アーカイブ: 2008年12月25日

2008/12/25 13:01

イオンファンタジー、不景気で業績は厳しいが高利回りは注目

~ 配当と株主優待を合わせた総合利回は10%近い、業績の悪さに目をつむれるか? ~

イオンファンタジーの第3四半期決算。

2009年2月期 第3四半期財務・業績の概況(非連結)

厳しい決算ですな。イオン系なので当然だが、イオン系モールの出店にあわせて店舗を拡大するのが基本。イオンはこれまでの積極出店拡大策をやめて、既存店頑張って売上伸ばそうね戦略に転換した。となれば、イオンファンタジーの店も出店余地はなくなる。

そうなれば既存店が頑張るしかないけれど、折しも不景気は強いですね。不景気になれば子供の遊びをちょっと減らそうかなって思いますよ。少なくともこれまで以上に子供をイオンファンタジーの遊び場に連れて行こうとは思わない。

事実、既存店売上は厳しい。月次数字を確認。

業績は当分上向かないのではないですか?

200812251.gif注目できるのは利回りの高さ。配当は30円で利回4.3%。株主優待は2500円分の施設利用券と米3㎏、商品購入5%割引券と豪華。施設を利用するのであれば、優待利回は5.7%にもなる。施設を使わずヤフオクで売るのであれば、優待利回は3.9%%ぐらい。総合利回は8.2%~10%ということになりますな。

自己資本比率70%、借金は無視できるほどちょっとだけと財務は優良。キャッシュフローの範囲での設備投資をしているので資金繰りも大丈夫。つまり、減配の可能性は低いって事ですな。優待廃止や改悪も無さそう。こればっかりは予想が付かないが。

消費者サービス
イオン イオンファンタジー 株主優待 配当 高利回り



2008/12/25 13:01

来春の缶飲料の値上げはサントリーの撤回で微妙な情勢

~ 缶飲料の値上げがなければ利益の圧迫された飲料メーカーの業績回復がつまらないものになる。 ~

以前、来年春頃に缶飲料が値上げされるという情報がありましたな。しかし、この不景気のさなか、缶飲料の需要も下がり気味で、どうやら値上げは無くなりそうな気配です。一缶の値上げは10円の予定だったので、これは大きいですよ。

サントリーは値上げ撤回を決めた。業界2位の飲料メーカーが値上げしないのであれば、下位メーカーは当然値上げできないし、業界トップのコカ・コーラにしても値上げという賭けには出られますまい。

値上げは消費者には受け入れられないという判断ですな。

缶飲料の原料は、砂糖と容器(アルミなど)。それに香料や段ボールなどの包装。基本的にはそういった原材料価格は一時の暴騰からはずいぶん下げている。原油に至ってはアホらしいほど下落していますな。しかしながら、全体としてはまだ高めと言えましょう。

原料価格が下がった分の利益率向上は期待できる。しかしながら、値上げがなければ利益も伸びが大きくない。伸びても知れている。

自動販売機での売価はずっと100円だった缶飲料。1992年に10円値上げされて110円となった。もともと1989年の消費税導入時に値上げしようとしたができず、ずいぶん遅れての値上げとなった。

1998年、再度の10円値上げが実施される。前年に消費税率のアップがあったための値上げ。10円は消費税分以上なわけだが、原料価格の上昇やいろいろあります。

で、今回11年ぶりの値上げのチャンスが来たわけだが、どうやらダメになりそうです。

缶飲料関連ではダイドードリンコに注目してきました。ここのところ株価は順調ではあるものの、値上げができないとなると非常に嫌ですね。基本、値上げを見越して注目してきたわけで、その大前提が無くなってしまった今、よーく考えないといけない。

ゲームプラン・投資戦略
コカ・コーラ ダイドードリンコ 飲料

2008/12/25 12:12

ブッシュ米大統領にイラク人記者が投げつけた靴が売れている

~ 年間販売量の9倍の注文をこなせるのだろうかと、余計な心配をしてみる。 ~

ブッシュ米大統領にイラク人記者が靴を投げつけた出来事がありましたな。その靴を製造しているメーカーが受注増に沸いているらしい。

2008/12/25, 日本経済新聞 朝刊

米大統領に投げられた靴、製造元に37万足の注文。

 ■トルコ 記者会見中のブッシュ米大統領にイラク人記者が投げつけた靴が、特需に沸いている。製造元とされるトルコ企業に注文が殺到。この靴の年間販売数量は世界で約四万足だったが、事件後の受注だけで三十七万足に達した。

 製造元といわれるバユダン・シューズ社の担当者は日本経済新聞に「スウェーデン企業の英国法人から十万足超の注文があった。イラクなど中東だけでなく米国や香港など世界中から発注がある」と語った。革靴だが靴底はポリウレタンで片足分が約三百グラム。「バイバイ・ブッシュ」名で商標登録申請したという。(カイロ支局)

イラク人記者は英雄扱いで、履いていた靴がバカ売れで、なかなか面白い。もともと年間販売量が4万足だった靴なのだけど、いきなり37万足の注文。そんなに作れるのだろうか?製造設備的に無理なんじゃないの、と無意味な心配が浮かんできたりする。

これからは模倣半が出て、麻生首相に餅を投げつけたりしないですか?自分の店の餅を投げつけたら、正月にその餅がバカ売れするとか。

それはあり得ない話しでも、ビジネスチャンスというか、棚からぼた餅というか、そういうのはどこにでもある。投資でも同じで、あり得ないチャンスがあったりすることが時々ありますな。見逃さないように。

ちょっとニュース
ブッシュ米大統領

2008/12/25 12:12

第三者割当増資が規制される、ダメ企業には退場してもらおう

~ バカバカしい資金調達をしなければならない企業は上場する資格無しですよ。 ~

ようやくですな。

バカバカしい増資が頻繁にされるわけで、いい加減に何とかしないとダメですよ。発行済株式がいきなり数倍にもなる増資がされたり、上場廃止になるべきクサイ企業が訳の分からない増資で生き延びたり、もうそういうのはやめにしましょうよ。

先日のダヴィンチの新株予約権にしたって、どう考えてもおかしくないですか?

クサイ企業からは毎日毎日第三者割当がどうだ、新株予約権がどうだ、投資組合から資金調達だ、とにかく見ていて気持ち悪くなりますな。

今回の決定事項だけではそういう状況は無くなりはしないけど、少しでもましな方向へ行くことを期待します。

2008/12/25, 日本経済新聞

東証、来夏メド、第三者割当増資に規制、既存株主守る、過大な増資は公表・警告。

 東京証券取引所は二〇〇九年夏をメドに、特定の投資家に新株を割り当てる第三者割当増資に規制を導入する。増資額が既存株数に比べて異常に大きいなど、既存の株主の価値を損なう増資が新興企業を中心に相次いでおり、締め出すのが狙い。東証が不適当と判断した増資の実施企業には「公表措置」や違約金を科す。悪質と判断した場合には上場廃止も検討する。資金調達の透明度を上げ、市場の信頼を高める。

 現在、日本企業が第三者割当増資を実施する場合、原則として取締役会の決議で決めている。このため、会社の支配権が移るなど、増資のハードルが米国や英国に比べて低い。今年十月には、東証の新興企業向け市場マザーズ上場の結婚式場運営会社が発行済み株式数を大きく上回る規模の増資を計画した。東証はこの増資計画が発表された際、全上場企業に株主に配慮した第三者割当増資を要請したが、より抑止力のある制度整備が必要と判断した。

 具体的には、既存株主の一株あたり利益の目減りにつながる大規模な増資について公表し、上場企業やその株主に警告する。東証が今年導入した違約金の対象にも加える。

 東証は一律で規制する数値基準は導入しない方向だ。ただ、特別の事情がなく発行済み株式が一気に二倍に増えるような規模の増資が対象になるとみられる。

 米国ではニューヨーク証券取引所が議決権の二〇%超に相当する新株発行について株主総会の承認が必要との制限を設けている。日本でも金融審議会で規制強化に向けた議論が始まっており、東証も市場運営者として足並みをそろえる。

 株価により条件が変わる転換社債(MSCB)や、株式併合は東証の規則に違反しても公表措置しかとれないため、違約金を科せるようにする。

ちょっとニュース
CB MSCB 増資 新株予約権 第三者割当増資 転換社債

2008/12/25 12:12

名証セントレック上場企業一覧、倒産、上場廃止などに注意

~ 蒼々たるメンツが揃った名古屋証券取引所の新興市場、監査法人と主幹事にも注意。 ~

名証セントレックに上場する企業一覧。(2008年12月25日現在)

この企業リストを見てどう思いますか?中長期で投資に値するものは無いでしょうな。短期売買で値幅を取るのであれば関係ないけどね。妙なファイナンスやあっと驚くウルトラCはもちろんのこと、上場廃止や倒産も常に頭の片隅に置いてくださいな。

コード、企業名、業種が書いてあるけど、その後に、監査法人と主幹事証券を追加すればもっともっと臭さが分かります。

追加しようかと思ったけど非常に面倒なのでやめました。なぜなら、最新版の四季報CD-ROMからは、スクリーニングデータをテキストで書き出せなくなったので。公式には今までも四季報CD-ROMデータはテキストで書き出せなかったわけですが、ちょっと裏技を使えば簡単にできたましたね。

それが今回からできなくなった。なかなかやるね、東洋経済新報社。っていうか、ほんと、テキスト書き出しできないと不便で仕方ない。だれか裏技知りませんか?

  • 3384 アークコア (卸売業)
  • 2460 アプレシオ (サービス業)
  • 4567 ECI (医薬品)
  • 3366 一六堂 (小売業)
  • 8943 エスグラントコーポレーション (不動産業)
  • 3808 オウケイウェイヴ (情報・通信業)
  • 7824 オプトロム (その他製品)
  • 3775 ガイアックス (情報・通信業)
  • 3830 ギガプライズ (情報・通信業)
  • 9428 クロップス (情報・通信業)
  • 3061 KFE JAPAN (卸売業)
  • 3260 ゲオエステート (不動産業)
  • 3739 コムシード (情報・通信業)
  • 3032 ゴルフ・ドゥ (小売業)
  • 3228 三栄建築設計 (不動産業)
  • 3066 JBイレブン (小売業)
  • 3829 セルシス (情報・通信業)
  • 3057 ゼットン (小売業)
  • 2139 中広 (サービス業)
  • 3351 TRNコーポレーション (小売業)
  • 3781 DPGホールディングス (情報・通信業)
  • 3346 21LADY (小売業)
  • 2447 NowLoading (サービス業)
  • 3252 日本商業開発 (不動産業)
  • 3383 ノア (卸売業)
  • 2467 バルクホールディングス (サービス業)
  • 3821 フラクタリスト (情報・通信業)
  • 2494 メディカル・ケア・サービス (サービス業)
  • 2130 メンバーズ (サービス業)
  • 8919 やすらぎ (不動産業)

クサイ会社・エグイ企業
セントレック 名証

patch