アーカイブ: 2008年9月23日

2008/09/23 18:06

マイクロソフトの株主還元を見習って

~ 必要ないお金は株主に返すという資本主義の基本。 ~

マイクロソフトが4兆円の自社株買いを決めたというニュース。2004年にも4兆円の自社株買いを設定し、全部使い切っての今回の設定。自社株買いの他にも配当をしてきたので、過去5年では12兆円を株主に還元した。

ちなみに、現在のマイクロソフトの時価総額は24兆円。自社株買いは時価総額の17%と大きいですな。

必要ないお金は株主に返す。

現金を貯め込んで、必要最低限のIRリリースだけをしながら黙って仕事している日本の企業も見習って欲しい。

ちょっとニュース
マイクロソフト 自社株買い



2008/09/23 18:06

新生銀行+ほのぼのレイク=赤字

~ 買収のプラスがあっても赤字で、サービス低下はやめてね。 ~

新生銀行がGEコンシューマー・ファイナンスの買収を完了。GEコンシューマーなんちゃらは、レイクという名前で消費者ローンをしているので、ほのぼのとお世話になっている人も多いのではないかと。

この買収が業績に与えるインパクトは、300億円の利益という。5800億も払って買収するだけのことはあるインパクトですなあ。

と同時に、新生銀行は下方修正の発表もしているわけだけど、通期では500億円の損失なんですね。つまり、ほのぼのレイクの300億があっても尚かつ赤字なわけで、今ある事業は大赤字。もちろんリーマン向け債権の引き当てもありましょう、サブプライムで被った損失もありましょう。しかし、赤字はいただけない。

私たちの心配事はただ一つ。無料振り込み回数がさらに減ったりしないよね?

銀行・証券・ローン
新生銀行 消費者ローン

2008/09/23 18:06

たばこを買う少年で溢れるコンビニ

~ 良くない売上で喜んでいるならよーく調べてください、お役所さん。 ~

コンビニの売り上げが8月は前年同月比で5.3%増と好調。7月は12%増だったのでスローダウンしてはいるものの、好調を維持していると言えましょう。

理由は簡単で、Taspo導入でたばこを自販機で変えなくなった未成年がコンビニへ押し寄せているのだ。たばこを買うついでにコーヒーとか弁当とか買うこともあるよねえ。

しかしです、そのタスポで増えた分は、法律違反の売上なわけで、これは誰が管轄なのか知らないけど、強制調査する!と言われてもおかしくないんじゃないの?たばこを未成年に売ることが法律違反かどうかは知らないが、間違っている商売であることだけは疑いない。

新聞も、タスポのために売上が伸びたと書いてるけど、それは問題なんじゃないの?という視点はないのかなあ?

京都でコンビニの24時間販売を規制するなんてバカなこと言ってないで、ここら辺から始めるのが良いと思いますよ。

ちょっとニュース
コンビニ タスポ

2008/09/23 17:05

東栄住宅、赤字転落、無配

~ 高値で買った不動産をじゃんじゃん減損して赤字。 ~

東栄住宅が下方修正で赤字に転落。配当もゼロへ。

特別損失の追加発生の主な要因および平成21 年1 月期中間業績予想との差異に関するお知らせ

要するに、高値で買いあさった不動産がとてもじゃなくて売れないので、損するまで値下げして売らないといけない、だから減損する、ということ。できればいくらで買ったものをいくら減損するのか教えて欲しいが、そこまで教えてくれるはずもあるまい。

もちろん、通期も下方修正で赤字へ。

平成21 年1 月期通期業績予想の修正および中間配当の決定ならびに期末配当予想の見通しに関するお知らせ

中間決算短信も発表している。

平成21年1月期 中間決算短信

赤字ながらも営業キャッシュフローを黒字化させているのは好感が持てますなあ。在庫をぐっと減らして身軽さを目指す。

恐いのは、財務制限条項に抵触している借入金があること。これが理由で継続疑義の注記がついてしまった。東栄住宅としては、金融機関と協議して何とかなりそうだと言うことだが、さてどうでしょうねえ?

不動産・マンデベ・流動化
下方修正 不動産 東栄住宅

2008/09/23 17:05

セイクレストがジャスダックの上場基準に抵触

~ 時価総額が小さすぎて上場廃止の可能性あり。 ~

セイクレストの時価総額が小さすぎて、ジャスダックの上場基準に引っかかっているというニュース。

当社株式の上場時価総額及び今後の展開等について

ジャスダックの基準では、時価総額は5億円必要。セイクレストの時価総額は6月平均4.8億、7月平均2.9億、8月平均1.4億、先日22日の時価総額が1.2億。来年3月までに5億を回復しなければ上場廃止となります。

発表資料で必死にリバイバルプランや現状を説明してはいるものの、普通に考えれば危なすぎる。

継続疑義の注記、債務超過、社員の逮捕、明誠が監査法人。どこをどうつついてもポジティブな要素は見いだせない。こんな事言えば怒られるけど、上場廃止になってと願う。

クサイ会社・エグイ企業
セイクレスト 上場廃止 不動産

2008/09/23 17:05

日本企業の積極姿勢は悪くない

~ 今年に入り日本企業の買収や出資は過去最高ペースで推移中。 ~

世界の大手金融機関はボロボロですが、日本の金融機関はそれほどダメージを受けていない。バブルの教訓を学んだというのか、消極経営のたまものというのか、はたまた井の中の蛙というのか。

でも瀕死状態の金融機関が増えてきて、思いっきり腰の重い日本の金融機関もようやく動き始めた。中国やアラブ諸国、シンガポールなどのソブリンウェルスファンドに負けないぐらい、せっかくなのだから積極的になって欲しいですなあ。

野村ホールディングス、リーマン・ブラザーズのアジア・パシフィック地域部門の継承を発表

まずは野村がリーマンのアジア部門を買い取り。これが野村にとってどういうメリットがあるのか、新聞なんかで聞き伝わるぐらいしか自分で判断できない。が、後々になって大失敗だったなんて事が無いことを期待したい。

三菱UFJはモルガンスタンレーへ出資。今のところ20%の持ち株比率ぐらいの出資で、そうなると筆頭株主になります。これはなんか直感的によさげな感じ。

三菱UFJ フィナンシャル・グループのモルガン・スタンレーへの出資について

ついこの前には、みずほがメリルに出資したし、三井住友はバークレイズに出資を決めている。今回の三菱UFJで、一応3メガバンクが揃い踏み。プラス証券最大手の野村もOK。証券2番手の大和は、、、、期待できそうにない。

金融機関はこういう感じだけど、それ以外のセクターでもここに来て日本企業の積極姿勢が目立っている。

今年に入って、キリン、武田、第一三共、TDKなんかがそれなりに大きな買収や出資をした。パッと思い出せるのはそれぐらいだけど、もっとたくさんあったと思う。実際、先日の新聞か何かで、日本企業の海外企業買収や出資は過去最高ペースだと読んだ記憶がある。

今のマーケットの激震を突いて、積極的に海外に目を向けたり、事業拡大に走ったりするのは、個人的にはとても好感度が高い。バブル崩壊後ずっと縮小均衡みたいなけいえいだったんだからさ、今がチャンスと考えても悪くないですな。

M&A・MBO・公開買付け
出資 買収

patch