アーカイブ: 2008年9月18日

2008/09/18 21:09

2008年7月1日の基準地価

~ 商業地、住宅地共に下落で、不動産はまた苦しい時代へ。 ~

18日に発表された基準地価。

商業地は2年ぶりの下落、住宅地は下げ幅拡大。

商業地は昨年ようやくプラスになったと思ったらすぐに失速。これは不動産関連銘柄を見ている人であれば今さら驚くことでもなんでもない。流動化の会社が安値で叩き売って資金の工面をつけているのだから、地価は下がって当たり前。

住宅地はバブル崩壊後プラスになることなくどこまでもマイナス。多分、世界広といえども、17年間も住宅地価格が下げ続ける歴史を持つのは日本だけだろうねえ。そういう状況でも人は生きていくのだし、経済は成り立っていくのだし、不動産は売買されていく。不思議じゃない?

地域別に見ると、相変わらず都心部は上昇気味。下記の画像はasahi.comからお借りしました。

TKY200809180250.jpg

不動産マーケット
不動産 地価



2008/09/18 18:06

FXプライムのIPO

~ 業績は良いけど割安感はない。誰も儲からなかったIPO。 ~

FXプライムのIPOでした。

IPO価格が1100円で、初値は900円(IPO価格の-18%)、高値が1100円、終値が1001円(IPO価格の-9%)でした。だれも儲からなかったわけですな。

大株主は伊藤忠、カブコム、みずほ。主幹事はみずほインベスターズ。

IPOと同時にプレスリリース。

平成20年8月次月次概況(速報)のお知らせ

意外と順調な月次。多くのFX業者で月次の数字を出しているけど、厳しい数字のところが多い。FXプライムはそんな中でとても健闘していると思う。まあ、だからこそIPOできたんだけど。

しかし、口座数の伸びはFXプライムに限らず凄まじい。この理由は簡単で、口座開設キャンペーンをガンガン打って客集めしているから。口座を開くだけで5000円、さらに一回取り引きすれば5000円、とかいうキャンペーン。

こういうのは使わないと損。口座開設して一回だけしたら出金し、1万円もらえばいいんだから。取引は一番スプレッドの小さいドル円で、買ったら即手仕舞いすれば損しても数百円のみ。それで1万円もらえるんだからねえ。

で、そういう営業で口座数は右肩上がりで伸びているけど、それに見合うだけ預かり保証金が伸びていないし、取引も増えていない。つまり、キャンペーン狙いのお客さんが結構いるって事。

そういうキャンペーン狙いのお客がいるって知っていても、そういうキャンペーンを使ってまでお客を集めたいのだから、いかに顧客数が大切で、最終的には顧客数が営業収益に結びつくかということが分かるというもの。それだけの顧客獲得費用を払ってももうかるのだから、いかにFXの手数料、スプレッドが利益になるか想像に難くない。

平成21年3月期 第1四半期決算短信(非連結)

数字は全然悪くない。というか良い。今期予想のEPSで考えるとPERは7倍と割高感なし。だけど、どこのFX業者も今の相場では低評価なのでFXプライムが特別安いわけでもない。

怪しさはないので、分別保管していませんでした、なんて事にはならないと思う。

IPO・新規上場
FX FXプライム IPO

2008/09/18 18:06

アクセルマーク、いい加減にして。

~ 適時開示情報サービスを宣伝媒体として使わないで欲しい。 ~

適時開示情報サービスの悪用。

携帯電話向け3 キャリア公式サイト『加藤ミリヤ/MILIYAH』オープン!!

適時サービスはこんな宣伝をするところじゃないんだよ、アクセルマーク。こういう会社は嫌いだけど、これぐらいの事はしないと儲からない世の中なんだろうねえ。

いい加減にしてよ
アクセルマーク

2008/09/18 18:06

杉田エース、株主優待拡充

~ 「選べるギフト」3000円相当からの選択制に改善。 ~

杉田エースが「株主優待内容の変更に関するお知らせ」を発表。最近は優待改悪が多いような金がするけど、今回は改善でしたね。

優待内容で時々あるのが、「会社が選んだ3000円相当の商品をあげます」というやつ。こういうのは良いものであったためしがない。なんだか訳の分からないグッズが送られてきて、どうにもこうにもならない結果となる。

杉田エースの優待はもらったことがないので分からないが、その口の優待だったので、今回の変更で「選べるギフト」からの選択制になったのは丸。

とは言っても、「選べるギフトも」たいしたギフトがない。。。3000円相当の選べるギフトの時価評価は半分の1500円評価という感じだ。

株主優待
優待 杉田エース

patch