アーカイブ: 2009年1月

2009/01/22 23:11

ソニー、絶頂下方修正で営業赤字に転落、いやーな気分になる

~ 輸出系・グローバル経済系の企業は軒並み大赤字に転落、そういう銘柄を買うのはまだまだ先 ~

ソニーの下方修正。

業績予想の修正に関するお知らせ

ずっと前からニュースになっていたことであって、驚きは全然ありません。だけど、いざこうやって正式なプレスリリースとしてソニーから発表されると、何かこう、いやーな気分にさせられますな。

前回の業績予想発表があったのが2008年10月23日。9兆円の売上と2000億円の営業利益を見込んでいた。それがたったの3ヶ月で、売上を1兆3000億、営業利益を4600億も減額。営業利益は2600億円の大赤字。

あまりに酷いけれど、なにもこれはソニーだけじゃない。トヨタだって同じ。その他、大赤字に転落している企業ばっかりですよ。

何度でも繰り返し言いましょう。

外需・輸出・固い物・大きい物・高い物、全部ダメ。

ちょっと相場付が良くなってそういう銘柄が上がりだしたりすると、あっ底を打ったんじゃないか、って買いに行くのはダメって事です。

電気機器・精密機器
ソニー トヨタ 不景気

2009/01/22 23:11

ゴメス・コンサルティング、業績はどうでもいいがPBRが安すぎる

~ 激しく現金価値割れしている激安さ、これでまともに配当があれば買うのは間違いない。 ~

ゴメス・コンサルティングの第3四半期決算。

平成21年3月期 第3四半期決算短信(非連結)

業績はどうでもいい。ビジネスも流行りものなのでどうでもいい。どうでもいいけど、現金価値以下に売られているのは非常に気になりますな。

BPSは98,000円、現金修正BPSが85,000円。株価35,000円なので、PBRは0.36倍、現金修正PBRが0.41倍。あまりにも安すぎる。

200901221.gifしかし、今期は業績が悪いので無配。なんでそういう事するかねえ?これで配当2000円ぐらい出せば配当利回り5.7%。買いますよ。

2000円の配当をしたところで配当総額は3000万円に届かない。財務的にもへっちゃらですな。

SBI系というのが大きなマイナス要素ではある。

それにしても上場直後の最高値が115万円ですか。アホな事があったものですなあ。

ビジネスサービス
PBR ゴメス・コンサルティング 配当

2009/01/22 23:11

cygwinコンソールで外付けネットワークハードディスクへcdする方法

~ NAS自体にはcdできない、なぜならディレクトリではないから、必ず具体的なディレクトリを指定。 ~

バックアップソフトTrueImageとネットワーク対応の外付けハードディスクHDL-GS500でようやくPCバックアップ環境を整えた。

昨日、Cygwinのコンソールからそのネットワークハードディスク(NAS)へアクセスしようとしてふと思った。どうやってアクセスするの?

適当にcdしてみるものの、全然入ることができない。しょーがないのでググってみたところそれらしきものを発見。

で、めでたくネットワークハードディスクへアクセスすることができた。同じ事で悩む人もいるでしょう。せっかくなのでメモしておく。

200901211.gifエクスプローラーではこんな感じになっている。Landisk500というのがネットワークハードディスクで、その中にいくつかディレクトリがある。これらのディレクトリはデフォルトでこうなっている。

Landisk500のdiskにアクセスしたい場合。

%cd //Landisk500/disk

非常に簡単で、こんなのは調べるまでもなく適当に試すべきコマンド。じゃあなぜ自分でできなかったのか。なぜなら、

%cd //Landisk500

というコマンドは成功しないから。

だってね、Landisk500にアクセスしようと思えば、そういうコマンド打つでしょ。しかし、これだとLandisk500にはアクセスできない。理由としては、Landisk500がディレクトリではないかららしい。

cdはchange directoryでディレクトリを変える。ディレクトリでないところにcdできない。よって、

cd //Landisk500/disk

でディレクトリを指定しなければならない。

まあ、どうでもいいが、そうやればよい。

よもやま話(投資以外の話題)
cygwin PC バックアップ

2009/01/22 23:11

ジーンズメイトと西松屋チェーンの1月月次、相変わらず醜悪

~ こんご数字は悪くなると考えるのが間違いないし、例えそれが外れても害はない。逆は害あり。 ~

アパレル小売り企業の1月月次。

まずはジーンズメイト。

2009年2月期 前年比速報

全店が85.3%、既存店が87.8%。12月の落ち込んだ数字からは少し回復したものの、相変わらずの醜悪な数字ですな。

今期ここまででは全店86.3%、既存店88.6%。お話になりません。

それでもわざわざジーンズメイトをフォローするのは配当利回りが高いから。25円の配当で利回りは5%を越える。優待を合わせれば余裕で10%を越える。

リストラをすることになったし、減配・優待改悪になるだろうか?財務は超優良なので配当と株主優待は維持して欲しいところですな。

次は西松屋チェーン。

平成21年2月期前年比速報(1月度)

全店103.3%、既存店95.8%。ジーンズメイト同様に12月の酷い数字からは回復してはいる。

これからどちらの方向へ行くのかと聞かれれば、悪い方向へ行くと答えた方が当たる確率が高いんじゃないですか?仮にそれが外れたとしても、ちっともダメージは無いというのが重要ですな。

そういう姿勢で投資をするべき局面。

アパレル・ファッション銘柄
アパレル ジーンズメイト ファッション 子供服 月次 西松やチェーン

2009/01/21 10:10

はじめの一歩を踏み出そう by マイケル・E. ガーバー 、起業本★4

~ 起業する人の3タイプ、起業家タイプ、マネージャータイプ、職人タイプ、を意識して対策する。 ~

2009年最初の読書。今年はなるべくたくさんの本を読みたいですな。って、これは毎年思うんだけどねえ。あと、これまで読んだ投資本でナイス!って思った良書を全て再読したい。

今年の読書は起業本でスタート。これです。

はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術
マイケル・E. ガーバー (著)

  • ・総合得点:★★★★☆(満点★5)
  • ・こういう人向き:起業する人、プチビジネスを始めたい人、始めてみたけどうまく行っていない人
  • ・向かない人:起業したいのでお役所書類とか会計とかの手続き関係を知りたい人

起業したい人は多いと思います。起業なんて言うと何かたいそうな事のような感じがしますけど、そんな大きなコンセプトではなくても、ちょっとサイドビジネスしてみたいなって人も沢山いますよね。何年か前にはプチ起業とか週末起業とかいう言葉が流行ったし。

この本はそういう人達に向けて書かれている。

所謂起業本には大きくわけて2種類ある。一つは、起業に必要な手続きを説明したもの。例えば、お役所に出す書類をどうするか、帳簿はどうするか、資金をどうするか、銀行口座をどうするか、など。つまり、ある意味、事実・決まり事を説明しているわけですな。

もう一つは、起業の心構えとか、実際のビジネスでぶち当たるであろう問題などを説明したもの。ある意味、メンタル・ビジネス実務(数字以外)の面になるかと思う。

で、この本は後者。

起業というと、何かと前者を非常に気にする人がいるが、それは優先順位を間違っていると思われる。なぜなら、書類や会計なんかは、とりあえずいい加減でも問題ない。そんなものは儲かってからやっても十分間に合う。まず無い事だが、例え税務署に怒られたとしても知れている。

やっぱり重要なのは後者ですよ。

本書はパート1、2、3に分かれているけど、パート1がとても良いことを言っている。パート1の目次。

  • 1.起業家の神話
  • 2.「起業家」「マネージャー」「職人」-3つの人格
  • 3.幼年期-職人の時代
  • 4.青年期-人手が足りない!
  • 5.誰もが経験する成長の壁
  • 6.成熟期-商品よりも重要な起業家の視点

ポイントは、起業家には3タイプの人間がいるってこと。起業家タイプ、マネージャータイプ、職人タイプ。

起業する人で一番多いのは職人タイプ。職人というと、いわゆる「職人」をイメージするかも知れないが、そうではなくて、ある事に打ち込んで黙々とやって完成させる事を得意とする人間ってこと。しこしこコツコツやる、集中してやり抜く、そういう感じの人間。

こういう人は、ある事に関しては技術・知識を持っているから、自分で作って売ればそれでビジネスになると思いこむ。パンが作れるからパン屋、ホームページが作れるからWebデザイナー、コーヒーが好きだから喫茶店、みたいなね。

でも実際にパン屋を開店すると、忙しいばかりでちっとも儲からない。美味しいパンなら売れるから、気ままにパン屋をやって行こうと思っていたのに、忙しいばっかりでパン焼くのが苦痛。そういう風になります。

喫茶店始めてもお客が来なくて赤字でどうしようもない。半年で閉店するなんてよくある話。

つまり、そういう職人タイプの人には、「起業家」と「マネージャー」の能力がないし、そういう事を意識もしない。それじゃあビジネスはうまく行かない。

同様に、起業家タイプには「マネージャー」と「職人」の能力が欠けていて、マネージャータイプには「起業家」と「職人」の能力が欠けている。

結局、そういうことをよーく意識して、3つの能力をうまく使わないとダメ。

こういう事はやっぱり起業する上での必要最低限の知識というかメンタルというか、大切な要素ですな。

パート2、3になると、起業後のマネジメントやマーケティング、システム戦略などについて話されている。まあ、この辺りは起業に必要と言うより、その先って感じ。それに、そういうビジネス実務に関しては専門的に詳しく書かれた良書が沢山あるのだから、なにも、こんな起業本で書くこともないんじゃないですか?

ってことで、これから起業しようと思っている人、プチビジネスを始めたい人、やってはみたものの思うように行かずに困っている人、そういう人達はパート1だけは読んで損は無し。

訳本なので文化的に何か違和感が少しあるのは仕方ない。

最後に「BOOK」データベースから転載。

25000社以上のコンサルティング経験に基づく長年のノウハウを初公開した本書は、発売以来、米国の起業家たちから熱狂的に支持されている。世界20か国で翻訳され、100万部を超える隠れたベストセラーである。米・ビジネス誌「Inc.」が行った成長企業500社のCEOへのアンケートでは、ビジネス書No.1に選ばれた。アメリカの起業家たちに最も影響を与え続けているバイブル的な一冊。

読書・書籍・雑誌
ビジネス 書籍 読書 起業

2009/01/20 23:11

春日電機、粉飾決算による上場廃止、クサイ会社がまた消えた

~ 上場廃止日までに一山も二山も暴騰し、上手な短期筋は儲けるのでしょう。 ~

春日電機が上場廃止。

上場廃止等の決定に関するお知らせ

予想通りでしたな。倒産する前に上場廃止ですが、まあどちらでも同じです。

上場廃止日は2月21日でまだ1ヶ月ほどある。短期筋が集まってきて急騰する場面も何回かあるんじゃないですか?上手な人は儲けられるわけですが、自分にはそういう能力は残念ながらありません。

上場廃止理由

有価証券上場規程第601条第1項第11号b(上場会社の四半期財務諸表等に添付される四半期レビュー報告書において、公認会計士等によって、「結論の表明をしない」旨が記載され、かつ、その影響が重大であると東京証券取引所が認める場合)に該当するため。

倒産・上場廃止
上場廃止 春日電機 粉飾決算

2009/01/20 23:11

オー・エイチ・ティー、粉飾決算で上場廃止、不正株取引の件はどうなった?

~ OHTが遅すぎる上場廃止、理由は粉飾決算だけど、それ以外にも退場理由は多い。 ~

オー・エイチ・ティーが上場廃止に。

当社株式の上場廃止に関するお知らせ

当然の上場廃止ですな。遅すぎと言うことはありますが、クサイ会社が一つ株式市場から退場するのは良いことです。

上場廃止理由

有価証券上場規程第603条第1項第6号(関連規則は同規程第601条第1項第11号a(上場会社が有価証券報告書等に虚偽記載を行い、かつ、その影響が重大であると当取引所が認める場合))に該当すると認められるため

平たく言えば粉飾決算。粉飾したので上場廃止。

それはいいのだが、OHT株の不正取引の首謀者は捕まったんでしたかな?捕まっていないような。第一東京弁護士会所属の弁護士、椿康雄容疑者ですな。

OHT事件とは

2008/02/02, 日本経済新聞 朝刊

OHT株事件 二〇〇七年一月中旬に百四十万円程度まで上昇していたOHT株が五月に急落した。証券口座の開設者から名義を借りた「借名口座」を使い、売りと買いの注文を繰り返して、株価を高騰させたあと急落させた疑いがもたれている。値上がり益を得たあと、損失は口座の名義人の債務となった。

 証券会社から資金を借りて元手以上の株取引ができる信用取引が利用されていた。借名口座のため実際に取引した当事者がつかまらず、貸し出した資金の一部が回収不能に。各社は裁判所に口座の名義人の財産処分の差し止めなどを請求したが、名義人は「不正取引に使われるとは知らなかった」と主張している。

倒産・上場廃止
オー・エイチ・ティー 上場廃止 犯罪 相場操縦 粉飾決算

2009/01/20 23:11

プロパスト、担保の社長株式が売られ、持株比率は6%まで低下

~ 社長の持株売却だけではなく、倒産も納得の材料が盛りだくさん、いつまで続くか。 ~

プロパスト森俊一社長の担保に入っている持ち株がさらに売られた。

主要株主である筆頭株主の異動に関するお知らせ

当社の筆頭株主である当社代表取締役社長森俊一が金融機関から個人として融資を受けるにあたり、当社株式を担保提供しておりましたが、当該金融機関において担保権の実行により当社株式が売却されました。

森社長の持ち株比率は6%まで低下。ついこの前までは37%も持っていたのだから恐ろしい。

担保処分は既に始まっていたわけだが、そんな事実が知れれば株はさらに売られる。さらに売られれば担保価値はますます下がる。下がるから売る、売らなきゃいけないから下がる、下がるから売るの悪循環ですな。

プロパストは倒産材料がてんこ盛り。一体どこまで行くんでしょうか。

クサイ会社・エグイ企業
プロパスト マンション マンデベ 不動産 倒産 流動化

2009/01/20 23:11

ユニバース、立会外分売を株価が上がったところで実施

~ 不景気のディフェンシブ銘柄として変らず割安な食品スーパー、分売は参加の方向で。 ~

ユニバースが立会外分売。

株式の立会外分売に関するお知らせ

ユニバースは昨年末に東証一部に鞍替え上場したので、株主を増やす必要がある。鞍替えの前に基準より増やしておかなければならないので、当然基準は満たしてはいる。今回は、さらに株主を増やしておきたいって事ですな。

200901199.gif株価がグンと上がったところで分売。そうなりますな。

分売発表でとりあえず株価は下がるし重くなるのは間違いなんじゃないですか?けれど、本質的に何も変らないのだし、こんな景気でディフェンシブな割安食品スーパーであることも変らない。

大きく下げたところで分売が決まれば参加でOKです。

専門小売銘柄
ショック品スーパー ディフェンシブ ユニバース 立会外分売

2009/01/20 22:10

あさひ、このマーケットで新株発行増資できる業績と株価はすごい

~ 自転車操業とはほど遠く儲かり増資の必要もないが、株価が高い時が資金調達のタイミング。 ~

あさひが新株発行増資。

新株式発行並びに株式売出しに関するお知らせ

このマーケットで新株発行増資してくるとはなかなかやりますな。なかなかやる、とはエゲツないってことじゃなくて、優秀だって事ですよ。

ご存じの通り、あさひの業績は絶好調。先月発表された第3四半期決算は、売上+25%、営業利益+61%、経常利益+59%、純利益+64%。これを絶好調と言わずして何を絶好調と言いましょう。

通期でも同じような伸びを計画。

200901198.gif好業績を反映して株価の方も素晴らしい。まだここから十分新高値を取っていけるのではないですか?株価が高いときに増資するのは良いことですな。

それでいてPERではまだ18倍。PBRは4倍とさすがに高い。

そういう状況で、今回70万株の新株発行。1240万株の発行済株式数なので、新株は5.6%。だいたい新株発行の時は10%ぐらいの数字なので、少な目ではある。

しかしながら、この相場では嫌われそうです。株価の反応としては当然下ですよねえ。

下に行く要素としては、創業者一族が50万株売り出すという事もありましょう。創業者だって現金が欲しいし高いところで持ち株売りたいのは当然で、非難されることじゃない。問題はこういう不景気風がびゅんびゅん吹いている中で売り出すことじゃないですか?

投資家のうがった見方は、来期は業績の伸びが急速に落ち込みそうだから経営者が今売っておくんじゃないの?って感じですか。

とりあえず月次数字からはそんな雰囲気すらありませんが、いかんせんこの不景気、どうなるか分かったもんじゃありません。

どこまで株が下がるかによりますけど、激下げするようであれば買ってみてもいいんじゃないですか?

専門小売銘柄
あさひ ファイナンス 増資 新株発行 自転車

2009/01/20 22:10

アセット・マネジャーズ、社債の条件を改悪、こんな事ができるの?

~ 今年3月に償還予定の社債130億を返したくないので無理矢理な条件改悪で乗り切る。 ~

アセット・マネジャーズ・ホールディングスが転換社債型新株予約権の条件を変更したいらしい。

2011 年3 月18 日満期円貨建転換社債型新株予約権付社債に関する社債権者集会の開催、臨時株主総会の開催及び臨時株主総会招集のための基準日設定に関するお知らせ

題名の長いプレスリリースですな。そんなことはどうでもいいが、内容はエグイ。

① 本社債に関する事項
・ 社債権者の選択による繰上償還における償還額の減額(本社債額面金額の50%とする。)
・ 満期償還日の延長(1 年間延長し2012 年3 月17 日とする。)
・ 満期償還額の減額(本社債額面金額の90%とする。)
・ 140%コールオプション条項による繰上償還の廃止
* なお、利率(ゼロクーポン)に変更はありません。

つまり、転換社債を持っている人は、

・満期が1年延長され
・満期まで持っても90%で償還され
・繰り上げ償還する場合は50%しか返ってこない
・今まで通り利息はなし

こんな条件の改悪を納得して受け入れられる投資家っているんですか?このエゲツない条件と引き換えに多少は得るものも準備。

② 本新株予約権に関する事項
・ 本新株予約権の行使に際して払込をなすべき1株あたりの額(以下「転換価額」といいます。)の変更(2009 年1 月16 日終値である8,170 円へと下方修正をする)。
・ 行使期間の延長(1年間延長し2012 年3 月7 日まで行使できるものとする。)<

つまり、

・株式への転換価額を8170円に引き下げ(るので、転換すれば今までより沢山株がもらえますよ) ・権利行使期間を1年間延長(するので、今は株価が低いけど、1年延長したので上がるかも知れないでしょ、上がって転換して売れば儲かるでしょ。)

この条件変更が受け入れられない場合、今年の3月18日には償還しなければならず、130億円耳をそろえて支払うことになる。何とかなりそうな金額ではあるものの、相当苦しい事には間違いないですな。

なので、アセットマネジャーズとしては償還という状況はなんとしてでも避けたい。例え株式の希薄化が猛烈に起こることになってもね。

本改訂により増加する潜在株式は1,533,853 株であり、これは発行済株式総数の202.45%に相当することから、株式転換が行なわれた場合、当社にとって大きな希薄化が生じるものと認識しております。

恐ろしいですな。

債権者集会はスイスのチューリヒで開催されるということで、債権者の多くは欧米の投資家という事でしょう。納得してくれるんですかね?

不動産・マンデベ・流動化
アセット・マネジャーズ・ホールディングス ファンド 不動産 新株予約権付社債 流動化

2009/01/19 13:01

個別銘柄ウォッチ(2009/1/19)

~ 急騰の次には急落が来る、特に今のような相場では慌てなくても必ず下がってくる。 ~

200901193.gif

ウォッチ銘柄のニュース・材料

ユニクロが第1四半期決算を発表。強弱入り乱れ。
オオゼキの第3四半期決算。食品スーパーとは思えない数字。
コシダカは第1四半期決算を発表。純利がマイナスはなぜ。
ミネルヴァ・ホールディングスは12月月次。驚きの強さ。
物語コーポレーションの12月月次。順調。

コメント

200901194.gifくどいようだけどトリドールが止まらない。持ってる人は降り時を探るしかないですな。持っていない人は指をくわえてみるだけ。買うチャンスはこれからいくらでもある。下げてきますからね。

GMOペイメントゲートウェイはずいぶん戻しました。ここから景気が悪くなっていく中でまだまだ見直されていくだろうし、最低でも株価の底堅さは確実だろうと思うわけです。株価が下げるということになったとしても、業績は間違いないわけで、それ以上何ができましょうか。

バンクテックはもう一度考え直したい。

200901195.gifユニ・チャーム ペットケアはようやく下げたところで少しずつポジションを増やしていけるようBuyにしたわけだけど、下げが甘いですな。甘いというか、株価が強いって事。業績の確実さがあるのはやっぱり強い。もっと下げないと積極的には買っていきたくない。

丸誠が自社株買いを発表してぴょこんと跳ねた。発行済の2%にも満たないが、こういう出来高の少ない株であればそれなりにインパクトがある。とりあえず、飛び跳ねた分はすぐに頂きたいですな。配当利回りも4%を下回りそうですし。

200901196.gifハニーズ、ファーストリテイリング、ユナイテッドアローズ、ライトオンはとりあえずは様子見。業績的な可能性があるのはファーストリテイリングだけになってしまったのではないかと思う。これまで外需輸出景気銘柄との相対比較で順調だったアパレル小売りだけれど、繰り返しになりますが、終わりでもいいんじゃないですか?

神戸物産の急騰は続いていますが、そろそろポジション縮小ですね。底値から2倍、配当利回りは2%割れ寸前、PERで11倍を越え、PBRは1倍までほんの少し。まさに徐々に利益確定していく局面。

200901197.gifマクドナルドは十分押した。まだまだ積極的にはなれないけれど、買い場を探っていきたいですな。

マックスバリュ東海は買い場ではあるものの、2月末が決算期末。株主優待と配当が大きいので、期末越えで間違いなく株は下げる。それに向けて下げ基調でもある。その辺りは注意。

トレーディング銘柄にはビックカメラを再採用。過年度修正の額が決まって、またしばらくは激しい値動きが期待されますな。ヘタすれば上場廃止。個人的には無いと思っている。

ゲームプラン・投資戦略
GMOペイメントゲートウェイ トリドール マクドナルド ユニ・チャーム ペットケア

2009/01/19 13:01

内需業績安定ディフェンシブと低現金修正PBR高配当銘柄を中心に

~ セクターローテーションでアパレル小売りや上流食品銘柄からどこへ移るか、芽を探す時。 ~

徐々に第3四半期決算が出てきたけれど、醜悪なものが多い。前期比で利益半減という従来の計画が、いきなり大赤字に修正されるケースも沢山ですな。特にそういう激しい減額修正は、外需・輸出・固い物・多きい物・高い物に関連する企業。つまり、いわゆる日本が日本であるための基幹産業みたいな会社ですよ。

そういう企業が大赤字に転落し、生産設備を閉め、派遣切りでヒーヒー言っている。そういう状況はまだまだ続くし、来期はもっと酷いか、良くて今期と同じ。

そして昨年末から業績悪化の津波は徐々に内需・輸入・柔らかい物・小さい物・安い物に関連する企業に影響し始めた。

こちらも同様にこれからもっとしんどくなる。

結局、相対的な業績の良さで買われてきた小売り銘柄の一角も崩れ始めた。だから、ここからは内需系の中でもより業績が安定した企業にもっとシフトすべきじゃないかと。

内需業績安定なディフェンシブ、現金価値割れしていて業績がそこそこで高配当な銘柄、その辺りですな。

どうしたってこういう銘柄で固めるしかなくなるんじゃないですか?

そういうところをコアにしながら、セクターローテーションで回ってくる銘柄を拾い、順繰り回す。成長力があるけれどセクターも外れているしヘタすると大損するような銘柄で味付け。暇にならないようにほんの少しだけトレーディング銘柄で遊ぶ。

ポイントになるのはセクターローテーション銘柄だと考えている。それは資金の循環的なちっちゃなローテーションもあれば、景気の流れを先取りする形で次のセクターへのローテーションも含まれる。

これまでアパレル小売りの一角、上流食品ある意味ソフトコモディティ銘柄がそれだったわけ。

この辺は終わりに近い。終わったかも知れない。特にアパレル系。

それに代わるセクターは必ず出てくるし、そういう芽を探すのが投資の醍醐味でもある。実際、すでに芽はどこかでゆっくりと育っているんですよ。

無い知恵を絞り出して資金をその芽が出ているフィールドへ肥料として蒔いていくのです。

ゲームプラン・投資戦略
PBR セクターローテーション ディフェンシブ 高利回り

2009/01/19 12:12

グリー、上方修正で強い業績は最強へ、株は短期トレーディングのみ

~ 強烈な業績成長ながら株価は安くない、新興市場のトレーディング銘柄で賑わいそう。 ~

グリーの上方修正。

業績予想の修正に関するお知らせ

お見事。伸びていることははっきりしていたけど、その伸びはものすごい。

グリーのテレビCMが始まってからモバゲータウンのディー・エヌ・エーもテレビCM始めましたね。(それとも昔からやってた?テレビをあまり見ないので分からん。)

DNAとしてはグリーがCMをじゃんじゃん打って、さてどうなんだろうねって様子を見ていたところ、会員数、業績ともに爆発しているし、これはうちもやらないとね、って感じでしょうか。そのうちMIXIもテレビCMやったりしてね。

グリーの業績推移や会員数に関してはIPO時のエントリーを参照。

IPO後の株価は想像していた以上に強い。上場2週間ぐらいで天井で、後はダラダラ下げるような展開を考えていたわけだけれど、全体相場がそれなりに強かったのもあってグリーの株価は全然下げなかった。上方修正でさらに上。

しばらくは新興市場で賑わう銘柄なんじゃないですか?株を買うなら短期トレーディングしか無いですけどね。

消費者サービス
インターネット グリー ゲーム メディア 広告 携帯電話

2009/01/19 12:12

プロパスト、監査法人を新日本から明誠へ、いよいよ倒産最終章か

~ 明誠が監査をする企業一覧を眺め、プロパストが足を踏み入れた世界を想像する。 ~

プロパストが監査法人を変更。

公認会計士等の異動及び一時会計監査人の選任に関するお知らせ

新日本を首にして新たに明誠を迎え入れましたな。とりあえず、明誠がお世話している企業の一覧を見ればよいでしょう。

  • 2130 メンバーズ
  • 2667 イメージ ワン
  • 6993 森電機
  • 7491 OAシステム
  • 7834 マルマノ
  • 7954 ジャレココHLD
  • 8073 MAGねっと
  • 8597 SFCG
  • 8900 セイクレス卜
  • 8943 エスグラント
  • 9611 ディーワンダーランド

このリストにプロパストは加わるわけですよ。

当社は、本日まで、当社の会計監査人である新日本有限責任監査法人と当社の連結子会社を含めた事業計画・資金計画について度重なる協議を続けてまいりましたが、当社保有物件の売却見込み等の計画の実行可能性に関し、一部合意することができませんでした。

プロパストとしては棚卸資産はそれなりの金額で計画通り売れることを計画している。しかし新日本はそうはうまく行きませんよ、って主張している。うまく行かないことを前提に適正意見をつけるし、それを前提に資金調達とか考えないとダメですよ。ヘタすれば全然適正じゃないですよと。

プロパストはそんなの嫌だって駄々をこねる。

駄々こねてもどうにもならないので、いっそのこと監査法人を変える。しかも簡単に自分の計画を認めてくれるところへ。

いよいよプロパスト最終章へ。

クサイ会社・エグイ企業
プロパスト マンション マンデベ 不動産 倒産 流動化

2009/01/19 12:12

ビックカメラの決算修正額が決まり今後は上場廃止に焦点

~ それなりに大きな修正額でトレーディングの焦点は上場廃止へ、ボラティリティは高まる。 ~

ビックカメラの過年度決算修正の影響額が出た。

過年度決算の訂正に伴う影響額について

間違いがありましたよと発表されたl時に適当な予想をしたわけだけれど、まあ全然当たっていませんな。そんなものです。

いずれにせよ今期以降の数字には直接影響しないのは間違いないので、影響額がはっきりしたことでここからは万が一にも上場廃止?に焦点は移りそう。

専門小売銘柄
ビックカメラ 上場廃止 家電量販店

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All pages

patch