アーカイブ: 2008年10月29日

2008/10/29 00:12

ダイドードリンコの10月月次を確認。値上げが楽しみ。

~ 月次はイマイチだけど累計はそこそこ。何より来春の値上げが待ち遠しい。 ~

ダイドードリンコの10月月次数字。

平成21年1月期  10月度販売状況 のお知らせ

数字はよろしくない。前年同月比では89.5%と、飲料メーカーとしてはかなりスローダウンしている言えましょう。通常、こういうものはそれほど需要が変化しない。もちろん、季節ごとの気温で売れたり売れなかったりすることはありますが。

第3四半期累計(2月~10月)では96.7%とそれほど悪くはない。

ダイドードリンコで一番気になるのは、来年の値上げですな。

値上げニュースの後株価はぐんぐん上げた。そしてぐんぐん下げた。いずれ値上げで業績は改善することは間違いなし。安くなったところは狙い目です。

食品・飲料・日用品
コーヒー ダイドードリンコ 有望 自動販売機 飲料



2008/10/29 00:12

日本農産工業、協同飼料、流れは同じで2010年度が面白い

~ 原料トウモロコシの価格は下がり、製品価格の値上げをすれば来期が楽しみ。 ~

飼料会社の下方修正。協同飼料と日本農産工業からのプレスリリースだが、中部飼料や日本配合飼料も同じ。経営の巧拙なんてほどんどなく、どの会社の業績も同じように変動する。

日本農産工業

業績予想の修正に関するお知らせ

飼料最大手なので当然向かい風には一番強い。原料価格の高騰で利益が出ない。原料はトウモロコシ。

けどね、トウモロコシ価格は下がっていますね。トウモロコシ価格の下落が即原料価格の下落に結びつかない。タイムラグがある。高値で買ったトウモロコシを使っている間にトウモロコシ価格が下がって、それから安いトウモロコシを買って、原料価格低下につながる。

今期は苦しいにしても、来期は安い原料価格の製品が出せるわけだから利益率は改善しますな。

基金に出す金も少なくて済むはず。飼料会社は製品販売先の経営安定のために基金を作っていて、そこにお金を出さなければなりません。基本的には、製品価格があればあがるほど基金に拠出する金額が増える。製品価格は全四半期比で考える。

結局、どんどん価格が上がっているときは拠出金が増えますね。が、値上がりが止まりさえすれば拠出金は必要ない。高値でとどまってもいいわけ。

来期はそういう状況になりましょう。

中間決算も発表されているので確認。

平成21年3月期 第2四半期決算短信

協同飼料

業績予想の修正に関するお知らせ

規模が小さいだけ原材料価格の高騰の影響が出やすい。赤字に転落ですな。しかし、流れは日本農産工業を同じ。向かい風では赤字になる場合、追い風であればより利益が伸びるというのは当然のこと。

飼料会社は来年が面白いですな。

食品・飲料・日用品
トウモロコシ 協同飼料 日本農産工業 飼料

2008/10/29 00:12

日本電産の好業績、子会社株買い増しに思う

~ 親子上場は反対だけど、子会社株の買い増しはマーケットに文句を言っている。 ~

日本電産の中間決算。

平成21年3月期 第2四半期決算短信〔米国会計基準〕

いやはや、なんと強い決算じゃございませんか。株価は暴落していたので決算発表で急騰していますねえ。日本電産が優れた企業だって事は分かるけど、それにしたってモーター需要は世界景気がおかしくなっていてもこんなに強いんですな。

正確には、需要はそれほど強くなくて、売上は微増か。コストコントロールで利益を捻出したという事か。

そんなことは実はどうでもいいんだが、一番気になったのは、子会社株式の買い増しである。

日本電産サンキョー株式会社株式買い増しに関するお知らせ

日本電産コパル電子株式会社株式の買い増しに関するお知らせ

日本電産サーボ株式会社株式の買い増しに関するお知らせ

日本電産リード株式会社株式の買い増しに関するお知らせ

ちなみに、上記の子会社全てが上方修正している。

当社子会社4 社の平成21 年3 月期第2四半期業績予想の修正に関するお知らせ

日本電産が主張したいのは、マーケットは間違っている、株価は安すぎですよ、って事だと思えて仕方ない。

ところで、日本電産系の企業は沢山上場しているが、どうせなら完全子会社かして上場廃止にして欲しいですな。親子上場は反対です。

電気機器・精密機器
日本電産 親子上場

patch