(累計)(2009年6月期)

アルバックはFPD・半導体・太陽電池製造装置を作っている会社で、今の経済状況では業績ボロボロなのは確認するまでもありますまい。そして当分回復しないことも周知の事実。

そういう事で説明会資料が面白いのではなくて、別の意味で面白い。

200902176.gif4ページ目。

「世界同時不況の本質」について書かれている。これは中村久三社長の考えらしい。

まさに仰るとおり。なのだけれど、こう言うことを決算説明会資料に載せるのが面白いと感じませんか?私はそう強く感じて、思わず笑いましたよ。よくぞ書いてくれたって。

大惨事の犯人探しをしてもどうにもなりませんけど、探して吊し上げたくもなりますよねえ。

ちょっとニュース
FPD製造装置 アルバック 半導体製造装置 太陽電池

2009/02/17 14:02

小杉産業が倒産、負債総額98億円で破産手続開始、ようやくですな

~ アセットマネジャーズのかつての投資先、監査法人はKDA、株価は一桁、ファイアあのファイ? ~

200902174.gif小杉産業が倒産。負債総額98億円で破産手続開始。

破産手続開始決定のお知らせ

歴史あるアパレル会社、なんて言われることもあるけど、本当ですかね?エグイと思うけどね。

200902175.gif

大株主にファイが登場していますが、あのファイですか?

監査法人はKDA。KDAが監査している企業はこの通りですが、うーん、蒼々たる面々じゃないですか。。。

このリストを見て何とも思わない人は、リストにある企業を少しでも調べることをお勧めします。ババを掴まないためにね。

株価は既に一桁で倒産は十分織り込み済みですな。それでも1円までは下がりましょう。

クサイ会社がまた一つ株式マーケットから消えたのは良い事じゃないですか?

クサイ会社・エグイ企業
KDA アセット・ホールディングス アパレル 小杉産業 監査法人

2009/02/17 13:01

MonotaRoは前近代的な訪問工具商のマーケットに切り込む

~ テクノロジーで近代化されていない市場は必ず変わる、変える人・企業が出てくる。 ~

MonotaRoの決算説明会資料を確認。

平成20年12月期 決算説明会資料

200902171.gifMonotaRoについてみんなが一番注目しているのはここ。競合相手が訪問工具商や金物屋であって、市場規模が10兆円あり、MonotaRoの売上高はたったの140億だと言うこと。

訪問工具商というのは、中小の町工場を回って、必要な物ありませんかって聞いて商売をしている。まあ、実際には今時足で回って御用聞きはしないけど、程度の差こそあれ、そういうレベルの商売ですな。サザエさんに出てくるミカワヤですよ。

つまり、アマゾンが出てくる前の本屋さんみたいなもの。売れ筋商品だけを揃え、価格競争はなく(本は今でも価格競争はないけどね)、競合相手もいない。

そういう状況では、山積みされている本をみんなが読む。何か難しいことを勉強したくて、それに関する本を探しても、関連書籍が数冊しか置いてなければそれらから選ぶしかない。そうじゃなければ、図書館へ行って調べたり、隣町の大きな本屋さんまで出かけたり、2週間も時間のかかる注文をしてみたり。

結局、本屋にある本をかって終わる。

そういう時代があったよね。

町の中小工場も同じだというのがMonotaRoの主張。

町工場は訪問工具商の扱っているメジャーな商品を買わざるを得ない。言い値で買わざるを得ない。例え世の中には安くて同品質で同機能の物があっても。

書籍に関しては、アマゾンで状況は変わった。キーワードで検索して本を探し、一網打尽。(日本では再販制度のため低価格にはならないけど)

書籍だけじゃない、インターネットで世の中全てがそうなった。

町工場の訪問工具商の市場がまだ残っている数少ない昔ながらの前時代的マーケット。そこへMonotaRoはやってきた。

この辺の説明は、以前の説明会動画で説明されている。

で、市場規模が5~10兆円とあるけど、これが正確なのかどうか、知らない。アメリカにはMonotaRoと同業でW.W. Grainger, Inc. (GWW)グレインジャーという会社がある。MonotaRoの筆頭株主でもある。

Graingerの売上は$6.9B、時価総額が$5.5B。S&P500に入る大企業ですな。

例えGraingerの10分1までMonotaRoが成長するとしても、売上は700億円ってことになる。MonotaRoの瀬戸社長の考えでは2000億~3000億は行けるだろうと。

ここに投資家は期待しているワケですよ。

200902172.gif売上高と顧客数の推移を見ると文句無しの成長企業であることが分かるし、700億円という数字も現実味を帯びてきませんか?2000億円っていうのは別として。

さすがに今期の業績は減益になる計画。不景気は町工場を直撃するわけで、新規顧客の獲得が進んでも既存顧客からの注文減をオフセットできない。

200902173.gifそれに、前期は倒産した自動車部品会社を買って、その在庫が高利益率で売れたので予想外に利益が上がったという特殊事情もある。

決算で株は叩き売られている。しかしながら、成長株としては目を離したくないと思うんです。いずれ買い戻すべき時が必ず来るんじゃないですか?

ビジネスサービス
MonotaRo インターネット 工具 工場消耗品

2009/02/16 14:02

個別銘柄ウォッチ(2009/2/16)

~ 割安成長株の業績が思うように伸びない、今の経済状況では良い銘柄を探すのは難しい。 ~

200902164.gif

200902161.gifGMPペイメントゲートウェイは決算発表後に下げ続けている。業績的にはそんな理由はないと思うが、好業績を知ったがしまいというのは相場の常。慌てるべからず。

バンクテック・ジャパンは決算発表。利益が伸びない。顧客業界が厳しいのでどうにもならない。ここで終わりにしたい。

200902162.gif物語コーポレーションは中間決算発表。順調に業績拡大。残念ながら通期上方修正はなし。1月月次を見てもOK。

コシダカは中間配当を開始する。年間配当額は変更無しだけど、やっぱり期末一度の配当より中間配当と2回の方がいいですな。株価インパクトも少ないし。

200902163.gifぐるなびもGMOPGと同じく、決算発表後に売られた。確かに業績の伸びは小さいけれど、悪くはないと思うね。これも慌てない。

インフォマートは本決算を発表。今期、利益が伸びない。海外進出は業績頭打ちの証拠のように思える。

プロシップが第3四半期決算を発表。受注の状況は非常に悪い。ここで持ちこたえられるか。敢えてこんな株を持つ必要がないのは間違いない。個人的には見届けたい。

ファーストリテイリングとニトリは外す。この2つを外すことで、外需輸出景気敏感型企業に比べて相対的に業績堅調な内需小売り株の一角、というセクターが完全になくなる。ここを全くゼロにしてしまうのはどうかとも思うが、一旦はゼロにしてゆっくり考えながらやっていく。

トレーディング銘柄のUUFCDは、結果がどうであれ、今週で必ず手仕舞い。コールオプションは期限の1ヶ月前までに手仕舞いという基本を守りたい。

paperboy&co.ペパボをディフェンシブ銘柄に新規採用。ストック型ビジネスかつ5.5%の高配当。

ゲームプラン・投資戦略
GMOペイメントゲートウェイ ぐるなび プロシップ ペーパーボーイ 物語コーポレーション

2009/02/15 09:09

J-オイルミルズの下方修正、食品さえ「急変」する景気って一体何?

~ 需要が比較的安定している食用油さえ環境が急変する景気、ディフェンシブが通用しない。 ~

J-オイルミルズの第3四半期決算。

平成21年3月期 第3四半期決算短信

3Qの数字は計画通りに好調なので良い。うわっと思ったのは同時に発表された下方修正。

業績予想の修正に関するお知らせ

200902147.gif利益については計画値から-20%の修正。それでも前期比では30%以上の大きな増益ではあるものの、期待が裏切られるのは株価には良くない。

食用油の需要が弱く、値下げ要請が強まっていることはこの前書いたとおり。その心配がもろに当たってしまって残念。

国内消費は一層低迷することが予想されます。当社におきましては、重要顧客である外食産業向けを始めとした販売数量の落ち込みが続き、相場高騰時に調達した原料の影響が長引くことが懸念されます。これに加えて、油脂製品価格に対する更なる下押し圧力、連産品であるミールの相場下落等により、今後の収益状況は一層厳しくなることが予想されます。

そして、

前回発表(平成20年11月13日開示)時から環境が急変し、上記のような厳しい見通しとなった

200902148.gifということもある意味驚きだった。食用油でも環境が「急変」するのかと。

ところで日清オイリオグループの第3四半期決算補足資料が出ている。状況がうまいことグラフにまとめられている。

2009年(平成21年)3月期第3四半期決算補足資料

食品・飲料・日用品
J-オイルミルズ 大豆 日清オイリオグループ 食料品

2009/02/15 09:09

フージャース、今期業績は達成できそう、倒産せず生き延びられるか

~ 堅実・誠実が売りだったフージャース、社長の担保処分で信用は地に落ち、投資はできない。 ~

フージャースの第3四半期決算。

平成21年3月期 第3四半期決算短信

厳しいですな。契約残高が77億円あるので、とりあえず今期の計画数字は達成できるんじゃないですか?大きく下方修正をした数字なのでまあ大丈夫かと。

平成21年3月期 通期業績予想の修正に関するお知らせ

しかしこんな数字を達成できても何の自慢にもなりませんな。

200902146.gifそれにしても、3Q末時点での契約残個数が277戸とは先が思いやられる。来期の物件なんてほとんどこの残数には含まれていないのではないかと思う。

かつて堅実なマンデベで誠実な社長がいたフージャース。果たして幻想だったんですかね。社長が持株担保に入れて借金したりすればどうしたって信用は下がりますよ。

とりあえずは倒産なんて事にはなる雰囲気はないですけど、れれれっ?ていうのが足下のひんやり不動産マーケット。特に投資する意味はありますまい。

不動産・マンデベ・流動化
フージャース マンション マンデベ 不動産

2009/02/15 09:09

セイクレスト、3Qは倒産せずに債務超過を生き延びた、どこまで行く?

~ 債務超過で数千万の社債償還資金さえ用意できない、資産処分を猛烈に進めてもダメ。 ~

セイクレストの第3四半期決算。

平成21年3月期 第3四半期決算短信

とりあえず生き延びていますな。すでに債務超過で現金は6400万円しか持っていない。当然支払には窮しているわけで、いつ倒産してもおかしくない。

同時に発表になった「継続企業の前提に関する事項の注記についてのお知らせ」にこう書かれている。

平成20 年12 月末日現在、金融機関に対して運転資金として発行した社債28,000 千円については延滞、また、役員報酬を含む一部経費21,717 千円についての支払いの遅延が発生している状況となっております。平成21 年2月13 日時点におきましては、合計47,217千円についての支払いの遅延が発生している状況となっており、支払いの遅延の状況を完全に解消するには至っておりません。

社債償還資金のたった2800万円ぽっちが用意できない。なんと情けない。役員報酬2200万円はまあカットすればいいだけの話ではある。

棚卸資産は48億円から6億円まで急減。こんなに頑張って資産処分したのにお金がないってことはですよ、どれだけ高値で不動産を買ってしまったのかが分かるというものです。

監査法人は明誠。

引き続き倒産は覚悟ですな。

不動産・マンデベ・流動化
セイクレスト マンション マンデベ 不動産 代理販売 流動化

2009/02/15 09:09

大和システム、今時BS肥大化している珍しい不動産企業、大丈夫?

~ 受注・契約残高は十分あるが、棚卸資産の急増は今の不動産マーケットで気になる。 ~

大和システムの第3四半期決算。

平成21年3月期 第3四半期決算短信

200902144.gifBSを見てギョッとする人も多いんじゃないですか?棚卸資産が減るどころか猛烈に増えている。この冷たい不動産相場の中で今はどこの不動産屋も在庫を処分してキャッシュを捻出して借金を返すのがトレンド。そんな中で大和システムは大丈夫なのかと心配にもなりましょう。

通期計画の売上数字は3Qから200億円もプラスなので、その分を差し引けばそれなりにBSの肥大化は小さくなる。それでも計画通りに売れないのが今の不動産マーケットでしょう?って疑心暗鬼なる。

決算短信の下の方に受注と契約の状況が載っている。

200902145.gifこれを見ると建築受注残高とマンション契約残高で320億円ある。一応契約済みな仕事なわけで、この分は棚卸資産から差し引いても良いと考えたい。もちろん、契約は売上高で、棚卸資産は原価なので320億丸々とは行きませんよ。

そう考えるとようやく棚卸資産の水準が前期と同じなる。それでも同水準ですな。

大丈夫なんだろうか、大和システム。それなりに堅実なイメージがある不動産屋だが、さて。

株価は100円割れで危険信号を発しているようにも思える。

不動産・マンデベ・流動化
スーパー銭湯 マンション 不動産 大和システム 建築

2009/02/15 09:09

ニチモ倒産、また不動産屋で民事再生手続、まだまだ続きそう

~ 負債総額760億円で倒産、何の驚きも不思議もないし、株価は既に1円で折り込み済み。 ~

ニチモが倒産。負債総額760億円で民事再生手続。

民事再生手続開始の申立てに関するお知らせ

200902143.gifまたしても不動産屋の倒産となりました。

2008年9月期の決算で自己資本比率は2%。棚卸資産は全然減らず営業キャッシュフローは赤字。倒産しても何の不思議もありません。

株価は既に1円で、十二分に倒産を織り込んでいましたな。

筆頭株主はユニマット。監査法人は恒栄。代表取締役社長は辻征二。

倒産・上場廃止
ニチモ マンション マンデベ ユニマット 不動産

2009/02/15 08:08

エスグランドコーポレーション、倒産や上場廃止を覚悟して損はない

~ 明誠監査法人、インヴァスト証券、名証セントレック、ユニマット、おまけでKY、これだけで十分。 ~

エスグラントコーポレーションの監査法人が辞任。

会計監査人の辞任に関するお知らせ

200902142.gif辞めたのは明誠監査法人。明誠が監査をしている企業はご覧の通り。この明誠がやーめたっていうんですからね、相当なものじゃないですか?

そういうこともあって四半期報告書を期限内に提出できず。

平成21年6月期第2四半期報告書提出遅延に関するお知らせ

主幹事はインヴァスト証券。ご存じ、旧KOBE証券ですな。名証セントレック上場。もうこれだけで臭いがプンプン。大株主にはユニマット系が顔を出している。

ところで、インヴァスト証券の第二位株主はKYエンタープライズという会社らしい。KYとは今流行りの空気読めないで、なんだか滑稽ですな。

既に時価総額は1億円以下。そこら辺のオヤジでも買収できますな。

上場廃止や倒産は覚悟しておいて損はないでしょう。

クサイ会社・エグイ企業
インヴァスト証券 エスグランドコーポレーション マンション マンデベ 不動産 明誠

2009/02/15 08:08

バンクテック・ジャパン、業績が伸びないのは環境を考えれば当然

~ メイン顧客業界のビジネス環境が厳しければ、そこに物を売る商売が厳しいのは当たり前。 ~

バンクテック・ジャパンの決算。

平成20年12月期 決算短信(非連結)

今期の業績計画は、売上+1%、営業利益-1%、経常利益+1%、純利益+11%、EPS+11%。ゼロ成長の横這いと言えましょう。

金融や保険などのメイン顧客業界が厳しい状況なので注意が必要と考えてきたわけだけど、その通りの会社計画になりました。

200902141.gif受注残の数字こそ148%と高いものの、横這いの数字を出してきているのは、経営者は日々悪化する顧客の態度を目の当たりにしているからじゃないですか?

バンクテックに目を付けたのは間違いだったなあと思う。

ビジネスサービス
バンクテック・ジャパン 保険 金融機関

2009/02/15 08:08

リサ・パートナーズ、不動産売却益がなくても利益が出る、褒めたい

~ 業績計画達成は分からないが、ビジネスの展開の仕方には相変わらず好感が持てる。 ~

リサ・パートナーズの決算。

平成20年12月期 決算短信

今期も大きく減収減益の計画ですな。売上40%、利益30%のマイナス。

注目はここじゃないですか?

自己勘定で保有する不動産については、無理な売却は行わずに、安定的に見込める賃料収益の獲得を目指します。ただし、良い買い手が現れた場合には柔軟に売却を進めていく方針です。

不動産共同投資につきましては、不動産の売却活動を積極的に展開するものの、不動産市況の低迷を鑑みて、業績予想には不動産売却益や売却成功報酬は見込まないこととします。

今期、不動産売買で儲けるつもりはなく、不動産売買益を業績予想には入れてませんよ、って事ですな。前期まではプリンシパル投資事業の不動産売却収入が売上の大きな部分を占めていたわけで、それを今期は全然考えていません。これであれば当然売上が減少する。

各期の売上と物件売却収入

  • 2005年12月期 売上92億 物件売却収入48億 割合52%
  • 2006年12月期 166億 78億 47%
  • 2007年12月期 274億 70億 26%
  • 2008年12月期 248億 101億 41%
  • 2009年12月期計画 150億 0円 0%

逆に言えば、不動産価格がうまく折り合って売れるようなことがあれば業績数字は上ぶれる。もっと言えば、リサの場合は不動産がなくても十分利益が出る。

以前のアセットマネジャーズはリサと同じように企業投資なんかに力を入れ、世界の投資銀行を目指していた。知ってのとおり大失敗。

ダヴィンチにしても不動産持ちの企業への投資をしたわけだけど、全然話になっていない。

そういう中で、リサは地方銀行とのパイプを深め、不動産以外の分野で成功しているワケです。立派だと思いますね。当然リサとしても、単なる不動産屋として考えられるのは不本意なのではないですか?

ま、もちろん、会社の業績計画が達成できるかどうかって事が分からないわけで、達成できるという前提で話をしても意味無しですけどね。

株価の上昇こそ期待できませんけど、企業としては魅力があると思うし、面白いなあといますね。

不動産・マンデベ・流動化
ファンド リサ・パートナーズ 不動産 企業ファンド 債券ファンド 流動化

2009/02/13 12:12

食パンを食べる人はホームベーカリーを買ったほうがいい

~ ホームベーカリーで食パンを作るのは面倒じゃないし、何より安くてうまい、知らないのは損。 ~

電気炊飯ジャーを持っている人は多いと思う。世帯普及率は知らないけど、多分80%とか90%とかじゃないですか?日本はお米の国ですからね、皆さんご飯食べます。

だけどホームベーカリーを持っている人は意外と少ないと思うんですね。普及率は20%とか30%もないような気がする。

普及率について正確な数字を調べてもいないのでちっとも当てにならない数字ではある。でも実感として、自分の周りの人とかを考えるとせいぜいそんなもの。電気炊飯ジャーより全然普及率は低い。

それじゃあ、米とパンを食べる割合が、炊飯ジャーとホームベーカリーの所有割合と同じぐらいかと言えば、そんなことは無いような気がする。(米は白米、パンは食パンで考えるとして。)

朝は基本的に食パンってひと多いでしょ?

家庭があって夜は毎日白米って人は、ほぼ100%炊飯ジャーを持っている。家庭があって朝は毎日食パンって人でも、意外とホームベーカリーは持っていない。

不思議ですな。

知らず知らずの思いこみがあると思うんです。米は炊くもの、パンは買うもの。炊飯ジャーで白米を焚くのは簡単、ホームベーカリーで食パンを作るのは面倒。

自分も実はそういう考えでした。考えというか、そういう事に思いを巡らすこともなく、自然な事として何の疑問も持たず、白米を炊き、食パンを買っていたってこと。

小麦価格が暴騰して食パンも値上がりした。連れて、製粉会社や食品会社も値上げし、スーパーの店頭価格も上がった。連日ニュースになってヒーヒー言っている消費者がテレビに出てきた。麻生首相にカップラーメン一個いくらですか?なんて聞くオバカな議員まで登場した。

小麦などのコモディティーが上がって利益が増える企業の株を買って儲けた。食品インフレのヘッジだなんて喜んだりもした。

そこでハタと思ったわけですよ。

あれ?なんで食パンは買うの?

食パンって、白米と同じで主食であって、そういうベーシックな物は自分で作れば安いんじゃないの?ベーシックなんだから作るのだって白米と同じで簡単なんじゃないの?毎日買った白米を食べる人は少ないのに、毎日買った食パンを食べる人が多いのはなぜなの? それでホームベーカリーを買ったのが1年ほど前。

実に良い。とても良いです。なぜもっと早く買わなかったのかと過去を悔やむ程良い。

ホームベーカリーで食パンを作った場合、一斤の値段はだいたい80円~100円。どういう小麦粉を使うかによる。味の方は、スーパーで買う食パンなんかアホらしくて食べられなくなる。うまいパン屋で買う250円とか300円ぐらいの食パンですな。

米と同じで高い小麦粉もあって、高い小麦粉は確かにうまい。

発酵にイーストを使うのだが、これにもグレードがいろいろある。いわゆる「天然酵母」を使うとコストはグンと上がるけど、味もグンと上がる。

高い小麦粉と天然酵母でシンプルな食パンを作ると、一斤200円ぐらいにはなる。小麦粉より酵母が高い。これは80円のものよりもっともっとうまい。

材料は、小麦粉、水、酵母、塩、砂糖。これだけ。

バターや牛乳を使えばリッチな食パンができてこれまたうまい。だけど、そういうリッチな食パンは、言ってみれば毎日炊き込みご飯を食べているのと同じなので好きじゃない。

作るのは簡単。材料を入れてスイッチ押すだけ。手を濡らす必要がない分、白米を炊くより簡単ですな。もちろんですけど、食パンじゃなくて、何かファンシーな菓子パンを作る場合は別ですよ。

ホームベーカリー自体の価格は1万5千円円ぐらい。炊飯ジャーと同じ。

ってことで、声を大にして言いたい。

毎日白米を食べるなら電気炊飯ジャー。毎日食パンを食べるならホームベーカリー。普通に考えればこれが自然だから、ホームベーカリー持って無い人、買うべきですよ。

Panasonic ホームベーカリー 1斤タイプ SD-BM101を買ったけど、1年前なのでもう型落ちしてる。アマゾンでは直接売っていないので高い。新型はSD-BH102。新しいのは米粉からもパンが焼ける機能が付いているらしい。楽天市場との価格比較になるけど、だいたいアマゾンの方が安い。アマゾンは送料が無料だからね。

よもやま話(投資以外の話題)
グルメ ホームベーカリー 家電製品

2009/02/13 12:12

paperboy&co.ペーパーボーイ、ストック型ビジネス、株価はこなれた

~ 成長力のあるストック型収益銘柄で配当利回りは5%以上、不景気も関係ないのは魅力的。 ~

paperboy&co.の決算。

平成20年12月期 決算短信(非連結)

レンタルサーバーとドメイン管理というストック型ビジネス。プラス成長力があって文句無し。

前期の数字。売上+24%、営業利益+25%、経常利益+18%、純利益+18%。今期の計画数字。売上+17%、営業利益+17%、経常利益+24%、EPS+21%。

今期の計画数字には裏付けなんて何もない。レンタルサーバーとドメイン管理、しかも個人や自営業規模の小さなところをメイン顧客としているわけで、まあこれぐらいは新規申し込みと解約があるんじゃないか、っていう会社の希望数字になる。

レンタルサーバー業界全体の足下の状況とか伸び率予想とか、もちろんそういうビジネス環境を前提に考えてはいるはず。

200902132.gif投資家としては、レンタルサーバーやドメインが増えるのか減るのか、ペーパーボーイの業界での位置付けはどうなのか考え、とりあえずペパボの契約件数の推移グラフを眺めて、ああだいたいこういう感じなんだろうなあと推測する。

個人的にはペパボは強いと思う。なぜなら自分の周りでもペパボの勢力は強い。つまり、個人や中小零細企業がウェブサイトを作ろうと思う場合、とりあえずは格安レンタルサーバー&ドメインを考える。

その時、間違いなくペパボが候補になる。そして選択される事が多い。これはとても狭い自分周辺世界限定の話ではあっても実感であり現実。

GMOインターネットグループにはGMOホスティング&セキュリティーというレンタルサーバー屋があるけど、こちらはイマイチ。位置づけとしては、格安ではなくそれなりの高級サーバーを主体としている。

レンサバはいいんだけど、それ以外にセキュリティー分野などにも手を出して、そちらがストック型ビジネスを壊している感じ。

その点、ペーパーボーイはレンタルサーバーとドメインが100%で、100%ストック型ビジネス。これはいいですな。

200902133.gif株価はIPOでバカみたいな値段を付けた後、予想通りの暴落。十分安くなりましたな。

自己資本比率が41%だけど、実質的には70%近い。BSの前受金はお客さんが年払いとかで前払したものだから。現金(+同等物)が前受金+預り金より少ない場合、あ、お客さんが前払した金を既に使ってるじゃん、って事で、個人的にはそういうのは嫌いです。特にこういうストック型ビジネスの場合はね。ペパボにはそういう事はなし。

今期の配当は100円の計画で、配当利回りは5.5%。ストック型ビジネスでこの利回りは高いですな。

世界の不景気も日本の不景気も関係ない。

買ってもいいんじゃないですか?

ハイテク・IT・テクノロジー
paperboy&co. ストック型 ペパボ ペーパーボーイ レンタルサーバー 配当 高利回り

2009/02/13 12:12

インフォマート、値上げにも関わらず期待した程利益が伸びない

~ 小粒なIT関連企業が国内頭打ちで海外進出する時、株価も頭打ちすることが多い。 ~

インフォマートの決算。

平成20年12月期 決算短信(非連結)

200902135.gif前期の数字。売上+13%、営業利益+6%、経常利益+6%、EPS-3%。今期の計画数字。売上+19%、経利+9%、EPS+12%。

以外と利益が伸びない。システム使用料の値上げもあり利益の伸びを期待していただけに残念ですな。

海外展開を始めるために子会社を設立して、その為の費用等を見込む。それもあって中間期では増収減益計画。下半期で取り返して、上のような通期予想数字。

200902134.gifFoods Info Martの利用企業数の推移。伸びてはいるものの、伸び率は鈍化。こういう企業の場合、いちばん美味しい時期は利用企業数が二次曲線の状態の時なのは知ってのとおり。

国内市場が一杯になってくると海外に出たくなる。そしてそれはほとんどの場合うまく行かない。特に小型の成長企業がそういう事をすると難しい。大企業がだんだん海外に出ていくのとは違いますな。

海外展開がうまく行くこともあるけど、投資的にはうまく行ったことを確認してからでも全然遅くない。うまく行くまでに国内がダメになって株価は下げ、国内が横這いで落ち着いたぐらいに海外がうまく行き始め、株価も連れて上がってくる。

利益は予想通り伸びない。国内が一杯で海外進出。

インフォマートは厳しい。

ビジネスサービス
インフォマート

2009/02/13 11:11

ダヴィンチ、特損で絶頂下方修正、金子社長の言葉が聞きたい

~ 自己資本比率が低いのはファンド連結のため、フィービジネスで倒産の可能性は低い感じ。 ~

ダヴィンチ・ホールディングスの下方修正。

特別損失の発生及び通期業績予想の修正に関するお知らせ

絶頂下方修正ですな。

株価は既にこんな事は折り込み済み。3500円の株価なワケですからね。

最後まで強気だった金子社長、今の考えを聞いてみたいものですな。

ところで、ダヴィンチの自己資本比率が一桁と低いので倒産するかと心配するのはナンセンス。ダヴィンチのBSはファンドなんかも全部連結されていて実体を表していない。ダヴィンチの自己資本比率は十分高いし、基本的にはフィービジネスなので倒産はないんじゃないですか?

ダヴィンチに限らず、不動産ファンドバブル時の会計制度の変更(ファンド連結)でBSが実体を表していない会社はある。それは考えないとね。

不動産・マンデベ・流動化
ダヴィンチ・ホールディングス ファンド 不動産 流動化

2009/02/13 11:11

物語コーポレーションの1月月次、既存店、全店共に変らずに順調

~ フォーカスしている中華とお好み焼き部門は好調に100%超え、全店売上も30%以上の成長。 ~

200902136.gif物語コーポレーションの1月月次。

平成21 年6月期 1月度 月次売上高前期比(速報値)及び店舗数のお知らせ

既存店は力を入れている中華部門とお好み焼き部門は順調に100%超え。中華部門105%、お好み焼き部門105.3%。

全店は131.3%。好調と言えましょう。

外食・レストラン・居酒屋
お好み焼き ラーメン 外食 物語コーポレーション

2009/02/13 11:11

穴吹興産、今時資産増やす不動産屋、棚卸資産の減損はないらしい

~ 穴吹興産だけが減損を計上しない理由が見つからない、自己資本比率9%まで低下で大丈夫? ~

穴吹興産の中間決算。

平成21年6月期 第2四半期決算短信

今時資産を膨らますとは珍しい不動産屋ですな。販売用不動産+仕掛販売不動産は前期末の330億円から390億円に18%の増加。

自己資本比率は9%台まで低下。

中間時点では赤字でも通期では黒字転換する計画。

にわかに信じがたい。穴吹興産は棚卸資産の減損も計上していないし、するつもりも無いらしい。どこの不動産屋も減損の嵐なワケだけど、穴吹だけそうならない理由が見つからない。天才的な仕入をしてきているって事ですか?

株価はそんなはず無いですよ言っていませんか?

不動産・マンデベ・流動化
マンション マンデベ 不動産 人材派遣 穴吹興産

2009/02/11 11:11

ミネルヴァの月次は強い、ライフスタイル系スポーツが市民権を得る

~ ユニクロでもソフト系スポーツファッションは勢力を増している、これは社会の流れでしょう。 ~

ミネルヴァ・ホールディングスの1月月次数字。

Eコマース(インターネット通信販売)月次速報(平成21年1月1日~1月31日)

200902112.gifなんだか立派な数字が並んでいます。売上高は126.8%、出荷件数は135.7%、会員数は125.5%。全く衰えませんな。

1月期末なので2009年1月期が終わったわけで、通期でも売上は+30%ぐらいはいったでしょう。

スポーツ・アウトドア用品小売りの業績が良いことは何度も何度も書いている。健康志向とかメタボとか流行りとか、なんだかいろいろ要因はあるのでしょう。けど、この不景気の風をこらえられるほど強いのか、非常に怪しい、と考えた。

そういう事で、ミネルヴァ(ナチュラム)は既に外した。株は安いのだけど、業績がグングン悪化すると思ったわけ。

出てくる数字はそういう勝手な考えとはずっと正反対。

もう一度考えてみた。

アパレル小売りでは一人勝ちのファーストリテイリング。ユニクロ店舗を思い出すと、そう言えば以前とは違うと感じる点がありませんか?

そう、スポーツ系ファッションの衣料が増えている。吸汗・発汗に優れたテロテロした生地で作られたさらっとしたやつですね。

以前はこの系統の服はユニクロには無かった。いつ頃から店頭に並びだしたのか全然記憶にないが、徐々に大きなストアスペースを占めるようになってきていると思うんです。

単にファッションとしてスポーツ系アパレルを着る人をターゲットにしているのか、それとも実際にスポーツをする人をターゲットにしているのか、まあどっちでもいい。大切なのは売れているから増えているって事。

スポーツと言ってもハードなものからソフトなものまでいろいろある。少なくともユニクロで売っているものにはハードなものはない。ハードとは例えば野球とかサッカーとか、ラグビーとか。つまり、体育会系。

ソフトなものはジョギングとかヨガとかスポーツジムとか。つまり軟派系。いや、体育会系の反対で軟派系はふさわしくないでしょうな。ライフスタイル系とか呼ぶ。

そういうライフスタイル系スポーツ衣料がユニクロには並んでいる。で、売れているらしい。

なるほどね、スポーツと聞くとどうしてもハードなものを思い浮かべてしまうが、それは発想が貧困だし間違っている。メタボの人や健康志向の人がハードなスポーツをする事は少ない。世の中皆さん楽しみながら運動して健康で若々しく過ごしつつスポーツ仲間と楽しみたい。

私もスポーツジムに行っているのでこれはよく分かる。昼間のスポーツジムはリタイアした人達の社交場みたいになものですよ。

ナチュラムに関して四季報では、「釣り具・アウトドア、健康・美容関連商品販売が想定超」とありますけど、これにしてもうねりは同じ。

200902113.gifで、ナチュラムの株だけれど、業績の好調さに関わらず上がっていない。(そういう点ではナチュラムを外したのは正解でしたが。)

売上は増えても利益が伸びないのはミネルヴァの一番ダメなこところ。利益を伸ばそうとすれば売上が伸びない。なぜならネットで買物する消費者はすぐに1円でも安い方へ向かう。特にナチュラムなんかで売っているものはどこでも売っているものも多く、楽天で検索して一番安いところで買うだけ。

そういう事もあって、結局株としては魅力があまり感じられない。しかし株が安いことだけは間違いないでしょう。

専門小売銘柄
アウトドア スポーツ ナチュラム ネット通販 ミネルヴァ・ホールディングス

2009/02/11 11:11

アセット・インベスターズ、35億の転換社債償還で13億儲けるとは立派

~ 古川さんなどからの増資で償還資金は確保、「マーチャントバンク」は社債償還でさえチャンス? ~

アセット・インベスターズが転換社債の買入償却。

転換社債型新株予約権付社債の償還または買入の完了に関するお知らせ

うまいこと行きましたな。無事に早期償還できることのなったわけで、まずはおめでとう。このために増資したわけであって、当たり前と言えば当たり前。

これに伴い、発行残高と上記買入総額との差額約13 億円を、社債償還益として当第4四半期に計上する見込みです。

経常損失が85億円の計画なので13億円の償還益はそれなりにいいんじゃないですか?キャッシュは入ってきませんが。

35億円の転換社債を償還して13億円も儲けるんですからね、さすがマーチャントバンクですな。

不動産・マンデベ・流動化
アセット・インベスターズ ファンド 不動産 企業ファンド

2009/02/11 11:11

丸誠の3Qは順調、現金価値割れと5%真ん中以上の配当だけが頼り

~ 不景気と不動産マーケットの悪化でビジネス環境には向かい風しかない、拠り所を忘れずに。 ~

丸誠の第3四半期決算。

平成21年3月期 第3四半期決算短信

業績は横這いで順調。

流れとしては苦しいのは間違いない。企業業績の悪化と不動産マーケットの悪化は当然ビルメンテナンスの価格にもプレッシャーになる。空室率はじわりじわりと上昇しているわけで、賃貸屋さんもビルメンテナンス費用を安くしたいのは当たり前。

200902111.gif向かい風はあっても追い風なんて一個もない。

結局、現金価値割れまで叩き売られることと高配当利回りだけが頼り。具体的には、配当利回りで5%台真ん中ぐらいになり、現金修正BPS420円を大きく下回る状況になれば買ってもいいかなって事ですね。

チャートで言えばまさに前回の底値付近になりましょう。

不動産・マンデベ・流動化
PBR ビルメンテナンス 不動産 丸誠 配当 高利回り

2009/02/10 16:04

コスモイニシア、160億の評価損、財務制限条項でヘタすれば倒産

~ 財務制限条項に抵触し倒産した会社は多い、短期売買するか近寄らないのが賢明。 ~

コスモイニシアの第3四半期決算。

平成21年3月期 第3四半期決算短信

酷いですな。棚卸資産評価損を160億円計上。これは売上原価なので営業損益段階で大赤字。しかし仮に評価損が無いにしても営業利益しょぼしょぼであることは間違いない。

新規マンションの売上総利益率(※)が前年同期比7.5%低下の17.2%、戸建住宅の売上総利益率(※)が同9.0%低下の5.3%となるなど、収益性が悪化した

最近のマンションの値引きは凄まじいものがありますな。3000万ぐらいのマンションでも1000万円引きぐらいの勢いはある。当然利益率はがくっと下げますよ。

しかし、マンションがそれだけ叩き売られれば投資物件としていよいよ魅力が出てくるのかも知れない。実際、投資マンションを売る会社の業績は良いところも結構あります。投資マンションと言っても、ファンドなんかに一棟売りしているのはダメ。個人投資家向けの投資マンションですな。

コスモイニシアでも悪くない様子。

投資用不動産(マンション・オフィスビル)やリノベーション・コンバージョン物件の販売におきましては、不動産投資市場が大幅な調整局面を迎える中、前年同期を上回る販売実績となりましたが、一方で新規マンション・戸建住宅の引渡戸数が前年同期比大幅に減少いたしました。

不動産管理事業は当然ながら順調。賃貸事業も順調。

で、全体としてはボロボロ。大赤字で株主資本比率は4%まで低下。一桁はまずいですな。BSを眺めればいつ倒産してもおかしくない。

継続疑義の注記がつくのは当たり前。

継続企業の前提に関する事項の注記についてのお知らせ

当連結会計年度末において当社が複数の金融機関と締結しているコミットメントライン契約(平成20 年12 月31 日現在の借入残高355億円)をはじめとした各シンジケートローン契約の財務制限条項に抵触する見込みであります。

財務制限条項の詳細は見ていないけど、どこの不動産屋も似たり寄ったりの内容。つまり、ある条件を満たさない場合は耳を揃えて借金返してね、っていうもの。ある条件というのは、黒字だったり株主資本比率だったりそういうもの。

先日倒産した日本綜合地所の場合も財務制限条項に抵触しましたな。つまり、倒産の引き金としては十分ってこと。

君子危うきに近寄らず。

不動産・マンデベ・流動化
コスモイニシア マンション マンデベ 不動産 継続疑義

2009/02/10 16:04

プロシップ、受注状況は引き続き良くないが横這いでさえあれば

~ 業績の悪さは十分織り込まれている、受注横這いと6%を超える配当利回りがあれば良い。 ~

200902102.gifプロシップの第3四半期決算。

平成21年3月期 第3四半期決算短信(非連結)

受注の状況は相変わらず悪い。これは予想以上い悪い状態が続いていると言えましょう。

200902103.gifとりあえずこの悪い数字は1Qからずっと同じなわけで、株価には十分織り込まれているはず。ここからさらに受注数字が半分になるようだとどうにもならないでしょうけど、ここで横這いを保ってくれたらいいんじゃないかと。

高利回りは相変わらずですねえ。

ハイテク・IT・テクノロジー
IT システムインテグレーション パッケージソフト プロシップ 会計ソフト

2009/02/10 16:04

物語コーポレーション、中間期は好調ながら通期上方修正はなし

~ 会社は不景気を前提に慎重になっている、投資家は月次を確認しながら慎重に投資したい。 ~

物語コーポレーションの第2四半期決算。

平成21年6月期 第2四半期決算短信(非連結)

売上高+16%、営業利益+23%、経常利益+26%、純利益+19%。予想通りの順調さ。通期計画数字は変更無しの売上+15%、経利+12%、EPS-13%。EPSのマイナスは前年が特別で問題なし。

200902101.gif通期上方修正を期待していた人も多かったかも知れません。慎重さを重視しているのだろうけれど、さすがにこの景気悪化スピードを目の当たりにして企業としても強気になれるはずもなし。

投資家としては月次数字を確認しながら慎重にってことになりましょう。

恐いのは公募増資じゃないですか?出店意欲はまだまだ強いわけで、自己資本比率21%は何とも心許ない。株価が上がれば増資したいはずだと思うんです。

外食・レストラン・居酒屋
お好み焼き ラーメン 外食 小麦 物語コーポレーション

2009/02/10 15:03

ビジョンメガネ、予想通りの上場廃止へ、資金調達はどうなった?

~ 予想通りの上場廃止、ところで上場廃止を即開示しないのは上場会社として無責任ですよ。 ~

ビジョンメガネが上場廃止に。

上場廃止等の決定に関するお知らせ

何度もビジョンメガネの倒産・上場廃止の危険性を書いてきましたけど、予想通りの上場廃止ですな。

ところで、資金調達できそうだとかいう発表もあった。どうなったんでしょうなあ。

ジャスダックが上場廃止を発表したのが2月6日の金曜日。ビジョンメガネが上場廃止を適時開示に載せたのが2月9日(月)の午前10時。

それってどうなんですか?

上場廃止は投資家にとって重要すぎるぐらい重要な情報ではないですか?決まったら即開示するのが普通というか上場会社の責務というか何というか。

もう上場廃止になるんだしどーでもいいって事ですか。

倒産・上場廃止
ビジョンメガネ 上場廃止 眼鏡

2009/02/10 15:03

リサパートナーズの優先株はMSCBみたいなエグイものではない

~ バフェットが買ったGSやGEの優先株と同じ類、希薄化は大きいが資金の出所は怪しくない。 ~

リサ・パートナーズの下方修正と優先株発行。

特別損失の発生および通期業績予想の修正に関するお知らせ

投資有価証券評価損を76億円も計上。純利益40億のところへこの特損で、当然ながら大赤字に転落。純損失は22億円の予定。

保守的な見地から、当社が不動産共同投資事業において投資をしてきた不動産保有会社に対する全ての投資持分(不動産保有会社のエクイティの一部)の簿価を見直すことといたしました。

200902104.gifこの説明と右図から分かるとおり、特損を計上するのは出資している不動産保有会社の分だけ。自己投資している不動産や企業投資の部分の資産は毀損していないと。

それから優先株発行による増資。

業務資本提携、第三者割当による優先株式の発行及び定款の一部変更に関するお知らせ

内容を簡単にまとめると、発行総額は40億円、割当先はNECキャピタルソリューション。NECキャピタルソリューションは37%をNECが持つNECの持分法適用関連会社。優先株への配当は2%。

優先株は39,000円で普通株を取得できるので、全部転換されれれば35%の希薄化になる。その場合、リサは25.7%をNECキャピタルソリューションに握られ、持分法適用関連会社になる。転換期間は2009年4月1日~2013年3月29日。

200902105.gif希薄化が大きいので株は売られるでしょうな。今のマーケットでこれは厳しい。

しかし、個人的に、この増資は嫌いじゃないですね。どちらかと言えば好感が持てると思うんです。

まず第一に、これはMSCBではない。MSCBって言葉はどうでもいいんだけど、よくある、株価が下がれば転換価額がどんどん下方修正され、どんどん希薄化が大きくなるやつですな。例えば、今はダヴィンチのMSCBの転換価額が猛烈に引き下げられているところ。

今さらながら、MSCBのような株主の利益を120%無視したバカげた増資は許せないわけで、リサの今回の資金調達はそれとは違う。

ゴールドマンサックスやGEが昨年優先株をウォーレン・バフェットに割り当てましたが、基本的にこれらと同じ。

ゴールドマンサックスの場合は確か利回り10%で、GEは15%(10%だったかな?)。割り当ての時よりだいたい10%ぐらい低い価格で普通株に転換できるってやつですね。

調達資金の使途。

本新株発行により調達する資金は、本提携の目的に資する各種戦略的投資へ機動的に充当していく予定です。具体的には、案件の増加が予想される債権投資や企業向けのエクイティ投資等に充当する予定です。

平成21年4月以降において、事業機会を慎重に検討し戦略的に支出することを予定しております。当社は、本優先株式の差引手取概算額を上記資金使途に充当するまでの間、当該額を当社銀行口座にて管理し、他の資金使途に充当することはございません。

借金返済とか運転資金とか、そういうもののための調達ではないって。あくまで事業拡張。悪くないんじゃないですか?

NECキャピタルソリューションは訳の分からない資金源じゃないのも良いです。パシフィックなんか中国のナンチャラから資金調達しようとして会社を乗っ取られた。そう言うと言葉が悪いし怒られるので訂正して、資金調達が予定通り進んでいない。

不動産会社に限らず資金的に厳しい会社は、何だか怪しいところからばかり資金を引っ張ってくる。それは当然で、まともなところが資金を出してくれないから。その点、今回のリサの資金は出所がおかしくなくはっきりしていて安心。優良と言えましょう。

これだけの損失ながら配当1500円は変更無し。ま、特損でキャッシュアウトがあるわけでもないので配当に無理は無いのでしょう。

思うに、景気が回復し、不動産マーケットが復活するときにトップグループで活躍するのがリサなのでは無かろうか。

不動産・マンデベ・流動化
リサ・パートナーズ 不動産 企業ファンド 投資銀行 流動化

2009/02/10 15:03

ユビテックの株式分割、ストップ高は古き良き時代の再現か?

~ 業績が良くて株価が上がる自信があるときに企業は株式分割をするもの、そうなるのか? ~

ユビテックが株式分割をすると。

株式の分割に関するお知らせ

株式分割は業績が良くて株価が上がる時にするもの。さらに大切なのは、これからも業績好調が十二分に見通せて株価は上がることに企業が自信を持っている時にするもの。

ユビテックはそういう状況なんですか?

平成21年6月期 第2四半期決算短信

とてもそうは思えませんな。それとも業績に影響する何かがあるのでしょうか?

ユビテックはインターネット総研の子会社。インターネット総研はオリックスの子会社。インターネット総研(IRI)は2007年6月にマザーズから上場廃止になった。覚えている人も多いでしょう。

IXIという業績が非常に良い会社があって、それがインターネット総研の子会社だった。しかしIXIの業績好調は全て嘘っぱちで循環取引(だか何だか)の粉飾決算だったわけ。重大な虚偽で、IXIは上場廃止になった。

とばっちりを受けたIRIも上場廃止、っていうような形にはなっているものの、同罪でしょうな。

話がそれたが、株式分割。

株価は5万円ちょっとなわけで、とうてい株式分割が必要なわけはない。

分割発表で株価はストップ高している。いつか見たような光景ですな。その昔、分割で株価は何倍にもなった。ライブドア以前の古き良き時代・・・。

ま、急騰して急落しておしまいですな。

いい加減にしてよ
IXI インターネット総合研究所 オリックス ユビテック 携帯電話

2009/02/09 10:10

個別銘柄ウォッチ(2009/2/9)

~ ディフェンシブを整理、役目を終えた配当株を整理、成長株の業績は良い、セクター定まらず。 ~

200902091.gif

200902092.gifGMOペイメントゲートウェイは第1四半期決算を発表。業績数字についてもビジネスファンダ面でも追い風と言えましょう。株価も順調に上げてきている。

バンクテックは今週13日に決算発表ですけど、どうも不安感が強い。利益押し上げの要因はあるものの、それ以上にビジネス環境が厳しいのではないか?結局のところ、この不景気での企業のコストカット、設備投資先送りにどこまで抵抗力があるのかという点に尽きる。マーケット的には今期の増収増益を期待しているのでしょう。減収減益予想であれば大きく売られ、そこそこ増収増益では下落、予想以上の増収増益で上昇ぐらいですか?それじゃあ魅力がない。

200902093.gifユニ・チャーム ペットケアのレーティング。ゴールドマンサックスは据え置きの買い、日興シティは据え置きの買で目標株価は4000円。強気レーティングは好きじゃない。

ぐるなびが第3四半期決算を発表。可もなく不可もなく、順当な決算内容ですな。

インフォマートは今週12日が決算発表。

タビオは1月月次が発表されています。適時開示サービスを使っての発表はなぜかしないので忘れやすいですな。既存店は12月に引き続きのマイナス。客単価が11%も上がってのマイナスなので、数量減は大きいんじゃないですか?

200902094.gif伊藤園の1月月次の数字は悪くない。高配当を取りながら来期業績回復で気長に。

丸誠の第3四半期決算発表は今週でしょう。現金修正PBRで1.2倍、配当利回りで4.3%まで戻したのでとりあえず決算前に終わりにしたい。今期も横這いで行くのだろうけれど、とりあえず高利回り・低PBRとしての役割は終えた。

200902095.gifビーエスピーは第3四半期決算を発表。安い。

日清オイリオの第3四半期決算。予想通りの数字で驚きはなし。食用油の在庫が増加しているのは需要が弱いから。原材料価格の下落で製品値下げ圧力も強まる。綱引き状態。

ファーストリテイリングの1月月次。アパレル小売り各社は羨望のまなざしを注いでいるに違いない。

三菱東京UFJファイナンシャルは第3四半期決算が発表された。数字はどうでもよいですな。そういう事が問題なのではなくて、アメリカの金融機関がどう救済されるのか、それと連動するだけ。金融をどうにかするのはオバマの使命であって、三菱UFJは日本のオバマ銘柄。

オオゼキは十分な水準。下がれば買い戻しは確実。とりあえずは他にもっと魅力的な銘柄があるのでそちらへ。

見落としていたがユニバースの1月月次。順調。ユニバースの月次は適時情報開示されない。ついうっかりしますな。

神戸物産は急騰。もう終わりですな。食品スーパーというディフェンシブ株がこういう動きをしたら売り切る。神戸物産の場合、売られすぎていたこともあり戻り幅は十分。指標的にも十分なところまで来たわけで、ここからは他にもっと魅力的な銘柄へ乗り換えたいですね。

マクドナルドを外す。徐々にディフェンシブ銘柄を少なくしていく一環。一番ディフェンシブ性が低いマクドナルドを最初に。

マックスバリュ東海を外す。マックスバリュ東海、ベルク、ユニバース、どれもでいいのだけど、3つは多いので2つにするだけ。マックスバリュ東海は何も悪くない。

ディフェンシブ銘柄としてKinder Morgan Energy Partners LP (KMP)を採用。

トレーディング銘柄としてUltra Financials ProShares (UYG)のオプションを採用。UYG Mar 2009 4.0000 call (UUFCD.X)。3月限の$4コール買い。理由は簡単で、オバマ政権の景気刺激策と金融機関救済策が内容はどうあれ決まる。金融機関をなんとかするのは嫌でもオバマの使命であって、発表でアク抜けするかも知れない。そうじゃなくても猛烈に売り叩かれたアメリカの金融機関株はいつドカンと反発してもおかしくない。ProSharesでレバレッジがかかったものにさらにオプションでレバレッジをかけて狙う。

ゲームプラン・投資戦略
GMOペイメントゲートウェイ UYG ぐるなび インフォマート バンクテック ユニバース 神戸物産

2009/02/08 16:04

駐車場の稼働率は戻らない、景気が回復するまで淡い期待はなし

~ パーク24の西川社長の言葉で稼働率の低さを確認、駐車場ビジネスはまだまだ厳しい状況。 ~

パーク24の月次と株価の動きを見るにつけて、駐車場の稼働率は下げ止まったのかも知れない、と一瞬考えた。

パーク24の西川社長によると、稼働率は全然戻っていない。パーク24の社長がそういうのだから間違いないでしょう。

景気が良くならなければ稼働率も上がらないのは当然なワケで、あまり変な期待はしない方が無難ですな。

2009/02/08 日本経済新聞 朝刊

パーク24社長西川光一氏―駐車場も電気自動車対応に

 ▽…「不動産市況の低迷で恩恵を受ける面もある」と駐車場最大手、パーク24の西川光一社長は話す。着工が延期されたマンション建設予定地などの有効利用策として時間貸し駐車場が見直されているからだ。売上原価の大半を地代が占めるビジネスだけに土地保有者との賃料交渉で優位に立てるのは大きい。

 ▽…もっとも企業活動やレジャー消費の停滞による交通量の減少は痛手で「ガソリン価格が落ち着いても稼働率は戻っていない」。消費者のクルマ離れが言われる中で期待をつなぐのは電気自動車などの新技術。普及が進めば「八千五百カ所の駐車場すべてに充電装置を備えることも検討する」と意欲を見せている。

消費者サービス
パーク24 駐車場

2009/02/08 16:04

30%損失で償還される2年前のランド債、SBI証券はランドMMFを用意

~ ランド債を買った人、SBI証券、両者にメリットがあるランド建MMFの取り扱い開始。 ~

SBI証券が南アフリカランド建MMFを始める。

2009年2月以降に償還を迎える南アフリカ・ランド建債券をお持ちのお客様へ

このMMFの利回りは今のところ8.128%。MMFなので利回りはどんどん変るものの、高配当であることは間違いない。

ランドに投資するのであれば何もMMFではなくてFXで十分じゃん、って思う人も多いでしょうな。それはその通り。MMFで外貨を持つなんてナンセンスなわけで、どう転んでもFXに決まってます。

今回のSBI証券のランドMMFは、ランドに投資したい人に用意したものじゃない。これは2007年2月に売った南アフリカランド建利付債の償還に合わせたものですよ。

200902084.gifチャートをご覧の通り、2007年2月からランド暴落している。

もともとランド債の償還は日本円での受取りとなっていた。だからもし今回のランドMMFがなければ償還と同時に損が実現することになる。ざっと46%の為替差損で、16%ぐらいの配当を受取っているので、単純に差引で30%ぐらいの損が出る計算になりますな。

細かい計算は別として、いずれにせよそれなりに大きな損ですよ。

ここでランドMMFがあればランドのままで8%の運用を続けられる。損した人も心休まるんじゃないですか?そしてSBI証券からは顧客資金の流出が無くていいんじゃないですか?

償還金を円で受取って出金する人はおりますまい。ほぼ100%の人がランドで受取ってそのままMMFに預けるはず。

ランド債買った人にもSBI証券にも優しいシステム。

って言っても損は損で、ランド債買った人は残念でしたね。

FX・為替
FX MMF 債券 南アフリカランド 外貨

2009/02/08 16:04

クリエートメディック、医療器具のディフェンシブで高配当は安心

~ 過去10年の業績でディフェンシブさがよく分かる、4%以上の配当を出す医療銘柄は魅力的。 ~

クリエートメディックの決算。

平成20年12月期決算短信

200902083.gif医療器具はディフェンシブ。医療器具であれば何でもかんでも需要があってディフェンシブだとは限らない。クリエートメディックの過去10年の業績数字を見れば、クリエートメディックがどうなのか分かると言えましょう。

メイン製品のシリコン製カテーテルがどういうものか大まかに理解するだけで十分だと思う。どのこうのあまり考える必要はないと思うし、考えても仕方ない。

こういう株が配当利回りで4.3%あるなら、不景気相場でのディフェンシブ銘柄としては魅力十分なはず。屁の突っ張りでPERを考えれば10倍以下。

安心を買うのであればクリエートメディックですね。

医薬品・医療品・調剤薬局
クリエートメディック ディフェンシブ 医療器具 配当 高利回り

2009/02/08 16:04

サンマルク、通期計画達成に淡い期待を寄せる相場ではない

~ 外食NO1の企業ではあるもののマーケットが厳しい状況を考え慎重に考えたい。 ~

サンマルクホールディングスの第3四半期決算。

平成21年3月期 第3四半期決算短信

増収減益。減益幅は中間期より拡大。しかしながら通期業績予想は変更無しの増収増益。さてどうでしょうな。12%の増収はいいとして、2%の増益は苦しいかも知れない。

サンマルクは外食企業NO1と言ってもいいぐらい優良ではあるので、4Qのコストコントロールやら何やらで最後はうまいこと帳尻を合わせてくれそうな期待は持てる。

今の景気状況や相場付きを考えれば、そういう淡い期待に賭けるべきじゃないと思うんです。そういう淡い期待が実を結ぶのは景気が良くてイケイケ相場で、多少のマイナス要素なんか完全無視される時だけと考えて間違いはないでしょう。

ところでサンマルクは月次を発表していませんけど、聞けば教えてくれる。少なくとも以前は教えてくれた。今もそうなのだろうか?アナリストのレポートなんかでサンマルクの月次はどうのこうのと書かれていることが時々ある。聞けば教えてくれるからですな。

200902082.gifなぜ資料として公表しないのかと言えば、月次数字は必ずしも業績を正確に表さないので、という事らしい。以前そう言っていた。

ま、確かのそれはそうなんでしょうな。

株価的には十分こなれていると思う。そろりと買いでいいんじゃないでしょうか?

外食・レストラン・居酒屋
カフェ サンマルクホールディングス 外食

2009/02/08 15:03

ぐるなび、3Qは順調、不景気でも外食企業はぐるなびを使い続ける

~ 飲食店がぐるなびをやめるのは覚悟がいるし、やめるにしても最後になるのが大手の強さ。 ~

ぐるなびの第3四半期決算。

平成21年3月期 第3四半期決算短信

順調。売上高+28%、経常利益+31%、純利益+36%。3Q単独では売上+28%、経利+29%、純利+16%。通期計画は変更無しの売上+25%、経利+38%、純利+40%、EPS+39%。

加盟店は順調に増加、販促正会員数の増加もOK。

一番気になるのは不景気で外食は避けられるので、それがぐるなびに影響するかどうかと言う点ですね。

以前の考えをそのまま踏襲したい。つまり、外食企業各社厳しいからこそぐるなびを使わざるを得ないとうい状況ですな。

業績が苦しいからと言って集客努力・経費を切りつめようものなら、それこそ負のスパイラル的に来店客が減ってしまうのでは無かろうか。

一度ぐるなびを使い、ぐるなびクーポンを発行したとしよう。あれって結構使うような気がするけど、幹事さん使いませんか?最低でもぐるなびクーポンが使われている分はぐるなびの集客力の証明。

ぐるなびをやめると言うことは、そのクーポンで来ていたお客さんが来なくなるという事に他ならない。それは飲食店にとってどれだけ恐怖でしょうかねえ?イヤーな汗が出る感じじゃないですか?

全部の飲食店がクーポンを出しているわけではないので、そういう目に見える集客効果がない場合でも、広告宣伝費をカットするのはマイナーな部分からであることは間違いないでしょう。

200902081.gifぐるなび以外でも宣伝広告しているのであれば、まずはそちらのぐるなびより規模が小さく集客効果が小さいだろうところからお払い箱になる。大手になればなるほど最後まで残るので、ぐるなびは一番最後にカットされるのではないですか?

株価は堅調ではありますな。しかし全然安くはない。

ビジネスサービス
ぐるなび インターネット ポータルサイト 外食 宣伝広告

2009/02/07 15:03

アイエーグループ、3Q決算を見て通期業績達成を信じる人が増えそう

~ 通期未達懸念で叩き売られた株は今や利回り10%超でPER3.8倍の低評価、見直されるか。 ~

アイエーグループの第3四半期決算。

平成21年3月期 第3四半期決算短信

大きく増収増益なのは連結子した子会社の業績がプラスされているから。メインのカー用品販売(オートバックス)は既存店ベースで当然の減収。カー用品以外にブライダル事業、建設不動産事業、レンタル・ゲーム事業と手広くて節操が無いわけだけど、どれも黒字なので文句はありますますまい。

中間業績発表時点での通期業績予想と、今回の3Qでの通期予想と数字は変わりなし。でもね2Q時点では通期達成は無理だなって思っていた人が多いと思うんです。3Q決算を見て、通期達成できるじゃん、ってこの株が気になる人も多いんじゃないですか?

そういう2Q時点での考えもあって、株価はPER3.8倍まで売られている側面は間違いなくあるでしょう。今のマーケットではPERなんて屁の突っ張りにもなりませんけど、そうは言っても3.8倍は低すぎかと。

そして配当利回りが4.8%、優待利回りが10%。優待を使わなければヤフオクで売る。額面の60%がせいぜいではあるものの、それでも優待利回りは6%。総合利回りはどうやっても10%を超える水準。

ま、そうはいうものの、カー用品販売というビジネスはつまらないのは間違いなく、そういう点では何も魅力がありませんな。

専門小売銘柄
アイエーグループ オートバックス カー用品 ブライダル 株主優待 配当 高利回り

2009/02/07 15:03

GMOペイメントゲートウェイ、業績数字とビジネス成長、両方OK

~ 業績数字だけではなくビジネスファンダメンタルも文句無し、割安成長株の代表選手。 ~

GMOペイメントゲートウェイの第1四半期決算。

平成21年9月期 第1四半期決算短信

売上高+15%、営業利益+42%、経常利益+39%、純利益+34%。今この出だしは文句無しの数字です。中間計画は、売上+14%、経利+20%、純利+13%。通期計画は売上+15%、経利+19%、純利+13%、EPS+16%。

上方修正があっても全然不思議はありませんな。

今年のクレジットカード取り扱い高については、クレディセゾンの社長の言葉の通り、多少の不安感があるものの、GMOPGのオンライン課金分野の成長は相変わらず。

200902076.gif仮にクレディセゾンの社長が言う通りの状況になったとしても、そのマイナス幅は僅かだろうから、稼働店舗数の増加で十分カバーできると思うんですね。クレジットカード取扱高の減少で店舗当たりの売上高が落ちたとしても、そこはネット企業の強さ、利益率が圧迫されるわけでもない。

継続課金分野では2月から兵庫県尼崎市の水道料金でクレジットカード払いの採用が決定。順調に公共分野で継続課金サービス先を増やしているのはいいですな。この分野は不景気は一切関係なくどこまでも安定的にサービスフィーが取れるわけ。

BSの負債にある預かり金は当然会社の金ではない。オンライン課金サービスの提供先で消費者が買物をしたときの金を一時的に預かっているもの。つまり、これが増えているって事はオンライン課金サービスが増えているってことですな。

この預かり金があるために株主資本比率は見かけ42%と低くなっている。実際には90%以上の株主資本比率。キャッシュフローはジャブジャブでまさにチャリンチャリンと空から金が降ってくる状態と言えましょう。

200902077.gif株価はずいぶん戻した。それでも全然高くはないし、配当利回りも2%もある。2%という数字自体は小さいけど、こういう小型成長株で2%という数字は意外に高い。しかしながら、配当を云々言って買う株ではありませんな。

とりあえず週明けは好決算を好感してそれなりに高く始まるんじゃないですか?

ビジネスサービス
GMOペイメントゲートウェイ クレジットカード ストック型収益 決済サービス

2009/02/07 15:03

三光マーケティング、居酒屋に魅力がないが10%以上の利回りは魅力

~ 現金配当と株主優待で10%超の利回りを取りつつ、30%上がれば売り、利回り10%以下で買い。 ~

三光マーケティングフーズの中間決算。

平成21年6月期 第2四半期決算短信(非連結)

居酒屋はどこも厳しい。三光マーケティングフーズの中間業績も前期比でマイナス。通期は増収増益を計画していますけど、下方修正は覚悟しておいて損はありますまい。

いずれにしても、この景気で居酒屋という外食セクターに投資する理由は見つかりませんな。

唯一魅力的なのは利回りの高さですねえ。配当が1600円で配当利回りは2.7%、株主優待が6000円で優待利回りは10%。合計利回りは12%と超高利回り。優待を使わない人はヤフオクで額面の70%で売ることができるので、その場合でも優待利回りは7%、合計利回りは10%近い。

この利回りをとり続けていればいずれ株価は上がるときが来ますよ。30%も上がれば売ってしまえばいいじゃないですか。そしてまた利回り10%まで下がってくれば買い戻す。

大きく儲からないでも負けはしない投資だと思いますね。

外食・レストラン・居酒屋
三光マーケティングフーズ 外食 居酒屋 株主優待 高利回り

2009/02/07 15:03

伊藤園、原材料価格下落と販管費削減を待ちながら高配当を取る

~ 1月月次数字は悪くない、優先株の配当利回り5.5%、来期の業績回復を待つのは苦にならない。 ~

伊藤園の1月月次数字。

平成21年4月期1月度販売状況(単独・速報値)のお知らせ

1月の売上高は+7%、累計では+2.3%。今4月期の業績計画は売上高+3.4%なので足りてはいませんが、単月7%というのは久しぶりに高い数字ではあります。

200902075.gif売上高はプラス、原材料であるコモディティー価格の下落で原価率改善、販促費や広告費の見直しで販管費率の改善。そういう利益回復につながる要素は十分にある。残念ながら値上げは無くなってしまいましたけど、来期には利益は回復すると思うんです。

優先株で5.5%の高配当を取りながら待っていればいいんじゃないですか?

食品・飲料・日用品
コモディティー 伊藤園 優先株 配当 飲料 高利回り

2009/02/07 14:02

コカ・コーラウエストを長期的に持つならCoca-Cola(KO)が断然良い

~ 日本は人口減、飲料総需要減、世界は人口増、飲料需要増、ならば世界のCoca-Colaが良い。 ~

コカ・コーラウエストの決算。

平成20年12月期 決算短信

今期は利益が回復する計画。回復するでしょうな。

200902073.gif配当の43円は安泰で配当利回りは2.4%あって、株主優待もあるし、需要が無くなることは無いし、株価は底の底だから長期ほったらかしでもいいから買いたい、って人もいるんじゃないですか?

もしそういう理由で買うならやっぱり本家のThe Coca-Cola Company (KO)(コカ・コーラ)の方が断然良い。っていうか、コカ・コーラウエストなんて買っている場合じゃないでしょうね。

200902074.gifKOの配当は$1.52で利回りは3.5%、過去20年間でここまでKOの利回りがここまで高くなったことはなく、14倍を切ったPERは過去10年のPERレンジを大きく下に突き抜けているわけです。

KO by The Value Line Investment Survey

日本の人口は増えない。飲料総需要も伸びない。世界人口は増える。コーラがない地域はまだまだ世界には膨大にありますよ。

食品・飲料・日用品
KO The Coca-Cola Company コカ・コーラ コカ・コーラウエスト 配当 飲料

2009/02/07 14:02

立飛企業、土地持ちの隠れ資産株、信用買残の急増は何かある?

~ 2008年1月から増加を続ける信用買残、月間出来高や不動株数より多く、総株数の11%は異様。 ~

立飛企業の第3四半期決算。

平成21年3月期 第3四半期決算短信

業績数字はどうでもいい。

まれに見る資産持ちの会社だって事は知っての通り。立川にしこたま土地を持っていて、しかもそれはずーっと昔に買ったものなので簿価は低い。そこへビルや倉庫を建てて貸しているだけで、利益率は超高い。この不景気でも絶対に潰れませんな。

200902072.gifこういう立飛企業について既知の事実もどうでもいい。非常に気になるのはこのチャートですな。何かおかしくないですか?

チャートの下にある赤線は信用買残で、直近157万株もある。立飛企業の月間の出来高が10万株ぐらいなわけで、157万株の大きさが分かりましょう。発行済株式数は1400万株で、信用買残はその11%、浮動株は四季報データでは8%で信用買残数より少ない。

信用買残数は異様に多い。

2008年1月に増え始め、2008年9月から激増。もう昔からのことなので気が付いている人は沢山いるだろうけど、自分は今日チャートを見ていて気が付いた。

大量保有報告書によると、エフィッシモキャピタルがずっと買い増ししていて直前の報告書では13%以上所有している。エフィッシモキャピタルは村上ファンドOBの会社と四季報にはある。

信用買残とエモフィッシュの関係なんてあるのかないのか、全然分からん。

それにしても何かおかしな買残増加ではないだろうか?

マーケットの噂
PBR 不動産 村上ファンド 立飛企業

2009/02/07 14:02

アルペンに限らずスポーツ・アウトドア用品小売りは健闘している

~ 不景気を考えれば苦しい業界、健康志向の高まりはそれを補って有り余るのだろうか? ~

アルペンの中間決算。

平成21年6月期 第2四半期決算短信

好調な決算です。

スポーツ・アウトドア用品の小売り各社の業績が良いのは今までも時々言ってきた通り。なぜかよく分からないが、世の中そういう流れがあるのでしょう。

それとも何か人気が上がり調子のスポーツがあって、それだけが健闘しているのだろうか?ゴルフ?決算短信の中でもゴルフについては特に言及があるしね。それに、ゴルフ5の店舗数は179店で全体360店舗の半分ですから。売上的には40%ぐらい。

この辺の部門別にどこが伸びているかはいずれ出る四半期報告書で分かる。

これは前期決算短信の中の記述。

スポーツ・レジャー用品業界においては、平成20年4月から義務づけられた特定健診制度(メタボリック健診)等の追い風もあり、健康志向は一層の高まりを見せており、健康増進を目的としたランニング、ウォーキング、トレッキング市場が拡大するとともに、中高年層を中心にゴルフ需要の拡大が見られました。また、選別消費志向が強まる中において、機能性(吸汗速乾等)を有する衣料の市場が順調に拡大しました。

200902071.gif昨年10月頃からの景気悪化の酷さを考えて、関連企業の中で見てきていたミネルヴァ・ホールディングス(ナチュラム)は外した。

だけど、アルペンの業績を見るにつけて、スポーツ・アウトドア用品はまだいけるのかも知れないと感じませんか?

アルペン月次情報

1月の数字は悪くない。12月の数字も確かに落ち込んではいるものの、それほど酷い数字ではないですな。会社計画の通期数字を前提にすると、下半期は売上+0.8%の計画になる。1月は99.9%なので足りてはいない。

専門小売銘柄
アウトドア用品 アルペン スポーツ用品 ミネルヴァ・ホールディングス

2009/02/06 11:11

日清オイリオ、業績は良いが今後は値下げ圧力と需要減退との戦い

~ 食用油の原材料費は下がったが、在庫が積み上がり、値下げの要請が激しさを増している。 ~

日清オイリオグループの第3四半期。

平成21年3月期 第3四半期決算短信

売上高+28%、営業利益+98%、経常利益91%、純利益2.5倍。計画通りの利益急回復を続けているのはいい。通期業績は修正無しなので、4Qはほとんど利益が出ないことになる。これは毎年のことであって心配には及びません。

第3四半期の経常利益進捗率

2007年3月期 88%
2008年3月期 92%
2009年3月期 95%

この流れから考えれば今期の進捗率は悪くないんじゃないですか?

大豆・菜種・パーム油などの主要原材料コスト負担が増大いたしました。また、資材費、製品・原材料の輸送費、工場の燃料費など石油関連のコスト負担も大きく、当社グループを取り巻く経営環境は厳しい状況が続きました。

これは収まっている。原材料コモディティーの価格はざっくり下げたし、資材費、運送費、燃料費は原油価格なのでこれも下げた。

200902062.gifそういう要素はもう十分すぎる以上に株価には反映されていますよ。

これからは原材料価格の下落で利益が回復した日清オイルには、製品値下げの圧力がジワジワとかかってくることに注意すべきだと思うんです。そして、景気減速の中での外食・中食・内食問わずの需要減退もある。

2009/02/04, 日本経済新聞 朝刊

12月、食用油在庫50%増。

 農林水産省がまとめた昨年十二月の油量生産実績で食用油の国内在庫が九万七千三百トンと、前年同月比五〇%増となった。前年実績を上回るのは六カ月連続。主要品目である大豆油は二割増となり、菜種油は二倍に増えた。景気悪化による外食産業向けの出荷減や輸入品の流入増などが影響した。

2009/01/20, 日本経済新聞 朝刊

食用油が一段安、業務用大豆・菜種、前月比8%下落――外食向け需要減る。

 業務用食用油が一段と値下がりしている。主力品の大豆油と菜種油の一月分は、レストランやスーパーが使う中・小口の斗缶品(十六・五キロ)がともに前月比八%下落した。国内景気の悪化で、外食店などの需要が減少したことが大きい。食用油は昨年十一月に約三年ぶりに値下がりしたが、需要低迷は長引く見通しで、価格下落が続く可能性がある。  大豆油と菜種油の斗缶品の価格は毎月決める。商社や問屋の一月分の元卸価格はともに一缶三千九百円が中心となった。昨年十二月分は四千二百五十円が中心だった。現在の価格は昨年三月ごろの水準に戻った形だ。

 国内景気の冷え込みで消費者の財布のひもが固くなっている。外食需要の減少をにらんで関連企業が食用油の利用を減らしているのが大きな背景だ。大豆、菜種油のほか、米油などを含む食用油はメーカー在庫が全体的に積み上がっている。

 在庫は直近のデータである昨年十一月まで前年同月比で五カ月連続で増えた。メーカーは在庫処分を迫られ、出荷価格を引き下げた。先安観を抱いた問屋も在庫圧縮を急いだ。  大手食用油メーカーの営業担当者によると、スーパーや外食店では、コスト削減のために「油を可能な範囲でぎりぎりまで使用したうえで廃棄している」という。

 大豆油は昨年十一月に、二〇〇五年十月以来となる値下がりを記録した。原料大豆の国際指標となるシカゴ商品取引所の先物価格が昨夏から急落し、買い手が値下げを強く求めたからだ。シカゴ相場の下落は十二月まで続いたため、値下がり圧力となった。

 大手メーカーの見込みでは、今年前半の業務用の出荷量は前年同期に比べ一割減る。二月は不需要期に入るため、流通企業は「一層の下落は避けられない」(都内の問屋)とみている。

 ただ、外食せずに自宅で料理する人が増えたため、家庭用の製品出荷は堅調という。

食品・飲料・日用品
コモディティー 大豆 日清オイリオグループ 食品 食用油

2009/02/06 11:11

三菱地所が藤和不動産を100%子会社化、藤和不動産は上場廃止へ

~ 下方修正で債務超過転落予定だった藤和不動産は自力再建は無理、後ろ盾があってよかった。 ~

株式交換で藤和不動産が三菱地所の100%子会社となり上場廃止。

株式交換契約締結に関するお知らせ

もともと三菱地所は藤和不動産の50%以上を所有し子会社ではあった。今回は全株を取得して完全子会社化する。そうなれば当然上場廃止ですな。

100%子会社化するのは、藤和不動産の業績が悪すぎだから。

今後も当面続くであろうマンション市場における厳しい事業環境を踏まえると、両社の戦略的な一体性と機動性をこれまで以上に高めることにより、事業体制を再構築していく必要性があるとの認識に至り、この度、本株式交換を実施することと致しました。

実際、藤和不動産の業績は醜悪で、今回の下方修正を前提にすれば期末には債務超過に陥る。

業績予想の修正及び繰延税金資産の取崩し並びに配当予想の修正に関するお知らせ

そうなれば資金調達も出来なくなって倒産する可能性が高いわけだが、親会社の三菱地所がそんなことさせられるわけもありません。じゃあ、そうなる前に100%子会社にしちゃえってことですね。

そうじゃなければ倒産だったという事で間違いありますまい。

期末まで待たなくても今月には100億円の社債償還が控えている。これの返済も現実問題難しいんじゃないですか?

三菱地所はバカな買物しちゃったなあとか思ってないだろうか。

株式交換比率は藤和不動産1株に三菱地所0.042株。今日の終値は藤和不動産が53円、三菱地所が1241円。株価の通りの交換比率。

倒産・上場廃止
三菱地所 上場廃止 株式交換 藤和不動産

2009/02/06 11:11

不動産大手3社の状況は同じ、不動産マーケットを横目で眺めるだけ

~ 不動産銘柄に乗り遅れたなんて事にはならない、大手3社の状況を少し見ておけばいい。 ~

不動産大手3社の第3四半期決算。

・三井不動産 平成21年3月期 第3四半期決算短信
・住友不動産 平成21年3月期 第3四半期決算短信
・三菱地所 平成21年3月期 第3四半期決算短信

どこの決算も内容は同じ。つまり、オフィスビル賃貸は堅調、それ以外は減速、特にマンションや戸建て販売の減速が大きい。各社の説明資料が参考になります。

・三井不動産 平成21年3月期第3四半期決算短信補足説明資料
・住友不動産 平成21年3月期 第3四半期 F A C T S H E E T S
・三菱地所 FACT BOOK 2009/3 第3四半期

オフィスビル賃貸に関してはまだそれほど空室率は上昇していないけど、これから上昇してくるんじゃないでしょうか?なぜなら、不動産調査会社が発表している首都圏のオフィスビル空室率は順調に上昇しているわけで、そういう流れの影響をいずれ受けざるを得ない。

マンションと戸建ては減速しているとはいえ、さすが大手。ブランド力と販売力があるのでしょう。他の不動産屋の減速と比べたら全然へっちゃらですな。

まあ、大手3社の決算書を眺めていろいろ数字をつついても仕方ない。大まかな流れをつかめばそれでOKですよ。3社の中でどれが一番に以下なんて考えるだけ時間の無駄。それが知りたければアナリストのレポートでも読めばいい。

上がるときは全部同じように上がる。下がるときもまた同じ。業績の推移もまた同じ。

200902061.gifいつ買うか、だけが問題であって、3社のどれを買うかなんて問題じゃない。

相対的には三菱地所がより上がる可能性が強いので、底だと思えば素直に三菱地所を買えば事足りると思うんです。

で、今はまだまだ強気で買えるはずもない。徐々によりたくさんの注意を払っていく場面であって、横目で様子をうかがっていればいいんじゃないですか?不動産銘柄は時々ぐっと上がったりして、乗り遅れた?なんて思うかも知れませんけど、そんなはずないですねえ。

不動産・マンデベ・流動化
オフィスビル マンション 三井不動産 三菱地所 不動産 住友不動産 戸建て

2009/02/06 10:10

ビーエスピー、現金価値割れで高配当の状態は続く、3Q数字はOK

~ 来期の配当が問題だが、利益半減でも配当利回り6%以上は確保、そして現金価値以下。 ~

ビーエスピーの第3四半期決算。

平成21 年3月期 第3四半期決算短信

業績数字は決して良くない。それでもまだ減収減益は10%未満なのでましな方ではありますけどね。

で、そんなことはあまり問題じゃない。資産価値の激安さに注目ですな。

自己資本比率90%でBPSは1500円。現金修正BPSが940円。株価は800円なので、PBRは0.53倍、現金修正PBRは0.85倍。現金価値割れまで売られている。

配当は今期71円なので利回りは8.9%。この71円には記念配が15円含まれているので、それを除いて考えても配当利回りは7%。

当然ながら配当に関しては来期が問題なわけですけど、仮に利益が今期より半減したとしても50円は出ると考えていいのではないですか?それでも利回りは6.3%。

何が悔しくてこんなに安いんですか?

ハイテク・IT・テクノロジー
PBR ビーエスピー 配当 高利回り

2009/02/06 10:10

中道機械、負債総額76億円で倒産、2009年も倒産嵐は続く

~ 「バブル崩壊による長期建設不況」と「公共事業の削減」で倒産してしまった歴史ある会社? ~

中道機械が倒産。負債総額76億円で民事再生手続き。

民事再生手続開始申立て及び民事再生手続開始決定のお知らせ

200902055.gif札幌証券取引所の上場企業ということもありほとんど知っている人もいない感じもします。建設機械の販売会社らしい。

バブル崩壊による長引く建設不況や、北海道における公共事業の削減などから、当社の売上は平成8 年以来、下降の一途を辿ることとなりました。

200902056.gif今になってもまだバブルがどうだったという会社が時々ありますが、そんな姿勢でどうやってこの厳しいビジネス世界でやっていけましょう。

設立は1950年、上場が1963年と歴史ある会社ではあります。

子会社に中道リースがありこちらも厳しいでしょうな。

倒産・上場廃止
中道リース 中道機械 倒産 建設機械 民事再生手続

2009/02/06 09:09

日本綜合地所、予想通りの倒産、負債総額2000億で会社更正手続

~ 不動産マーケットがおかしくなるのを見誤り、積極的に土地を仕入れ過ぎたのがダメだった。 ~

日本綜合地所が倒産。負債総額1975億円で会社更生手続きとなりました。

社更生手続開始申立てに関するお知らせ

まさに予想通りの倒産ですな。

ついでに子会社2つも倒産。

当社子会社の会社更生手続開始の申立ておよび債権の回収不能に関するお知らせ

プレスリリースにはこう書いてあります。

当社は、平成20年3月期に過去最高益を計上するなど、同業他社との差別化に成功していたことから、さらに業容を拡大すべく、積極的にマンション用地を買い増し、平成20年9月末には約1465億円の棚卸資産を保有するようになりました。

200902054.gif倒産しても勘違いしているようです。「同業他社との差別化に成功していた」からじゃんじゃんマンションが売れて業績が良かったワケじゃない。

その時期はどこのマンデベも同じ状況であって、それは単に経済状況がそうなっていただけなんですよ。

代表取締役社長は西丸誠。筆頭株主も同じ。

不動産・マンデベ・流動化
マンション マンデベ 不動産 倒産 日本綜合地所

2009/02/05 11:11

グランディハウス、戸建て分譲で業績と株価が堅調な会社の一つ

~ 配当利回りが9%と高く、財務の安心感があり、業績はOK、株価は堅調な宅建業者。 ~

グランディハウスの第3四半期決算。

平成21年3月期 第3四半期決算短信

順調。2000円の配当は確実ですな。そうなると配当利回りは9%。「高配当利回りの不動産銘柄は配当がカットされるまで業績が下がる」法則は今回ばかりは当てはまりませんよ。

財務の心配もないので持っていても良いと思う数少ない不動産屋ではないですか?ただ会社規模が小さすぎるという難点はある。

最近の不動産企業の業績動向をまとめると、不動産ファンドはダメ、マンデベはダメ、賃貸は横這い、管理は横這い、そして最後に戸建ては徐々に復活、って感じになるかと。戸建て企業では業績がそれなりに堅調なものが増えて、株価的にもそこそこなものが出てきた。

安心するのは早いけど、気にしておいて損はないでしょ。

不動産・マンデベ・流動化
グランディハウス パワービルダー 不動産 分譲 戸建て 配当 高利回り

2009/02/05 11:11

ワークマン、景気の波を受ける作業着の落ち込みはこれから

~ 作業着を使う業界の不景気はもっと酷くなるわけで、その前提では株価は上がらない。 ~

ワークマンの第3四半期決算。

平成21年3月期 第3四半期決算短信(非連結)

作業着を売っているのでどうしても景気の波を受けますな。新規出店ではカバーできないぐらいに業績は落ち込んでいる。通期計画は未だに増収増益なんだが、これは無理でしょう。そのうち下方修正がでますよ。

決算説明会 補足資料

200902053.gifこの資料の8ページ目を見るとメイン商材の作業着の落ち込み具合がよく分かる。特に、第3四半期累計ではなくて3Q単独で見るとその落ち込みが酷くなっている。これはもっと悪くなるでしょうな、こんな景気では。

出店余地はまだまだ沢山あるのでその点は心配ない。中長期的には魅力的な株価なんじゃないですか?配当利回りが3.5%なので、4%とか5%になれば文句無しです。

専門小売銘柄
ワークマン 作業着 建設

2009/02/05 11:11

マクドナルド、1月月次は好調で今期の計画も良い数字、株は普通

~ マクドの株は過去長いこと高評価過ぎたので好業績でも株価のあがりが鈍いのには納得。 ~

マクドナルドの1月月次数字を確認。

【月次 IRニュース】

200902051.gif全店が+5.1%、既存店が+3.4%。順調と言えましょう。

ところで、マクドではいろいろと新メニューが出てきますけど、どれも同じような味じゃないですか?それでも食べたくなるのはなぜだかよく分かりませんな。それがジャンクフードってものでしょうねえ。

(ところで、ハンバーガーはまともに作って食べると非常にうまい。とてもじゃないけど、ジャンクフードなんて呼べない。)

決算発表もされてます。

平成20年12月期 決算短信

200902052.gif今期計画は減収増益。増益幅は20%と超が付くほど好調。減収の理由は書かれてないが、直営店のフランチャイズ化を進めるのでその為でしょう。

株価はそれなりに順調。マクドナルドはもうずーっと割高な株だったので業績の堅調さに比べて株価が上がっていない感があるのは仕方ありますまい。最近ようやく自然な評価になってきた。

外食・レストラン・居酒屋
ハンバーガー マクドナルド 外食

2009/02/04 19:07

Julian Robertson、5年以内の長期債下落にプットオプションで賭ける

~ Robertsonのように債券で大きく儲けるにはレバレッジがいる、似たポジションをETFで取れる。 ~

Tiger Management(タイガーマネジメント)のJulian Robertson(ジュリアン・ロバートソン)のインタビューがCNBCで行われた。(Tiger Fundタイガーファンドは2000年にクローズされている。)Robertsonを知らない人は調べてもらうとして、なかなかやり手のヘッジファンドマネージャーなわけです。

・インタビュー1 How to Fix the Banking Mess
・インタビュー2 Hedge Fund Legend’s Stock Picks
・インタビュー3 Meeting of the Titans

で、彼の考えはこうだ。

マーケットについてはベア。問題は解決されていないし、まだまだ解決もされない。Good BankとBad Bankにわける計画を進めるべきだ。政府の関与はそれ以上必要ない。

株で魅力的な物は少ない。自分の金を貸し付けないクレジットカード会社のバリュエーションはそれなりに安い。VisaとMastercard。それ以外では、PERの高い成長株に興味がある。

と、ここまではまあ、良くありがちな意見というか、特にこれと言って意外性もないですな。でも、最後に至極当たり前だけれど、なかなか取らないポジションについて話があった。これがRobertsonの一番でかいポジションらしい。

200902024.gifLong Term Treasuries(長期債)のプットを買っている。なぜなら5年以内に債権利回りは上昇するから。

で、面白いのは、この説明の時に登場したのがBill Gross(ビル・グロウス)。アナウンサーも言っているが、RobertsonとGrossが一緒になるというのは違和感があるというか、不思議ですな。片や株式投資の大御所、片や債券投資の大御所。

で、意見を求められたGrossは、良いアイデアだ、と。個人投資家がRobertsonのポジションを取るのは難しいが、Tipsを買うことで同じような投資になると説明。

確かにそうですな。しかしながら、Tipsでは全然レバレッジが効かない。そうなると絶対リターンは知れている。当然Robertsonはプットを買っているわけで、しかもかなり高レバレッジは間違いない。

Gross的には、いずれ長期債利回りは6%や7%まで上がる、と。

で、今度はこのGrossの6%、7%という数字に対して、それぐらいの数字を考えているのかとアナウンサーがRobertsonに聞いた。

で、その答え。

保守的な数字だ。

なんとまあ。保守的だと。

具体的にどれぐらいの数字を考えているかは言わなかったが、10%とか12%とか考えているんですかね?それとも15%とか?10%だとしても、プットオプションでレバレッジを効かせれば文句無しのリターンが得られますな。

インフレはいずれ来る。これだかアメリカが輪転機をグルグル回しお金を刷り続ければ、いずれインフレは来る。Robertsonは5年以内と読んでいる。それを取るために長期債のPutを仕込んでいると単純に考えても間違いはなかろう。

いろんな深い考えがあって、よーくよーく考えての投資戦略なワケだから、非常に気になる投資戦略ですな。

ところで、Grossは個人投資家が同じポジションを取るのは難しいと言ったが、今は便利な時代になった。結構近いポジションが取れるんですな、これが。

200902046.gifUltraShort Lehman 20+ Trsy ProShares (TBT)というのがある。今流行りのレバレッジの効いたETFですな。長期債に連動して、長期債が下がればTBTの値段は2倍上がる設計になっている。

このTBTにはオプションがある。これなら2倍のレバレッジが効いた指数ETFにさらにレバレッジをかけられるわけですよ。ただし、残念ながら5年のプットなんて無くて、最長でも7ヶ月。

7ヶ月でRobertsonの言う状況になるとは思えないので、残念ながらオプションは無理ですな。ただ少なくとも2倍のレバレッジは効かせられる。

もうちょっと考えると、最近少しずつ話題になってきたCFDが使えるかも知れない。調べてないので分からないけれど、CFDでTBTが取り引きできれば無期限(だよね?)でレバレッジを猛烈に高めて投資できるはず。

それならJulian Robertsonと同じポジションが取れるんじゃないですか?

著名投資家の考えと行動
Bill Gross Julian Robertson Treasuries アメリカ 債券

2009/02/04 19:07

「お得感」は「割安」ではない、消費者は損するが企業は儲かる

~ 食品会社は減量と値下げでお得感を出すが、実際には割高になっている事を忘れずに。 ~

こういう手はありますな。

サイズを小さくして多少値下げしてお得感を出す。

でもね、現実的には割高になっているので損をしている。消費者はなかなか気が付かないというか、気が付いても目先の絶対金額の低さに引かれてしまうんでしょうな。そんなことは消費する人の勝手なのでどうでもいいとして、問題は企業の業績。

例えば今回の醤油。

200902031.gifもともと1Lで479円の醤油を750MLにして380円で売る。1ML当たりの価格は、1Lの場合が0.479円、750MLの場合で0.506円。750MLは1Lより5.8%も高い。

平たく言えば、5.8%の値上げって事ですよ。

製造コストが1Lと750MLで違うんですかね?仮に違ったとして、750MLの方が5.8%も高いはずはありますまい。おなじ食品の原価率5.8%も悪化なんてちょっと考えずらい。

結局、少子高齢化で人数が減り、とかなんとか最もらしい説明をしつつ、しれっと値上げをする。いいじゃないですか。

あ、なんか誤解されそうですが、企業にはプラスなので、良いことですよ、本当に。自分は1Lを買い続ければいいだけの話で。

ところで、下の朝日新聞の記事だが、見出しが「適量・割安で販売増狙う」って、割安じゃないですよ。何を言ってるんだか。こういうのを「割高」って言う。

朝日新聞 朝刊

しょうゆなどサイズ小さめに 適量・割安で販売増狙う

 しょうゆやドレッシングなどの分野で、従来より容量の少ない製品を発売する動きが食品メーカーに広がっている。少子高齢化などを背景に家族の人数が減り、賞味期限内に使い切れない例が増えていることに対応する。量を減らして価格を抑え、買い物客に値頃感をアピールする狙いもあるようだ。

 キッコーマンは17日から、「特選丸大豆しょうゆ」の750ミリリットルサイズを発売する。これまでの売れ筋は1リットルだったが、1世帯あたりの月平均のしょうゆの購入量は90年の985ミリリットルから07年は662ミリリットルまで減少。昨年春の値上げも影響し、1リットルの売れ行きは微減傾向が続いていた。

 希望小売価格(税抜き)は1リットルが479円なのに対し、750ミリリットルは380円。「適量で、価格が安い。販売増につながれば」(広報)と期待する。

 キユーピーも13日出荷分から順次、ドレッシング11品目を200ミリリットルから170ミリリットルに減量する。こちらも狙いは同じで、減量は58年に発売して以来、初めてという。日清オイリオグループも3月2日から、1千グラムしかなかった「日清ベジフルーツオイル」の600グラムサイズを出す。(本田靖明)

こちらは日経新聞の記事。「価格も低く」ということで「割安」なんて間違った単語は使っていない。一応経済誌だしね。

2009/02/04, 日本経済新聞 朝刊

食品、少量で無駄なく、しょうゆなど、価格も低く設定。

 カレールーやしょうゆなど、食品で内容量の少ない定番商品が相次ぎ登場する。価格も下げて値ごろ感を狙った商品だ。節約志向が広がるなか、無駄なく使い切りたいという消費者ニーズの高まりに応える。

 エスビー食品は九日、主力のカレールー「ゴールデンカレー」で容量を二十グラム少ない二百二十グラムにし、希望小売価格(税別)も三十円下げ二百八十五円にする。外食を控える「内食志向」が高まっていることを受け、「三百円未満」を訴える。

 キユーピーは二月中旬から順次、家庭用ドレッシング十一品の内容量と価格を一五%抑える。フジッコは総菜「おまめさん」「ふじっ子煮」の一部でも同様に割安感を出して弁当などに使ってもらう考えだ。

 キッコーマンは十七日、定番シリーズ「特選丸大豆しょうゆ」で七百五十ミリリットル入りの新商品を関東甲信越で発売する。希望小売価格(同)は三百八十円。従来の五百ミリリットルと一リットル入りの中間で、一カ月程度で使い切れる分量を提案する。売れ筋になれば他の商品でも内容量を減らす。旭松食品やエースコックも小容量で低価格の商品を出す。

ちょっとニュース
キッコーマン キューピー ヱスビー食品 日清オイリオ

2009/02/04 19:07

悪さをしたら厳罰を、そうでなければ日本の投資環境は充実しない

~ 儲けの金額と過怠金の額が同じなら、いちかばちかで悪さをした方が全然お得です。 ~

これはいいですな。最低でもこれぐらいはしてもらわないとどうにもならない。

しかし、それでも金額はたったの10億円ちょっと。しかもそれは儲けた額と同じぐらいの金額らしい。

ってことは、ヤバイことして儲けても、損するのは儲けの金額だけ、うまく行けば儲かるだけ。これじゃあヤバイ事はやらないでおこうなんて誰が思うかね?

とにもかくにも、罰が甘すぎるので悪いことはしないでおこうというインセンティブが働きませんな。

ま、今回が第一歩と言うことで頑張って欲しい。

2009/02/03, 日本経済新聞 朝刊

パリバ不正利益没収へ、アーバンコーポ問題で日証協、過怠金10億円超も。

 日本証券業協会は二日、BNPパリバ証券に対して、経営破綻したアーバンコーポレイションとの不適正な取引で得た利益を没収する過怠金処分を科す方向で検討に入った。資本市場や証券業界の信頼を損なう行為の責任は重大だと判断しているため。過怠金の規模は十億円を超え、過去最大となる公算が大きい。(解説4面に)

 BNPパリバは昨年六月、アーバンと三百億円の資金調達を巡る契約を結んだ際に、実際の調達額が投資家に分からないように一部の内容を非開示とすることを働きかけていた。日証協の行動規範委員会は二日、こうした不適正な行為に対して厳格な処分をすべきだとする報告書を発表。日証協は報告書を踏まえ、九日にも過怠金処分の大枠を固める。

 東京証券取引所とともに業界の自主規制機能を担う日証協は、法令に違反した会員証券会社などに対し過怠金を科す制度を持つ。従来は過怠金の最高額を五億円としてきたが、違反行為が後を絶たないことから、昨年に不公正な取引で得た利益を全額没収できるよう制度を改正。過怠金の上限を実質的に撤廃した。

 BNPパリバの件は不正利得に見合った額の過怠金を科す初の事例となる。BNPパリバが設置した外部検討委員会は、アーバンとの取引で得た収益額を約十一億八千万円と認定しており、日証協はこの認定額を基に過怠金を決定する。

いい加減にしてよ
BNPパリバ アーバンコーポレイション 過怠金

2009/02/04 18:06

【バフェット・ウォッチ】売り建てプットオプションの行使でBNI買い増し

~ 長期投資家がプットオプションを売る場合の考えの基本は、株は買ってもいいほど安い。 ~

ウォーレン・バフェットのBurlington Northern Santa Fe(BNI)(バーリントン・ノーザン・サンタ・フェ)の持株比率が22.4%まで上昇。1月30日に75ドルで230万株、合計$174Mで取得。

これは市場で買ったわけじゃなくて、売っていたプットオプションが権利行使されたもの。

プットを売る理由は分かりますよねえ。

BNIの株価は十分低い。しかし株を買い増しするにしても、もう十分持っているのでいらないなあ。じゃあとりあえずプットを売ってプレミアムを稼いでおこう。もし行使価格まで下がっても、それはそれで株を買い増せばいいじゃん、安いんだからね。

バフェット的にもそういう感じなんじゃないかと思いますがいかが?

著名投資家の考えと行動
BNI Burlington Northern Santa Fe Warren Buffett バフェット・ウォッチ

2009/02/04 18:06

【バフェット・ウォッチ】ハーレーの利回り10%の社債を$300M購入

~ アメリカンバイクといえばハーレー、Harley-Davidsonのブランド力に投資するBuffett。 ~

Warren Buffett(ウォーレン・バフェット)のBerkshire Hathaway Inc. (BRK-A)(バークシャーハサウェイ)がHarley-Davidson, Inc. (HOG)(ハーレーデイビットソン)に投資。投資と言っても株じゃない。社債ですな。

ハーレーは$600Mの社債を発行することになり、そのうちの半分をバフェットが買う。満期は2014年で、利回りは15%。

15%は高いですな。さすがバフェット。ゴールドマンサックスの時は10%で、それでも十分高利回りですけど、今回はさらに高利回り。

ハーレーの二輪は高い。不景気になって金回りが悪く、金融危機でローンが下りない今、ハーレーは自分のところで消費者にローンを用意しなければならない。そうでもしないと高級バイクを誰が買いましょう。

$600Mはそういうローンに使われる。

バフェット的には、ハーレーのブランドは永遠に不滅だって事でしょうな。

著名投資家の考えと行動
Harley-Davidson HOG Warren Buffett ハーレー バフェット・ウォッチ

2009/02/04 18:06

ITサービス業界の全体像を捉えるには大手の動向だけで十分

~ ITサービス業界のピラミッド構造を理解して、仕事がある企業を考えると投資先が見えてくる。 ~

ITサービス市場は基本的にピラミッド構造になっている。ITサービスっていうのは、システムインテグレーションと呼ばれる作業だったり、ソフトウェア開発とか、ITアウトソーシングとかシステム運用とか、そういうものの総称ですな。

大手のITサービス企業が頂点にあって、下請けがその下にあって、孫請けがさらにその下にある。結局、大手が受注して、自分のところでやりきれない仕事とか、専門能力のある中小ITサービス企業に業務を割り振るわけ。

じゃあ、大元の受注が減れば一番割りを食うのは下請けや孫請けの中小ITサービス屋さんであることはスグリか出来ますな。

ITサービス屋は星の数ほど上場しているが、そのほとんどが下請け。そういう中小IT屋について、「金融機関向けのシステムが好調」、「大手流通業からの受注が豊富」なんて四季報に書かれていたりするわけだが、これは誤解を招くこともよくある。

つまり、受注しているのは直接ではなくて、大手のITサービス企業からの下請け的な受注ですな。

こういう会社はつまらない。

そういう業界構造を考えてみれば、ITサービス業界の動向は大手の様子をうかがっておくだけで十分って事じゃないですか?

NTTデータは業界最大手級。第3四半期決算を発表したけれど、その説明資料にうまいことITサービス業界の動向がまとめられている。

平成21年3月期 第3四半期 連結決算概要(参考資料)

200902045.gif7ページにあるこの図だけでよく分かると言えましょう。

底堅いニーズが見込めるのは規制対応等の必須案件などに限られる。

そういう事でしょうな。

個人的には、金融関連は全然ダメで流通関連の方がいいかと思っていたのだが、どうやらそれは間違いらしい。考えてみれば、確かに金融関連の方が規制対応は沢山ありましょう。当然公共分野は安定的に仕事がある。あと、ヘルスケアね。

ってことで、まとめると、この不景気相場においてITサービス業で買いなのは、中小企業で公共分野や金融関連、ヘルスケアに規制対応なんかの絶対必要なシステムを納めている企業って事になる。

加えて、先に書いたように、大手の下請け的な中小はつまらないので外す。直接取引でシステム開発してたり、もしくはパッケージソフトを売っているのが良いですな。

そういう範疇に収まるITサービス企業以外は無視で良い。

ハイテク・IT・テクノロジー
ITサービス NTTデータ システムインテグレーション ソフトウェア パッケージソフト

2009/02/04 14:02

ユナイテッドアローズの1月概況は12月に引き続き醜悪、高級はダメ

~ 高級路線のアパレル小売りが不景気で伸びないのに違和感は全然ない、月次は当然厳しい。  ~

ユナイテッドアローズの1月概況。

平成20年1月度(平成21年3月決算期)月次売上概況(速報)についてのお知らせ

全店は101.5%、既存店は91.8%。ボロボロだった12月からはちょっぴり回復したものの、醜悪な数字であることに変わりは無し。

UAのブランドは基本的に高級路線のなので不景気にはどうしても厳しいですな。

専門小売銘柄
アパレル ファッション ユナイテッドアローズ 小売り

2009/02/04 14:02

アールエイジ、妙な株価急騰と株式分割、1ヶ月で半値以下は覚悟

~ 意味もなく株価が急騰を続け、株式分割が発表され、そして1ヶ月後に株価は無くなった・・・。 ~

アールエイジが株式分割。

株式分割及び株式の分割に伴う定款の一部変更に関するお知らせ

今時珍しいですな。株式分割するって事は株価が高いって事で、本当か?と思って株価をチェックしてみると・・・。なんですか、これ?

200902044.gifまず最初に株価がぴょこんと上げたのが11月12日。この時はプレスリリースもニュースも何もない。

勢いづいたのは12月9日で、この日も何も理由はない。

そして決算発表が12月12日。そこから株価上昇はスピードを増し、11月11日から株価は実に4倍になった。

なぜですか?決算内容を見ると、別に悪い決算じゃないが今期は減益予想。不動産屋と言っても賃貸管理が中心で危なさは低い。でもだからといって、株価が4倍になる理由は全然見あたらない。

監査法人が優成と言うことで、どちらかと言えばファンダ面からは手を出す気が起きない。

まあよく分からんが、手出し無用でしょうな。空売りできるわけでも無し、上がる方だけに賭ける勇気がある人はいいんじゃないですか?チキンレースでうまく行けば儲かるってこと。

1ヶ月後には半値になっている覚悟でね。

不動産・マンデベ・流動化
アールエイジ マンション 不動産 優成 株式分割 監査法人 賃貸管理

2009/02/04 14:02

バルス、1月の既存店は久しぶりのマイナス、必需品ではなく厳しい

~ 生活雑貨は不景気だったらフラフランで買わなくてもいい、株価が安くなっても買わなくてもいい。 ~

バルスの1月月次数字を確認。

平成21年1月期月次売上概況(1月度)

全店は116.7%、既存店は99.8%。既存店の100%割れは少なくとも過去2年間はなかったわけで、久々のマイナスですな。イヤーな感じがしますねえ。

1月末決算なので2009年1月期が終わり。年間での全店売上高は120.5%、既存店売上高は107.9%。この数字だけ見れば文句無しの結果ですよ。

200902043.gifさて、2月からはどうでしょうな。株価的にはもうダメですよと言っている感じがしませんか?

フランフランで扱う商品は生活必需品でもないわけで、懐具合が寂しいときにはカットされても仕方ない物。そういう物なワケだから、株の方はどうしたって慎重にならざるを得ないでしょ。いや大丈夫だ、っていうのはガッツっていう古い言葉がピッタリな態度と言えましょう。

そんなリスクを犯す局面じゃない。

専門小売銘柄
バルス フランフラン 小売り 雑貨

2009/02/04 14:02

ファーストリテイリングの1月月次は減速感があるが引き続き好調

~ 高値から25%下落しても株価はまだ安くない、一人勝ちユニクロだからもう下げないか? ~

ファーストリテイリングの1月月次。

平成21年8月期 国内ユニクロ事業 売上推移速報

相変わらずの好調さ。既存店売上が105.7%、全店売上が109.4%。今期ここまで既存店113.7%、全店117.3%。

スローダウンしてはいるものの、誰もがうらやむ数字ですな。

200902042.gif株の方は、12月に内需系銘柄が一斉に売られたのにつられて高値から25%の下落。それでもたったの25%ですな。十分高評価なわけであって、まだとてもじゃないけど買いたいとは思わない。

まあ、ユニクロといいABCマートとといい、好業績な小売りの株価は下げても知れているのかもね。買われる株はどこまでも、売られる株もどこまでも。だったら素直に買っておけっていう方法もありましょう。

個人的には今はそういう事をする相場じゃないと思っているので様子見ですな。

専門小売銘柄
アパレル ファッション ファーストリテイリング ユニクロ 小売り

2009/02/04 14:02

エービーシー・マート、足取り軽く、数少ない月次数字好調の小売業

~ 12月の悪数字からは回復、株価は下げたと言え高い、太陽ASGには注意が必要。 ~

エービーシー・マートの1月月次数字。

平成21年2月期 1 月度概況について

12月の大きく落ち込んだ数字からはずいぶん回復。既存店は+0.3%、全店は+13.9%。この数字自体は相当立派じゃないですか?

200902041.gif景気敏感企業が軒並み大赤字、内需関連企業もずいぶん差が付いてきた中で、これだけの数字を出している小売企業はなかなかない。ユニクロのファーストリテイリングぐらいか。ニトリとかアスクルもそうだな。

株価は12月の高値から30%も押したけれど、それでもまだ全然安くはなっていない。この業績じゃあ安くなるはずもないわけだが、だからといって買う気にもならない。

それから、残念なことに、ABCマートの監査法人は太陽ASGなんですよね。これは引っかかりますな。

専門小売銘柄
エービーシー・マート 太陽ASG 小売り 監査法人

2009/02/04 14:02

日本綜合地所、評価損もあり大赤字、ヘタすれば資金繰りに窮する

~ 財務制限条項に触れる可能性があると、そうなればさらに倒産の危険性は高まる。 ~

日本綜合地所の下方修正。

業績予想の修正に関するお知らせ

大赤字へ減額ですな。棚卸資産の評価減やら有価証券の評価減やらで300億円の純損失を計上する計画。1000億円売って300億の赤字ですからね、酷いものですよ。

300億の赤字を出すと、自己資本は90億円まで減少する。自己資本比率は当然一桁ですな。一桁前半。

さすがに倒産の可能性が高いマンデベに数えられるだけのことはあります。

なお、今回の業績下方修正により、当社が借入人となっているシンジケートローンの財務制限条項に抵触する恐れがあります。

詳細は見ていないが、通常こういった財務制限条項はどこの会社も同じ。純損失を計上しないとか、自己資本をどれだけ持っておくとか、そういう財務の条件。それが満たされない場合は、借金は耳を揃えて返せよなっていう事です。

これは決算短信のBSの注記として載っている。

大赤字でそういう状況になりますよって日本綜合地所は言っている。

そうなった場合、銀行と話し合って制限条項を緩和してもらったり、一時的に勘弁してもらったりする。さもなければ借金返済だけれど、そんな金はあるはずもなく、資金繰りに窮することとなる。

もしそうなればとジ・エンドですな。

不動産・マンデベ・流動化
マンション マンデベ 不動産 日本綜合地所 流動化

2009/02/02 23:11

個別銘柄ウォッチ(2009/2/2)

~ ダイドードリンコと日清食品の食品関連株はこれから業績が回復してくる局面。 ~

200902025.gif

ウォッチ銘柄のニュース・材料

ダイドードリンコの1月月次数字。相変わらず酷い数字。
物語コーポレーションが中間期を上方修正。通期は修正無し。
東急コミュニティーの第3四半期決算。通期計画の達成は難しそう。
プロシップが下方修正を発表。予想以上に悪い数字。
トリドールが第3四半期決算を発表。ブッちぎりの好決算。
日本調剤の第3四半期。後発薬製造事業が赤字。
スルガの第3四半期決算。原油安が意外と効いていない。
ユニ・チャーム ペットケアの第3四半期決算。文句無しの好決算。
日本エス・エイチ・エルの第1四半期決算。あまり意味のない数字。
日清製粉は第3四半期決算を発表。数字は悪くない。
日清食品ホールディングスの第3四半期決算。数字は悪い。
ファーストリテイリングがリンク・セオリーを子会社化。世界征服へ向けて頑張れ。

コメント

200902026.gifトリドールの株価上場はどうにも止まりませんな。第3四半期の数字はブッちぎりの良い数字だし、月次の数字も大丈夫。ここまで来ると業績云々より、買うから上がる、上がるから買うの領域じゃないですか?

物語コーポレーションは中間のみの上方修正で通期は据え置き。いずれ通期も上方修正されるでしょうね。四季報速報では通期上方修正されていますな。まあ、四季報の予想数字ほど当てにならないものはない。

200902027.gif予想通りの好決算を出したユニ・チャームペットケア。ディフェンシブでありながら成長力もあるという、優れた銘柄ですな。しかしながら、いかんせん株価は高い。好決算でぴょこんと上へ跳ねたし、なかなか買い場を与えてくれない。

200902028.gifプロシップが予想以上の大きな下方修正を発表。株価はあまり反応していない。もう十分株価は下落していること、6%を超えるジューシーな配当があること、もともと高利益率で財務が強い優秀な企業であること、そこら辺が下支えかと。

ダイドードリンコの1月月次数字は相変わらず醜悪ですな。当然ながら2009年1月期の業績は悪い。これは終わった期なので、問題は今期。業績は底打ちから回復へ向かう局面になるはず。っていうか、そう思うから個別銘柄ウォッチに入っている。

200902029.gifコマツの株価は下方修正・決算後冴えない。しかしながら、中国の景気刺激策が動き出しているというニュースもある。公共事業は全土でそうとう盛り上がってきているようですな。コマツの社長によれば、受注の底は1-3月期を見ている。

日清食品はいまいちな第3四半期ながら株価は無反応。悪い業績数字は十分に織り込まれていると言えましょう。ここからは利益回復に目を向ける局面なんじゃないですか?

スルガも同様に、数字が良くない決算ながら株価は逆行高。悪い数字は織り込まれているし、原油価格の下落がプラスに作用してくるのはこれからですな。

東急コミュニティーの通期業績達成は難しそうな雰囲気。高配当が下支え要因なわけだから、とりあえずは問題はない。配当利回りが4%を下回るまで上昇したら素直に売り始めたいですな。

ビーエスピーは第3四半期決算を5日に発表する。厳しい数字になるんじゃないですか?念のため、ここでいったん外しておいて、決算を見てから買い戻すなりするというのも決して悪い事じゃないですよ。

ゲームプラン・投資戦略
ダイドードリンコ プロシップ ユニ・チャーム ペットケア 小松製作所 物語コーポレーション

2009/02/02 11:11

アメリカ、4QのGDPは年率マイナス3.8%成長、27年ぶりの下げ幅

~ いずれの数字も歴史に残る醜悪なもの、底打ち感はないし、まだ悪化しそうな雰囲気。 ~

アメリカ、10-12月期の実質GDP伸び率(年率)はマイナス3.8%。(米商務省)

醜悪な数字です。1982年以来27年ぶりの悪い数字。

3Qの7-9月期の数字はマイナス0.5%だったので大きく下落スピードが拡大しいますな。予想はマイナス5.4%なので、それよりは良かった。この予想よりどうこう、というのはかなり重要ではある。

2008年としては実質成長率が1.3%。2001年の0.8%以来の低い数字。

個人消費は3.5%のマイナス。マイナスは17年ぶり。3Qのマイナスは3.8%だったので、その数字と比べれば多少はまし。耐久消費財支出が-22.4%と特に酷い。自動車や家具なんか売れているはずもなし。

民間設備投資は-19.1%減。3Qの1.7%減から急速に悪化。

民間住宅投資は-23.6%。

統計・資料・調査
GDP アメリカ

2009/02/02 11:11

12月の鉱工業生産指数、2ヶ月連続で下げ幅は過去最大

~ 輸送機器と電子部品・デバイスは特に酷い下落率、底打ちはまだまだ見えてこない。 ~

鉱工業生産指数、12月の数字。

84.6

酷い数字ですな。前月からは9.6%の下落。下げ幅としては、1953年以来で最大。先月11月の下落が8.5%で、これも当時としては最大の下落幅。つまり、2ヶ月連続で過去最大の下落率を更新。

特に酷いのは輸送機器。12.1%の低下。電子部品・デバイスもボロボロで、下落率は18.8%。

底打ちは見えてこない。

統計・資料・調査
鉱工業生産指数

2009/02/02 11:11

アメリカの景気刺激策、財政支出の今のところの内訳

~ 直接的に関係銘柄があるのは、道路・鉄道・輸送とエネルギーぐらい、大まかな線は抑えておく。 ~

今さらながらですけど、アメリカの財政支出の内訳。修正されたりするだろうけど、ほぼこういう線で行くって事です。

株式マーケットに直接関係のあるのは、高速道路・鉄道・輸送とエネルギーぐらいですかね。

直接関係って言うのは、それで恩恵を受けて株価が上がるという銘柄がダイレクトに存在するかって事ですよ。回り回っていろんな企業が恩恵を受け、景気が回復すれば善美関係するのは当たり前。

参考はCNBCの記事

高速道路・鉄道・輸送

  • ・300億ドル-高速道路建設
  • ・190億ドル-浄水、洪水調節、環境回復投資
  • ・100億ドル-交通渋滞緩和とガソリン消費量削減
  • ・60億ドル-公共交通間のバス購入
  • ・30億ドル-空港改修(安全と混雑緩和)
  • ・11億ドル-都市間パッセンジャー鉄道の速度と収容力改善
  • ・20億ドル-既存の輸送システムの近代化
  • ・10億ドル-新規通勤鉄道の認可

州・教育

  • ・790億ドル-州への財政援助
  • ・390億ドル-学区・大学へ
  • ・260億ドル-新しい学校(幼稚園から高等学校)の建設
  • ・156億ドル-ペル奨学金の増額(連邦政府が行う低所得者用の給付奨学金)
  • ・6億ドル-高等教育現代化

エネルギー

  • ・310億ドル-長期エネルギー貯蔵の為の公共基盤整備
  • ・110億ドル-送電網の現代化のための研究開発
  • ・80億ドル-再生可能エネルギー発電と送電の為の融資
  • ・69億ドル-州・地方政府の省エネ
  • ・67億ドル-連邦政府建築物の省エネ化のための改善・修理
  • ・24億ドル-炭素隔離技術
  • ・20億ドル-自動車バッテリーの補助金

健康

  • ・870億ドル-連邦政府による医療負担
  • ・303億ドル-健康保険適用の失業中の期間拡大
  • ・86億ドル-失業者の医療補助への資金提供
  • ・41億ドル-予防医療とその評価制度
  • ・37,5億ドル-病院・外科センター建設のため国防総省へ
  • ・30億ドル-慢性伝染病対策
  • ・9,5億ドル-老朽化病院の現代化
  • ・90億ドル-生医学的な研究、インフルエンザ

ブロードバンド、テクノロジー

  • ・200億ドル-医療ミス防止の為の医療情報技術へ
  • ・60億ドル-農業地域企業のインターネット接続拡大
  • ・10億ドル-コンピューター研究の学校技術
  • ・4億ドル-社会保障庁のコンピューター交換
  • ・2,76億ドルー国務省のセキュリティーアップ
  • ・2,45億ドル-農業サービス庁の業務効率改善

住宅

  • ・62億ドル-低所得者向け家庭用断熱材導への補助
  • ・50億ドル-公共住宅の修繕
  • ・42億ドル-抵当物件の再生
  • ・15億ドル-グリーンエネルギーを使用している低所得者層の住宅修復と地域再生

環境、水資源

  • ・60億ドル-浄化槽システム向上への融資
  • ・45億ドル-環境回復、洪水防止、水力発電、航法インフラ
  • ・20億ドル-飲料水基盤の融資
  • ・8億ドル-汚染水質の清浄化

失業者

  • ・270億ドル-失業手当給付金の33週へ延長(2009年末まで)
  • ・40億ドル-職業訓練(公的補助金含む)

他、各種

  • ・100億ドル-科学研究施設のため
  • ・31億ドル-連邦政府のプロジェクト
  • ・21億ドル-軍事施設の再生
  • ・12億ドル-軍住宅の新築・改修
  • ・6,5億ドル-デジタルTV買換えへのクーポンプログラム
  • ・4,3億ドル-中小企業融資促進と融資保証

減税

  • ・1人当たり500ドル、夫婦で1000ドルの戻し税
  • ・中小企業を対象とした設備投資減税の拡充
  • ・損失の繰越期間拡大などの優遇措置
  • ・若者を雇用した企業に対する税控除、一人当たり3000ドル

アメリカ株・BRICS株・外国株
アメリカ 景気対策 財政支出

2009/02/02 11:11

日本エス・エイチ・エル、1Qは重要ではない、高利回りは変わらず

~ 採用活動がある2Qに業績が偏る季節性がある、それよりEPS増加と増配と高利回りがポイント。 ~

日本エス・エイチ・エルの第3四半期決算。

平成21年9月期 第1四半期決算短信(非連結)

業績数字はどうでもいい。この会社の場合、2Qに業績が大きく偏る季節性がある。顧客企業の採用活動が2月から4月に集中しているので当然ですな。そういうわけで、第1四半期の業績数字をどうこういっても仕方ありますまい。

とりあえずは増配が発表され、つまりそれはEPSの増加を意味していて、配当利回り7%以上ってところが問題。

ビジネスサービス
日本エス・エイチ・エル 配当 高利回り

2009/02/02 11:11

トプコン、株主優待の廃止で優待族の大量投げ売りが出るのは確実

~ 優待利回りが10%もある企業の零細個人投資家の数はものすごい、株価は売り叩かれる。 ~

トプコンが株主優待を改悪。

株主優待制度の変更に関するお知らせ

これまでは100株で4000円のクオカードをくれたので、株価400円で10%の優待利回りがあった。これはデカイ。

それをいきなり廃止に。酷いですな。

配当が10円なので、株主優待があれば総合利回りは12%以上。これで個人投資家、特に株主優待族、に人気が出ない方がおかしい。

逆に言えば、優待目当ての単元株だけ所有の零細個人株主がものすごい数いるってことですよ。

つまり、株は売り叩かれる。

まあ、絶頂下方修正で大赤字転落して減配ですので、分厚い株主優待だけを維持することもできますまい。

業績予想ならびに期末配当予想の修正に関するお知らせ

10円の配当を出すだけ立派じゃないですか?

株主優待
トプコン 株主優待 高利回り

2009/02/02 11:11

ユニ・チャーム ペットケア、日本で成長している数少ないペットセクターの代表

~ 子供の数より多いペットにはお金を惜しまないのが今の日本社会の流れ、これは止まらない。 ~

ユニ・チャーム ペットケアの第3四半期決算。

平成21年3月期 第3四半期決算短信(非連結)

文句無しの好調さ。売上+15%、経常利益+38%。通期では売上+9%、利益+15%を計画。通期は上方修正されてこの計画。もう少し上でも全然おかしくないんじゃないですか?

当ペットケア業界におきましては、社会の少子・高齢化が進行していく中、ペットに対する関心は益々増大し、ペットケア市場への期待は非常に大きなものとなってきております。

まさにこの通りですな。

200902022.gifペットの数は今は子供の数より多い。犬を外に鎖でつないでおくなんて一昔も二昔も前の話ってものです。(田舎行くとそういう犬はまだ多いけどね。)子供以上にかわいがって、人間と同じようにお金をかけるのが今のペットなわけ。

株式投資的にはペットセクター銘柄は限られてくるけれど、日本の産業としては不景気の中でも十分すぎるぐらいに明るいセクターです。その中で代表格なユニチャームペットの業績は良いのはよーく理解できる。

株は相変わらず高い。なかなか買わせてくれる場面はないですな。もっとも、こういう株はとにかく買って持っておけっていう意見もある。個人的にはそういうのは好きじゃない。

食品・飲料・日用品
ペット ユニ・チャーム ペットケア

2009/02/02 10:10

スルガ、予想以上に利益が出ていない、原油安が効くのはこれから?

~ 原油価格の下落が全然利益率に反映されていない、これから効いてくるのか、それとも? ~

スルガの第3四半期決算。

平成21年3月期 第3四半期決算短信

予想外に利益が回復しませんな。原油価格が下がった今、スルガの原材料価格も下げる方向にあるはずで、いずれそれが大きく原価率の改善に効いてくる、っていうのが理由付けだったわけですよ。

それが全然実現しない。原価率は悪化を続けている。

原油及び原材料価格の高騰に伴い調達・輸送コスト等が増大しており、経営環境は非常 に厳しいものとなりました。

当然ながら、原油が下がったからっていきなり原価率がぎゅっと改善するなんて期待してませんよ。そろりそろりと悪化がとまり、底打ちから徐々に改善ってこと。しかしながら、そういう傾向さえ全く見えていない。

まだ時間がかかるって事じゃないですか?

スルガの場合、食品企業とは違って、材料費が上がったからといって値上げは出来ない。なぜなら顧客の半分は100円ショップだからですな。100円ショップは100円で売らなきゃいけない。スーパーとは違って値上げできない。

スルガはそういう店に商品を売っているのだから、値上げなんてできっこない。これは非常につまらないですな。

とりあえずは配当利回り5%、株主優待利回り5%、合計利回り10%を取っていればいいんですよ。現金修正PBRはたったの1.2倍。

一抹の不安としては、最近は財務が非常に良い企業も平気で減配したり株主優待を改悪したりする例が多い。特に金券系の株主優待は危ない。スルガの株主優待もギフトカードだけにハラハラさせられますな。

化学銘柄
100円ショップ PBR スルガ 原油 株主優待 配当 高利回り

2009/02/02 10:10

日本調剤、調剤薬局はディフェンシブでOK、後発薬製造は赤字

~ 今期に収益トントン計画の後発薬製造事業が相変わらずの赤字垂れ流し、手は引かない。 ~

日本調剤の第3四半期決算。

平成21年3月期 第3四半期決算短信

調剤薬局事業はディフェンシブで増収増益。利益の伸びは少しだけれど、ディフェンシブ銘柄に他に何を求めましょう。

相変わらずの問題は後発薬の製造販売事業ですな。四半期ごとに2億円の赤字を垂れ流している。計画では今期にこの事業が利益トントンまで良くなるって事でしたね。なりませんな。

しかし日本調剤としてはこのセグメントには力を入れている。中間期の説明会を見れば分かる。

医薬品・医療品・調剤薬局
ディフェンシブ 医薬品 後発薬 日本調剤 調剤薬局

2009/02/02 10:10

トリドール、利益倍増の好決算、通期上方修正される確率は高い

~ うどんの原材料の小麦価格は未だ高いのになぜ原価率が改善するのか、米粉混ぜたり? ~

トリドールの第3四半期決算。

平成21年3月期 第3四半期決算短信(非連結)

売上高+46%、経常利益2倍。通期計画は修正無しで、売上+42%、経常利益+59%、EPS+50%。予想通りのブッちぎり好決算と言えましょう。

通期上方修正はいずれ出るでしょうね。

200902021.gifこのご時世に公募増資をしたわけだけれど、そんなものは一切関係なく株価は上昇を続けていますな。マーケットが弱いと増資は単純に嫌われて、株価はがっくりと下げるのが普通。そうならないことからも、相当業績期待は大きいのがわかるってもの。

が、業績期待だけじゃない。ここまで来ると上がるから買う、買うから上がるになっている。まあそれはそれでいい。チャートはIPO時の高値を目指しているようにも見えますな。まさか底まで行くかね?

トリドールで不思議なのは原価率じゃないですか?

うどんやラーメン、焼きそばなど、基本的に小麦を原材料としているわけですけど、小麦価格はずっと高い。コモディティー小麦価格は大きく下がったものの、国内の小麦価格に反映されるのはこれからですからね。

それなのにトリドールの原価率は改善している。言い分としては、大量仕入とか長期契約とかいろいろある。しかしながら、そういう要素が高騰した小麦粉価格をオフセットできるんでしょうかねえ?

不思議ですな。米粉なんかを混ぜたりしているのだろうか?

外食・レストラン・居酒屋
うどん コモディティー トリドール 外食 小麦

2009/02/02 10:10

食品銘柄の3Q決算をまとめてチェック、投資は先々を考えてから

~ 原材料価格の下落と値上げで利益は出ているがそれだけで飛びついてはいけないのが食品株。 ~

1月30日は3月決算企業の3Q発表がピーク。大量の発表があったわけだけれど、全体を総括するのは非常に簡単ですな。

自動車、電機、資源、素材、機械などなど、およそ景気敏感な企業の業績はボロボロ。絶頂なのに絶頂とは思わなくなってしまった下方修正で大赤字転落も全然珍しくない。

一方で、食品、小売り、外食などの内需株には意外と業績堅調な銘柄が多い。セクター内でも企業ごとに業績の強さは全然違っていて、良い会社と悪い会社に二極化している。

例えば食品関連ではこんな企業は好業績を出しているわけです。

ブルボンが大きく上方修正。

業績予想の修正に関するお知らせ

平成21年3月期 第3四半期決算短信

前期の業績は前々期に比べてかなり減益だったので、その反動も確かにある。しかし、回復できるだけでも立派ですよね、景気敏感企業に比べれば。個人的にはブルボンのお菓子は好きじゃないけれど、そんなことはどうでもいい。

日本食品化工はブッちぎりの業績数字。売上高こそ減額したけれど、利益は大きく上方修正。

平成21 年3 月期通期業績予想の修正に関するお知らせ

平成21年3月期 第3四半期決算短信

理由は簡単で、製品値上げで販売数量が落ちたので売上は減ったけれど、利益率が改善して儲けが沢山出たってこと。

利益率の改善は値上げだけでじゃなくて、原材料価格の下落もありましょう。トウモロコシが原材料。トウモロコシの価格がどうなっているか、今さら言うまでもない。

ハウス食品にしても第3四半期は好決算で、通期も減収ながら大幅増益を計画。まあこの減収は売上計上方法の変更のためであって、従来方式での売上では増収ですな。

平成21年3月期 第3四半期決算短信

消費者は懐が寂しくなると外食を控えるようになる。そりゃあたりまえ、外食は内食に比べて高いから。そういう流れもハウス食品にプラスに作用する。

原材料価格の高騰は落ち着きを見せ始めたものの

と書かれはいるが、原価率は改善しない。売上以上に利益が伸びているのは販管費をカットしたためですな。広告宣伝費や販売手数料、販売促進費などコントロールできるものが多いわけ。

東洋水産は40%近い利益の増額。

業績予想の修正に関するお知らせ

平成21年3月期 第3四半期決算短信

販売環境の変化、原料価格の値上がりなど厳しい環境下であったものの、一部製品の値上げや販売促進費等の減少

この説明の通り、原価率は改善していない。原料価格、この場合は小麦ですな、は猛烈に下がってはいる。しかしながら、日本の小麦価格は政府が決めるわけで、価格改定は年2回。よって、コモディティーとしての小麦価格の下げは、すぐに日本国内の小麦価格には反映されない。

しかし、今、が問題じゃない。

これから原料価格は確実に下がる。そういう先々が株式投資には必要なのは言うまでもない。

もっと言えば、今さら原料価格が下がるとか、そんなことを言っていては遅過ぎって事ですよ。そんなことはもうみんな知っているし、株価にも織り込まれている。

だからそんな材料で今さら買っていくのはバカげているわけ。

日清製粉の第3四半期を見ればそれがよく分かると言えましょう。

平成21年3月期 第3四半期決算短信

業績は良い。しかし株価は上がっていない。

結局、コモディティーとしての小麦価格の上下がどう製粉会社に影響するのか、そしてその影響で製粉各社は製品価格をどうするのか、その価格変動が消費活動にどう影響するのか、そういう流れで株価は決まっているわけ。

だから、今さら業績数字を眺めてどうこう出来るはずもないでしょ。それじゃあ遅すぎなんですな。さらにここからどうなるかを考えないとね。

業績がダメなのは飲料ですな。例えば、コカ・コーラ ウエストは下方修正。

業績予想の修正に関するお知らせ

なにもこういう減額はコカ・コーラ ウエストだけじゃなくて、コカ・コーラのボトラー各社は下方修正を連発している。伊藤園やダイドードリンコだって厳しいのは変わらないはず。

同じ食品でもコカ・コーラなどの飲料系がダメな理由はただ一つ。値上げできないから。

そのそも缶飲料なんてものは120円だか150円だかと決まっている。それを10円値上げするのはえらいことなんですよ。

昨年には、2009年の春には値上げする、っていう方向にあったわけですが、結局それも今の経済状況では消費者に受け入れられないだろうって事で飲料値上げは撤回された。これは致命的じゃないですか?

でもね、それだからこそ投資対象としてはいいんじゃないかと。

飲料各社の原材料は砂糖とアルミと原油と香料。香料は別としても、その他の原材料価格は下がる。業績の悪さに気を取られ、そういう要素が全然織り込まれていないような感じがするわけですよ。ちなみに、砂糖って言うのはトウモロコシから作る砂糖ですな。異性化糖と呼ばれる。

これを作っているのが、上に出てきた日本食品化工。日本食品化工が儲かっていることから、異性化糖の値段が高いことが分かりますな。実際、この異性化糖は原料トウモロコシの価格や運送燃料費、つまり原油価格、の上昇と共にずっと上がってきた。

それがようやく下げる気配がある。飲料各社がこの恩恵を受けるのは間違いない。

最後に日清食品ホールディングスの第3四半期決算。

平成21年3月期 第3四半期決算短信

好業績であって欲しいわけだが、業績数字は良くない。東洋水産は良い数字なので、当然日清にしたって良い数字を期待するわけだけれど、そうもなっていない。

日清は2008年1月にラーメンの値上げをした。この時、ラーメンの売上は信じられないほど落ち込んだ。こうなるともう恐くて値上げは出来なくなる。

4月と10月に輸入小麦の政府売渡価格がそれぞれ約30%、約10%引上げられましたが、当社グループでは、改めての希望小売価格の引き上げはお客様に受け入れられないため、再値上げは行わず現状の価格を据え置きました。

それにカップラーメンの異臭騒ぎなんかもあり、その分のコストもかかった。

ここまで出てきた食品関連企業は30日に決算発表があった会社だけ。他にも食品関連企業で業績の良いところは沢山ある。各社、流れは基本的に同じですな。

で、こういう感じで食品各社の業績を眺めてどうなの?

何度も繰り返しになるけれど、業績好調だから買いって、そういうのは遅すぎる。株式相場はそんなにのろまじゃない。

それに関しては、長くなったので別のエントリーでメモっておこう。

食品・飲料・日用品
ディフェンシブ ハウス食品 日本製粉 日清食品ホールディングス 東洋水産 食品 飲料

2009/02/02 10:10

プロシップ、予想以上の減額幅、配当と将来需要、高利益率で我慢

~ 需要が確実な製品で高利益率、何か良いことをしている証拠なので配当を支えに我慢。 ~

プロシップの下方修正。

成21年3月期通期業績予想の修正に関するお知らせ

減額されるとは考えていたものの、その幅はそれなりに大きいですな。

企業活動が停滞すればIT投資は控えられる。とりあえず喫緊のもの以外は出来るだけ先延ばしにされて当然。

ソフトウェア、システム開発関連企業には第3四半期まで業績好調なものが多い。PERも安いし配当利回りもそれなりで、四季報のコメントなんかを読むとなんだか調子良さそうな銘柄が見つかる。

しかし、通期の数字を見ると、かなり厳しいところばかりだ。

そりゃそうですよ、サービスを提供する先の企業業績がボロボロなんだから、そうなって当然。とりわけ景気敏感会社をメイン顧客とするところはダメですな。強いて言えば、流通や小売り、外食などの内需系企業をメイン顧客に持つところは若干酷さが緩和される。

まあ全体として考えれば投資妙味のないセクターと言えましょう。

それでなぜプロシップを個別銘柄ウォッチに入れているのか。理由はそれほど難しくもなくひねりも何もない。

まずプロシップの製品はほとんどどこの企業でも使われる。IT企業なんかの資産がほとんどゼロに等しいようなところは使う必要もないだろうけど。そういうパッケージソフトをメイン商材として持っている。

基本的にそれは税制に関わることなので、導入せざるを得ない。プロシップの製品じゃなくてもいいのだが、何かは導入する必要がある。そういう意味で需要はある。

利益率の高さが目を引く。前期の経常利益率は35%、今期下方修正後でも経常利益率は20%。利益率の高さは強い商品を持っている証明ですな。

ソフト屋さんで経常利益率が10%も無いようなところは投資に値しないですよ。利益率の低いソフト屋は、大手の下請け仕事をしているだけでしょ。そうじゃなければ、開発とか請負とか言いながら、技術者の派遣をしているだけ。

そういうことで、需要がある製品で、利益率が高い。これ、いいよねえ。

財務は文句無く良い。配当は60円なので、利回りは6.1%。ジューシーですな。

なお、期末配当金予想につきましては、1株当たり60円の当初予想に変更はございません。

なんと心強いお言葉でしょう。財務は超優良なので配当の安心感は強い。そういう事もあって、数あるソフトウェア関連からプロシップを選んでいる。

そのうちソフト屋さんに沢山投資している竹田和平さんが大株主として顔を出すんじゃないかと思っていますけれど、さてどうでしょう?

それから、配当利回り6%なんて、株価が6%下げれば吹っ飛ぶじゃん、って、そういう考えは今の相場ではナンセンスなんじゃないですか?

景気敏感株は全滅で、景気は超悪い、ディフェンシブで固めつつ次の芽を探し、セクターローテーションで味付けをするっていうマーケットですよ。配当利回りや現金修正PBRを大きな下支えと考えるのは今まさにその時です。

ハイテク・IT・テクノロジー
IT ソフトウェア パッケージソフト プロシップ 配当 高利回り

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All pages

patch