アーカイブ: 2009年1月15日

2009/01/15 08:08

トーセイ、今期は黒字確保で不動産企業としては立派な計画

~ 50%減益予想でも立派に見えるのは不動産企業の業績が超悪いから。減損には注意。 ~

トーセイの決算発表。

平成20年11月期 決算短信

パッと見て、なかなかいいじゃんと思った人、多くないですか?50%の減益予想でもそう思ってしまうのだから、いかに不動産企業の業績が悪いか分かるというものでしょう。

今期予想は、売上-16%、営業利益-45%、経常利益-53%、純利益-46%、EPSは5000円の-46%。

これでいいじゃん、と感じるのは赤字では無いからですな。立派に30億円の経常利益を予定しているんです。

前期は140億の営業キャッシュフローと10億の投資キャッシュフローで120億円の借金返済。期末の借入金は476億円で、自己資本比率は28%へ増加(前々期末22%)。

棚卸資産は640億円から536億へ圧縮。

減損は59億。前々期末の棚卸資産の9.5%。この減損の規模ですけれど、トーセイの考えとしては十分減損したのでもう大丈夫ですよと言いたいらしい。

当社の棚卸資産は、「棚卸資産の評価に関する会計基準」の早期適用により一定の流動性を回復しておりますが、売買市場における競争力を更に高めるためにバリューアップやリーシングを施し物件の収益力を高め、魅力ある投資商品として販売を進めてまいります。

「一定の流動性を回復」とは、十分減損したのでそれを原価とすれば利益を出して売ることができるまで棚卸資産の流動性は回復した、って事でいいですよね?それって信じていいですか?

純利益が19億円の計画なので、仮に棚卸資産の3.5%の減損をするだけで吹っ飛びます。減損しないでね。

とりあえずは、意外といいじゃんトーセイ、で株価は上がるんじゃないですか?少し上げれば後はこれまで通り厳しい展開に逆戻りだと思うけど。

不動産・マンデベ・流動化
トーセイ ファンド 不動産 流動化



2009/01/15 07:07

プロパスト、減損計上で下方修正、もう少し減損すれば債務超過

~ 取締役の大量辞任、担保に入った社長の持ち株が処分、そんな会社の資産が優良ですか? ~

プロパストの下方修正。

棚卸資産評価損の計上並びに2009年5月期業績予想及び配当予想の修正に関するお知らせ

これまた強烈な減額ですが、不動産屋のこういう激しい下方修正には不感症になってしまいましたな。ああやっぱりね、そうだよね、というあきらめに近い感覚とでも言いましょうか。

一番大きいのは棚卸資産の減損で170億円。第1四半期末時点での棚卸資産が1485億円なので、割合としては11%にあたります。この11%が多いのか少ないのか、よく分からん。他の不動産屋も軒並み減損を計上しているので、それを調べればだいたいの見当はつくんじゃないですか?面倒なのでやらない。

でも、感覚からいって11%は多くはないって感じですか。前期、前々期に100で仕入れたものを89にするわけで、不動産マーケットの様子からすればもっと下がってもいいようにも思う。どういう物件を持っているかにもよるので一概には言えないけど。

しかしながら、プロパストの所有不動産が優良だとは到底思えないのは仕方ない。皆さんそう思うでしょう。取締役の大量辞任とか社長持ち株の担保とか、そういうエグイのを見せつけられて、優良不動産を持っていると考えるのには無理があるってものです。

あと50億ほど減損を増やせば債務超過転落ですな。覚悟しておいて損は無いと言えましょう。

当然ですが減配。減配というか無配。これまで1500円配を計画していましたけど、そんなの払えるわけもない。1500円出ると思っていた人はいませんな。だってそれじゃあ配当利回り27%なんですから。あり得ない。

ということで、ここでもまた「高配当不動産銘柄は高配当じゃなくなるまで業績が下がっるの法則」が証明されました。

不動産・マンデベ・流動化
プロパスト マンション マンデベ 不動産 流動化

2009/01/15 07:07

オーシャンシステム、株主優待新設で配当を合わせた総合利回は10%

~ ディフェンシブな食品スーパーで10%の利回りは今の不景気相場には強い味方です。 ~

オーシャンシステムが株主優待を新設。

株主優待制度の新設に関するお知らせ

100株所有で3000円分の買い物券か5キロの魚沼産コシヒカリ。1000株所有で1万円分の買い物券か10キロの魚沼産コシヒカリ。

米をどう評価する?がポイントではある。米にこだわりが無くて10㎏で3000円の米を食べている人には、魚沼産のコシヒカリも3000円の価値しかない。米好きで1万円の魚沼産コシヒカリを日々食べていれば1万円の価値って事ですな。

個人的には米はそれなりに旨いものを食べているので、5キロで2500円が標準的ですな。そうなれば、魚沼産コシヒカリ5キロも2500円の価値であり、優待利回りは5%となる。

配当が22円で配当利回りは4.4%。

配当と株主優待を合わせた総合利回りは9.4%。いいじゃないですか、これは。

会社規模は小さいけれど、食品スーパーはこの景気ではディフェンシブ銘柄で良い。業績は悪くない。

今日現在は売買単位が1000株。2月1日から100株へ変更になる。1000株だと投資金額が50万になるし、株主優待が100株から10倍になるわけではないので利回りがぐっと下がる。100株に変更になったところで株主優待組はかなり参入してくるんじゃないですか?

総合利回10%だったら買いますね。

株主優待
オーシャンシステム ディフェンシブ 株主優待 配当 食品スーパー 高利回り

2009/01/15 07:07

ミネルヴァの12月月次、不景気のさなか驚きの数字、利益は?

~ 年末の大規模セールで売上が強かったのか、それともお客がどんどん集まってきているのか。 ~

ミネルヴァ・ホールディングスの12月月次。

Eコマース(インターネット通信販売)月次速報(平成20 年12 月1 日~12 月31 日)

なんとまあ、強いじゃないですか。売上は150%、出荷件数は160%、会員数は126%。今期の月次数字では2月と同じぐらいの最高数字ですよ。

2008年末から急速に悪化し始めた景気を考えると、ナチュラムのアウトドア・スポーツ用品ネット販売というビジネスも相当影響を受けると考えた。で、個別ウォッチ銘柄から外した

気になるのは、売上増が大きなセールによる一過性かもしれないくて利益が出ていないかもしれないということ。これはよーく考えたいですな。

しかしそれにしても、ですよ。この月次数字はなんですかね。株価は上がるだろうし、業績発表が楽しみでもある。

個人的には景気の流れを考えて避けておく。もし持ってれば持続するけどね。

専門小売銘柄
アウトドア スポーツ用品 ナチュラム ミネルヴァ・ホールディングス

2009/01/15 07:07

アトリウム、急激な業績悪化にも関わらず棚卸資産と借金は増加

~ この不動産マーケット状況で資産増加は珍しい、下方修正で配当は当然0円。 ~

アトリウムの第3四半期決算。

平成21年2月期 第3四半期財務・業績の概況

大幅な減収減益には驚きはありませんな。

どこの不動産屋も棚卸資産の圧縮と借入金の返済に忙しいわけだけど、アトリウムにはそういう気があまりないのでしょうか。中間期から棚卸資産、借入金共に増加。今時めずらしいですな。

それでいてそれなりに業績が良ければいい。そんなわけもない。

業績予想および期末配当予想の修正に関するお知らせ

従来の計画から売上と営業利益は半減、経常利益と純利益に至っては80%以上の減額。そんな状態なのに資産をどんどん膨らませていいんですか?クレディセゾンの後ろ盾があるからいいんですか?

30円計画だった配当は0円に減配。10%を越えていた利回りは当然バカげていたということで、相変わらず「高配当不動産銘柄減配はいずれ減配して利回は激下げの株価に見合ったものになるの法則」は通用してますよ。

不動産・マンデベ・流動化
アトリウム クレディセゾン ファンド 不動産 流動化

2009/01/15 07:07

コシダカ、カーブス買収で借入金増加、大幅増収なぜか減益

~ カーブスの連結で売上、経常利益は大きく増加だがなぜか純利益は減少、説明すべき。 ~

コシダカの第1四半期決算。

平成21年8月期 第1四半期決算短信

カーブスを買収したのでBSは膨らんでますな。借入金が大きく増加。

自己資本比率が20%を割り込んできましたので、株価が上がればファイナンスがあってもおかしくない。嫌だけどしょうがないです。

1Qが赤字なのは毎度のこと。年末年始、ゴールデンウィーク、お盆期間、が儲け時。

カーブスの連結化で業績予想を修正。

連結決算開始に伴う平成21 年8月期連結業績予想及び通期個別業績予想の修正に関するお知らせ

もともとの通期計画からは売上+14%、営業利益+40%、経常利益+29%、純利益-16%。買収発表時に考えたとおりで、売上と営業利益のインパクトは結構大きいですな。しかしながら、純利益はなぜか-16%の修正。

はっきりとは理由が書かれていないのが不親切ですよ。多分、減損や除却損をそれなりに見込んでいるんじゃないですか?

とりあえず株価はマイナスで反応すると思うけれど、低すぎる評価と高い配当利回り、業績成長は変らないので今まで通りで行きましょう。

消費者サービス
カラオケ カーブス コシダカ

2009/01/15 07:07

トラステックホールディングス(軽貨急配)、虚偽記載で上場廃止

~ ずいぶんあっさりしたプレスリリースですが、上場廃止ってもっと重大なことではないですか? ~

トラステックホールディングスが上場廃止に。トラステックは軽貨急配。

http://ir.nikkei.co.jp/irftp/data/tdnr2/tdnetg3/20090113/5gicam/140120090113060478.pdf

なんともあっさりした内容ですな。

上場廃止理由

株券上場廃止基準第2条第1項第11 号a(上場会社が有価証券報告書等に「虚偽記載」を行い、かつ、その影響が重大であると大阪証券取引所が認めた場合)に該当のため

監査法人は霞が関。

倒産・上場廃止
トラステックホールディングス 上場廃止 虚偽記載 軽貨急配

patch