アーカイブ: 2008年12月

2008/12/30 22:10

アスクル、月次は実質的に微増、不景気の状況では安心感がある

~ 今期減益でも外需・輸出型企業に比べれば業績安心感はディフェンシブ並に強い。 ~

アスクルの12月月次。

平成21年5月期12月度 月次業績のお知らせ(個別)

12月の数字は前期比でマイナスになっている。曜日の関係があるので、実質的には微増。今期ここまでも同様に微増。

アスクルの場合は親切に曜日について説明されているけど、月次数字の発表で曜日の並びなんかに言及してくれる企業は少ない。これは意外と注意が必要ですな。月30日なわけで、そのうちの1日は3.3%にもなるわけですからね。

だから、月次数字というのは月ごとの単なる数字比較で終わらせるのではなくて、趨勢として捉えることが必要なわけですな。

話がそれた。

アスクルの業績は微増。今期計画は微増収、利益はそれなりに減になっている。原材料費の高騰で利益は圧迫されるし、景気悪化で需要も弱いので当然と言えましょう。

それでも業績には安心感がある。安心感というのは外需・輸出型のメーカーとかに比べれば断然安心感があるってことですな。業績が悪くてもね。

ビジネスサービス
アスクル オフィス用品 文房具



2008/12/30 21:09

アクセス、上場廃止は創業者、後継者、会社ぐるみで悪さした結果

~ 社長や創業者の名前を一切書かないなんて、会社ぐるみの悪事と理解してもいいですよ。 ~

アクセスがジャスダック上場廃止。2009年1月27日が上場廃止日。

上場廃止の決定に関するお知らせ

上場廃止は当然ですな。遅すぎですよ。

上場廃止理由。

株券上場廃止基準第2条第1項第10 号a(上場会社が有価証券報告書等に「虚偽記載」を行い、かつ、その影響が重大であるとJASDAQ 取引所が認めた場合)に該当するため。

お金がぐちゃぐちゃと動き回って、最期は社長を含め役員が刑事告訴されたわけですから上場維持できるはずはないですな。(社長の有罪・無罪は決まった?未確認。)

証券取引法で罰金も食らった。

悪さしたのは代表取締役は北博之と代表取締役専務の小路口謙治。筆頭株主の創業者は村上次男。創業者が社長をやっている時からおかしな取引があったと発表されている。

で、何があきれるって、いろいろと状況を知らせるプレスリリースなどで悪さした人をかばうような行為ですな。

刑事告訴されたとかナンチャラ委員会を設置したとか、経過具合とか。そういうリリースの中では話しが悪さした代表取締役や専務、創業者に及ぶわけです。

その言及の仕方ですが、当社元代表取締役、とか、創業者で元代表取締役、とかいう表現だけで、氏名は一切書かれてない。そんなアホな。「当社元代表取締役である北博之は。。。」とか書くのが普通というか筋じゃないですか?

唯一氏名が出てきたのは、代表取締役が山田から松浦に代わってから。山田さんにはまだまだ元の人の息がかかっていたって事ですか?

当社元役員2名に対する刑事告訴に関するお知らせ

結局、氏名を伏せたいわけですな。なるべく知られたくない。隠したい。隠れたい。そういう気持ちは分かりますけどねえ。

倒産・上場廃止
アクセス 上場廃止

2008/12/30 07:07

プレナス、「ほも弁」開始で経費増は当然、ディフェンシブ銘柄です

~ 配当利回り5%まで売られれば買うべきだが、株価上昇した今は様子見で下げを待つ局面。 ~

プレナスの第3四半期決算。

平成21年2月期 第3四半期財務・業績の概況

業績は悪い。株価は良い。この株を買えなかったのは非常に悔しいですな。

第3四半期時点では利益は前期比-40%となっているわけですが、こういう株はそんな数字で投資するわけじゃない。40%という数字はびっくりしそうだが、すったもんだの末ほっかほっか亭をやめて新ブランドほっともっとを始めたのだから、経費がたんまりかかって当然。

そういう費用はいずれ落ち着く。いずれ落ち着くって、どんな会社の費用だっていずれ落ち着くじゃん、と言われそうだが、そういう問題ではない。落ち着くとうのは、近い将来という確実性があって、今の不景気に関係ない費用。いつ落ち着くか分からない費用は話にならない。不景気に関係ある費用はどこも同じであって、そんなのは株価があがる理由にはなりっこない。

日本の弁当は言ってみれば日常食みたいなもので、多少の景気の波は受けたとしても、食べ続けられるものですな。自動車や不動産、電化製品なんかの景況感とは比べものになりませんよ。ばりばりディフェンシブ。

200812297.gifそういう場合、今期の予想EPSは82円だけど、EPS150円で考えればOKなんです。株価1100円ぐらいまで下げたとき、配当利回りが5%になったら買いだなあなんて考えていたわけですよ。PERで言えば7倍ちょっと。

そうこうしているうちにあれよあれよと株価は上がってしまった。今でも割安ではあるものの、魅力は薄い。

それに何より、逃した株を追いかけるのはつらいですな。数字的な魅力より、精神的な魅力が薄れているって事。

あきらめてほっともっと弁当でも食べたいところなんだけど、近所に店がない。これからできてくるんでしょうな。味はほか弁と変わらないと予想。ちなみに、ほっかほっか弁当は略してほか弁。ほっともっと弁当は知ってますか?ほも弁らしいです。冗談じゃないですよ。

専門小売銘柄
ディフェンシブ プレナス 弁当 配当

2008/12/30 06:06

しまむら、不景気対応株の期待を裏切る業績、節約派はユニクロへ

~ 景気悪化でトレードダウンするお客が来ない、ファッション性が足りないからではないのか? ~

しまむらの第3四半期決算。

平成21年2 月期 第3四半期財務・業績の概況

今期ここまでわずかながら減益。売上は微増。通期では売上はもう少し伸びて+2.7%、利益は+6%と増益の計画。通期計画達成は難しいんじゃないですか?つまり、下方修正がでるってことですな。

しまむらの商品は安い。非常に安い。ファッションには好みの問題があるし、そもそもトレンドとかお洒落とかが分かっていないので難しいわけだけど、しまむらのファッション性は低い。男性物なんかちょっとヤンキーっぽい人が好きこのみそうな物しかないような気がするが皆さんいかが?

ファンション性については正直分からないので無視するとして、低価格は間違いないですな。不景気には強そうな気がするわけですよ。

景気が悪くなると、それまでちょっと贅沢していた人達は消費を抑えるようになる。消費を抑えるというのは具体的には、買わなくなるか安い物を買うようになるか、その両方かですな。

買わなくなるのを思いとどまらせたり、安い物に移る人を取り込んだりするのが低価格商売が不景気に強い一つの理由なわけです。そういうところにしまむらは位置するような気がするけど、業績はそうなっていない。

それはやっぱり、ファッション性に問題があるからではないですか?トレードダウンした人達はしまむらに行かない。トレードダウンしてもファッションですからね、自分がかっこわるいと思う物は着られないし、お洒落じゃない物は安くてもいらない。しまむらのファッション性はそういう類なんですよ、きっと。

トレードダウンはユニクロに流れていると考えるのが自然じゃないですか。もっとお洒落なブランド物や一つか二つ上の価格帯で消費していた人達が節約しようって言うときに、お洒落の満足も十分に満たされるのはユニクロのファッション性ということね。

しかしながら、しまむらには元々のお客さんであるおばちゃんやおじちゃんがいる。その人達は相変わらず安いしまむらで買い続けるか、買わなくなるかで、トレードダウンのしようがない。そんな流れでしまむらの業績は伸び無いながらもそれなりに持ちこたえているんじゃないかと。

今後もそれは同じじゃないですか。

伸びてきた会社が頭打ちになると、財務が悪くなるが、さすがしまむら、相変わらずしっかりしてますな。棚卸資産なんて全然増えてない。ここは20%や30%増えても、ああやっぱり業績悪いからね、って誰でも納得できますよ。そういう事がないのはしまむらの強さと言えましょう。

200812296.gif優良大企業なのに四半期決算にキャッシュフロー計算書を載せないのはダメですな。決まりとかそういう事じゃなくて、当然載せるべきものですよねえ。どっかのボロ会社じゃないんだから。

月次も良くないので上がり気味だった株価はすぱっと落ちた。高値が2005年12月と、新興企業みたいなのは何だか不気味ですな。それにしても安くなったと思う。今の株価6500円は2003年~2004年ぐらいの水準なわけだけど、売上は1.5倍以上、利益は2倍以上になっているんですから。配当だって倍以上ですよ。

長い目で見ればこの水準での買いで間違いないんじゃないですか?

アパレル・ファッション銘柄
しまむら アパレル ファッション ファーストリテイリング ユニクロ

2008/12/29 09:09

個別銘柄ウォッチ(2008/12/28)

~ 年末年始で動きは鈍く、取り立ててウォッチ銘柄に変化はないが、それでも少しずついろいろと。 ~

200812295.gifウォッチ銘柄のニュース・材料

ライトオンが11月月次を発表。数字は弱い。
タビオが第3四半期決算。予想通り業績好調。
ダイドードリンコの12月月次数字。月次の数字は悪い。
日本プロセスが上方修正。インパクト無し。

コメント

200812291.gifトリドールの株価が急騰。とりあえずは利益確定すべきですね。業績が良くて、バカみたいな高評価でもないのでじっと持ち続けたいと思うかも知れない。中期的にはそれでも報われるに違いないけれど、今の相場ではそういう戦略より急騰すれば利益確定の方が良いと思うのです。ブルマーケットとは違って、こんな相場では必ずエントリーポイントはやってくるから。

タビオが急騰。既に分かっていたことなのに、第3四半期決算の好調さを確認しての飛びつき買いが集まった感がありますな。とりあえずはホールドしていけばいいんじゃないですか?まだまだ低評価に放置されていると思いますね。

プロシップもかなり上げた。

ミネルヴァはストップ高を連続させたので利益確定は簡単でしたな。まだまだ安いので買っていける。

200812292.gifぐるなびはそろそろ買いに転向してもいいんじゃないかと。

12月末決算で権利落ちした物語コーポレーション。権利落ちで当然株価も下げたわけだけれど、意外と下げが弱いような気がしませんか?買い場を探っていきたい。

丸誠は配当利回り4.5%に低下するまで株価は上昇。現金修正PBRは1倍を越えてきましたな。大きな業績成長の見込めない高配当・低PBR銘柄は、その状況が無くなれば素直に売りであって、そろそろそういう状況に近づきつつある。

日清オイリオや日清製粉などの食品原材料メーカーはセクターローテーション銘柄の役割を終えたのかも知れない。小麦や大豆、とうもろこしなどのコモディティ急騰から急落へ激しくマーケットは動き終わった。ここからはもう一度知恵を巡らし年末年始にでも考えをまとめたい。

200812293.gif三菱東京UFJの株価は下げそうで下げない。まだ様子見で行きたいとは思うものの、今買っておかないとと言うような焦りもある。そういう気が急いているときはたいてい損するときなのでぐっと我慢している。

ライトオンの株価はいまいちな11月月次数字を受けて急落。そうじゃなくても利益確定水準でしたが。ここからはどうでしょうねえ。難しいですな。

日本調剤は中間決算説明会の動画あり。またエントリーを立てたいと思う。アインファーマシーズとはずいぶん株価の勢いに差があるが、今期業績が悪い日本調剤は仕方ないですな。

マクドナルドは決算末をまたいで下落。最低でも配当と優待分は下げて当然なわけですよ。クオーターパウンダーの発売時にサクラで行列を作るという、まあなんともグレーな事なんかをしているのはどうなんですか?

200812294.gifサイゼリヤは為替デリバティブの問題も落ち着いき、ボラティリティも低くなったのでトレーディング銘柄から削除。ここからはセクターローテーション銘柄候補として見ていきながら、場合によっては個別銘柄ウォッチに新規登場することもありましょう。

ハウス食品は商品回収の株価への影響はゼロ。株価は逆に上げた。これが本来の形でしょうな。ボラがないのでトレーディング銘柄から削除は当然です。

新規のトレーディング銘柄採用はもちろんビックカメラ。過年度決算修正で課徴金納付になりそうな気配で、とりあえずはストップ安で下げていますな。業績インパクトはそれほどではないと判断。どうなることやら。

ゲームプラン・投資戦略
タビオ トリドール ビックカメラ ミネルヴァ・ホールディングス 丸誠

2008/12/29 06:06

春日電機、倒産や上場廃止の可能性十分、投資不適格

~ 四半期レビュー結論不表明、継続疑義の注記、貸し倒れ、不明金、やらしい言葉のオンパレード。 ~

春日電機のプレスリリースいろいろ。とりあえずは中間決算短信にまとめて書かれているのでそれを読めば十分ではある。

平成21年3月期 第2四半期決算短信

相変わらずすったもんだしているが、監査法人から四半期レビューの結論を表明されていない。

本日発表した平成21 年3 月期第2 四半期決算短信に関するお知らせ

話はそれるが、

会計監査人から下記の理由で四半期レビュー報告書の結論を表明しない旨の四半期レビュー報告書を受領致しましたことをお知らせいたします。

この文面はもっとストレートにならないんでしょうかね?「四半期レビュー報告書の結論を表明しない旨の四半期レビュー報告書」って何かの呪文ですか?投資家を魔法にかけるんですか?ま、春日電機が悪いわけじゃなくて、もともと適当な言葉がないのでそうなるんでしょうな。

「四半期報告書不適切意見」とか、もっとフレンドリーに「会社がぐちゃぐちゃで倒産するかも知れないですよ報告」とか、そういう風に何かの法律とか規則で決めて欲しい。

継続企業の前提に関する事項の注記についてのお知らせ

当然ですが継続疑義の注記は付きます。貸付金が返ってこないとか、不明な仕入があるとかで多額の資金が流出している。ま、不明な金というのは、普通の企業活動では不明と言うことであって、不明金で儲けている会社の中の人・外の人にとっては明瞭な金ですな。

規則的に監理銘柄指定解除になるようだが、おかしな話です。どう考えたって「監理」したほうがいいに決まってます。

当社株式の監理銘柄(確認中)指定解除に関するお知らせ

上場廃止か倒産か、十分ありますな。短期トレード以外は手出し無用の投資不適格と言うことで。

クサイ会社・エグイ企業
上場廃止 倒産 春日電機 結論不表明 継続疑義の注記

2008/12/29 06:06

日本プロセス、単体中間期のみ上方修正、インパクトは無し

~ 良いニュースではあるものの、株価は無反応になりそう、魅力は配当と低現金修正PBR。 ~

日本プロセスの上方修正。

平成21 年5月期第2四半期累計期間(個別)業績予想との差異に関するお知らせ

個別銘柄ウォッチの日本プロセスが中間期の業績予想を修正。個別の数字だけの増額で、連結については「精査中」。通期は修正無し。

とりあえずは良いニュースですな。しかしインパクトのある内容ではなしということで、株価にもインパクトはないんじゃないですか?

そもそも日本プロセスの魅力は高財務と低現金修正PBRと配当なわけで、業績は普通でもOKですな。通期でも上方修正あれば断然いいけどね。

ハイテク・IT・テクノロジー
PBR 日本プロセス 配当 高利回り

2008/12/29 06:06

クスリのアオキ、本業のドラッグストアではなく調剤薬局をチェック

~ 調剤薬局部門はずっと安定的に成長を続けている、これで大手調剤チェーンもとりあえずOK。 ~

クスリのアオキ、12月月次の数字を確認。

平成20 年12 月度 月次営業速報に関するお知らせ

北陸で頑張る小さなドラッグストアには興味は無し。確認しておきたいのは調剤薬局がどうなっているかって事。順調に伸びている事が分かればそれで良い。なぜなら、調剤薬局銘柄としてはアインファーマシーズと日本調剤があるわけだけど、それらの業績を占う上でも、ドラッグストアの調剤部門をチェックしておいて損はない。

クスリのアオキの調剤部門12月は、全店で117.4%、既存店で115.9%。順調です。調剤に関してはディフェンシブで需要は急増したりしないので、+20%とかあり得ない。10%以上で伸びていれば文句無しですな。

今年6月からの月次を眺めてみても、数字は安定的に推移。

これで、とりあえず、調剤薬局は大丈夫そうだと確認できる。

医薬品・医療品・調剤薬局
クスリのアオキ ドラッグストア 調剤薬局

2008/12/29 06:06

クリード・オフィス投資法人の借入金利は他のREITに無いほど高い

~ 2%台後半の借入金利はREITでは高すぎるぐらいで、いちごアセットの信用は効いていない。 ~

クリード・オフィス投資法人の借入金利について。

資金の借入れ(金利決定)に関するお知らせ

借入金利が2.48%と2.73%。これってちょっと高すぎないですか?これほど高い数字は他のREITではお目にかかれませんよね。それぐらいしないと借金できないって事なんだろうか?

クリード・オフィスREITは既にクリードの傘下からいちごアセットの傘下に移っている。クリードが自分のREIT売り払ってしまったのは、信用が無くて資金調達が難しいからだと自分で説明していますな。いちごアセットになれば信用が増して、借り入れも楽になるって事であれば、もう少し金利は低くてもいいような気がしますねえ。

ま、いろいろ何か条件があったりで、今回はたまたまこういう数字が出てきたのかもしれんが。要注意で見ておいて損はなし。

不動産・マンデベ・流動化
REIT いちごアセット クリード クリード・オフィス投資法人 不動産

2008/12/29 06:06

ビジョンメガネ、債務超過転落で倒産・乗除廃止を避けるため増資

~ スポンサーが誰なのか気になるが、結局は既存株主の持分が大きく希薄化されるはず。 ~

ビジョンメガネの第2四半期決算。

平成21年3月期 第2四半期決算短信(非連結)

ビジョンメガネの債務超過は予想したとおりで、中間期での債務超過となりました。倒産、上場廃止、ウルトラCと3つの可能性を考えていたけれど、どうやらウルトラCで決着をつけそうな気配ですな。

当社は債務超過に陥った純資産を回復するため資本性資金の導入を図るべく様々な手段を講じてスポンサー探しを続けてまいりました。この結果、スポンサー候補が見つかり、現在、業務提携、資金支援に向けて協議を継続しております。

スポンサー候補はどこでしょうね?まさか同業他社が吸収合併してくれるわけはありますまい。ここはやっぱりウルトラCで、訳の分からないクサイところに1株数円とかで大量に新株発行するとか、そういう事しかないですよね。

新株発行数は発行済株式数の何倍にもなったりすることは十分ありますな。先日東証から理不尽な増資は禁止しますよ、と発表されたが、まさにこう言うことですよ。来年の夏からの規制なので、もしその時であればビジョンメガネは増資できずに倒産って事になるはずだったんですかね?

金融機関はどうしようもなくてもう少しだけ待ってやるって感じです。

また、期限の利益の喪失状況につきましては、金融機関からも、スポンサー候補との条件面での合意が完了し、スポンサー候補の意向を酌んだ再建計画を提示後、各金融機関においてその妥当性を評価するまでの一定期間は静観いただける合意ができております。

まだまだ綱渡りは続きます。君子危うきに近寄らず。短期トレード以外は手出し無用ですよ。

専門小売銘柄
ビジョンメガネ 上場廃止 倒産 増資 眼鏡

2008/12/29 05:05

旭ホームズ、親会社倒産、債務超過、その他諸々で上場廃止

~ 黒い噂からの突然死ではなく、危篤状態継続からの最期ですから、すんなり受け入れられます。 ~

旭ホームズが上場廃止。

上場廃止等の決定に関するお知らせ

有報が提出できない企業は危ないというのは分かってますよね。旭ホームズににしても、上場廃止にちっとも驚きなんてありませんな。

株価は12月9日に1円をつけ、それからは5円以下でウロチョロ。株価も倒産か上場廃止を十分に折り込み済み。まさかこの株価で、半年ホールドして10倍になったらボロ儲け、なんて投資してる人はいませんな。全員1年抜きの短期トレード。

監査法人は新橋。主幹事は丸三。親会社は倒産。債務超過。きりが無いのでもう書かない。代表取締役社長は坂谷賢一。

上場廃止日は2009年1月27日。

上場廃止理由。

株券上場廃止基準第2条第1項第10 号b(上場会社の四半期財務諸表等に添付される四半期レビュー報告書において、公認会計士等によって、「結論の表明をしない」旨が記載され、かつ、その影響が重大であると当取引所が認めた場合)に該当するため。

不健全な企業が株式市場から消えるのは良い事ですな。

倒産・上場廃止
上場廃止 債務超過 旭ホームズ 結論不表明

2008/12/27 09:09

ビックカメラ、過年度決算を修正だが、インパクトは小さく、買い

~ BS、PLへの影響はそれほど大きく無く上場廃止もなさそう、ストップ安連続は投資家の恐怖だけだ。 ~

ビックカメラが過年度決算を訂正。

過年度決算の訂正について

不動産屋じゃないけど不動産がらみで問題が発覚。2002年に流動化した所有不動産の会計処理が不適切だったというもの。いつもの通りプレスリリースでは何も分からないので、日経新聞を確認。

2008/12/26, 日本経済新聞 朝刊

ビックカメラ、過去の決算訂正、SPCへの不動産売却「白紙」、会計処理を見直し。

 ビックカメラは二十五日、二〇〇二年八月期―〇八年八月期決算を訂正することを決めたと発表した。〇二年八月に実施した不動産流動化で池袋本店などの不動産を貸借対照表から外していたが、この会計処理を取り消して貸借対照表の資産に計上する。同社は現在、証券取引等監視委員会から調査を受けている。

 ビックカメラは本店ビルなどを二百九十億円でSPC(特別目的会社)へ売り二十億円の利益を計上。SPCへの出資は不動産時価の五%弱で、会計ルールでは出資比率が五%を超えなければ売却と認められる。

 SPCには豊島企画(東京・渋谷)も二五%を出資。同社はビックカメラから出資を受けていないが、新井隆二会長名義の株を担保に資金を借り入れるなど、親密な関係にあった。

 決算訂正で、ビックカメラは実質支配していた豊島企画を子会社とする。SPCへの出資比率は五%を超え売却は認められない。「最近のSPCに関する会計処理厳格化の流れを再検討し、保守的に見直すことにした」(同社)という。

 証券取引等監視委員会は二十五日、ビックカメラが不適切な会計処理を行い、その決算に基づき公募増資をしたことが金融商品取引法に違反すると判断し、同社と同社会長に課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告する方向で検討に入った。

このニュースでとりあえず翌日の株価はストップ安比例配分。ずいぶん売り物が残っているので週明けもストップ安しそうな気配ですな。

で、これは儲けのチャンスではないのか?こういう博打的な儲けはお遊びの範囲であって決して投資の中心ではないわけだけど、今回はちょっとお遊びしてみるのが良いのではないか?

まず、どれだけの業績インパクトがあるのかを考えなければなりますまい。会計のプロでは無いので、過去のPL、BSをどう修正するのか、分かりようもないが、それでも分かる範囲で考え結論を出す必要がある。間違いを覚悟で考えるわけですよ。

不動産売却高の290億は2002年の売上から引かれる。2002年の売上は1920億なので、売上の15%と大きい。その前年2001年の売上が1440億なので、2001年から2002年の売上伸び率33%が13%に低下する。

売却益の20億円は2002年のPLではどうやら経常利益に計上されている雰囲気。42億の経常利益が22億に下方修正される。利益半減ですな。こりゃひどい。2001年の経常利益は14億なので、それでも大幅増益には違いないが。

BSには売却不動産270億が固定資産として計上され、借入金が290億増える。当時の総資産額が990億、純資産額が87億、自己資本比率が9%。それが修正によって、総資産額1260億、純資産額87億、自己資本比率7%となる。

これ以降の年度に関しては、払ってきた賃貸料が支払利息に振り替えられるのだろうか。子会社化される豊島企画の業績が追加される。BSは不動産の分だけ肥大化して、前期のBSでは自己資本比率は26%から24%ぐらいに低下。

この不動産がどれぐらいの収益を上げているのかによるが、仮に収益ボロボロ赤字店舗なんかであれば減損の必要があるかもしれない。そうなれば純利はその分減る。

これぐらいは最低でも修正されるのだろう。他にもいろいろありましょう。全体として、それほどPL、BSにインパクトは無いんじゃないですか?増資が必要になったり、銀行からの借入ができなくなったり、そういうBSにはならない。PLにしても、大赤字に転落したり2003年以外の数字が大きく修正されることは無さそうですな。(減損除く)

証券取引等監視委員会は二十五日、ビックカメラが不適切な会計処理を行い、その決算に基づき公募増資をしたことが金融商品取引法に違反すると判断し、同社と同社会長に課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告する方向で検討に入った。

ということで、ヘタすると上場廃止基準に抵触したりしないか?東証の上場廃止基準はこうなっている。

有価証券報告書等に「虚偽記載」を行った場合で、その影響が重大であると当取引所が認めたとき

虚偽記載であり、重大であるから課徴金納付命令の勧告が出されようとしている。となれば、一応は上場廃止基準に該当する。該当すれば即上場廃止ではないので、東証がどう判断するかによる。まさか、これだけで上場廃止は無いだろうと個人的には考える。

監査法人はあずさ、主幹事は日興。株式の60%以上を創業者が保有。怪しい大株主はいない。有価証券報告書を見ても怪しさはない。

ずばり、買いですな。もちろん、短期トレーディングで。遊びの範囲の少ない資金で。

ちなみに、短期トレーディング銘柄というのは自分なりの基準がある。ボラティリティがあること。業績が良いこと、もしくは業績は悪くても良くなるんじゃないかと期待させるニュースが出たこと。割安であること。何か悪いニュースが出たりして売られていること。その売りの理由が単なる投資家のびっくりであること。ヘタこいて含み損になってもしばらくすれば株価回復する可能性が高いこと。ボロ株・仕手株ではないこと。そんなとこかな。

ゲームプラン・投資戦略
ビックカメラ 不動産 流動化 短期売買 虚偽記載

2008/12/27 08:08

アパマンショップ、倒産しそうで増資するかも知れませんよと発表

~ 新株発行するかもしれないというプレスリリース、決まってからの発表が普通だと思うが。 ~

アパマンがショップホールディングスが増資するかもしれませんよと発表。

第三者割当(予定)による新株式及び新株予約権の発行登録に関するお知らせ

普通、こういう発表ってしますか?しないような気がするが、ちょっとはっきりしないので何とも言えないが。

新株の発行登録、であって、新株発行が決まったわけでもなければ、発行先が決まったわけでもない。誰がどれだけいくらで引き受けてくれるか全くの白紙なわけですよ。こういう発表は今まで見た記憶がない。あったのかもしれんが。

新株発行が決まって、発行価額が決まって、割当先が決まって、そういう状況になって新株発行のお知らせが出るのが普通の流れじゃないのかと。

なんかイヤーな予感がしますな。

もともと倒産しそうなアパマンなわけで、ここまで来れば何でもしてやれって感じが伝わってきませんか?

株価はストップ高の暴騰をしている。信用規制で空売りができないけど、空売りしたい人は沢山いそう。短期売買の値幅取り以外に何ができましょう。長居は無用ですよ。個人的には無視。

不動産・マンデベ・流動化
アパマンショップホールディングス 増資 新株予約権 新株発行

2008/12/27 08:08

イオンモール、業績好調、来期四季報予想も強いのだけど

~ イオングループの強気出店戦略の転換で、業績の伸びは鈍るかもしれないと保守的に考える。 ~

イオンモールの第3四半期決算。

2009年2月期 第3四半期財務・業績の概況

業績数字は絶好調ですな。来期は減速するんじゃないですか?四季報の数字はかなり強いけれど、イオンはイケイケドンドン積極出店から既存店頑張って回復型に転換した。そうなればイオンモールの業績も頭打ちになるか、成長スピードが落ちると考えるのが自然でしょ。

そうならなくて来期も高成長するのかも知れない。けどね、今は四季報の強気数字を信じて投資するより、もっと保守的な見通しでもって投資していく局面。そうじゃなくても、イオンモールの評価は決して低くないわけだし。

不動産・マンデベ・流動化
イオン イオンモール ショッピングセンター 不動産

2008/12/27 08:08

ダイドードリンコ、値上げはできないが缶コーヒーの-10%は続かない

~ 缶コーヒーヘビーユーザー層が不景気で少し節約すると-10%なんていう数字が出てくる。 ~

ダイドードリンコの12月月次数字。

平成21年1月期  12月度販売状況 のお知らせ

弱いですな。売上がこういう状況では、原材料価格は確実に下がるけれど来年4月の値上げがなければ利益の回復は鈍い。

200812263.gif月次の数字でコーヒーが前年同月比10%もマイナスになるというのは、売れていないのだとつくづく感じさせる。コーヒーと言えば愛用者層は男性のヘビーユーザーになる。

今まで工場で作業していた派遣労働者が休み時間に缶コーヒーを飲みながら休憩を取っていたとすれば、派遣切りでそういうコーヒーブレイクを取る人は少なくなる。正社員にしてもボーナスが減ったから少しだけ節約しようと、週に1日は缶コーヒーを飲まない日を作ったりする。

たかが120円、されど120円ということですよ。

そういうちょっとが積もり積もって-10%なんていう数字が出てくるんじゃないですか?とてもじゃないけど値上げなんてできそうにはないですな。

で、ここからだが、このままズリズリと前年同月比でマイナスの数字を出し続けますかねえ?アパレルや飲食なんかの場合、ひとたびトレンドに合わなくなったり、サービスが低下するとマイナスはどこまでも進んでいく。ビジョンメガネなんて酷いもんだ。

コーヒーの場合、味とかサービスとか、そういう要素に変化はない。新製品が売れたりすると企業間でシェアの変動がある。コーヒーはコカ・コーラのジョージアがトップブランドでシェアは40%。次がサントリーのボスで、3位はアサヒ飲料のワンダ。ダイドーがどの辺に位置するかは不明。しかし、ジョージアの出荷金額が3600億ぐらいなので、ダイドーのコーヒー売上1300億では、シェア15%ぐらいと推計できる。

ちょっと話しがそれたが、言いたいことは、コーヒーみたいな物で前年同月比マイナスがずっと続くことは考えづらい。減ったところで横這いになるか、ゆっくり回復するか、どちらかじゃないですか?

食品・飲料・日用品
コーヒー ダイドードリンコ 飲料

2008/12/27 08:08

タビオ、靴下が売れて景気が真冬でも足下の業績は暖かい

~ 第3四半期までの業績好調さと進捗率を考えれば通期の上方修正は出るでしょうね。 ~

タビオの第3四半期決算。

平成21年2月期 第3四半期財務・業績の概況

月次や中間決算を考えれば、予想通りの好決算ですね。

売上+7.4%、営業利益+13.6%、経常利益+13.4%、純利益+13.4%。通期計画に対する進捗率は、売上72%、営利69%、経利69%、純利66%。進捗率が低いような気がするかも知れないが、タビオの業績は寒さが厳しい12月~2月に偏重している。ちなみに、前期の進捗率は、売上71%、営利65%、経利65%、純利62%。今期より悪い。

通期は上方修正確実でしょうな。

200812262.gifユニクロのファーストリテイリングを始め、ポイントやライトオンなど、業績がそれなりに強い銘柄の株価は高い。それに比べると業績で見劣りしない靴下屋タビオの株価は安過ぎじゃないですか?

不景気で固い物・重い物・高い物は売れない。外需・輸出関連は大赤字連発。ディフェンシブと高配当、小売の一角が今の相場では鍵になるわけですよ。そういう流れで考えてもタビオは安すぎと思うんですね。

アパレル・ファッション銘柄
タビオ ファッション 靴下 靴下屋

2008/12/27 07:07

アスコット、有報を提出でず倒産や上場廃止もあり得る

~ 2008年8月に上場してすぐの失態は社長や主幹事の詐欺に近いものがある、株価は悲惨。 ~

アスコットが有価証券報告書を提出できない。

平成20 年9 月期有価証券報告書提出遅延に関するお知らせ

上場して間もないのにこんな事になるのは詐欺ですな。上場は2008年8月ですよ。減益決算での上場。不動産マーケットが悪いのは分かっていたし、ますます悪くなるのは明らかだった時期。まさか上場を考える不動産企業のトップがそんな事は予測できなかったなんて言わないでしょ。

主幹事の大和にも責任はある。そんなのを上場させるのはやめてくれませんか?ま、大和がやめていれば怪しい主幹事で上場したのだろうけどね。

有報提出できなくて上場廃止とか、資金繰りがつかなくなって倒産とか、十分あり得るわけだが、そうなれば社長と主幹事は訴えられて実刑になって当然ですよね。残念ながら、そうならないのが日本社会。

こういう危うい状況になることは12月12日のこのプレスリリースでうすうすは感じられました。

会計監査人の異動及び一時会計監査人の選任に関するお知らせ

監査法人を新日本からアスカに変更するというものですな。厳しい監査法人からユルユルな監査法人へ。

変更理由。

当社は、本日まで当社の会計監査人である新日本有限責任監査法人と、当社の連結子会社を含めた事業計画、資金計画について度重なる協議を続けてまいりましたが、当社保有物件の売却見込等の計画の実行可能性に関し、一部見解の相違が解消できませんでした。

十分分かりやすく書かれているが、もっと分かりやすく書いてみる。

うちは在庫の不動産を売って借金を返済していく計画なので、資金調達はしなくてもいいと思っている。仮に資金調達が必要だとしても、棚卸資産を売って返済する分は必要ないと思うんです。計画通り不動産は売れるはず。

200812266.gifだけどね、新日本監査法人は、計画してる値段やスケジュールでは不動産は売れないから、資金調達計画をしっかり立てろって言うんです。そうしないと資金繰りが悪化して倒産するって、脅すんです。

そういうことで意見が合わず、このままだと有報提出できない。うるさいな、新日本は。面倒なので、アスカに変更しますよ。そうすれば丸く収まるでしょ。

株価は悲惨な状況で、上場来上がった試しがない。儲かったのは株を売りだした人=社長と主幹事と会社。エグイね。

不動産・マンデベ・流動化
アスカ アスコット マンション 不動産 流動化 監査法人

2008/12/27 07:07

イマージュ、倒産の瀬戸際で超高利回りの株主優待は縮小へ

~ 資金繰りの悪化で資金調達を計画している間も業績は悪化の一途、優待次第で株価は一段安へ。 ~

イマージュホールディングスの第3四半期決算。

平成21年2月期 第3四半期決算短信

ひどい内容ですな。業績悪化のスピードがものすごい。恐いのは銀行からもう融資しませんよって言われること。そうなれば資金繰りに行き詰まって倒産ですから。そうなってもおかしくないぐらいの業績悪化スピードと言えましょう。

11月26日には継続疑義の注記に関してプレスリリースがあった。

「継続企業の前提に関する注記」に関するお知らせ

曰く、

さらに、一時的な運転資金の不足が生じる可能性に対処すぺく、平成20年10月及ぴ11月に当社代表取締役社長南保正義から運転資金を借入れております。また第三者害リ当増資等を含めた資本政策についで具体的な検討を進めてまいります。

資金繰りは危険な所まで来ていますな。

200812261.gif株価は暴落。暴落前の水準は赤字企業にしてはずいぶん高い気がするが、実際高いですね。高い理由は簡単で、魅力的な株主優待の力と言えましょう。

8000円相当の自社商品を年に2回もらえるので、暴落前の株価水準で優待利回りは驚きの40%。自社商品というのはライスフォースの化粧品。そんなものは使わないって人はヤフオクで売る。4000円~5000円ぐらいで落札されるので、その場合で優待利回は20%~25%となる。

株主優待好きでこの株を買わないと言うのはバカですよ。

そういうわけで株価は高かった。株価は暴落したのでさらに高利回りになり、化粧品を使えば優待利回100%。使わなくても50%を越える。そんなアホな。

株主優待は廃止か縮小が発表されますな。そこでもう一段、優待投資家の投げ売りで株価が下がるんじゃないですか?株主優待で値を保っていた株から優待を取ってしまえば、後はどうなるか、子供でも分かりますな。

専門小売銘柄
イマージュ 倒産 株主優待 継続疑義 高利回り

2008/12/27 06:06

アルバイトタイムス、無料求人紙DOMOは全く儲からない

~ 無料求人誌のビジネスモデルは時代遅れで、会社の資産は失われていく一方。 ~

アルバイトタイムスの第3四半期決算。

平成21年2月期 第3四半期財務・業績の概況

相変わらずのボロボロ業績ですな。アルバイトタイムスの顧客のメインは人材派遣・請負会社などであるわけで、派遣切りが連日トップニュースになり求人が減っている今、業績が良いわけがない。

しかし、アルバイトタイムスの業績は2005年2月期と2006年2月期をピークに信じられないほど悪化しているので、不景気云々以前に、アルバイトタイムス固有の問題があるのはご存じの通り。

業績やビジネスモデルが頂けないのは別として、どうしても目にとまるのは高財務と資産的な割安さじゃないですか?

これだけ業績が悪化しても自己資本比率は83%で借金はない。ビジネスモデル的に大きな設備投資を必要とするわけでもないので当然と言えば当然だけどね。PLの数字とBSの数字の悪さと良さの対比が面白い。

BPSは180円、現金修正BPSが97円。株価76円でPBRは0.4倍、現金修正PBRが0.8倍。業績が超悪いので配当がないのは残念。

大赤字で営業キャッシュフローはマイナス。通期でも営業CFはマイナスになりますな、多分。

DOMOのビジネスモデルが復活することはあるのだろうか?猛烈に景気が回復し、人手不足がどうしようもなければそれなりに復活するのかも知れない。そうでなければ、復活しない方に賭けるのが賢いのでは無かろうか。

新しい収益ドライバーでも作り出さない限り、資産は徐々に失われていくって事ですな。

結局、現時点での資産価値的な株価は非常に魅力的ではある物の、その資産価値は結構なスピードで失われていく可能性が高い。配当もないので、とてもじゃないけど買えないってことになりますな。

ビジネスサービス
PBR アルバイトタイムス 人材派遣 求人 請負

2008/12/25 13:01

イオンファンタジー、不景気で業績は厳しいが高利回りは注目

~ 配当と株主優待を合わせた総合利回は10%近い、業績の悪さに目をつむれるか? ~

イオンファンタジーの第3四半期決算。

2009年2月期 第3四半期財務・業績の概況(非連結)

厳しい決算ですな。イオン系なので当然だが、イオン系モールの出店にあわせて店舗を拡大するのが基本。イオンはこれまでの積極出店拡大策をやめて、既存店頑張って売上伸ばそうね戦略に転換した。となれば、イオンファンタジーの店も出店余地はなくなる。

そうなれば既存店が頑張るしかないけれど、折しも不景気は強いですね。不景気になれば子供の遊びをちょっと減らそうかなって思いますよ。少なくともこれまで以上に子供をイオンファンタジーの遊び場に連れて行こうとは思わない。

事実、既存店売上は厳しい。月次数字を確認。

業績は当分上向かないのではないですか?

200812251.gif注目できるのは利回りの高さ。配当は30円で利回4.3%。株主優待は2500円分の施設利用券と米3㎏、商品購入5%割引券と豪華。施設を利用するのであれば、優待利回は5.7%にもなる。施設を使わずヤフオクで売るのであれば、優待利回は3.9%%ぐらい。総合利回は8.2%~10%ということになりますな。

自己資本比率70%、借金は無視できるほどちょっとだけと財務は優良。キャッシュフローの範囲での設備投資をしているので資金繰りも大丈夫。つまり、減配の可能性は低いって事ですな。優待廃止や改悪も無さそう。こればっかりは予想が付かないが。

消費者サービス
イオン イオンファンタジー 株主優待 配当 高利回り

2008/12/25 13:01

来春の缶飲料の値上げはサントリーの撤回で微妙な情勢

~ 缶飲料の値上げがなければ利益の圧迫された飲料メーカーの業績回復がつまらないものになる。 ~

以前、来年春頃に缶飲料が値上げされるという情報がありましたな。しかし、この不景気のさなか、缶飲料の需要も下がり気味で、どうやら値上げは無くなりそうな気配です。一缶の値上げは10円の予定だったので、これは大きいですよ。

サントリーは値上げ撤回を決めた。業界2位の飲料メーカーが値上げしないのであれば、下位メーカーは当然値上げできないし、業界トップのコカ・コーラにしても値上げという賭けには出られますまい。

値上げは消費者には受け入れられないという判断ですな。

缶飲料の原料は、砂糖と容器(アルミなど)。それに香料や段ボールなどの包装。基本的にはそういった原材料価格は一時の暴騰からはずいぶん下げている。原油に至ってはアホらしいほど下落していますな。しかしながら、全体としてはまだ高めと言えましょう。

原料価格が下がった分の利益率向上は期待できる。しかしながら、値上げがなければ利益も伸びが大きくない。伸びても知れている。

自動販売機での売価はずっと100円だった缶飲料。1992年に10円値上げされて110円となった。もともと1989年の消費税導入時に値上げしようとしたができず、ずいぶん遅れての値上げとなった。

1998年、再度の10円値上げが実施される。前年に消費税率のアップがあったための値上げ。10円は消費税分以上なわけだが、原料価格の上昇やいろいろあります。

で、今回11年ぶりの値上げのチャンスが来たわけだが、どうやらダメになりそうです。

缶飲料関連ではダイドードリンコに注目してきました。ここのところ株価は順調ではあるものの、値上げができないとなると非常に嫌ですね。基本、値上げを見越して注目してきたわけで、その大前提が無くなってしまった今、よーく考えないといけない。

ゲームプラン・投資戦略
コカ・コーラ ダイドードリンコ 飲料

2008/12/25 12:12

ブッシュ米大統領にイラク人記者が投げつけた靴が売れている

~ 年間販売量の9倍の注文をこなせるのだろうかと、余計な心配をしてみる。 ~

ブッシュ米大統領にイラク人記者が靴を投げつけた出来事がありましたな。その靴を製造しているメーカーが受注増に沸いているらしい。

2008/12/25, 日本経済新聞 朝刊

米大統領に投げられた靴、製造元に37万足の注文。

 ■トルコ 記者会見中のブッシュ米大統領にイラク人記者が投げつけた靴が、特需に沸いている。製造元とされるトルコ企業に注文が殺到。この靴の年間販売数量は世界で約四万足だったが、事件後の受注だけで三十七万足に達した。

 製造元といわれるバユダン・シューズ社の担当者は日本経済新聞に「スウェーデン企業の英国法人から十万足超の注文があった。イラクなど中東だけでなく米国や香港など世界中から発注がある」と語った。革靴だが靴底はポリウレタンで片足分が約三百グラム。「バイバイ・ブッシュ」名で商標登録申請したという。(カイロ支局)

イラク人記者は英雄扱いで、履いていた靴がバカ売れで、なかなか面白い。もともと年間販売量が4万足だった靴なのだけど、いきなり37万足の注文。そんなに作れるのだろうか?製造設備的に無理なんじゃないの、と無意味な心配が浮かんできたりする。

これからは模倣半が出て、麻生首相に餅を投げつけたりしないですか?自分の店の餅を投げつけたら、正月にその餅がバカ売れするとか。

それはあり得ない話しでも、ビジネスチャンスというか、棚からぼた餅というか、そういうのはどこにでもある。投資でも同じで、あり得ないチャンスがあったりすることが時々ありますな。見逃さないように。

ちょっとニュース
ブッシュ米大統領

2008/12/25 12:12

第三者割当増資が規制される、ダメ企業には退場してもらおう

~ バカバカしい資金調達をしなければならない企業は上場する資格無しですよ。 ~

ようやくですな。

バカバカしい増資が頻繁にされるわけで、いい加減に何とかしないとダメですよ。発行済株式がいきなり数倍にもなる増資がされたり、上場廃止になるべきクサイ企業が訳の分からない増資で生き延びたり、もうそういうのはやめにしましょうよ。

先日のダヴィンチの新株予約権にしたって、どう考えてもおかしくないですか?

クサイ企業からは毎日毎日第三者割当がどうだ、新株予約権がどうだ、投資組合から資金調達だ、とにかく見ていて気持ち悪くなりますな。

今回の決定事項だけではそういう状況は無くなりはしないけど、少しでもましな方向へ行くことを期待します。

2008/12/25, 日本経済新聞

東証、来夏メド、第三者割当増資に規制、既存株主守る、過大な増資は公表・警告。

 東京証券取引所は二〇〇九年夏をメドに、特定の投資家に新株を割り当てる第三者割当増資に規制を導入する。増資額が既存株数に比べて異常に大きいなど、既存の株主の価値を損なう増資が新興企業を中心に相次いでおり、締め出すのが狙い。東証が不適当と判断した増資の実施企業には「公表措置」や違約金を科す。悪質と判断した場合には上場廃止も検討する。資金調達の透明度を上げ、市場の信頼を高める。

 現在、日本企業が第三者割当増資を実施する場合、原則として取締役会の決議で決めている。このため、会社の支配権が移るなど、増資のハードルが米国や英国に比べて低い。今年十月には、東証の新興企業向け市場マザーズ上場の結婚式場運営会社が発行済み株式数を大きく上回る規模の増資を計画した。東証はこの増資計画が発表された際、全上場企業に株主に配慮した第三者割当増資を要請したが、より抑止力のある制度整備が必要と判断した。

 具体的には、既存株主の一株あたり利益の目減りにつながる大規模な増資について公表し、上場企業やその株主に警告する。東証が今年導入した違約金の対象にも加える。

 東証は一律で規制する数値基準は導入しない方向だ。ただ、特別の事情がなく発行済み株式が一気に二倍に増えるような規模の増資が対象になるとみられる。

 米国ではニューヨーク証券取引所が議決権の二〇%超に相当する新株発行について株主総会の承認が必要との制限を設けている。日本でも金融審議会で規制強化に向けた議論が始まっており、東証も市場運営者として足並みをそろえる。

 株価により条件が変わる転換社債(MSCB)や、株式併合は東証の規則に違反しても公表措置しかとれないため、違約金を科せるようにする。

ちょっとニュース
CB MSCB 増資 新株予約権 第三者割当増資 転換社債

2008/12/25 12:12

名証セントレック上場企業一覧、倒産、上場廃止などに注意

~ 蒼々たるメンツが揃った名古屋証券取引所の新興市場、監査法人と主幹事にも注意。 ~

名証セントレックに上場する企業一覧。(2008年12月25日現在)

この企業リストを見てどう思いますか?中長期で投資に値するものは無いでしょうな。短期売買で値幅を取るのであれば関係ないけどね。妙なファイナンスやあっと驚くウルトラCはもちろんのこと、上場廃止や倒産も常に頭の片隅に置いてくださいな。

コード、企業名、業種が書いてあるけど、その後に、監査法人と主幹事証券を追加すればもっともっと臭さが分かります。

追加しようかと思ったけど非常に面倒なのでやめました。なぜなら、最新版の四季報CD-ROMからは、スクリーニングデータをテキストで書き出せなくなったので。公式には今までも四季報CD-ROMデータはテキストで書き出せなかったわけですが、ちょっと裏技を使えば簡単にできたましたね。

それが今回からできなくなった。なかなかやるね、東洋経済新報社。っていうか、ほんと、テキスト書き出しできないと不便で仕方ない。だれか裏技知りませんか?

  • 3384 アークコア (卸売業)
  • 2460 アプレシオ (サービス業)
  • 4567 ECI (医薬品)
  • 3366 一六堂 (小売業)
  • 8943 エスグラントコーポレーション (不動産業)
  • 3808 オウケイウェイヴ (情報・通信業)
  • 7824 オプトロム (その他製品)
  • 3775 ガイアックス (情報・通信業)
  • 3830 ギガプライズ (情報・通信業)
  • 9428 クロップス (情報・通信業)
  • 3061 KFE JAPAN (卸売業)
  • 3260 ゲオエステート (不動産業)
  • 3739 コムシード (情報・通信業)
  • 3032 ゴルフ・ドゥ (小売業)
  • 3228 三栄建築設計 (不動産業)
  • 3066 JBイレブン (小売業)
  • 3829 セルシス (情報・通信業)
  • 3057 ゼットン (小売業)
  • 2139 中広 (サービス業)
  • 3351 TRNコーポレーション (小売業)
  • 3781 DPGホールディングス (情報・通信業)
  • 3346 21LADY (小売業)
  • 2447 NowLoading (サービス業)
  • 3252 日本商業開発 (不動産業)
  • 3383 ノア (卸売業)
  • 2467 バルクホールディングス (サービス業)
  • 3821 フラクタリスト (情報・通信業)
  • 2494 メディカル・ケア・サービス (サービス業)
  • 2130 メンバーズ (サービス業)
  • 8919 やすらぎ (不動産業)

クサイ会社・エグイ企業
セントレック 名証

2008/12/22 22:10

トヨタ、71年ぶりの経常赤字、今年度の販売台数計画も引き下げ

~ 車が売れず為替は円高、ダブルパンチで経常赤字のトヨタ、自動車産業は大転換期。 ~

トヨタの下方修正。

業績予想の修正に関するお知らせ

200812229.gifついこの前に減額したばかりだが、今回も大きな下方修正。営業赤字に転落。恐ろしい。

マーケットの噂ではトヨタが営業赤字になるとは分かっていたものの、実際に営業赤字になると何とも気分が落ち込みますな。2兆2000億円もあった利益が1500億の赤字になるわけで、そりゃあ嫌な気持ちにもなりますよね。

トヨタが経常赤字を計上するのは1938年以来の71年ぶり。このような厳しい状況を踏まえて、トヨタのトリプルAの格付はもしかすると引き下げられるかもしれない。そうなれば多少なりとも調達金利は上がることになり、余計な出費がふえますね。

今年度の販売台数計画値は8.5%引き下げられて754万台。

もちろん車が売れないのは大前提としてありましょう。しかし、為替が痛い。

トヨタの場合、1円の円高ドル安で400億円の減益につながる。図は日経新聞より拝借。真ん中の列の数字が1円(対ドル)の動きが半期利益に与える影響額。2倍下数字が通期の影響額って事です。

トヨタの発表資料によれば、通期の為替レートが1ドル100円と1ユーロ143円、下半期が1ドル93円と1ユーロ146円、12月以降では1ドル90円と1ユーロ120円。前期は1ドル114円と1ユーロ162円。

12月以降のドル円レートを90円と思い切ったのは好感がもてますねえ。

2008122291.gif図に当てはめて考えれば、今期の為替影響は5600億円。これはドルだけで、その他の通貨は含んでいない。

すぐにトヨタがGMと同じ運命を辿ることはないだろうけれど、自動車産業というのは大転換期を迎えたことは間違いないですな。

車・自動車部品銘柄
トヨタ 自動車

2008/12/22 21:09

ライトオンの11月月次、先月までとは違って弱い数字、株価は?

~ ファーストリテイリングにつられた株価の上がったアパレル銘柄は正念場か。 ~

ライトオンの11月月次。

月次売上高前年比情報に関するお知らせ

あら?意外と弱いですな。全店が96.7%、既存店が91.3%。この数字を入れて、今期ここまで全店104.7%、既存店99.1%。

この11月の弱さについて、

前年に比べ土曜日が1日多かったにもかかわらず

200812228.gifと会社が言っている。相当落ち込んだ印象を受けますな。

株価は堅調。ユニクロにつられる感じで上がりました。もちろん、高値から考えれば酷いものですけど、年初来で40%ほど上がっているし、底値からは倍以上。立派と言えましょう。

今回の月次でどういう反応をしますかねえ。

アパレル・ファッション銘柄
アパレル ファッション ライトオン

2008/12/22 21:09

アセットマネジャーズがトヨタと手を組んだ?

~ 日本で一番手に入れたいトヨタの信頼を強調したい気持ちは理解できる。 ~

アセット・マネジャーズ・ホールディングスのくどいようなプレスリリース。

豊田D&C株式会社との業務提携及びケイ・ティ・ストアマネジメント株式会社(神奈川トヨタグループ)との不動産アドバイザリー契約締結に関するお知らせ

何がくどいって、トヨタを強調繰り返しでくどい。

気持ちは分からんでもない。トヨタと取り引きするというのは、日本企業にとってはステータスであり、信用の証であるからね。アセットマネジャーズとしては、トヨタと手を組んだんですよと声を大にして言いたいわけです。

実際にはトヨタと手を組んだわけでもなんでもない。ちょっとトヨタとつながりがありそうな企業と一緒にビジネスができそうですよ、ってのが実状ですな。

ところで、アセットマネジャーズは世界10本の指に入る投資銀行を目指していたわけだが、その目標は正式に撤回されたのでしょうか?今回のリリースにはこう書かれていますな。

当社グループは、「ASSET MANAGERS」の社名のとおり、不動産を中心とする資産運用ビジネスをコア事業としており、平成20年8月末現在で約4,500億円の受託資産を運用しております。当社グループでは、事業の安定性・確実性を追求し、不動産に関連したフィービジネスに特化することで継続的な収益の獲得を目指しております。

はっきりと不動産屋ですと。投資銀行はやめたのですね。

このプレスリリースに関係なく、株価の動きは激しい。不動産関連銘柄、どれもこれもボラティリティが非常に高いですな。

不動産・マンデベ・流動化
アセット・マネジャーズ・ホールディングス ファンド 不動産 流動化

2008/12/22 17:05

フジオフードが280円牛丼を販売、まいどおおきに食堂が上向くか

~ 財務、監査法人(優成)、ベンチャーリンク、業績、悪さが目に付くが牛丼が起爆剤になるか。 ~

フジオフードが一杯280円の牛丼を売るという。牛丼に使う牛はオーストラリア産なわけで、これだけ円高が進んだ今、仕入値はぐっと下がりますな。それを消費者還元という形にすると牛丼一杯280円となるわけです。

しかし280円というのは安い。安すぎる。

吉野家やすき家、松屋フーズの牛丼も当然安いのだが、それでも350円~380円。フジオフードの牛丼は食べたことがないので(これから発売?)量と味は分からないけど、牛丼チェーンに比べてそれほど劣るとは思えない。同じボリュームと似たような味で20%も安いのは驚異的だ。

70円という絶対金の大きさより、一杯280円という値段のインパクトはひじょーに強くないですか?私は強いと感じますな。

個人的には牛丼チェーンで食事をすることは年に1度あるかないか程度なので、牛丼使いの人達とは考え方がちょっと違うかもしれない。それを承知で言うならば、牛丼一杯食べただけでは満足できない。何かもっと食べたい。

サラダとかみそ汁とか、ちょっとしたサイドメニューについつい手が伸びるじゃないですか。そういうメニューは、牛丼の安さに比べると意外と安さが感じられない。サイドメニューは高利益率ですな。

マクドナルドには100円バーガーがある。あれは安い。あればかりを注文されるとマクドナルドは全然儲からないらしい。実際には、100円バーガーだけを食べる人は少数で、ドリンクやポテトを注文する。それらが高利益率なので、全体としてうまいこと回るわけ。マックの人はポテトはいかがですか?って聞くのはそういうことですな。

まいどおおきに食堂でも同じじゃないかと思うんです。

牛丼280円だけ食べて帰る人は少数派で、結局何か別の物を食べる。メニュー数は多いので、牛丼がきっかけになってまいどおおきに食堂を使い始める人だっているんじゃないですか?

200812227.gifフジオフードの既存店売上は前年割れが続いている。牛丼が契機になって上向く可能性もありましょう。月次は要チェックですな。

第3四半期までは業績はボロボロ。通期は下方修正されるに違いない。フランチャイズ店が多い割には財務も悪い。

監査法人は優成で気持ち悪い。提携解消したものの、もともとベンチャー・リンクと手を組んでいたのもひっかかる。

悪いところばかり目に付くわけだが、280円牛丼の力が非常に気になる。この不景気のさなか、安さは力なり。消費者は安い物を探している。さて、どうなるか。

外食・レストラン・居酒屋
すき家 まいどおおきに食堂 フジオフードシステム 吉野家 牛丼

2008/12/22 17:05

11月から急激な景気悪化、外需企業のどん底はまだ先

~ 景気どん底のずっと前に株価は底を打つが、まだその段階にない。ディフェンシブ継続で。 ~

景気が悪いのは分かっています。特に気をつけないといけないのは、11月辺りからの落ち込みが猛烈なスピードだと言うことじゃないですか?

下の日経記事によれば、社長100人で

「急速に悪化している」と答えた経営者は前回調査(十月上旬)の一〇・八%から八六・八%に増えた。

わけです。この数字のジャンプは大きすぎますな。国内主要企業の100人なのだから景況感はよく分かっている人達ですよ。

先日のエントリーで日本電産の状況信越化学の状況を書いたが、まさに11月からの景気急減速を口にしていますね。

輸出は円高と世界的な需要減でますます鈍くなり失業者は増える。景気の悪化はまだまだ止まりませんな。

世界経済の悪化で、自動車、船、資源、電機、商社、その他もろもろ輸出・外需に頼る企業の株価は厳しい状況が続きます。チャートを眺めてみても、そいうい関連の企業で上がっている株を探すのは難しいんじゃないですか?

もちろんそれら企業の株価は景気が底を打つ前に上昇を始める。景気どん底の半年から1年ぐらい前に株価はどん底ですよ。それが株価は景気を先取りするって言うことですな。

まだもう少し待つべきだと思いますね。

ディフェンシブ、内需の中でも不景気に相対的に強い株、高配当・低PBR銘柄。まだこの辺りを中心に攻めるべきですね。

2008/12/22, 日本経済新聞 朝刊

景気「急速に悪化」86%、設備や人員「余剰」4割(社長100人アンケート)

 日本経済新聞社が二十一日まとめた「社長百人アンケート」によると、国内景気が「悪化している」との回答が九九・三%に達した。中でも「急速に悪化している」と答えた経営者は前回調査(十月上旬)の一〇・八%から八六・八%に増えた。設備や人員の余剰感が高まっており、年明けから設備の統廃合や雇用調整が一段と強まる可能性がある。一方で二〇一〇年春の新卒採用は四割以上が〇九年春と「変わらない」と答え、厳しい経営環境の中でも人材を確保する姿勢を示した。

(中略)

 国内景気の現状認識として「悪化に転じた」「緩やかながら悪化している」「急速に悪化している」のいずれかを選んだ経営者は九九・三%で、前回調査の九三・五%からさらに増えた。「拡大している」は前回に続きゼロだった。

ゲームプラン・投資戦略
ディフェンシブ マクロ経済 不景気 内需 高配当

2008/12/22 16:04

個別銘柄ウォッチ(2008/12/21)

~ くらコーポレーションが退場、チェルトと神戸物産を新規で追加。 ~

200812226.jpg

ウォッチ銘柄の材料

200812221.jpgMonotaRoが配当を開始。配当利回りは2%。
ミネルヴァが第1四半期と自社株買いを発表。9%の自己株で大きい。
くらコーポレーションが決算発表。業績回復は鈍い。
・ユニバースの東証一部指定が決定。
バンクテック・ジャパンの11月月次が発表された。

コメント

200812222.jpgMonotaRoが5000円の初配を決めて、翌日には株価はそれなりに上昇。その後はダラダラとしているので、買い増しするにはちょうど良いぐらい。権利落ちを待った方が心休まるかもね。

トリドールが直近高値を超えてきました。業績的にはまだまだ強気で大丈夫。出来高が急増しているのでとりあえずは利益確定、ポジション縮小もあり。岡三証券は強気レーティング。

200812223.jpgミネルヴァが第1四半期と自社株買いで急騰。それでも割安さは強い。

チェルトを新規に高配当・低PBR銘柄に追加。現金修正PBRは4.3と全然安くないけど、配当利回りは5.6%と文句無し。ディフェンシブ系で業績安定度は高く、キャッシュフローは豊富なので減配の心配もない。

200812224.jpgハウス食品がレトルト食品の回収をすることになったが、もし急落することがあればトレーディング銘柄として採用。株価が無反応なら手を出さず。

ユニバースの東証一部上場が決まって株価はストップ高の急騰。まだまだ安いけど、急騰の後には急落が来るのが世の常。

200812225.gifくらコーポレーションがいまいちな決算にも関わらず、株価はずいぶん上げた。株価に関わらずくらに魅力が無くなったので退場。

神戸物産をディフェンシブ銘柄に新規追加。配当利回り3%を越えてきた辺りで買い始めたい。

ミネルヴァ・ホールディングスはまだまだ安いのは間違いないが、これだけストップ高を連発した状況では利益を確定したい。買い戻すチャンスはいくらでもある。

物語コーポレーションの押し目が全くなくて非常に悩ましい。

ゲームプラン・投資戦略
MonotaRo チェルト トリドール ミネルヴァ・ホールディングス 神戸物産

2008/12/20 14:02

Firstrade証券に口座開設するのがアメリカ投資ではお勧め

~ 送金や出金、税金(W8-BEN)は簡単だし、人気のETFも取り引きできて、手数料は安い。 ~

個人的に投資してる市場としては、日本、アメリカ、中国・ブラジル・インド・ロシア。面白いという点ではアメリカが頭一つも二つも飛び出していると言えますね。

アメリカへの投資はFirstrade証券の口座を使っている。Firstradeは株式取引は一律$6.95と明瞭なのが良いですな。信用とか現物とか、株数とか関係ない。アメリカの証券会社に良くありがちな、株数によって売買手数料が違ったり、月に何回取り引きするで優遇手数料があったりという、ごちゃごちゃしたのがない。分かりやすいのが一番。

Firstradeの口座開設については、Let’s Firstradeに分かりやすく説明してあるので、英語の苦手な人は非常に助かるんじゃないですか?紹介プログラムを使って口座開設すると無料売買がもらえるのでどうぞ。5回と言えば35ドル。ラーメンなら5杯は食べられますな。自分の場合ももっと早く紹介プログラムを知っていれば5回無料もらえたのだが。無念。

送金は難しくない。必要な情報を持って銀行を訪れれば簡単に手続き完了する。シティバンクなんかに口座を持っているとネットで完結するらしい。この送金に抵抗という不安がある人が結構いるという情報がネット上にはよくありますな。

不安があるのはわかりますけど、お金がどこかへ行ってしまうというのは無いでしょう。アメリカと日本という経済大国間で大金が日々流れているわけで、それが流れているパイプがいい加減なものであるはずもない。そりゃあ、なにかトラブルにあうこともありましょう。しかしそれは日本国内の送金でも同じじゃないですか?

出金もネットでできます。日本の銀行へ送ってもらうことになるわけですが、手数料は確か35ドルだったと思う。日本へお金を戻す事なんてそうそうないわけで、35ドルという手数料は関係ないことになる。日米間で頻繁にお金を行き来させるなんて考えであれば、Firstrade証券に口座開設なんてしない方がいいと思いますね。

今はETFが結構人気なわけですが、もちろん全ETFが売買できますよ。最近出たのは、いろんな指数、例えばS&P500とかダウ平均とか、に連動しながら、指数の2倍動く指数ってやつ。つまり、S&Pが3%があがれば、そのETFは6%上がるってこと。これが人気があるようで、相当な出来高がある。個人投資家のヘッジとか、歴史的な暴落でボラティリティが高い株式相場をプレイする道具としては魅力的ですな。

税金に関しては、日本人はW8-BENを提出すればアメリカでの納税義務はない。当然だけど儲けたら日本で納税ですよ。脱税は絶対すべきじゃないと思いますね。いい事なんて何もないですよ。

で、思ったのだが、確かに英語ができない場合、アメリカに証券口座を開設するのをためらう人は多そう。辞書を引きながらの口座開設手続きではイマイチ不安があるだろうし、もし間違っていたらどうなるのかなんて言う疑問も沸いてくる。問題なく口座開設できたとしても、その後何かあったら英語で対応できるのかとか、そういう心配もありましょう。

つまらない心配だと言ってしまえばその通りなのだけど、心配なんだか仕方ありますまい。そういう人は楽天証券やEトレなんかの米国株口座を使うことになるわけですよ。手数料が高いですな。

手数料が高いのは我慢したとしても、せっかくのアメリカ市場の魅力が全然味わえないのはモッタイナイと思う。なぜなら、取り引きできる銘柄は限られているし、債券やオプション、その他の投資商品は当然ながら売買できないわけですからねえ。

そんなの売買しない、するのは株だけ、っていうなら日本の証券会社の米株口座でもまあいいでしょう。アメリカ株でも誰でも知っている超大型株だけに投資するのだって言う人もまあいいでしょう。実際にはそういう人がほとんどなんでしょうな。

Firstrade以外で日本人がよく口座開設するのは、Interactive Brokerだと思う。こちらは玄人向けのネット証券で、アメリカ市場に上場もしている。Firstradeの比ではなく取り引きできる商品が多く、取引ツールも相当充実している様子。しかし、ここまで使いこなすには相当な技量が必要でしょうな。

手数料は条件によっていろいろ変わり、毎月の最低手数料もありで、複雑極まりない。これを理解するだけでも相当な努力が必要なんじゃないですか?

マルチカレンシーに対応しているようで、アメリカに限らず全世界の市場に投資可能というのだからすごい。日本、アメリカ、中国、イギリス、その他欧州とかアジア、FX、先物、オプション、その他いろいろ。つまり、IBに口座開設すればまさにプロ並な投資環境が整うって事。

さすがに使いこなせないので口座開設はしていませんけどね。

なんだか話しがごちゃごちゃとしたが、ポイントは、アメリカ市場は株に限らず懐が深くて断然面白いという事ですよ。そしてアメリカの証券会社に口座を持ちたいのであればFirstradeがいいんじゃないかと。英語に負けて可能性を狭めるのは損ですよ。

アメリカ株・BRICS株・外国株
firstrade アメリカ ネット証券 口座開設

2008/12/20 14:02

Firefox3が大量のメモリを食って仕方ない、設定変更したが・・・

~ メモリ1GのPCで200Mを使うFirefox、設定を変えてみたが重たいことは変わらない。 ~

Firefoxのバージョンを3にアップグレードした。メモリを食ってしょうがない。100MBはあっと言うまで、タブを少し多めにすれば200MBぐらいまですぎに行く。これって酷すぎませんか?自分のPCのメモリは1G。その5分の1ですよ、Firefoxだけで。

基本的に常に立ち上がっているアプリは、Becky!、Firefox、四季報CD-ROM、マーケットスピード、ハイパーイートレード、Adobe Acrobat Reader、FXOnline Trading Desk、楽天証券のReal Time Spreadsheetを使ったエクセル、秀丸、Windowsエクスプローラ、IrfanView。これらはほぼデフォルトでいつも起動している。どれも必要で欠かせない。

場合によっては、これらに加えてPhotoShopやWord、FFFTP、Cygwin、Skypeなどが加わる。

こんな状況でFirefoxが100Mとか200Mもリソースを使うわけにはいかんのですよ。Firefox2の時はそんなにメモリ使わなかったのだが、3になってメモリとCPUを非常に使う。

で、メモリについてググってみた。いくつか発見したので忘れないようにメモ。Firefox3が重くて仕方ない人はどうぞ。

about:configから、

  • browser.cache.memory.capacityを16384(または32768)に
  • browser.sessionhistory.max_total_viewersを2に

それぞれ変更。browser.cache.memory.capacityというのは、Firefoxのキャッシュメモリの使用量、browser.sessionhistory.maxtotalviewersは、戻る・進む機能の最大履歴数。

確かに多少はメモリ使用量が少なくなった気がする。しかしまだまだメモリ食いは直りません。PC買い換え時期って事ですか?まだ3年しか使ってないんですけどね。3年で古くなるのがPCですなあ。

Firefoxを軽量化する技を知っている方、是非教えてくださいね。

よもやま話(投資以外の話題)
firefox pc メモリ

2008/12/20 13:01

paperboy&co.(ペパボ)のIPO、ホスティングの会社で株は高すぎ

~ レンタルサーバー事業はストック型で安定しているが公募の2倍という初値は行きすぎ。 ~

paperboy&co.がIPOでJasdaqに上場。

平成20 年12 月期 第3四半期財務・業績の概況(非連結)

レンタルサーバー屋さんです。ブランドはいくつかありますけど、ロリポップが一番有名じゃないですか?月額300円以下でCGIとかMySQLなんかが使えるレンタルサーバーは貴重です。重たくて仕方ないっていう噂(じゃなくて事実です)はありますけどね。そういうプログラムを使わないホームページを開設するなら何も不便はありませんな。

それと、ムームードメインのブランドでドメインの取得・管理をしています。これも激安で、年間1000円以下でドメインが持てるのは魅力的ですな。ドメイン屋さんの料金設定にはずいぶん幅があって、高いところは5千円ぐらいしませんか?レンタルサーバーの値段の差ははっきりとスペックの差で分かるのだが、ドメイン屋さんの料金差は何なのだろうか?知ってる人教えて。

親会社はGMOインターネット。レンタルサーバーやドメイン管理は子会社のGMOホスティング&セキュリティでもやっている。ペパボとはグレードが違う。GMOH&Sのレンタルサーバーは高機能・高スペック・高価格。棲み分けはそれだけですな。

ホスティングサービスは一度お客を取ってしまえば後は毎月(毎年)利用料が継続的に落ちてくる。面倒なのでなかなか会社変更ってしないんですよね。それにホームページを閉鎖するって、企業の場合は廃業の時以外はあまり無い。個人はいろいろな理由で閉鎖するけどね。

そういう意味でペパボのビジネスはストック型。GMOH&Sは基本的に企業相手、ペパボは個人相手。そういう得意先の違いで、どちらかと言えばGMOH&Sの方が安定はしていそうですな。

で、株価なのだが、初値は4000円。公募価格が1900円なので、初値は2.1倍。終値は3800円で、IPO価格のちょうど2倍。PER評価で言えば22倍。

この前のグリーが値を飛ばしたのでそれに刺激されたのかもしれないが、ちょっと行き過ぎな値段ですよ、全く。高株価は長く持たないですな。

ハイテク・IT・テクノロジー
GMOインターネット paperboy&co. ホスティング レンタルサーバー

2008/12/20 13:01

日本電産と信越化学の言い分をよーく頭にたたき込んで

~ 悪化してきた景気は11月に入ってあり得ないほど急激に悪化スピードを上げている。 ~

日本電産の下方修正。

業績予想の修正に関するお知らせ

当社子会社5 社の平成21 年3 月期の通期業績予想(連結・個別)の修正に関するお知らせ

売上が-20%の修正で、利益に至っては半減。10月末の中間決算と子会社株買い増しで日本電産の強さに驚いたわけだが、間違っていたわけですな。

秋口まで順調であった当社グループを取り巻く経営環境も11月中旬以降想定をはるかに上回る客先の直下型在庫調整と需要減に加え急激な円高の進行により急速に変化をしている

信越化学が減益修正で説明しているのと全く同じ内容ですよ。つまり日本電産も信越化学もこう言っている。

景気が悪くなっていたけどそう言いながら10月まではそれなりに需要もあった。それが11月に入ったら信じられないスピードで急降下した。円高も開いた口がふさがらない。企業の対応範囲を超えた経済状況なのです。

トヨタにしてもつい1ヶ月前に出した下方修正を遥かに下回る業績推移だし、ホンダにしても他の国債優良企業にしてもだいたい同じ言葉尻ですな。

どんどん悪くなってきていた景気は11月から信じられないぐらい加速度を増している。

そういう事ですな。

マーケットの噂
信越化学 日本電産

2008/12/20 13:01

パシフィックHD、第三者割当は完了、その後はホントに大丈夫?

~ 6.5億円で1兆円資産の40%が買えるなんて、何かがおかしいが何がおかしいんだろう? ~

以前発表のあった、パシフィックホールディングスの資金調達。とりあえず最初の段階である第三者割当増資が完了。

第三者割当増資の払込完了のお知らせ

それにしても、発行済株式の40%もの新株を発行するのにその対価がたったの6.5億円とはねえ。1兆円近い不動産資産(少なくとも会社発表ではね)を持つ会社の評価とはとても思えますまい。

これからのスケジュールはプレスリリースにある通りなのだが、本当に予定通り進むのか一抹の不安が残りませんか?400億以上の金がパシフィックに本当に届くのか。

そういうことを何となく疑うというのは変な話で、普通なら、そうか順調そうで良かったね、となりそうなもの。そうならないほど今の不動産企業の信頼性は低い。金融システムがまだまだまともに機能していないし、不景気だし、バタバタ倒産しているし、とにかく全部が全部疑わしく見えているわけです。

まあ、パシフィックの資金調達が計画通り進むことを祈りましょうよ。

不動産・マンデベ・流動化
パシフィック・ホールディングス ファンド 不動産 増資 流動化 第三者割当

2008/12/20 13:01

ダイア建設、34社目の倒産、不動産企業の民事再生は続く

~ バブル崩壊を経験し、身が重いままマンションバブルに乗ることもできず、ついに倒産。 ~

ダイア建設が倒産。上場企業の倒産は今年34社目。負債総額300億円。不動産関連企業がバタバタと逝ってしまう。

当社の民事再生手続開始の申立てに関するお知らせ

プレスリリースは何か哀愁たっぷり漂わせていますな。

当社は、平成元年、東京証券取引所市場第二部への上場を果たし、最盛期には、連結子会社を10 数社有して、それらの連結子会社を通じて、不動産事業以外のファイナンス事業やホテル事業なども手掛け、積極的な事業展開を行いました。

確かに哀愁を漂わせるだけの歴史はある。1976年の設立からマンションを売り、その後バブル経済を経験したマンデベなわけです。バブル後に創業し身軽な状態で2000年以降業績を伸ばした新興マンデベとはひと味違いますよ。

1999年3月期には売上は2000億を越えていた。2003年からから2006年あたりの、マンデベが好業績を謳歌している時期にも売上は伸びず、利益も伸びなかった。売上はどんどん減少して今期は400億の計画。

数年前にレオパレス21の傘下となったが特に良い影響があった感じはしませんな。

株価は10月から一桁台をウロチョロ。倒産を十分に織り込んでいたと言えましょう。週明けはレオパレスの株価も圧迫されそうな気配ですな。

代表取締役社長は西島康二。監査法人は新橋。

倒産・上場廃止
ダイア建設 マンション マンデベ レオパレス21 不動産 倒産

2008/12/20 13:01

チェルト、ディフェンシブで高配当、低PER、評価低すぎないですか

~ 財務は良好で業績も安定しているのに、利回り5.7%のPER5.4倍まで売られている。 ~

チェルトの第3四半期決算。

2009 年2月期 第3四半期財務・業績の概況(非連結)

順調に業績拡大。イオングループが拡大していけば業績も拡大していくという分かりやすさ。景気が減速すれば業績も減速するわけだが、半導体や資源や車みたいな業績急落、いきなり赤字ということにはならない。逆も真なりで、絶頂赤字からロケットV字回復で株価数十倍にはなり得ませんな。

今のような経済状況、相場つきではディフェンシブとしてありがたい投資先じゃないですか?

配当利回りが5.7%。赤字の心配はなくてキャッシュフローは安定的に十分ある。借金はゼロ。PERは5.4倍。いくら成長株じゃないといっても評価は低すぎですな。

ビジネスサービス
イオン チェルト ディフェンシブ 配当 高利回り

2008/12/20 12:12

個人投資家が相場操縦で課徴金を払うことになりそう

~ 相場操縦は禁止だが、そんな操縦ができてしまう株が上場しているのも何とかしないとね。 ~

個人投資家の相場操縦で金融庁が課徴金納付命令勧告を受けたというニュース。いよいよそういう時代になりましたか。良いことですな。厳しく監視していって欲しいですね。

新興市場だけではなくて東証一部でさえ商いが薄い銘柄は沢山上場している。何日も出来高ゼロなんて言う、上場の意義が疑われるのも多いですな。そういう株を使って、自分で売りと買いを繰り返して出来高を急増させる事ができるわけですよ。

出来高急増銘柄って言うのは短期筋の視線を集める。え、何かあるんじゃないの?重大発表?一相場来るか、みたいな。そうなればしめたもので、出来高がどんどん膨らみ、とりあえず株価は上昇する。低位株なら上昇率は平気で数十パーセントですね。

そういうコトすれば儲かる。でもしちゃいけない。

しちゃいけないんだから、しちゃいけない。それは間違いない。同時にお願いしたいのは、そういう株の上場をどうするのか考えてねって事ですよ。上場廃止基準を作るとか、何か対策しないとね。

2008/12/20 日本経済新聞 朝刊

相場操縦で課徴金を勧告。

 証券取引等監視委員会は十九日、神奈川県相模原市在住の五十代の無職男性が株式の売り買いを同時に発注して株価をつり上げたことが金融商品取引法に違反したとして、金融庁に対して課徴金七百四十五万円の納付命令を出すよう勧告した。相場操縦への課徴金納付命令勧告は初めて。

ちょっとニュース
個人投資家 相場操縦 課徴金

2008/12/20 12:12

日銀政策金利、0.1%へ引き下げ、アメリカのゼロ金利を受けて

~ 日銀の政策判断には悪化の文字が登場、金利引き下げで普通預金の利息はゼロに等しい。 ~

政策金利 0.3%→0.1%(図は朝日新聞より拝借)

200812196.jpg10月末に7年7ヶ月ぶりに利下げされたが、2ヶ月で再度の利下げ。日銀の景気判断は「停滞している」から「悪化している」へ下方修正。悪化は6年9ヶ月ぶり。

ちなみに、日銀の政策金利引き下げを受け手、大手銀行は普通預金の金利を引き下げ。三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行は0.12%を0.04%に。1年間100万預けて利息はたったの400円。税金払えば320円。

統計・資料・調査
政策金利 日銀

2008/12/20 12:12

ダヴィンチの新株予約権の行使価額修正、その後フォロー

~ 転換化学の下限は4027円、当初は17万だったものがねえ。。。。 ~

せっかくなので最後までフォローしたい。ダヴィンチ・ホールディングスの第一回新株予約権。

第1回新株予約権の行使価額の修正に関するお知らせ

つい先日に初めての行使価額修正があったわけだが、今後は毎週金曜だかに修正されていく。転換価額の下限は4027円で、果たしてそこまで下がるのかどうか。

転換価額の推移

  • 当初 17万円
  • 2008年12月12日 6196円
  • 2008年12月18日 5638円

不動産・マンデベ・流動化
ダヴィンチ・ホールディングス 新株予約権

2008/12/20 12:12

ツヴァイ、男女だけじゃなく、現金価値割れと高配当が出会うと幸せ

~ 安定したビジネスモデルの時価総額が現金価値以下で配当が5%を越えれば買い。 ~

ツヴァイの第3四半期決算。

2009年2月期 第3四半期財務・業績の概況(非連結)

気になるのは業績数字でもビジネスモデルでもなく、資産価値から考えた割安さですな。BPSが730円、現金修正BPSが450円。株価は500円なので、PBRは0.68倍、現金修正PBRが1.11倍。

200812195.jpg過去10年間赤字に陥ったことはなく、今期も来期も、その後しばらくも赤字になるとは思えない。営業キャッシュフローは毎期だいたい税引前利益と同じ水準を保っている。固定資産投資もそれほど必要なし。借金はないので出ていくのは配当ぐらい。そういうわけで、キャッシュフローは豊富で金が貯まる。

配当は今期25円で配当利回りが5%。配当は安定していて、過去業績が悪くなったときも減配はしたことがない。

きれいな右肩下がりでうっとりしている場合じゃないですよ。現金修正PBR1倍割れでとりあえず買い。配当利回り7.25%で買い増し。10%まで下がることがあればさらに買い増し。それでいいんじゃないですか?

消費者サービス
ツヴァイ 低PBR 配当 高利回り

2008/12/20 12:12

グリーはさくらインターネットを使っている、その障害でしょう

~ システムダウンやデータロスへの対応は確実に、企業に限らず個人でもね。 ~

グリーのサイトにアクセス障害が発生。

アクセス障害に関するお知らせ

200812194.jpgこれを書いている現在もアクセスできない状態ですな。で、http://gree.jpにアクセスしてみるとこんな感じ。もう半日以上もダウンしているって事で、ネットだけで商売しているのに困ったものです。

IPOした直後にこれじゃあ情けないじゃありませんか。

今のところの原因。

当社が利用しておりますデータセンターにて設備障害が発生しており、この影響を受けて、「GREE」がご利用頂けない状態となっております。

データセンターは外部委託なわけで、それがどこかというと、多分これじゃないですか?さくらインターネットのプレスリリース。

弊社西新宿データセンターにおける電源障害発生に関するお知らせ

グリーの有価証券報告書を確認すると、未払金先としてビットアイルとさくらインターネットが出てくる。この2社はデータセンターなわけで、グリーはこの2社をメインのデータセンターとして使っていると判断しても良いですな。

(あくまで推察ですよ、さくらインターネットが全然関係ない可能性大いにあり。)

ちなみに、本日上場したpaperboy&co.だが、ここもさくらインターネットを使っている。さらに言えば、このブログもさくらインターネットを使っている。今のところ何も影響はないみたい。

データは守っておかないとダメですな。

ちょっとニュース
さくらインターネット グリー

2008/12/20 11:11

ハウス食品のレトルト商品、麻布十番の回収とトレーディング

~ 企業に起こるちょっとした事件に投資家が過剰反応するとき、そこに儲けのチャンスがある。 ~

200812191.jpgハウス食品が商品を回収。

レトルト商品「麻布十番<ビーフカレー><ビーフハヤシ>」商品回収に関するお詫びとお知らせ

最近ではサイゼリヤのピザにメラミンが混入していて返金されたり、日清食品のカップラーメンから農薬が出たりして問題になった。こういう時、株価は思いも寄らない下落を演じることがありますな。そして、その下落は思いがけない棚からぼた餅だったりする。

200812192.jpgサイゼリヤの場合、メラミン混入が発表されたのが10月21日。翌日からストップ安で、10月23日に底をつけ、そこから大きく上昇。

日清食品ホールディングスのケースでは殺虫剤混入が明らかになったのが10月23日。24日から暴落して28日に大底。その後はぐいぐいと値を戻す。

200812193.jpgこれらの問題が起きた10月は、マーケット全体に激震が走っていた時期だったので、ちょっとの悪ニュースでも投資家は過敏に反応し、株価が暴落したって要素はありましょう。10月に比べればましになったものの、今の相場だってぐちゃぐちゃです。

ハウス食品が叩き売られる可能性があるってことです。そして、もしそんなことがあれば買いって事です。

例え買ったとしても長居は無用ですよ。暴落前の水準に戻るちょっと手間ぐらいで大人しくさよならする。そういうプランで、プランを100%確実に守る事が大事ですな。

ゲームプラン・投資戦略
サイゼリヤ ハウス食品 日清食品ホールディングス

2008/12/19 14:02

国内のガソリン販売シェア、ENEOSとJOMOの統合で影響大

~ ENEOSとJOMOの合併で国内シェアが3分の1を越える巨大ガソリンスタンドが出現。 ~

200812057.jpg国内の石油元売りガソリン販売シェア(図は日本経済新聞より拝借)

新日本石油と新日鉱ホールディングスが合併すると、シェアは33%を越える。日本のガソリンの3分の1というのだから大きい。しかも、他社を圧倒する数字だから影響力も大きい。

新日本石油=ENEOS
新日鉱ホールディングス=JOMO

統計・資料・調査
ENEOS JOMO ガソリン 新日本石油 新日鉱ホールディングス

2008/12/19 14:02

世界の石油大手の売上高ランキング、日本勢は原油採掘なし

~ 新日石などは石油精製だけ、世界のメジャーは垂直統合的に原油全部を扱う。 ~

200812056.jpg世界の石油大手の売上高(図は日本経済新聞より拝借)

新日本石油と新日鉱ホールディングスが合併するわけだが、統合後は売上高で世界8位に位置することになる。日本勢は石油採掘をほとんどしていない。原油を買ってきて精製するのが仕事ですな。

一方、エクソンやBPなどは油田の探査・開発から始まって採掘、精製、販売まで、油に関しては垂直的に全部やっている。日本国内で油をごにょごにょいじくって製品にしている会社とは比較する方が間違っていると言えましょう。

そういう観点からは投資対象としては全く面白くない。どうせ投資するなら海外勢で決まり。

統計・資料・調査
BP エクソン 原油 新日本石油 新日鉱ホールディングス 石油

2008/12/18 21:09

アセットインベスターズ、増資が決まって倒産は免れた

~ 増資と資産売却で現金を捻出し、喫緊課題のCB償還に目途をつけ倒産を回避。 ~

アセット・インベスターズの増資が決まった。

第三者割当による新株式の発行に関するお知らせ

これで一応倒産は無くなったのでしょうな。調達額が10億円とたいした金額ではないような気もするけど、まさか増資してすぐ倒産してしまうような額を調達しないでしょう。しかしながら、喫緊で問題となっているのは18億円の新株予約権付社債の償還なわけで、10億じゃ足りませんよ。

差引手取概算額996,000,000 円は、本転換社債の償還資金1,770 百万円の一部として約8億円、残余の額を投資事業の原資に充当する予定です。

とあるので、とりあえず8億分だけ不足していて、残額は既に手当済みって事ですか?いずれにせよ、何とかなるんでしょうな。そうじゃなければ10億で増資決めない。

10億の割当先は、Total Network Holdingsに5億、古川令治(アセット・マネジャーズ会長・創業者)に4億、若山健彦(アセット・インベスターズ社長)に6千万、JCWに4千万。TNHとJCWがどういう会社なのかは不明。古川さんのよーく知った先であることは間違いないと推察。

1株7円で1億4300万株を発行。現在の発行済株数が8200万株なわけで、アホらしい新株数なのが分かりますな。必要な金を集めなければならないのだから仕方ないですが。伊藤忠もいちごアセットもたまったものじゃありません。その他の株主も。

200812186.jpg株価は既に一桁に突入してますな。いつ倒産や上場廃止になってもおかしくないって事です。増資が決まったので激しく上下して短期筋のおもちゃになるんじゃないですか?それとも増資を好感して連続ストップ高とか?よく分からんが、どうでもいい。

あと、そろそろ上場だ、あとちょっとで上場だと言われ続けてきたイーバンク。アセット・インベスターズは持分をアセット・マネジャーズに売却予定。

資産の譲渡及びこれに伴う特別損失の発生に関するお知らせ

一応、ネット銀行では顧客数No1だし、上場すれば儲かるなんてずいぶん期待させられましたな。今となっては楽天の傘下ですよ。

その他の資産も売り払って巨大な売却損を出しつつも12億の現金を捻出。増資の10億とあわせて22億ぐらいですか。とりあえずはオッケーって事で。

最後に、アセット・インベスターズはクサイ会社に分類することにします。今さら遅すぎですか?そうですな。まあいいじゃないですか。

クサイ会社・エグイ企業
アセット・インベスターズ アセット・マネジャーズ・ホールディングス 増資

2008/12/18 18:06

グリーのIPO、初値は公募価格比+50%、業績成長はぶっちぎり

~ 業績の伸びと広告宣伝費に注目、株価は相場次第で安くも高くもなり、短期売買に使えそう。 ~

グリーが新規上場しました。最近はずっとIPOに人気が無くて、初値は公募価格割れが多く続きましたな。そんな中にあってグリーは知名度の高さがあるし、何と言ってもその爆発的な業績の伸びで注目されていた。期待を裏切らず、初値は5000円と公募価格3300円の50%増し、文句無しと言えましょう。

IPO取れた人おめでとさん。(実は私も取れました。)

200812184.jpgSNS(ソーシャルネットワーク)のグリーに限らず、ネット企業の場合どれだけユーザーが伸びているのかが業績を占うポイントになる。ユーザーが2次曲線的に伸びている事が大切。極端な話、利益が伸びなくてもユーザーが伸びて売上が伸びていればいずれ数字はついてくるってことで、株価は上がりますよ。

その点、GREEの会員数グラフは満足のいく形と言えましょう。

会員数の増加とページビューの増加はほぼ一致するのが普通なので、ページビューのグラフを見ても同じ形をしているのは当然ですな。

気にしておくべきなのは広告宣伝費じゃないですか?

GREEは積極的にテレビCMを打っているのはご存じの通り。GREEが何をしている会社かよく分からなくても、GREEって会社があってなんか不思議なCMやってて、携帯電話とゲームに関係があるんだなって、みんな知ってますよね。テレビはほとんど見ない私でもGREEのCMはよく見ている気がするんだからね、これは実にすごい事だと思います。

GREEに限った話じゃなくて、楽天なんかは野球球団まで使って日本国民に楽天を知らしめているわけですよ。

200812185.jpgで、グリーの広告宣伝費は莫大。絶対金額じゃなくて、売上に対する広告宣伝費の大きさですな。前期は売上26億円で広告宣伝費は6億、売上の23%。販管費が13.6億なので、販管費の45%が広告宣伝費。

つまり、広告宣伝費次第で利益はどうにでもなるってこと。ちょっと利益が足りないなと思えば広告宣伝費を削ればいいわけだし、利益が出すぎだなと思えばジャンジャン余分にでも広告宣伝費を増やせるでしょう。

そんな自由な費用があって、前期の経常利益率が36%なんですよ。今期の経常利益率は59%の計画。儲かってしょうがない。

ってことで、業績は文句無しのブッちぎり。同業比較されるのはミクシィやDNAだけど、頭一つも二つも抜けてブッちぎりじゃないですか?

株価は5000円でPER34倍。時価総額は1000億を越えてマザーズではミクシィを抜いていきなりのトップに躍り出た。で、この株価が高いか安いかですな。

相場次第って言うのが一番ぴったりだと思いますよ。

全体相場が良ければPER100倍ぐらいは平気で買われるし、悪ければ20倍ぐらいまで売り叩かれる。ここ何週間の戻り相場みたいな状況ではPER34倍まで買われたのはとてもしっくりくる感じがしますな。ここからも同様で、全体相場の雰囲気で買われたり売られたりするでしょう。出来高があるうちは短期売買にはもってこいと言えましょう。デイトレーダー頑張れ。

IPO・新規上場
IPO SNS グリー ディー・エヌ・エー デイトレ ミクシィ 携帯

2008/12/18 14:02

バンクテックの11月の状況、説明会、確認しましょう

~ 来期の業績がどうなるか、20%の増益はクリアできるのであれば割安じゃないですか? ~

バンクテック・ジャパンの11月月次。

月次売上高・受注等の状況(2008/12/17更新)

バンクテックの場合、月ごとのブレが非常に大きいので月次数字を単月で見ても役に立たない。趨勢をぱっと見るのが賢明ですな。

売上は11月までで122億と通期計画131億まであと少し。今期に関しては下方修正の心配なんかは無用です。今月が期末なので、関心は来期ですね。

今のところ受注残は前期比+22%なのだが、これは月ごとの受注状況や売上状況でかなりぶれることをお忘れなく。期初からの数字を見れば、勢いとしてはだいたい20%増ぐらいで考えるのが妥当でしょう。来期の売上についても20%増ぐらいを期待してもOKですな。

利益に関しても、来期は多少の貯金もあって、20%増は期待してますよ。貯金というのは、今期にある2~3億の本社移転費用ですな。経常利益が13億の会社にあって、2~3億の移転費用は経常利益の15%~20%に相当するわけですよ。それは来期丸々利益計上される。そう考えれば最低でも20%の利益増は期待しても良いと思うでしょう?

12月6日に開催された説明会の動画資料があるので暇があればどうぞ。

ビジネスサービス
バンクテック・ジャパン

2008/12/18 13:01

四季報に限らず、新聞、テレビ、ブログ、メディアの情報は嘘だらけ

~ 情報の真偽をいつも気にして、最後は自分で調べるという、投資の基本の基本を忘れずに。 ~

モリテックスが四季報に苦情。

「会社四季報 2009年 第1集 新春号」記載内容についてのお知らせ

四季報が発売されるごとに内容訂正がいろいろと出される。実際には発表される訂正内容以上に四季報には間違いが多いですよ。単なる勘違いなのか、執筆者の無知なのか理解不足なのか、なんだか理由はよく分からないが、読んでいておかしいことは結構ありますな。

例えば、個別銘柄ウォッチで見ている銘柄ではダイドードリンコ。四季報の説明はこうなっている。

10年1月期はタスポ導入による数量減少が一巡

何を仰っているんですかねえ?ダイドードリンコは缶コーヒーの会社なんですが、タスポの導入が数量減につながるんですか?販売の90%が自動販売機でされるのがダイドードリンコの特徴なわけだが、その自動販売機という単語につられてタスポが出てきたとしか思えませんな。

コメントで教えてもらいましたが、タスポの導入がダイドードリンコの缶コーヒーの売上に影響しているのは四季報の説明の通りですね。

たばことコーヒーは飲むのも買うのもワンセット、みたいなところがあって、たばこを自販機で買うつい手に横にある自販機でコーヒーを買うという喫煙者の消費行動があると。タスポ導入でたばこを自販機で買わなくなれば、当然缶コーヒーの購入頻度も下がりますな。

タスポを持たない喫煙者はコンビニへ行くわけですけど、コンビニではダイドードリンコは買われない。ダイドードリンコの売上の9割が自動販売機というのが災いしていると言えましょう。

なんだかんだ言いながらいずれタスポの所有率は上がると思うんです。いちいちコンビニへ行ってばかりもいられませんからね。

ま、四季報ばかりをやり玉に挙げても仕方ない。どの雑誌でも新聞でも、ブログでもテレビでも、間違いはいつもたっぷりあるわけですよ。このブログの内容だって間違いだらけ。

つまりですよ、大切なのは鵜呑みにしないってこと。自分で調べるってこと。今さら何をって思うかもしれないが、こうして時々思い出すのはいいことでしょう?

いい加減にしてよ
ダイドードリンコ テレビ ブログ メディア 四季報 新聞

2008/12/18 13:01

四季報CD-ROMが新しくなって使いづらくなって

~ 余白は少なく、情報はまとめて一画面に、投資家が使って開発、ってのを望みます。 ~

200812181.jpg四季報が発売されました。いつも四季報CD-ROMを買っていますが、今回よりバージョンが5にアップ。ユーザーインターフェースが現代っぽくなりましたな。

そんな事は重要じゃなくて、いろいろと不都合な変更がありますねえ。まじで、使いづらくなってしょうがないですよ。

画像の通り、子ウィンドウの中の文字が、一番下で切れてしまう。トヨタの情報画面では各セクションの最下行が半分しか読めない。なんてことですか、これは。

200812182.jpgまあ、これは使っているWindowsが英語バージョンなのでダメなんでしょうな。基本、東洋経済新報社としては、必要システムとしてWindows日本語を挙げているわけで、それを使わない自分に非があるって事ですね。それにしたってねえ。

しかし、業績推移の画面は最悪じゃないですか?これは英語バージョン、日本語バージョンに限らず同じで、余白が多すぎちゃって横スクロールしないとダメなんですよ。こういう情報って言うのはできる限り一目で全部が見渡せることが大切ですな。効率が全然違う。

200812183.jpgあと使いづらいのは、キー操作で使えるようになっていないこと。マウスでの操作が基本になっていて、いちいちマウスでクリックしないとダメ。面倒ですよ、これは。左上にある銘柄入力ボックスにカーソルを移すのに、マウスでクリックするしかないなんて、どうなってるんですか。

思うに、この四季報CD-ROMを開発している人は、実際に使いながら投資している人じゃないですね。あくまでシステム開発の人。データを使えるようにシステムにするだけの人。投資情報としてヘビーに使っている人が開発すればもっと良くなるんじゃないですか?

いい加減にしてよ
四季報

2008/12/18 12:12

減益しない信越化学が減益するのだから世の中は苦しい

~ ディフェンシブ、高配当、キャッシュリッチ、低PBR、そういう所を大切にしないとね。 ~

信越化学が下方修正の可能性を発表。

連結業績予想の修正に関するお知らせ

信越化学と言えば、不況でも好況でも増収増益を達成することで知られていますな。少なくとも過去10年減益はない。今期も当然の如くわずかながらも増収増益の予想を出していたけど、さすがに今期はダメっぽい。

弊社は市況の悪化を経営努力で乗り越えるために、最大限の努力を継続しておりますが、11 月以降の市況の落ち込みは、企業の経営努力の範囲を遥かに超えるもので、4 月28 日に公表した連結業績予想の達成が困難な状況となっていることをお知らせ申し上げます。

信越化学が言うと重みがあります。11月以降の市況落ち込みは企業レベルで対応できるものでは無いって事。信越化学がダメならどこもダメでしょって言いたくなる。

具体的な下方修正の数字は出ていないものの、そうなることは間違いないわけで、その下落幅が気になる。減額幅は売上で-10%以下、利益で-30%以下と言うことだけは確実。さて、どれぐらいの数字が出るんでしょうな。

この状況は信越化学だけじゃない。優良企業と呼ばれるどこの企業でもビジネス環境は悲惨でしょう。これはまだまだ続く。そう簡単に終わらないですよ。つまり、ちょっと相場つきが良くなってきたからって、慌てて買う必要もないし、むしろ売りだって事。

ディフェンシブで高配当、キャッシュリッチで低PBR。そういう銘柄をコアにするべきじゃないですか。コアって言ってもバイアンドホールドはダメですな。それ以外の株はボラティリティを取るだけのトレーディングで乗り切るしかない。

信越化学の苦しさを見るにつけ、改めてそう思う今日この頃。

化学銘柄
ウエハー 信越化学 太陽電池

2008/12/17 07:07

アセットインベスターズ、倒産に三歩進んで二歩下がる

~ CBの早期償還資金が工面できず、古川さんとTNHからの出資が命綱。どうなるか? ~

アセット・インベスターズが資金ショートしている。

転換社債型新株予約権付社債の早期償還に関するお知らせ

不渡りってことですな。不渡りは正確ではないにしても、現実問題としては返すべき金が無いわけであって、意味するところは同じです。世間では不渡りを2度すると倒産にたどり着きますね。

アセットマネジャーズの支援は全く期待できない。そんな余裕なんかあるわけ無し。しかしながら、先日の資本政策の検討状況に関するお知らせで発表されたとおり、アセットグループの創業者、古川令治さんとTotal Network Holdingsが出資する方向でまとめようとしている。これがあればなんとか資金繰りはつくんじゃないですか?

いずれにしても綱渡りの状況は続きます。投資するなら倒産覚悟でね。

不動産・マンデベ・流動化
アセット・インベスターズ アセット・マネジャーズ・ホールディングス 倒産

2008/12/17 07:07

パーク24、今期は下期業績回復型の計画だが稼働率は上がらない

~ 稼働率が上がらない限り利益は回復しない、会社としては底打ちを予想しているが、さて。 ~

パーク24の決算発表。

平成20年10月期決算短信

今期は僅かながらも増収増益を計画してますな。上期では25%に及ぶ減益を下期で取り返すという下期盛り上がり型の業績計画。嫌いです、この下期盛り上がり型はね。特に、パーク24のように取り立てて季節性がない業態で下期盛り上がり型は単なる希望である事が多いですよ。

会社側の考えとしては、下期になれば稼働率の低下も底を打ち、ぐぐぐっと利益が回復するってシナリオじゃないですか?そりゃね、稼働率が上がってくれば利益率はどんどん向上するわけなんだが、その稼働率が改善しそうな気配は全然ないんです。

同時に発表された08/10月期決算補足資料の一番下にある数字が全てを物語ると言えましょう。

稼働率の推移 47.4%(2005)→48.7%(06)→47.2%(07)→42.2%(08)→41.1%(09予)
占有率の推移 42%(2007)→38.8%(08)→37.8%(09予)

※稼働率=実際の売上高/最大売上高
※占有率=実際の駐車時間/24時間

今2009年10月期は41.4%の稼働率を計画しているわけですな。さて、どうでしょうかねえ。マクロ経済的には稼働率が下がる要素ばかりですがね。ちなみに、11月の月次数字が出ていますけど、数字は相変わらず酷いものでとても今期41.1%に届くとは感じられません。

2009年10月期 速報数値

11月の稼働率は39.4%、占有率は39%。稼働率の向上には駐車場の区分替えとか、不採算駐車場の解約とか、そういう事をじゃんじゃん進めていくしかない。月次の数字を確認しながら様子見でしょうな。

消費者サービス
パーク24 駐車場

2008/12/17 07:07

MonotaRoが強気の初配当を決定、うれしい誤算

~ 不景気と潜在市場の大きさと天秤に掛けてMonotaRoは不景気でも大丈夫と判断。 ~

MonotaRoが初配を決定。

平成20年12月期の配当予想の修正(初配)に関するお知らせ

意外と配当を始めるのが早いですね。あと2年ぐらいはかかるのかと思っていましたが。それよりも意外なのは配当金額の5000円ですな。5000円は今期予想EPSの22%。今期のEPSは税負担が無いので、それを考慮に入れればEPSの35%になる。新興小型成長株で配当性向35%というのは立派じゃないですか?

200812163.jpg配当利回りは2%。小型成長株では驚きの数字と言えましょう。

もともと財務状況は良いので配当に無理は無い。

来期も業績好調の自信が無ければ配当開始もないでしょうからね、その点では非常に嬉しい初配と言えましょう。

中小製造業を商売相手にするMonotaRoにとって、この不景気は逆風なのではないかという考えもありますな。景気後退で真っ先に影響を受けるのは下請け、孫請けの町工場であって、まさにMonotaRoの業績に直結するという流れ。

この点はかなり気になる。

一方で、MonotaRoの説明するとおり、町工場の消耗品購買は極めて原始的で、潜在市場規模は巨大でしょう。原始的な潜在市場がまだまだある状況では、不景気なればなるほど町工場は経費削減の方法としてMonotaRoを選ぶはずなんです。単純にMonotaRoに注文するだけでより便利で安く消耗品が手にはいるわけですから。苦労せずして経費削減できるところに手をつけないわけにはいかないってことです。

結局、景気減速下での町工場全体の消耗品需要減少、不景気による既存客への売上減少、既存客が不景気だからこそより有利なMonotaRoへ今まで以上に発注する売上増加、新規顧客が経費削減にMonotaRoを使うようになる売上増加、そういう諸々のパラメーターが全部合わさって、最終的にどうなるかじゃないですか?

ズバリ、MonotaRoにはプラスに働くと思いますね。

潜在市場規模が大きいのがやっぱり重要ですな。そこでどんどん拡大していくスピードは景気減速による需要減を十分補って余りあるはず。基本、そういう考えですよ。

専門小売銘柄
MonotaRo 工場消耗品 有望 配当

2008/12/17 07:07

くらコーポレーション、寿司ネタだけじゃなく業績も鮮度アップして

~ 月次の数字を確認しながら、既存店が回復するまでは投資対象から外したい。 ~

くらコーポレーションの決算発表。

平成20年10月期 決算短信(非連結)

今2009年10月期の数字ですけど、期待したほどは伸びませんな。特に中間期がマイナス成長計画というのは残念というかがっかり。前期下期と今期上期の1年間が底という計画ですな。もう少し短くして欲しかった。

前期の出店数は41店舗、閉店数が4、期末店舗数が223店。今期は33の出店計画、退店もありましょう。だいたい+10~13%ぐらいの店舗増になるんじゃないですか?

月次を見ながら様子見が賢明ですな。やっぱり既存店が回復するまではダメですねえ。

外食・レストラン・居酒屋
くらコーポレーション 回転寿司 外食

2008/12/17 06:06

松本建工が倒産、不動産・建設関連の倒産はまだまだ続く

~ 130億の売上で30億円のプロジェクトを10年以上かけてやるのに無理があったのか? ~

松本建工が民事再生手続きを開始。今年の上場企業倒産はこれで33社目。負債総額130億円。不動産、建設関連企業の倒産は、上場、非上場関係なく、止まりませんな。

民事再生手続開始の申立てに関するお知らせ

致命傷となったのは、30億以上もしている事業じゃないですかね?札幌市南あいの里土地区画整理組合っていう南あいの里の開発事業なんですが、これに30億以上使っているようで、この事業が完成するには10年以上もかかるらしい。売上が130億円の企業にとって30億を10年以上かけてやるのはちょっと無理があったのかもしれませんな。

いずれにせよ、北洋銀行からもうお金は出せませんよってことで資金繰りがつかなくなったわけですね。

代表取締役社長は松本節也。筆頭株主であり創業者。大株主は松本さん関連で、50%以上を持っている。監査法人はトーマツ。

倒産・上場廃止
不動産 倒産 建設 松本建工

2008/12/17 06:06

ミネルヴァ、棚卸資産の急増は気になるが業績数字は好調

~ 順調な業績で株価は安値放置、ナチュラムとしては9%近い自社株買いは正しい資本政策。 ~

ミネルヴァ・ホールディングスの第3四半期決算。

平成21 年1 月期第3四半期財務・業績の概況

業績数字は計画通りのものと言えましょう。基本的にどこのアウトドア・スポーツ・フィットネス用品の小売会社も業績は良い。ミネルヴァは小粒なので伸びしろも大きいですな。いかんせん利益率が低いのは安値大量販売商売の性。業績が伸びているうちは問題ではないですが、悪くなるときは酷いことになりますな。

新ショップの立ち上げ、AmazonやYahoo!への販路拡大、どれもうまく行っている様子。セキュリティ問題関連の費用が心配されたけど、結局全然大丈夫だった。ま、そういう問題は大丈夫なことが多いが、大丈夫でなかった場合の影響は大きいので注意が必要。

気になるのは棚卸資産が急増していることじゃないですか?売上は+28%で棚卸資産は+53%。それもあって営業キャッシュフローは貧弱ですな。新ショップや販路拡大で在庫を厚めにしているって事ですか?これから一気に売れるという何か自信というか確信があるんですか?クリスマス?特損はやめてね。

同時に自己株取得が発表された。

自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ

200812162.jpg業績よりもこちらが強気材料ですな。発行済株式の8.9%の自己株取得。株価はバカみたいに売り叩かれていて安値放置なので、会社としてはいい加減にして下さいよ、って言いたいんでしょうな。それは確かにその通り。自分の8.9%がたったの6千万円ぐらいで買えるわけで、キャッシュに困っていないし買っておくのは当然と言えましょう。消却してね。

専門小売銘柄
アウトドア スポーツ ナチュラム ミネルヴァ・ホールディングス 有望 自社株買い

2008/12/17 06:06

業務スーパー、今期は業績急回復、ポイントはホテル事業の利益

~ ホテル事業の利益さえ回復すれば利益V字回復の計画は達成できるはず。 ~

神戸物産の決算発表。

平成20年10月期 決算短信

今2009年10月期は利益倍増の計画ですが、これはもちろん前期の業績が悪かったのが回復するだけですよ。スーパーの利益が倍増するなんて無い話で、倍増するのは悪化した業績が回復する時だけですな。そういう前提条件はあるものの、神戸物産の場合、スーパー以外の事業で利益が急速に回復しそうな気配がする。

本業の業務スーパーではなくてリラクゼーション・ステイ事業。小難しい洒落た名前をつけてますけど、平たく言えばホテルですな。なぜホテルなんかに手を出すのか、やめて欲しいと思うのだが仕方ない。前期はこのホテルで大損をしたので業績が半分まで落ち込んだわけ。

ホテル事業は前期7億の売上で6億の営業損失を計上してますよ。これを上期と下期にわけてみると損失はぐーんと減少しているのが分かる。上期の売上は3億で営業損失が4億、下期売上が3億で営業損失が2億。

この4億の損で前期の中間期までの業績はボロボロでした。そういう前期があるので、今期の中間期予想は経常利益645%という数字が出ている。通期でも135%と倍増以上。

多分、ホテル事業の損失がトントンぐらいまでは回復する計画じゃないですか?ま、蓋を開けてみないことには分からないけど、ここが良ければ業績は良い、悪ければ悪いってことになる。本業の業務スーパーはディフェンシブで通常通りの利益を出すわけですからね。

200812161.jpg ホテル事業の収支が改善するって前提で、株価は安いですな。会社計画のEPS126円だとPER8倍、配当利回り3%。ホテルなんて余分なものがくっついてはいるものの、一応はスーパーでディフェンシブ。業務スーパーという安さ追求のスーパーなので今の景気にはマッチしているしね。実際、業務スーパーは安い。品質は聞くべからず。業務スーパーっていうネーミングも良いと思いませんか?そういうネーミングに消費者は弱い。安くて良いと思いこむって事ですな。

専門小売銘柄
スーパー ディフェンシブ ホテル 有望 業務スーパー 神戸物産

2008/12/17 06:06

ポイントの四半期決算、月次数字より好調に感じられる

~ 売上と利益が同じだけ伸びている、出店も順調、財務も相変わらず優良、文句無し。 ~

ポイントの第3四半期決算。

平成21 年2月期 第3四半期財務・業績の概況

ポイントの月次数字から感じられる以上に業績は強いですね。今の景気で、売上の伸びと同じだけ利益を伸ばす小売業は貴重じゃないですか?既存店が98.5%というマイナスの状況で立派ですな。

今期ここまで105店の出店、15店の退店で546店舗。前期末より20%の店舗増。海外は22店舗。十分すぎる出店ペース。それでいて財務は相変わらずの超優良と来てますからたいしたものです。棚卸資産はわずか4%増。キャッシュフローもOK。

株価は相変わらずの強さを持続中。

アパレル・ファッション銘柄
アパレル ファッション ポイント

2008/12/17 06:06

2008年の首都圏マンション発売戸数は1992年以来の低水準

~ 物件供給は十分絞られている、それでも購入意欲がなく売れない、底打ちはまだ先。 ~

マンションが売れない。今年2008年の首都圏でのマンション発売戸数の予想は、前年比で-31%の42,000戸の見通し。1992年以来の低水準。11月まで15ヶ月連続で前年同月比割れしていて、これはバブル後最長記録更新中。

しかし酷いですな。マンションだけじゃなくて戸建てだって売れていない。証拠に戸建て業者の業績はマンデベに負けず劣らず悪いでしょ。

今35歳前後の第二次ベビーブーマーが家を買おうって思うこの時期に売れないのだから、そりゃおかしいわけです。不動産の価格が上がりすぎた事もありましょう、景気が悪くて先行き不安でとてもじゃないけど不動産なんて買う気にならないって事もありましょう。単身者が増えて、そういう人達は賃貸で十分だと思っていることもあるはず。

そういう諸々の事情を考えても、やっぱり1992年以来の最低水準というのはちょっとねえ。

近所にもたくさんの完成物件がありますな。大手のマンデベが建てたものでも、1年以上も完成在庫になっていてのぼりが出っぱなしの物件がいくつもある。値引きも相当なもので、ある物件なんかは発売時に確か3500万円ぐらいだったが今は2500万で売られている。それでもなお売れないと言うんだからねえ。

冷静に考えれば、不動産投資には良い時期なのかもしれませんな。ワンルームでもファミリーマンションでも、なんでもいいんでしょうけど、よーく調べれば高利回りな物件が見つかりそうじゃないですか?

残念なことに、不動産マーケットに魅力的な物件がある時は株式マーケットは良くないときで、個人投資家は株で損しているので不動産投資する金なんか無いって事が多い。株で儲かって、その金で不動産でも買おうかって思うときは不動産も高くなっていて手が出ないという、そういう悪循環に陥る人が多いわけ。人ごとじゃないですな。

不動産マーケットはまだまだ底は打ちますまい。最低でもアメリカの不動産マーケットが底を打つまでは。アメリカの不動産と日本の不動産なんて何にも関係ないじゃん、って、世の中そういうわけにはいきませんよ。

2008/12/16 日本経済新聞 朝刊

マンション発売16年ぶり低水準、今年の首都圏、バブル崩壊後以来。

 マンション販売の不振が深刻だ。二〇〇八年の首都圏の発売戸数は前年比三一%減の四万二千戸程度にとどまる見通しとなった。これはバブル崩壊後の一九九二年以来、十六年ぶりの低水準。十一月まで十五カ月連続の前年割れは過去最長。地価や資材価格の上昇などを反映してマンションの発売価格が高止まりしていることが響く。景気の減速感の広がりで、購入に慎重な家庭も増えている。建設、住設、家電など周辺産業にも影響が広がりそうだ。

 不動産経済研究所(東京・新宿)が十五日、年間見通しを発表した。〇七年十二月時点で五万四千戸と予測、今年七月に四万九千戸に下方修正したが、さらに減少し、ピークだった〇〇年の半分以下に落ち込むことになる。世界的な金融危機による信用収縮で、開発会社の資金調達が難しくなり、一方で購入希望者に対する住宅ローンの審査が厳しくなったことも背景にある。

 十五日に発表した十一月の首都圏での発売戸数は前年同月比一四・九%減の三千二百九十三戸だった。前年割れは十五カ月連続で、一九七三年の調査開始以来最長となった。これまでの最長記録は九一年十二月までの十四カ月。

 〇八年一―十一月の契約率は六二・九%で、前年同期比八・五ポイント低い。今年に入って、契約率が販売好不調の目安となる七〇%を上回ったのは五月と八月だけだ。

 販売不振に伴う採算悪化を回避するため、各社は供給を絞ってきたが、購買意欲は弱く、在庫が積み上がっている。十一月末時点の販売在庫は一万千八十五戸と、前年同月末比で二七・九%増えた。中でも売れ残りにあたる完成在庫の占める割合が今年の五月以降五〇%を超え、売れない状況を如実に示している。

不動産マーケット
マンション 不動産 戸建て

2008/12/15 12:12

個別銘柄ウォッチ(2008/12/14)

~ 不動産関連銘柄が大きく動いたので、リサ・パートナーズをトレーディング銘柄に。 ~

今週から個別銘柄ウォッチをしていこう。こうしてまとめることは自分の投資行動を考えるのに非常に役に立ちますな。自分の頭の中では常々考えられていることではあるけど、活字としてまとめてブログにアップするとより一層くっきりしてくるってわけ。

200812141.jpg

先週のウォッチ銘柄材料

物語コーポレーションが11月の月次を発表。相変わらずの順調さ。
サイゼリヤが為替デリバティブを損切りして特別損失額が決まった。株価のボラティリティは予想通り高まった。
ミネルヴァの11月月次。相変わらず売上は20%で成長。
三菱UFJの公募価格が決まった。今のところ公募価格を大きく上回る株価推移。
アインファーマシーズは中間決算を発表。調剤薬局はディフェンシブに伸びている。

コメント

トリドールの公募増資が終わって10日に売買開始されました。予想通りの値動きで、10日には公募価格付近まで下落。その後勢いよく上昇し、行ったり来たりしながらも上昇基調を持続。まだ安い。

ストック型ビジネスで高配当の安心感がある東急コミュニティが動き出した。

ファーストリテイリング、ニトリ、ライトオンなどの小売の好業績株が高値をとった。とりあえずは半分は利益確定していいんじゃないですか?下がるのを待って買い戻してもいいし、売った分はユナイテッドアローズやハニーズなんかに乗り換えるのもよろしいかと。

三菱UFJファイナンシャルは16日に新株が出てくる。公募価格までは下がらない感じだけれど、良いエントリーポイントになる予感。

政府の不動産会社支援策が刺激となって不動産株が騒がしい。どうせならということで、悪い中でも業績安心感のあるリサ・パートナーズをトレーディング銘柄に選定。サイゼリヤはデリバティブ損失の確定でストップ高&ボラ急上昇。もうしばらくは使えそう。

中国の経済支援がそれなりに効いてくるはず。それをプレイしたいならばやはりコマツを見ていくのがいいんじゃないですか?

ゲームプラン・投資戦略
コマツ トリドール リサ・パートナーズ 三菱UFJファイナンシャル 個別銘柄ウォッチ

2008/12/13 18:06

ソバール、こんな低評価でもIPOするというその心は?

~ 上場で優秀な人材が集まるが、それ以外では・・・来期がひどいから今上場しちゃえ? ~

ソバールがJasdaqに新規上場。公開価格は600円で初値は640円。ここのところIPOはずっと公募割れが続いていたのでたったの6%でも良く思えますな。

ソバールはエンジニアリング事業と自社のメイン事業を呼んでいるけど、平たく言えば儀日社の人材派遣。業務請負もありますよ、って言われそうだが、世の中ほとんどの業務請負なんて名前だけ。結局人材派遣ですな。(ソバールが正真正銘の業務請負をやってるかもしれませんが。)

売上の75%はキャノン、15%はソニー。売上の70%が人材派遣。デジカメ、プリンター、テレビ、どれも売れない。ソニーなんてひどい業績です。当然ソバールの業績は伸びるはずもない。今期はそれなりの数字が出されてますけど、来期が良いわけがない。

だからこそ売出価格が600円、PERが3.3倍、PBR0.7倍、配当利回りが8.8%なんて馬鹿げた数字になるわけですな。そなん評価で上場しようって言う経営者や主幹事にもふざけるなといいたい。ま、業績悪くなると上場できない、悪くなるのは分かっている、なんとか業績数字が良い今のうちに上場しときましょう、ってことですか。

幸いなのは財務が優良で利益率も高いことですな。こんな財務で資金調達するわけだから、欲しかったのは上場企業という名前ですな。人材募集に威力を発揮する。うまく行けば配当維持で超高利回りを楽しめる可能性もありますねえ。

IPO・新規上場
IPO ソバール 人材派遣 業務請負 配当 高利回り

2008/12/13 12:12

ジャストシステム、株価を支えている株主優待を廃止

~ 超高利回りの株主優待を廃止すると株価は下がる、それ以外に取り柄がないのだから。 ~

ジャストシステムが株主優待を廃止。

株主優待制度廃止に関するお知らせ

ジャストシステムの優待内容は、100株所有で3000円分の自社商品割引券を1枚くれるというもの。株価が150円なので15,000円の投資で3000円の優待金額になりますな。これだと優待利回りは20%と超高い。

ジャストシステムの商品なんか買わないって人も多いかもしれませんね。だから業績悪いって話です。そういう場合はヤフオクで売ればいいわけで、1200円ぐらいが相場という感じ。1200円であれば8%ですな。それでも十分高利回りじゃないですか?

週明け月曜日はストップ安までは行かないでも相当安いかもしれん。業績でジャストシステム買う人なんていない。買っているのは投機筋と優待筋だけですよ。片方の優待筋は皆さんブン投げしてくださいな。

で、ジャストシステムの製品なんだけど、個人的には使っているのはATOKですね。昔は確かにATOKの方がMSIMEより全然快適だった。最近はどうなんですか?多分MSIMEも賢くなって、ATOKと差なんてないんではないかと思う。ATOKを使い続けているのは何となく流れでそうなっているだけ。

そうは言っても、使っているATOKのバージョンは13。1999年の製品ですよ。10年前。

今これを書いていて思ったのだが、10年前のATOKと現在のMSIMEでは100%MSIMEの方が快適なんじゃないか。ATOKやめるべきだ。。。。でも企業名とか投資単語とか、そういうのをじっくり学習させているので、MSIMEにしたらまた1からやり直し。そう思うとなかなかねえ。。。。

ハイテク・IT・テクノロジー
ジャストシステム 株主優待

2008/12/13 12:12

ダヴィンチのCB転換価額修正、潜在株は膨大で注意

~ 最大で発行済株式数の4倍という希薄化の可能性、エゲツないとしか言いようがない。 ~

ダヴィンチ・ホールディングスの第一回新株予約権の行使価額が修正された。

第1回新株予約権の行使価額の修正に関するお知らせ

元々どんな新株予約権だったか思い出すために改めて詳細発表を確認する必要がありましょう。今年の2月28日に出されたプレスリリースですな。

第1回行使価額修正条項付新株予約権の発行(第三者割当て)及びコミットメントライン契約締結に関するお知らせ

この頃ダヴィンチは不動産マーケットについてまだまだ強気でしたな。そういう姿勢だったから自社の株価についても下げすぎだという思いが強かったわけです。

又、本件取引は昨今のサブプライムローン問題等に起因する金融市場の不安定化によって下落している株価をもとにした資本調達を避けるため新株予約権の行使期間の開始を2008 年9 月15 日からとしています。さらに行使価額が当初約9 ヶ月間2008 年12 月14日まで(同日を含む。)170,000 円で固定されていますので、2008 年12 月14 日まで(同日を含む。)は170,000 円未満による権利行使は起こりません。

2月に10万だった株が12月13日には6000円。ダヴィンチが予想し得なかった株価じゃないですか?ダヴィンチとしては1年近くもあればサブプライムローン問題も落ち着いて、ファイナンスの状況はずっと楽になり、新株予約権を使った資金調達をしなくて済むとか、そういう考えもあったはずですよ。

当初転換価額が17万円で、それを前提とした潜在株式数が147,000株、発行済株式の9.4%。今回の転換価額修正で転換価額は6,196円に大幅下落、それを前提とした潜在株は400万株、発行済株式数のなんと2.6倍。

え!?2.6倍?計算が間違っているんじゃないの?

・・・・・・

再計算しました。やっぱり2.6倍ですね。

つまりですよ、現在の発行済株式数は156万株で、400万株がプラスされるわけですよ。全部転換されれば金子社長は当然筆頭株主ではなくなりますな。

転換価額は今後毎月第3金曜日に修正されるので、株価が上がれば転換されていない分の希薄化は弱くなりますよ。逆に、株価が下がれば転換価額はさらに下がるわけで、潜在株数も当然増える。

転換価額の下限は6,196円の65%なので4,027円。これだと潜在株は620万株。発行済株式数の4倍。

酷い。エグイ。情けない。

200812132.jpg 株価は既にこういう状況を織り込んでここまで下げているのかもしれないですけど、週明け月曜日に「えっ!?」っていう投資家がたくさんいてストップ安が数日間続くかもしれないですな。

既にダヴィンチがこの新株予約権に基づく資金調達をどれぐらいの金額しているのか、そこら辺が分からない。仮にほとんど借り入れていなければBNPパリバも転換するものがないわけで、希薄化も起こらない。仮に沢山借り入れていたとしても、BNPパリバが転換しないことにすれば希薄化は起こらない。

そういう事情とかいろいろ変数が多いので、実際にどれぐらい希薄化するかわ分かりませんな。ただ、最低下限価額で最大転換されればそれだけの希薄化の可能性があるって事ですよ。

不動産・マンデベ・流動化
ダヴィンチ・ホールディングス ファンド 不動産 新株予約権 流動化

2008/12/13 12:12

物語コーポレーションの11月月次数字、相変わらずの順調さ

~ 月次数字は好調で株価も好調、全然下がらない、押し目が欲しいところです。 ~

物語コーポレーションの11月月次数字を確認。

平成21年6月期11月度月次売上高前期比(速報値)及び店舗数のお知らせ

200812131.jpg 既存店は全業態で前年同月比プラスを維持。全店では+40%と好調。今期ここまででは、既存店はプラス、全店では+22%と順調。11月の出店は中華部門でFC2店。今期の出店は中華とお好み焼きにフォーカスするという計画通り。

おしなべて好調。

株価も好調。全く下がりませんねえ。とりあえずは反落が欲しいところではあますな。12月が中間決算なので24日が権利落ち。

外食・レストラン・居酒屋
お好み焼き ラーメン 外食 有望 物語コーポレーション

2008/12/13 12:12

楽天証券、入金件数が急増でシステム負荷が大幅アップ

~ 入金が増えるのは追証か個人投資家が相場でチャンスを見いだしているか。 ~

楽天証券が興味深いお詫びをしていますね。

【重要】入金件数急増にともない、朝のシステム再開時間が遅延しています。 (12.12 07:40)

入金が急増していてシステムが追いつかない、って事ですよねえ。入金が急増?システムが追いつかないほどに?

なぜそんなに入金が急増しているのでしょうか。相場が急落して追証が大量発生したわけはない。10月の相場急落からネット証券の口座開設がグングン増えたのは既に分かっている。そういう新たに口座開設した人が入金を始めたって事でしょうか?いくら新機構坂移設が増えたと言っても、分母はもっともっと大きいわけで、新規口座開設した人が入金したぐらいで「急増」とか「システムが追いつかない」というのは考えづらい。

考えられるのは、単純に、資金追加する個人投資家が急増しているってことですね。新規口座開設した人だけではなくて、既存の個人投資家もです。

たったこれだけのお知らせから単純に推測しているだけなので真に受けるのはやめて欲しいですが、そういう兆候があるんじゃないかと期待は持てるような気がしますねえ。

ちょっとニュース
ネット証券 個人投資家 楽天証券

2008/12/13 12:12

ケネディクス、下方修正で大赤字、ついでに来期の特損を開示

~ 来期の特損を今開示するのは親切ですが、いずれにしても大赤字で配当ゼロ。 ~

ケネディクスの下方修正。

平成20 年12 月期通期業績予想の修正、特別損失の計上、配当予想の修正、並びに役員報酬の減額に関するお知らせ

赤字に転落ですな。面白い情報が書かれている。

棚卸資産の低価法に関しては、来期(平成21 年12 月期)からの適用を予定しており当期の業績への影響はありません。来期に保有が見込まれる約120 物件(バルク案件は1 件と数える)の棚卸資産について低価法を適用した場合の見込みとしては、現在取得している外部の第三者機関である鑑定会社の価格調査を参考にすると、約70 億円前後の特別損失が平成21 年12 月期の第一四半期に計上される見通しです。低価法に基づく損失計上が見込まれる一方で、当該鑑定会社の価格調査によれば、現状の市場環境下であっても含み益を有する物件もあり、その含み益の総額は約220 億円と試算されております。

来期の特損を早めに開示してくれるのは良いですねえ。この低価法は今期既に適用している不動産会社もあったりで、そういう事も考えたりして業績比較する必要があります。とは言うものの、業績を比較したところで不動産マーケットはちゃんちゃらダメなわけで、それは大前提として認識すべきですな。

で、1Qに特損を70億計上するけど、含み益は220億円ある、と言っています。70億は損で計上されて、220億は利益で計上されるわけじゃないので、なんかフェアじゃないですね、と言っているわけじゃないよね?単なる情報開示ですよねえ?

今期の配当は当然ゼロへ修正されました。これまでの数字は2350円なわけだが、これだと配当利回りは13%もある。そんな利回りが実現するはずもないです。高配当不動産銘柄業績下方修正配当減額の法則、は生きていますよ。

不動産・マンデベ・流動化
ケネディクス ファンド 不動産 流動化

2008/12/13 12:12

ケネディクス、傘下のケネディクス不動産投資法人の持分を売却

~ ここ数年で勃興した不動産流動化企業の信用の低さがREITの信用にも影響する。 ~

ケネディクスが傘下のREIT持分を売却。

ケネディクス・リート・マネジメント株式会社の株式一部譲渡に関するお知らせ

正確にはケネディクス不動産投資法人の資産運用会社のケネディクス・リート・マネジメントの持分を売却したのだが、実質的な意味合いとしては自分のREIT持分を売ったって事ですな。持分の10%を伊藤忠に売却。

伊藤忠は先日クリードオフィスREITの持分全部を売却した。その埋め合わせってわけじゃないだろうけど、今回はケネディクスREITを10%取得。

不動産流動化企業は傘下のREITを持っているわけだが、だんだん売却する動きが出てきたと言えましょう。昨日はクリードが傘下のREITを売り払ったし、アセットホールディングスはもうずっと前に売却しているし。結局、新興不動産流動化企業の信用の低さが、収益が安定してるREITの信用にも悪影響を与えているって事じゃないですか。

不動産・マンデベ・流動化
REIT ケネディクス投資法人 ケネディスク ファンド 不動産 流動化

2008/12/13 12:12

ビジョンメガネ、倒産するか上場廃止になるか、ウルトラCか

~ 売上減少スピードは相変わらず、四半期報告書も提出できずに一体どうするつもりか。 ~

ビジョンメガネの11月月次数字。

平成21年3月期 11月度売上実績のお知らせ

相変わらずのボロボロですな。わざわざビジョンメガネについて書くのも馬鹿らしいが、どこまで悪化するか興味深いので仕方ない。

全店が-20%、既存店が-6.3%。相変わらずものすごいスピードで売上が減っている。これだけ急激な売上の減少が長期間続くのはなかなか見られないので貴重ですよ。

3月決算だから9月が中間決算なわけだが、未だ決算を締められていない。

平成21年3月期第2四半期報告書提出予定日に関するお知らせ

今年中には決算を出す計画だけど、債務超過は確実でしょうな。倒産するか上場廃止になるか、そういう可能性も十分にあるって事です。株価は50円付近をウロチョロしていて、これもまた倒産を織り込んだ価格と言えましょう。

それともウルトラCな資本増強をするんでしょうかね?

専門小売銘柄
ビジョンメガネ 上場廃止 倒産 債務超過 眼鏡

2008/12/10 23:11

マルマエの月次受注、太陽電池で儲けたければ原油を忘れない

~ 太陽電池はコストで原油に近づかなければ相場にならない、儲からない。 ~

マルマエの月次受注残高。

平成20 年11 月度 月次受注残高についてのお知らせ

液晶関連や半導体関連が悪いのは今さら言うまでもない。太陽電池関連が伸びないのは意外だと思う人も多いかもしれないですな。

太陽電池分野につきましては、他分野に比べると比較的順調に推移しておりますが、太陽電池パネルメーカーの資金調達の問題で設備投資が縮小される可能性があります。

そういう問題もありましょう。しかしですね、シリコンウエハー製造会社にしても太陽電池セルメーカーにしても、ここに来て業績は頭打ちで利益は下がってきていますよ。目標としていたワット数に相当する数値も引き下げられている。単純に太陽電池の伸びはかなり鈍化しているわけです。

クリーンエネルギー、無尽蔵エネルギー、エネルギー安全保障、そういう清く正しい目的が太陽電池にはあります。それらは良いことだしそういう方向に進んでいかざるを得ないですよ。スピードはともかくとして。

でもね、背に腹は代えられないと言うか、経済合理性がないとどうしても伸びない。

太陽電池が伸びるには、原油が高くないとダメなんです。原油が安ければエネルギー全部安いわけで、太陽電池のコストは全然太刀打ちできない。清く正しい目標だけで太陽電池を導入するわけにはいかんのです。

太陽電池が売れるとか売れないとか、メーカーが儲かる儲からないとか、そういう業績上の数字は大切です。最終的に株価は業績についていくわけだからね。しかし、太陽電池関連企業に関して言えば、業績よりも原油価格に株価は影響されている。

投資家が見ているのは、原油価格が高くなれば太陽電池がコスト的に十分使える、だから伸びるって言うところだからですな。

実際には、原油価格がどうあれ太陽電池は伸びていくでしょうね。中長期的にはそういう方向にあるのは間違いない。でも株が上がるか、株で儲かるか、そういう事が大切なわけで、そうなるとどうしても原油価格を見ていかざるを得ない。クリーンだとか温暖化だとか、そういうのは残念ながら投資では後回しですね。

新エネルギー・環境
マルマエ 半導体 原油 太陽光発電 太陽電池 液晶

2008/12/10 23:11

ネクストジャパン、債務超過の計画で何の説明もない、倒産する?

~ 会社計画通りの業績になれば債務超過、そうなると倒産の可能性、その前に上場廃止か。 ~

ネクストジャパンホールディングスの第1四半期決算。

平成21年7月期 第1四半期決算短信

すさまじいですな。純資産は2億。今期の純損失計画は7億。BS上で最大の資産項目は破産更正債権等。とりあえず会社計画のままの業績ならば素直に債務超過になるわけですよ。そんなことは一言も書いてないけど、数字を見ればそうなりますな。説明が必要じゃないんですかね?

業績はどう頑張っても改善しないから債務超過を逃れるには訳の分からないファイナンスをする事になるんじゃないですか。

時価総額が3.7億円で上場基準を満たしていない。このままいけば来年3月には上場はしになるはずですな。上場廃止が先か、倒産が先か、まあどっちでもいいですけど。それでも株価はまだ750円ですか。不思議ですなあ。10円とか20円でもおかしくないと思うんですけどね。1円でもいいしね。

クサイ会社・エグイ企業
ネクストジャパンホールディングス 上場廃止 倒産 債務超過

2008/12/10 22:10

アイディーユーの新監査法人は清和

~ 清和監査法人を使ってる企業のリストを眺めてみれば、アイディユーもだめか。 ~

アイディーユーの新しい監査法人が決定。

一時会計監査人の選定に関するお知らせ

清和が新任として選ばれましたな。なんともまあ。清和監査法人がお世話する企業の一覧を見てどう思うかってことですが、臭いますな。うーん、臭います。

不動産・マンデベ・流動化
アイディーユー ファンド 不動産 流動化 清和 監査法人

2008/12/10 22:10

サイゼリヤ、為替デリバティブの損失額を確定、大赤字

~ 損失額が確定することでこの件は終わりになる、不透明を投資家は一番嫌うから。 ~

サイゼリヤがデリバティブ契約を解除。

デリバティブ契約解約に関するお知らせ

先日のプレスリリースでは140億円を見積もっていた通貨デリバティブの損失ですけど、最終的には153億円の損失となりました。153億はデカイ。サイゼリヤの今期売上計画は870億、経常利益が80億、純利益が42億。153億円の損失の大きさが分かりましょう。

この損失の経営責任ってことで代表取締役とかが減俸になりましたな。なんか、日本は何かあるとすぐ減俸とか半年間給料30%カットとか、そういう風に金でけじめをつける。個人的には嫌いですね。

いずれにせよ、損失額が確定したのはいいんじゃないですか?投資家は不透明なのを一番嫌うからね。これでこの問題は片づいたわけで、後は本業がどれほど好調かに投資家の目は移るわけです。デリバティブ損失は一時的な特損でいいと思う。

今回の為替デリバティブについてはこちらの「デリバティブへの理解 その3」で分かりやすく説明されている。なるほどね。っていうか、こういう説明をサイゼリヤがするべきじゃないですかねえ。

株価はデリバティブ損失発表後冴えない。冴えるわけもないですけど。

外食・レストラン・居酒屋
サイゼリヤ デリバティブ 外食

2008/12/10 22:10

ミネルヴァ(ナチュラム)の11月月次数字は順調

~ ずっと月次数字は好調を持続しているけど株はなぜか無反応で割安放置。 ~

ミネルヴァ・ホールディングスの月次数字。ナチュラムがしっくりくる。

Eコマース(インターネット通信販売)月次速報(平成20 年11 月1 日~11 月30 日)

順調ですね。売上高は前年同月比で120.9%、会員数は125.7%。上半期は売上134%、会員数127%で折り返し、下半期はここまで売上120%ぐらいで推移。悪くないじゃんねえ。株は安い。

専門小売銘柄
アウトドア スポーツ ナチュラム ミネルヴァ・ホールディングス 有望

2008/12/10 22:10

クリード、傘下のクリードオフィスREITをいちごアセットに売却

~ クリードの信用が低いために苦しんできたクリードREITがいちごで楽になりそう。 ~

クリードがクリード・オフィス投資法人を売却。

資産運用会社における株主異動に関するお知らせ

正確にはクリードオフィス投資法人ではなくて、その資産運用会社であるクリード・リート・アドバイザーズになるけど、まあ意味合いはクリードREITを売ったと言うことですな。買ったのはいちごアセット。いちごは既にクリードREITの20%以上を所有する筆頭株主。アセットホールディングスとか他のREITとかにもずいぶん力を入れている。大丈夫なんだろうか。

いちごが新しくスポンサーになることでクリードREITはファイナンス面でのメリットを期待している。

ファイナンスの環境が大変厳しい中、今後新スポンサーとの間では、ファイナンス面における直接的・間接的なスポンサーサポート契約を近日中に締結する予定です。

本投資法人において、今後1 年以内に返済期限の到来する借入金は、来年3 月末の株式会社新生銀行の借入金105 億円(第5 期末(2008 年10 月末)時点の総資産の7.38%)のみであり、現在本資産運用会社では、当該資金のリファイナンスを経営の再優先課題として各金融機関との協議を続けております。今後は新スポンサーと協働の上、あらゆる可能性を模索しながら、リファイナンスに全力で取り組んでまいる所存です。

確かに、クリードの業績がボロボロで信用もなく、クリード傘下と言うことだけでファイナンス面で難しさが出ているわけだから、いちご傘下で信用増を狙うのは真っ当です。いちごにどれだけ信用があるかは分かりませんけど、流動化企業よりは全然良いって事でしょうかね。

この発表翌日の株価の動き。クリードもクリードオフィス投資法人もストップ高ですな。クリードREITはまさに信用増で資金面での不安が後退したとが大きいんじゃないですか?っていうか、今日は不動産関連にストップ高が連発なので、たまたま地合が良かっただけですね。

不動産・マンデベ・流動化
REIT いちごアセット クリード クリード・オフィス投資法人 ファンド 不動産 流動化

2008/12/10 21:09

アルデプロ、倒産するのも生きるのも銀行次第

~ 1Q決算は減損で大赤字、借金の返済を待ってもらい何とかやっている状態。 ~

アルデプロが早くも第1四半期で巨大な特損を計上。

特別利益および特別損失の計上に関するお知らせ

早くも、と言っても減損は必要なときにするもので早いも遅いもないですな。減損60億円で第1四半期の純損失は95億円と大きい。

平成21年7月期 第1四半期決算短信

当社グループの主力である不動産再活事業におきましては、物件の早期売却を最優先課題として取り組んでまいりました。しかしながら、不動産市況は当第1四半期連結会計期間に入ってからも低調であり、相次ぐ不動産会社の経営破たんなど一層深刻さを増している状況であります。

当社といたしましては、在庫圧縮、有利子負債の削減に努めたものの、不動産物件の売却が思うように進まず

正直な現状分析と言えましょう。赤字になりながらも在庫を減らす努力はしっかりしていて営業キャッシュフローは当然黒字、貸付金を回収して投資キャッシュフローも黒字、それらの黒字で借金を返済。妥当な線ですな。しかしながら相変わらずの財務体質で、自己資本比率は19%まで低下。

継続企業の前提に関する注記にあるとおり、借金返済を待ってもらっている状況ですな。返したくても返す金がない。

所有不動産の販売が思うように進まないため、金融機関からの借入金の一部の返済について、金融機関との合意により返済期日を延期しております。

つまりですよ、銀行がもう待てません、と言えば資金繰りがつかず倒産するって事ですよ。訳の分からないファイナンスをするという裏技は当然残っていますけどね。

さてどうなりますことやら。

不動産・マンデベ・流動化
アルデプロ ファンド 不動産 流動化

2008/12/09 10:10

三菱UFJの新株発行価格決定、ここからは買いの方向で

~ マクロとアメリカの金融株の動きを見ながらそろそろ買いを準備していく局面。 ~

三菱UFJファイナンシャル・グループの新株発行増資の価格等が決定。

発行価格および売出価格等の決定について

今回の増資で約4000億円を調達。先月には優先株で3900億円増資したので、合計では7900億円。当初計画では1兆円の予定だったと思うが、株価下落でずいぶん目減りしましたな。それでも7900億円だからね、さすが日本一の銀行です。

発行価格は417円。業績とか資産価値とか安全性とか競争力とかなんだかんだの観点からこれが安いか高いかなんてちっとも分からない。まあそんなことより、金融危機、景気、世界経済、そういうマクロのでっかい流れの中で株式市場が底打ちするかどうか、そういう所で417円が安いか高いかってことじゃないですか?

200812081.jpg 株価的には2003年の底値にかなり近づいた。アメリカの金融株はとりあえず底打ちしたっぽい。シティ(C)とかバンカメ(BOA)、ゴールドマンサックス(GS)、ウェルズファーゴ(WFC)あたりの株価はきゅっと戻っていますな。そういう流れには付いていくと思いますよ。

100株単位で買いやすくなったし、そろりそろりと買っていく局面ではないですかね。

銀行・証券・ローン
三菱UFJファイナンシャル・グループ 増資 新株発行 銀行

2008/12/09 09:09

東日本ハウス、不適切な会計処理=粉飾決算と呼びますよ

~ 粉飾金額はとりあえず数千万と小さいが、優成監査法人が心配の種です。 ~

東日本ハウスで不適切な会計処理が判明。不適切な会計処理というと何となく悪さが半減するが、粉飾決算ということであって、そのレベルが従業員個人レベルなのか企業組織レベルなのかという幅があると考えたい。

不適切な会計処理の判明について

今のところ金額的には数千万円で小さいですな。どこかの所長が苦し紛れに粉飾しただけという主張です。本当にこれだけなら大丈夫でしょう。ヘタすれば実はもっと巨大な粉飾がありましたって事で倒産とか上場廃止とか、そういう可能性もありですな。

監査法人は優成。うーん、ここがどうも引っかかりませんか?優成監査法人がお手伝いしている企業の一覧を見ればねえ。

粉飾決算・犯罪行為
優成 東日本ハウス 監査法人 粉飾

2008/12/09 01:01

2008年12月9日までの企業倒産状況

~ 上場企業の倒産数は戦後最多を余裕で更新、特に建設・不動産会社が多い。 ~

今年ここまでの倒産状況。

200812092.jpg 図は朝日新聞から拝借したものだが、ITバブル崩壊後から不景気が底打ちする2003年~2004年、そこから景気が拡大を続けた2005年まで、倒産件数は順調に減ってきていますな。新興市場がピークを付けた2006年から倒産件数は増え始め、今年に入って負債総額も一気に増加基調へ転換。

まさに株価と逆相関と言えましょう。そりゃそうですね、企業の調子良さを表すのが株式市場で、調子悪さを表すのが倒産件数・倒産負債総額なんですからね。

上場企業の倒産に限っていえば、戦後最多だったのは2002年の29件。今年は太洋興業までで既に32社で過去最高を余裕でクリア。32社のうち23社が建設・不動産関連企業というのも不動産バブルがはじけた様子をよく表していると言えましょう。

年末に向けてもう何発か上場企業が倒産しますかねえ。

倒産・上場廃止
不動産 倒産 建設

2008/12/09 00:12

太洋興業が倒産、10年以上も粉飾決算を続ければ当然

~ 倒産したのはビジネス環境ではなくて粉飾したから。倒産までの経緯はシンプル。 ~

太洋興業が民事再生手続きの申し立て。これで今年の上場企業倒産は32社目。負債総額148億円。

民事再生手続開始の申立てに関するお知らせ

倒産までの流れは次の通り。

2008年8月8日、第3四半期決算を発表。この短信を見る限り倒産するとは思えない。赤字かつ財務状況は良くはないながらもキャッシュフローは黒字だし、こんな状況で何年もずっとビジネスをしてきている。配当もきっちり支払われている。

2008年11月17日、「不適切な会計処理の判明および平成20年9月期決算発表の遅延ならびに調査委員会の設置について」を発表。監査法人の太陽ASGから不適切な会計処理を指摘され、過去の数字も含め嘘っぱちがありそうだと。しかも重大になりそうですと。

この発表前に既に株価はずいぶん売られて100円を割っている。ボロ株の仲間入り。インサイダーっぽい怪しい値動きは全然ないので普通に売られて下がってきたんでしょうな。発表後から株価は暴落。暴落ながらも出来高は全然多くなくて、大丈夫なんじゃないの?的な楽観的株主が多いのが分かりますな。

2008年11月27日、「不適切な会計処理に関する調査の進捗状況について」を発表。なんと10年以上も前から架空の利益計上を行っていたんですなあ。棚卸資産や売掛金などの不適切な計上があって、修正すれば債務超過に転落。同時に、過年度も債務超過の可能性。ここまで来ると上場廃止がはっきりして来ますな。

200812091.jpg 翌日より株価は出来高を伴って再暴落。ああダメだこの会社、とようやく認識して慌てて売りに回った様子がこの出来高から分かりましょう。

2008年12月1日、「公認会計士等の辞任に関するお知らせ」を発表。太陽ASGが、もう知りません付き合い切れません、と去っていった。おいおい、今さらですか?何かと太陽ASGの周りでは臭いことが沢山起こりますな。

株価は下げ続けて今日の終値で26円。そして引け後の倒産発表となりました。で、倒産の理由が書かれているが、しっくりこない部分もある。

しかしながら、バブル崩壊の影響により弊社の売上は減少し、さらに近年は、原油価格の高騰や米国サブプライムローン問題、高齢化による農業就業人口の減少等の影響も受け、平成4 年9 月期のピーク時には年間約380 億円を計上していた売上高は、平成19年9 月期には約219 億円にまで減少いたしました。

さらに、本年11 月、社内調査チームによる調査により、連結ベースで約25 億円に及ぶ不適切な会計処理があることが判明いたしました。

そういうわけで倒産したと仰るわけだけど、バブル後売上が減ったことは倒産の直接的原因じゃないですよ。粉飾決算が倒産の理由なわけです。粉飾せず正直にやってきていれば、メーンバンクの助けがあったかもしれない、どこかが買ってくれたかもしれない、こりゃいけないと社員全員がものすごい頑張ったかもしれない。

繰り返すが、粉飾決算が倒産の理由ですよ、太洋興業さん。あたかもビジネスが苦しくなって倒産したような言い方しないでよね。

代表取締役社長は中村哲雄。監査法人は太陽ASG。東京三菱UFJとみずほが大口の借入先。

倒産・上場廃止
倒産 太洋興業 太陽ASG 民事再生手続 監査法人 粉飾

2008/12/06 10:10

Firefoxのタブの閉じる(×)ボタンをなくせば作業効率アップ

~ ヘビータブ使いが間違ってタブを閉じることがないようになるとスムーズになる。 ~

何かのヘビーユーザーになればなるほどより快適にそれを使いたいと思うのは道理というもの。自分の場合、PCに向かっている時間のうち一番多くの時間が費やされているのはブラウザー。具体的にはFirefoxですな。そういう人は多いと思う。

なぜか知らないが、ITリテラシーが高い人ほどInternetExplorerよりFirefoxを使うらしい。そして、投資に熱心な人ほどFirefoxを使う割合が高いらしい。

そういうわけで、Firefoxをより快適なもににする努力は結構実を結ぶ。最近のヒットはこれです。

200812053.jpg Firefoxを使うとき、タブを一杯開く人いませんか?10個とか20個ぐらいは平気でタブを使う。自分もそういうヘビータブ使いの1人なんですねえ。で、そのタブなんだが、タブ一つ一つに閉じるボタンが付いている。タブの右端についているあの×マークですな。

これが意外と邪魔なんですよ。タブを開こうとしてクリックすると思わず×マークをクリックしてタブが閉じたりする。そうならないようにと×ではない所をクリックするんだけど、それが面倒くさい。ヘビータブ使いならわかるよね、このちょっとしたイライラ。

200812054.jpg その×マークをなくせるのを本日発見。早速やってみるとこの通りスッキリですよ。これで間違ってタブを閉じてしまうこともない。

しかし、×マークがないとタブを閉じるのが面倒じゃないか?って思うかもしれませんが、これは簡単。三ボタンマウスを使っている人で真ん中ボタンを使ってタブをクリックすれば良い。それができない人はアドオンのTab Mix Plusを使ってダブルクリックでタブが閉じるようにすればいい。

肝心のタブ×マークの消し方。about:configをつかってbrowser.tabs.closeButtonsの数値を2に変更する。

200812055.jpg 具体的な作業方法は簡単。Firefoxのアドレスバーにabout:configと入力する。ずらっといろんな設定名が並んでいるのでその中からbrowser.tabs.closeButtonsを探し、ダブルクリック。初期値は1なのでそれを2に書き換える。

作業効率がグンとあがりましたよ。

よもやま話(投資以外の話題)
Firefox タブ

2008/12/06 09:09

アインファーマシーズ、調剤薬局はディフェンシブで業績堅調

~ 景気が悪くても同じだけ需要があるのが薬、薬を売るのは調剤薬局。 ~

アインファーマシーズの中間決算。

平成21年4月期 第2四半期決算短信

予想通り順調ですね。売上が+16%、営業利益+34%、経常利益+32%、純利益+18%。純利が伸びていないのは投資有価証券評価損を計上したため。通期の計画は、売上+9%、営利+11%、経利+9%、純利+31%。

この通期計画だと、下半期は増収減益を計画していることになる。それはなさそうだから上方修正が出るんじゃないですか。最終的には経常利益で+20%ぐらいで着地してくれれば大満足です。

本業の調剤薬局は順調。調剤薬局の売り上げは他社でもずっと確認してきているとおり順調なのは分かっている。利益がどれだけ出るかが問題なわけですよ。その点、アインファーマシーズはきっちりと利益を出してきている。アインFに限らず、ほぼどの調剤薬局も順調。

とりあえず調剤薬局の売り上げが落ちることはしばらくないでしょうな。薬の需要は減りませんよ。

200812052.jpg ドラッグストア事業は相変わらずの赤字ですな。売上的には100億にも届いていない。ドラッグストアとして利益を出すには最低売上が2000億だと思っているので、100億ではどうにもなりますまい。ドラッグストア専業でも100億の売上ではどうにもならない。いっそのことドラッグストア事業は売り払ったらどうですか?調剤薬局に集中すべきじゃないですかねえ。

株は安い。調剤薬局はディフェンシブの典型みたな業種なので確かに高値からの下落率は他業種の銘柄ほど大きくないです。そう言う意味では株価は堅調と言えましょう。しかし、業績は良いのだし、このマーケットだし、もっと評価されても良くないですか?PERで20倍ぐらいはおかしくないと思うんですがね。

医薬品・医療品・調剤薬局
アインファーマシーズ ドラッグストア 後発薬 有望 調剤薬局

2008/12/06 09:09

ジーンズメイト、デニムで業績は悪いけど配当と優待で超高利回り

~ ジーンズはダメだが、株主優待と配当で17%の高利回り、財務は良いので大丈夫そう。 ~

ジーンズメイトの第3四半期決算。

平成21 年2月期 第3四半期財務・業績の概況(非連結)

ジーンズは売れない。ジーンズはいつの世でも定番だけど、盛り上がる時期と盛り下がる時期のジーンズサイクルがある。今はまさに盛り下がりな時期であって、会社名・店舗名にジーンズを付けるほどジーンズを売りたいジーンズメイトには厳しいわけですな。

どうでもいいけど、今はジーンズとは呼ばないか。デニムね。

それにしても売上が13%も減るのは酷すぎですよ。ここまで既存店が89%でこの数字も痛い。とりあえずは景気が回復し、ジーンズが盛り上がるまでダメでしょうな。

救いは利回りが高いことでしょう。赤字でも配当は25円を計画。財務は超が付くほど優良なので配当原資には問題はない。株価500円で配当利回りは5%。来期も配当が付くかどうか少し心配だけど、過去10年配当はきっちり支払われ増配もされている。

株主優待があって年間6000円分の買い物券をもらえる。優待利回りは驚きの12%。ジーンズメイトで買物なんてしない人も多いでしょう。そういう人はヤフオクへ。70%で売れるので利回りは8.4%になる。これでも超高利回りですな。優待改悪があるかどうか、ないと思うけどね。

配当と優待を合わせた総合利回りは、優待利用で17%、優待売却で13.4%。優待取りながらじっとしていればいいんじゃないですか。30%も上がれば売るって事で。

アパレル・ファッション銘柄
アパレル ジーンズ ジーンズメイト ファッション 株主優待 配当 高利回り

2008/12/06 08:08

ファンドクリエーション、絶頂下方修正、大赤字は間違いなし

~ 少ない巨大不動産物件の売上計上ができなくなれば業績は激しくぶれる。 ~

ファンドクリエーションの絶頂下方修正。

平成20 年11 月期業績予想(売上高・営業収益)の修正及び配当予想の修正に関するお知らせ

売上の予想が163億から31億へ。売却を計画していた物件が売れないことになっての下方修正。不動産屋ならありがちな話ですな。

一つ巨大物件の売却を計画していたんでしょうかねえ。100億ぐらいの。そうなると、その一つの話がダメになるだけであっという間に絶頂下方修正になる。ファンドクリエーションのような規模の小さな不動産屋なら十分あり得る。

っていうか、規模の大小は関係ない。昔ありましたよね、アーバンコーポレイションでも。400億か500億ぐらいの物件が売上計上できなくなって、エグイ下方修正をして株価が暴落したことが。

今回のリリースでは利益は修正されていませんな。影響が未確定ということだけであって利益が計画通り出るわけじゃない。大赤字になるんじゃないですか?

不動産・マンデベ・流動化
ファンド ファンドクリエーション 不動産 流動化

2008/12/06 07:07

アパマンショップホールディング、巨大赤字で監査法人変更

~ 再度の減損があれば債務超過、ヘタすれば倒産か?それが嫌なら監査法人変更? ~

アパマンショップホールディングスの会計監査人異動。

会計監査人の異動に関するお知らせ

監査法人はトーマツから霞が関へ変更ですと。ありゃりゃ、どうなんでしょうなあ。決算発表を見てみると監査法人変更も理解できると言えましょう。

平成20年9月期 決算短信

巨大赤字を計上し、自己資本比率は2.4%まで低下。当然継続の疑義がついている。大赤字の理由は、不動産と有価証券の減損。これはトーマツにいちゃもんつけられて嫌々ながら減損したんじゃないですか?もちろん単なる憶測でしかないですよ。でもね、トーマツは基本的に監査が厳しい。減損の指摘も厳しいんですよ。

で、もしトーマツに来期も監査をお願いしちゃうとですね、また減損を計上しなければならなくなって、いよいよ債務超過に転落、最悪倒産なんてなるかもしれない。そんな厳しい監査は受けたくないわけですよ。

霞が関の監査がいい加減だとは言いませんが、さてどうなんでしょうかね。

それにしてもアパマンってもともと賃貸斡旋とかプロパティマネジメントの会社だったような気がしましたが違いますか?それらの事業部門は赤字で、プリンシパルインベストメントとかファンドマネジメントとかで黒字出している状況なんですね。数年前の不動産バブルでイケイケドンドンしちゃったんでしょうか。

短信にはこう書いてあります。

特に斡旋事業、プロパティ・マネジメント事業など市場環境に大きく左右されにくい事業を強化し、安定的な収益を維持できるよう対策を講じてまいりました。また、財務体質の健全化に向けて資産構成やコストの見直しも推進してまいりました。

マジですか?斡旋事業、プロパティ・マネジメント事業は赤字なんですけどねえ。斡旋事業は前期も赤字ですよ。PM事業も前期の黒字はほんのちょっぴり。

余談ですが、田母神前空幕長が問題となっている件に出てくるアパグループは、アパマンショップホールディングスとは何の関係もないですからね。

不動産・マンデベ・流動化
アパマンショップホールディングス ファンド 不動産 流動化 管理 賃貸

2008/12/05 07:07

各国の政策金利は猛烈な勢いで低下中

~ 不景気対策に政策金利を引き下げないわけにはいかない、いずれ効いてくる。 ~

猛烈なスピードで各国の金利引き下げが進んでいますな。米、英、EU、中、豪、日、その他多数。グラフは朝日新聞より拝借。

200812051.jpg イギリスの政策金利は1.0%引き下げられて2.0%になった。2.0%という数字は1951年以来57年ぶりの水準。

欧州の政策金利は0.75%引き下げられて2.5%になった。

じゃんじゃん資金をマーケットの供給してジャブジャブにし、信用を膨らませたいわけだけど、なかなかそうなってくれない。時間はかかってもいずれ低金利は効いてくる。金利を引き下げてもちっとも経済は良くならないし株だって上がらないじゃないか、って聞こえてくるが、そんなに話は簡単じゃない。

できることは全てやる。全ての一つが金利引き下げってことですな。それだけじゃどうにもならないが、それをしないわけにはいかない。

統計・資料・調査
政策金利

2008/12/05 06:06

MovableType4(このブログ)の検索機能が動かないんです

~ 過去のエントリーを確認するのに検索機能が使えないと不便で仕方ない。 ~

このブログの検索機能が動いていないんだけど、どうやったら直るのだろうか?画面右側にある検索を使うと、いつもタイムアウトになってしまうんですね。このブログはMovable Type 4を使っていて、エントリーを投稿するためにログインした状態であれば検索できることも判明。

検索機能はMT4のCGIなので、CGIを動かすのにログインしていないとダメだと言うことなんでしょうかねえ。しかし、ちまたにはMT4のブログなんて沢山あって、どのブログもログイン無しで検索できる。

自分の書いたエントリーを参照するのに検索を使うわけで、いちいちログインしないいけないのは非常に面倒。しかし、どうすれば検索が動くようになるのか、とんと分かりませんな。

どなたか詳しい人がいたら教えてもらえませんか?

よもやま話(投資以外の話題)
MovableType4 MT4 ブログ

2008/12/05 06:06

アメリカの自動車販売は25年前の水準、不景気は深く長い

~ 自動車各社の11月販売台数は半減という悲惨な状況、自動車立国日本は苦しい。 ~

車が売れない。アメリカの11月の自動車販売台数は衝撃的に低い。とりあえず各社の前年同月比の状況を数字で確認。

200812012.jpg GMが-41%、フォードが-31%、クライスラーが-47%、トヨタが-34%、日産が-42%、ホンダが-32%。グラフは朝日新聞から拝借。

10月の年率換算の販売台数は1060万台で25年ぶりの低水準。昨年の数字が1600万台だったわけで、まさに半減という言葉がぴったり。車が半分しか売れないと言うのは、ラーメンが半分しか売れなくなるのとはわけが違う。経済規模が超でっかい自動車産業なのだからその影響も超巨大。

日本は市場には自動車関連株がわんさと上場しているが、どの株も叩き売られている。当然ですな。25年前の水準しか車が売れないのだから。時々そういう車関連企業の中でも業績が増収増益なんてのもある。おっ、ダメセクターの中の勝ち組じゃん、なんて投資は絶対にうまく行かない。そういう会社はたまたま時間的な問題で数字が悪くなっていないだけで、これから100%悪くなる。

日本は自動車の国なので非常に苦しい。トヨタを始め自動車各社は派遣や請負、期間労働者をじゃんじゃん切っている。業績はボロボロ。今さら言うまでもない。

トヨタ城下町の豊田市も来年度予算を作り直すという異例の事態になった。トヨタからの税金ががくっと減ってしまうことになったからね。勢いがあった名古屋も変調を来している。トヨタ関連の仕事を求めて集まってきていたフリーターの職がなくなって求職者が溢れる。

不景気は深く長いですよ。

車・自動車部品銘柄
アメリカ 自動車

2008/12/05 06:06

不二電機工業、現金価値以下の株価が付けられている

~ 堅実な黒字と配当を出し続け、それでもグラハム先生真っ青の現金修正PBR1倍以下。 ~

不二電機工業の第3四半期決算。

平成21年1月期 第3四半期財務・業績の概況(非連結)

何が気になるって、PBRの低さですな。株価は640円で現金修正BPSが840円。現金修正PBRは0.76倍。株主資本比率は92%。

今期の業績は増収増益で黒字。過去10年間赤字は一度もないし、ぎりぎり黒字ということもない。業績数字の上下はあるにせよ、堅実に黒字を出し続けている。配当もきっちり払われている。

残念ながら配当利回りがそれほど高くない。25円の配当で利回りは3.9%。低くはないが高くもない。というか、3.9%は金利水準から考えれば高いと呼んでもいいんだけど、今の相場では高くないですよねえ。この25円配でも配当性向は50%なので文句は言えませんけど。

こんな会社が現金価値以下の時価総額を付けられているのは異常ですな。個人的には配当がもし5%以上あれば即買いしますよ。株価で言えば500円。ベンジャミン・グラハム的には黙って買いですけどね。

電気機器・精密機器
PBR グラハム ネットネット 不二電機工業

2008/12/05 06:06

新生銀行の無料振込がまた改悪、一番良いのはMMF

~ 30万円のMMFで5回の無料振り込みを使えば利回りは5.5%と超高利回りになる。 ~

ネットバンキングで振込を済ませる人は多いと思うが、人気なのはやっぱり新生銀行ではなかろうか。何と言っても無料振込ができるからね。その新生銀行の無料振込だけど、これまで何度か改悪されてきましたね。今回も少しグレードダウン。

新生銀行の無料振り込み条件等

改悪の詳細は上リンク新生銀行のホームページ確認するとして、ポイントはただ一つ。どうやって多くの無料振込を獲得するか。今までであれば10回の無料振込を取るのは実は非常に簡単ででした。これからは10回の無料は面倒になるので、5回無料を狙うのが一番効率が良いのかと。

一番効率が良いのは(2)の条件で、

新生銀行所定の投資商品(投資信託、仕組預金、外貨預金など)の前月の月間平均残高

と言うものでしょうな。外貨預金や仕組預金はそれぞれデメリットがあって、無料振込5回ではそのデメリットが補えない。残るは投資信託で、具体的にはMMF。MMF以外の投信はダメですな。

5回無料振込を金額にすれば1250円ってとこですか?イーバンクの振込手数料が一回250円なので、それが5回で1250円という計算。

(イーバンク口座間の振込は無料なので、それはそれで使わないとね。)

MMFはほぼ100%元本割れしないので、30万ぐらいMMFで持っておいてもいいんじゃないですか。一応0.5%ぐらいの利回りで回っていますしね。

(過去2回だったかな、MMFが元本割れしたことがありますな。初めて元本割れしたのは確か三洋証券(だったと思う)が倒産したとき。2回目は2001年にエンロンが倒産したとき。これ以来MMFの運用ルールも改正されたので元本割れの可能性はさらに低くなった。ゼロじゃないですよ。個人的にはゼロで考えているけど。)

無料振込を何回使うかによりますけど、仮に毎月5回全部使ったとすれば、年間で15,000円。30万円に対する利回りは5%。MMFの元々の利回りと合わせれば5.5%。実に高利回りじゃありませんか。ちなみに、個人的には毎月5回ぐらいは使いますね。

無料振込を一月に使う回数ごとの利回り

  • 0回 0.5%
  • 1回 1.5%
  • 2回 2.5%
  • 3回 3.5%
  • 4回 4.5%
  • 5回 5.5%

最低でも1回使えば定期預金より高い利回り。皆さんこれを使わないなんて損ですよ。あまり宣伝すると無料振込を取る人がドンドン増えてまた改悪されるかな。

銀行・証券・ローン
ネットバンキング 新生銀行

2008/12/04 07:07

伊藤園、業績と株価は過去10年最低、買うなら今じゃないですか

~ 原油などのコモディティ高による原価率悪化はこれから改善し、利益は回復する。 ~

伊藤園が下方修正を発表。

業績予想の修正に関するお知らせ

意外性はないものの減額幅は大きいですな。前期比で利益は半減し、過去10年で最悪の利益水準になる。過去10年で最低の数字というのは飲料会社としてはあまり考えられないような数字と言えましょう。もちろん、ボロ会社であればそういうのもありですけどね、伊藤園は優良企業。

利益は過去10年で最低でも売上は過去10年で最高。この10年間売上が前年を下回ったことは一度も無し。

低利益の理由は原料高と販促費。数字を確認。

2003/42004/42005/42006/42007/42008/42009/4中
原価率50.2%49.7%49.4%49.3%48.5%48.9%50.5%
販促率14.0%15.7%16.1%16.9%16.8%17.1%-
運送率3.8%3.7%3.7%3.7%3.9%4.2%-

原価率の悪化が酷い。販促率は販売手数料と広告宣伝費。中間時点では数字は分からないけど、販管費率が高くなっていて下方修正の理由としても描かれているので販促比率アップはほぼ確実ですな。

原料は茶、野菜、果実、コーヒー。PET容器と缶、これらは結局原油。ここ数年でコモディティ価格がどうなったかなんて今さら説明無用ですな。暴騰した結果が原価率の悪化です。

コモディティ価格は永遠に上がり続けるような論調があったけれど、今はどうなったか。町のガソリン価格を見るだけで普通の人にも一目瞭然。原油価格は暴落してピークから3分の1になった。農産物価格も同じ。

つまりですよ、原価率は改善する、運送比率も改善する。販促費は会社のマーケティング戦略によるので裁量の余地は十分ある。原油価格のような急激な改善はないにしても、じわり改善する。連れて利益は回復する。

来年4月には飲料の値上げた一応決まっているのも大きいですよ。伊藤園が値上げするのか、どの製品なのか、どれぐらいなのか、はっきりしない部分もありますけど、他社が値上げすれば多少なりとも追随するんじゃないですか。

200812041.jpg ってことで、伊藤園の業績は底だと思うわけです。株価もずいぶん下がった。10年前の株価水準まで落ちたわけだから、激下げと呼べる。ここからは利益回復を織り込んでいく値動きになる。

今のところ減配は発表されていない。

平成21年4月期 第2四半期決算短信

前期と同じ38円と書かれていますな。EPSが30円まで落ち込む予想なので、減配があるんでしょうか。財務的には苦しくないわけだが、配当性向の目安は一応40%なので配当減額がありそうな雰囲気です。

忘れてならないのは優先株。伊藤園は優先株を上場させている唯一(だと思う)の企業。普通の個人投資家は議決権なんていらないので買うなら優先株で決まりですな。仮に前期と同額48円の優先株配当がされれば、利回りは5%を越える。

優先株の概要。

  • ・議決権無し
  • ・配当額は普通株の25%増し
  • ・普通株が無配の場合は15円配当
  • ・税金関係は普通株と同じ
  • ・銘柄コードは25935

食品・飲料・日用品
伊藤園 優先株 有望 食品 飲料

2008/12/02 22:10

バルスの11月月次は順調、3倍になった株価の調整は十分

~ 雑貨小売店では文句無しに勝ち組、株価は調整して魅力的な水準に下落。 ~

200812027.jpg バルスの11月月次数字。

平成21年1月期月次売上概況(11月度)

ユニクロ、ABCマートに続いて、これまた絶好調な数字ですな。既存店が108.9%、全店が124%。文句無しの数字じゃないですか。

6万円から3ヶ月ちょっとで3倍になった株価はさすがに大きく調整した。調整十分ってところですな。

専門小売銘柄
バルス 有望 雑貨

2008/12/02 21:09

エービーシーマート、靴屋では一人勝ちで歩いている

~ 既存店、全店とも月次数字は絶好調で株価も強すぎる。 ~

200812026.jpg エービーシー・マートの11月月次数字。

平成21年2月期 11 月度概況について

これまた強い数字ですな。既存店が+6.6%、全店が+20.1%。ユニクロ同様、めちゃめちゃ強いと言えましょう。

株価もめちゃめちゃ強い。

専門小売銘柄
エーびーしー・マート ファッション 有望

2008/12/02 21:09

ユナイテッドアローズ、不景気の中では優秀な月次数字

~ ユニクロには及ばないが株価は業績回復時を目指す気配がある。 ~

ユナイテッド・アローズの11月月次数字。

平成20年11月度(平成21年3月決算期)月次売上概況(速報)についてのお知らせ

ユニクロの11月月次を見た後では何とも普通な数字に見えてしまう。それでも良い数字だと思いますよ。全店で112.4%、既存店が98.6%、マクロ経済を考えると十分強い数字だと思うわけです。

200812025.jpg ユニクロとは違って、利益こそ出ていないけど、そこは回復するという前提で考える時期ですな。つまり、これから利益数字はもっと悪くなるかもしれないが、それはもう折り込み済で、後は回復後を目指した株価の動きになるんじゃないかと。

その証拠と言えば言葉は強すぎるが、株価は底堅い。

アパレル・ファッション銘柄
アパレル ファッション ユナイテッドアローズ 有望

2008/12/02 21:09

ユニクロの11月月次、驚異的な数字でまさにヒートテック

~ 一人勝ちのファーストリテイリング、既存店月次の数字を見れば株価の強さも納得。 ~

ファーストリテイリングの11月月次数字。

平成21年8月期 国内ユニクロ事業 売上推移速報

恐ろしいほどの強さですな。既存店が132.2%、全店が135.8%。一人勝ちどころか、競争相手全員なぎ倒しですねえ。通常、こういう感じで既存店が好調の場合、前期の数字が悪くてマイナスだったということがあるわけだけど、ユニクロの場合、前期の11月は既存店103.2%、全店109.3%と好調。つまり、本当に絶好調ってわけですよ。

うーん、どう考えればいいのか。

200812024.jpg とにかくユニクロ商品が人気なんでしょうね。ヒートテックは相当売れているらしいですよ。ヒートテックって、一昔前であればオヤジの長袖肌着という感じで(死語だけど)ダサイって言葉がピッタリでした。それが今ではヒートテックという今風の単語を割り当てられて人気になるわけだから、世の中分かりません。

確かにオヤジの長袖肌着とはデザインは全然違うし、機能的にも数段上ですからね。オヤジ肌着と一緒に考えるのがそもそも間違いですけど。

ちょっと話がそれたけど、ユニクロは不景気でも絶好調。不景気で売れるものは売れるってことですな。株価も堅調。明日はストップ高に一票です。

アパレル・ファッション銘柄
アパレル ファッション ファーストリテイリング ユニクロ 有望

2008/12/02 09:09

ワークマン、不景気でマクロ的には悪いけど数字は良い

~ 株価は利益半減を織り込んでいる、確かに景気悪化するがどこまで踏ん張れるか。 ~

ワークマンの月次数字。

平成21 年3月期 月次前年比速報に関するお知らせ

建築や土木などの肉体労働作業に必要なものを売っているわけで、景気が悪くなれば客足も減るというのがマーケットの評価でしょうな。実際そうなるのが自然な流れと言えましょう。

200812023.jpg ワークマンの数字を見る限り、そういう流れはまだ出ていない。そういう流れが全体として起きているとしても、少なくともワークマンの業績数字は好調ってことですね。マーケット的には、いずれワークマンにも影響が及んで業績は悪化する方向なのですな。

それにしても、ですよ。株価1000円ってことはここから利益が半分ぐらいにはなってもおかしくない。そこまで行くんでしょうか。

専門小売銘柄
ワークマン

2008/12/02 08:08

くらコーポレーションに限らず回転寿司の9月10月はボロボロ

~ 景気が悪くなっても回転寿司は多業態に比べて健闘するんじゃないですか。くらの株価も。 ~

くらコーポレーションの下方修正。

特別損失の計上及び通期業績予想の修正に関するお知らせ

利益の減額幅は予想以上に大きいですな。ちょっと意外感のある修正かもしれない。下方修正の理由は

既存店売上高の不振により新規出店に伴う販売費及び一般管理費の増加を吸収できず

なんだけど、どれぐらい既存店が不振なのか月次で確認しておいた方がいい。

くらコーポレーションの月次推移

既存店の9月と10月の数字が注目ですよ。ここしばらくなかった数字までガクッと下がっている。くらに特有の問題があったわけではない。これは他の回転寿司チェーンの月次を見れば明らかですな。

かっぱ寿司の月次
あきんどスシローの月次
元気寿司の月次
アトムボーイの月次

各社の既存店9月10月の数字を見ると、くらと同様に酷い数字が並んでいますな。なぜこうなったのか。前年度の月次数字が高いのでハードルがそもそも高いからじゃないですか。各社の前年の9月の既存店数字を確認です。

単月だけの数字を取り出すと、曜日の並びとか祝日のつながりとか、いろいろあって数字はぶれる。趨勢として見るのが大切なので、月次数字の流れを見るべきかと。流れは良くない。下げ気味。先行き下げそう。来期はずっとマイナス月次数字が並びそう。

マクロ経済の先行きも全く同じなわけだが、そういうマクロ経済の中で回転寿司はどうなのか。各種の外食業態の中で考えれば、回転寿司は良い方なんじゃないだろうか。居酒屋とかファミレスより景気悪化の影響は少なさそう。

200812022.jpg 株価。くらの株価は安くないですか?他の回転寿司屋の株価に比べれば不当に売り叩かれていると思いますなあ。カッパ寿司と元気寿司が比較対照になるわけだが、くらだけが嫌われているね。どちらかの方向に収斂するんじゃないですか。それがカッパ方向なのかくら方向なのか、どちらになるかで投資するかが決まるわけです。

カッパ方向に行くんじゃないかと、個人的には思う。

外食・レストラン・居酒屋
くらコーポレーション アトムボーイ カッパ・クリエイト 元気寿司 回転寿司

2008/12/02 08:08

ポイント、月次はそれなり株価は非常に強い

~ 不景気の中にあっては悪くない月次数字だし、なにより株価が強い。 ~

ポイントの月次数字を確認。

200812021.jpg 国内月次売上高前年比に関するお知らせ

絶好調とは呼べませんな。しかしながら、不景気風が強い中では十分に健闘していると言えましょう。不動産屋や自動車を始め、大きいもの固いものの売れなさと比較すれば驚くほど売れているって事です。

アパレル小売は全般的に株価が強い。ポイントの株は極めて強い。

アパレル・ファッション銘柄
アパレル ファッション ポイント

2008/12/02 08:08

ザッパラス、業績はかなり良いけど占いは好きじゃない

~ 業績は良い、株価は強い、割高感はない、でも占いコンテンツが趣味に合わない。 ~

誰しも理解できない事って沢山あるわけだけど、個人的に非常に理解しがたいのは占い。たまたま開いた雑誌にお遊びで載っている占いを読んで、(占いなんて所詮嘘っぱちだけど)自分にとっていいことが書いてあるから今日はいい気分で頑張ろう、っていうぐらいなら分かりますよ。でもねえ、日本人の占い好きと来たら、異常じゃないですか?

ザッパラスの上方修正と中間決算。

業績予想の修正に関するお知らせ

占いで100億円も売り上げるわけです。携帯で占いを見るために毎月お金を払っている人が200万人もいるんですよ。ある1日にザッパラスのたくさんある占いサイトに一体何通りの占いが掲載されるのか知りませんが、仮に1000としましょう。そうすると、200万人のうち2000人が同じ運命なわけです。占いの数が1万だとしても200人は同じ運命。

運命が同じ人なんていません。

ま、ほとんどの人は占いを信じて毎日生きているのではなくて、お遊びで楽しんでいるのでしょうから個人の興味・趣味にケチをつけるのはダメですね。

投資の対象としてどうなのかが重要ですな。確かにザッパラスの業績は良い。文句無しに良い。

平成21年4月期 第2四半期決算短信

200812011.jpg 株価も順調で、この相場付きでは順調どころか超強いと言ってもいいんじゃないですか。原価率は低いので売上が伸びる以上に利益は伸びる。来期もじゃんじゃんサイトを増やして会員を獲得し、成長すると考えるのは間違った方向じゃない。利益成長率は今期50%、来期は20%~30%ぐらいを予想しても違和感がない。PERは20倍以下で全然高くない。

素直に買いなんだろうね。

けれど、最初に書いたとおり、どうも占いコンテンツに200万人が毎月お金を払っているという違和感が気持ち悪い。投資的には自分が嫌いだろうと儲かる株を買うのがベスト。目先50%上がる可能性がある株があれば投資すべきだと思う。

がしかし、気持ち悪さが強すぎて投資できない。銘柄は沢山あるのでこだわる必要はない。

消費者サービス
インターネット ザッパラス 占い 携帯電話

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All pages

patch