アーカイブ: 2008年10月

2008/10/09 00:12

クリードの第1四半期決算、順調に見える

~ 決算を見る限りでは全然悪くない。が、そんなことは関係ないのが今の不動産。 ~

クリードの第1四半期決算発表。

平成21年5月期 第1四半期決算短信

意外と順調ですな。通期の予想に至っては十分すぎるほど好業績。全体的なトーンにしても他の不動産屋とはちょっと違って、それほど悲壮感は感じられない。

不動産投資事業の売上が72億で、利益がトントンなのは褒めてあげたい。大赤字でも投げ売って資金繰りを何とかしたいという会社も多い中で、立派ですなあ。この流動化の内訳は説明資料に載っている。

2009年5月期(第13期)連結第1四半期決算の概要

これによると、国内5物件61億、ドイツ1物件2億、韓国2物件25億を売却。どうやらこれにはファンド事業での売却も含まれている。ドイツ58物件は既に売買契約が終わっていて、2Qに計上される予定。ほぼドイツからは撤退と言うことになりましょう。

棚卸資産は順調に減っていますな。前期末810億あったものが680億まで減少。有形固定資産に振り替えたりする裏技は使っていない。短期借入金が560億から510億へ減少、長期借入金が270億から250億へ減少。順調です。

棚卸資産の評価減を合計41億計上。このために最終利益は赤字だけど、3億の赤字と小さい。

CREPIIは年内の運用開始を目標、と、今のマーケットではあまり聞かれないような言葉が書かれている。CREPに関しては、期中45億を取得、11月までにはさらに62億を取得して投資を完了させる見込みという。いやー、なかなか景気が良いですな。

ということで、この1Q決算を見る限りではかなり順調に見えますね。しかし、順調見ている不動産屋が突然バタバタとニュースを出し、あれよあれよと倒産しているのが今の不動産マーケット。油断はなりません。

不動産・マンデベ・流動化
クリード 不動産流動化

2008/10/08 23:11

自転車の老舗、宮田工業が公開買付け

~ 誰も気にしていない銘柄だけど、一応。 ~

自転車の老舗、宮田工業が公開買付け。

当社の普通株式に対する公開買付けに関する意見表明のお知らせ

買付け価格は205円で、今日の終値の+65%。最近買った人、おめでとさん。必ずしも上場廃止を視野に入れてはいないが、上場基準に抵触すれば上場廃止もあり得る。持ってる人は売りのチャンスですな。

M&A・MBO・公開買付け
公開買付け 宮田工業

2008/10/08 23:11

ホームセンター首位DCM、中間決算発表

~ ホームセンターで伸びているのはペット用品。しかし割合は高くない。 ~

面白くない業界だけど、業界最大手ということでDCM JAPANホールディングスをチェック。4000億超の売上で、ホームセンターでは首位。

平成21年2月期 中間決算短信

さすがに最大手だけあって、順調に出店を重ね、売上利益ともじわりと増加させている。この相場の中では、株価も堅調といえましょう。

ホームセンターは大中小の会社が山ほどあるが、とにかく大手であることが株価には重要。大きければ大きいほど評価が高く、株価に安定感がある。これは何もホームセンター銘柄に限ったことではなく、どの業種でも同じですな。ただ、ホームセンターとかドラッグストア、スーパーマーケットみたいな利益率の低い小売業ではそういう傾向が一層強いと思うんです。

DCMの部門別売上で一番大きいのは何かと言えば、ペット&グリーン部門。具体的には、ペットフードと園芸用品になる。次がハウス・キーピング部門で、具体的には紙類、洗剤、ヘアケア、殺虫剤、調理器具、そういったもの。

どこのホームセンターも伸びているのはただ一つ。ペット用品。

ペット用品というのは、この不景気の中でもずっと伸び続けている、これからも伸び続けて逝くであろう、超の付くほど有望市場なわけです。ぐっと伸びて、パッと散る、って事もないのがペット用品で、これも非常に良い。

が、しかし、ペット用品の占める割合は業績が急伸するほど高くないのがホームセンター。

あまり面白みの感じられない業態ですな。

専門小売銘柄
DCM ペット用品 ホームせんーた

2008/10/08 23:11

牛丼のゼンショーが下方修正

~ 外食各社は原材料の高騰に苦しみつつ、値上げはできない。 ~

ゼンショーが下方修正を発表。

業績予想の修正に関するお知らせ

先日、吉野家が下方修正を発表したけど、調子が良くないのはどこの牛丼も同じということです。しかしですね、ゼンショーのすき家は月次で確認できるとおり、売上は順調に伸びているわけです。ここが吉野家とは大きく違う点ですな。

ゼンショーは多業態を展開しているので、どの業態が良くてどの業態が悪いのか、いまいちはっきりしない。リリースの説明によれば、全体的な傾向としては、原価の上昇が利益を圧迫している。原材料が高いけど、値上げもできないし、吉野家と同じ。吉野家というか、外食各社全部同じですな。

子会社のココスが下方修正を出している。

業績予想の修正に関するお知らせ

ゼンショーの利益下方修正額のうちだいた30%はココスということになりますな。ところで、ココスは高い。この不景気にあの価格帯では厳しいのは想像に難くない。サイゼリアを見習いなさいって言いたい。その証拠に既存店は7%以上も前年を下回って推移中。

救いは配当は現状維持な事です。これで減配だったら最悪でした。優待も合わせると利回りは軽く10%を越えているので、ゼンショー系列で食事する人は気長に持つ戦略が最善といえましょう。たったの3万円だけ株を持っていればいいのですからね。

外食・レストラン・居酒屋
すき家 ココス ゼンショー 吉野家

2008/10/08 23:11

官公需要とマンション不況で新井組が倒産

~ 受注残と資金繰り難、そして霞ヶ関とNIS。 ~

新井組が倒産。負債総額450億円。

民事再生手続開始申立てに関するお知らせ

官公庁からの仕事が減り、マンションの仕事も減った。折からの不動産業者の倒産連続で、マンデベから受け取った手形が割引できず、資金繰りに窮し、倒産となった。

大株主はNIS。37%の所有なので子会社ではないけど、事実上は子会社のようなもの。助ける力もないのかということで、株は売られましょう。って、もう売れないほど売り込まれていますけど。。。。いずれにせよ、NIS系は要注意ですな。

監査法人は霞ヶ関。なるほどね。

代表取締役社長 酒井松喜

倒産・上場廃止
NIS マンション マンデベ 新井組 霞ヶ関

2008/10/08 23:11

超シンプル携帯が存在しない理由

~ 売れないから?それともそんなのがあれば儲からなくて困るから? ~

携帯が全然売れていない。そりゃね、販売奨励金がなくなって端末価格が5万円にもなれば買い換えしようって気もなくなる。今は5万円パソコンもあるわけで、電話が5万って高いよね。確かにカメラとかMP3プレーヤーとかなんやらかんやら、機能はてんこ盛りで、そういうものが5万は安いかもしれないけど、絶対金額的に高い。

日経によれば

四―九月の携帯電話契約の純増数は前年同期比で約二割減と失速。七月の端末出荷台数は前年同月比約三割減と今年最大の落ち込みとなった。

思うんだけど、なぜ安い端末を出さないのか?個人的には、今の携帯に付いているほとんどの機能はいらない。必要なのは、電話、カメラ、お財布機能、の3つ。それ以外は全部なくしてもらって結構です。

デザインはとにかくシンプルで普通で良い。お洒落さ、かっこよさはゼロでいいんですよ、携帯屋さん。

そういう超シンプル携帯は安く作れないのだろうか?結局、同じ基盤に全部が載っていて、部品単価もそれほどではないので、機能を削ってもそれほど安くならないって事?

いや、できると思うんですね。なぜしないか?

単価が下がって価格競争になって、シンプル携帯ではノキアや中国メーカーに到底太刀打ちできない国内端末メーカーが儲からなくなるからじゃないですか。どのメーカーも自分の首を絞める結果につながるような事はしたくない。

それとも、そんなシンプル携帯作っても誰も買わないですかね。そんなの欲しいの自分だけでしょうか。どうですか?

ちょっとニュース
携帯

2008/10/08 23:11

来春に清涼飲料が値上げ、儲かるのは。。。

~ 自販機比率が高くて、コーヒーユーザーが多いダイドーが狙い目。 ~

いよいよ清涼飲料が値上げです。11年ぶりの値上げで、値上げ幅は10円の予定。とりあえずは第2位のサントリーが値上げを決めたわけだが、他社も追随するのは間違いないですな。コカコーラ、伊藤園、ダイドードリンコ、この3つです。未上場の企業は投資家には関係なし。

食品が値上げされると、とりあえずは売れなくなる。ラーメンもそうだしパンもそうだし、なんだって同じ。けれど、そういうベーシックな商品はジワジワと需要が戻ってくるのが世の常。消費者は値上げは嫌なので取りあえず買わなくなるけど、そのうちラーメン食べたいなって買わざるを得ない。

缶飲料も同じで、とりあえずは販売数量が減るはず。が、値上げでカバーして売上ではほとんど影響ないんじゃないか。利益は横這いから、いずれ上昇に転じる。ラーメンの日清食品や東洋水産と同じ流れでしょう。

特に、ヘビーユーザーが多いコーヒーは一番影響が少ないと想定。コーヒーが売上のほとんどであるダイドードリンコが値上げの恩恵を一番受けるのではないか?売上のほとんどが自販機というビジネスモデルも値上げに優しい。

今日株価が飛んだのはダイドーと伊藤園。コーラは無反応、というより下落。缶飲料の製造受託をしているジャパンフーズやゴールドパックもダメ。製造受託はダメでしょうな。コーラは?

値上げは来春なので今期の業績には影響がないんです。来期ですね。株価は先々を織り込んでいくものですよ。

食品・飲料・日用品
コカコーラ ダイドードリンコ 伊藤園 清涼飲料

2008/10/08 23:11

アイスランドが倒産しそう

~ 為替を固定相場にして、ロシアからお金を借りるアイスランド。国が倒産しそう。 ~

アイスランドが大変なことになっている。基本的には全部の銀行を国有化するというんだから、ただごとじゃありません。ついでに、為替を固定相場にして、1クローナは131ユーロにする。これまた驚きの動きですな。で、EUが支援してくれないからロシアから5000億円貸してもらう。

イギリス人を筆頭に、EU人がアイスランドの銀行に持つ口座は凍結。う、これは痛い。

もともと金融が強いのがアイスランドの売りだったわけだけど、そのが今回のサブプライムから始まった危機で裏目に出る結果となった。

で、アイスランド・クローナでFX取り引きしていた人はかわいそう。クローナの取引が停止になって、ポジションは強制決済。

ヒロセ通商 ISK通貨のお取引停止について

ALGORITHM TRADE FX アイスランドクロ-ナの取引停止について

外為ステーション ISK 取引終了のお知らせ

もともと小粒なFX業者なのでそれほど被害者はいないだろうけどね。わざわざクローナで短期FX売買する必要なんてないわけだし。

クローナは高金利通貨の代表だったので、スワップポイントを取りながらじっと持ちつづければいずれ儲かる、という投資方法だった人が一番被害を受けたに違いないですな。

FX・為替
FX アイスランド

2008/10/07 19:07

吉野家からすき家へ、牛丼トップの入れ替わり

~ 何事も下克上、世の中はどんどん変わっていく。 ~

牛丼トップは吉野家、そう決まっていたけど、9月でそれは変わった。これからの牛丼トップはすき家。

9月末の国内店舗数。すき家1087、吉野家1077。

すき家の数字はゼンショーの中のすき家単独の数字。ゼンショーはなか卯でも牛丼を出しているので、それを合わせれば9月以前にトップではあった。

ま、だからどうって事はないが、世の中どんどん変わっていくものですなあ。

いい加減にしてよ
すき家 ゼンショー 吉野家 牛丼

2008/10/07 19:07

20%以上の利回りの日本コマーシャル投資法人

~ 22%の利回りが意味するのは次のうちどれでしょう?3択問題。 ~

パシフィックがスポンサーを努める日本コマーシャル投資法人。一応、上方修正出てますけど。。。。

平成20年8月期(第5期)の運用状況の予想の修正に関するお知らせ

分配金も増額。でもさあ、株価が12万で、半期の分配金が15800円って、ちょっとやばくないですか?それだけで13%ですよ。次のどれぐらいの分配金が出るか分からんので何とも計算しようがないけど、仮に四季報予測の11000円だとすれば、利回りは22%。。。

一体何が起きるのでしょうか?答えは3択。1.利回りが5%程度になるまで株価が回復する、2.利回りが5%程度になるまで分配金がざっくり減る、3.REITが倒産・清算されて株主に返ってくるのは12万ぐらい。

REITの倒産や清算があれば初のケースなので、それはそれで非常に興味深い。ま、日本コマーシャル以外にも同じような利回りのREITはあるので、特別これがどうのこうのということはないでしょうがね。

ちなみに、倒産や清算は一応ありますよと説明されている。森ヒルズリートの説明。

本投資法人は、破産法(平成16年法律第75号。その後の改正を含みます。)(以下「破産法」といいます。)上の破産手続、民事再生法(平成11年法律第 225号。その後の改正を含みます。)(以下「民事再生法」といいます。)上の再生手続及び投信法上の特別清算手続(投信法第164条)に服する可能性があります。 本投資法人は、投信法に基づいて投資法人としての登録を受けていますが、一定の事由が発生した場合に投信法に従ってその登録が取り消される可能性があります(投信法第216条)。その場合には、本投資証券の上場が廃止され、本投資法人は解散し、清算手続に入ります。 本投資法人が清算される場合、投資主は、すべての債権者への弁済(投資法人債の償還を含みます。)後の残余財産の分配に与ることによってしか投資金額を回収することができません。このため、投資主は、投資金額の全部又は一部について回収を得ることができない可能性があります。

スポンサーのパシフィックは大和とのお話がおじゃんになってからストップ安が止まらない。ほぼ倒産価格と言って間違いないですな。

不動産・マンデベ・流動化
REIT パシフィック 日本コマーシャル

2008/10/07 19:07

FX業者にはボラティリティが全て

~ 9月は為替のボラが高かったのでFX業者はウハウハ儲かっている ~

FX業者の発表をまとめて。

マネーパートナーズの月次。

平成20年9月次 月次概況(速報)のお知らせ

9月の営業収益がこれまでの倍に急増。

9月の外国為替市場は、リーマン・ブラザーズの破綻やアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の救済をはじめとする米国金融市場における信用収縮の中、大荒れの展開となり変動率は前月と比べ大幅に高くなりました。

とにかく、FXはボラティリティが全て。動かない相場にだれも参加しないので、9月の高ボラティリティはFX業者にとっては嬉しいことこの上ない。

しかし、それだけ取引が増えて、お客は儲かっているかと言えば、そう話は簡単ではない。これは預かり証拠金が全然増えていないことからも分かりますな。つまり、ボラティリティが高まればFX業者は儲かるけど、投資家は平均すれば儲からないってこと。もちろん、ボラティリティの高まりで思いっきり儲ける人も多数いることも忘れてはなりますまい。そういう人達になるべく、努力しているわけですな。

口座数の伸びも順調です。そりゃあね、口座開設して1回取り引きしら5000円キャッシュバック、みたいな、絶対に損しないキャンペーンをすればお客さん集まりますよ。というか、そういうキャンペーンは使わないとダメですな。

それだけのキャンペーンをしても、ボラティリティが高まれば取引が急増して業者は儲かるというのがよく分かる月次発表です。

ちなみに、10月も同様に良い数字になるに違いない。今のところ9月よりもボラが高いし、まだまだ急騰急落が続きそうな外国為替マーケットだからね。

FXプライムの上方修正

業績予想の修正に関するお知らせ

景気の良い上方修正ですが、理由は簡単。マネーパートナーズと同様に、9月の取引急増が原因ですな。

特に9月度におけるお客様の取引量が急激に拡大したことに伴い、営業収益が大幅な伸びを示したため、今回第2四半期累計期間の業績予想の上方修正を行うこととしました。

説明の必要はありますまい。

FX・為替
FX FXプライム マネーパートナーズ

2008/10/07 19:07

撤退するほど中国食品には信頼がないのか

~ 米久が上方修正と中国からの撤退を発表。考えさせられる。 ~

食品のうち肉もディフェンシブな銘柄で、実際、日本ハムや伊藤ハムはそれなりに値を保っている。しかし、米久は値動きが激しくてあまりディフェンシブっぽくない。なぜかよく分からないけど、この株は肉にしてはよく動く。

それはそうと、今日の米久の発表には考えさせられるものがありますね。

平成21年2月期 中間及び通期業績予想の修正に関するお知らせ

上方修正された事じゃなくて、リリースの下の方に書いてある中国での事業展開について。

近年、中国産の食品に関係した事件報道が相次ぎ、「食の安全・安心」が強く求められるなか、同国の食品全般に対して大変厳しい視線が向けられております。加えて、中国国内における原材料・労働コストの上昇や人民元の切り上げなど、中国関連事業を取り巻く環境はかつてないほど厳しい状況にあります。(中略) 中国事業から撤退するとの方針を固めました。

前期末の決算発表資料によると、中国2子会社の売上規模は24億円。連結売上高が1700億の米久にとって、中国子会社の規模は大きくはないですな。どれぐらいの利益が出ていたのかは不明。

しかし、いくら中国での労働コストが上昇したと言っても、まさか赤字はないんじゃないだろうか。中国製品不振で製品が売りづらくなって、それからもしかすれば赤字になっているかもしれないが。

中国製品、特に食品、の不信感はここまで来ているのか、という感がありますなあ。しかしながら、中国なしに日本人の胃袋は満たされないわけで、そこの所とどう折り合いを付けていくのか、難しい問題です。

あ、ついでに増額修正だけど、株価見直しの景気になるかもね。米久は日ハムは伊藤ハムに比べて安すぎませんか?ま、常に大手の半分ぐらいのPER評価が妥当という感じもありますが。

食品・飲料・日用品
中国 伊藤ハム 日本ハム 米久

2008/10/06 23:11

イハラケミカルの上方修正、跳ねれば売り

~ 穀物がピークを打った今、農薬と肥料もピークを打つ。 ~

農薬は肥料と同じ流れで考えられるのだろうか?ちょっと分からない。過去数年の穀物高で肥料の企業はえらい儲かった。既にピークを打ったので、肥料も同時にピークを打った。アメリカに大きな企業が多いけど、先日は日本の肥料銘柄ではコープケミカルがぶっちぎりの上方修正だけど、もうおしまいです。

で、農薬も肥料と同様でいいのかな?農薬についてはなぜか今まで考えたことがなかった。今日のイハラケミカルの上方修正を見てハタと気が付いた。

業績予想の修正に関するお知らせ

コープケミカルと同じでブッちぎりの上方修正。売上の半分が海外向け、特にアメリカが多いので、穀物相場にやっぱり関連するはずだと思うんです。そうなればこれもまたおしまいですな。

この上方修正で飛び乗れって人がたくさん出るなら、そこは売りのチャンスじゃないですか。

市況株
イハラケミカル 上方修正 穀物 農薬

2008/10/06 22:10

どれだけ上方修正しても古野電気は船株

~ 船株の相場はもう終わってる、上方修正にだまされるな。 ~

船関連の株をどうするか?どうするかって、もうほとんどの人は売っていると信じてますが。まさかこの期に及んで船株だ!って人はいないはず。

古野電気が景気の良い上方修正を発表。

業績予想の修正に関するお知らせ

とりあえず中間期の業績を利益で+50%の増額。通期は不透明で修正はないけど、いずれ増額されると考えても不自然ではない。最終的に、前期比でも大きくプラスで終わるはず。

じゃあ、株は買いか?否、買っちゃダメですな。船株は終わりです。古野電気に限らず、船株はここ数年でこれだけの業績と相場を作って、今は下落の真っ最中。もう数年は忘れ去るべきだと思うんですね。

もしこの上方修正でストップ高にでもなろうものなら、空売りを仕掛けるべきですな。

市況株
上方修正 古野電気 空売り

2008/10/06 22:10

ゼクス、下方修正と第1四半期決算

~ 流動化は全然できていない、借金を返済できるのだろうか? ~

ゼクスの第1四半期決算が出た。

平成21年5月期 第1四半期決算短信

数字はひどい。1Qだけじゃなくて、通期でもかなり悪い業績で、下方修正も発表。

業績予想の修正に関するお知らせ

流動化事業では、

金融機関の不動産案件融資厳格化に伴い保有物件の売却交渉が長期化し、当初計画していた物件売却が延期となったため、当四半期においては保有する収益不動産の賃料収入が主な収益となりました。

ということで、1Qでは物件売却はほぼゼロの感じ。利益はゼロに等しい。

老人ホーム事業は相変わらずの赤字でどうにもならない。同様に、その他事業の温泉に関しても赤字。

B/Sを見ると、販売用不動産、仕掛り販売用不動産、仕掛品、どれも前期末より全然減っていない。まさか売却した分だけ仕入れたわけじゃないだろうから、やっぱり流動化では物件売却ができていないのですな。

その他についても前期末から変化がなく、結局のところ、ビジネスが全然動いてなくて、何もしなくても良い賃料収入だけが入ってきましたとなる。

借入金の一部については返済期限を過ぎていて、金融機関と延期を合意している。合意できるだけまだましか。しかし、赤字でキャッシュフローもないナスで、継続疑義の中期は相変わらず。

自己資本比率は6.2%まで低下。短期借入金270億と長期借入金190億で合計460億。現金18億、売掛債権11億、販売用不動産+仕掛品172億の合計201億。201億で460億を返済していくような事が果たしてできるのか。まさに綱渡り。倒産してしまっても不思議は全然なく、すっと受け入れられますなあ。

不動産・マンデベ・流動化
ゼクス 下方修正 不動産 流動化

2008/10/06 22:10

半期報告書を出せないジャパンシステム

~ 何か理由があるけど分からない、そういう不確かさは嫌われます。 ~

ジャパンシステムが半期報告書を提出できない。

平成20 年12 月期 半期報告書の提出遅延についてのお知らせ

当社平成20 年12 月期 中間会計期間(自平成20 年1月1日至平成20 年6月30 日)において、当社営業取引の内容について、当社会計監査人よりその詳細について調査の申し入れがあり、これに対し現在その事実関係を調査中であります。

ということで、何が問題なのかは不明。今ハヤリの循環取引とかじゃないよね?いずれにしても、今の相場では不確かなことはとことん嫌われるので、明日はストップ安じゃないかな。

マーケットの噂
ジャパンシステム


patch