アーカイブ: 2008年10月19日

2008/10/19 19:07

ラ・アトレの資産振り替えは気に入らない

~ 販売用不動産を固定資産に振り替えるのは損失隠しの常套手段。 ~

ラ・アトレが販売用不動産を固定資産へ振り替えるという発表。

販売用不動産から固定資産への所有目的の変更に関するお知らせ

第1四半期末時点でのBSを見ると、販売用不動産+仕掛不動産で97億円(総資産の76%)、有形固定資産は20億円(16%)。今回振り替えるのが14億円で、販売用不動産+仕掛不動産の14%。ほとんどが集合住宅。

もちろん、この変更が本当に前向きな資産の組み替えならいいんですよ。具体的には、固定資産にして賃貸して高利回りで運用できるってことですね。

過去、不動産マーケットがおかしくなり不動産在庫がたまっていくと、在庫を固定資産に振り替えることがよくありましたな。そうすることで評価損を計上しないで済む。以前とは違って、時価会計って事で固定資産でも減損されるようになったので、無条件に評価減の損失回避とはいかなくなったものの、やはり固定資産にすれば減損は甘くなりますな。

いちおうラ・アトレの方針としては、

振替価格については上記2.の帳簿価格を予定しておりますが、不動産鑑定士による鑑定評価を取得し評価額が帳簿価格を下回る場合は評価額に置き換えます。

不動産・マンデベ・流動化
ラ・アトレ



2008/10/19 19:07

ほとんどの人がうそを付くというのは信じがたい

~ 90%以上の人が89ドルぐらいのことでうそを付くとは思えないんですが。 ~

こんなことってありますかね?

朝日新聞の記事によると、

心当たりある?電子メール、ウソ確率は手書きの1.5倍

 電子メールを使った場合、手書きの文書に比べてうそをつく傾向が約1・5倍になり、9割にのぼったことが米リーハイ大(ペンシルベニア州)などのチームの実験でわかった。(中略)

 経営学大学院のクラスで、院生48人に「賞金」としてそれぞれ89ドル(約9千円)を渡したことにし、これを別の人と2分割するように指示。院生には「相手は、あなたがもらった額は5ドルから100ドルの間ということしか知らない」と伝えた。

 院生は「私は何ドルもらったので、あなたの分け前は何ドル」という内容の連絡を電子メールまたはペンと紙で行った。仮想的なお金であるにもかかわらず賞金の分け方でうそをつく院生は多く、特に電子メールの場合の確率は92%。ペンと紙の場合の64%を大きく上回った。

 また、前者が「自分がもらった」とする金額の平均は56ドルで、相手に渡すことにした金額は平均29ドル。後者の同67ドル、同34ドルに比べて「過少申告のずるさ」が目立つ結果だった。(後略)

メールの方が嘘をつく人が多いことがあるとしてもですよ、嘘をつく人の割合が92%って本当ですか?手紙でも64%!?

もし自分であれば嘘は付きませんね。例えば自分の友人なんかがそういう立場にあって、半分を自分にわけてくれるとした場合、そのほとんどの友人は嘘を付くことになりますよね。信じられませんな。

人を信頼しすぎなんでしょうか?

まあ、たったこれだけの文章しかない記事から実験の詳細を知ることはできないので、実はこの記事から伝わってこない部分に何かあるのかもしれません。できればそう思いたいですな。

ちょっとニュース

patch