アーカイブ: 2008年11月17日

2008/11/17 23:11

建築基準法改正の影響はもうなくなった

~ 建築基準法にしても何にしても、改正や廃止はいつも抵抗勢力がある。 ~

200811161.jpg 新設住宅着工戸数、建築着工統計(建築物の着工床面積)の推移グラフ。この資料はタケエイの中間決算説明資料より拝借。もともとの出所は図にもあるように国土交通省。建築基準法改正があったのは昨年の6月で、グラフががっくりと下がっているところですな。

このグラフから考えると、建築基準法改正の影響は無くなったと言えましょう。2年前の水準まで回復していないのは、単に不動産マーケットが弱いからであって、建築基準法が理由とは思えません。もしどこか建築基準法の改正を未だに業績悪化の理由にしている不動産屋があれば、それはこじつけの言い訳と考えてよいですな。

建築基準法の改正は確かにヒドイものだった。改正の内容というより、準備不足での改正のせいでグラフの通り住宅着工は激減した。その時の論調はずいぶん偏ったものばかりで、住宅着工は将来にわたってずっと激減したまま推移するようなものでしたな。

いつの世も、何かを改正すると批判が出る。抵抗がある。文句を言われる。改正に合わせる方は面倒だからね。どんなに改正内容がアホらしいものでも、改正されれば仕方ない、それに合わせて何とかするしかないんですよ。そして実際、なんとかしてしまうのが人間なんですよ。

政治でも経済でも同じ。そんなことしたら酷いことになる、っていつも文句を言う。実際酷いことになる。でも、そのうち1年もすれば丸く収まって元通り。なんとかしちゃうんですね。そういうものです。

不動産マーケット
タケエイ 不動産 住宅 建築基準法



2008/11/17 23:11

セントラルスポーツ、配当+優待の総合利回りは10%超

~ 配当利回り2.1%、優待利回り8%で合計利回りが10%を越える。 ~

セントラルスポーツの中間決算。

平成21年3月期 第2四半期決算短信

新店のおかけで売上は増加しているものの、利益は伴わないですな。スポーツジムという固定費が高いビジネスだけに、既存店の会員減少は利益を激減させてしまう。逆に会員が増えれば利益は急激に伸びやすいということでもある。

マクロ的には、高齢化が進むし、健康志向は高まるし、悪くはないんじゃないか。景気が悪いと5000円を超えるような月会員費はカットを検討される対象になるのが痛いですな。そういう傾向がどこのスポーツジム企業でも見られます。

業績よりも気になるのは利回りの高さでしょうね。配当利回りこそ2.1%と高くはないものの、優待内容がそれなりに充実していて、使う人であれば優待利回りは余裕で10%を越えるでしょう。使わない人はヤフオクで売る。それでも8%ぐらいの利回りにはなるんです。

配当と優待を合わせた綜合利回りは10%を越えるわけであって、気長にのんびりもば損しない。30%も利が乗ることがあれば売ってしまえばOKですな。そうじゃなくても10%。負けない投資ですね。

消費者サービス
ジム スポーツ セントラルスポーツ 優待 高利回り

2008/11/17 23:11

丸誠、現金修正PBRが1倍割れ、利回りは5.5%超

~ ある意味ストック型の銘柄が現金修正PBRで1倍割れ、利回り5.5%は安い ~

丸誠の中間決算。

平成21年3月期 第2四半期決算短信

ビルメンテナンスは不況になってもなくなりませんな。ビルの空室率が2%から5%になっても7%になっても、同じようにビルの管理・メンテは必要なわけで、不況・好況に関わらず同じだけ仕事がある。結果、不況でも好況でも業績はそれほど変わらない。

業績を伸ばすには管理する不動産物件を増やすしかない。一度増えたら減りづらい。ビルメンテの会社ってそんなに頻繁に変えるものじゃないし。ストック型と言えますな。

そういうビルメンテの会社だから丸誠の業績は微動だにしていない。

ま、そういう銘柄では成長性を買うなんてことはできないし、PERで割安とか言われてもあまり意味がないですな。

株価は330円。BPSが830円。現金修正BPSが360円。PBRは0.4倍、現金修正PBRは0.92倍。配当利回りは5.5%。借金ゼロで自己資本比率は70%。

ここから下げても心配いらないですな。

ビジネスサービス
PBR ビル メンテナンス 丸誠 有望 高利回り

patch