アーカイブ: 2009年2月27日

2009/02/27 18:06

ダイドードリンコ、今期の業績は横這い、原価率が悪化する計画

~ 原材料価格は下落する方向なのに原価率は悪化する計画、控え目な姿勢なのだろうが。 ~

ダイドードリンコの決算発表。

平成21年1月期 決算短信

今期の計画数字は、売上-2%、営業利益-5%、経常利益-5%、純利益+28%、EPS+28%。こうなる理由は決算説明会資料にある。

決算説明補足資料

200902271.gif営業利益の見通しを確認すると、広告宣伝費と販売促進費は合わせてプラスに作用する。これはいい。予想通り。

しかし、売上総利益はマイナスに作用する。具体的なパーセンテージで言えば、前2009年1月期の原価率は46.5%だったものが、今2010年1月期には47.5%へ1%悪化する計画ですな。

これは納得いかん。

いままでの考えとしては、販売数量、原価率、販管費が横這い、下、下。それで利益が買い古くすると言うシナリオを描いてきた。それより前には、今週にも缶飲料の値上げするという話があったわけだけれど、それは残念ながら無くなった。

ダイドードリンコの説明は決算短信にある。

清涼飲料業界におきましても、このような景気後退局面では「パイの大きな拡大」を期待することが難しく、「量から質」への傾斜が強まる一方で、従来より一層激しい企業間競争が展開され、実勢販売価格が低下するリスクも十分想定できる状況にあると思われます。

 加えて種々の原材料や資材の原価上昇リスクは依然内包していると見るのが適当であり、企業収益にとって楽観視できる材料は極めて少ないと思われます。

販売価格の低下。あるかもね。原材料や資財の原価上昇リスク。とりあえずは無いね。ダイドードリンコとしては控え目に、慎重に考えているのではなかろうか。もともと控え目な会社だからね。

200902272.gifそういう事を考えて、蓋を開けてみて利益率がどうなるのか、確認したい気持ちはとても強いと思うんです。同時に、こういう業績計画数字しか出てこないネガティブさにも十分注意が必要なんじゃないですか?

株価の動きは利益回復を期待してきたような感じがする。そうなるとこの決算発表はイヤーな方向に取られるかも知れない。それともほぼ横這いの業績に安心感があるって考えで、引き続き堅調かも知れない。そりゃあ、製造業に比べたら業績の良さは間違いないわけですよ。

個人的にははっきりした判断をしがたい状況で、週末にでも考えて結論を出したいですな。

食品・飲料・日用品
コーヒー タスポ ダイドードリンコ 自動販売機 食料品 飲料



2009/02/27 17:05

クスリのアオキ、2月月次で確認するのは調剤薬局の動向

~ 調剤薬局部門は問題ない数字、アインファーマシーズと日本調剤の数字予想に役立つ。 ~

クスリのアオキ、2月月次数字。

平成21 年2 月度 月次営業速報に関するお知らせ

ドラッグストアーとしての投資は全く考えられない。ドラッグストアとしては最低でも売上規模で2000億円。これぐらいはないとやっていけない。クスリのアオキの売上は500億円しかない。この規模のドラッグストアは売っても売っても利益が出ない。

注目は調剤薬局部門の数字。ここを確認したいだけ。

全店が117%、既存店が116.7%。文句無しですね。

調剤薬局は相変わらずアインファーマシーズと日本調剤。

医薬品・医療品・調剤薬局
クスリのアオキ ドラッグストア 調剤薬局

2009/02/27 13:01

トミヤアパレル倒産、銀行の支援を受けられず資金繰りに窮する

~ お洒落さが必要なアパレル企業なら、それりのウェブサイトを持つのは今の時代当然かと。 ~

トミヤアパレルが倒産。負債総額123億円で会社更正手続開始。

会社更正手続開始の申立てに関するお知らせ

200902262.gif第3四半期決算短信を眺めてみても、倒産することは分からないんじゃないですか?BSは全然綺麗じゃないし、銀行がやめたって言えばダメだって事はわかりますよ。ですけど、そういう会社は掃いて捨てるほどあるわけだし、取り立ててトミヤアパレルが危ないとは言えませんな。

金融機関や主力取引先などにご支援を求めたが、最終的に本年2月末の資金繰りの目途が立たず、やむを得ず本日、会社更正の申立を行うことになりました。

資金繰りさえつけば、って思いもあるんでしょうけど、銀行もバカじゃないですからね。資金繰りを何とかしてあげてもどうにもならない、って言うのも間違いではないでしょう。

200902263.gifアパレルというのはやっぱりお洒落さが必要なわけです。アパレルであれば何でもかんでもお洒落さが必要とは言いませんよ。そうじゃない類のアパレルもありますからね。

少なくともトミヤアパレルの商品はそれなりにお洒落さが必要かと。となれば、今の時代、ホームページがそれなりじゃないと駄目だと思うんです。消費者に直接つながるアパレル企業なんだから。

ってことで、このホームページは素人が片手間でシャツを売っているとしか思えませんな。ま、ホームページを直す余裕も金も無かったって事でしょう。

倒産・上場廃止
アパレル トミヤアパレル ファッション 倒産

patch