アーカイブ: 2009年2月 9日

2009/02/09 10:10

個別銘柄ウォッチ(2009/2/9)

~ ディフェンシブを整理、役目を終えた配当株を整理、成長株の業績は良い、セクター定まらず。 ~

200902091.gif

200902092.gifGMOペイメントゲートウェイは第1四半期決算を発表。業績数字についてもビジネスファンダ面でも追い風と言えましょう。株価も順調に上げてきている。

バンクテックは今週13日に決算発表ですけど、どうも不安感が強い。利益押し上げの要因はあるものの、それ以上にビジネス環境が厳しいのではないか?結局のところ、この不景気での企業のコストカット、設備投資先送りにどこまで抵抗力があるのかという点に尽きる。マーケット的には今期の増収増益を期待しているのでしょう。減収減益予想であれば大きく売られ、そこそこ増収増益では下落、予想以上の増収増益で上昇ぐらいですか?それじゃあ魅力がない。

200902093.gifユニ・チャーム ペットケアのレーティング。ゴールドマンサックスは据え置きの買い、日興シティは据え置きの買で目標株価は4000円。強気レーティングは好きじゃない。

ぐるなびが第3四半期決算を発表。可もなく不可もなく、順当な決算内容ですな。

インフォマートは今週12日が決算発表。

タビオは1月月次が発表されています。適時開示サービスを使っての発表はなぜかしないので忘れやすいですな。既存店は12月に引き続きのマイナス。客単価が11%も上がってのマイナスなので、数量減は大きいんじゃないですか?

200902094.gif伊藤園の1月月次の数字は悪くない。高配当を取りながら来期業績回復で気長に。

丸誠の第3四半期決算発表は今週でしょう。現金修正PBRで1.2倍、配当利回りで4.3%まで戻したのでとりあえず決算前に終わりにしたい。今期も横這いで行くのだろうけれど、とりあえず高利回り・低PBRとしての役割は終えた。

200902095.gifビーエスピーは第3四半期決算を発表。安い。

日清オイリオの第3四半期決算。予想通りの数字で驚きはなし。食用油の在庫が増加しているのは需要が弱いから。原材料価格の下落で製品値下げ圧力も強まる。綱引き状態。

ファーストリテイリングの1月月次。アパレル小売り各社は羨望のまなざしを注いでいるに違いない。

三菱東京UFJファイナンシャルは第3四半期決算が発表された。数字はどうでもよいですな。そういう事が問題なのではなくて、アメリカの金融機関がどう救済されるのか、それと連動するだけ。金融をどうにかするのはオバマの使命であって、三菱UFJは日本のオバマ銘柄。

オオゼキは十分な水準。下がれば買い戻しは確実。とりあえずは他にもっと魅力的な銘柄があるのでそちらへ。

見落としていたがユニバースの1月月次。順調。ユニバースの月次は適時情報開示されない。ついうっかりしますな。

神戸物産は急騰。もう終わりですな。食品スーパーというディフェンシブ株がこういう動きをしたら売り切る。神戸物産の場合、売られすぎていたこともあり戻り幅は十分。指標的にも十分なところまで来たわけで、ここからは他にもっと魅力的な銘柄へ乗り換えたいですね。

マクドナルドを外す。徐々にディフェンシブ銘柄を少なくしていく一環。一番ディフェンシブ性が低いマクドナルドを最初に。

マックスバリュ東海を外す。マックスバリュ東海、ベルク、ユニバース、どれもでいいのだけど、3つは多いので2つにするだけ。マックスバリュ東海は何も悪くない。

ディフェンシブ銘柄としてKinder Morgan Energy Partners LP (KMP)を採用。

トレーディング銘柄としてUltra Financials ProShares (UYG)のオプションを採用。UYG Mar 2009 4.0000 call (UUFCD.X)。3月限の$4コール買い。理由は簡単で、オバマ政権の景気刺激策と金融機関救済策が内容はどうあれ決まる。金融機関をなんとかするのは嫌でもオバマの使命であって、発表でアク抜けするかも知れない。そうじゃなくても猛烈に売り叩かれたアメリカの金融機関株はいつドカンと反発してもおかしくない。ProSharesでレバレッジがかかったものにさらにオプションでレバレッジをかけて狙う。

ゲームプラン・投資戦略
GMOペイメントゲートウェイ UYG ぐるなび インフォマート バンクテック ユニバース 神戸物産



patch