アーカイブ: 2008年11月

2008/11/18 13:01

アメリカ、ミシガン大学消費者信頼感指数

~ 数値は低空飛行を続ける。 ~

アメリカ、ミシガン大学消費者信頼感指数。11月の数値。

11月 57.9

統計・資料・調査
アメリカ ミシガン大学消費者信頼感指数

2008/11/18 12:12

10月のミシガン大学消費者信頼感指数、シカゴ購買部協会景気指数

~ 10月の数字は弱い。 ~

アメリカ、ミシガン大学消費者信頼感指数。10月の数値。

10月 57.6

アメリカ、シカゴ購買部協会景気指数。10月の数値。

10月 37.8

統計・資料・調査
アメリカ シカゴ購買部協会景気指数 ミシガン大学消費者信頼感指数

2008/11/18 12:12

明和地所、下方修正だがマーケットの分析は当たっている

~ 株と同じで投げ売り状態の不動産、まともな値付けがされていないのでしょう。 ~

明和不動産の下方修正と中間決算。

業績予想の修正に関するお知らせ

従来予想を40%引き下げ。妥当な線ですな。修正の理由が実に分かりやすく今の不動産マーケットをまとめているので紹介したい。

不動産市場では、長く続いた年間8万戸の首都圏マンション分譲市場は4万戸程度への縮小が予想されておりますように、エンドユーザーの住宅購入は慎重な姿勢が続いております。また数年来不動産の購入者として市場を牽引してきた不動産ファンドにおきましては新規物件の取得余力が剥落したばかりでなく、金融機関による不動産融資総量の減少を受け、リファイナンス(既存借入金のロールオーバー)が困難な状況に直面しております。このように貸手・買手不在というべき逆風を受け、住宅・オフィス・商業施設等いずれにおいても流動性が低下すると同時に不動産の根源的価値への信頼動揺が浮き彫りとなりました。

下方修正の原因は、ファンド向けの一棟売り案件がつまずいたため。買い手の資金調達の問題やら、解約があったりで、全然計画に届かなかった様子。マンション販売や賃貸は経過苦戦での着地という。マンションは本当に計画通りなんだろうか。

平成21年3月期 第2四半期決算短信

決算短信も減額修正のリリースと同様に、不動産マーケットの現況をまとめている。せっかくなので引用。

国内不動産市場におきましては、ノンリコース・ローンをはじめ不動産担保金融の機能不全が顕在化しており、建設不動産のみならず、REIT・不動産ファンドなど、幅広い事業形態において継続困難な状況が相次いで見られます。いわば買い手不在の中に換金売り案件が並ぶ結果、需給バランスと不動産の本来有する流動性が低下し、不動産価格の特定が客観的に難しい環境が続いております。

投げ売り状態で馬鹿げた値が付いている株が沢山あるけど、不動産も同じ状況なんですな。確かに不動産がプチバブル的に高くはなったのだろうが、今の投げ売り状態、流動性の低下、資金調達の困難さ、そういうものは行きすぎの感がありましょう。だから、「不動産価格の特定が客観的に難しい環境」になってしまう。これは嘘じゃないと思うね。

明和地所はマンションを積極的に値下げしていない模様。短信の説明によれば、周辺で大幅な値下げで売られても明和地所は当初計画通りの値付けで売っている。結果、販売期間は伸びる。利益率は下がる。

棚卸資産の減り具合、借金の返済具合、悪くないですな。

不動産・マンデベ・流動化
ファンド マンション 不動産 明和地所 流動化

2008/11/18 11:11

ケネディクス、第3四半期の数字は悪くても強気な言葉

~ 12月の見直しは良くて現状維持、多分下方修正ではないですかね。 ~

ケネディクスの第3四半期決算。

平成20年12月期 第3四半期財務・業績の概況

言葉尻は強気ですな。

上半期には、ケネディクス不動産投資法人へのオフィスビル売却により同投資法人の成長を支援した他、住宅投資特化型の私募ファンド(年金10号ファンド)の組成に成功いたしました。下半期にはいりましても、8月にドイツ投資家の資金により、資産規模約280億円からなる郊外型商業施設を中心に商業施設に特化した私募ファンドの組成を実現し、さらに9月にはシンガポールの上場ヘルスケアリートへ有料老人ホームポートフォリオの一部78億円を売却する等、不動産投資市場が低迷する中で着実にファンド組成等を進めてまいりました。当社グループが受託するアセットマネジメント受託残高も、このような活動を通じて順調に増加し、平成20年9月末現在約8,440億円となっております。

今期の業績予想については不動産マーケットの状況を考えて、12月に改めて見直しを公表するということで、この辺りは多少慎重さが見て取れます。

不動産・マンデベ・流動化
ケネディクス ファンド 不動産 流動化

2008/11/18 10:10

インスパイアー(旧フォーバルクリエーティブ)、エグイ特損

~ 貸付金を特損で落す、それって計画的に落せばお金は企業から好きなところへ流れる。 ~

エグイ。インスパイアー(旧フォーバルクリエーティブ)の特別損失。

特別損失の発生に関するお知らせ

前期末の時点ではBS上に貸付金はない。第1四半期のBSでいきなり4.2億の短期貸付金が出てくる。いきなりなのは、まあ、当たり前ですね。貸付はある日突然行うわけだし。しかしその金額。1Qの売上が3.8億円で、短期貸付が4.2億ですよ。あり得ない。

そして第2四半期のBSでは短期買付け金が11億に激増。2Qの売上高は7.7億円。同時に8億を特損処理。えげつないですなあ。

貸したいところに貸して、最後は特損でちゃら。貸した先は結局自分と関係があって、自分の利益になる。会社のお金が特損で自分のもの。クサイ会社によくあるお金の流れですな。

もちろん、インスパイアーがそういう事をしているって言ってるわけじゃないですよ。そんな事しているかどうかなんて分かりようがない。ただ言いたいのは、売上以上の貸付金が突如現れて、特損処理したという事実。

インスパイアーの監査法人はKDA。KDAが監査している企業の一覧。クサイですなあ。

社長は西村幸浩。ジェイブリッジ、小杉産業を経験している。

クサイ会社・エグイ企業
KDA インスパイアー ジェイブリッジ フォーバルクリエーティブ 小杉産業 監査法人

2008/11/18 09:09

伊藤園、下方修正は残念だが株価は10年来の安値

~ 過去ずっと高かったバリュエーションがようやく安くなってきた。 ~

伊藤園の下方修正。

平成21年4月期 第2四半期累計期間業績予想(連結・個別)の修正に関するお知らせ

飲料会社らしくない絶頂と言える減額修正ですな。通期の数字は今回修正してはいないが、中間決算時に減額されるのは100%確実でしょう。仮に中間期と同じ減益具合とすれば、前期比で50%の減益になる可能性があります。そうなると、過去10年で最低の利益に落ち込むことも考えられましょう。

200811173.jpg 実際、株価はそう暗示している。つい先日、10年来の安値を更新したばかりですな。それにしてもここまで売られる必要があるのだろうか。確かに利益が10年前の数字になったとしても、売上は過去最高を更新中なわけですよ。

利益が出ていないのは、原材料高や販促費の増加が大きい。そういうのはいずれ改善される、もし伊藤園がどうしようもないボロ会社でなければ。伊藤園がボロ会社だというのはおかしいでしょ。

確かに伊藤園のバリュエーションはずっと高かった。高すぎた感がないでもない。そういうプレミアムがはげ落ちたとも考えられますな。

気になるのは配当ですな。財務に余裕はあるのだから、配当は維持して欲しい。それこそ一流企業の証と言えましょう。

全部ひっくるめて、中間決算で暴落するようなことがあれば買ってみたいですな。

食品・飲料・日用品
伊藤園 食品 飲料

2008/11/18 09:09

マネースクウェア、10月の売買は急増、口座数が増えていない

~ 他社と同じでボラが高まった10月の売買件数は急増するも、口座開設数が伸びていない。 ~

マネースクウェア・ジャパンの10月月次を確認。

平成20年10月度 月次概況(速報)に関するお知らせ

マネーパートナーズの10月とほぼ同じ。営業収益は急増している。ボラティリティが高まった10月は皆さん積極的に売買したわけですな。その結果は損したとので預かり資産残高は急減。分かることはただ一つ。売買すればするほど損するってこと。

違う点が一つ。M2Jは口座数が伸びていない。これは少し不思議ですな。マーケティングの失敗で新規顧客を集められなかったと言うことでしょうかね。アフィリエイトを思い切って絞り込んでしまったとか。FX業者の客集めはアフィリエイトにかかっていると言っても過言ではないですからねえ。

FX・為替
FX マネースクウェア・ジャパン

2008/11/18 09:09

アイディーユー、トーマツから監査意見をもらえない

~ 簡単なのは監査法人をクサイところへ変えることだが、それをしたら最後です。 ~

アイディーユーの決算書に監査意見が付かない。

平成20 年8月期計算書類に対する監査意見不表明について

監査法人トーマツがズバリと指摘している。

会社は営業損失8,026 百万円、当期純損失22,887 百万円を計上した。また、金融機関の不動産事業に対する融資はいっそう厳しくなっており、会社の資金調達は厳しい状況にある。

監査法人に指摘されるまでもないことは間違いない。もっと言えば、監査法人に指摘されるところまで行ってしまったらおしまいと言うことですな。

アイディーユーとしては何とか監査意見を付けたいので監査法人をクサイところに変えるかもしれませんな。そんなコトすればますます臭ってしまいますが。

倒産がひたひたと忍び寄っていますな。

不動産・マンデベ・流動化
アイディーユー 不動産

2008/11/18 07:07

アメリカFOMC政策金利、1%へ50ベーシスポイント引き下げ

~ 各国は勢いよく金利を下げ、激震マーケットに立ち向かっている。 ~

200811071.jpg 今さらながらの話だけど、アメリカの金利が1%へ引き下げられた。

FOMC政策金利 1.5%→1%

50ベーシスポイントの引き下げは市場予想通り。各国の金利はまだまだ下がる。(右図は朝日新聞より拝借。)図にはないけど、中国もどんどん引き下げるサイクルにある。

統計・資料・調査
FOMC アメリカ 金利

2008/11/18 07:07

アセット・インベスターズ、継続疑義の注記が付く

~ 時価総額以上の第三者割当を計画、実行されればアセットグループをはずれそう。 ~

アセット・インベスターズに継続疑義の注記が付きました。

継続企業の前提に関する事項の注記に関するお知らせ

直接の理由は、新株予約券につけられたプットオプションが行使されると資金シュートする可能性がある、ってことですな。そうならないように第三者割当で資金調達を模索中。こんなにボロボロの企業を引き受けてくれるのは一体誰でしょうねえ。

アセットマネジャーズにそんな余裕は無いように思うがさてどうでしょうな。伊藤忠も第二位株主で出資していますが、ここで大きく引く受けて筆頭株主になったりする?それは無さそうですけど。

現在のアセットインベスターズの時価総額はたったの7.4億円。今回計画している増資の規模が10億~20億円。引き受けるところは筆頭株主になること間違い無しでしょう。これでかねてからアセットマネジャーズが計画してきた、アセットインベスターズの売却(子会社でなくする)が完了しますな。

いまさら仕方ないけどね。そもそも、アセットマネジャーズが一部上場するにあたって、事業内容が被る子会社を持っていることが障害になっていたわけで、一部昇格なんてできっこない今となっては、アセットインベスターズの処遇はどうでもよい。連結業績の赤字が減っていいけどね。

中間決算も同時に発表されている。

> 平成21年3月期 第2四半期決算短信

それにしても、売上高以上の損失を計上するとは凄まじい。

不動産・マンデベ・流動化
アセット・インベスターズ アセット・マネジャーズ 伊藤忠 継続疑義

2008/11/18 07:07

7~9月期のGDP成長率はマイナス0.4%

~ 2四半期連続でマイナス成長のGDP、株価は先を行くことを忘れずに。 ~

7~9月期のGDP成長率が年率でマイナス0.4%になった。これでマイナスは2四半期連続。2四半期連続でのマイナス成長はITバブルの崩壊した01年以来になる。7年続いた景気拡大も終わりましたな。

数字としてはようやく終わったわけだが、株式マーケット的にはずっと前に終わっていた。マーケットは先を織り込む。忘れちゃいけない。もう一度成長軌道に戻る時、数字より先にマーケットが動き出すって事ですな。

朝日新聞 2008年11月17日10時22分

200811172.jpg 7~9月期のGDP年率0.4%減 2期連続マイナス

 内閣府が17日発表した7~9月期の国内総生産(GDP)速報によると、物価変動の影響を除いた実質GDP(季節調整済み)は前期比0.1%減(年率換算で0.4%減)と、2四半期連続のマイナスだった。実質GDPが連続で減少するのは、ITバブル崩壊に伴う前回の景気後退局面だった01年に3期連続でマイナスとなって以来、約7年ぶりだ。

(中略)

 日本の実質GDPのマイナス幅は4~6月期の0.9%(年率3.7%)より縮小したとはいえ、戦後最長の景気拡大をリードした設備投資と輸出はともに早期回復の見通しが立たず、牽引(けんいん)役不在の状況が当面続きそうだ。

 7~9月期の実質GDPの内訳では、設備投資が1.7%減。GDP成長率を0.3%分押し下げ、マイナス成長の最大の要因となった。減少は3期連続で、マイナス幅も前期の1.4%から拡大。輸出の失速を受け、企業が設備投資を絞る動きが広がったためだ。

 その輸出は0.7%増と2期ぶりにプラスに転じた。ただ、13期ぶりのマイナスとなった前期に大きく落ち込んだ反動による増加もあったとみられる。石油製品や金属の輸入が増えたため、輸出から輸入を差し引いた外需は、成長率を0.2%分押し下げた。

 GDPの5割超を占める個人消費は0.3%増。2期ぶりのプラスとなったが、北京五輪商戦や「猛暑効果」による薄型テレビ、エアコンなどの売り上げ増加という一時的なプラス要因が大きかった、と内閣府は分析している。

 物価変動を反映し、景気実感に近いとされる名目GDPは前期比0.5%減(年率2.1%減)と、2期連続のマイナスだった。

 総合的な物価の動きを表すGDPデフレーターは前年同期より1.6%下落した。消費者物価の上昇率は7~9月期にピークを迎えたとみられるが、原油・原材料の輸入価格上昇はGDPデフレーターを押し下げる要因になるため、下落幅は4~6月期と同じだった。(庄司将晃)

統計・資料・調査
GDP

2008/11/18 07:07

ワオ・コーポレーション、高配当利回り・高優待利回り

~ 総合利回りは20%以上、優待を使わない場合でも12%を越える高利回り。 ~

ワオ・コーポレーションの中間決算。

平成21年3月期 第2四半期決算短信

通期計画は前期比で売上4%増、経常利益37%増と強気だが、中間期の数字を見ると今後下方守勢があっても驚きませんな。業績面での数字はどうでもいいのだが、最近多い総合利回り10%クラブに入っている。

株価は260円。配当額が15円で利回りは5.8%と魅力的な数字ですな。優待が4000円あるので利回りは15%を越えている。総合利回りは実に21%と超高利回り。もし子供がワオの塾へ通っているのであれば迷い無く買っておくべきでしょう。

ワオの優待が使えない場合はいつも通りヤフオクへ。1800円ぐらいで売れるので、利回りは7%まで低下するがそれでも高利回りですな。配当と合わせた総合利回りは12.7%と文句無し。

高利回りを取りながら30%も上がれば利益確定。そういう単純明快簡単な投資で負けませんね。

消費者サービス
ワオ・コーポレーション 優待 配当 高利回り

2008/11/18 07:07

日住サービス、フィービジネスが赤字になるほど不動産は売れない

~ 値上がりしていない中興物件の売買も急激に細っているのが現状。 ~

日住サービスの第3四半期決算。

平成20年12月期 第3四半期財務・業績の概況

赤字です。通期でも赤字の予想。こういう企業でも赤字になってしまうほど不動産マーケットは冷え込んでいるわけですな。

200811171.jpg 日住サービスは不動産売買や工事もしてはいるものの、基本のサービスは不動産仲介で、いわゆるフィービジネスってやつです。それが赤字になってしまうのだから。右のグラフの通り、中間期までの数字だけど仲介の取扱件数と売買仲介料はがっくりと減っている。

新築マンションが売れないのは、値上がりがあったからと考えれば分かりやすい。中古マンションは中古一戸建ては、よほどの地域でない限りほとんど値上がりしていないはず。ってことはですよ、住宅が売れないのは値上がりのせいばかりじゃないということ。消費者は消費していないわけですな。そりゃあ日々の食費を切りつめる中で住宅なんて買えませんね。

不動産マーケットの冬は長く厳しい。

不動産・マンデベ・流動化
マンション 一戸建て 不動産 仲介 日住サービス

2008/11/18 07:07

アーバンライフ、森トラストの支援でかろうじて生き延びる

~ 通期大赤字だけど森トラストの後ろ盾があるから倒産はしない。 ~

アーバンライフの第3四半期決算。

平成20年12月期 第3四半期財務・業績の概況

通期で大幅赤字の予想。今期末の自己資本比率は10%を割り込みそうな気配ですな。こうなってくると倒産が恐いですが、そこは森トラストの子会社、倒産はないでしょう。

コミットメントライン 極度額増額に関するお知らせ

こういう感じで森トラストからの支援は続くでしょうね。

しかし、棚卸資産は減るどころか増えているし、マンションは全然売れませんな。当然営業キャッシュフローは赤字のまま。ビジネス戦略で積極的に土地取得しているのではなくて、売れなくてどうにもならない方でしょうな。

株価はボロボロ。

不動産・マンデベ・流動化
アーバンライフ マンション 不動産 森ビル

2008/11/18 07:07

アルテサロン、総合利回りは10%を越えている

~ 優待を使う場合の利回りは20%近く、ヤフオク売却でもリターンは10%を越える。 ~

アルテサロンホールディングスの中間決算。

平成20年12月期 第3四半期財務・業績の概況

決算数字はどうでもいいです。気になるのは利回りの高さですな。配当利回りが4.3%とそれなりに高い。優待利回り14%と非常に高い。総合利回りは19%近い。

アルテのアッシュを使う人であれば文句無しに持っておいて損はない株と言えましょう。とは言うものの、美容院はこだわりの多い分野なので、優待があるからといって今までの美容院をやめてアッシュへ行く人は少ないような気はしますねえ。

そう言う場合は例の如くヤフオクで売ればいい。それでも総合利回りは10%を越えますからねえ。

自己資本比率が24%と低いので減配や無配転落を心配するかもしれませんが、そう言うことはないんじゃないかと推察。営業キャッシュフローは豊富だし、これまで赤字転落もない。フランチャイズ化を進めるような方向で、そうなればキャッシュフローは余裕がでるだろうし。

10%の利回りを取りながら、30%上がれば売却する。負けない投資ができますな。

消費者サービス
アルテサロン 優待 美容院 高利回り

2008/11/18 07:07

2008年10月、為替の高ボラティリティでFX売買は急増

~ 為替の動きが急で取引は急増、口座開設も増加、しかし預かり資産残高は増えない。 ~

マネーパートナーズの月次概況。10月の数字。

平成20年10月次 月次概況(速報)のお知らせ

すでに3つのエントリー(歴史に残る10月の暴落で口座を開設する個人投資家歴史的暴落の2008年10月に大きく買い越す個人投資家10月のマーケット激震で売買を積極化する個人投資家)で10月の個人投資家の動きについて書いてみました。今回のマネーパートナーズの月次も同じ内容。

まず10月の口座開設数は5000を越えていて5000以上は昨年からでは過去最高の伸び。証券口座と同じで10月に口座開設する人が激増したって事ですな。

取引高についても9月と10月は今までにない数字まで激増していますねえ。取引高の増加は営業収益の増加に直結するわけで、9月10月はマネーパートナーズはずいぶん儲かりましたな。

9月10月の為替相場のボラティリティは凄まじいものがありましたが、その結果がこういう数字なんですね。

一つ気をつけるべき数字は預かり証拠金ですな。増えるどころか急減している。取引は急増しても、預かり証拠金は急減している。

つまり、売買すればするほど損している人が大多数、ってこと。儲かるのはFX業者だけ。よーく考えましょう。

FX・為替
FX マネーパートナーズ


patch