アーカイブ: 2009年1月19日

2009/01/19 13:01

個別銘柄ウォッチ(2009/1/19)

~ 急騰の次には急落が来る、特に今のような相場では慌てなくても必ず下がってくる。 ~

200901193.gif

ウォッチ銘柄のニュース・材料

ユニクロが第1四半期決算を発表。強弱入り乱れ。
オオゼキの第3四半期決算。食品スーパーとは思えない数字。
コシダカは第1四半期決算を発表。純利がマイナスはなぜ。
ミネルヴァ・ホールディングスは12月月次。驚きの強さ。
物語コーポレーションの12月月次。順調。

コメント

200901194.gifくどいようだけどトリドールが止まらない。持ってる人は降り時を探るしかないですな。持っていない人は指をくわえてみるだけ。買うチャンスはこれからいくらでもある。下げてきますからね。

GMOペイメントゲートウェイはずいぶん戻しました。ここから景気が悪くなっていく中でまだまだ見直されていくだろうし、最低でも株価の底堅さは確実だろうと思うわけです。株価が下げるということになったとしても、業績は間違いないわけで、それ以上何ができましょうか。

バンクテックはもう一度考え直したい。

200901195.gifユニ・チャーム ペットケアはようやく下げたところで少しずつポジションを増やしていけるようBuyにしたわけだけど、下げが甘いですな。甘いというか、株価が強いって事。業績の確実さがあるのはやっぱり強い。もっと下げないと積極的には買っていきたくない。

丸誠が自社株買いを発表してぴょこんと跳ねた。発行済の2%にも満たないが、こういう出来高の少ない株であればそれなりにインパクトがある。とりあえず、飛び跳ねた分はすぐに頂きたいですな。配当利回りも4%を下回りそうですし。

200901196.gifハニーズ、ファーストリテイリング、ユナイテッドアローズ、ライトオンはとりあえずは様子見。業績的な可能性があるのはファーストリテイリングだけになってしまったのではないかと思う。これまで外需輸出景気銘柄との相対比較で順調だったアパレル小売りだけれど、繰り返しになりますが、終わりでもいいんじゃないですか?

神戸物産の急騰は続いていますが、そろそろポジション縮小ですね。底値から2倍、配当利回りは2%割れ寸前、PERで11倍を越え、PBRは1倍までほんの少し。まさに徐々に利益確定していく局面。

200901197.gifマクドナルドは十分押した。まだまだ積極的にはなれないけれど、買い場を探っていきたいですな。

マックスバリュ東海は買い場ではあるものの、2月末が決算期末。株主優待と配当が大きいので、期末越えで間違いなく株は下げる。それに向けて下げ基調でもある。その辺りは注意。

トレーディング銘柄にはビックカメラを再採用。過年度修正の額が決まって、またしばらくは激しい値動きが期待されますな。ヘタすれば上場廃止。個人的には無いと思っている。

ゲームプラン・投資戦略
GMOペイメントゲートウェイ トリドール マクドナルド ユニ・チャーム ペットケア



2009/01/19 13:01

内需業績安定ディフェンシブと低現金修正PBR高配当銘柄を中心に

~ セクターローテーションでアパレル小売りや上流食品銘柄からどこへ移るか、芽を探す時。 ~

徐々に第3四半期決算が出てきたけれど、醜悪なものが多い。前期比で利益半減という従来の計画が、いきなり大赤字に修正されるケースも沢山ですな。特にそういう激しい減額修正は、外需・輸出・固い物・多きい物・高い物に関連する企業。つまり、いわゆる日本が日本であるための基幹産業みたいな会社ですよ。

そういう企業が大赤字に転落し、生産設備を閉め、派遣切りでヒーヒー言っている。そういう状況はまだまだ続くし、来期はもっと酷いか、良くて今期と同じ。

そして昨年末から業績悪化の津波は徐々に内需・輸入・柔らかい物・小さい物・安い物に関連する企業に影響し始めた。

こちらも同様にこれからもっとしんどくなる。

結局、相対的な業績の良さで買われてきた小売り銘柄の一角も崩れ始めた。だから、ここからは内需系の中でもより業績が安定した企業にもっとシフトすべきじゃないかと。

内需業績安定なディフェンシブ、現金価値割れしていて業績がそこそこで高配当な銘柄、その辺りですな。

どうしたってこういう銘柄で固めるしかなくなるんじゃないですか?

そういうところをコアにしながら、セクターローテーションで回ってくる銘柄を拾い、順繰り回す。成長力があるけれどセクターも外れているしヘタすると大損するような銘柄で味付け。暇にならないようにほんの少しだけトレーディング銘柄で遊ぶ。

ポイントになるのはセクターローテーション銘柄だと考えている。それは資金の循環的なちっちゃなローテーションもあれば、景気の流れを先取りする形で次のセクターへのローテーションも含まれる。

これまでアパレル小売りの一角、上流食品ある意味ソフトコモディティ銘柄がそれだったわけ。

この辺は終わりに近い。終わったかも知れない。特にアパレル系。

それに代わるセクターは必ず出てくるし、そういう芽を探すのが投資の醍醐味でもある。実際、すでに芽はどこかでゆっくりと育っているんですよ。

無い知恵を絞り出して資金をその芽が出ているフィールドへ肥料として蒔いていくのです。

ゲームプラン・投資戦略
PBR セクターローテーション ディフェンシブ 高利回り

2009/01/19 12:12

グリー、上方修正で強い業績は最強へ、株は短期トレーディングのみ

~ 強烈な業績成長ながら株価は安くない、新興市場のトレーディング銘柄で賑わいそう。 ~

グリーの上方修正。

業績予想の修正に関するお知らせ

お見事。伸びていることははっきりしていたけど、その伸びはものすごい。

グリーのテレビCMが始まってからモバゲータウンのディー・エヌ・エーもテレビCM始めましたね。(それとも昔からやってた?テレビをあまり見ないので分からん。)

DNAとしてはグリーがCMをじゃんじゃん打って、さてどうなんだろうねって様子を見ていたところ、会員数、業績ともに爆発しているし、これはうちもやらないとね、って感じでしょうか。そのうちMIXIもテレビCMやったりしてね。

グリーの業績推移や会員数に関してはIPO時のエントリーを参照。

IPO後の株価は想像していた以上に強い。上場2週間ぐらいで天井で、後はダラダラ下げるような展開を考えていたわけだけれど、全体相場がそれなりに強かったのもあってグリーの株価は全然下げなかった。上方修正でさらに上。

しばらくは新興市場で賑わう銘柄なんじゃないですか?株を買うなら短期トレーディングしか無いですけどね。

消費者サービス
インターネット グリー ゲーム メディア 広告 携帯電話

2009/01/19 12:12

プロパスト、監査法人を新日本から明誠へ、いよいよ倒産最終章か

~ 明誠が監査をする企業一覧を眺め、プロパストが足を踏み入れた世界を想像する。 ~

プロパストが監査法人を変更。

公認会計士等の異動及び一時会計監査人の選任に関するお知らせ

新日本を首にして新たに明誠を迎え入れましたな。とりあえず、明誠がお世話している企業の一覧を見ればよいでしょう。

  • 2130 メンバーズ
  • 2667 イメージ ワン
  • 6993 森電機
  • 7491 OAシステム
  • 7834 マルマノ
  • 7954 ジャレココHLD
  • 8073 MAGねっと
  • 8597 SFCG
  • 8900 セイクレス卜
  • 8943 エスグラント
  • 9611 ディーワンダーランド

このリストにプロパストは加わるわけですよ。

当社は、本日まで、当社の会計監査人である新日本有限責任監査法人と当社の連結子会社を含めた事業計画・資金計画について度重なる協議を続けてまいりましたが、当社保有物件の売却見込み等の計画の実行可能性に関し、一部合意することができませんでした。

プロパストとしては棚卸資産はそれなりの金額で計画通り売れることを計画している。しかし新日本はそうはうまく行きませんよ、って主張している。うまく行かないことを前提に適正意見をつけるし、それを前提に資金調達とか考えないとダメですよ。ヘタすれば全然適正じゃないですよと。

プロパストはそんなの嫌だって駄々をこねる。

駄々こねてもどうにもならないので、いっそのこと監査法人を変える。しかも簡単に自分の計画を認めてくれるところへ。

いよいよプロパスト最終章へ。

クサイ会社・エグイ企業
プロパスト マンション マンデベ 不動産 倒産 流動化

2009/01/19 12:12

ビックカメラの決算修正額が決まり今後は上場廃止に焦点

~ それなりに大きな修正額でトレーディングの焦点は上場廃止へ、ボラティリティは高まる。 ~

ビックカメラの過年度決算修正の影響額が出た。

過年度決算の訂正に伴う影響額について

間違いがありましたよと発表されたl時に適当な予想をしたわけだけれど、まあ全然当たっていませんな。そんなものです。

いずれにせよ今期以降の数字には直接影響しないのは間違いないので、影響額がはっきりしたことでここからは万が一にも上場廃止?に焦点は移りそう。

専門小売銘柄
ビックカメラ 上場廃止 家電量販店

2009/01/19 12:12

フージャース、借金の担保になっていた社長の持ち株が担保処分に

~ 担保に入っている株は発行済の26%、売り圧力は強烈で株価は下落間違いなし、倒産大丈夫? ~

フージャースの社長の持ち株が減少。

当社筆頭株主の株券大量保有状況の変更に関するお知らせ

単に社長が持ち株を少し売って現金化することは悪くない。社長もお金欲しいからね。そんなのは個人の勝手で、社長が株売ったとか文句を言う筋合いはないと思う。文句言う人多いけどね。

しかしですよ、今回の持ち株減少はいただけませんな。最近流行の、持ち株を担保に借金して株価が下がって担保処分、ってやつです。これは不動産会社の社長に最近非常に多いですよね。

昨年倒産したアーバンコーポレイションの房園社長がそうだったし、パシフィックの高塚社長プロパストも森社長クリードの宗吉社長と枚挙にいとまがない。同じケースは他にも沢山ありそうです。

社長がそういう事をして、担保処分になった会社が倒産する事が多いのは間違いない。

アーバン、クリードは既に倒産した。プロパストは倒産してもおかしくない。パシフィックは中国からの資金を引っ張ってきて何とか生き延びそう。

さて、フージャースは?

フージャースと言えば、数年前までの不動産マーケットが好調だった時期には、マンデベとしては優良会社という認識があった。廣岡哲也社長が一所懸命説明会で演説し、マンデベでは唯一月次数字を公表し(今はやめてしまったけどね)IRを充実させていた。廣岡社長の様子はものすごく誠実でしたな。

それでもこうなんですからね、嫌になりますよ。

社長の持ち株(ティ・エイチ・ワンを含む。ティ・エイチ・ワンは社長の資産管理会社。)は担保処分後で131,232株。発行済株式数326,115株の40,24%。担保に入っているのは84,496株。発行済株の25.9%ですな。デカイですよ。

担保を取っているのは三菱東京UFJ、りそな、新生。今のところ担保処分をしたのは新生だけ。

200901192.gif株価は全然上がらないわけだから、担保価値も全然上がらない。業績的には株価が上がる要素が無い。担保価値が上がる要素もない。

あるのは売り圧力だけ。

こんな状況になっているのを知った投資家は売る。ものすごい売り圧力でしょうな。株価は下落する。そうなれば担保価値はますます下がって、担保処分が進む。売り圧力はさらに加わる。

悪循環はもうどうにも止まりませんよ。

とりあえず連続ストップ安は間違いないんじゃないですか?投げようにも投げられないでしょうな。ヘタすれば倒産の2文字も見えてきましょう。

不動産・マンデベ・流動化
フージャース マンション マンデベ 不動産 倒産

2009/01/19 11:11

エス・イー・エス倒産、半導体と太陽電池で期待感だけは大きかった

~ 過去10年の激しい業績変動を見ればとてもじゃないけど投資する気にはならない。 ~

エス・イー・エスが民事再生手続きを開始。今年3番目の上場企業倒産です。負債総額は142億円。

当社民事再生手続き開始の申立てに関するお知らせ

200901191.gif過去10年の業績を見ればいかに安定しない企業か分かるというもの。黒字と赤字を繰り返し、全体としては赤字が多く、赤字になるとデカイ。

半導体洗浄装置のトップメーカー、最近流行の太陽電池製造装置にも業容拡大、と、何か漠然とした爆発期待感の強い企業かもしれない。だけど、こんな激しい業績変動は好きじゃないし、投資する気にはなりませんな。

半導体製造装置ですぐに思いつくのは東京エレクトロン。こちらの業績も酷い。もっと酷くなるっていう考えを持っておくのが普通の姿勢じゃないですか?

倒産・上場廃止
エス・イー・エス 倒産 半導体 太陽電池 東京エレクトロン

patch