アーカイブ: 2008年9月25日

2008/09/25 22:10

有楽土地の下方修正

~ どう考えてもおかしい従来予想を下方修正するのは驚きなし。 ~

有楽土地が下方修正を発表。修正幅がものすごい。

平成21年3月期業績予想(連結・個別)の修正に関するお知らせ

もともとの計画数字が、前期比でプラスという今の不動産マーケットの状況では考えられないものだったので、下方修正には驚く人いないよねえ。それにしてもヒドイ修正幅で、通期の営業利益は、従来予想が120億、修正予想が-22億。140億円以上の下方修正。売上は800億で140億の利益修正だから、その大きさが分かりましょう。

販売の長期化は費用がどんどんかさむし、売れなければ値引きしなければならないし、資金繰りが苦しければ投げ売らなければならない。全てひっくるめて今回の超下方修正なんですね。

それにしても、今までの数字を出したというその事実が何とも情けないですなあ。

不動産・マンデベ・流動化
下方修正 不動産 有楽土地



2008/09/25 18:06

デザインエクスチェンジ、やめてください

~ そういう企業じゃ、そういう事も仕方ないか。。。 ~

すみません、適時開示情報サービスは街の宣伝看板ではないんですよ。

「コミック満タン」にて映画「宿命」のプロモーション用携帯マンガ配信に関するお知らせ

やめてください、デザインエクスチェンジ。継続疑義の注記、監査法人はウィングパートナー。それじゃあマンガの宣伝もしょうがないか。

いい加減にしてよ
ウィングパートナー デザインエクスチェンジ

2008/09/25 18:06

合同製鐵、春を謳歌する上方修正?

~ シクリカル株の代表、鉄銘柄。もう春は終わって冬が来ようとしている。 ~

合同製鐵の大幅な上方修正。

業績予想の修正に関するお知らせ

この不景気な世の中で、これ以上望めないと程の上方修正を発表。まさに我が世の春。

だけど、ここで間違っちゃいけない。鉄はもう終わり。世界の景気を見渡してみれば、どこもスローダウンは間違いない。景気の方向が下向きなのに、鉄が上向きでいけるというのはどう考えても矛盾している。

今回は原料の鉄スクラップ価格が急落し、原価改善でぐっと上方修正が出たけど、原料価格の下落は製品価格の値下げに必ず結びつく。需要かもバカじゃない。

我が世の春を謳歌してきた鉄関連は今が最後なんじゃないか?

市況株
上方修正 合同製鐵

2008/09/25 17:05

ジェネシステクノロジーが倒産

~ 必要とされない技術では生き残ることができない。 ~

ジェネシステクノロジーが倒産。負債総額は110億。

当社の民事再生手続開始の申立てに関するお知らせ

ビジネスが右肩下がりで、とうとう力つきたんですね。希望退職やら事業の集中やら、万策尽きた感があります。半導体の市況が悪いと言うことなんだけど、多分、ジェネシスの提供する技術がどんどん必要とされなくなっているのだと思うね。どれだけ市況が悪いと言っても、テストが必要であれば半導体を作っている限りテストの需要はあるはず。

ビジネスには安泰はないんですね。新しいものを生み出していかないといずれは終わってしまう。横這いなんて企業にはなくて、成長か衰退か、二つに一つ。厳しいです。

倒産・上場廃止
倒産

2008/09/25 17:05

アトリウムの下方修正、減配、劣後債

~ 劣後債の金利が高いのか低いのか。高いように思うけど。 ~

アトリウムが下方修正を発表。ついでに減配。

業績予想及び期末配当予想の修正に関するお知らせ

減配で、今日まで13%あった配当利回りは5%へ低下。だれも不動産会社の高配当利回りは信用していないけど。

下方修正と減配は、まあ、意外でも何でもなく、他の不動産屋と同じ。気になるのはもう一つのプレスリリース。

企業の競争優位性強化のための劣後債・劣後ローンによる資金調達のお知らせ

アトリウムはクレディセゾン系なのでそれなりに信用というかつながりというかがあり、それほど資金繰りに困っていそうな雰囲気はない。あくまで雰囲気であるところが怪しいが。

それでもやはり資金繰りは苦しいのだろう、今回の劣後債での資金調達です。金利が円Libor+3.75%と高い。平成25年以降は円Libor+4.95%とさらに高い。円Liborは0.85%~0.9%ぐらい。REITなどが2%以下で資金調達しているのを考えるとね。

劣後債ってそういうものなのだろうか?劣後債の発行が一般的にどういう感じなのか、知識がないので金利が高いのか妥当なのか、判断がつかないです。でも高いような気がする。

劣後債だけあって、償還期限は平成70年と、実に50年先。

不動産・マンデベ・流動化
アトリウム 下方修正 劣後債

2008/09/25 11:11

パンタレイ証券がFX業務停止命令

~ 少しでも信頼のあるFX業者に大切な資金を預けましょう。 ~

パンタレイ証券が業務停止命令を受けた。決済を除きしばらくの間はFX取り引きできません。

あまり多くはないんだろうけど、こういう業者に大切な資金を入れている人もいるわけです。しかしまあ、これだけFX業者の問題がいろいろ出ている中で、敢えてこういう業者を選択する人は何を基準にしているんだろうね。100%安全ではないにせよ、なるべく信頼あるところにお金を預けましょうよ。

パンタ・レイ証券、平成11年設立、代表取締役社長 川島亮太郎。株主は100%ジャレコ。

ジャレコですよ、ジャレコ。資金を入れちゃってる人はできるだけ早く引き出し推奨。

FX・為替
FX ジャレコ パンタレイ

patch