アーカイブ: 2008年10月

2008/10/31 23:11

サブプライム問題の発生から今日まで

~ サブプライムと金融危機で株価は歴史的暴落、ここからは実体経済の悪化が待っている。 ~

ジャパニーズインベスターの第59号に「米国2つのバブル崩壊とその影響」という記事がある。なかなかうまくまとまっているので、少し紹介。

200810272.jpg

まず最初のチャートは、アメリカの住宅価格の推移。具体的には、ケース・シラー全米住宅価格指数。2000年にITバブルがはじけて株価は暴落したが、住宅価格はそんなこと一茶関係なく順調に上昇したのが分かる。ITバブル崩壊と共に利下げが繰り返され、1%という超低金利が過剰流動性を生み、不動産市場へと流れ込んだわけですな。2006年に住宅価格はピークをつける。

200810271.jpg

次は、アメリカの住宅バブル崩壊から現在までの主なイベント。イベントというかなんというか、メジャーな出来事ですな。これを見て今思えば、ああここら辺りで売っておくべきだな、とか思うけど、その時はなかなか受け入れがたいものがある。

この歴史は9月末までしかないけど、10月にも次々とビッグイベントがありマーケットが暴落したことは忘れられますまい。

200810273.jpg

この図では、サブプライムローンを取り巻く状況がうまくまとめられている。そもそもサブプライムローン問題が理解できていない人がこの図を見ても理解できないかもしれませんな。しかし理解できている人にはよくまとまっていて参考になる図ですな。こうして見ると、全部が全部馬鹿げていると、今になれば言える。

200810274.jpg

そして、サブプライム問題が金融危機へと発展し、日本にもダメージを与えた。特に不動産市場には大きな痛手で、倒産も相次いだ。相次いだというか、今も相次いでいるという進行形。破綻した上場企業の一覧でも不動産会社が大多数を占める。最大の倒産はご存じアーバンコーポレイション。どのような流れで不動産会社が倒産するのか、分かりやすい図解ですなあ。

200810275.jpg

金融危機はアメリカの金融機関を大きく動かした。業界の再編と言えましょう。アメリカトップの金融機関がいとも簡単に潰れ、吸収合併され、切り売りされる様はまさに圧巻でした。資源高でお金をたんまりつかんだ中東諸国やアジアのソブリンウェルスファンドもずいぶん出資しました。早すぎた感はありますが。図にはないけど、三井住友はGSに出資した。世紀の大投資家ウォーレン・バフェットも動きました。

図では「投資銀行」と書かれているが、投資銀行は無くなってしまった。残ったゴールドマン・サックスもモルガン・スタンレーも銀行へ業態変更したからねえ。残ったのは、シティ、バンカメ、ウェルズ、ゴールドマン、モルガンの5つ。

いやはや、まさに激動といえますな。

しかし問題は、これが完成図ではないということでしょう。これらの図は今まさにぐにょぐにょと書き換えられているわけであって、いつ完成図ができあがるのか、それが投資家の関心事なんですね。完成図は近いとは思うけど。

完成すると金融危機は終わりで、あとは実体経済の悪化、つまり不景気が残るわけですな。

マーケットの歴史
アメリカ サブプライム バフェット 不動産 住宅バブル 倒産 投資銀行 金融危機



2008/10/31 23:11

インフォマートのストック型ビジネスは順調

~ 利用企業数は順調に増加+利用料値上げで期待できる。 ~

インフォマートの第3四半期決算。

平成20年12月期 第3四半期財務・業績の概況(非連結)

成長率こそ低いものの順調な業績といえましょう。

200810311.jpg

Foods Info Martの利用企業数は18063社(前期末比+1030社、+6%)。伸び率は鈍ってきてはいる。EMP事業では純減となった。ASPは順調に新規獲得できている。ここからは利用企業数の大幅アップは見込めないから、どれだけ単価が上げられるかにかかるんじゃないか。

そこで10月からASP受発注システムの利用料金を上げた。具体的には、買い手企業は13000円から18000円へ、売り手企業は25000円から28000円へ(従量制の場合は月間取引の1%から1.1%へ)。率にすると、買い手で+38%、売り手で+12%。相当な値上げですな。

単純計算してみる。買い手企業は538社だから、499社×5000円×12ヶ月=3000万円。売り手企業(全部が定額制を採用しているとする)が約13084社×3000円×12ヶ月=4億7100万円。合計5億円。今期売上予想の18%。これは大きい。

値上げをすると解約する企業が出るのは当然のことで、値上げによる増収と解約による減収のどちらの勢力が強いかで最終的な売上増減が決まるわけです。

解約するのは基本的にはあまりFoods Info Martでビジネスを活発に行わず、解約してもいい企業なわけで、そういう稼働の低い企業を減らすのはある意味、Foods Info Martの質を高めるためには良いことではないかと思うのだが。

いずれにしても、受発注システムを変更するのは面倒なので、解約するのもためらわれるはず。売上増に貢献すると思いますね。しかも、増加分はまるまる利益なわけで、これが出来上がっているシステムを売る強みといえましょう。

ビジネスサービス
インフォマート 有望

2008/10/31 23:11

市場が自分自身を否定したらおしまい

~ これぐらいのいい加減さがいいのかもね。 ~

いいかげんにしてくれませんかねえ。

株価は場で付いている値が時価って決まっている。投げ売り価格は時価としない、というルールを作ることになったが、大人数か参加している株式マーケットは、マーケットで付いている値が時価なんですよ。

東証で付いている値段を東証自身が否定したら、東証っていったい何なんだ?株式市場の冒涜ですな。東証だけじゃなくて、日本の株式市場全部。ま、時価総額基準による上場廃止をしないというだけだからまだ許せるけどね。

どうせなら、投げ売り価格で正常な時価とは言えないから、明日から全銘柄の株価を2倍に修正します、ってしてくださいよ。全銘柄ストップ安確実。。。

2008/10/31, 日本経済新聞 朝刊

東証・大証・ジャスダック、上場廃止の規則凍結、「時価総額」年内いっぱい。

 東京証券取引所は三十日、時価総額が一定額を下回った企業に適用する上場廃止ルールを十二月末まで凍結すると発表した。株価急落で時価総額基準に抵触する上場企業が十月中だけで二十数社出そうなため。

 東証は「市況全般が急激に悪化した場合」に取引所の判断で時価総額基準を凍結できる規定を初めて活用。十二月末までに時価総額が十億円未満になっても猶予期間入りしない。猶予期間に入っている企業は、期間が三カ月間延長される。

 東証は二〇〇二年以降、月末または月中平均の時価総額が一定額未満に落ち込んだうえ、九カ月の猶予期間内に回復しない企業を上場廃止とする措置を導入した。基準額は第一部と第二部が十億円、マザーズが五億円。

 大阪証券取引所やジャスダック証券取引所も同日、時価総額に関する上場廃止基準を十二月末まで凍結すると発表した。

いい加減にしてよ
JASDAQ 大証 時価会計 東証

2008/10/31 23:11

ペガサスミシン製造、中国の輸出急減でダメージ

~ 元高と世界経済の停滞で中国の工場は潰れている。 ~

ペガサスミシン製造の中間決算。

平成21年3月期 第2四半期決算短信

ひどい決算ですな。中国の縫製工場にミシンを売るのが仕事だから苦しいことは想像に難くない。

世界的に景気減速で、中国の衣料品の輸出も前年比で大きくマイナス。これまで人件費の安さだけで賞美してきた中国製造業も、元高と先進国のつまずきで工場閉鎖がじゃんじゃん起きていることはニュースになっているとおり。

そんな所にミシンを売れるわけがないですな。

ただ、このまますんなり中国が世界の工場としての地位を簡単に他のアジア諸国やアフリカ諸国に明け渡してしまうことはないでしょう。世界的に景気が回復すればまた工場も忙しくなるし、中国の内需だって伸びるしかない、人件費が上がっても生産性向上とか品質向上とか、手つかずの部分に大いに取り組んで行くに違いない。

ま、それまではペガサスミシン製造の業績も回復することはないと言えましょう。

米国をはじめ、先進国の衣料品の消費冷え込みにより、縫製メーカーの設備投資意欲の減退が続くものとの見方をせざるを得ず、当社企業グループの工業用ミシンの売上高は当初の予想を大きく下回る見込みであります。

電気機器・精密機器
ペガサスミシン製造 ミシン 中国

2008/10/31 23:11

日本電産のモーターは何なのか

~ モーターは分かるけど、実際にどこでどのくらい使われているのか。 ~

200810312.jpg

日本電産のエントリーを書いたついでに、決算発表資料からデータを少し。なぜかというと、日本電産といえばモーターってなるが、具体的になんなの、どこに使われているの、どういう業界が一番のお得意さまなの、とか、いろいろ分からないと言うか漠然としている点があります。決算資料に分かりやすい円グラフがあったので補足

この円グラフで中型モーターの所が車載モーターのメインなるを思われる。日本電産の計画では今後この部分の伸びを期待している。現状13%だけど2012年には30%ほどに拡大予定。

電気機器・精密機器
モーター 日本電産

2008/10/31 23:11

プロミスの上方修正、消費者金融は底を打ったか

~ サラ金銘柄としては、大手4社を追っかけ、底を打つタイミングを探りたい。 ~

プロミスの上方修正

業績予想の修正に関するお知らせ

いよいよ消費者金融の業績も底を打ったかもしれませんな。利息返還金は基本的に高原状態、ビジネスの縮小も行き着くところまで行き着いた感がなきにしもあらず。

プロミスは三井住友系になったのでその点では安心感がある。

武富士、アイフル、アコムとあわせて見ていきたいですねえ。

銀行・証券・ローン
アイフル アコム プロミス 武富士 消費者金融

2008/10/31 23:11

10月のマーケット暴落で口座開設が急増

~ 普通に考えて投資すれば儲かるのだから絶好のチャンスではある。 ~

ほほう、個人投資家もなかなかやりますなあ。このマーケット暴落で口座を開設する人が急増しているそうですよ。

正直、投げ売り価格なので、今買えば中期的にはほぼ確実に儲かるとは思いますけどね。もちろん、どんな株でもOKってことはないですが、普通に考えて銘柄選択すれば大丈夫と言えましょう。

朝日新聞 2008年10月31日0時33分

この株価ならチャンス? 証券各社に口座申し込み殺到

 歴史的な安値水準に沈んだ株価を目の当たりにした個人投資家から、証券各社に口座開設の問い合わせや申し込みが相次いでいる。「今が買い時」との見方が強まってきたためだ。ただし、既存の投資家の損失は大きく、株価を下支えする力があるかどうかは、相場の先行きと同様に不透明だ。

 「株価の激しい値動きが報道されるたび、新規の顧客からの問い合わせが殺到している」。ネット証券の幹部は驚きを隠せない。

 日経平均株価が26年ぶりに一時7000円を割り込んだ28日、ネット証券最大手のSBI証券には口座開設の資料請求が4500件あった。9月の平均の5倍以上。請求は日経平均が1万円を下回った今月上旬から増加し、バブル後最安値の更新で拍車がかかった。カブドットコム証券でも、28日の資料の請求数は9月と比べて6倍超だという。

 実際の口座の開設でも、楽天証券は10月に入って前月の2倍。大手の日興コーディアル証券でも08年上半期と比べて倍増しているという。

 個人投資家は今、「買い」に動いている模様だ。

 今月第4週(20~24日)の主要3市場(東京、大阪、名古屋)の株式売買では、個人投資家の「買い」が「売り」を3948億円上回った。買い越し額は前週より1千億円膨らんだ。5週間連続の買い越しは、9月下旬からの株価の急落局面でも買いに動いていたようだ。

 三菱UFJ証券の藤戸則弘投資情報部長は「積極的に売買してこなかった個人投資家が、いまの水準を好機とみて動き始めている」という。

 ただし、新しく市場に入った投資家も確実に稼げるとは限らず、既存の投資家が被った傷みはもっと激しい。

 松井証券では、新規口座の開設申し込みが増える一方で、信用取引をしている顧客の評価損は過去最悪の水準。「既存の投資家は身動きができなくなっている」という。(井上裕一)

ちょっとニュース
ネット証券 個人投資家

2008/10/31 23:11

投げ売り価格は時価ではない、時価は自分で決める

~ 金融危機対策として時価を合理的に見積もるルールに変更。楽チン利益。 ~

あまりに金融商品の時価が下がって困るから、時価会計をとりあえずやめましょうよ、って話。理屈としては、今の時価は投げ売り価格であって、とうていまともな時価とは言えないってことですな。まあ、一理はある。

しかしですよ、じゃあ何を時価とするのかといえば、経営者が合理的に計算した価格を時価とするそうで、そりゃなんともいい加減じゃあないですか。そんなコトすれば、投資家には含み損なんて存在しませんよねえ。オレの持ってる株は投げ売り価格であってまともな時価じゃないから、自分で合理的に見積もって買値を時価とする、ってことですな。そりゃいいや。

ところがどっこい、株に関してはそういう時価はダメですよって事みたいです。

ま、ウルトラQというか、ルールなんてあってないようなもので、その時々の都合ででどうにでもなるものですから。大切なのは、そういうものだと心得ておくことじゃないですかね。

2008/10/29, 日本経済新聞 朝刊

投げ売り価格≠時価、金融資産算定で会計基準委指針、先行欧米と足並み。

 時価会計の一部見直しを検討している企業会計基準委員会(ASBJ)は二十八日、時価算定の実務指針を決めた。投げ売り状態となっている金融商品は、経営者が合理的に計算した価格を時価としてよいことを改めて確認した。先行した欧米に足並みをそろえ、日本企業が不利にならないようにする。

 今回の指針の対象は国債、社債、証券化商品など。これらの中には市場の混乱で取引が減り、価格が異常値を示しているものがある。こうした価格は時価とはいえないと判断。金融商品から将来得られる現金収支などを基に算定した価格を時価として認める。

 変動利付国債、物価連動国債なども対象に含む。会計処理の変更が財務に大きな影響を与える場合、企業には時価の算定手法や対象金融商品の種類などの公表を求める。適用は二〇〇八年四―九月期(九月中間期)から可能。上場株式や通常の国債など売買が活発で客観的な価格が付いている商品は、従来通り市場価格を時価とする。

ちょっとニュース
会計 時価会計

2008/10/31 23:11

アメリカ、10月のコンファレンスボード消費者信頼感指数

~ 過去最低の数字で、下げ幅の大きさは過去3番目。景気は弱い。 ~

10月のコンファレンスボード消費者信頼感指数

結果 38.0、 前回 61.4(59.8から修正)

1967年の調査開始以来の最低を記録。前回(前月)からの下げ幅は過去3番目の大きさ。1年前の指数は95.2。

統計・資料・調査
アメリカ 消費者信頼感指数

2008/10/31 22:10

アメリカ、8月のS&Pケースシラー住宅価格・総合

~ 過去最大の下落幅を記録。ピークからの下落率は20%を越えた。 ~

米経済指標【S&Pケースシラー住宅価格】

8月のS&Pケースシラー住宅価格・総合(20都市)

(前年比) -16.6%、前回 -16.3%(-16.4%から修正)

2000年に統計を取り始めてから最大の下落幅を記録。2006年のピークからは20%以上の下落。20都市のうち上昇を記録した都市はゼロ。

前月比(7月比)ではボストンとクリーブランドがプラスを記録。特に、ボストンは5ヶ月連続でプラス。ラスベガスとフェニックスは前年比で-30%を越え、マイアミ、ロサンゼルス、サンフランシスコ、サンディエゴは-25%を越えた。

統計・資料・調査
アメリカ ケース・シラー住宅価格 不動産

2008/10/29 00:12

ダイドードリンコの10月月次を確認。値上げが楽しみ。

~ 月次はイマイチだけど累計はそこそこ。何より来春の値上げが待ち遠しい。 ~

ダイドードリンコの10月月次数字。

平成21年1月期  10月度販売状況 のお知らせ

数字はよろしくない。前年同月比では89.5%と、飲料メーカーとしてはかなりスローダウンしている言えましょう。通常、こういうものはそれほど需要が変化しない。もちろん、季節ごとの気温で売れたり売れなかったりすることはありますが。

第3四半期累計(2月~10月)では96.7%とそれほど悪くはない。

ダイドードリンコで一番気になるのは、来年の値上げですな。

値上げニュースの後株価はぐんぐん上げた。そしてぐんぐん下げた。いずれ値上げで業績は改善することは間違いなし。安くなったところは狙い目です。

食品・飲料・日用品
コーヒー ダイドードリンコ 有望 自動販売機 飲料

2008/10/29 00:12

日本農産工業、協同飼料、流れは同じで2010年度が面白い

~ 原料トウモロコシの価格は下がり、製品価格の値上げをすれば来期が楽しみ。 ~

飼料会社の下方修正。協同飼料と日本農産工業からのプレスリリースだが、中部飼料や日本配合飼料も同じ。経営の巧拙なんてほどんどなく、どの会社の業績も同じように変動する。

日本農産工業

業績予想の修正に関するお知らせ

飼料最大手なので当然向かい風には一番強い。原料価格の高騰で利益が出ない。原料はトウモロコシ。

けどね、トウモロコシ価格は下がっていますね。トウモロコシ価格の下落が即原料価格の下落に結びつかない。タイムラグがある。高値で買ったトウモロコシを使っている間にトウモロコシ価格が下がって、それから安いトウモロコシを買って、原料価格低下につながる。

今期は苦しいにしても、来期は安い原料価格の製品が出せるわけだから利益率は改善しますな。

基金に出す金も少なくて済むはず。飼料会社は製品販売先の経営安定のために基金を作っていて、そこにお金を出さなければなりません。基本的には、製品価格があればあがるほど基金に拠出する金額が増える。製品価格は全四半期比で考える。

結局、どんどん価格が上がっているときは拠出金が増えますね。が、値上がりが止まりさえすれば拠出金は必要ない。高値でとどまってもいいわけ。

来期はそういう状況になりましょう。

中間決算も発表されているので確認。

平成21年3月期 第2四半期決算短信

協同飼料

業績予想の修正に関するお知らせ

規模が小さいだけ原材料価格の高騰の影響が出やすい。赤字に転落ですな。しかし、流れは日本農産工業を同じ。向かい風では赤字になる場合、追い風であればより利益が伸びるというのは当然のこと。

飼料会社は来年が面白いですな。

食品・飲料・日用品
トウモロコシ 協同飼料 日本農産工業 飼料

2008/10/29 00:12

日本電産の好業績、子会社株買い増しに思う

~ 親子上場は反対だけど、子会社株の買い増しはマーケットに文句を言っている。 ~

日本電産の中間決算。

平成21年3月期 第2四半期決算短信〔米国会計基準〕

いやはや、なんと強い決算じゃございませんか。株価は暴落していたので決算発表で急騰していますねえ。日本電産が優れた企業だって事は分かるけど、それにしたってモーター需要は世界景気がおかしくなっていてもこんなに強いんですな。

正確には、需要はそれほど強くなくて、売上は微増か。コストコントロールで利益を捻出したという事か。

そんなことは実はどうでもいいんだが、一番気になったのは、子会社株式の買い増しである。

日本電産サンキョー株式会社株式買い増しに関するお知らせ

日本電産コパル電子株式会社株式の買い増しに関するお知らせ

日本電産サーボ株式会社株式の買い増しに関するお知らせ

日本電産リード株式会社株式の買い増しに関するお知らせ

ちなみに、上記の子会社全てが上方修正している。

当社子会社4 社の平成21 年3 月期第2四半期業績予想の修正に関するお知らせ

日本電産が主張したいのは、マーケットは間違っている、株価は安すぎですよ、って事だと思えて仕方ない。

ところで、日本電産系の企業は沢山上場しているが、どうせなら完全子会社かして上場廃止にして欲しいですな。親子上場は反対です。

電気機器・精密機器
日本電産 親子上場

2008/10/28 23:11

日清ホールディングで気になるのは農薬混入の影響

~ 業績修正、原料価格の下落、値上げ、そんな事より今は食の安全。 ~

日清ホールディングスの上方修正。

業績予想の修正に関するお知らせ

上方修正とはいっても、前期比ではマイナス成長。見方によっては横這い。

売上が減額修正されたのはちょっと意外だった。値上げが確か4月か5月にあって(その後もう一回あったかな?)、値上げした月と翌月は売上がガクンと落ちていることは既に発表資料で確認済み。その後、消費者は値上げの痛みを忘れるか、忘れないでも慣れてしまうのでまたラーメンを買い始めて、売上は元に戻った。

そういう事で、売上はほぼ横這いぐらいは期待できたが、前期比でそれなりに減収。予想以上に消費者の節約指向は強いですなあ。

一方、利益はずいぶんプラス。もちろん値上げによる原価率の改善がもろに効いているわけだが、値上げでこんなに儲かるなら売上が減ってももっと値上げして利益率を高めればとか思ってしまう。それで一時的に利益が郡と上がるのは間違いない。がしかし、そんな無茶したらいずれラーメン需要は尻つぼみになって自らの首をしめることになりましょう。

通期の修正は今のところ無し。

気になるのはやっぱりカップヌードルへの殺虫剤混入の影響ですな。カップヌードルと防虫剤なんかを一緒においておくと、臭いが移るという。そういう苦情がずっとあった。そして、臭いが移ったレベルではない薬剤の混入。工場でちょんぼがあったとは思えない。事件じゃないのか。

業績への影響が気になる。やっぱりこういうことがあるとカップラーメン買わなくなりますか?個人的には気にしない、というか、工場での混入はないと思っているので大丈夫と考えるけど、世間の人はそうは考えないだろうかねえ?

株価は暴落しているので影響ありと読んでいるのか?マーケットがこんなんだから、少しでもネガティブなニュースには株価は反応しすぎるので、ただ過剰反応だけなのか?つい先日、ピザにメラミンが入っていたサイゼリヤの株価はストップ安からそれなりに戻しているので、同じ流れにならないか。

食品・飲料・日用品
ラーメン 日清ホールディング

2008/10/28 23:11

クスリのアオキの月次で調剤薬局業界を確認する

~ 調剤部門は全店、既存店共に順調に推移していることが分かる。 ~

クスリのアオキ、10月月次の数字を確認。

平成20 年10 月度 月次営業速報に関するお知らせ

ドラッグストアとしては興味がない。ドラッグストアは今後ある程度の規模がないと生き残れないと思っている。クスリのアオキはとてもじゃないけど生き残れる規模ではない。しかしイオン系なのでいずれ他のイオン系ドラッグストアに吸収されて丸く収まるのではないかな。

興味があるのは、調剤薬局部門がどうなているか。全店、既存店とも売上は順調に推移。前年同月比で、全店は114.6%、既存店は113.5%。

調剤料とか薬価の引き下げがあるので、利益がどこまで伸びているかは、いかにうまく経営するかにかかっている。別にクスリのアオキに興味があるわけじゃないので、そんなことはどうでもいいんですな。

大切なのは、クスリのアオキの調剤薬局が好調なのだから、大手の調剤薬局の売り上げは少なくとも同様に好調と判断しても良さそうと言うこと。アインファーマシーズとか日本調剤ですな。

とりあえず、調剤薬局業界はじわじわ成長している。

医薬品・医療品・調剤薬局
イオン クスリのアオキ ドラッグストア 調剤薬局

2008/10/28 23:11

タカラレーベンとアーネストワン中間決算

~ 何となく信頼感のあったアーネストワンも赤字に転落。 ~

タカラレーベンとアーネストワン。

タカラレーベンの中間決算。

平成21年3月期 第2四半期決算短信

減収減益ではあるものの、黒字を確保してはいる。減損がほとんどないので、これからドカンと来るのか、減損しないのか、それとも本当に減損すべき不動産を持っていないのか。タカラレーベンだけが飛び抜けて不動産の目利きに優れているわけでも無いのだろうから、減損はあるべきでしょうな。

アーネストワンの下方修正

業績予想の修正に関するお知らせ

巨大な減額で赤字転落。売上の修正は小さいけど利益の修正幅は大きい。その理由は2つ。

売れないので販売価格を下げたこと。分譲戸建てにしてもマンションにしても、値引きの広告ばかりが目に付くこの頃、販売価格を下げているのは何もアーネストワンだけではないですねえ。販売価格を下げても計画していた売上戸数には届かず。苦しいですな。

完成在庫に引当金を積んだことも減額の理由。完成在庫はいずれ大きく値引きして売るしかないのだろうから、まあ引き当ては当然といえましょう。完成していない在庫は減損とかしていないのか?

大赤字で無配転落。

平成21 年3月期 配当予想の修正に関するお知らせ

なんとなくアーネストワンは堅調に推移してくれそうなイメージがあったが、やはりイメージでしかない。どこの不動産屋も同じですな。あと、ゴールドクレストは堅調にやってくれそうなNo1だけど、さてどうでしょうねえ。

不動産・マンデベ・流動化
アーネストワン タカラレーベン マンション 不動産

2008/10/28 01:01

2004年と2008年のマンションは同じ状況なのか

~ 不動産ファンドがマンションの買い手として機能していない事以外は同じ。 ~

日経NBオンラインのこの記事。2004年3月15日のものが再掲されているのだが、まさに今のマンションマーケットと同じじゃないですか。

マンション大異変、驚愕の新築物件投げ売り現場を行く

途中まで読んで、あれ?2004年の記事はどこかで終わってたかな?途中から今の話しになったかな?というように感じて、区切れを探して前ページに戻った。それだけ、この話が今の不動産マーケットに似ているって事ですな。

ひとつ大きく違うのは、当時は不動産ファンドが有力な買い手だったこと。今、不動産ファンドは虫の息でそんな余裕はさらさら無い。

で、記事の最後の法に、「マンションの2005年問題」というセクションがあって、2005年~2006年のマンション大量供給で需給が悪化し、大量の在庫が残ってしまうという予想というか噂をまとめている。

実際にどうなったかと言えば、そのころマンデベ各社は我が世の春を謳歌していた。

ってことはだよ、それを今に当てはめれば、2010年か11年以降ぐらいからマンションは上向くことになる。果たしてどうなるでしょうかな。

マーケットの歴史
ファンド マンション 不動産

2008/10/28 01:01

バンクテック、書類をアナログからデジタルへ変換

~ こんなに好業績で見通しも明るいのに株は安い。要調査。 ~

バンクテック・ジャパンってなんの会社ですか?いままで見たこともなかったが、ブッちぎりの好決算を出しているじゃないですか。

平成20年12月期 第3四半期財務・業績の概況(非連結)

アナログ書類を画像処理してデジタル書類にする事業ですね。こんな流れはもうずっと続いているとなにげに考えていたが、そのためのハードやソフト、システム、ワークフロー、コンサルティングなどを行っている。時流に乗っていると言えましょう。

確認や審査、情報管理、そういうことはJ-SOX法なんかもあってどんどん厳しくなるわけだし、効率化の観点からも書類のデジタルかは進みますな。

そういうビジネスモデルを別にしても、業績の伸びは凄まじいですねえ。MBOした2002年から数年は売上、利益が伸びていないが、これはMBO後の体制を整える部分であったり、アメリカ・バンテック社との契約に関わる費用消却が大きかったのがある。

受注残は豊富。月次で売上、受注、受注残を公表しているので業績の見通しがはっきりしているのが良いですね。

月次売上高・受注等の状況(2008/10/16更新)

名前はバンクテックで、もともとは銀行なんかの金融機関を主な顧客と指定のだろ受けど、現在のポートフォリオは金融関係が多いにせよ、他業種の顧客を持っている。このぐらいの規模の調子が良い会社は、売上の大部分が数社向けだったりする危うさがあるけど、バンクテックはそういう部分が無い。

業績が伸びるのと同時に財務が改善している。営業キャッシュフローが贅沢で、借金の返済が進み、長期前払費用(アメリカ・バンクテックとの契約に関するもの)の償却が進んでいるのがその原因。伸び盛りの企業は、売上と利益は伸びるけど、売掛金と在庫、借金も伸びて、営業キャッシュフローがマイナスというケースが多い。その点、バンクテックは優秀ですな。

株価をチェックしてみる。

あれ?安いな。

3Qですでに通期予想を超えているのに上方修正されなかったから?いや、そもそもにして株価水準が低すぎないか。10月に入ってからの急落を除いて、9月の株価水準でも考えても安すぎないか。いやいや、6月の高値だって全然買われているうちに入らない。

なんだか久しぶりに安い成長株を見た気がした。

もう少しいろいろと調べてみる必要がありますな。

ビジネスサービス
J-SOX バンテック・ジャパン 有望

2008/10/28 01:01

日清オイリオ、大豆価格の下落と値上げで好業績

~ 原価低減と売上増が同時に進行する状況は強い。 ~

日清オイリオの上方修正。

業績予想の修正に関するお知らせ

食用油の原料は菜種とか大豆。大豆の価格はご存じの通り、暴落と言っていい。連れて、日清オイリオの業績はグングン伸びていく。原料価格が下がって、値上げで売上が伸びて、願ってもいない状況ですねえ。

食用油の需要は基本的に横這い。景気が悪くなっても良くなっても、油の使用量は変わらないからね。日本の人口減少はマイナス要因ではあるものの、そこまでのマクロは油メーカーの株価に織り込まれようもないですな。

需要に関しては、買い控えも起きている様子はあるにはある。原料価格が下がったわけだから、いずれ製品価格も下がる。そういう所を見越して、ちょっと購入を遅らせているということもあるらしい。そうは言っても、油の在庫を何年分も抱えている需要者はいないわけで、意味は無いと言えましょう。

通期では修正無しだけど、いずれ上方修正されるのは確実。株価はいまいち苦しい展開ですが、回復するときは早いと思いますねえ。

食品・飲料・日用品
大豆 日清オイリオ

2008/10/28 00:12

アサヒプリテック、結局は金価格とドル円相場

~ 貴金属のリサイクルはますます進む、が、結局は金価格次第。 ~

アサヒプリテックが大きな下方修正を発表。

業績予想及び期末配当予想の修正に関するお知らせ

事業としては好調なのだが、いかんせんこのところの金価格の下落で在庫に持つ金の評価減を計上。先物なんかを使ってヘッジしているわけだけど、急激な金価格の変動にはどうしてもついていけない。なんだかんだ言って、結局は金価格に連動する株と考えれば間違いないよねえ。

肝心の金価格だけど、高値からは30%下げている。通常、景気が悪いときなんかは金に資金が逃避するものだが、そういう状況になっていない。特に、金融がボロボロで、安全な場所にお金は流れていくはずなのに、金価格は下げているわけですな。

もちろん、ドル高は金価格の下落になるけどねえ、天秤に掛ければ安全性が今は優先されるように思うのだが。

東証に金価格連動のETFが上場されたが、それなりに取り引きされている。円高の今、円建ての1326は下げ幅が拡大する。これは仕方ないですな。逆に言えば、円安と金価格の上昇が同時に来れば、1326にとってはダブルで追い風になります。

そういうときが来るんじゃないですか。

市況株
ETF アサヒプリテック

2008/10/28 00:12

古河電池、ハイブリッドカーへの供給はまだ先

~ 業績は伸びているが、値上げが貢献している。株価急騰はお手つき。 ~

古河電池の上方修正。

業績予想の修正に関するお知らせ

業績が急拡大している古河電池。中間期のみの増額だが、いずれ通期も増額されてくる日がいない。自動車用のバッテリーは昨年末に25%程値上げされ、それがフルに効いていますな。

株価は6月に1500円以上まで暴騰し、今は500円を割れている。値頃感から買いたくなるかもしれないが、やめたほうがいいんじゃないか。

自動車用バッテリーというと、ハイブリッドカーに使われる電池をイメージして、将来がキラキラ輝いて見えるかもしれない。実際には、古川のメインは所謂バッテリーで、あの重たい四角い電池なわけです。

古川もそういう所に力を入れているのは間違いないんですよ。でもね、それが急速にぐぐぐぐっと伸びていくという状況ではない、今は。全然先の話しですな。

1500円越えの株価は、期待のみで買われた投資家のお手つきと言えましょう。

新エネルギー・環境
ハイブリッドカー 古河電池 燃料電池

2008/10/28 00:12

ジョインベスト、約定通知が丸一日遅れる

~ 約定が丸一に送れたのではどうしようもない、というかあり得ない話しです。 ~

野村証券のインターネット証券部門、ジョインベストがちょんぽ。14日の大量注文で、顧客への約定通知が丸一日遅れたと。丸一日。。。そりゃないよねえ。

「事務作業に時間がかかったため」とあるけど、事務作業って何よ?システムが自動でやってるんだから事務作業は無いんじゃないの。普通、事務作業といえば人手を使ってマニュアルでやることのような気がするが、システムがする作業も事務作業なんですかね?

日経新聞より

ジョインベスト証券、通知遅れの約定取り消しも

 野村ホールディングス傘下のインターネット証券であるジョインベスト証券(東京・港)は25日、顧客に取引が成立したことを通知する作業が遅れていた問題で、約定した取引の取り消しを含む顧客対応策をまとめた。トラブルは株価が急騰した14日に発生。通知が遅れた結果、取引機会を失った投資家から不満の声が出ていた。

 対象となる取引は225銘柄で、件数は1000件超とみられる。取引金額の合計は明らかにしていない。ジョインベストは「顧客ひとりひとりの要望を聞いたうえで、誠実に対応する」としている。希望者には約定した取引そのものを取り消し、顧客が売買した代金の返還に応じる。

 14日は大量の注文が入り、事務作業に時間がかかったため、顧客への通知が丸1日以上遅れた。ジョインベストは25日になって「不手際を起こし、多大な迷惑をかけた」と公式に謝罪した。

いい加減にしてよ
ジョインベスト 野村証券

2008/10/28 00:12

東証の手数料体型変更はデイトレにマイナス

~ 注文件数に応じて課金するのはシステム負荷の観点からは真っ当です。 ~

東京証券取引所が手数料体型を変える。これまでは売買代金をもとに手数料を徴収していたが、これからは注文件数に応じて手数料を課すシステムに変更する。一応、目途としては、次世代売買システムが導入される2010年を目途に。

売買代金の大きさなんて基本的にシステムの負荷には関係ない。これまでは売買代金の大きさ=取引者の大きさ、という前提でもって、デカイ所に多く課金してきたわけですな。それが、アルゴリズム売買とかシステム売買が発達して、規模の大きい投資家も小口注文を莫大に出すようになった。

加えて、個人のインターネット取引が浸透した。

注文件数は急増してシステムの負荷は劇的に高まったわけです。数年前、ライブドアが健在で相場が絶好調だった頃、注文件数が増えすぎてシステムが絶えきれず、東証全体で取引停止になることがありましたねえ。ああ、懐かしい。

注文件数で手数料が決まるとなると、個人投資家の負担が増える可能性は高いですな。特にデイトレやスイングトレード何度の頻繁に売買する手法を使う人は困るかもしれない。

システム負荷の観点からはそのほうが公平ではありますな。

ちょっとニュース
デイトレ 東証

2008/10/28 00:12

ノエル、決算発表の延期は危険のサイン

~ 監査が長引くのは通常何か問題があるから。どうなることやら。 ~

ノエルが決算発表を延期。

2008/10/25, 日本経済新聞

 東証二部上場の不動産会社のノエルは、二十四日に予定していた二〇〇八年八月期決算の発表を延期した。監査法人の会計監査が長引いており、同日までに終了しなかった。ノエルは「来週中にも早急に決算を発表したい」(企画・広報グループ)としている

ありゃりゃ、ついに逝ってしまうのか。。。。

不動産・マンデベ・流動化
ノエル

2008/10/26 23:11

総和地所、原弘産、センチュリー21・ジャパンの中間決算発表

~ 不動産メーカーとフィーコレクターと、同じ不動産関連でも全く別物です。 ~

不動産各社の中間決算をまとめて。

総和地所

中間決算を発表。

平成21年2月期 中間決算短信

まずは9月13日の前々回エントリーと9月26日の前回エントリーを読むと流れがつかみやすい。

大赤字でいよいよ債務超過。予想通りの展開といえましょう。通期も赤字計画で債務超過は続きそう。もちろん、継続疑義の注記付きですな。

売上原価は94%とまさに投げ売り。とにかく現金が欲しくてたまらない様子が分かるというものです。マンションを売るには広告宣伝しないとどうにもなりませんが、広告宣伝費は4.3億から1.6億へ激減。そんな金は無いって事ですな。

具体的にモデルルームへの来場者が-30%と書かれている。他社でもあまり説明されない数字だけに興味深い。

棚卸資産は総資産の97%を占める。前期末は91%。金額的には110億から56億へ半減させた。頑張りましたな。

有利子負債割合は79%。前期末が64%。

時価総額はたったの1億で、当然これは上場基準に抵触していますな。第三者割当で新株を発行して2億ほど調達しようとはしているものの、実行されるのかどうか、かなり疑問が残ります。ちなみに、発行株数は発行済株数の3倍。めちゃくちゃですな。市場からの退場は目前といえましょう。

原弘産

中間決算を発表。

平成21 年2月期 中間決算短信

大赤字。通期ではもっと大赤字を予測。

不動産事業は77億円売って7億の営業損失と、どうにもならない状況ですな。

気になるのは風力発電。中国での累計受注は202基、国内でも30基ぐらいあり、韓国でも受注している。しかし、受注するばかりで一向に製品が出来上がってこない。当然売上も上がらない。いい加減に製品を出荷してキャッシュを得たい所じゃないですか?そうでもしないといよいよ資金繰りが厳しくないですか?

センチュリー21・ジャパン

中間業績を発表。

平成21年3月期 第2四半期決算短信(非連結)

前期比では減益減収ながらも、なかなか底堅い決算ですなあ。底堅いというか、サービスフィーというストック型収益が中心なので、安心感がありますねえ。

加盟店数が796と前期と全く同じ。仮名店数が伸びないことには業績の拡大も望めません。不祥事の影響なんかもあって加盟店開発が進まなかったのかもしれませんな。もちろん、景気が悪ければ不動産売買も細るので、手数料収入は当然減ります。

そうは言っても、マンデベや流動化をしている不動産屋とは違って、ブランドに対するロイヤリティー収入と加盟金が主であって、安定感は抜群といえましょう。

配当利回りが6%と高水準。買っても良い水準ではないですか。

不動産・マンデベ・流動化
センチュリー21 不動産 原弘産 総和地所

2008/10/26 23:11

格付引き下げ、日本レジデンシャル投資法人、日本コマーシャル投資法人

~ パシフィック系の2REITが揃って格下げ、パシフィックの信用がないわけだ。 ~

パシフィック系REIT2つが格付を引き下げられる。

日本レジデンシャル投資法人

ムーディーズから格下げを食らう。先行きもネガティブで引き下げの方向だから、今後さらに格付が下がることも覚悟したいですな。

日本レジデンシャル投資法人の格付け見直しについて

格付が下げられることで問題なのは、資金調達が難しくなると言うこと。現状、不動産屋にとっては資金繰りが全てですからねえ。一応、日本レジデンシャルの認識としては、まあ大丈夫なんじゃないかと言うことですが。

円滑に資金を調達すべく、現在、金融機関と協議しております。上記ムーディーズの公表書面においても、本投資法人は主要銀行との良好な関係を維持していると評価されております。

ここ数ヶ月の物件稼働率もついでに開示されていますな。

95.6%(2008/6月) → 95.1%(7月) → 94.7%(8月) → 94.4%(9月)

順調に稼働率を下げている。どうせなら1年分ぐらい開示して欲しいと思うのは私だけ?

日本レジデンシャルは高配当利回りなREITの中でも超高配当利回りで、倒産してしまうのではないかという危惧が最も高いREITの一つといえましょう。その前にパシフィックがだいじょうぶなのだろうかね?

上の日本レジデンシャル同様、スポンサーはパシフィック。格下げも同様。

ムーディーズ・インベスターズ・サービスによる 本投資法人の格付け見直しに関する見解のお知らせ

格付の引き下げには甚だ遺憾のようですな。プレスリリースの中でわざわざ下線を引いて強調しています。

日本コマーシャルは日本レジデンシャルと配当利回りの高さでREIT銘柄トップを競っている。投資家は危ないですな、この2つは。パシフィックもね。って考えているわけです。

下線までひいといて、まさか倒産なんてしないでしょうねえ。

不動産・マンデベ・流動化
REIT 日本コマーシャル投資法人 日本レジデンシャル投資法人 格付

2008/10/26 23:11

新日本建物、アールシーコア、日本エスリード、明和地所の下方修正

~ 各社揃って下方修正。今の不動産マーケットで上方修正は期待できない。 ~

不動産各社の業績予想修正をまとめて。

新日本建物

下方修正を発表。

平成21年3月期(連結・個別)第2四半期累計期間及び通期の業績予想の修正に関するお知らせ

流動化予定の物件が顧客の資金繰りの問題で売れなくなった。マンションについても計画通りに売れていない。そういうわけで大きめの減額となりました。

新日本建物の大株主はダヴィンチアドバイザーズで、6月には南池袋プロジェクトというのも発表された。これに関しては竣工が2011年だが、総事業比は350億と大きい。ぽしゃったりしないよねえ。

アールシーコア

下方修正を発表。

業績予想の修正に関するお知らせ

最近では自宅をログハウスにする人も増えてきたとは言え、まだまだ少数派。極めて少数派と言えましょう。やっぱり、別荘として自然豊かな中に立てるという需要がほとんどですな。アールシーコアとしては、街中でもログハウス風で良いですよ、と主張して売っていきたいんだが、なかなか難しい。

となれば、景気の善し悪しはログハウスの需要に直結しましょう。景気が良くないと別荘買おうなんて思いませんから。

アールシーコアには厳しい前途が待っている。ま、不動産屋は全部同じだけど。

日本エスリード

下方修正を発表。

平成21 年3月期(連結・個別)業績予想の修正並びに役員報酬の減額に関するお知らせ

減額で中間期は赤字に転落。通期ではかろうじて黒字を確保するつもりだけど、赤字になる確率はかなり高いですな。

マンションの販売価格については、はっきりと値下げして売ります、と説明してる。

確実に販売を促進するため、業績予想の前提となった想定価格から、発売前にもうワンランク販売可能な価格に引下げを行なう

高財務を生かして第1四半期までには積極的に仕入をしているけど、いよいよ苦しいか。株主資本は厚いので倒産の心配はないのがせめてもの救いといえましょう。

明和地所

下方修正を発表。

業績予想の修正に関するお知らせ

とりあえず中間業績だけ減額しているが、通期でも減額されると考えた方が間違いない。 買い手不在の中に換金売り案件が並ぶ結果、需給バランスと不動産の本来有する流動性が低下し、不動産価格の特定が客観的に難しい環境が続いております。

まさに今の不動産マーケットを1行で説明していますなあ。

明和地所は販売価格を維持しているという。周辺で大きな値下げが続く中で、と断りながらですよ。強気ですな。その結果、販売期間が長期化。特別余裕があるとも思えないのだが、これから投げ売りしていくのでしょうかねえ。

不動産・マンデベ・流動化
アールシーコア 不動産 新日本建物 日本エスリード 明和地所

2008/10/25 23:11

サイゼリヤでウソを付いて返金してもらう人々

~ サイゼリヤを3件回ってピザを食べたとウソを言い返金してもらう高校生。 ~

サイゼリヤのピザにメラミンが入っていて、サイゼリヤは返金に応じることにした件について。前回のエントリーも参照。

サイゼリヤが言うとおり、まさに「お客様の良心を信じるしかない」状況ですな。まあ、高校生なので軽い気持ちだったのかもね。とは言っても高校にもなれば常識も持ってるはずですわな。

朝日新聞 2008年10月25日19時55分

「ピザ食べた」とウソ、返金だまし取る 千葉の高3男子

 イタリアンレストランチェーン「サイゼリヤ」(本社・埼玉県吉川市)で販売されていたピザから有害物質メラミンが検出された問題で、千葉県立高校3年の男子生徒が「ピザを食べたので代金を返金してほしい」とうそをつき、同県八千代市内の3店から計約3600円をだましとっていたことがわかった。生徒は八千代署に相談し、23日に謝罪して返金したという。

 同署やサイゼリヤ本社によると、生徒は21日、各店を訪れて代金をだまし取った。生徒がその内容をインターネットの掲示板に書き込んだため生徒の高校に問い合わせが相次ぎ、問題が発覚したという。サイゼリヤは「わざわざ謝罪に来てくれたので」として警察には届け出なかったという。同社は「返金はおわびの気持ちで始めたことなので、お客様の良心を信じるしかない」と話している。

いい加減にしてよ
サイゼリヤ メラミン

2008/10/25 23:11

アメリカ、9月の中古住宅販売戸数

~ 9月の数字は意外と強いが、販売戸数の40%以上が差し押さえ物件。 ~

全米不動産協会(NAR)

アメリカ中古住宅販売件数(9月) 518万戸 前月比+5.5% 前年同月比+1.4%

住宅の中間価格 $191,600 前年同月比-9.0%

販売戸数の40%が差し押さえ物件

統計・資料・調査
アメリカ 中古住宅販売戸数

2008/10/25 23:11

夏目監査法人、業務停止命令を受ける

~ 業務停止命令を受けるような監査法人を使っている企業はクサイ。 ~

金融庁は夏目監査法人に業務停止命令を出しました。

監査法人及び公認会計士の処分等について

セタ、って懐かしい名前ですなあ。1ヶ月の業務停止と公認会計士2名の業務停止が3ヶ月。

  • 公認会計士 菊池 浩 (登録番号:12796号 住所:東京都江戸川区)
  • 公認会計士 茨木 純一(登録番号:15793号 住所:東京都品川区)

現在、夏目に監査をしてもらっている企業は3社。

  • 6476 富士テクニカ
  • 6495 宮入バルブ製作所
  • 7845 ハイビック

宮入バルブは今さら言うこともありますまい。他の2社もクサイ会社の仲間入りと言うことで。。。

クサイ会社・エグイ企業
ハイビック 夏目 宮入バルブ 富士テクニカ

2008/10/25 23:11

信越化学工業が大バーゲンだと思うんだけど

~ 超優良企業をマーケット暴落時に買っておくのは賢い投資です。 ~

信越化学工業の中間発表。

平成21年3月期 第2四半期決算短信

この会社についてあれやこれや考えたことがない。こういう優良な大企業というのは考えるだけ無駄だと思っているわけですね。例えば、トヨタの財務諸表を眺めてああだこうだ分析しても仕方ないし、武田薬品の業績予想を自分なりに考えてみても意味がないってこと。

そういう企業の場合、よってたかったアナリストが企業分析して業績予想を立てているわけで、そのコンセンサス数字を使うのが現実的です。

信越化学も超が付く優良企業だと思っているので、企業としてダメって事はない。ちょっと考えるのは世界的な景気の動向とか、アナリストの業績予想とか、過去の株価のバリュエーションとか。そういうことをざっと考えて、あまりに安すぎれば投資対象として面白いのではないかと。

優良企業というのは、あまり投資的には面白くない。なぜなら、業績は安定的に伸びるわけで、株価もぶっ飛んだりブッ壊れたりしないので儲からない。そりゃあ、新興企業の業績が売買になっていく会社の方が面白いですな。

ところが、今のマーケットでは超優良企業が信じられないほど売られたりする。信越化学も売られ過ぎじゃあないですか?今期はほぼ業績予想は達成する。来期が問題で、株価が言うとおり利益半減ぐらいの減益になるのだろうか?

信越化学は過去10年以上増益を続けている。四季報CD-ROMでは10年分の業績しか見られないけど、多分もっと長いこと増益でしょうな。2000年~2003年ぐらいの、どこの会社も業績が厳しかった時期も増益で乗り切ってきたわけです。

だからといって、世界に不景気風が吹く状況で、来期も増益を続けられない?

個人的には、ほとんど何の根拠もなく増益になると思う。どこかで聞いた話だけど、信越化学が優良企業である理由の一つは、その数字あわせの技術というか、利益コントロールにあると思う。

つまり、あれ100億ぐらい利益が未達になりそうじゃん、ってなると、ちょこちょこっと工場での生産をコントロールしたりすることで簡単に利益を生み出せる体質と言うこと。逆に言えば、あれ500億も余分に儲かりそうじゃん、ってなると、償却を加速させたり、生産を調整したりで、300億ぐらいを来期に残しておく事ができる。

それはもちろん、粉飾決算とかそういう類の違法なものではないですよ。あくまで生産コントロールだし決まりに沿った会計なんですね。

そういうことで、多少利益が出なさそうでも何とか増益になるんじゃないかと勝手に持っているわけですな。仮に、100歩譲って、今期決算発表時に減益予想が出てきたとしよう。

2009年が減益は痛い。でも2010年はどうなのか。業績は回復すると強く信じられる。真っ当な理由なんかない。でも信じられる。

で、現在の株価が3800円。PER8.2倍。PBR1.1倍。配当利回り2.6%。過去10年のPERレンジは15倍~30倍。時々40倍近くまで上がったり14倍ぐらいまで下回ったりという具合。

まさに大バーゲンなのではなかろうか。

化学銘柄
信越化学工業 有望

2008/10/25 22:10

東急不動産の減額修正

~ 下方修正の理由はいつも通りの内容。 ~

東急不動産の下方修正。

業績予想の修正に関するお知らせ

マンションが売れない、販売が長期化、価値が下がって評価損。流動化物件はマーケットが厳しくて売れない。売れてもたたき売りで利益は出ない。

どこも同じ状況です。

とりあえず通期は修正されていないけど、中間発表時に下方修正されるのは確実でしょう。

不動産・マンデベ・流動化
不動産 東急不動産

2008/10/25 22:10

ストリームの株主優待

~ 株主優待利回りが4.3%、配当利回りが0.9%、総合利回りが5.1%。 ~

ストリームが株主優待を新設。

株主優待制度の新設に関するお知らせ

1株で3000円券を1枚もらえる。ECカレントは楽天市場では安いほうなので、何か検索するとよく出てくる。

株価は7万円なので優待利回りは4.3%。配当は600円で利回り0.9%。あわせて5.1%。昨年の2月に上場して以来下げ続けていた株価は漸く止まった感がありますな。PERも9倍とこなれてます。

優待好きで電気製品好きにはいいかもね。

株主優待
ストリーム 株主優待

2008/10/25 20:08

日本食品化工の上方修正、トウモロコシ銘柄

~ とうもろこしの値下がりで恩恵を受ける銘柄。飼料各社も同じ。 ~

日本食品化工の大幅な上方修正。

平成21年3月期第2四半期累計期間及び通期業績予想の修正に関するお知らせ

中間の数字。売上339億→360億、営業利益7億→20億、経常利益6億→19億、純利益4億→11億、EPS15.44円→42.67円。

通期の数字。売上651億→687億、営業利益6億→27億、経常利益4億→25億、純利益3億→14億、EPS10.57円→54.86円。

修正幅の大きさが分かりましょう。

前期比では、売上+24%、営利6.3倍、経利10.7倍、純利5.5倍、EPS5.5倍。まあ、前期は業績が思いっきり落ち込んだので、比較しても仕方ない。しかし、過去10年で最高の売上、利益を上げることになる。

この会社は飲料向けに糖化品を作っている。簡単に言えば飲料用の砂糖。今夏は猛暑で飲料が売れたって事もあるが、一番大きいのは値上げと原料価格の下落。

糖化品の原料はトウモロコシだけど、知っての通りトウモロコシ価格はコモディティバブルで爆発的に騰がった。そのバブルははじけ、今はずいぶん安くなっている。このトウモロコシの値下がりは、即原料価格の下落には結びつくわけではなくて、時間差を伴う。だから、中間業績の上方修正には原料価格の下落は含まれていないとみて良かろう。

トウモロコシを使う会社としてはやっぱり飼料会社をまずは考えたいですな。

飼料各社の業績は悪いけど、これは原料高を製品価格に転嫁できていないため利益率がかなり低下しているため。トウモロコシ価格は下落したし、値上げも少しずつ通っていくのでいずれ利益は回復してくると言えましょう。

食品・飲料・日用品
コモディティ トウモロコシ 日本食品化工 飼料

2008/10/25 19:07

サイト売買サイトを買収するGMOインターネット

~ 売られているサイトの価格は本当にそれだけの価値があるのか難しい。 ~

Webサイトの売買がどれぐらい盛んなのか分かりませんけど、そういう売買を仲介するサイトは結構ある。サイト売買実績No1を謳っているのはSiteM&A.jp。このサイトをGMOインターネットが買収する。

Webサイト売買事業に係る事業譲受けに関するお知らせ

SiteM&A.jpの売上規模などはプレスリリースには書かれていない。SiteM&A.jpを運営するのは株式会社バトラァーズ

売りに出されているサイトは大量にあるわけだが、一番安いもので40万、最高値は1億5千万円。その内容をちょっと見てみる。

40万のサイトは特定のコンタクトレンズ販売+海外個人輸入代行サイトで、コンタクトレンズの通販+海外個人輸入代行サイトへのリンクと言う内容。

まず不思議なのは、コンタクトレンズは医療機器で、医師の処方箋がないと買えませんな。で、よく分からないけど、コンタクトレンズを売るのはその処方箋を見て売るわけだから、それなりの資格が必要ではないのか?薬剤師みたいな。

しかし、このサイトにはそういう説明はない。コンタクトレンズ販売店へのリンクなどでアフィリエイトってことなんだろうか?しかし、月間売上が63800円で、月間経費が50100円、粗利は25%弱です、って説明があるんだから、直接コンタクトを売っていると思われますなあ。

まあ、そういう所は気にせず、とりあえずはこのサイトを買った人はコンタクトレンズを売ることができるとしましょう。

それと海外個人輸入代行のアフィリエイトで、売上の20%が報酬になるという。

で、結局、このサイトを40万で買ったら儲かるの?これが投資家としては一番気になるところですな。

説明によれば、コンタクトの利益が2万5千円、個人輸入代行アフィリエイトの利益が2万円、合計4万5千円の利益がある。サイトは40万だから9ヶ月で回収できる。

しかもこのサイトの更新等にかかる時間はあまり必要なくて、商品(コンタクトレンズ)の入れ替え作業ぐらいだという。コンタクトレンズは毎週とか毎月新しくなるものでもないのだから、1年に数回ぐらいの頻度なのか。

ショッピングカートを使っているので、受注作業は自動だし、受注メールなども当然自動化されていましょう。それじゃあ、後は発送業務ぐらいしかない。商品を箱に詰めて送る。めちゃくちゃ楽そうですな。

サイトはPerlで作られているので、Perlの知識は必要でしょう。

なんかボロ儲けじゃないですか?とてーも儲かる話に聞こえるんですがね。というか、本当にここに書いたとおりならズバリ買いじゃいないですか?だけど、そんな儲かるサイトがあれば、なぜ売っちゃうんでしょうか。あと10ヶ月間は今の売上、利益が維持できそうにないのか?しかし、サイトの開設は今年の3月。あと10ヶ月も持たないほどサイトの寿命は短いのか?

ということで、実際買ってみたいと何とも分かりようもない。興味がある人は是非。。。

1億5千万円の占いポータルサイトはもう面倒くさくなったので詳細割愛。

消費者サービス
GMOインターネット アフィリエイト サイト売買

2008/10/25 19:07

混乱に乗じて嘘を付くのは人の性?

~ 食べてもいないピザを食べた嘘付いて返金してもらうとはねえ。 ~

サイゼリヤのピザにメラミンが混入していたという問題のその後。予想通り、強者がいるものですなあ。

2008/10/24, 日本経済新聞

サイゼリヤのピザ返金、1日200―300万円、100店以上に苦情。

 メラミンを含んだピザを販売していたサイゼリヤが、ピザを食べた人への返金作業を始めた二十一日以降、一日あたり二百万―三百万円程度を顧客に返していることが判明した。返金を求める客は一店平均で一日六人訪れており、百店舗以上の店に苦情が来ているという。

 サイゼリヤは九月二十五日から十月二日の間に東日本の店でピザを食べた客を対象に、代金の返還を進めている。期間は十月二十八日まで。対象期間中に販売したピザ数量は最大二十一万六千枚で、同社は返還額は八千万円程度になるとみている。

 レシートなしでも返金に応じるため、一部の店には「ピザを二十枚食べた」といった申告をする消費者もいるという。

 同社は店の販売記録と照らし合わせ、確認がとれない場合は返金を断っている。

ちょっとニュース
サイゼリヤ メラミン

2008/10/24 01:01

コシダカがカーブスをベンチャーリンクより買収

~ 業績インパクトは大きそうだが、買収費用はどうするのか。まさか新株? ~

コシダカがカーブスをベンチャーリンクから取得。

当社子会社による株式の取得(孫会社化)に関するお知らせ

もともとコシダカは規模は小さいながらもカーブスのフランチャイジーで7店舗を運営してきた。今回は、カーブスの全株式を取得するので、8月末時点での277店全部を手に入れるわけです。

カーブスの2007年12月期の売上は48億、営業利益4億、経常利益4億、純利益3億。2008年12月期の業績予想は、売上41億、売上総利益14億、営業利益2億。コシダカの2009年8月期の業績予想は、売上170億、営利8.8億。カーブスの比率は、売上で24%、営利で23%。インパクトは大きい。

カーブスの取得価格は20億円。総資産が20億以上あるのでのれん償却はないはずで、業績へのマイナスインパクトはなし。OK。買ったはいいけどうまく行かず減損という可能性はあるけどねえ。

買収金額の20億をどうやって用意するのか?現金は8億しか持っていない。他に金目のものはない。単純に20億の借金をすれば、株主資本比率は40%から29%に低下する。カーブスの資本金は1億と少ないので無視。現在の総資産が57億なので20億はでかい。新株発行するのか?いや、株価は新株発行には安すぎる水準だ。まさかこれで新株発行したらエグイ。

カーブスの店舗数は全国672。2005年にベンチャーリンクが立ち上げたとき、日本全国津々浦々2000店にするとぶち上げたけど、ほら吹きベンチャーリンクらしく全然実現していない。

コシダカの2008年8月期決算については先日のエントリーの通り。

その内容+今回のカーブス買収で、個自適には非常に気になる会社となった。株価は無反応。マーケットはプラスともマイナスとも思っていのか。それとも小粒企業なので機関は投資しないし、個人は気づいていないのか。それとも全体マーケットがこんな状況だから上がるわけもないのか。

いずれカーブスを連結での業績予想を発表するだろうけど、その時の反応も見てみたいですな。

消費者サービス
カラオケ カーブス コシダカ ベンチャーリンク 有望

2008/10/24 01:01

アメリカ、新規失業保険申請件数

~ 新規失業保険申請件数の上昇は止まらない。絶対数もとても高い。 ~

アメリカ、新規失業保険申請件数(10月18日までの週)

結果 478千件、 前回 463千件(461千件から修正)

統計・資料・調査
アメリカ 新規失業保険申請件数

2008/10/24 01:01

ライトオンと西松屋の月次数字

~ どちらも順調に推移。激下げマーケットで株価も堅調と言えそう。 ~

アパレル小売の月次等をまとめて確認。

ライトオンの10月

月次売上高前年比情報に関するお知らせ

前年同月比で、全店が108.2%、既存店が101.4%。8月決算なので、ここまでの2ヶ月では全店109.9%、既存店103.6%。

順調といえましょう。株価も順調。要チェック。

西松屋の10月

平成21年2月期前年比速報(10月度)

前年同月比、全店103.2%、既存店96.8%。こちらも順調といえましょう。株価についてもライトオンほどではないにせよ、今の激下げ相場では順調。要チェック。

アパレル・ファッション銘柄
ライトオン 月次 西松屋

2008/10/24 01:01

シダックスの優待改悪?改善?

~ 内容は改善されているけど金額は改悪されている。差引マイナスか。 ~

シダックスの優待変更のお知らせ。

株主優待制度の変更に関するお知らせ

今までは1050円のカラオケ割引券を年間30枚(31500円分)くれた。これからは、525円の割引券を5枚(2625円分)しかくれない。

金額的にはものすごい改悪ですな。ただ、これまでの優待はルーム料金のみに使えたわけだけど、新しい優待は飲食代金にも使える。ほとんどの場合、カラオケボックスで飲食するだろうから、使い勝手はかなり良くなりますね。

全体としてはやっぱり改悪と言うことになりましょう。

シダックスの配当金は1500円。利回りは4.6%。優待利回りが8%。合計12.7%。ヤフオク売却利回りも8~9%はあるはず。かなりの高配当利回り。株主資本比率は低いけど、配当は継続されそう。

株主優待
カラオケ シダックス 優待

2008/10/24 00:12

金融危機、落日ビッグ3に痛撃 創業90年GM工場閉鎖

~ GMが潰れれば街が消える。時価総額以上にインパクトは大きい。 ~

今や三菱自動車よりも時価総額の小さくなってしまったGM。株式市場的にちっぽけな会社がなくなってしまってもインパクトはないけど、そこで働く人の多さを考えるとGMはやっぱりきょだいなんです。そういう状況を物語る朝日新聞の記事。

朝日新聞 2008年10月23日

金融危機、落日ビッグ3に痛撃 創業90年GM工場閉鎖

 米国の北東部、五大湖にほど近いウィスコンシン州ジェーンズビル。人口6万人のこぢんまりした街を走ると、「GM」と書かれた灰色の煙突が見えてくる。ゼネラル・モーターズ(GM)にとって、1919年から操業を続けた最古の工場だ。敷地には古ぼけた線路が走る。

 今月13日、予定より2年ほど早く、12月下旬の閉鎖が決まった。全従業員1300人が解雇される。7月にやはり同じ人数が解雇されたばかり。大恐慌の10年前、第1次世界大戦後の好況のなかで開業した工場は、「100年に1度」の危機とともに消える。

 GMは日本車との競争やガソリンの高騰で、大型車を中心とした販売不振が続いていた。そこへ、金融危機で資金繰りが急速に悪化。リストラを余儀なくされた。この工場でも大型SUV(スポーツ用多目的車)を生産してきた。

 部品会社の工場も相次いで閉鎖が決まった。市内の部品工場で働くクリスさん(41)は16日、職場で上司から12月下旬の解雇を告げられた。中国製品との競争におされる家具業界から転じて、3年。「こんなに早く首を切られるなんて」

 市によると、GMの工場閉鎖で市内の就業者の6%に当たる2千人以上が職を失う見通しだ。工場の閉鎖は地域に大きな影響を及ぼす。米自動車工業会によれば、自動車産業には米国の労働者の10人に1人が関係する。米政府は9月末、総額250億ドル(約2.5兆円)の低利融資の保証を決め、救済に乗り出した。

 だが、資金繰りをしのげても、見通しは明るくない。米調査会社JDパワーによると、08年の米国の新車販売が前年より16%減の1360万台の見通し。92年以来16年ぶりの低水準で、09年にはさらに40万台減ると予想。2年で、世界5位の自動車大国である英国一国分を上回る販売台数が消えてしまう。

 ミシガン大交通研究所のブルース・ベルゾウスキ副所長は「米国市場の回復が遅れれば、(このままでは)ビッグ3のいずれかは2年以内に資金が足らずに経営破綻(はたん)する可能性が高い」と指摘する。

 大規模なリストラを繰り返すGMは6月末時点で570億ドル(約5.7兆円)の債務超過。社債の格付けは「投資適格」とされる水準を下回る。それでも何とか持ちこたえてきたのは、「カネ余り」に沸く米金融市場の恩恵に負うところが大きかった。リスクは高いが「高リターン」を狙う投資家の購入意欲が旺盛で、カネが回った。その循環がほころび始めた。

 金融危機と市場の縮小が、ビッグ3を業界再編へと駆り立てる。GMとクライスラーとの合併交渉は、近く結論を迎えるとみられている。フォードも保有するマツダ株の一部の売却を取引先などに打診し始め、金融危機の余波は業界構図を変える勢いだ。

200810232.jpg

 世界の自動車業界をリードした「ビッグ3」は80年代以降、日本車の台頭など国際化の荒波にもまれ、米国という一地域の代表にすぎない「デトロイト3」と揶揄(やゆ)されるまで地位を下げた。今回、大手2社の「デトロイト2」まで追いつめられつつある。

 「『デトロイト病』は、製造業が疫病にかかっていることを示している」と、今月10日の米紙ワシントン・ポストは警告した。すでに金融とITなどソフト事業中心に移った米経済だが、ビッグ3の落日は米国の伝統的な製造業の「終焉(しゅうえん)」を示唆している。(ウィスコンシン州ジェーンズビル=寺西和男、ニューヨーク=丸石伸一)

マーケットの歴史
GM 自動車

2008/10/22 22:10

SUMCOの下方修正と太陽電池メーカーの業績

~ シリコンウエハーの需給が緩めば太陽電池メーカーにはプラス。 ~

SUMCOの下方修正。

通期業績予想の修正に関するお知らせ

半導体関連企業の業績は悪いので、SUMCOも厳しいことは分かっていたけど、いざ具体的な数字として出されるとインパクトがある。

受注の急減と販売単価の下落。単価は10%以上マイナスの模様。半導体向けがボロボロで、太陽電池向けは好調。

ここ何年もシリコンウエハーは値上がりをしてきた。世界的に景気や良くて半導体の需要が強かったし、太陽電池向けの需要が急拡大したからですね。どんどん値上げしても売れて需給はタイト。

これは、原料になる多結晶シリコンが不足たのが一番の原因で、多結晶シリコンメーカーのトクヤマなんかは毎年20%も30%も値上げして儲けていた。

この状況が崩れるとどうなるのか。半導体関連はどうでもいいんだけど、太陽電池関連がとても気になる。

需給が極端にゆるむのだから、多結晶シリコンウエハーの値段は下がるはず。セルメーカーの原価率が改善につながる。同時に、セル価格も下がるか、下がらないか。下がらないならセルメーカーの利益は当然アップする。

やっぱりこのあたりを気にかけて見ていきたい。

新エネルギー・環境
SUMCO シリコンウエハー 多結晶シリコン 太陽光発電

2008/10/22 22:10

サイゼリヤのピザにメラミンが混入

~ 具体的な損失額より、ブランドやせっかく伸びてきた売り上げへの影響が問題。 ~

サイゼリヤのプレスリリース。何かと話題のメラミンがピザに含まれていた。

微量メラミン検出報道について

業績への影響が気になるところだけど、サイゼリヤは大きな影響は見込んでいない様子。 本件による業績への影響は僅少と見込まれますが、影響がわかり次第お知らせいたします。

日経新聞によれば、

問題のピザを食べた客への返金額は八日間の販売額に相当する約八千万円と見込む。(中略)同社はレシートを持たない客についても返金する方針で、返金額は販売金額以上に増える可能性がある。

仮に8千万だとすれば純利の2%。レシートを持っていない人がぞくぞくと嘘を付けばもっと大きくなるので、どれだけ嘘つきがいるのかが勝負かと。

一番の問題はその具体的な損失額ではなくて、これがブランドを傷つけ、客足が遠のくことですな。サイゼリヤは不景気のさなか元気な外食企業だっただけに、こういうことでつまずくのは残念で仕方ないね。

サイゼリヤの月次

外食・レストラン・居酒屋
サイゼリヤ メラミン

2008/10/22 22:10

ジーンズメイトの月次数字

~ 引き続き苦しい数字が継続しています。 ~

ジーンズメイトの2月月次数字。相変わらず厳しい。とりあえず確認だけ。特にコメントもないですな。

2009年2月期 前年比速報

アパレル・ファッション銘柄
ジーンズメイト 月次

2008/10/22 21:09

ローン返済、突如倍増 アイスランド、円建て人気裏目

~ 朝日新聞の記事。サブプライム問題から始まった今回の金融危機・信用収縮は、国さえも... ~

朝日新聞の記事。サブプライム問題から始まった今回の金融危機・信用収縮は、国さえも破綻させた。もちろんその国に住む人は破綻したのと同じこと。朝日新聞の記事が読みやすい。せっかくなので全文コピー。

朝日新聞 2008年10月22日

 家や車のローンの毎月の返済額が急に倍になる――。悪夢みたいな話がアイスランドでは現実になっていた。

 レイキャビクの高校教師、アウスディスさん(47)は2年前にアパートを買った。子供が5人なので広めの約200平方メートル。そのローン返済額が今年初めは月11万4千クローナだったのに今は22万クローナなのだ。

 実は資金を「日本円」で借りた。それがつまずきのもとだった。

 バブル経済で同国通貨クローナは金利が高いうえ、返済額が物価の上昇率に応じて変わる独特の制度もある。それに比べ円はずっと低金利だし、この国のインフレにも振り回されない。返済は円での定額を毎月のレートでクローナに替えて払う。「為替の変動が多少あっても割安」になるはずだった。

 ところが、この春ごろから下落気味だったクローナは金融危機で暴落。ついに1クローナが約1円と年初のほぼ半分の価値に落ちてしまった。

 手取りで26万クローナの月給のほとんどがローン返済に消えるはめになった。生活は大工の棟梁(とうりょう)である夫の収入頼み。

 「通勤は車から燃料代のかからない自転車にかえました。休暇の家族旅行も当分中止」とため息をつく。

 レイキャビク郊外の高級車販売店。経営するルナール・オラフソンさん(36)によると、ここ4、5年は客の9割以上が円などの外貨ローンを利用していた。客が購入を決めると一緒にコンピューターの前に座り、銀行系ローン会社のサイトにアクセスする。提供される各種ローンの中から選んでもらいクリック。

 「人気が高いのは円だった。クローナの金利は2けた台。それが円だと4%ちょっと。ほとんどの客が円を選んでいたよ。だれも日本のお札なんて見たことないけどね。これからは僕も落ち目だな」

と彼もため息。

 一国の経済がバスタブの湯だとすれば、政府や中央銀行は熱湯や冷水を出して湯加減を保つ蛇口。ところが、アイスランドではバスタブがいつのまにか巨大な海に変わっていた。

 過熱した経済によるインフレを抑えようと中央銀行は自国通貨の金利を上げる。今年10月はじめには15.5%にまでなっていた。しかし人々は中央銀行の規制から自由で低金利のまま流入する外貨でローンを組み消費を続ける。世界の金融市場という海のなかで、アイスランドの小さな蛇口は意味をなくしていた。

 中央銀行によると、外貨ローン利用はこの4年間で急増。04年1月は家計の借金のうち4.5%だったが、08年には3月の時点で23%に。クローナ暴落で、外貨による借金の重みはさらに増す。

 73年まで世界銀行が「途上国」に分類していた小国は、80年代から経済のグローバル化の波に乗ろうと大胆に規制緩和を進めた。舞台が広がり外資も流れこんだ。次々と内外で注目される企業が輩出。06年には専門家らが首相に対し、「国際金融センターとして理想的。さらに条件整備を」という野心満々の提言さえまとめた。

 気がつけば1人当たり国内総生産(GDP)は世界トップクラス。07年には国民の幸福度を示すともいわれる国連開発計画(UNDP)の人間開発指数で第1位に輝く。

 ただ、その陰で経済は「規制緩和が産みだした巨大な怪物」(ビフロスト大学のエイリクール・ベルグマン教授)と化していた。英国などで自国の人口より多い預金者を獲得したり、日本でサムライ債(円建ての債券)を発行したりして巨額の資金を集めた銀行の資産は合計でGDPの10倍。何か起きれば政府の手に負えない規模に膨らんだ。そこへリーマン・ブラザーズの経営破綻(は・たん)。万事休した。

明日からどうなるか。通貨下落が続き、失業は増え、物価は上昇し、給料はカット……。グローバル化がもたらしたサクセスストーリーはホラーストーリーに変わった。

 02年に首相経済顧問を務めたアイスランド大学のギュナール・ハラルドソン経済学部長は「私たちは自身の成功の犠牲者かもしれない」と嘆く。首都の中心街の高級店やしゃれたレストランはまだ営業を続けている。だが、いつまでもつか。最も幸せだった国から突然、人々の夢がごっそりと消えてしまった。(レイキャビク=大野博人)

     ◇

 〈アイスランド〉 北海道よりやや広い約10万平方キロの国土に約30万人が暮らす。漁業国だが、80年代以降、経済の規制緩和を積極化。特に資本の移動の自由化、金融機関の民営化や通貨クローナの変動相場制への移行など金融部門の規制緩和を機に、経済成長を遂げた。06年までの10年で国内総生産(GDP)は2倍強に。1人当たり5万ドルを超え、3.4万ドルの日本を上回った(06年)。日本への輸出はシシャモなど水産物が中心で、日本からの輸入の多くは乗用車。

 欧州連合(EU)未加盟だが、経済分野にかかわる欧州経済領域(EEA)には参加。非武装で、北大西洋条約機構(NATO)加盟。

マーケットの歴史
アイスランド サブプライム 信用収縮

2008/10/22 21:09

ぐるなびはグルメサイトのデファクトスタンダード

~ 居酒屋チェーンはぐるなびを使わざるを得ない状況になりつつあるよう泣きがする。 ~

ぐるなびの上方修正。

業績予想の修正に関するお知らせ

グルメサイトのデファクトスタンダードになった感がありますな。(デファクトスタンダードって最近は使わなくなった。)特に、チェーン展開する居酒屋とかにとっては必要不可欠な営業ツールでしょう。

居酒屋はどこも厳しい。既存店は良くて微減、ほとんどの場合それなりにマイナス成長。新店をドンドン出して売上を伸ばすしかない。どこのお店も考えることとする事は同じ。みんなが広告を出しているぐるなびに自分だけ出さないわけにはいきますまい。

それに一度広告を出したら止められない。ぐるなびでプリントアウトできる割引クーポンを使うお客さんも多いはずで、広告を止めたらそのお客さんがいなくなってしまうのではないかという恐怖感は強いはず。

ぐるなびを見れば分かるけど、一番目に付くのは居酒屋。特に大人数系。宴会の幹事はぐるなびを使ってお店を探すことも多いんじゃないだろうか。大人数のお客ほどありがたい商売はない。となればやっぱりぐるなびは外せない。

景気が悪くなればなるほど、人の入りが悪くなれば悪くなるほど、集客に費用をかける必要があるのが居酒屋チェーン。

まあだいたいそんな流れでしょうか。

増配するのも好感が持てますな。

平成21年3月期配当予想の修正に関するお知らせ

ビジネスサービス
ぐるなび 有望

2008/10/22 21:09

総合メディカルが中間決算を発表

~ 調剤薬局事業は堅調、ジェネリックはどれぐらい伸びているのか知りたい。 ~

総合メディカルの中間決算発表。

平成21年3月期 第2四半期決算短信

決算短信より説明資料の方が分かりやすい。

2009年3月期第2四半期累計連結業績概要

事業別では調剤薬局が一番気になる。出店5、退店3、店舗数255。既存店+1.7%。薬剤収入+4.4%、技術料収入+1.7%。営業利益率8.2%→7.2%。原価率の悪化が一番大きい。人材積極採用で販管費も増加。処方箋枚数+1.5%。処方単価+2.2%。

どこの調剤薬局でも事業環境は同じ。いかにうまく経営するかにかかっている。そんなの製造業でもどこのサービス業でも小売業でも同じでしょ、って言われそう。そりゃそうなんだけど、調剤薬局は商品は同じ、サービスも同じ、売り方も同じ、陳列方法も同じ、と同じ事ずくめ。

どれだけ上手にマネージメントするか、規模を拡大して仕入値を下げるか、IT化などを進めて効率化するか、人材を確保するか。そういう経営が全てだと思うわけです。

とりあえず総合メディカルは順調と言えましょう。

ところで、ジェネリックの割合がどこまで高くなっているのか気になる。

医薬品・医療品・調剤薬局
ジェネリック 総合メディカル 調剤薬局

2008/10/22 21:09

神戸物産の上方修正は意外でした

~ 食の安全がこれだけ言われている中での業務スーパーの好調さは不思議。 ~

神戸物産が上方修正を発表。

通期業績予想の修正に関するお知らせについて

上方修正とは言うものの、前期比では大きく減益。売上こそ微増だけど、利益は苦しい。そういう状況でも、上方修正は意外でした。

神戸物産の展開する業務スーパーへ行った経験がある人は分かると思うけど、確かに売っている物は安い。基本的に、ナショナルブランドも安いし、プライベートブランドも安いし、見たことのない商品も安い。この安さが全てと言えるのが業務スーパーですな。

今は何かにつけて食の安全の時代。そりゃあねえ、これだけ危ない物を食べさせられているわけだから、誰でも疑いの目を持つことになりますね。だから、中国を筆頭とするアジア諸国で作られた食品は特に敬遠されている。

確率的に考えると、数十万か数百万か分からないけど、沢山ある中国産の食品の中で、国の定めた安全基準を満たさないのは僅かなわけで、0.0何とか%という数字のはず。ほとんどの食品は一応安全。けど、その僅か%に当たったときが大変だから疑ってかかるわけですな。

もっと言えば、国産品だって中国製品と同じぐらい信じられないニュースを連発している。確率的には変わらないような気もするが、統計があるわけではないので何とも言えない。

何かあった場合に、国産の方が健康被害が小さい傾向はあるように思う。中国産だと真剣な健康被害が出るけど、国産の場合はそこまで酷いことはない、というような。これも、そういう感じがするだけで、数字では分からないので思いこみである。

話がそれてきたけど、そういう食の安全意識が高まっている。で、国産品、名前の良くしれた大手メーカー品、生産者の顔が見える物、に消費者は流れている。(それが心理的に安心なだけで、実際には意味がないかもしれないといのは上記の通りだが。)値段は多少多角でも安心安全(だと思いこんでるだけかもしれない)なものを選ぶ。

そこで、神戸物産の業務スーパー。ここは見たことのない安い食品がとても多い。ほとんどは中国などのアジア産。精肉なんかも見た目がとても悪い(と個人的には思う)。

食の安全志向から一番避けられそうなんです。それが今回の上方修正だったから個人的には意外感を持ったわけですね。

世界的な原材料価格の高騰により食料品に対する値上げが相次ぐ中で、業務用食品スーパーをうまく利用することで賢く節約ができるとの考え方が主婦層の中で広がりを見せ

結局、値上げが苦しいわけです。ちょっと怪しそうだけど、実際はほとんどのものは安全基準を満たしているのだから、理屈に合わない感情的な判断はやめて安い物を買うんだ、って人が多いって事ですな。。。。いやいや、そんなことあり得ない。そんな風に考えられる人は絶対多くない。

そんな人ばっかりだったら株式市場で儲かる人ばっかりですよね。

専門小売銘柄
業務スーパー 神戸物産

2008/10/22 21:09

グラウンド・ファイナンシャルは上場維持できるのか

~ アーバン向けの仕事がなくなり、今や売り上げはたったの2億円。 ~

グラウンド・ファイナンシャル・アドバイザリーは企業として存続できるのだろうか。

特別損失の発生及び平成21年3月期 第2四半期累計期間及び通期業績予想の修正に関するお知らせ

中間期の売上が7600万円、通期の売上が1億9千万円。仮にも上場企業ですよ。それなのに売上が1億9千万って、儲かっている個人投資家より少ない金額ですな。時価総額は4億をきり、もちろん上場基準に抵触しています。

プレスリリースにもある通り、もともとアーバン向けの仕事が多かった。アーバンが倒産した今、仕事を確保するのに苦労している模様。

当社の取引先である株式会社アーバンコーポレイションの経営破綻が生じたことを一因として当社の主業務であるストラクチャリング業務収益が大幅に落ち込み、その減少分を新規クライアントの獲得等で補完するに至らず

ストラクチャリング業務とは平たく言えば不動産流動化を助ける仕事で、アーバン云々ではなく、現在の不動産マーケットで仕事がないことははっきりしている。

救いは、自ら不動産投資をしているわけではないので、資金を必要とせず借金がないこと。資産のほとんどは現金で、株主資本比率は98.8%。未払い金などの負債全部を返済し、株主資本比率100%にしてくれると面白いですな。

これだけ会社規模が小さくなると、信用などの面でも仕事がなくなってくるのではなかろうか?基本的に社長がいて、事務員さんがいて、営業が数名という、個人事業に毛の生えたような組織なわけだからね。

不動産マーケットが回復するのはまだまだ先だし、果たしてどうなる事やら。規模的に上場廃止になりそうな気配ではありますな。

不動産・マンデベ・流動化
アーバン グラウンド・ファイナンシャル・アドバイザリー 不動産

2008/10/21 16:04

賃貸のHOME'sは堅調、住友不動産販売は苦しい

~ 不動産の不況は末端まで届いて、賃貸だけは相変わらず横這いぐらい。 ~

不動産マーケットで動きが鈍いのは、なにも高額な流動化物件とか、高値で仕入れた土地に建てられた高すぎるマンションだけでないないんです。住友不動産販売の業績がかなり落ち込んでいることからも、特に値段が高くない物件でも動きは相当鈍っているんでしょう。

業績予想の修正に関するお知らせ

中古マンションや中古住宅は、流動化物件や都心マンション、郊外の新価格マンションみたいに値上がりはしていない。そうい不動産を多く扱う住友不動産販売だから、ここの業績が悪いのは、もう不動産マーケットの悪さは末端の末端まで行きわたっている証拠。

住友不動産販売の説明。

わが国金融機関の不動産融資に対する慎重な姿勢、購入者の手控え等により、法人取引や高額物件等の取引が大幅に減少しております。

より高額の物件とか法人取引がさらに厳しい様子が分かりますな。今さら分かり切ったことではありますが。

一方、賃貸はいつの世もそれほどアップダウンせず、まさにストック型ビジネスの典型。HOME’Sを展開するネクストの賃貸月次は安定。

2009年3月期09月度『HOME’S』の業績に関するお知らせ

賃貸の総ページビューは減っていませんな。探している人は安定的にいるってこと。新築分譲マンションの総ページビューは少ないまま横這い。探している人がいないんだから売れるわけもない。

しかしこの会社、いい加減に配当を始めるべきではなかろうか。

不動産・マンデベ・流動化
HOME's ネクスト 不動産 住友不動産販売

2008/10/21 15:03

首相がスーパーを見学して物価高を実感するのか?

~ パフォーマンスは必要ないのでもっと政策をしっかりしてね。 ~

麻生首相がスーパーを見て物価高を実感するというお話だけど、まあ、パフォーマンスではありますな。

そもそも、普段スーパーへ行かない人が突然スーパーへ行っても物価高は実感できなわけです。もともとの値段を知りませんからね。もう何年もずっと99円で売っていたラーメンが、110円になり120円になったからこそ、ああ高くなったなあと感じるんです。それがある日突然スーパーへ行って、ラーメン120円という値段を見て、ああ高くなったなあと感じられるわけがない。

実際には首相が日々スーパーへ行って物価を確認するなんてのはナンセンスだから、首相はそんなところで庶民の感覚を知る必要はないですな。必要なのは、経済統計とか企業業績とかそういうデータなり報告でもって全体像をしっかり把握して、そこから物価なり経済を確認して、対策を指示することではなかろうか。

朝日新聞 2008年10月19日

物価高を実感? 首相がスーパー視察、夕食は帝国ホテル

 麻生首相が19日、東京都新宿区でスーパーを視察した。「物価の話とか品切れの話とか、値段が同じだけど量が減ったとか、現実にどうかなと関心があった」という。財閥一家で育っただけに、市井の暮らしを肌で感じたかったようだ。

 鮮魚や冷凍食品などを15分ほど見て回り、「最近バター品切れらしいけど、今日はあるね」「(実質的な値段が)3割上がったの?」。視察後は記者団に「パスタとかは値段は同じで量が減り、魚は値段がほとんど変わっていない。ものによって違う」。

 首相はこのあと、都内の帝国ホテルで秘書官と夕食をともにした。

ちょっとニュース
政治 物価高 麻生首相

2008/10/21 13:01

DAオフィス投資法人のプレスリリース

~ 借金を返すために資産を売るREITって後ろ向き。 ~

DAオフィス投資法人の借入金に関する説明がリリースされた。まさに投資家が知りたい内容で、一応発表するからには大丈夫だと思っていいんじゃなかろうか?

DAオフィス投資法人の財務状況に関するお知らせ

来月135億円の返済があるわけだが、果たしてこれが返せるのか?それがDAオフィスで一番懸念されてきたところ。で、返済原資はほぼ確保したからOKと言えばOKなのだが、その原資の出所が問題ではある。

REITとしては、返済原資を確保するために資産を売り払うのはいかがなものですかな。

利回りの十分にある物件を組み入れるのがREITなわけだから、前向きな資産の入れ替え以外で資産を売るのはなんとも情けない。ましてや、借金を返済するために資産売却なんてね。

ま、どういう状況であれ、とりあえず今期の借金はほぼ大丈夫な感じ。しかし、来期は今期以上の返済が必要になる。これもまた投資家はハラハラどきどきしながら見守ることになりましょう。また資産の売却で返済原資を捻出するようなことになれば、DAオフィスは縮小する一方で、なんだかREITの意味がないですね。倒産するよりはましか。

不動産・マンデベ・流動化
DAオフィス投資法人 REIT ダヴィンチ

2008/10/19 19:07

ラ・アトレの資産振り替えは気に入らない

~ 販売用不動産を固定資産に振り替えるのは損失隠しの常套手段。 ~

ラ・アトレが販売用不動産を固定資産へ振り替えるという発表。

販売用不動産から固定資産への所有目的の変更に関するお知らせ

第1四半期末時点でのBSを見ると、販売用不動産+仕掛不動産で97億円(総資産の76%)、有形固定資産は20億円(16%)。今回振り替えるのが14億円で、販売用不動産+仕掛不動産の14%。ほとんどが集合住宅。

もちろん、この変更が本当に前向きな資産の組み替えならいいんですよ。具体的には、固定資産にして賃貸して高利回りで運用できるってことですね。

過去、不動産マーケットがおかしくなり不動産在庫がたまっていくと、在庫を固定資産に振り替えることがよくありましたな。そうすることで評価損を計上しないで済む。以前とは違って、時価会計って事で固定資産でも減損されるようになったので、無条件に評価減の損失回避とはいかなくなったものの、やはり固定資産にすれば減損は甘くなりますな。

いちおうラ・アトレの方針としては、

振替価格については上記2.の帳簿価格を予定しておりますが、不動産鑑定士による鑑定評価を取得し評価額が帳簿価格を下回る場合は評価額に置き換えます。

不動産・マンデベ・流動化
ラ・アトレ

2008/10/19 19:07

ほとんどの人がうそを付くというのは信じがたい

~ 90%以上の人が89ドルぐらいのことでうそを付くとは思えないんですが。 ~

こんなことってありますかね?

朝日新聞の記事によると、

心当たりある?電子メール、ウソ確率は手書きの1.5倍

 電子メールを使った場合、手書きの文書に比べてうそをつく傾向が約1・5倍になり、9割にのぼったことが米リーハイ大(ペンシルベニア州)などのチームの実験でわかった。(中略)

 経営学大学院のクラスで、院生48人に「賞金」としてそれぞれ89ドル(約9千円)を渡したことにし、これを別の人と2分割するように指示。院生には「相手は、あなたがもらった額は5ドルから100ドルの間ということしか知らない」と伝えた。

 院生は「私は何ドルもらったので、あなたの分け前は何ドル」という内容の連絡を電子メールまたはペンと紙で行った。仮想的なお金であるにもかかわらず賞金の分け方でうそをつく院生は多く、特に電子メールの場合の確率は92%。ペンと紙の場合の64%を大きく上回った。

 また、前者が「自分がもらった」とする金額の平均は56ドルで、相手に渡すことにした金額は平均29ドル。後者の同67ドル、同34ドルに比べて「過少申告のずるさ」が目立つ結果だった。(後略)

メールの方が嘘をつく人が多いことがあるとしてもですよ、嘘をつく人の割合が92%って本当ですか?手紙でも64%!?

もし自分であれば嘘は付きませんね。例えば自分の友人なんかがそういう立場にあって、半分を自分にわけてくれるとした場合、そのほとんどの友人は嘘を付くことになりますよね。信じられませんな。

人を信頼しすぎなんでしょうか?

まあ、たったこれだけの文章しかない記事から実験の詳細を知ることはできないので、実はこの記事から伝わってこない部分に何かあるのかもしれません。できればそう思いたいですな。

ちょっとニュース

2008/10/18 11:11

エービーシーマートの業績は好調だけど、株価は高すぎない?

~ 決算発表は好調で、成長も見込まれるけど、今のマーケットでなぜ株価は下がらないのか。 ~

エービーシー・マートの中間決算。

平成21年2月期 中間決算短信

文句なく順調。売上の数位は既に月次で分かっていることなので、利益がどれぐらい出ているかが気になるところ。ABCマートが特に利益面でつまずく理由も今のところないし、予想通りの数字が出てきたというところでしょう。

順調に店舗数を拡大して、売上増利益増が続きそうな気配です。

200810172.jpg

そして何より驚きなのは、株価ですな。なぜにここまで強いのか。業績が順調なことは疑いようもないし、靴屋さんとしては圧倒的な強さであることも間違いない。けどねえ、いくら何でも今のマーケットでこれだけ強い株価は不思議で仕方ないですね。

同じ事を感じる人は多いようで、ずっと売り長の状態が続く。買残はほとんどなし。売残数は1週間もかからずこなせる量なのでそれほど大きいわけじゃないけど。

中期事業計画も発表されました。

ABC-MARTグループ中期事業計画の概要に関するお知らせ

これによると、現在458店の店舗数は、今期末(2009年2月)で約500店舗、2009年3月からの5年間360店の出店をして、2014年2月には820店になる計画。今期末比では+64%。その時点で売上は1500億円、今の50%増し。

調子良く伸びていく計画ですな。仮にこれがその通りになったとしても、今の株価は不思議に高い。特にこれだけ全体マーケットがブッ壊れているのにね。

専門小売銘柄
エービーシーマート

2008/10/18 11:11

アメリカ、10月のミシガン大学消費者信頼感指数

~ 先月比で過去最大の落ち込み。数字も過去最低に近い。 ~

10月のミシガン大学消費者信頼感指数

結果 57.5、予想 65.0、 前回 70.3

前月比の落ち込み幅は過去最大。数字自体は6月以来の低水準。過去、指数が先月比10以上下がったのは4回しかない。その4回は経済が混乱して恐怖とパニックが蔓延した時期だった。指数の絶対値の過去最低は1980年の51.7。

統計・資料・調査
アメリカ ミシガン大学消費者信頼感指数

2008/10/18 11:11

アメリカ、9月の住宅建築許可件数&住宅着工件数

~ 過去最低を記録する地域もあって、住宅市場は底を打たない。 ~

アメリカ9月の住宅建設許可件数

結果 786千件、予想 840千件 前回 857千件(854千件から修正)

1981年の11月以来の弱い数字。

アメリカ9月の住宅着工件数

結果 817千件、予想 872千件 前回 872千件(895千件から修正)

1991年1月以来の低水準。1991年当時はアメリカは不景気のまっただ中で、今と同じ住宅不況。地域別では、ノースウェストが20.9%の下落で大きい。過去最低の着工件数を記録。ウェストは-16.8%で、この地域も過去最低。ミッドウェストは+5.6%、サウスは+0.5%。

統計・資料・調査
アメリカ 住宅建設許可件数 住宅着工件数

2008/10/18 11:11

ユーロ圏、8月の貿易収支

~ マイナス続く。 ~

ユーロ圏経済指標、8月の貿易収支

  • 結果 -93億ユーロ
  • 予想 -55億ユーロ 前回 -20億ユーロ(-23億ユーロから修正)(季調前)
  • 結果 -61億ユーロ
  • 予想 -54億ユーロ 前回 -67億ユーロ(-64億ユーロから修正)(季調済)

統計・資料・調査
ユーロ圏 貿易収支

2008/10/18 11:11

FXの指南書を売ったら犯罪に

~ 確実に儲かるなら世の中全員大金持ち。分からないかね、そんなこと。 ~

これはとっても興味深いニュースじゃなかろうか。せっかくなので全文をコピー。

2008/10/17, 日本経済新聞 朝刊

FXで損失、指南書著者に賠償命令、東京地裁、紹介先業者も責任。

 「百%の勝率」などとうたった外国為替証拠金取引(FX)の指南書「FX常勝バイブル」を購入して取引を始めた男性が「約百八十万円の損害を被った」として賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は十六日、指南書の著者と、指南書が紹介していたFX業者などに計約百万円の賠償を命じた。小原一人裁判官は「百%の勝率はありえない。誤った情報提供で取引させた」と指摘した。

 原告の弁護士によると指南書が紹介するFX業者の損害賠償責任を認めた判決は初めてという。

 訴えられていたのは、コンサルタント会社「幸せwin」(東京・新宿)と、「大橋ひかる」の通称で指南書を販売していた大橋晃・同社取締役のほか、指南書で紹介していたヘラクレス上場のFX業者、マネースクウェア・ジャパン(東京・千代田)。

 判決によると、大学生だった男性は大橋取締役が紹介していた指南書を二万四千円で購入。二〇〇六年十二月に指南書で勧めていたマネー社に口座を開設し、FX取引を始めたが、翌年十一月までに約百八十万円の損失を被った。

 当時、マネー社の顧客約三千―四千人のうち、七百人程度は指南書の読者だったという。指南書記載のホームページから同社に口座が開設された場合、幸せwin社に二万円を支払っていた。

 小原裁判官は「マネー社は指南書を顧客獲得の手段としていた」と認定。「誤った理解で申し込みをしている可能性を認識すべきで、慎重な説明や審査をせずに取引を開始させた一連の顧客獲得行為自体が違法」と損害賠償責任を認めた。

 マネー社は「主張が認められず非常に残念。控訴する方向で検討したい」としている。

FXに限らず、投資では誰でもが儲けたい一心で欲豚になりきっている。でも実際にはなかなかそう簡単に儲かるものではありませんよね。「絶対勝てる」、「楽して儲かる」、「あなたも大金持ち」なんて言葉がならんだ胡散臭いものに手を出す人が沢山いることははっきりしています。

例えば、そういう言葉を使って直接誰かに話しかけ、お金を預かったりすれば(預からなくても?)それは詐欺って呼ばれて犯罪になるわけですな。でもね、書籍や指南書としてそういう言葉をタイトルに使ったものってたくさんあるけど、罪でもなんでもない。表現の自由ってやつですか?

それが今回は犯罪ですよ、って裁判所で判断されたんだから衝撃は大きい。

マネースクウェア・ジャパンから利益を得ていた、という部分がミソなのだろうと思う。だから、この判決をもとに、今ある怪しげな本とか指南書が全部違法かと言えば、そうはならないはず。だってね、ものすごい数ありますよ、アフィリエイト使って売っている指南書って。

「○○式、FXで確実に月10万円儲ける方法」、「デイトレは難しくない、このポイントと狙えば勝率は90%以上」、「この指標で割安株を拾おう。3年で資産は5倍に」

どれもこれもありそうでしょ。実際、似たタイトルのモノはたくさんあることほぼ確実です。そういうものが違法になれば、犯罪者はものすごい数になる。

そういうものを信じて数万円も払う人っているわけで、法律上は詐欺じゃないけど、限りなくグレーに近い。いい加減にしないとダメですよ、っていう警告が今回の判決ではなかろうか。ホント、そういう類のものはこの世から消えて欲しいですね。

でも、一番大切なのは、世の中確実に儲かる事はないことを理解することじゃないですか。あるわけない。世の中全員お金持ちになってしまうでしょ。常識で考えようよ。

ちょっとニュース
FX マネースクウェア 書籍

2008/10/18 11:11

不動産ファンド各社、保有不動産の売却急ぐ、融資環境悪化、負債削減へ。

~ 取り立てて新しいニュースでもなく、現状追認程度ですが。 ~

2008/10/17, 日本経済新聞 朝刊, 14ページ, 有, 659文字

 不動産ファンド運営会社が自社で保有する不動産の圧縮を急いでいる。世界的な金融危機で銀行が不動産向け融資を抑制し、有利子負債の削減を迫られているからだ。クリードは保有残高の約四割に当たる土地・建物を二〇〇九年五月までに売却し、ケネディクスは年末までに二割強減らす計画。不動産投資信託(REIT)など物件の買い手は減っており、達成できるかは不透明な面もある。

 各社は外部から資金を集めてREITや機関投資家向け私募ファンドを組成・運営するほか、事前に購入した自社保有物件をファンドに転売することで利益を得ていた。米住宅ローン問題をきっかけにファンドをつくりづらくなり「在庫」物件の保有コストが財務を圧迫している。

 クリードは二〇〇八年五月期末に八百五十億円あった不動産在庫を今期末までに約四百五十億円に減らす。八月までの三カ月で個人や企業にマンションなどを売却し、約百三十億円を減らした。  物件取得時に利用した借入金は一般に、期間が一年程度とファンド向けに比べて短い。同社の八月末の有利子負債は約八百億円、このうち六割超が今後一年以内に返済期限を迎える。売却資金で負債を返済し、今期末の自己資本比率を三〇%(前期末は一九%)に引き上げたい考えだ。

 ケネディクスは〇八年十二月期末の棚卸し資産を約二千七百億円と、六月末から最大約八百億円圧縮する。八月には商業施設九物件を約二百六十億円でドイツの運用会社に売却した。

 各社は物件の売却を急ぐが、価格次第では損失が膨らむ懸念もある。財務改善と利益確保のバランスが問われそうだ。

不動産マーケット
REIT クリード ケネディクス 不動産

2008/10/18 10:10

9月のアメリカ消費者物価

~ 8月に続いて9月の米消費者物価は落ち着いている。 ~

200810171.jpg

米労働省。9月の消費者物価指数は218.783。先月比0.0%。市場様相は+0.1%。8月に1年10ヶ月ぶりに下落(-0.1%)。原油価格などのコモディティ価格の下落で消費者物価は落ち着いている。

統計・資料・調査
消費者物価

2008/10/17 23:11

アイディーユーの決算発表、今期はずっと赤字の本業に集中

~ 債務超過も視野に入りそう。儲からない事業に集中してもどうにもならないのでは。 ~

アイディーユーの決算。

平成20年8月期 決算短信

大変なことになってますな。

不動産マーケットの低迷で不動産投資ビジネスからは撤退。それは間違ってはいないと皆さん思いますねえ。残りは本業の不動産オークションなわけだけど、これってビジネスになるんだろうか?いや、なるまい。

もともとの本業がずっと赤字なんですよ。しばらく前まではその赤字を埋めてもたっぷりお釣りが来るだけ不動産流動化マーケットが良かった。それでIDUも何とかやってきていたわけですな。今はそういうわけには行きますまい。

経営資源を有効活用すべく選択と集中を行い、不動産投資開発事業から完全撤退、不動産プロバイダー事業に専念し、様々なサービス(クローズドオークション、買取保証サービス、海外投資家向けオークションなど)を開始いたしました。しかしながら、不動産価格の下落を憂慮した買い控え等により、未だ物件の流通量の減少は著しく、ソリューションのコアとなるマザーズオークションの活性化には至っておりせん。

全然利益が出ない本業に集中してもどうにもならないと思うのは私だけ?不透明な不動産マーケットをオークションで透明にって言うコンセプトはよく分かるし賛成できる。しかし、ビジネスとしては成り立っていないのが実状ですな。

IDUもそんな事は百も承知なわけで、結果、

業績予想については慎重に精査する必要があると考え、第1四半期内を目処に、不動産業界を取り巻く環境、不動産プロバイダー事業の確立、ならびに国際航業ホールディングス株式会社グループとの資本業務提携が業績に与える影響および効果を見極め次第、発表させていただく予定でございます。なお、今後につきましては、これまで同様、投資家の皆様へ適時適切な開示をしてまいる所存でございます。

と、今期の業績予想は立てられない。そりゃそうですな。

自己資本は59億円で、自己資本比率は15%。棚卸資産は415億から96億へ激減。債務超過に陥りそうではない。しかし金目のものが全然なく、赤字の状況でどうやって借金を返していくのか、不思議ではありますなあ。

一言で言えば、非常に厳しい。厳しい折、退職者を募るのも生存のためには妥当といえましょう。

希望退職者募集に関するお知らせ

不動産・マンデベ・流動化
IDU アイディーユー 不動産

2008/10/17 23:11

アークコア、全く気にする必要なし

~ 敢えてこの株に手を出す理由は見あたりませんな。 ~

アークコアの中間決算。

平成21年2月期 中間決算短信(非連結)

アイケイコーポレーションの決算が発表されてますけど、アイケイコーポとは比べものにならないですな。さすがはセントレック銘柄でゲオ系。監査法人はコスモス。主幹事はSBI。

手出し無用。素直にアイケイコーポだけ見ておけば人生安泰ですな。

クサイ会社・エグイ企業
SBI アークコア ゲオ コスモス セントレック バイク

2008/10/17 23:11

アイケイコーポレーションの決算発表、順調+株安

~ 業績拡大を続けながら微妙にフォーカスをシフト。株はずいぶん安くなった。 ~

アイケイコーポレーションの決算発表。

平成20年8月期 決算短信

全然関係ないけど、コーポレーションはコーポレイションと書く会社もあって面倒くさい。より英語の発音に近いのはコーポレイションかと思う。統一して欲しいが、それは無理な相談でしょう。

今期の計画では、売上+12%、営利+14%、経利+14%、純利+32%を計画。悪い数字ではないけど、中間予想はあまり良くない。中間は売上こそ+10%を計画しているものの、利益は-10%。上半期と下半期では、上半期の売上が121億、経利5億、下半期の売上が153億、経利17億と極端な下期偏重。

もともとアイケイコーポレイションの業績は下半期偏重。これは、バイクを売る人は引越しが多い3月や4月に多くて、8月決算のアイケイコーポでは下半期にあたる。引越しを期にバイクを辞めようか、始めようかって人は多いんですな。個人的にもそういう経験アリです。それに冬は寒いのでバイクの季節ではないためです。

で、今期も同様なのだが、例年以上に偏りがひどい。その理由としては、今期は今まで以上にバイクの小売に力を入れるため、バイク在庫を増やすためというんですね。

この戦略はどうかと思う。今までのアイケイコーポのビジネスモデルは、現金買い取りしたバイクをすぐにオークションで売りさばき、資金を高回転させて儲けを出してきた。だから在庫が少なくて資金効率が高かった。小売に力を入れると、店頭にバイクが必要になるので在庫が増え、その分資金効率は落ちる。

利益面では、オークションで売るよりは小売の方が利益率は高いはず。

低利益率で高回転させるか、高利益率で低回転させるか、ということですな。今までは前者がほとんどだったけど、今期は後者に力を入れるわけです。これが吉と出るのか凶と出るのか、はてさて。

ちなみに、前期の小売は調子が悪かった。

子会社「株式会社アイケイモーターサイクル」におけるオートバイ小売販売が当初計画を下回って進捗したことにより、今後の展開を見据えた上で、のれんをはじめとする減損損失303,771千円を計上しております。

中古バイクの買い取りは順調と言えましょう。前期はバイク王の宣伝が強力でしたね。テレビCMから始まってラジオCM、ネット広告、それなりに強い露出だったと思いませんか?「バイクを売るならGoバイク王」で多分みんなの頭に残っているはずですな。とりあえずバイクを売るならバイク王に電話する人が多そう。認知してもらうのはこのビジネスが成功するための絶対条件ですからね。

買い取りの具体的な台数とかより詳細な情報はいずれ説明会資料として出てくるはず。その時に確認。

あとはバイク用駐車場ですな。これが赤字で足を引っ張っている。赤字は小さいの気にするほどでもないが、儲からないならやめた方がいいんじゃないの。確かに、バイクに乗る人はほとんどの場合バイクが好きな人だから、バイクを大切にするし専用の駐車場に停めたいと思うかもしれない。バイクは半分趣味みたいなものだし。原チャリは別ですよ。あれは足。

アイケイコーポは前期に駐車場数をほぼ倍増させてます。が、売上が2億(全体売上の10%未満)で営業損失が1億、プラス減損あり。前期は収益より規模の拡大を目指した感がありますが、今期は規模より収益と言ってますので、黒字化させるつもりでしょうな。

稼働率がどれぐらいか不明だけど、いずれ説明会資料に出てくるかもしれない。要チェック。バイクの駐車場に限らず、駐車場ビジネスは稼働率が命。パーク24とかも稼働率の低下で全然利益が出ないで困ってますでしょ。

財務は鉄壁。借入金がちょっぴりあるけど、これは銀行とのおつき合いでしょうな。資産の半分以上は現金。株主資本比率は70%超。キャッシュフローも贅沢で文句なし。

広告宣伝費が売上の13%。販管費の30%。デカイ。それでいて営業利益率は7.6%なので、その気になれば利益率は好きなように高くできる。ちょっとだけ広告宣伝費を削るだけで利益率は10%にも12%にもなる。そういう余裕があることは良いことですなあ。まあ、アイケイコーポとしては利益率が8%ぐらいになるように広告宣伝費をじゃんじゃん投入するんでしょうけどね。認知が大切なビジネスです。

株はずいぶん売られて安くなりましたなあ。かつて25万だった株価は現在25000円。10分の1。そのころは異常なプレミアムだった。今はこんなマーケットで叩き売られて安すぎですな。PERで5.7倍。増配予定なので配当利回りは3%超。今の相場環境ではなかなか手が出しにくいけど、業績予想が達成できるなら買いですな。あと、金があまってるんだからもっと増配して、配当性向30%ぐらいいしてくれよ。そうすれば利回りは6%超えて即買い出動できるしね。

あと、中期経営計画も同時に発表になっているので数字だけ確認しておくのも良いです。中計ってのは当たらないけどね。

中期経営計画(平成21 年8月期~平成23 年8月期)の策定について

消費者サービス
アイケイコーポレーション バイク 駐車場

2008/10/17 23:11

タケエイ、不動産マーケットの影響をもろに受けている

~ 環境銘柄でもマンション・建築業界の不況を被ってしまっている。 ~

タケエイは環境銘柄で業績も順調に伸びそうなイメージがある。が、建築現場関連の廃棄物処理をメインとするので、マンションが売れず、住宅も盛り上げらない不動産マーケットの煽りを受けて業績は低迷しているわけです。

業績予想及び配当予想の修正並びに役員報酬の削減に関するお知らせ

オフィスビル及びマンション等の新築・解体の建設現場が大幅に減少、さらには縮小した廃棄物市場を巡って競争が激化しており、当初計画した売上目標の達成が困難となりました。

オフィスビルにしても流動化が滞っている状況では、不動産を買って壊して新築して売りつける、というサイクルが滞るのでタケエイの業績も滞る。

環境銘柄といってもこんな風にある特定マーケットの好況・不況に影響されると株価も上がりませんなあ。

新エネルギー・環境
タケエイ マンション リサイクル 不動産 環境

2008/10/17 23:11

ファンドクリエーションの第3四半期決算

~ 不動産マーケットが厳しい折、まだまだ積極的?なんでしょうか。 ~

ファンドクリエーションの第3四半期決算。

平成20 年11 月期 第3四半期財務・業績の概況

資産の圧縮は全く進んでいない。ファンドクリエーションの場合、インベストバンク事業の不動産投資部門が流動化に該当するけど、ここまでで売上は12億しかない。前期は130億売り上げたので、残りの3ヶ月で110億以上売ってようやく前期並。この不動産マーケットで無理でしょうな。

アセットマネジメント事業はまあ良いでしょう。

棚卸資産は前期末比で+67%。そうなると営業キャッシュフローは当然大赤字。長期借入金が激減して、その分短期借入金が激増。リファイナンスは大丈夫なのだろうか?自己資本比率は13%とどんどん低下。厳しいですな。

不動産・マンデベ・流動化
ファンドクリエーション 不動産

2008/10/17 23:11

パーク24、稼働率は全然上がらない

~ 駐車場数は増加するも稼働率は低下で利益が出ない。 ~

パーク24の月次数字を確認。

2008年10月期 速報数値(収益の状況:月次ベース)

売上は前期比でずっと+5%ぐらいで推移してはいるものの、いかんせん利益がでない。駐車場数の増加以下しか売上が伸びないのは、稼働率の悪化が原因。この稼働率の悪化が諸悪の根元であり、これが改善しない限りは利益も改善しないし、株価も改善しませんな。

特に駐車場が今まで以上の使われるようになる要素もないし、稼働率向上は容易ではありますまい。数年前に成長産業と思われた駐車場ビジネスも、道路交通法(だったかな?違法駐車を取り締まるやつ)の改正の影響が一段落したら、実は成長産業ではなくて、特需だったという現実が見ている。まだまだ厳しい。

消費者サービス
パーク24 駐車場

2008/10/17 23:11

アセットマネジャーズ、相変わらず厳しい中間決算

~ 不動産、国内企業投資、海外企業投資、どれも全部うまく行っていない ~

アセット・マネジャーズの中間決算。

平成21年2月期 中間決算短信

ご多分に漏れず、資産を圧縮し有利子負債の返済を頑張っていると言うことです。

財務の健全性維持を最重要課題と位置づけ、保有する株式や不動産ファンドの出資持分等の売却、有利子負債の返済によるバランスシートの圧縮及び第三者割当増資による資本強化に努めて参りました。

しかし、数字としてはあまり状況は改善していませんなあ。自己資本比率は前期末より僅かに上昇してはいるものの、誤差の範囲と言えましょう。棚卸資産も減っていない。まあ、自己資本比率については、連結の範囲にのせいで低くなっている部分もあるので、アセットマネジャーズが参考指標として出している、調整自己資本比率の方が実体に近いともいえますが。それだと40%を越えますな。

資産の圧縮があまり進まないのは、あまりに激安価格でしか売れないから、売るに売れないからかもしれない。そうでなければ、資産圧縮を進めると思いませんか?売却損が巨大すぎて計上できなので売れないという、そんな状況。

海外投資案件についても売却益が計画ほど見込めないと書かれていますが、何かようやく海外投資がうまく行っていないと説明しだした感があります。海外投資についてはずっと強気でしたからね。

8月の第三者割当増資で発行済株式数は40%以上増加しています。希薄化がものすごい。いずれにせよ利益が出ていないのでEPSとかは考えようもないけど、いずれ(いつになることやら・・)利益が出るようになったとしても、一株あたりの数字は低迷が予想されますな。その前に倒産なんてないよね。

まだまだ苦しい展開は続きそうですな。

不動産・マンデベ・流動化
アセットマネジャーズ 不動産

2008/10/15 23:11

コシダカの決算発表は好調で株は安い

~ 20%で成長する会社の利回りが6%以上、優待入れれば15%以上。 ~

コシダカの決算発表。

平成20年8月期 決算短信(非連結)

業績数字は順調。前期は売上・利益共に20%以上の成長、今期も同様に20%以上の成長を計画。営業キャッシュフローは純利の2倍ほどあり、利益の質も高い。ほぼ営業CFに等しい額を投資に回して出店を継続。原価率の悪化分は販管費の改善で取り戻して、粗利はほぼ一定を確保。

カラオケにはもう10年以上も行っていない。自分にとっては、カラオケはものすごい衰退産業のイメージが強いですね。店舗がじゃんじゃん潰れて、カラオケ人口も減って、飲んだ後にカラオケ行く人の方が珍しい、みたいなイメージがある。

でも、実際はそうではないようです。カラオケの市場規模は僅かながらの減少傾向が続いていると言うことで、国民的娯楽として一定の需要は根強い。

10年以上も行かないと今のカラオケがどうなっているのか、知る由もないけど、多分、高機能なカラオケ機器で、サービスも充実して、快適さもアップしているに違いない。そうじゃなければお客さんは来ない。

そうなると中小のカラオケ屋さんは設備投資の面で厳しくなるので、結局大手の寡占状態にどんどんなっていくわけですな。

だから、市場規模がじわじわ小さくなっていても大手には業績拡大のチャンスはいくらでもある。コシダカの場合はまさにそういうパターン。シダックスなんかも一緒ですな。残念ながら成長産業ではないので業績の爆発力はないし、派手さはないし、セクター的にもイマイチだし、投資家受けも良くないはず。そればっかりは仕方ない。

それにしたって株は安過ぎやしませんか。業績発表を受けてストップ高したものの、PERはたったの3.4倍。とても20%で成長している会社の評価じゃありません。100歩譲って、今のマーケットはPERとかPBRとかEV/EBITDAとか、そういう指標は全然効かないし意味がないというのは納得しましょう。けどね、配当利回りが6%。優待(ヤフオクで売るとして)も入れれば15%を越える。

株価が倍になったって全然おかしくないし、むしろ自然と言えませんか。負けない投資じゃないですか。

消費者サービス
カラオケ コシダカ

2008/10/15 23:11

アトリウムのBSは全然スリムになっていない

~ クレディセゾンの後ろ盾があるから積極的な仕入を続けるのか? ~

アトリウムの中間決算。

平成21年2月期 中間決算短信

前期比で大きく減収減益なのは全然驚く事じゃありませんが、BSが全然スリムになってないのはちょっと意外ですな。

将来の成長性を維持していくためにも、当面は短期的な成長性や収益性は保守的な水準に抑えながら、安定性強化に絞った経営方針に切替えていくことにいたしました。具体的には、各案件における利益率の目標水準を引き下げ、より早期の物件売却を促進し、営業キャッシュフローの増大に傾注してまいります。

と言いつつも、物件売却は進んでおらず、逆に増えている。棚卸資産は不動産だけではないにせよ20%増、自己資本比率は15%まで低下。

他の不動産屋さんがこんな状況なら倒産リストに入りそうですけど、アトリウムの場合はクレディセゾンがついているからね。そういう面では倒産の心配はない。潰せないでしょう。

ということで、クレディセゾンの資金援助があるからどこまでも仕入を続けそうな気配です。不動産市況が回復した折りにはもしかするとぐっと業績を伸ばすのかもしれませんなあ。いつになることやら。

不動産・マンデベ・流動化
アトリウム 不動産

2008/10/15 23:11

携帯は売れない=ITCの減額修正

~ 構造的に新規も買い換えも弱い携帯需要、期待はできないです。 ~

携帯電話が売れない。これだけ携帯普及率が高くなれば、需要はほぼ買い換え。買い換えの場合は携帯本体の価格が新規より全然高い。販売奨励金も出なくなったし、高機能化で高くなるし。なにも買い換えに限った事じゃなくて、新規とか乗り換えとか、状況は変わらないですな。

アイ・ティー・シーの下方修正。

平成21 年3月期 第2四半期・通期業績予想の修正に関するお知らせ

当然このような結果となる。通期では利益の修正はなし。

なぜなら、

今年10 月にはモバイルナンバーポータビリティ(MNP)開始から2年目を迎え、お客様の流動性が高まるタイミングに合わせた各通信キャリアの販売促進強化が想定されます。

いや、それは期待しすぎというものでしょう。

通信キャリアが第2世代サービスの新規契約終了や終了時期の発表をしたことにより、お客様の第3世代サービス対応端末への買替えが加速化することが予想されます。

嘘ではないけど、インパクトは大きくない。

携帯端末は高価格帯に集中しているので、シンプル携帯を低価格で売ってくれれば売れるんじゃないか?少なくとも個人的にはそういうものが欲しい。まあ、それは端末メーカーが自らの首を絞めることを意味するわけで、なかなか起きそうにない動きではありますなあ。

専門小売銘柄
アイ・ティー・シー 携帯

2008/10/15 22:10

コスモスイニシアとタカラレーベンの下方修正

~ 超高配当利回りの不動産株はちょうど良くなるまで業績が悪化する。 ~

マンデベの下方修正を2つまとめて。

コスモスイニシア

平成21 年3 月期(連結・個別)業績予想の修正及び優先株式の償還計画変更に関するお知らせ

大きく減額ですな。マンションが売れないのは分かり切ったこと。高値で仕入れた在庫の減損が重い。

業績悪化で償還予定だった優先株の償還を中止。仮に下方修正がなかったとしても、資金繰りは厳しいので果たして償還できたかどうかは疑問ですね。

しかし株価は倒産価格だけど、どうでしょうな。

タカラレーベン

業績予想の修正に関するお知らせ

中間期のみの減額で、通期は変更なし。そんなわけはありませんな。いずれ減額は必死でしょう。さもなければ、配当利回り11%になってしまう。ここまで、超高配当利回りだった不動産屋はことごとく下方修正&減配(無配転落)で、それなりの配当利回りに落ち着いてきた。まさかタカラレーベンだけ例外って事はありますまい。

不動産・マンデベ・流動化
コスモスイニシア タカラレーベン

2008/10/15 22:10

エステの会社?富士バイオメディックスが倒産

~ 一体どこへお金を流しているのか、セントレック銘柄だから仕方ないか。 ~

富士バイオメディックスが倒産。負債総額218億円。

民事再生手続開始申立に関するお知らせ

CRO会社がいつの間にやらエステの会社になって、最後は倒産でした。本業が変わるのは余り好ましくない兆候。

平成20年9月末日に入金を予定していた多額の未収入金の回収ができず、同月の資金は急遽他社からの支援により乗り切りましたが、その後、この未収入金の存在自体に疑義が生じたため、平成20年10月末日の資金を調達する目処が立たず

未収入金の最大は広瀬伸次。ワキガとか多汗症に関する本も出している医師なんだけど、医師免許停止を食らった事があるらしい。免停になった医者なんて、どう考えてもダメですな。

次が医療法人瑞穂会。どんなのか分からない。

多分、このうちのどちらかからの回収が出来なかったものと推察。

そもそも名証セントレック上場と言うことで投資不適格ですな。主幹事は東洋。監査法人は大光。大光が監査するのは富士バイオとメデカジャパン。メデカジャパンなユニマット系。

大株主は医薬品卸の大手、東邦薬品。変なものつかまされちゃったね。メデカジャパンが第二位株主。

倒産・上場廃止
セントレック 富士バイオメディックス

2008/10/15 22:10

忘れてヒドイ目にあわないように

~ 次から次へと終わることのない香ばしい匂い ~

どうでもいいけど、どこの会社だったか忘れてしまって将来地雷を踏んでしまわないようにメモ。

ルーデンホールディング

旧アライブコミュニティ。菱和ライフクリエイトの社長(西岡進)の実兄が社長。継続疑義の注記。監査法人は霞友。大株主はイースタン・アライアンス・エンタープライズ。社長は西岡なのにイースタン。

本日のプレスリリース

セイクレスト

第三者割当による新株予約権の払込完了に関するお知らせ

そうですか、資本増強ができて良かったですね、って、総額75万円。75万円て、社長の給料より少ないんじゃないですか?

第三者割当による新株式の失権に関するお知らせ

なに?たったの5千万円の資金繰りがつかないと。それで、

50,000 千円の調達は厳しいものとなり、会社存続の危機となってしまいますが、以前より交渉を継続しておりました間接金融における資金調達を実行することにより会社存続の危機を回避するとともに

とても上場企業とは思えませんな。倒産最前線。

プロジェ・ホールディング

平成21年2月期 中間決算短信

大赤字。通期ではもっと赤字が拡大するんじゃないですか?監査法人はフロンティア。親会社はステラ・グループ。旧アポロインベストメント。

ワールド・ロジ

会計監査人の退任ならびに一時会計監査人選任に関するお知らせ

アスカが退任して大阪が新任。

クサイ会社・エグイ企業
セイクレスト プロジェ・ホールディング ルーデンホールディング ワールド・ロジ

2008/10/12 15:03

ダイセキ環境ソリューションがずいぶん安くなった

~ マーケットに引くずられて安くなったけど、環境関連は期待できる。 ~

ダイセキ環境ソリューションの中間決算発表。

平成 21 年 2 月期 中間決算短信(非連結)

200810124.jpg

この株は今までずっと高い高いと思ってきていたが、今日見たらなんだえらい安くなってるじゃないですか。11万円ですか、ついこの前50万円につっかけたと思っていたんだけどね。11万はちょっと安すぎやしませんか?

業績数字の方は順調。環境意識はどんどん高まるし、今までのように杜撰な方法で産業廃棄物するのもできなくなるし、環境関連の法律も厳しくなり、まさにダイセキ環境には追い風が吹いていると言えましょう。ダイセキ環境のメインは土壌汚染調査・処理だけど、これにしても状況は全く同じですな。

景気が悪くなるとお金に余裕がなくなるので、環境汚染とか目に見えにくい、ややもするとちょんぼしやすい部分でごまかす企業が出てくる可能性はある。食品偽装が最近流行っているけど、それにしてもお金がないから、もっと儲けたいからということ。偽装してもばれにくい。環境に関しても同じことが言える。

マンションが売れないのも一つのマイナスかと。マンションって建てるときに土壌調査とかするでしょ。結構大きな需要先何じゃないかと。

借入金が前期末の36億(総資産の42%)から16億(総資産の22%)まで20億の激減。その分キャッシュが23億減った。無駄なキャッシュを持っていても仕方ないので借金を返済するのは良いことですね。設備投資も一段落ということでしょう。

今のマーケット激震が落ち着けば復活すると期待できる銘柄ですな。

ビジネスサービス
ダイセキ環境ソリューション 環境

2008/10/12 15:03

エヌ・ピー・シーのブッちぎり決算発表

~ PL、BS、CF、受注、ビジネス、全然スキがない。復活も早そう。 ~

ブッちぎりの決算を発表したエヌ・ピー・シー。

平成20年8月期 決算短信

分かっていたことではありますが、それにしてもすごい数字が並んでいます。せっかくなので列挙してみる。

  • 2007年8月期 売上+56%、営利+28%、経利+33%、純利+33%、EPS+21%
  • 2008年8月期 売上+45%、営利+68%、経利+81%、純利+78%、EPS+52%
  • 2009年8月期予想 売上+47%、営利+42%、経利+38%、純利+30%、EPS+26%

伸び率という点ではこの株を買わずしてどの株を買おうという状況ですな。

作っているのは太陽電池製造装置。現在の主流である結晶系シリコン太陽電池のみではなくて、これから期待される薄膜系太陽電池にも対応した製造装置。まさに今一番盛り上がっている分野の製造装置で、ビジネス的にもこれを買わずしてどれを買おうという状況。

200810122.jpg

発電量ベースでの太陽電池の生産量。NPCの決算短信より。EUとひとくくりにされてしまっているので内訳が分かりづらい。今までの情報から判断すれば、ドイツとスペインがほとんどのはず。その他の内訳が気になる。

受注から出荷までに小さいもので4~5ヶ月、大きなものでは7~9ヶ月かかるので、その間のファイナンスにどうしても資金が必要となる。でも、NPCの場合は前受金を取ることにしていて、これが資金繰りに大きく貢献している。この前受金を取るというのは、中国で商売する場合には普通のことで、中国の太陽電池セルメーカーに装置を販売する際には当然前受金をたくさん取っているはず。その他の海外向けでは多分、交渉次第なんだろうね。

BSの数字をチェック(前期比)。

  • 現金 2.9倍
  • 売掛債権 2.8倍
  • 棚卸資産 2.8倍
  • 固定資産 3倍
  • 買掛債券 2.4倍
  • 前受金 4.1倍
  • 有利子負債 0円

CFの数字をチェック(前期比)。

  • 営業CF 3.7倍 (純利益比1.4倍、棚卸資産増加分はほぼ前受金の増加分と同じ)
  • 投資CF 1.9倍 (設備投資4.4倍)
  • 財務CF 6.2倍 (プラスは新株の発行のみ。新規借入なし。)

受注の状況(前期比)。

  • 受注高 1.9倍
  • 受注残高 2.1倍

いやはや、素晴らしいですな。文句なしじゃないですか。売掛債権や棚卸資産の激増が怪しいかな?って最初は疑うかもしれませんが、キャッシュフローや前受金を見ればほぼ大丈夫って分かると思うんですね。

200810123.jpg

株価の方は、どさくさに紛れてずいぶん売られてますね。今期予想PERで29倍。安くはないけど業績の伸びを考えれば悪くない。このマーケットが落ち着けば買われていくんだろうと思うね。

新エネルギー・環境
NPC エヌ・ピー・シー 太陽光発電 太陽電池 有望

2008/10/12 15:03

ビジョンメガネ、もうどうにも止まらない

~ 業績悪化のスピードがあまりに早く、債務超過は時間の問題。 ~

ビジョンメガネの業績悪化は止まらない。

平成21 年3 月期 9 月度売上実績のお知らせ

前年同月比で-20%の減少が続いている。これだけ急速に売上を減らすのも珍しい。メガネトップが眼鏡市場ブランドで始めた、いわゆるワンプライス眼鏡が日本を席巻した影響ですな。

今となっては、普通の眼鏡はワンプライス(ツープライス、スリープライスもあり)、そうじゃなければよほどの高級品で富裕そう狙い、のどちらか。どっちつかずのビジョンメガネはどうにもなりません。愛眼、三城、メガネスーパー、全滅です。まさにメガネトップの一人勝ち。

ビジョンメガネは前期末の段階で株主資本比率が4%。今期は債務超過確実かと思われます。なにがしかの資金調達ができないと倒産も視野に入って参りましょう。誰かビジョンメガネを買ってくれるか?いや、だれも買いたい人はいないんじゃないか。怪しい資金に手を出すかもしれないけど、そうじゃなければ。。。

専門小売銘柄
ビジョンメガネ 眼鏡

2008/10/12 15:03

不景気には強いマクドナルド

~ 何かとお得なマクドナルドは、いずれ日本でもディフェンシブの代表に。 ~

マクドナルドの月次数字。

月次 IRニュース

外食各社はどこも非常に苦しいにも関わらず、マクドナルドは好調。マクドナルド以外で好調と言えば、サイゼリヤぐらいか。両社に共通するのは低価格。まさにこれがキーワードではなかろうか。

国民皆さんの懐は寂しいんです。財布の口はかたいんです。少しでも安く済ませたいんです。

マクドナルドの去年の既存店がものすごく良かったのは、24時間営業や長時間営業の店が増えた影響が大きい。もちろん、それ以外の要因でも好調ではあったけど。今期はどこも長時間営業になった感があるので、時間の影響は比較的少ないのではないかと。

しかし、マクドナルドは魅力的なメニューを繰り出すと思いませんか。魅力的なメニューというか、値段といった方が正確かも。

9月1日~10月2日限定で月見バーガー、チーズ月見バーガー、ダブル月見バーガーを販売。9月19日から新レギュラーメニュー「シナモンメルツ」を開始。9月19日~9月28日は夕方5時以降フィレオフィッシュが100円。

なんかこう、いつ行っても何かお得な商品とかある感じ。

200810121.jpg

ちょっと株価を見てみたい。ずいぶん下げたけど、割安さ的にはちょうどいい感じじゃないですか?今まで評価が高すぎたと思うね。ハンバーガーの本場アメリカではマクドナルドはディフェンシブ銘柄の代表みたいなもので、不況に強い。そりゃそうですよ、景気が悪くたってバーガー食わないわけには行かない。

実際、不景気風がびゅーびゅー吹いているアメリカでマクドナルドの株価は堅調。ここ1週間の歴史的マーケット激震ではさすがに連れ安したけど、それまでは株価は上げ調子で上場来高値だったわけですよ。

日本でもいずれそういう風になるんじゃないかと。若い頃からバーガー食べてきた世代がおじさんおばさんになって、老人になり、子どもも今までよりバーガー食べるからね。

ところで、なぜマクドナルドは9月のこの時期に月見系バーガーを出すかと言えば、この時期は卵が安いからですね。一年で一番卵が安いのはもちろん夏なんだが、夏に出してもあまり食べたくないでしょ。くそ暑い中でハンバーガーより、秋のキモチ良い季節にバーガー食べたくなる。秋から冬にかけて卵の値段が上がっていくので、秋に発売って事ですね。

外食・レストラン・居酒屋
アメリカ ディフェンシブ マクドナルド

2008/10/12 15:03

靴下屋のタビオ、中間決算数字をチェック

~ 業績数字は好調、国内生産という強みでこれからも強いのか。 ~

タビオの中間決算発表。

平成21年2月期 中間決算短信

決算数字は先日の上方修正があったので分かっていたこと。

タビオは足下ファッションが定着したと言うけど、さて、どうでしょうね。ファッションほど移ろいやすいものはなし。特にタビオが成長したのはオーバニーやレギンスというアイテムで、タビオ的にはこれらは定着したと言うことですが。

店舗増加は少しずつではあるものの順調。靴下文化がない欧米での展開を頑張っているけどあまり進んではいない様子。開拓できればでっかいこと間違いなし。

タビオの靴下は基本的に国内生産で、海外生産品がほとんどの日本では珍しいですな。これが特徴でもあり、強みでもあるわけです。で、なぜに国内生産にこだわるかと言えば、第一に品質となる。残念ながら靴下屋で靴下を買ったことがないので分からないんだけど、質は良いらしい。そういうウワサはよく聞くね。

靴下ってすぐにヨレヨレになってしまう消耗品のイメージが強い。強いというか、実際そういうものですね。けど、靴下屋の製品はちょっと違うんですかね?大事に長くはけるというか。

あと、縫製とかも輸入品とは違って、靴下屋の靴下をはいて靴を履くのと、輸入品の靴下をはいて靴を履くのでは、快適さが違うらしい。これまた、らしい、だけど。

そういうこともあって、靴下が足下ファッションとして定着したのであれば、他にもいっぱい靴下屋ができて競争になりそうなものだけど、今のところタビオの靴下屋が製品品質では一歩先を行き、強いらしい。これまた、らしい。

ところで、靴下屋はタビオのお店の名前でもあるけど、一般的に靴下を売る店の事でもある。なんか、このエントリーでもどっちの事を言っているのか、分からないところがありそうではある。

アパレル・ファッション銘柄
タビオ 靴下屋

2008/10/12 15:03

ドラッグストア各社の業績から考えると

~ 2000億以上の売上規模がドラッグストアの目安になるのではないかと。 ~

大中小が林立するドラッグストア業界。これだけ競争が激しいと規模がものを言うようになってくる。どうやら売上規模で2000億が最低線という状況ではなかろうか。最近の各社の業績発表からそんな感じです。

薬王堂。売上規模1000億以下。

平成21年2月期 中間決算短信

売上は上がれど利益は伸びず。新規出店で売上は増加しているけど、出店費用はかかるし粗利は悪化するし販管費も増えるし、利益は全然出ない。

コスモス薬品。売上規模1000億~2000億。

平成21年5月期 第1四半期決算短信

増収増益。積極的に出店しコストも抑える。

ミドリ薬品。売上規模1000億以下。

業績予想の修正及び特別損失の発生に関するお知らせ

スクラップアンドビルドの費用、積極販促の費用、既存店の不振。厳しい。

クリエイトエスディー。売上規模1000億~2000億。

平成21年5月期 第1四半期決算短信(非連結)

増収増益。順調。

スギホールディングス。売上規模2000億~3000億。

平成21年2月期 中間決算短信

増収増益で好調。既存店も100%越えを維持。純利は減少だけど、これは買収費用を一括償却なのでOK。

ということで、売上規模が小さいと苦しい状況がよく見て取れる。ここにあるのはたまたま同じ日にリリースされた企業だけど、これら以外の各社でも傾向は全く変わらない。規模が大きいほど業績は順調。

ドラッグストアは業界的に厳しいんです。これから薬はコンビニとかスーパーで売られるようになる。イオンなんかかなりの数のドラッグストアに出資していますね。え、ここもイオン系?なんて事がよくあります。

結局、スーパーとドラッグストアの垣根はどんどん低くなるんじゃないですか?だって、ドラッグストアにあるものなんて、薬と化粧品以外はほぼ全てスーパーにあるわけで、法的な規制さえなければ同じになれるわけ。

免許を持った人材がどうだ、ノウハウがどうだって、なんだかんだ障壁があるような言い方もされるけどね、不動産屋が薬を売ろうとしているのとはわけが違う。スーパーが薬を売るなんて、多少いろいろあったってお茶の子さいさいに決まってますな。

ドラッグストアは大手ほど有利、中小はM&A狙いで、そういう流れじゃないですか。そのうちドラッグストア業界をまとめてみなければいけないなあと思う今日この頃。

専門小売銘柄
クリエイトエスディー コスモス薬品 スギ薬局 ドラッグストア ミドリ薬品 薬王堂

2008/10/12 15:03

エムケーキャピタルマネジメントの決算発表

~ 小規模の流動化銘柄としてはかなり安全な部類に入る。 ~

エムケーキャピタルマネジメントの決算発表。

平成20年8月期 決算短信

決算数字自体は非常によい。ほぼ前期並ということなので。だけど、そんな事は全然重要ではないのは百も承知なわけですな。

今期の計画は、売上こそ微増なものの赤字転落ということで、これが本来の姿なわけです。

計画としては、アセットインキュベーション事業(自己投資ですな)の6プロジェクトを売却し、自己投資からは完全に足を洗う予定。こういう姿勢は好きです。その売却資金でもって有利子負債を完済する計画。うーん、こういう姿勢も好きです。

もともとMKキャピタルは有利子負債が少なく、自己資本比率も高い。前期は自己資本比率70%。これは不動産市況の状況を冷静に判断し物件売却を進めてきた会社の力量と言えましょう。

こういう状況であれば、バーゲンハンティングを目論んで、「他の不動産屋が苦しんでいるときに物件を安値で仕込む予定です」なんて事を言い出しそうですが、全くの逆。自己投資から撤退し、借金を全部返すと。

アセットマネージメントに集中していくわけだけど、ここも受託資産残高は減らしそうな雰囲気ですな。まあこれは仕方ありますまい。

BSを眺めてみると、販売用不動産が大きく減少して、借金が同様に大きく減少。一生懸命物件を売って有利子負債を返済している様子が分かりますね。営業キャッシュフローは当然プラス。今の状況であれば倒産からは最も遠い場所に位置する不動産屋の一つかと。特に、この規模の流動化メインの不動産屋では安全ですな。

不動産・マンデベ・流動化
MKキャピタル エムケーキャピタルマネジメント 不動産

2008/10/12 15:03

平和不動産とプロパストのプレスリリース

~ 賃料収入はやっぱりありがたい。特に今のような相場では。 ~

平和不動産とプロパスト。

平和不動産が減額発表。

業績予想の修正に関するお知らせ

それなりに大きな減額だけど、赤字転落はない。平和不動産のように、賃貸がベースにある不動産屋はやっぱり安定感がありますな。流動化の部分は当然ダメなわけですが。

プロパストの第1四半期決算。

平成21年5月期 第1四半期決算短信

取り立てて面白うそうな所もありませんな。保有資産の値下がりで減損、値下げで利益でず、棚卸資産を減らして有利子負債を減らして財務を好転させたいけどなかなか進まず、資金繰りが心配で株価は安い。他の不動産屋と全く同じ。

一応、会社の計画では今期も黒字を確保し、数字もそれなりに悪くない。しかし、株価はそうは言っていない。

不動産・マンデベ・流動化
プロパスト 不動産 平和不動産

2008/10/12 14:02

アセットマネジャーズの下方修正

~ 世界10指に入る投資銀行を目指していたのにね。 ~

アセットマネジャーズの業績下方修正。

中間期及び通期業績予想の修正に関するお知らせ

期待通りというか予想通りというか、アセットマネジャーズの保有資産はどんどん値下がりし含み損が拡大している模様。売れば売るほど損が出る状況。不動産はもちろんのこと、企業投資の部分も大きく毀損している。国内の企業投資先は11億も減損。だけど、海外案件は減損がないので、海外はまだ自信を持っていることの現れでしょうか。

中国は株式市場こそ暴落し、経済全体にスローダウンと言われつつも、実際にはものすごいスピードで経済成長しているわけで、そういう背景を考えての減損なしなんでしょうな。つまり、投資先の業績自体は良いと理解できそうです。このあたりは全部想像。

かつて世界で10本の指に入る投資銀行を目指すと豪語していたアセットマネジャーズ。今では世界トップの投資銀行がバタバタと倒れ、最後のゴールドマンサックスとモルガンスタンレーも投資銀行の旗を降ろし、銀行になってしまった。そりゃアセットマネジャーズの業績だってボロボロになりますな。

アセットマネジャーズ自ら言っています。

当社グループの復活のために、事業の選択と集中、販管費の大幅削減を断行していく方針であります。

復活のために、ってことは今はボロボロ。ボロボロじゃなければ復活できない。正直で良いけど、笑えない。けど、保有資産の価値はマーケットが言うほど酷くないんだから、株価は安すぎですよ、とも主張。

当期におきましては多額の損失を計上いたしますが、純資産額は時価総額を大幅に上回っており、予想中間純損失調整後1 株あたり純資産は約66,000 円となります。

けどね、まだまだ売れば損が出るもの持ってるんじゃないですか?アメリカの金融機関じゃないけど、値段の付けようのないCDSに等しい資産とかみたいにね。

不動産・マンデベ・流動化
アセットマネジャーズ 不動産

2008/10/11 07:07

リサパートナーズが下方修正を発表

~ 減額ではあるけどプレスリリースでは資金ショートはという自信が見られる。 ~

リサ・パートナーズが下方修正を発表。

業績予想の修正に関するお知らせ

減額幅は大きいですな。リサパートナーズの場合、不動産一本槍ではくて、大別すれば企業投資、債券投資、不動産投資と3つの柱がある。基本、企業投資と債券投資は順調だけど、不動産がダメと言うこと。具体的には今期売却予定だった大型案件が実現できなくなったという、どこの不動産屋にもありがちな話し。

同時にリリースされた資料がなかなか面白い。特に下の方にあるQ&A。

当社業況に関するご説明

リサとしては、不動産屋ではなくて、投資銀行として見て欲しいという考え。売上や利益の貢献度合いとしてはずっと不動産が大きかったので不動産屋と見られがちだが、企業投資や債券投資もちゃんとやってますと。

棚卸資産の増加や借入金の増加、営業キャッシュフローのマイナス、そして何より銀行との関係、資金繰りの状況という、今投資家が一番気にしている点についてもコメントしていますね。

資金繰りについては、大丈夫、と断言。けどね、どこの不動産屋も大丈夫って言っていながら倒産している。リサの大丈夫は他企業の大丈夫より信頼感があるのは、リサは地方の銀行と太いパイプがあって、事業も一緒にたくさんやってるという事実があるからでしょうな。借入金利についても十分低いですと主張。

こんな相場環境のため中止になった増資については、今後予定はないと。

絶対にいくつか選ばないといけないと迫られれば、リサをそのうちの一つに自分であれば選ぶね。

不動産・マンデベ・流動化
リサパートナーズ 不動産

2008/10/11 07:07

日医工、ジェネリック薬で好業績で株は売られている

~ 後発薬は装置産業で競争は激しいけど伸びていくのは疑いようがない。 ~

日医工の第3四半期決算は素晴らしい数字です。

平成20年11月期 第3四半期財務・業績の概況

ジェネリック薬品は国策です。国策に売りなし、なんて言いいますが、まさに業績的にはその通り。しかし株価は苦しい。全てはこの暴落マーケットのなせる技。こんなディフェンシブな銘柄を叩き売るなんてどうかしてるよ、本当に。

平成20年4月に実施されたジェネリック医薬品の使用促進策である処方せん様式の再変更や診療報酬改定による後発医薬品調剤体制加算などの制度変更の実施により、調剤薬局を中心としたジェネリック医薬品の市場が拡大しております。

基本的にジェネリックは伸びるしかない。縮むわけがない。

ジェネリック薬品は新薬とは違って、開発費はかからず、装置産業の面が大きい。どんどん投資して、M&Aして、規模を拡大しないとダメって事ですな。日医工は日本国内ではそれなりの規模ですけどね、世界最大手のTEVAが日本に参入って先日ニュースになりました。日医工に限らず国内ジェネリックメーカーは戦々恐々としているに違いない。

いずれマーケットが落ち着けばこういう銘柄は不況に強いのは疑いない。

医薬品・医療品・調剤薬局
後発薬 日医工

2008/10/11 07:07

ナチュラムの9月月次数字は引き続き好調

~ セキュリティ問題も関係なくずっと好調を維持するスポーツ・アウトドア屋さん。 ~

ミネルヴァホールディングスの月次。ナチュラムという名前の方がしっくりくる。

Eコマース(インターネット通信販売)月次速報(平成20 年9月1 日~9月30 日)

既に発表された中間業績は好調。9月の月次も同様に良い数字。

セキュリティ問題などは全くなかったかの如くですな。アマゾンに出店したのだが、その取扱商品点数は相当なもののようです。アウトドア・スポーツ用品は元気な分野の一つですね。

専門小売銘柄
ナチュラム ミネルヴァホールディングス 月次

2008/10/11 07:07

不動産屋ではブッちぎりの好決算、毎日コムネット

~ 学生専用マンション=現代風学生寮、が普通のマンションより受けが良いのは。。。 ~

毎日コムネットの第3四半期決算。ブッちぎりの好決算ですな。

平成20年11月期 第3四半期財務・業績の概況

不動産屋とは言っても、流動化やマンデベではなく、学生マンション管理という狭い分野に特化している。賃料収入、管理収入というストック型ビジネスはやはり安定的で強いです。株価も堅調。この株価で堅調なんて言ったら怒られるが、他の不動産屋のありさまを見ればこれを堅調と言わずしてどうする?

しかし、学生マンションは人気があるんですね。なにも、学生専用のマンションじゃなくてもいいと思うんだけど、専用の方が人気があるということなのだろうか。学生マンションと呼んではいるが、昔風には寮でしょ。自由度が高い寮、というか完全自由の寮。

個人的には寮的なものより、普通のマンション・アパートの方が良いと思うのだが。だって、ご近所さんはみんな学生なわけでしょ、しかも同じ大学の可能性が高い。息苦しくないんだろうか?

大切な子どもに危険な一人暮らしをさせるのだから安心の学生マンション、という親のキモチをがっちり捉えたビジネスって事ですか。

200810101.jpg

しかし、毎日コムネットが調子良いって事はですよ、不動産投資するなら学生狙いのワンルームマンションが最適ってことじゃないですかね。少子化で子どもの総数は減る一方だけど、大学生の数は順調に増えるという予測。進学率はまだまだ上がるって事。全入時代なんだから納得ですな。

女性の割合が増えるのも大切かと。高校を出たばかりの若い女性を昔風のボロアパートに入居させたい親なんていない。セキュリティーのしっかりしたそれなりの所を探すし、周りが学生だけならなお安心という事でしょう。

そういうワンルームマンションを大学の近くに持てば高稼働率で良いって事。学生はサラリーマンの突然転勤・退職って確率も低いので、変な時期に空室になってしまうリスクも少ない。

不動産投資家は同じ事考えているんだろうけどね。

不動産・マンデベ・流動化
ワンルーム 不動産 毎日コムネット

2008/10/11 07:07

書画カメラのエルモ社

~ 需要は一定していそうだけど、そうでもなくて伸び盛りらしい。 ~

書画カメラって結構売れているんですね。それも世界的に。エルモ社は書画カメラで世界トップ。トップでシェアがどれぐらいあるのか分からないけど、そういうトップがいるっていう業界というのが意外。中小メーカーがみんなちょこちょこ作っていそうなイメージがある。

平成21年2月期 中間決算短信

ちょっとニュース
エルモ社

2008/10/10 20:08

アルバイトタイムス、相変わらずの悪決算

~ ビジネスモデルも業績も悪いけど、お金だけはたくさん持っている。 ~

アルバイトタイムスの業績悪化はどうにも止まらない。一時は飛ぶ鳥を落とす勢いだったが、そんな面影は全くなくなってしまいましたなあ。フリーペーパーって言うビジネスモデルはダメだと言うことでしょう。

平成21年2月期 中間決算短信

売上は順調に減少。止まる気配はなし。営業利益段階で赤字。

この会社の決算短信は情報量が多い。いろいろデータが載せてあるし、グラフなどを使って見やすくしている。業績が好調の時はそういう事をして、業績が悪くなるとやめてしまう会社があるけど、アルバイトタイムスは良い時も悪いときも、ずっと積極的に情報開示している。その点は二重丸をあげたいですね。

求人広告件数は全国的に右肩下がり。前年比でマイナスが続いている。それ以上にアルバイトタイムスの売上は減少しているので、DOMOの集客力が弱くて媒体に魅力ないという証明かと。

売上減少に伴って人件費も減らしているが全然追いついていない。しかし、営業が全てといえる会社で人員を削減していくのは、まさに負のスパイラルといえましょう。

地域別の売上を見ると、どこもほぼ同じように減少。DOMOネットは全く商売になっていない。今のご時世、ネットが弱いって致命的じゃないですか。DOMOネットはDOMOと一体型のサービスで、単独での売上は見込んでいない、って話ですが、なんとも納得できません。

顧客としては、人材サービス会社からの仕事が減っている。そりゃそうですな。人材サービス会社の業績が悪化の一途をたどっていることからも明白です。

この会社の唯一素晴らしいのは、これだけ赤字を出してもまだまだ財務が強いって事です。この中間期はいよいよ営業キャッシュフローもマイナスになったけどね、それでも資産の半分は現金。同等物も含めれば70%近くがキャッシュなわけです。

借入金はゼロ。負債は資産のわずか20%。

倒産しないんだから、90円って株価は安いんじゃないですか。どうすればいいのやら分かりませんが、キャッシュを使って手を打てる可能性があることは良いことです。

ビジネスサービス
アルバイトタイムス

2008/10/10 19:07

ディフェンシブなスーパーマーケット銘柄

~ ディフェンシブ銘柄まで叩き売られるのが今の相場。 ~

スーパーマーケット各社の状況をまとめて。

食品を主に扱っているスーパーマーケットは基本的にはディフェンシブ銘柄。不景気だろうガなんだろうか、人間は食べていく。値上げがあっても食べていく。値上げすると一時的に消費は減るけど、いずれ食べたくなるのが人間というもの。

利益率は低くて、競争は超厳しくて、ぼんやりしているとあっという間にお客さんが逃げていく。そういう点はディフェンシブ銘柄といえども真にディフェンシブとは呼べない部分ではある。これは要注意ですな。

よって、経営がしっかりしていて規模の大きいスーパーマーケットはディフェンシブと考える。

ジェーソン。

中間業績予想の修正に関するお知らせ

既存店売上が+5%で、新店も好調。上方修正となりました。通期は増額無しだけど、中間発表時に増額される可能性が大きい。食品関連は売上の60%なので、スーパーではなくてバラエティストアなどと呼んではいるが、いろいろ売ってるスーパーである。

ベルク。

平成21年2月期 中間決算短信

業績が安定しているし規模もそこそこ大きい。イオン系というのが良い意味でも悪意味でも面白。株価は暴落しているけど、こういうディフェンシブを売るってやめてくださいよ。

丸久。

平成21年2月期 中間決算短信

山口の地方スーパーなのでいまいち出来高が細いし、聞いたことのない名前でもありましょう。業績は優良で好調。株価も堅調で、ディフェンシブ銘柄合格ですな。

マルエツ。

平成21年2月期 中間決算短

これこそディフェンシブの代表選手じゃないですか。それなのに株価は暴落。これじゃあまじめな人が救われない。マーケットは常に行きすぎる。そして行きすぎは修正される。

東武ストア。

平成21年2月期 中間決算短信

これだってマルエツに負けず劣らず業績は安定している。売らないでくださいよね。

セブン&アイ・ホールディングス。

平成21年2月期 中間決算短信

イオンと日本の総合小売を担う巨大企業ですね。イオンは先日ボロボロの決算を発表しましたが、こちらは堅調。イオンの超強気の大型店出店計画が裏目に出て、7&Iのコンビニ重視が良い結果を出した。

7&Iやイオンは子会社の数がものすごく、抱える業態も多種多様。業績のブレが大きいので、スーパーながらディフェンシブ銘柄とは言いたくない。

総合すると、ディフェンシブに十分値するスーパーマーケット銘柄まで今の相場ではたたき売り。

専門小売銘柄
ジェーソン スーパー セブンアンドアイ ベルク マルエツ 丸久 東武ストア

2008/10/10 19:07

マネースクウェアジャパンの9月月次、好調

~ 為替のボラティリティが高まりさえすれば儲かるのがFX業者。 ~

マネースクウェアジャパンの9月月次の数字が他のFX業者同様に好調。

平成20年9月度 月次概況(速報)に関するお知らせ

繰り返しになるけど、FXにはボラティリティが全て。

ボラティリティが高まった分、顧客取引高等の増加につながり

FX・為替
FX M2J マネースクウェア

2008/10/10 18:06

ニューシティ・レジデンス投資法人が倒産。REIT初。

~ ついに不動産マーケットの激震はREITまで到達しました。 ~

ニューシティ・レジデンス投資法人が倒産しました。負債総額は1120億。REITでは初の倒産。いよいよここまで来ました。

本投資法人の民事再生手続開始の申立てに関するお知らせ

一応、帳簿上は総資産が2000億円ある。じゃあ、倒産したので資産を清算すれは負債は全部返して投資家にも900億円返ってくる事になりますが、誰もそんなこと信じてはいませんね。果たしていくらで売れるのか?半額としても1000億で負債をほぼカバー。

スポンサーはCBリチャードエリス。知らない人が多いかもしれないけど、アメリカの不動産最大手。ちょっと日本の大手不動産とはビジネスの比重の置き方が違うので、不動産最大手、という言葉は誤解を招くかもしれないけど、まあ、意味は分かってもらえましょう。

ちなみに、アメリカではCBリチャードエリス関連としても全くニュースになっていない。CBリチャードエリスが直でスポンサーではなくて、子会社か孫会社か、SPCか何なのか、よく分からんけど、それ系であることは間違いないんだから、少しぐらいニュースになってもいいんじゃない?

全世界で不動産を扱うCBリチャードエリスがこんなミスをするというか、見通しを大きく間違うというか、今の不動産マーケットの酷さが分かるというもの。

ここからは、REITが倒産するとどうなるのか、そういう過程が分かる良い機会ですな。

現在のREITの高配当利回り銘柄1位~5位。やっぱりニューレジデンスはトップ。ってことは、これは危ないリストといってもいいだろう。

  • 順位 コード  銘柄          配当利回り
  • 1  8965  ニューシティ・レジデンス投資法人  28.31%
  • 2  8962  日本レジデンシャル投資法人  20.87%
  • 3  3229  日本コマーシャル投資法人  20.83%
  • 4  8963  東京グロースリート投資法人  19.60%
  • 5  8980  エルシーピー投資法人  19.30%

パシフィック系2つが2位、3位というのが不気味ですなあ。

倒産・上場廃止
REIT ニューシティレジデンス 不動産

2008/10/10 18:06

ランドの中間決算発表は余裕がある感じ

~ 短信には何となく余裕がある言い回しが多い。 ~

ランドの中間業績はかろうじて黒字を確保。

平成21年2月期 中間決算

資産を圧縮し、自己資本比率は上昇、営業キャッシュフローを黒字化して、借金を返済し、財務キャッシュフローは赤字。方向性としては間違っていませんな。

通期に関しても十分な黒字を計画。特にシニア住宅事業が好調で、施設の稼働率は90%以上で黒字化が見込めると説明がある。なんとなく余裕を感じる言い回し。

1年以内に返済・借り換えしなければならないの300億。この金額が大きいとか小さいとかは重要ではなくて、銀行がお金を貸してくれるのか、物件買い主が突然キャンセルして資金繰りに困らないか、そういう所が重要ですな。

不動産・マンデベ・流動化
ランド 不動産

2008/10/09 09:09

現金修正PBRが1倍を割り、配当利回り4%以上の銘柄

~ グラハム先生も納得の激安大バーゲン株。 ~

10月6日の終値で現金同等物だけのBPSで考えたPBR1倍割れの銘柄。配当利回りは4%以上で、利益剰余金がプラス。連結決算の会社。

現金同等物は、現金+売掛債権×80%+有価証券×80%+投資等×50%で計算。固定資産や繰延資産は入れてないので、かなり保守的ですな。

この現金修正PBRが1倍割れで、しかも配当利回りが4%以上あるなんて、いかにマーケットがぐちゃぐちゃか分かると言えましょう。

とりあえずリスト。全部で20銘柄ある。

  • コード  社名  修正PBR  配当利回り
  • 1897  金下建設  0.92倍  5.48%
  • 2434  丸誠  0.97倍  4.68%
  • 3766  シスデザイン  0.83倍  4.64%
  • 3800  ビーエスピー  1倍  6.51%
  • 3838  AQインタ  0.57倍  5.12%
  • 4365  松本油脂製薬  0.83倍  4.11%
  • 4700  アクセス  0.9倍  5.17%
  • 6149  小田原エンジ  0.91倍  4.08%
  • 6337  テセック  0.91倍  4.52%
  • 6715  ナカヨ通信機  0.81倍  4.11%
  • 6907  ジオマテック  0.91倍  5.75%
  • 7598  ナイスクラップ  0.65倍  5.66%
  • 7874  スルガ  0.97倍  5.07%
  • 8068  菱洋エレクトロ  0.85倍  5.03%
  • 8767  ウェブクルー  0.91倍  5.55%
  • 9476  中央経済社  0.86倍  4.56%
  • 9648  ウエスコ  0.81倍  6.49%
  • 9651  日本プロセス  0.65倍  4.76%
  • 9748  NJK  0.94倍  5.69%
  • 9955  ヨンキュウ  0.41倍  4%

銘柄ピックアップで注意すべき事がいくつか。

  • ・営業CFが赤字ではない
  • ・監査法人がクサくない
  • ・大株主が変じゃない
  • ・特殊要因がない
  • ・売上がすごい勢いで減っていない
  • ・あまりに業績が悪くて減配の可能性がない
  • ・過去配当が大きくぶれていない

だいたいこれぐらいをチェックしてOKな銘柄は買っても良いですな。ざっとピックアップするのであれば、丸誠、システムズデザイン、ビーエスピー、松本油脂、小田原エンジニアリング、ナイスクラップ、スルガ、中央経済社、日本プロセス、NJK。20社のちょうど半分の10社。

明日、明後日、1ヶ月先に儲かるなんて言いませんが、やがて必ず儲かります。何より、こんな相場で心の安心感が非常に強く、精神的に優しい。

マーケットの噂
PBR 高配当

2008/10/09 00:12

マルマエの決算。受注とBS、CFに注目。

~ 粉飾なんかをする会社に、こういう傾向があることは間違いない。 ~

マルマエの9月月次数字。

平成20 年9月度 月次受注残高についてのお知らせ

この3ヶ月はスローダウンしたものの、受注残の伸びは凄まじい。

同時に発表された決算短信。

受注残の激増にも関わらず、売上微増&赤字で終わった。受注残が業績に載ってくるのは今2009年8月期からだという事ですな。

とにかく、液晶、太陽電池、半導体の製造装置が絶好調なわけです。太陽電池はともかく、液晶や半導体で景気の良い話って聞きますか?

BS。売掛金がおよそ3倍、仕掛品が15倍、未収入金はゼロから激増。固定資産も2倍。

CF。営業CF大赤字。

PL。売上は+9%。

どこかで見た光景ですな。粉飾決済で強制退場となったプロデュースを彷彿させます。直前の決算短信はこんなかんじ。

マルマエが粉飾決算しているって事じゃないですよ。その点勘違いしないで欲しい。マルマエの財務諸表は、粉飾とか悪さをする会社でよく見られるパターンだった事。マルマエのような財務諸表が正真正銘の真っ当な財務諸表で、ビジネスをグングン伸ばしていく会社もいっぱいある。

マルマエの監査法人は三優。主幹事はマネックス。

ハイテク・IT・テクノロジー
プロデゥース マルマエ 三優 受注残 粉飾

2008/10/09 00:12

チェルトの中間決算。安いですな。

~ これだけの配当利回りでも株価は叩き売られる相場って。。。 ~

うんざりするほど激安ですな。チェルトの中間決算。

2009年2月期 中間決算短信(非連結)

それほど成長率は高くないし、アスクル+ダイオーズを2で割ったビジネスを、親会社のイオン系列会社に提供しているという、あまり面白くない会社ではある。でも、業績は安定しているし、今期も順調で、予想配当の69円は確実だろうね。

だけど、株は売り込まれて、配当利回りは6.4%。

業績が悪くて減配がありそうな会社の配当利回りじゃないですよ。不動産屋の配当利回りではないんですよ。

しかし、チェルトに限らず、そんな株はゴロゴロしている。一体どうなってるんですかね、今の相場は。

ビジネスサービス
チェルト 高利回り

2008/10/09 00:12

クリードの第1四半期決算、順調に見える

~ 決算を見る限りでは全然悪くない。が、そんなことは関係ないのが今の不動産。 ~

クリードの第1四半期決算発表。

平成21年5月期 第1四半期決算短信

意外と順調ですな。通期の予想に至っては十分すぎるほど好業績。全体的なトーンにしても他の不動産屋とはちょっと違って、それほど悲壮感は感じられない。

不動産投資事業の売上が72億で、利益がトントンなのは褒めてあげたい。大赤字でも投げ売って資金繰りを何とかしたいという会社も多い中で、立派ですなあ。この流動化の内訳は説明資料に載っている。

2009年5月期(第13期)連結第1四半期決算の概要

これによると、国内5物件61億、ドイツ1物件2億、韓国2物件25億を売却。どうやらこれにはファンド事業での売却も含まれている。ドイツ58物件は既に売買契約が終わっていて、2Qに計上される予定。ほぼドイツからは撤退と言うことになりましょう。

棚卸資産は順調に減っていますな。前期末810億あったものが680億まで減少。有形固定資産に振り替えたりする裏技は使っていない。短期借入金が560億から510億へ減少、長期借入金が270億から250億へ減少。順調です。

棚卸資産の評価減を合計41億計上。このために最終利益は赤字だけど、3億の赤字と小さい。

CREPIIは年内の運用開始を目標、と、今のマーケットではあまり聞かれないような言葉が書かれている。CREPに関しては、期中45億を取得、11月までにはさらに62億を取得して投資を完了させる見込みという。いやー、なかなか景気が良いですな。

ということで、この1Q決算を見る限りではかなり順調に見えますね。しかし、順調見ている不動産屋が突然バタバタとニュースを出し、あれよあれよと倒産しているのが今の不動産マーケット。油断はなりません。

不動産・マンデベ・流動化
クリード 不動産流動化

2008/10/08 23:11

自転車の老舗、宮田工業が公開買付け

~ 誰も気にしていない銘柄だけど、一応。 ~

自転車の老舗、宮田工業が公開買付け。

当社の普通株式に対する公開買付けに関する意見表明のお知らせ

買付け価格は205円で、今日の終値の+65%。最近買った人、おめでとさん。必ずしも上場廃止を視野に入れてはいないが、上場基準に抵触すれば上場廃止もあり得る。持ってる人は売りのチャンスですな。

M&A・MBO・公開買付け
公開買付け 宮田工業

2008/10/08 23:11

ホームセンター首位DCM、中間決算発表

~ ホームセンターで伸びているのはペット用品。しかし割合は高くない。 ~

面白くない業界だけど、業界最大手ということでDCM JAPANホールディングスをチェック。4000億超の売上で、ホームセンターでは首位。

平成21年2月期 中間決算短信

さすがに最大手だけあって、順調に出店を重ね、売上利益ともじわりと増加させている。この相場の中では、株価も堅調といえましょう。

ホームセンターは大中小の会社が山ほどあるが、とにかく大手であることが株価には重要。大きければ大きいほど評価が高く、株価に安定感がある。これは何もホームセンター銘柄に限ったことではなく、どの業種でも同じですな。ただ、ホームセンターとかドラッグストア、スーパーマーケットみたいな利益率の低い小売業ではそういう傾向が一層強いと思うんです。

DCMの部門別売上で一番大きいのは何かと言えば、ペット&グリーン部門。具体的には、ペットフードと園芸用品になる。次がハウス・キーピング部門で、具体的には紙類、洗剤、ヘアケア、殺虫剤、調理器具、そういったもの。

どこのホームセンターも伸びているのはただ一つ。ペット用品。

ペット用品というのは、この不景気の中でもずっと伸び続けている、これからも伸び続けて逝くであろう、超の付くほど有望市場なわけです。ぐっと伸びて、パッと散る、って事もないのがペット用品で、これも非常に良い。

が、しかし、ペット用品の占める割合は業績が急伸するほど高くないのがホームセンター。

あまり面白みの感じられない業態ですな。

専門小売銘柄
DCM ペット用品 ホームせんーた

2008/10/08 23:11

牛丼のゼンショーが下方修正

~ 外食各社は原材料の高騰に苦しみつつ、値上げはできない。 ~

ゼンショーが下方修正を発表。

業績予想の修正に関するお知らせ

先日、吉野家が下方修正を発表したけど、調子が良くないのはどこの牛丼も同じということです。しかしですね、ゼンショーのすき家は月次で確認できるとおり、売上は順調に伸びているわけです。ここが吉野家とは大きく違う点ですな。

ゼンショーは多業態を展開しているので、どの業態が良くてどの業態が悪いのか、いまいちはっきりしない。リリースの説明によれば、全体的な傾向としては、原価の上昇が利益を圧迫している。原材料が高いけど、値上げもできないし、吉野家と同じ。吉野家というか、外食各社全部同じですな。

子会社のココスが下方修正を出している。

業績予想の修正に関するお知らせ

ゼンショーの利益下方修正額のうちだいた30%はココスということになりますな。ところで、ココスは高い。この不景気にあの価格帯では厳しいのは想像に難くない。サイゼリアを見習いなさいって言いたい。その証拠に既存店は7%以上も前年を下回って推移中。

救いは配当は現状維持な事です。これで減配だったら最悪でした。優待も合わせると利回りは軽く10%を越えているので、ゼンショー系列で食事する人は気長に持つ戦略が最善といえましょう。たったの3万円だけ株を持っていればいいのですからね。

外食・レストラン・居酒屋
すき家 ココス ゼンショー 吉野家

2008/10/08 23:11

官公需要とマンション不況で新井組が倒産

~ 受注残と資金繰り難、そして霞ヶ関とNIS。 ~

新井組が倒産。負債総額450億円。

民事再生手続開始申立てに関するお知らせ

官公庁からの仕事が減り、マンションの仕事も減った。折からの不動産業者の倒産連続で、マンデベから受け取った手形が割引できず、資金繰りに窮し、倒産となった。

大株主はNIS。37%の所有なので子会社ではないけど、事実上は子会社のようなもの。助ける力もないのかということで、株は売られましょう。って、もう売れないほど売り込まれていますけど。。。。いずれにせよ、NIS系は要注意ですな。

監査法人は霞ヶ関。なるほどね。

代表取締役社長 酒井松喜

倒産・上場廃止
NIS マンション マンデベ 新井組 霞ヶ関

2008/10/08 23:11

超シンプル携帯が存在しない理由

~ 売れないから?それともそんなのがあれば儲からなくて困るから? ~

携帯が全然売れていない。そりゃね、販売奨励金がなくなって端末価格が5万円にもなれば買い換えしようって気もなくなる。今は5万円パソコンもあるわけで、電話が5万って高いよね。確かにカメラとかMP3プレーヤーとかなんやらかんやら、機能はてんこ盛りで、そういうものが5万は安いかもしれないけど、絶対金額的に高い。

日経によれば

四―九月の携帯電話契約の純増数は前年同期比で約二割減と失速。七月の端末出荷台数は前年同月比約三割減と今年最大の落ち込みとなった。

思うんだけど、なぜ安い端末を出さないのか?個人的には、今の携帯に付いているほとんどの機能はいらない。必要なのは、電話、カメラ、お財布機能、の3つ。それ以外は全部なくしてもらって結構です。

デザインはとにかくシンプルで普通で良い。お洒落さ、かっこよさはゼロでいいんですよ、携帯屋さん。

そういう超シンプル携帯は安く作れないのだろうか?結局、同じ基盤に全部が載っていて、部品単価もそれほどではないので、機能を削ってもそれほど安くならないって事?

いや、できると思うんですね。なぜしないか?

単価が下がって価格競争になって、シンプル携帯ではノキアや中国メーカーに到底太刀打ちできない国内端末メーカーが儲からなくなるからじゃないですか。どのメーカーも自分の首を絞める結果につながるような事はしたくない。

それとも、そんなシンプル携帯作っても誰も買わないですかね。そんなの欲しいの自分だけでしょうか。どうですか?

ちょっとニュース
携帯

2008/10/08 23:11

来春に清涼飲料が値上げ、儲かるのは。。。

~ 自販機比率が高くて、コーヒーユーザーが多いダイドーが狙い目。 ~

いよいよ清涼飲料が値上げです。11年ぶりの値上げで、値上げ幅は10円の予定。とりあえずは第2位のサントリーが値上げを決めたわけだが、他社も追随するのは間違いないですな。コカコーラ、伊藤園、ダイドードリンコ、この3つです。未上場の企業は投資家には関係なし。

食品が値上げされると、とりあえずは売れなくなる。ラーメンもそうだしパンもそうだし、なんだって同じ。けれど、そういうベーシックな商品はジワジワと需要が戻ってくるのが世の常。消費者は値上げは嫌なので取りあえず買わなくなるけど、そのうちラーメン食べたいなって買わざるを得ない。

缶飲料も同じで、とりあえずは販売数量が減るはず。が、値上げでカバーして売上ではほとんど影響ないんじゃないか。利益は横這いから、いずれ上昇に転じる。ラーメンの日清食品や東洋水産と同じ流れでしょう。

特に、ヘビーユーザーが多いコーヒーは一番影響が少ないと想定。コーヒーが売上のほとんどであるダイドードリンコが値上げの恩恵を一番受けるのではないか?売上のほとんどが自販機というビジネスモデルも値上げに優しい。

今日株価が飛んだのはダイドーと伊藤園。コーラは無反応、というより下落。缶飲料の製造受託をしているジャパンフーズやゴールドパックもダメ。製造受託はダメでしょうな。コーラは?

値上げは来春なので今期の業績には影響がないんです。来期ですね。株価は先々を織り込んでいくものですよ。

食品・飲料・日用品
コカコーラ ダイドードリンコ 伊藤園 清涼飲料

2008/10/08 23:11

アイスランドが倒産しそう

~ 為替を固定相場にして、ロシアからお金を借りるアイスランド。国が倒産しそう。 ~

アイスランドが大変なことになっている。基本的には全部の銀行を国有化するというんだから、ただごとじゃありません。ついでに、為替を固定相場にして、1クローナは131ユーロにする。これまた驚きの動きですな。で、EUが支援してくれないからロシアから5000億円貸してもらう。

イギリス人を筆頭に、EU人がアイスランドの銀行に持つ口座は凍結。う、これは痛い。

もともと金融が強いのがアイスランドの売りだったわけだけど、そのが今回のサブプライムから始まった危機で裏目に出る結果となった。

で、アイスランド・クローナでFX取り引きしていた人はかわいそう。クローナの取引が停止になって、ポジションは強制決済。

ヒロセ通商 ISK通貨のお取引停止について

ALGORITHM TRADE FX アイスランドクロ-ナの取引停止について

外為ステーション ISK 取引終了のお知らせ

もともと小粒なFX業者なのでそれほど被害者はいないだろうけどね。わざわざクローナで短期FX売買する必要なんてないわけだし。

クローナは高金利通貨の代表だったので、スワップポイントを取りながらじっと持ちつづければいずれ儲かる、という投資方法だった人が一番被害を受けたに違いないですな。

FX・為替
FX アイスランド

2008/10/07 19:07

吉野家からすき家へ、牛丼トップの入れ替わり

~ 何事も下克上、世の中はどんどん変わっていく。 ~

牛丼トップは吉野家、そう決まっていたけど、9月でそれは変わった。これからの牛丼トップはすき家。

9月末の国内店舗数。すき家1087、吉野家1077。

すき家の数字はゼンショーの中のすき家単独の数字。ゼンショーはなか卯でも牛丼を出しているので、それを合わせれば9月以前にトップではあった。

ま、だからどうって事はないが、世の中どんどん変わっていくものですなあ。

いい加減にしてよ
すき家 ゼンショー 吉野家 牛丼

2008/10/07 19:07

20%以上の利回りの日本コマーシャル投資法人

~ 22%の利回りが意味するのは次のうちどれでしょう?3択問題。 ~

パシフィックがスポンサーを努める日本コマーシャル投資法人。一応、上方修正出てますけど。。。。

平成20年8月期(第5期)の運用状況の予想の修正に関するお知らせ

分配金も増額。でもさあ、株価が12万で、半期の分配金が15800円って、ちょっとやばくないですか?それだけで13%ですよ。次のどれぐらいの分配金が出るか分からんので何とも計算しようがないけど、仮に四季報予測の11000円だとすれば、利回りは22%。。。

一体何が起きるのでしょうか?答えは3択。1.利回りが5%程度になるまで株価が回復する、2.利回りが5%程度になるまで分配金がざっくり減る、3.REITが倒産・清算されて株主に返ってくるのは12万ぐらい。

REITの倒産や清算があれば初のケースなので、それはそれで非常に興味深い。ま、日本コマーシャル以外にも同じような利回りのREITはあるので、特別これがどうのこうのということはないでしょうがね。

ちなみに、倒産や清算は一応ありますよと説明されている。森ヒルズリートの説明。

本投資法人は、破産法(平成16年法律第75号。その後の改正を含みます。)(以下「破産法」といいます。)上の破産手続、民事再生法(平成11年法律第 225号。その後の改正を含みます。)(以下「民事再生法」といいます。)上の再生手続及び投信法上の特別清算手続(投信法第164条)に服する可能性があります。 本投資法人は、投信法に基づいて投資法人としての登録を受けていますが、一定の事由が発生した場合に投信法に従ってその登録が取り消される可能性があります(投信法第216条)。その場合には、本投資証券の上場が廃止され、本投資法人は解散し、清算手続に入ります。 本投資法人が清算される場合、投資主は、すべての債権者への弁済(投資法人債の償還を含みます。)後の残余財産の分配に与ることによってしか投資金額を回収することができません。このため、投資主は、投資金額の全部又は一部について回収を得ることができない可能性があります。

スポンサーのパシフィックは大和とのお話がおじゃんになってからストップ安が止まらない。ほぼ倒産価格と言って間違いないですな。

不動産・マンデベ・流動化
REIT パシフィック 日本コマーシャル

2008/10/07 19:07

FX業者にはボラティリティが全て

~ 9月は為替のボラが高かったのでFX業者はウハウハ儲かっている ~

FX業者の発表をまとめて。

マネーパートナーズの月次。

平成20年9月次 月次概況(速報)のお知らせ

9月の営業収益がこれまでの倍に急増。

9月の外国為替市場は、リーマン・ブラザーズの破綻やアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の救済をはじめとする米国金融市場における信用収縮の中、大荒れの展開となり変動率は前月と比べ大幅に高くなりました。

とにかく、FXはボラティリティが全て。動かない相場にだれも参加しないので、9月の高ボラティリティはFX業者にとっては嬉しいことこの上ない。

しかし、それだけ取引が増えて、お客は儲かっているかと言えば、そう話は簡単ではない。これは預かり証拠金が全然増えていないことからも分かりますな。つまり、ボラティリティが高まればFX業者は儲かるけど、投資家は平均すれば儲からないってこと。もちろん、ボラティリティの高まりで思いっきり儲ける人も多数いることも忘れてはなりますまい。そういう人達になるべく、努力しているわけですな。

口座数の伸びも順調です。そりゃあね、口座開設して1回取り引きしら5000円キャッシュバック、みたいな、絶対に損しないキャンペーンをすればお客さん集まりますよ。というか、そういうキャンペーンは使わないとダメですな。

それだけのキャンペーンをしても、ボラティリティが高まれば取引が急増して業者は儲かるというのがよく分かる月次発表です。

ちなみに、10月も同様に良い数字になるに違いない。今のところ9月よりもボラが高いし、まだまだ急騰急落が続きそうな外国為替マーケットだからね。

FXプライムの上方修正

業績予想の修正に関するお知らせ

景気の良い上方修正ですが、理由は簡単。マネーパートナーズと同様に、9月の取引急増が原因ですな。

特に9月度におけるお客様の取引量が急激に拡大したことに伴い、営業収益が大幅な伸びを示したため、今回第2四半期累計期間の業績予想の上方修正を行うこととしました。

説明の必要はありますまい。

FX・為替
FX FXプライム マネーパートナーズ

2008/10/07 19:07

撤退するほど中国食品には信頼がないのか

~ 米久が上方修正と中国からの撤退を発表。考えさせられる。 ~

食品のうち肉もディフェンシブな銘柄で、実際、日本ハムや伊藤ハムはそれなりに値を保っている。しかし、米久は値動きが激しくてあまりディフェンシブっぽくない。なぜかよく分からないけど、この株は肉にしてはよく動く。

それはそうと、今日の米久の発表には考えさせられるものがありますね。

平成21年2月期 中間及び通期業績予想の修正に関するお知らせ

上方修正された事じゃなくて、リリースの下の方に書いてある中国での事業展開について。

近年、中国産の食品に関係した事件報道が相次ぎ、「食の安全・安心」が強く求められるなか、同国の食品全般に対して大変厳しい視線が向けられております。加えて、中国国内における原材料・労働コストの上昇や人民元の切り上げなど、中国関連事業を取り巻く環境はかつてないほど厳しい状況にあります。(中略) 中国事業から撤退するとの方針を固めました。

前期末の決算発表資料によると、中国2子会社の売上規模は24億円。連結売上高が1700億の米久にとって、中国子会社の規模は大きくはないですな。どれぐらいの利益が出ていたのかは不明。

しかし、いくら中国での労働コストが上昇したと言っても、まさか赤字はないんじゃないだろうか。中国製品不振で製品が売りづらくなって、それからもしかすれば赤字になっているかもしれないが。

中国製品、特に食品、の不信感はここまで来ているのか、という感がありますなあ。しかしながら、中国なしに日本人の胃袋は満たされないわけで、そこの所とどう折り合いを付けていくのか、難しい問題です。

あ、ついでに増額修正だけど、株価見直しの景気になるかもね。米久は日ハムは伊藤ハムに比べて安すぎませんか?ま、常に大手の半分ぐらいのPER評価が妥当という感じもありますが。

食品・飲料・日用品
中国 伊藤ハム 日本ハム 米久

2008/10/06 23:11

イハラケミカルの上方修正、跳ねれば売り

~ 穀物がピークを打った今、農薬と肥料もピークを打つ。 ~

農薬は肥料と同じ流れで考えられるのだろうか?ちょっと分からない。過去数年の穀物高で肥料の企業はえらい儲かった。既にピークを打ったので、肥料も同時にピークを打った。アメリカに大きな企業が多いけど、先日は日本の肥料銘柄ではコープケミカルがぶっちぎりの上方修正だけど、もうおしまいです。

で、農薬も肥料と同様でいいのかな?農薬についてはなぜか今まで考えたことがなかった。今日のイハラケミカルの上方修正を見てハタと気が付いた。

業績予想の修正に関するお知らせ

コープケミカルと同じでブッちぎりの上方修正。売上の半分が海外向け、特にアメリカが多いので、穀物相場にやっぱり関連するはずだと思うんです。そうなればこれもまたおしまいですな。

この上方修正で飛び乗れって人がたくさん出るなら、そこは売りのチャンスじゃないですか。

市況株
イハラケミカル 上方修正 穀物 農薬

2008/10/06 22:10

どれだけ上方修正しても古野電気は船株

~ 船株の相場はもう終わってる、上方修正にだまされるな。 ~

船関連の株をどうするか?どうするかって、もうほとんどの人は売っていると信じてますが。まさかこの期に及んで船株だ!って人はいないはず。

古野電気が景気の良い上方修正を発表。

業績予想の修正に関するお知らせ

とりあえず中間期の業績を利益で+50%の増額。通期は不透明で修正はないけど、いずれ増額されると考えても不自然ではない。最終的に、前期比でも大きくプラスで終わるはず。

じゃあ、株は買いか?否、買っちゃダメですな。船株は終わりです。古野電気に限らず、船株はここ数年でこれだけの業績と相場を作って、今は下落の真っ最中。もう数年は忘れ去るべきだと思うんですね。

もしこの上方修正でストップ高にでもなろうものなら、空売りを仕掛けるべきですな。

市況株
上方修正 古野電気 空売り

2008/10/06 22:10

ゼクス、下方修正と第1四半期決算

~ 流動化は全然できていない、借金を返済できるのだろうか? ~

ゼクスの第1四半期決算が出た。

平成21年5月期 第1四半期決算短信

数字はひどい。1Qだけじゃなくて、通期でもかなり悪い業績で、下方修正も発表。

業績予想の修正に関するお知らせ

流動化事業では、

金融機関の不動産案件融資厳格化に伴い保有物件の売却交渉が長期化し、当初計画していた物件売却が延期となったため、当四半期においては保有する収益不動産の賃料収入が主な収益となりました。

ということで、1Qでは物件売却はほぼゼロの感じ。利益はゼロに等しい。

老人ホーム事業は相変わらずの赤字でどうにもならない。同様に、その他事業の温泉に関しても赤字。

B/Sを見ると、販売用不動産、仕掛り販売用不動産、仕掛品、どれも前期末より全然減っていない。まさか売却した分だけ仕入れたわけじゃないだろうから、やっぱり流動化では物件売却ができていないのですな。

その他についても前期末から変化がなく、結局のところ、ビジネスが全然動いてなくて、何もしなくても良い賃料収入だけが入ってきましたとなる。

借入金の一部については返済期限を過ぎていて、金融機関と延期を合意している。合意できるだけまだましか。しかし、赤字でキャッシュフローもないナスで、継続疑義の中期は相変わらず。

自己資本比率は6.2%まで低下。短期借入金270億と長期借入金190億で合計460億。現金18億、売掛債権11億、販売用不動産+仕掛品172億の合計201億。201億で460億を返済していくような事が果たしてできるのか。まさに綱渡り。倒産してしまっても不思議は全然なく、すっと受け入れられますなあ。

不動産・マンデベ・流動化
ゼクス 下方修正 不動産 流動化

2008/10/06 22:10

半期報告書を出せないジャパンシステム

~ 何か理由があるけど分からない、そういう不確かさは嫌われます。 ~

ジャパンシステムが半期報告書を提出できない。

平成20 年12 月期 半期報告書の提出遅延についてのお知らせ

当社平成20 年12 月期 中間会計期間(自平成20 年1月1日至平成20 年6月30 日)において、当社営業取引の内容について、当社会計監査人よりその詳細について調査の申し入れがあり、これに対し現在その事実関係を調査中であります。

ということで、何が問題なのかは不明。今ハヤリの循環取引とかじゃないよね?いずれにしても、今の相場では不確かなことはとことん嫌われるので、明日はストップ安じゃないかな。

マーケットの噂
ジャパンシステム

2008/10/06 17:05

飲料もディフェンシブなのに株価は全然違う

~ さすがにここで買えば中期的には損しない水準です。 ~

不況の時は食品関連がディフェンシブの代表だし、食品関連株の中では値を保っているものも結構ある。そんな中で、飲料銘柄はどれもこれもボロボロと言っていいですな。飲み物の売れ行きは天候に大きく左右されるという要因があるにせよ、そんなことは昔から分かり切ったことで、それをもってディフェンシブにならないというのは違うと思うね。

伊藤園の9月月次。

平成21年4月期9月度販売状況(単独・速報値)のお知らせ

200810061.jpg

売上は+1.9%増と、まさにディフェンシブ。第1四半期の段階では増収ながらも大幅に減益。理由は説明がないが、販管費が大きく増加したため。中間期までにはある程度回復し、通期ではほぼ横這いまで持っていく計画。第1四半期決算補足資料を見ても安定感がにじみ出ていると思いませんか。安定感がないのは株価だけ。

株価はほぼ2002年の水準。2002年の売上は2000億、2009年度の売上は3500億。これが食品株ではなくて、利益のブレがものすごく大きい企業なら、売上に関わらず2002年の水準でもいいと思うんです。けど、食品株ですよ。

伊藤園は日本国内型の企業なので、成長性がないというのは間違いない。そんな株は上がらないというのも納得できる話ではある。

でも、もうここで買っておけば中期的には絶対儲かる水準ですな。そういう投資をしたいかどうかは別として。

食品・飲料・日用品
ディフェンシブ 伊藤園 飲料

2008/10/06 16:04

アホらしいのでもう上場やめます、ユニバーサルホーム

~ 経営陣がうんざりするほどマーケットは行きすぎる。賛成します。 ~

ユニバーサルホームが公開買付けで上場廃止。

当社株式に対する公開買付けに関する賛同意見表明のお知らせ

買付け価格は125000円で、今日の終値が58000円。倍以上の価格での買付けとなりました。そうは言うものの、儲かる人は少数ですな。少数の人はおめでとう。

BPSが15万円なので、買付けはBPS以下。株主資本は76%と厚く、借入金はゼロ。株価58000円ではバカらしくて上場している意味がない、って言いたいんでしょうな。全くその通りです。

M&A・MBO・公開買付け
MBO ユニバーサルホーム 公開買付け

2008/10/06 16:04

アパレル関連小売がなぜか堅調、例えばハニーズ

~ それほど業績が良いわけじゃないが、株価は上昇中。 ~

今日のマーケットで値上がり率上位を見ると、アパレル関連小売が多いのが分かる。ここところずっと言ってきているけど、なぜかそういう銘柄の株価が堅調。

東証1部の値上がり率上位(○はアパレル関連小売)

  • 順位  コード  銘柄
  • 1    8201  さが美  ○
  • 2    8921  シーズクリエイト
  • 3    2685  ポイント  ○
  • 4    5916  ハルテック
  • 5    4569  キョーリン
  • 6    2784  アルフレッサホールディングス
  • 7    8227  しまむら  ○
  • 8    9787  イオンディライト
  • 9    7421  カッパクリエイト
  • 10    4678  秀英予備校
  • 11    8387  四国銀行
  • 12    1951  協和エクシオ
  • 13    7545  西松屋チェーン  ○
  • 14    2792  ハニーズ  ○
  • 15    4911  資生堂
  • 16    8185  チヨダ  ○
  • 17    2726  パル  ○
  • 18    4725  シーエーシー
  • 19    9678  カナモト
  • 20    1852  淺沼組
  • 21    4956  コニシ
  • 22    4967  小林製薬
  • 23    4756  カルチュア・コンビニエンス
  • 24    7862  トッパン・フォームズ
  • 25    6421  キヤノンファインテック
  • 26    8281  ゼビオ
  • 27    3088  マツモトキヨシHLDGS
  • 28    1605  国際石油開発帝石
  • 29    8103  明和産業
  • 30    6820  アイコム

全然関係ないけど、値上がり率2位がシーズクリエイトというのがちょっと気持ち悪い。上場廃止前のトレーディングではありますが。

アパレル関連小売が業績良いかと言えば、そうでもない。業績がいいのは、ユニクロとかポイントとか、一握りだけ。この値上がり率上位銘柄の中でも、まともに業績がいいのはポイントだけ。

ハニーズの第1四半期が発表になったので見てみる。

平成21年5月期 第1四半期決算短信

売上に関しては既に月次発表で分かっていたこと。利益はヒドイ。これから期末に向かって徐々に利益が積み上がって、最終的には前期比で-5%まで持っていく計画だけれど、下方修正は考えておいた方が無難ですな。

原価率が前期1Qの42%から44%へと悪化、販管費率も前期の45%から51%へ悪化。

大型店舗を中心に新設什器を順次投入し幅広い客層を意識した売場づくりに取り組みました。

というのが販管費増加の一つの理由かと。

中国の店舗が66店まで増加。いくら景気がスローダウン中とは言え、中国の個人消費は+20%で伸びているのでポテンシャルは相当高い。アパレル関連小売でこれだけ積極的に中国へ出ているのはハニーズだけでないかな?そんなこともない?

純利は8億だけど、営業CFは10億と立派な数字。1Qなので法人税の支払が13億。営業CF小計の段階では24億。

こういう感じの決算で、この決算が出るまで投資家はもっともっと立派な数字を期待していたのか?いや、そんなことはないでしょうな。

にも関わらず、株価は上昇率上位にはいるほど堅調なわけです。何もこれはハニーズに限ったことではなくて、アパレル関連小売全体的にこういう傾向がここのところ続いている。

一つの大きな相場になんかなり得ないけが、もうしばらくはあっちこっちで循環的に株価が堅調に推移する展開が期待できるんじゃないか。

アパレル・ファッション銘柄
しまむら ハニーズ パル ポイント 西松屋

2008/10/06 15:03

タビオが増額を発表したけど、無反応

~ それにしても評価が低い。マーケットが弱い証拠とですな。 ~

靴下屋のタビオが増額を発表。

業績予想の修正に関するお知らせ

強烈な業績成長を見せた前期だったので、当初、今期は減収の計画だった。蓋を開けてみれば増収増益を達成する計画に変更。一大ブームで終わるかと思われた足下ファッションもすっかり定着したって事かもね。

前期、既存店月次の数字が+20%を平気で越えていたことを覚えている人も多いとはず。そういう数字が基準になって、今期はさすがに既存店はマイナス傾向が続く。全店で横這いからちょい増収をうろちょろしている。こうなると利益が伸びず、ちょっと増収それなりに減収というパターンが多い。

タビオは増収を達成するらしい。

この上方修正は場中に発表されたけど、株価は無反応。ちょっと酷すぎやしませんか?確かに修正幅は小さいとはいえ、確実に増収って事になったんだし、ここまで売られた株価は反応しても言いように思う。

それが今のマーケットの弱さの全てを物語る。

ここのところ、アパレル関連の小売株が値を飛ばしているので、循環物色がもしかすればタビオにも来るかもしれない。けど、それを期待して買っていき得るほどヤワじゃないのよね、今の相場は。

アパレル・ファッション銘柄
タビオ 上方修正 靴下屋

2008/10/06 15:03

ジーンズメイトの自社株買い完了

~ 発行済株式数の9.5%を取得するも、株価は下落。 ~

ジーンズメイトの自社株買いの結果。

自己株式立会外買付取引(TdSNet T-3)による自己株式の取得結果に関するお知らせ

発表されていた自社株買いはほぼ計画通りに完了。

残念ながら、予想通りに株価は下落。のちのち効いてくる。

アパレル・ファッション銘柄
ジーンズメイト 自社株買い

2008/10/06 14:02

食料銘柄はディフェンシブの代表だけど

~ キューピーは万年割高だし、株価は20年間もレンジ内で妙味は少ない。 ~

今のマーケットではディフェンシブにかためることが大切。マイナス要素はどこにでも見つかるのに、プラス要素は全然見あたらない、そういう相場ではディフェンシブ銘柄を中心にするのが鉄則。食品セクターはディフェンシブの代表。

キューピーの第3四半期決算。

平成20 年11 月期 第3四半期財務・業績の概況

増収減益で、予想通りの決算という感じがする。減益の内容を考えるべきだ。

08年第3四半期決算 補足資料

この資料に営業利益の増減要因が分解されて載っている。価格改定とかコストの低減、販促費のカットが営業増益要因なんだけど、それ以上に原料、エネルギー価格の高騰が営業減益の要因として重いのです。

え、じゃあ、これは近いうち改善するじゃん、と思うかもしれない。大豆や小麦、コーンの相場がずいぶん高騰したけど、今はピークを打って下落している。多くの食品株はこの恩恵で、そのうち原料価格が下がる。けれど、キューピーはちょっと違うと思うんです。

キューピーの原料はそういうものより、卵とか野菜、そういうものが多い。ここ数年の利益が、他の食品株のようにがくっと下がっていないことからも分かる。

今、卵は高い。コーンが下げて、飼料が下げて、需給が緩和して、ようやく卵が安くなる。もちろん、いずれこのサイクルはやってくるけど、まだもうちょっと先。今は飼料のあたりにサイクルが届いた感じですね。

キューピーは万年割高株で全然安くなることがない。株主優待のおかげか、個人投資家もだまってじっと保有している人が多いみたい。カゴメと同じ状況ですね。過去20年間、時々レンジをはずれることがあるにしても、ほぼ800円から1200円の間を行ったり来たりしている。

こうなると、ディフェンシブ銘柄を持つにしても、キューピーはちょっと面白くないし、イマイチ上値がない。常に株を持っておかなければいけない機関投資家でもないんだから、下げが小さいだろうディフェンシブ銘柄は特に持つ必要もないのでは?

食品関連のディフェンシブ銘柄としては投資妙味にかけますね。

食品・飲料・日用品
キューピー ディフェンシブ

2008/10/05 09:09

最新行動ファイナンス入門 by ジョン・ノフシンガー

~ 心理的バイアスがかかって投資家は合理的な投資をしないことが多い。 ~

最新行動ファイナンス入門 by ジョン・ノフシンガー

読んでみたいと思って既に5,6年は経っているような気がする。ようやく読むことができた。

難しい名前の投資理論はたくさんあって、例えば、ブラックショールズ理論なんていうのがあるし、資産評価モデルとかポートフォリオ理論とか、挙げ出せばきりがないわけです。そういう理論の前提となっているのは、投資家は期待収益率とかリスクとか、そういうものの確率にしたがって行動するって言うこと。常に人は合理的な判断をするって事です。

だけどね、自分の投資行動を振り返ってみて、いつもいつも合理的でしたか?合理的だったと信じ込んでいるだけじゃないですか。

人間誰しも感情を持っていて、なかなか勘定だけでは動けないものです。

そういう感情や思いこみ、雰囲気などなど、何か数字的に合理的でない「心理的バイアス」があって、そういう所に焦点を当てるのが行動ファイナンスってやつですね。自分なりの解釈なので、学問的な解釈は違うかもしれないけど、ほぼそういう感じです。

例えば、1.毎月1万円払って12ヶ月後(12万円払った時点で)冷蔵庫をもらう。2.冷蔵庫を今すぐもらって毎月1万円を今後12ヶ月払う。という選択肢がある場合、どっちを選びますか?普通2ですよね。その方がお得です。理屈的にも2の方が合理的です。

じゃあ、1.毎月1万円貯めて12ヶ月後(12万円貯まった時点で)海外旅行に行く。2.今すぐに海外旅行に行って毎月1万円を今後12ヶ月払う。どちらを選ぶ?最初の冷蔵庫の例をすでに読んでいるので、ああ2の方が合理的だな、と今は思う人が多いかもしれない。だけど、冷蔵庫の例がない状態でこの質問をすると、ほとんどの人は1を選ぶ。はず。

が、その選択は合理的ではないです。その理由は冷蔵庫の例で分かりますな。

そういう心理的バイアスが投資行動に影響を与えて、投資家は間違った選択を正しいと思いこんだり、間違いを無理にねじ曲げたり、いろいろやっちゃうわけです。

だから、そんな心理的バイアスがあることを理解し知っておくことで、それが投資に生かせるはずなのです。って、世の常だけど、理解し知ってるからって投資成績が上がるとは限りませんけど。少なくとも、知っておいて損はなし。

読書・書籍・雑誌
書籍 行動ファイナンス

2008/10/04 16:04

ふしぎなお金 by 赤瀬川原平

~ 子どもみたいなお金の?を大人の絵本でスッキリ爽快。 ~

ふしぎなお金 by 赤瀬川原平

「大人の絵本」的な趣で、字は少ない。どれぐらい少ないかというと、数分で読み終わってしまう少なさでありますな。

だけど、それはあんまり問題じゃなくて、実に示唆に富んでいて面白い。なんとも言葉に表すのが難しいんだけど、ずっと胸に支えていた小骨がスッと取れた感じがするわけです。

目次

  • I 財布と拳銃
  • II 現金は血液
  • III お金の祖先
  • IV ニナの手形
  • V 悪貨は良貨を駆逐する

お金をむき出しで手に持って歩いたことありますか?そうしたとすると、多分、何かしっくりこなくないですか?いけないことをしているような、危ないことをしているような、見せちゃいけないものを見せているような。お金をむき出して手に持って歩いている人を見ても同じ事を感じないですか?

なぜそういう風に感じるんですかね?実はこれ、数日前に「なんでだろう?」ってまさに考えていた事なんですが、その一つの答えが書いてあるんです。もちろん、その答えが正解、というわけではなく、一つの視点なんだけど、これがしっくりくるんです。

株式相場で損したり得したり。世界中の人達が金儲けしよう、だましてやろう、出し抜こう、そうしているのが株式市場だし資本主義経済なんです。今一番問題になっているサブプライムだって同じ。なぜそんな「悪いお金」が世の中にこれほどまでに広がって、日本で細々と生活している庶民にまで影響を与えているのか?

小難しい金融理論はさておいて、悪化は良貨を駆逐する、ってことでサブプライムを考えると気が抜けていい感じ。

力が抜けている感がいいんですな。

読書・書籍・雑誌
ふしぎなお金 書籍 赤瀬川原平

2008/10/04 15:03

吉野家は上場来の安値近辺、業績は悪い

~ ずっと期待が含まれてきた株価。ゼンショーとの差はメニューの差? ~

吉野家が減額の発表。残念ですね。

特別損失の発生及び中間期・通期業績予想の修正に関するお知らせ

売上に関しては既に月次の数字が出ているので厳しいことは分かっていた。

利益が出ないのは、子会社のどんが足を引っ張っている感がある。同時に吉野家も全然利益が伴わない。既に発表された第1四半期決算の数字を見ればボロボロ。原価は一定なので、販管費の悪化が原因。

牛丼の2強は吉野家とすき家だけど、やっぱりすき家の方が人気があるような気がしてならない。個人的には、そういう牛丼系を食べに行くのはせいぜい年に2回か3回あるかないか程度なので、それほどよく見ているわけではないけど。

ついこの前、人通りのものすごく多い所にある吉野家とすき家の前を通ったのだが、すき家は待ちの列ができていて、吉野家はガラガラという状況を目にした。せいぜい歩いて15秒しか離れていないので、立地とかそういうのは関係ないんです。

吉野家はメニューが少ない。特に、その場所の吉野家は15席ぐらいしかない小さな店舗なのでメニューが絞られていると思う。が、それにしても、ですな。この場所に限らず、だいたい郊外でも同じようだと、車なんかで通りながら見る限り思う。

メニューが少ないのが致命的なのではないか?メニューが少ない方が効率化できて利益が出るというのだけど、数字的にはすき家の方が全然儲かっているじゃないか。

それに、ぱっと見、ゼンショーのお店の方がうまそうな感じがする。のぼりの感じとか、色使いとか、店構えとか。そんなことないですか?

200810041.jpg

株価はずいぶん安くなってしまって、10万円近辺をうろちょろしている。だけど、この株価だって、いずれはEPSが1万円近くまで戻るって、そういう期待を込めた株価だと思うんです。吉野家の株はずっとそういう期待を含んで高めに維持されて来ちゃいませんか。 今回の下方修正を食らってもなお期待を含んでいけるのかどうか?多分いけるのだろうね、今までずっとそうだったように。しかし今の株価は上場来の安値です。さて、どうするべきですかね?

外食・レストラン・居酒屋
すき家 ゼンショー 吉野家

2008/10/04 13:01

ラーメン。ハイデイ日高、幸楽苑。

~ 国民ファストフード、ラーメンはディフェンシブ銘柄の代表か。 ~

ラーメン屋の月次数字。

ハイデイ日高。

平成21 年2 月期9 月度売上高速報についてのお知らせ

堅調です。

幸楽苑。

平成21 年3月期 9月度売上推移速報に関するお知らせ

これまた堅調です。ハイデイ日高とは違って既存店売上がマイナス成長なのは頂けないということはありますが、全体としてはよくやっていると言えましょう。

ハイデイ日高や幸楽苑に限らず、ラーメン屋は基本的には堅調なんですな。九州地盤のワイスフード、東海地区のJBイレブン、北陸地方のハチバン、東日本の丸千代山岡屋、大都市に展開するホッコク。ワイエスフードは例外的に業績があまり良くないが。

国民的ファストフードの代表選手がラーメンなわけですが、不景気には強いというイメージがある。アメリカでは不景気にはマクドナルドが強いのと同じ流れですな。が、不景気になると極端に財布の紐を締め付ける日本人なので、アメリカのようには行かず、ラーメン屋も厳しいのかもしれない。

業績的にはまさにディフェンシブとでも言わんばかりの安定感がある。去年あたりは各社ものすごい減益となったけど、これは原料の小麦価格が暴騰したことが一番大きい。商品価格が落ち着いてきた今、これからの原料価格は心配事ではないね。

ただし、日本の制度として、小麦の値下がりは世界に遅れて日本にやってくるので、しばらくは原料高は続く。しかし、投資とは先を見るもの。

売上規模。幸楽苑、ハイデイ日高、丸千代山岡屋、ハチバン、ホッコク、ワイエスフード、JBイレブン。基本的には上位2社を見ておけばOK。なぜかマーケットの評価が違って、幸楽苑は高い値段が付いている。時価総額ではハイデイ日高の2倍。経常利益はハイデイ日高の方が全然多いのに。幸楽苑の株価が間違っていると思いますな。

外食・レストラン・居酒屋
ハイデイ日高 ラーメン 幸楽苑

2008/10/04 13:01

タスポとコンビニと犯罪

~ タスポでコンビニが潤い、増税で犯罪が増える? ~

タスポの導入はコンビニに相当な恩恵をもたらしているようですなあ。

業績予想の修正に関するお知らせ

ローソンに限らず、コンビニ全体で好調なわけです。

たばこは買わざるを得ない。吸わざるを得ない。あきらめきれない。多分、増税で一箱1000円になっても吸い続けるはずですな。金銭的な余裕がない人は犯罪に走る可能性も否定できない。一箱1000円とかいう数字が踊りますが、仮にそんな増税になれば、「たばこが買えず強盗」とか、そんな事件が増えそうな予感がしませんか?

ちょっとニュース
コンビニ タスポ ローソン

2008/10/04 13:01

ポイント、リンクセオリー、マックハウスまとめて

~ アパレル小売銘柄の株価が堅調なのでチェックするべし。 ~

アパレル関連をまとめて。

ポイントの中間決算。

平成21 年2月期 中間決算短信

前期比プラスで好調な決算なのだが、今の景気減速を考えれば絶好調と言えませんか。先日のユニクロの決算もそうだけど、強いアパレル小売はどこまでも強い。

ついでに発行済の2%にあたる自社株買いも発表。総額50億円と純利の半分ぐらいの大きさ。地震の現れといえましょう。

自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ

ファッションの流れを先回りして買っていくことは難しいので、数字として出てきてから流れが分かる。強いアパレルはいかにこの数字に敏感に気づいて、どれだけ早くそれを取り込む方向へ舵を切れるかと言うことなのではなかろうか。

それにしても、アパレル小売関連の株価は非常に強い。まとめてチャートを眺めてみるのがいいかもよ。

リンクセオリー。

平成21年8月期 日本国内直営店売上推移速報(9月度)のお知らせ

今期の出足もあまりよろしくない。

ファッションには相当疎いので、今の流行りとか方向性とか、自分の考えなどこれっぽちもあてにならないが、敢えて無理して考える。今の流れは、リンクセオリー見ないな、何というのか、ちょっとゴージャス系?お洒落ファッションより、カジュアルでベーシックな方向にあるような気がする。全然間違ってる?

H&Mが日本に上陸して、今は行列がスゴイみたいだし、その恩恵で近所のユニクロとかもいつも以上の客入りだそう。そういう方向性が強いのではないかい?

マックハウス。

ジーンズ系も厳しい。リーバイスやジーンズメイト、ライトオンの業績も全く冴えないことからも分かりやすい。

平成21 年2月期業績予想の修正に関するお知らせ

救いは、財務が良いので高配当を続ける予定で、今の株価だと配当利回りは6%を越える。ハックハウスで買物する人は優待が使えるので、それを合わせれば8%近い利回りを叩き出す。

この下方修正で株価はさらに下げそうな雰囲気ではあるものの、最近のアパレル小売関連株全般の強さを考えると、結構反対に行きそうでもある。いずれにせよ、アパレル小売がちょっとした相場を作りそうなのでチェックしておきたいですな。

アパレル・ファッション銘柄
ポイント マックハウス リンクセオリー

2008/10/04 11:11

大阪製鐵、増額。けど、鉄は絶対終わりだ。

~ 神戸製鋼所や合同製鐵も調子良いけど、これが最後ですよ。 ~

大阪製鐵が絶好調の増額。

業績予想の修正に関するお知らせ

神戸製鋼所合同製鐵も同じように目の覚めるような上方修正をすでに発表している。内容も一緒で、原料の鉄スクラップ価格が突然の急落で粗利がえらい出てしまった。今のところ製品価格がそれに連れて暴落していないですな。

だけど、鉄はやっぱり終わりです。

これから不景気はまだまだ続く。不景気に市況株はダメですよ。それに、ここまで一つおの大相場を作った鉄なので、後は数年黙って見過ごすのが良いのではないかと。

市況株
合同製鐵 大阪製鐵 神戸製鋼所

2008/10/04 11:11

マネックスの月次数字

~ 株式市場に連動して右肩下がりの展開。 ~

マネックスの月次数字を確認。

平成20年9月 月次概況(速報)

口座数は微増ながらも、預かり資産は減少の一途。1年前から口座数は+8%の86万口座、預かり資産は-25%の1.6兆円。これは、休眠口座の増加、株価下落で資産減、そういう理由なんでしょうな。ちなみに、信用口座数は3万6千で、全口座の4.2%。ネット証券の中では低めの数字。

注文件数、約定件数、平均売買単価、信用取引残高、全部が減少。唯一横這いを維持しているのは投資信託の約定件数。

大きく増加しているのは貸株サービス口座数。皆さん、持ち株を預けて雀なの涙ほどの利息を稼いでいるんですな。もちろん、貸株サービスの残高は株価下落で下降の一途。

証券会社の株は、あまり買う機会がない。証券会社の株が上がるときは株式市場が調子いいときなので、何も証券会社の株じゃなくても他に魅力的な株はゴロゴロある。株式市場と100%連動する証券会社株、特にネット証券株、は投資としてはつまらないですなあ。

銀行・証券・ローン
マネックス

2008/10/04 09:09

ゴルフダイジェストオンライン、不正アクセス問題

~ サーバーデータの改善でサービスを停止するのは痛い。 ~

ゴルフダイジェストオンラインが不正アクセスを受け、サービスを停止。

当社サービス全面停止について

なんでも、サーバーデータが不正に改ざんされ、顧客への配信メールにはウィルス感染の可能性があるリンクが載せられたと言うこと。ゴルフダイジェストはネット販売だけに、サービスの全面停止は痛い。どれぐらい長引くか分からないが、長くなれば長くなるほど業績インパクトが大きくなる。問題はそれ以上に信頼性に疑問が残ってしまう。

救いは、個人情報の漏洩はないということですな。

同じような問題に、つい先日のミネルヴァホールディングス(ナチュラム)のセキュリティ問題がある。こちらはクレジット情報を含む個人情報が漏れた。株価は暴落したのは記憶に新しい。

しかしながら、ナチュラムの場合はサービスの停止はなかったので、業績への影響はほとんどなく、バカみたいに半値まで売られた株はあっという間にもとの値段まで戻した。

さて、ゴルフダイジェストはどうなる?

専門小売銘柄
ゴルフダイジェストオンライン ナチュラム ミネルヴァ

2008/10/03 00:12

NESTAGE、監査法人をウィングパートナーへ

~ 監査法人と大株主、これだけで十分すぎますな。 ~

NESTAGEの監査法人変更のお知らせ。

会計監査人の異動及び一時会計監査人の選任に関するお知らせ

新しい監査法人はウィングパートナー。大株主はジェイオーグループホールディングスとクインランド。ジェイオーは説明の必要なしですな。クインランドは倒産したクインランドだと思う。違ってたら指摘よろしく。

ということで、晴れてクサイ会社の仲間入りですなあ。

クサイ会社・エグイ企業
NESTAGE ウィングパートナー ジェイオー

2008/10/02 23:11

ABCマート、バルスの月次

~ 靴と雑貨の専門小売、どちらも業績・株価共に堅調。 ~

専門小売の月次をまとめて。

ABCマートの月次。

平成21年2月期 9 月度概況について

既存店+1.2%、全店+13.3%。出店は相変わらずハイペース。このハイペースが業績拡大の牽引役です。株価も堅調。

バルスの月次。

平成21年1月期 月次売上概況(9月度)

こちらも堅調と言えましょう。株価も同様。フランフランはまだまだ出店余地がありますな。

専門小売銘柄
ABCマート バルス フランフラン 月次

2008/10/02 23:11

ユニクロとかユナイテッドアローズとか

~ ユニクロの月次が好調で、今期はどこまで伸びるのか楽しみです。 ~

アパレル小売の月次やら決算やらをまとめて。

ファーストリテイリング。ユニクロは絶好調。

平成21年8月期 国内ユニクロ事業 売上推移速報

既存店が+20%というのは猛烈に強いんじゃないか。これは前年同月の既存店が-13%とヒドイ数字だったことも当然ありましょう。今後のために前年度の月次へのリンク。

国内ユニクロ事業 売上推移速報 第47期・2008年8月期(2007年9月1日~2008年8月31日)

今期どこまで業績が伸びるのか、面白そうです。ところで、どうでもいいけど、ファーストリテイリングは英語で書くとFast Retailing。ファーストはやっぱりFirstになると思うんです。どうせ書くならファストリテイリングだと思いません?

ユナイテッドアローズ。

平成20年9月度(平成21年3月決算期)月次売上概況(速報)についてのお知らせ

既存店はほぼ横這い。ユナイテッドアローズの既存店伸び率は、なぜかいつもほぼ横這いに近い。動いて上下5%ぐらいとレンジも狭い。上のプレスリリースに過去3年分の既存店売上高の推移も載っているのだけど、レンジの狭さがよく分かる。

これが何を意味するのか、イマイチ分からないが、ワッと人気が出ることもなければサッと人気が引いてしまうこともないという事でしょう。つまり、常に一定の層が安定的に買物する。ユニクロとは違って、ワンランク上のファッションと価格なので、そういう傾向がでるのかもしれない。

いずれは利益が回復するのは間違いない。その時がいつなのか分からないけど。

フェリシモ。

中間期(連結・個別)業績予想の修正に関するお知らせ

通販なのでいろいろ売っているけど、服飾・服飾雑貨が売上の75%を占めるのでアパレル小売としてもいいということで。

売上はちょっとだけ減額修正だが、利益は超が付くほどの上方修正。その理由。

円高により直輸入衣料品の仕入原価率が改善したことに加えて売上高に占める衣料品の構成比が高まったことで売上総利益率が当初の予想を上回ったこと、受注に対する商品の充足率が改善したことで別便による配送が減少し1件当たりの出荷単価は上昇しながらも出荷数が計画を下回り商品の運送料、出荷に伴う資材や問い合わせ対応等の顧客サービスに関連する人件費の支出が抑えられたこと、また上半期に予定していた一部の広告活動が下半期に変更になったこと等によるものであります。

こういう理由での利益増は今後も続いていくものではありませんな。やっぱり売上の増加を伴わないといかんです。

最後に鈴丹。

平成21年2月期 中間決算短信

会社や決算について書くことも特別にないけど、なぜにスーパー系のアパレル小売はどれもパッとしないのか?鈴丹はユニー系。イオン系のアパレル小売もたくさんあるが、どれもこれもパッとしない。短信を読む気にもならず、全くと言っていいほど興味がわかない。つまらんですな。

アパレル・ファッション銘柄
ファーストリテイリング フェリシモ ユナイテッドアローズ ユニクロ 鈴丹

2008/10/02 23:11

エルクリエイト、倒産

~ 上場後、たったの1年で倒産。不動産マーケットは引き続き厳しい。 ~

エルクリエイトが倒産。負債総額は60億。

破産手続開始申立ての決議に関するお知らせ

当然上場廃止です。

上場廃止等の決定に関するお知らせ

すでに先日の有報提出遅延で危ない状況であることははっきりしていましたね。はっきりと、「資金の調達が図られておらず、今後の資金繰りが未だ不透明な状況」と書いてあるわけですから。予想通りというか、予定通りというか。

200810201.jpg

上場してたった一年での倒産。上場後、株価は下げっぱなしで、リバウンドする場面もほとんどなかった。公開価格20万で買って、当日25万で売った人以外、この株で儲けた人はほとんどいないでしょうな。デイトレでちょこちょと儲けた人もいるだろうけど。ヒドイものです。

代表取締役社長 岡田勇二(筆頭株主)、専務 五十嵐正樹(第二位株主)

倒産・上場廃止
エルクリエイト 倒産

2008/10/02 22:10

これはいい!ジーンズメイトの自社株買い

~ PBR0.5倍、現金PBR1倍以下、今買わずしていつ買う? ~

ジーンズメイトの自社株買い。

自己株式の取得及び自己株式立会外買付取引(TdSNet T-3)による買付けのお知らせ

540円で120万株を取得するわけだけど、発行済株式の9.5%にあたる。これはデカイ。総額では6.5億で、今期赤字の計画とは思えない金額。過去最高に利益が出たときでも経常利益で約20億だったので、それから考えても6.5億は大きい。

財務諸表を見てみると納得する。手持ちの現金は24億、有価証券が41億、投資有価証券が22億。総資産160億の半分以上が現金同等物。借金はない。株主資本比率は84%。

BPSが1100円でPBR0.5倍。現金同等物だけでのPBRが1倍。売掛金や敷金など換金性の高いものを考慮に入れれば、現金だけでPBR1倍を割るという信じられない割安さ。さすがにグラハムのいうネットネットまでは行っていないけど。それにしたって安い。

ジーンズメイトはさすがにこの安さに業を煮やしたに違いない。そもそも、店舗を伴う小売業でこれだけの高財務を維持しているのだから、そういう安さについて経営陣の関心はとても高いと想像できましょう。

このタイミングでの巨大な自社株買いは素晴らしいと拍手を送りたい。その自社株を償却しないとEPSには貢献しないので、是非償却して欲しいものですな。

残念ながら業績が良くない。名前の通りジーンズを主力とするんだけど、いかんせんデニムは今流行っていない。いつの世もデニムには一定の需要はあるが、人気にはサイクルがあって、サイクルが上がったり下がったりを繰り返す。今はまさに下がり調子。

しかし、これはいずれ必ず上がるときが来る。その時、ジーンズメイトの業績も元通りになるのは期待できる。もちろん、デニムサイクルだけに頼っているビジネスでは仕方ないので、それ以外でも力を入れ、業績を向上させるはず。

明日の株価はぴょこんと跳ねるのが正しいマーケットと言いたい。

この暗く悲しいマーケットで、久しぶりに胸のスカッとするニュースでした。

アパレル・ファッション銘柄
ジーンズメイト 有望 自社株買い

2008/10/02 19:07

シチエ、相変わらず苦しい月次

~ 月次は厳しいけど、配当+優待の利回りは10%を越える。 ~

シチエの月次発表。苦しいですな。

平成20 年12 月期 9月の月次売上高について

この会社の決算短信を読んだことのある人なら、なんと実直で正直な会社だろうと必ず好感を持つことを知っていましょう。好感度は良い。

しかし業績は苦しい。レンタルとゲームセンター、どう考えても苦しい業態です。9月月次売上高は前年同月比で-7.2%、9月までの累計で-6.4%。通期の計画は今のところ-3%。第3四半期決算の時に下方修正が出る可能性が大きい。3Q発表は10月24日。

唯一の救いは配当と優待で、両方合わせると利回りは10%を越える。業績連動型の配当政策なので、減配の可能性はある。仮に減配になっても、24円(だったと記憶している)を「よほどの苦境に陥らない限り配当する金額」に決めているので、この数字を下回ることはないはず。とても今が「よほどの苦境」には思えないので。

24円でも総合利回りは10%以上。もちろん、株主優待はヤフオクで売る前提。これをとり続けるだけでも決して悪くないとも言える。

娯楽・ゲーム銘柄
シチエ 優待 配当

2008/10/02 19:07

オオゼキの中間決算発表延期は大丈夫?

~ 超高収益の優良スーパーオオゼキが裏切ったりしないよね。 ~

オオゼキが中間決算発表を延期。

平成21年2月期中間決算発表延期のお知らせ

その理由は前日発表のあった、「不適切な経理処理の判明について」による。この発表によると影響額はわずか1億と小さい。

がしかし、中間発表を延期するのは、実はもっと影響が大きいからなのか、それとも単に慎重を期しているのか?

オオゼキはスーパーの中でも超高収益で、なんでスーパーがこんなに高利益率を叩き出せるの?とびっくりするぐらいの優良企業。その秘密は、オオゼキの説明によれば、店舗ごとにその地域にあった個店作りあるらしい。店舗ごとの仕入、店舗ごとの店作り、店長や店員の大きな裁量。そういうものが理由らしい。

残念ながら店舗に行ったことがないので、どれほどのものなのか分からないけど。

そういう優良企業の不適切な経利処理だったので、株価は全然反応しなかった。オオゼキの不適切な会計処理は、どこかのクサイ会社の不適切な会計処理とはわけが違うっていうマーケットの反応。これは確かに納得ではある。オオゼキには全然怪しいことろはないし、まさに優良企業の代表みたいなものだから。

さて、今回の決算発表の延期はどうなんだろう?まさか、蓋を開けてみたらオオゼキはとんでもないクサイ会社だったなんてないよねえ。個人的には、ほぼ100%そんな事はないと思っているけど、期待を裏切らないでね。

マーケットの噂
オオゼキ

2008/10/02 19:07

株主優待の発送さえできないの?

~ 子どもの遊びじゃないんだからさあ、もう少しちゃんとやろうよ。 ~

株主優待の発送さえまともにできない会社に何ができましょう。

株主優待品の発送について

かつて株主優待が改悪される前、ものすごい優待利回りを誇っていたタスコシステム。優待改悪後の今でも8300円分の株を持っていれば1000円の優待をもらえるという、実に利回り12%の高優待利回り。

いくら優待利回りが良いと言っても、まさかこんな会社の株は買わないだろうと思いきや、たくさんの人が優待目当てに買っている。株主数は13000人ですよ、すさまじい。

監査法人はKDA、KDAは監査意見不表明、時価総額は5億以下で上場基準に抵触、大赤字、管理ポスト。ずっと同じような状況で、それでもなかなか上場廃止にならない。その都度何かへんてこりんな増資とかなんとかをして生き延びている。早く上場廃止になって欲しい。

クサイ会社・エグイ企業
タスコシステム

2008/10/01 18:06

ポイント、ワークマン、西松屋、しまむら、月次と決算

~ アパレル小売はどこも厳しい。しまむらのマイナス成長が物語る。 ~

アパレル関連小売の月次や決算発表をまとめて。

まずはポイント。全店売上高は出店でそれなりの伸びだが、既存店は厳しい。株価は意外と堅調だけど、割安感はない。出店数は19(月末店舗数513)と相変わらず積極的。

国内月次売上高前年比に関するお知らせ

次にワークマン。さすがに手堅い。作業着、作業用品には流行り廃りはないし、需要はなくならないし、どうしてもちょこちょこと行って買物をせざるを得ない。規模の経済が効いて、PBブランド品を増やしている。低価格なので受けているに違いない。作業着なんかはそんなに洒落る必要はないので価格と機能性が一番重要かと。

株価はずいぶん安いけど、成長力がイマイチ弱いし、爆発力もないのでこんなものか。非常に堅実で下値ががっちりしていそうではある。

平成21 年3月期 月次前年比速報に関するお知らせ

西松屋チェーンの中間発表。

平成21 年 2 月期 中間決算短信(非連結)

さすがに不景気の影響を受けている。消費が盛り上がらないとベビー・子ども用品もどうにも売れない。原材料高も利益を圧迫している。

西松屋の強さは、通常なぜか馬鹿げているほど高いベビー・子ども用品を安く売っている事。PB商品も多いのでその分利益率も高い。

通期では前期比横ばいを計画。まあ、妥当な線でしょうな。

中期経営計画はそれなりに強気で、2013年2月期には売上高1700億、経常利益210億、店舗数900を目標にしている。今のところ、計画線上で推移している、ということで、中計の数字は射程圏内のようです。ちなみに、2009年2月期の予想数字が、売上1180億、経常利益108億。中間期末で店舗数が625店。単純に、売上+44%、経常利益+94%、店舗数+44%。単純計算ではEPSは150円。今の株価でPER6.5倍。PERで倍になってもおかしくない。4年で倍の可能性はどうですか?

目先はとりあえず消費マインドが回復することが大切かと。

最後にしまむら。下方修正と中間発表です。

業績予想の修正等に関するお知らせ

下方修正幅はそれなりに大きく、中間期はマイナス成長に転落。しまむらがマイナス成長というのは、消費が猛烈に弱いことを意味すると思うね。通期では盛り返してプラス成長に持っていく計画だけど、さて、どうでしょうな。難しそうな気配はある。

平成21年2月期 中間決算短信

消費者の財布の紐はかたくて、NB品から低価格のPB商品に流れている。食品ではイオンのトップバリューが絶好調なことや、他のスーパーも続々とPB商品を拡充していることからわかりましょう。衣料にしたって同じ。景気が悪いのに誰が百貨店でNB商品を買いますか。

そういう流れのド真ん中がしまむらなわけであって、それがマイナス成長というのはいかに景気が厳しく消費マインドが低いかが分かりますな。まさしく、生活防衛。

しまむらは従来の主婦向け低価格業態だけではなく、若い女性向けの業態も開発している。このあたりがどう発展するかも大切です。しまむらの成功法則が通用するのか、見物です。

今期末の予定店舗数は1548店で、アパレル小売ではダントツの数字だと思われます。低価格品を欲しい主婦は日本全国津々浦々いるわけです。洒落て衣料品とはわけが違いますね。

既に売上は4000億を越えているので、ここからどれだけ成長余地があるのか?まだまだ成長するのであれば株は安いですね。

アパレル・ファッション銘柄
しまむら ポイント ワークマン 西松屋

2008/10/01 14:02

ナチュラムの週次、月次、不正アクセス

~ 不正アクセス問題を乗り越え、業績は堅調、業界も悪くない。 ~

200910011.jpg

不正アクセスで被害を被ったミネルヴァホールディング。ナチュラムと言った方が分かりやすい。不正アクセスが発覚した後、株価はストップ安の連続。50%以上も下落するという凄まじいものでした。信用をなくして売上が減り、対策費やら補償費やらで費用が増え、利益が圧迫されるという考え方だったはず。マーケット全体も弱かったのが追い打ちをかけた。

その後、週次発表と月次発表を重ねるごとに株価は値を戻し、中間発表をこなして、不正アクセスで株価暴落する前の水準までほぼ戻した。

結局、不正アクセスによる売上への影響はほとんどなかった。中間決算説明資料でも業績への影響は限定的と書いている。

平成21年1月期 中間決算説明会

月次は好調。9月の月次は10月10日頃。

Eコマース(インターネット通信販売)月次速報(平成20 年8月1 日~8月31 日)

月次を占う週次も好調。

Eコマース(インターネット通信販売)週次速報(平成20 年9月15 日~9月21 日)

業績が良いのはナチュラムに限った話ではなく、スポーツ・アウトドア関連の小売業は基本的に景気が悪くない。なかなか面白いんじゃないですか。

専門小売銘柄
アウトドア ナチュラム ミネルヴァ 有望

2008/10/01 09:09

8月のガソリン販売量

~ 下げ幅を拡大。 ~

資源エネルギー庁、石油統計速報。

8月の国内ガソリン販売量 前年同月比 -14.05。4,689,000キロリットル。

統計・資料・調査
ガソリン販売量

2008/10/01 08:08

7月のケース・シラー住宅価格指数

~ 前年同月比では引き続き大幅下落、前月比でも下落。 ~

前年同月比

主要20都市 -16.3%、主要10都市 -17.5%。

前月比

主要20都市 -0.9%、主要10都市 -1.1%。

都市別 前年同月比

ラスベガス-29.9%、フェニックス-29.3%、マイアミ-28.2%。前月比で上昇した都市数は6。

統計・資料・調査
ケースシラー住宅価格指数

2008/10/01 00:12

コープケミカルの超好業績は続かない

~ 絶頂上方修正で早まってお手つきしてはいけません。 ~

コープケミカルが目の覚めるような上方修正を発表してる。

業績予想の修正に関するお知らせ

数年前の不動産流動化銘柄も負けてしまうぐらいの絶頂上方修正と言えましょう。けれど、早まってはいけない、これは一過性です。

売上の増加は肥料価格が大幅に上がったのが理由で、数量はそんなに伸びていないはず。だから、需要が急激に増えてそれが続くというのは間違いなんですね。

利益の伸びは、原価率の改善。肥料原料の価格はここ数年で暴騰したわけだけど、コープケミカルはうまい具合にそれを見越して、暴騰する前に結構な量を仕込んだわけですね。今その原価が低い材料を使って製品を作っているわけだから、原価率は下がり、利益がものすごい勢いで伸びた。しかも、原価は安いのに海外製品が値上がりするものだから、コープケミカルも値上げできた。

そういう状況はもう続かない。

ここから肥料価格は下がる方向。なぜなら原料価格が下がってきているから。この原料価格の暴騰は、石油や食料などのコモディティの暴騰と同じように来た。下げるのも一緒。

ここが業績のピークですね。

市況株
コープケミカル 肥料

2008/10/01 00:12

サイバーファーム、ライフステージ、どちらもクサイ

~ どちらも強制退場になりそうな気配がする。 ~

相変わらずですなあ、サイバーファーム。半期報告書の遅延です。

平成20 年12 月期半期報告書提出遅延に関するお知らせ

なかなか上場廃止にならないサイバーファーム。今回もなんやかんやで上場維持されるのでしょうかね。監査法人は協和、筆頭株主はエフ・エム・シー・キャピタル、第二位株主は半田貞治朗、三位がCSK。

ライフステージは監査法人をアクティブに変更。

一時会計監査人の選任に関するお知らせ

大赤字で継続疑義の注記あり。資金繰りは相当苦しそうで、倒産が近いような感じもありますなあ。

クサイ会社・エグイ企業
サイバーファーム ライフステージ

2008/10/01 00:12

武井工業所、カウボーイ、上場廃止

~ 上場廃止が本日は2件。さようなら。 ~

上場廃止が2つ。武井工業所は時価総額が小さすぎて上場廃止基準に抵触。カウボーイは問題だらけで退場。

武井 上場廃止等の決定に関するお知らせ

武井は一応、フェニックス銘柄として今後も取引は可能。悪さしての強制退場ではないので、まあ今回は残念だったということで。

カウボーイ 上場廃止等の決定に関するお知らせ

一方のカウボーイの強制退場は遅すぎですなあ。

倒産・上場廃止
カウボーイ 上場廃止 武井工業所

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  | All pages

patch