アーカイブ: 2009年2月 4日

2009/02/04 19:07

Julian Robertson、5年以内の長期債下落にプットオプションで賭ける

~ Robertsonのように債券で大きく儲けるにはレバレッジがいる、似たポジションをETFで取れる。 ~

Tiger Management(タイガーマネジメント)のJulian Robertson(ジュリアン・ロバートソン)のインタビューがCNBCで行われた。(Tiger Fundタイガーファンドは2000年にクローズされている。)Robertsonを知らない人は調べてもらうとして、なかなかやり手のヘッジファンドマネージャーなわけです。

・インタビュー1 How to Fix the Banking Mess
・インタビュー2 Hedge Fund Legend’s Stock Picks
・インタビュー3 Meeting of the Titans

で、彼の考えはこうだ。

マーケットについてはベア。問題は解決されていないし、まだまだ解決もされない。Good BankとBad Bankにわける計画を進めるべきだ。政府の関与はそれ以上必要ない。

株で魅力的な物は少ない。自分の金を貸し付けないクレジットカード会社のバリュエーションはそれなりに安い。VisaとMastercard。それ以外では、PERの高い成長株に興味がある。

と、ここまではまあ、良くありがちな意見というか、特にこれと言って意外性もないですな。でも、最後に至極当たり前だけれど、なかなか取らないポジションについて話があった。これがRobertsonの一番でかいポジションらしい。

200902024.gifLong Term Treasuries(長期債)のプットを買っている。なぜなら5年以内に債権利回りは上昇するから。

で、面白いのは、この説明の時に登場したのがBill Gross(ビル・グロウス)。アナウンサーも言っているが、RobertsonとGrossが一緒になるというのは違和感があるというか、不思議ですな。片や株式投資の大御所、片や債券投資の大御所。

で、意見を求められたGrossは、良いアイデアだ、と。個人投資家がRobertsonのポジションを取るのは難しいが、Tipsを買うことで同じような投資になると説明。

確かにそうですな。しかしながら、Tipsでは全然レバレッジが効かない。そうなると絶対リターンは知れている。当然Robertsonはプットを買っているわけで、しかもかなり高レバレッジは間違いない。

Gross的には、いずれ長期債利回りは6%や7%まで上がる、と。

で、今度はこのGrossの6%、7%という数字に対して、それぐらいの数字を考えているのかとアナウンサーがRobertsonに聞いた。

で、その答え。

保守的な数字だ。

なんとまあ。保守的だと。

具体的にどれぐらいの数字を考えているかは言わなかったが、10%とか12%とか考えているんですかね?それとも15%とか?10%だとしても、プットオプションでレバレッジを効かせれば文句無しのリターンが得られますな。

インフレはいずれ来る。これだかアメリカが輪転機をグルグル回しお金を刷り続ければ、いずれインフレは来る。Robertsonは5年以内と読んでいる。それを取るために長期債のPutを仕込んでいると単純に考えても間違いはなかろう。

いろんな深い考えがあって、よーくよーく考えての投資戦略なワケだから、非常に気になる投資戦略ですな。

ところで、Grossは個人投資家が同じポジションを取るのは難しいと言ったが、今は便利な時代になった。結構近いポジションが取れるんですな、これが。

200902046.gifUltraShort Lehman 20+ Trsy ProShares (TBT)というのがある。今流行りのレバレッジの効いたETFですな。長期債に連動して、長期債が下がればTBTの値段は2倍上がる設計になっている。

このTBTにはオプションがある。これなら2倍のレバレッジが効いた指数ETFにさらにレバレッジをかけられるわけですよ。ただし、残念ながら5年のプットなんて無くて、最長でも7ヶ月。

7ヶ月でRobertsonの言う状況になるとは思えないので、残念ながらオプションは無理ですな。ただ少なくとも2倍のレバレッジは効かせられる。

もうちょっと考えると、最近少しずつ話題になってきたCFDが使えるかも知れない。調べてないので分からないけれど、CFDでTBTが取り引きできれば無期限(だよね?)でレバレッジを猛烈に高めて投資できるはず。

それならJulian Robertsonと同じポジションが取れるんじゃないですか?

著名投資家の考えと行動
Bill Gross Julian Robertson Treasuries アメリカ 債券



2009/02/04 19:07

「お得感」は「割安」ではない、消費者は損するが企業は儲かる

~ 食品会社は減量と値下げでお得感を出すが、実際には割高になっている事を忘れずに。 ~

こういう手はありますな。

サイズを小さくして多少値下げしてお得感を出す。

でもね、現実的には割高になっているので損をしている。消費者はなかなか気が付かないというか、気が付いても目先の絶対金額の低さに引かれてしまうんでしょうな。そんなことは消費する人の勝手なのでどうでもいいとして、問題は企業の業績。

例えば今回の醤油。

200902031.gifもともと1Lで479円の醤油を750MLにして380円で売る。1ML当たりの価格は、1Lの場合が0.479円、750MLの場合で0.506円。750MLは1Lより5.8%も高い。

平たく言えば、5.8%の値上げって事ですよ。

製造コストが1Lと750MLで違うんですかね?仮に違ったとして、750MLの方が5.8%も高いはずはありますまい。おなじ食品の原価率5.8%も悪化なんてちょっと考えずらい。

結局、少子高齢化で人数が減り、とかなんとか最もらしい説明をしつつ、しれっと値上げをする。いいじゃないですか。

あ、なんか誤解されそうですが、企業にはプラスなので、良いことですよ、本当に。自分は1Lを買い続ければいいだけの話で。

ところで、下の朝日新聞の記事だが、見出しが「適量・割安で販売増狙う」って、割安じゃないですよ。何を言ってるんだか。こういうのを「割高」って言う。

朝日新聞 朝刊

しょうゆなどサイズ小さめに 適量・割安で販売増狙う

 しょうゆやドレッシングなどの分野で、従来より容量の少ない製品を発売する動きが食品メーカーに広がっている。少子高齢化などを背景に家族の人数が減り、賞味期限内に使い切れない例が増えていることに対応する。量を減らして価格を抑え、買い物客に値頃感をアピールする狙いもあるようだ。

 キッコーマンは17日から、「特選丸大豆しょうゆ」の750ミリリットルサイズを発売する。これまでの売れ筋は1リットルだったが、1世帯あたりの月平均のしょうゆの購入量は90年の985ミリリットルから07年は662ミリリットルまで減少。昨年春の値上げも影響し、1リットルの売れ行きは微減傾向が続いていた。

 希望小売価格(税抜き)は1リットルが479円なのに対し、750ミリリットルは380円。「適量で、価格が安い。販売増につながれば」(広報)と期待する。

 キユーピーも13日出荷分から順次、ドレッシング11品目を200ミリリットルから170ミリリットルに減量する。こちらも狙いは同じで、減量は58年に発売して以来、初めてという。日清オイリオグループも3月2日から、1千グラムしかなかった「日清ベジフルーツオイル」の600グラムサイズを出す。(本田靖明)

こちらは日経新聞の記事。「価格も低く」ということで「割安」なんて間違った単語は使っていない。一応経済誌だしね。

2009/02/04, 日本経済新聞 朝刊

食品、少量で無駄なく、しょうゆなど、価格も低く設定。

 カレールーやしょうゆなど、食品で内容量の少ない定番商品が相次ぎ登場する。価格も下げて値ごろ感を狙った商品だ。節約志向が広がるなか、無駄なく使い切りたいという消費者ニーズの高まりに応える。

 エスビー食品は九日、主力のカレールー「ゴールデンカレー」で容量を二十グラム少ない二百二十グラムにし、希望小売価格(税別)も三十円下げ二百八十五円にする。外食を控える「内食志向」が高まっていることを受け、「三百円未満」を訴える。

 キユーピーは二月中旬から順次、家庭用ドレッシング十一品の内容量と価格を一五%抑える。フジッコは総菜「おまめさん」「ふじっ子煮」の一部でも同様に割安感を出して弁当などに使ってもらう考えだ。

 キッコーマンは十七日、定番シリーズ「特選丸大豆しょうゆ」で七百五十ミリリットル入りの新商品を関東甲信越で発売する。希望小売価格(同)は三百八十円。従来の五百ミリリットルと一リットル入りの中間で、一カ月程度で使い切れる分量を提案する。売れ筋になれば他の商品でも内容量を減らす。旭松食品やエースコックも小容量で低価格の商品を出す。

ちょっとニュース
キッコーマン キューピー ヱスビー食品 日清オイリオ

2009/02/04 19:07

悪さをしたら厳罰を、そうでなければ日本の投資環境は充実しない

~ 儲けの金額と過怠金の額が同じなら、いちかばちかで悪さをした方が全然お得です。 ~

これはいいですな。最低でもこれぐらいはしてもらわないとどうにもならない。

しかし、それでも金額はたったの10億円ちょっと。しかもそれは儲けた額と同じぐらいの金額らしい。

ってことは、ヤバイことして儲けても、損するのは儲けの金額だけ、うまく行けば儲かるだけ。これじゃあヤバイ事はやらないでおこうなんて誰が思うかね?

とにもかくにも、罰が甘すぎるので悪いことはしないでおこうというインセンティブが働きませんな。

ま、今回が第一歩と言うことで頑張って欲しい。

2009/02/03, 日本経済新聞 朝刊

パリバ不正利益没収へ、アーバンコーポ問題で日証協、過怠金10億円超も。

 日本証券業協会は二日、BNPパリバ証券に対して、経営破綻したアーバンコーポレイションとの不適正な取引で得た利益を没収する過怠金処分を科す方向で検討に入った。資本市場や証券業界の信頼を損なう行為の責任は重大だと判断しているため。過怠金の規模は十億円を超え、過去最大となる公算が大きい。(解説4面に)

 BNPパリバは昨年六月、アーバンと三百億円の資金調達を巡る契約を結んだ際に、実際の調達額が投資家に分からないように一部の内容を非開示とすることを働きかけていた。日証協の行動規範委員会は二日、こうした不適正な行為に対して厳格な処分をすべきだとする報告書を発表。日証協は報告書を踏まえ、九日にも過怠金処分の大枠を固める。

 東京証券取引所とともに業界の自主規制機能を担う日証協は、法令に違反した会員証券会社などに対し過怠金を科す制度を持つ。従来は過怠金の最高額を五億円としてきたが、違反行為が後を絶たないことから、昨年に不公正な取引で得た利益を全額没収できるよう制度を改正。過怠金の上限を実質的に撤廃した。

 BNPパリバの件は不正利得に見合った額の過怠金を科す初の事例となる。BNPパリバが設置した外部検討委員会は、アーバンとの取引で得た収益額を約十一億八千万円と認定しており、日証協はこの認定額を基に過怠金を決定する。

いい加減にしてよ
BNPパリバ アーバンコーポレイション 過怠金

2009/02/04 18:06

【バフェット・ウォッチ】売り建てプットオプションの行使でBNI買い増し

~ 長期投資家がプットオプションを売る場合の考えの基本は、株は買ってもいいほど安い。 ~

ウォーレン・バフェットのBurlington Northern Santa Fe(BNI)(バーリントン・ノーザン・サンタ・フェ)の持株比率が22.4%まで上昇。1月30日に75ドルで230万株、合計$174Mで取得。

これは市場で買ったわけじゃなくて、売っていたプットオプションが権利行使されたもの。

プットを売る理由は分かりますよねえ。

BNIの株価は十分低い。しかし株を買い増しするにしても、もう十分持っているのでいらないなあ。じゃあとりあえずプットを売ってプレミアムを稼いでおこう。もし行使価格まで下がっても、それはそれで株を買い増せばいいじゃん、安いんだからね。

バフェット的にもそういう感じなんじゃないかと思いますがいかが?

著名投資家の考えと行動
BNI Burlington Northern Santa Fe Warren Buffett バフェット・ウォッチ

2009/02/04 18:06

【バフェット・ウォッチ】ハーレーの利回り10%の社債を$300M購入

~ アメリカンバイクといえばハーレー、Harley-Davidsonのブランド力に投資するBuffett。 ~

Warren Buffett(ウォーレン・バフェット)のBerkshire Hathaway Inc. (BRK-A)(バークシャーハサウェイ)がHarley-Davidson, Inc. (HOG)(ハーレーデイビットソン)に投資。投資と言っても株じゃない。社債ですな。

ハーレーは$600Mの社債を発行することになり、そのうちの半分をバフェットが買う。満期は2014年で、利回りは15%。

15%は高いですな。さすがバフェット。ゴールドマンサックスの時は10%で、それでも十分高利回りですけど、今回はさらに高利回り。

ハーレーの二輪は高い。不景気になって金回りが悪く、金融危機でローンが下りない今、ハーレーは自分のところで消費者にローンを用意しなければならない。そうでもしないと高級バイクを誰が買いましょう。

$600Mはそういうローンに使われる。

バフェット的には、ハーレーのブランドは永遠に不滅だって事でしょうな。

著名投資家の考えと行動
Harley-Davidson HOG Warren Buffett ハーレー バフェット・ウォッチ

2009/02/04 18:06

ITサービス業界の全体像を捉えるには大手の動向だけで十分

~ ITサービス業界のピラミッド構造を理解して、仕事がある企業を考えると投資先が見えてくる。 ~

ITサービス市場は基本的にピラミッド構造になっている。ITサービスっていうのは、システムインテグレーションと呼ばれる作業だったり、ソフトウェア開発とか、ITアウトソーシングとかシステム運用とか、そういうものの総称ですな。

大手のITサービス企業が頂点にあって、下請けがその下にあって、孫請けがさらにその下にある。結局、大手が受注して、自分のところでやりきれない仕事とか、専門能力のある中小ITサービス企業に業務を割り振るわけ。

じゃあ、大元の受注が減れば一番割りを食うのは下請けや孫請けの中小ITサービス屋さんであることはスグリか出来ますな。

ITサービス屋は星の数ほど上場しているが、そのほとんどが下請け。そういう中小IT屋について、「金融機関向けのシステムが好調」、「大手流通業からの受注が豊富」なんて四季報に書かれていたりするわけだが、これは誤解を招くこともよくある。

つまり、受注しているのは直接ではなくて、大手のITサービス企業からの下請け的な受注ですな。

こういう会社はつまらない。

そういう業界構造を考えてみれば、ITサービス業界の動向は大手の様子をうかがっておくだけで十分って事じゃないですか?

NTTデータは業界最大手級。第3四半期決算を発表したけれど、その説明資料にうまいことITサービス業界の動向がまとめられている。

平成21年3月期 第3四半期 連結決算概要(参考資料)

200902045.gif7ページにあるこの図だけでよく分かると言えましょう。

底堅いニーズが見込めるのは規制対応等の必須案件などに限られる。

そういう事でしょうな。

個人的には、金融関連は全然ダメで流通関連の方がいいかと思っていたのだが、どうやらそれは間違いらしい。考えてみれば、確かに金融関連の方が規制対応は沢山ありましょう。当然公共分野は安定的に仕事がある。あと、ヘルスケアね。

ってことで、まとめると、この不景気相場においてITサービス業で買いなのは、中小企業で公共分野や金融関連、ヘルスケアに規制対応なんかの絶対必要なシステムを納めている企業って事になる。

加えて、先に書いたように、大手の下請け的な中小はつまらないので外す。直接取引でシステム開発してたり、もしくはパッケージソフトを売っているのが良いですな。

そういう範疇に収まるITサービス企業以外は無視で良い。

ハイテク・IT・テクノロジー
ITサービス NTTデータ システムインテグレーション ソフトウェア パッケージソフト

2009/02/04 14:02

ユナイテッドアローズの1月概況は12月に引き続き醜悪、高級はダメ

~ 高級路線のアパレル小売りが不景気で伸びないのに違和感は全然ない、月次は当然厳しい。  ~

ユナイテッドアローズの1月概況。

平成20年1月度(平成21年3月決算期)月次売上概況(速報)についてのお知らせ

全店は101.5%、既存店は91.8%。ボロボロだった12月からはちょっぴり回復したものの、醜悪な数字であることに変わりは無し。

UAのブランドは基本的に高級路線のなので不景気にはどうしても厳しいですな。

専門小売銘柄
アパレル ファッション ユナイテッドアローズ 小売り

2009/02/04 14:02

アールエイジ、妙な株価急騰と株式分割、1ヶ月で半値以下は覚悟

~ 意味もなく株価が急騰を続け、株式分割が発表され、そして1ヶ月後に株価は無くなった・・・。 ~

アールエイジが株式分割。

株式分割及び株式の分割に伴う定款の一部変更に関するお知らせ

今時珍しいですな。株式分割するって事は株価が高いって事で、本当か?と思って株価をチェックしてみると・・・。なんですか、これ?

200902044.gifまず最初に株価がぴょこんと上げたのが11月12日。この時はプレスリリースもニュースも何もない。

勢いづいたのは12月9日で、この日も何も理由はない。

そして決算発表が12月12日。そこから株価上昇はスピードを増し、11月11日から株価は実に4倍になった。

なぜですか?決算内容を見ると、別に悪い決算じゃないが今期は減益予想。不動産屋と言っても賃貸管理が中心で危なさは低い。でもだからといって、株価が4倍になる理由は全然見あたらない。

監査法人が優成と言うことで、どちらかと言えばファンダ面からは手を出す気が起きない。

まあよく分からんが、手出し無用でしょうな。空売りできるわけでも無し、上がる方だけに賭ける勇気がある人はいいんじゃないですか?チキンレースでうまく行けば儲かるってこと。

1ヶ月後には半値になっている覚悟でね。

不動産・マンデベ・流動化
アールエイジ マンション 不動産 優成 株式分割 監査法人 賃貸管理

2009/02/04 14:02

バルス、1月の既存店は久しぶりのマイナス、必需品ではなく厳しい

~ 生活雑貨は不景気だったらフラフランで買わなくてもいい、株価が安くなっても買わなくてもいい。 ~

バルスの1月月次数字を確認。

平成21年1月期月次売上概況(1月度)

全店は116.7%、既存店は99.8%。既存店の100%割れは少なくとも過去2年間はなかったわけで、久々のマイナスですな。イヤーな感じがしますねえ。

1月末決算なので2009年1月期が終わり。年間での全店売上高は120.5%、既存店売上高は107.9%。この数字だけ見れば文句無しの結果ですよ。

200902043.gifさて、2月からはどうでしょうな。株価的にはもうダメですよと言っている感じがしませんか?

フランフランで扱う商品は生活必需品でもないわけで、懐具合が寂しいときにはカットされても仕方ない物。そういう物なワケだから、株の方はどうしたって慎重にならざるを得ないでしょ。いや大丈夫だ、っていうのはガッツっていう古い言葉がピッタリな態度と言えましょう。

そんなリスクを犯す局面じゃない。

専門小売銘柄
バルス フランフラン 小売り 雑貨

2009/02/04 14:02

ファーストリテイリングの1月月次は減速感があるが引き続き好調

~ 高値から25%下落しても株価はまだ安くない、一人勝ちユニクロだからもう下げないか? ~

ファーストリテイリングの1月月次。

平成21年8月期 国内ユニクロ事業 売上推移速報

相変わらずの好調さ。既存店売上が105.7%、全店売上が109.4%。今期ここまで既存店113.7%、全店117.3%。

スローダウンしてはいるものの、誰もがうらやむ数字ですな。

200902042.gif株の方は、12月に内需系銘柄が一斉に売られたのにつられて高値から25%の下落。それでもたったの25%ですな。十分高評価なわけであって、まだとてもじゃないけど買いたいとは思わない。

まあ、ユニクロといいABCマートとといい、好業績な小売りの株価は下げても知れているのかもね。買われる株はどこまでも、売られる株もどこまでも。だったら素直に買っておけっていう方法もありましょう。

個人的には今はそういう事をする相場じゃないと思っているので様子見ですな。

専門小売銘柄
アパレル ファッション ファーストリテイリング ユニクロ 小売り

2009/02/04 14:02

エービーシー・マート、足取り軽く、数少ない月次数字好調の小売業

~ 12月の悪数字からは回復、株価は下げたと言え高い、太陽ASGには注意が必要。 ~

エービーシー・マートの1月月次数字。

平成21年2月期 1 月度概況について

12月の大きく落ち込んだ数字からはずいぶん回復。既存店は+0.3%、全店は+13.9%。この数字自体は相当立派じゃないですか?

200902041.gif景気敏感企業が軒並み大赤字、内需関連企業もずいぶん差が付いてきた中で、これだけの数字を出している小売企業はなかなかない。ユニクロのファーストリテイリングぐらいか。ニトリとかアスクルもそうだな。

株価は12月の高値から30%も押したけれど、それでもまだ全然安くはなっていない。この業績じゃあ安くなるはずもないわけだが、だからといって買う気にもならない。

それから、残念なことに、ABCマートの監査法人は太陽ASGなんですよね。これは引っかかりますな。

専門小売銘柄
エービーシー・マート 太陽ASG 小売り 監査法人

2009/02/04 14:02

日本綜合地所、評価損もあり大赤字、ヘタすれば資金繰りに窮する

~ 財務制限条項に触れる可能性があると、そうなればさらに倒産の危険性は高まる。 ~

日本綜合地所の下方修正。

業績予想の修正に関するお知らせ

大赤字へ減額ですな。棚卸資産の評価減やら有価証券の評価減やらで300億円の純損失を計上する計画。1000億円売って300億の赤字ですからね、酷いものですよ。

300億の赤字を出すと、自己資本は90億円まで減少する。自己資本比率は当然一桁ですな。一桁前半。

さすがに倒産の可能性が高いマンデベに数えられるだけのことはあります。

なお、今回の業績下方修正により、当社が借入人となっているシンジケートローンの財務制限条項に抵触する恐れがあります。

詳細は見ていないが、通常こういった財務制限条項はどこの会社も同じ。純損失を計上しないとか、自己資本をどれだけ持っておくとか、そういう財務の条件。それが満たされない場合は、借金は耳を揃えて返せよなっていう事です。

これは決算短信のBSの注記として載っている。

大赤字でそういう状況になりますよって日本綜合地所は言っている。

そうなった場合、銀行と話し合って制限条項を緩和してもらったり、一時的に勘弁してもらったりする。さもなければ借金返済だけれど、そんな金はあるはずもなく、資金繰りに窮することとなる。

もしそうなればとジ・エンドですな。

不動産・マンデベ・流動化
マンション マンデベ 不動産 日本綜合地所 流動化

patch